小学校の頃にツベルクリン陰性と判断され、BCGを注射しました。その後成人してから健康診断でツベルクリンで強陽性となり、X線検査を受けましたが異常なしとのことでした。今まで3年間、半年に1度のペースでX線検査を受けていますが、異常なしで、自覚症状もありません。一応は安心しているのですが、多くの人に接する職業についていることもあり、不安は残ります。

そこで質問です。
1.BCGの陽転で強陽性になる可能性はあるのでしょうか?
2.強陽性と判断されてから「2年間は様子見」といわれ今までX線検査を受けてきましたが、このあとも受けるべきでしょうか?また、受けるとしたらそのペースは?
3.強陽性と判断されたときに「予防投薬も一つの手だが、副作用もあるので」といわれ、今までそのままにしてきました。でも、X線検査だけでは発症の不安は残ります。予防投薬するべきでは…とも考えています。予防投薬のメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

普段病院に行くことがほとんど無いため、このような相談がなかなかできないでいます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1、BCGの接種技術にはかなりの差があることが知られています。

発赤径で10mm以上が陽性ですが、普通10mm台から5-60mm台程度までの分布が見られます。
強陽性は二重発赤や水泡などを伴った状態をいいますが、常識的に考えると小学生のときに接種したBCGの結果として成人になったときのツベルクリン反応で強陽性に出ることは考えにくいと思います。10数年以上経過しているわけですから、反応は減弱しているのが普通です。強陽性になった原因は、その間に結核の感染を受けた可能性が強いと思われます。

2、結核の潜伏期間は数ヶ月から半年程度ですから、3年経過してればとりあえず発症の危険性はあまりないと思われますが、体調の変化、栄養状態の悪化、免疫能を低下させるような疾患に罹患するなどの要因で発症することがあります。検診として一年に一度程度は受けられることをおすすめします。

3、周囲に結核の感染源となった人がいて、明らかにその人と接触があった場合などでは、その感染の危険性に応じて抗結核剤による予防投薬が行われます。接触が明らかでない場合でも、医療従事者などの感染を受ける危険性の高い職業に従事している人は、予防投薬を行うことが多いと思います。
また、若年者では胸部X線検査で古い結核の治癒所見のある人は、今まで治療歴のない人に対して予防投薬が勧められています。
予防投薬のメリットは、今後の結核の発症の危険性を減らすことができること、デメリットは薬の副作用が出る可能性があること、です。ただ薬の副作用は年齢が高くなるにつれて頻度が増しますが、30歳未満の人では、ほとんど問題なく投与できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結核について調べていくうちに、もっときちんとした処置が必要なのでは…と一人悶々としていましたが、1年に1度程度の検診と聞いて安心しました。予防投薬も強陽性だからといって必ず勧められるものではないという事ですね。
ただ、感染の可能性が強いということがわかったので、今まで以上に健康に留意して生活していこうと思います。
親切な回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/12 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHIV検査で予防接種した場合の偽陽性の可能性は?

先日HIV検査で陽性が出ました。
今度再検査になります。
先生は再検査で本当の陽性は10%ぐらいと聞きました。
過去に何度か海外で遊んだことはありますがすべてゴムを使用しています。
先生にそれを伝えると「国は?」と聞かれたので中国と答えました。
「微妙ですね。」という返事でした。。
どのくらい前ですかと言われたので2年ぐらい前と答えると
「1年以上前ですね。う~ん。。。」との反応でした。
偽陽性を調べると予防接種原因で陽性が出ると見ました。
二か月前に風疹の予防接種を受けました。
予防接種で偽陽性が出る可能性は何%ぐらいでしょうか?
不安でたまりません。。。
お願い致します。

Aベストアンサー

インフルエンザ ワクチンについては偽陽性率が2~3倍に増加したというレポートがあります。

ただし、風疹の予防接種との関係はないと思います。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7539579

Q心臓カテーテル検査と体外ペースメイキング

狭心症の疑いが有りと言う事で
心臓カテーテル検査をしましょうと医師に言われ、検査を受けたつもりでした。
ですが、退院の支払いの時点で検査ではなく、体外ペースメイキングと言う手術を行ったと言われました。

体外ペースメイキングとは、どんな手術ですか?
心臓カテーテル検査との違いは、なんでしょうか?
費用の違いは、あるのでしょうか?
なんだか事前に調べていた心臓カテーテル検査の費用より高いような気が、します。
検査の後に聞いた内容は、カテーテル検査の説明を聞いたものだとばかり思っていました、、、

すいませんが、教えて下さい。

Aベストアンサー

No1のかたのご回答で十分かと思いますが、ちと理解されていないようなので蛇足を。
「体外ペースメーキング」というのは、言ってみれば心臓を起動するためのスイッチを一時的に体外に作ってしまうことです。つまり、心臓を刺激するための機械が体外にあり、そこからリードという導線を血管内に入れて心臓(ふつう右心室)に届かせます。
アセチルコリン負荷などの際に、最悪の場合心臓が停止することがありますが、そのときに体外ペースメーカーが設置してあれば直ちにスイッチを入れるだけで心臓を動かすことができます。
要するに、心臓カテーテル(アセチルコリン負荷)を安全に行うための保険のような措置です。もちろん、検査が終わればリードは抜いてしまいますから、後に何も残るようなことはありません。
ついでにいうと、心臓カテーテル検査というのはカテーテルという細い管を使用して行う心臓の検査の総称です。

QC型肝炎検査の擬陽性について教えて下さい。

20代の医療従事者です。
偶然やったHCV抗体第二世代の結果が4.97/1+(C.O.I)で、同一検体で行ったHCV抗体第三世代が0.02/-(C.O.I)でした。第二および第三世代は擬陽性が極めて稀だと聞きましたが、この結果をどう解釈したら良いか分かりません。病院で正式採用されているのが第三世代のためPCRはオーダーしてもらえませんでした。血液を扱う仕事内容の為、完全に否定されないと落ち着いて眠れないような状況です。
自分なりに文献も調べてみましたが納得できるものがありませんでした。ぜひ御助力お願いします。

Aベストアンサー

どこのメーカーのキットを使用しているかわかりませんが、検体の取り間違いでなければ抗体の認識部位が違うためにおこるものか、非特異的に反応が起こったものかいずれにせよ擬陽性とみるべきでしょう。RNAを測定してみなくてはわかりませんが、擬陰性の可能性も捨てきれません。今はコア抗体を調べるものが主流のようでもあります。
いずれにせよRNA量を調べることが先決と思います。

Qクラミジア抗体検査で陽性・・・

血液検査でクラミジア(IgA、IgG)共に陽性が出てしまいました。

現在、第二子を妊娠中で12週です。
先日、初期の血液検査をしたところ、IgA(+)1.97 IgG(+)3.15という結果が出てしまいました。
第一子を妊娠したときの検査(3年前)では抗原検査のみで、そのときは陰性でした。
今回、抗体検査で陽性が出たため、抗原検査もして今は検査結果待ちです。
今の主人と知り合ってからは6年経ちますが、その6年間は主人以外誰とも性交渉がありません。
ただ、6年前に主人と知り合うまでは複数の男性と性交渉がありました。
もし抗原検査の結果、陽性だった場合、主人から感染したことになるんでしょうか?
もし陰性だった場合は、私が6年以上前に感染していたことになるんでしょうか?
結果が出るまで気になって仕方がありません。
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

クラミジアはクラミジア シタッチ、トラコマティス、ニューモニエなどの種類があり、それぞれ病型が違います。が、抗体検査は交差反応がありニューモニエに罹患した後でもトラコマティスに対する抗体が増加する事があります。よって、抗原の結果がでるまではなんともいえません。あれこれ考えず、抗原の結果を待つのがいいかと思います。もし、抗原が陽性ならご主人からという事になります。
ただ、先月の学会で聞いた話ではニューモニエは環境中で一ヶ月ほどは生きていけるので人ー人感染以外の感染経路があるかもとの事でした。そこで、トラコマティスについてはどうかと質問したら、遺伝子的には似ているので環境中にある程度生きていけそうだが、検討はしていないとの事でした。研究が進めば、案外、性交渉以外の感染経路が指摘されるかもしれません。

Q風疹等の予防接種を受けた大人の方!

今、風疹が流行しているようですね。

当方30代なのですが、風疹はおろか、水疱瘡・はしかetc.、何一つやったことがないので、予防接種を受けてみようかと思っています。

そこで質問です。
1)料金の相場:サイトである程度は探せるのですが、「何の予防接種を受けた時、自分の場合はいくらだった」と実体験を教えて下さい。

2)注射するにあたっての注意事項:だるさが出る、注射後の仕事は辛い、針が太くて痛い(笑)等々、体験談やお医者様から言われたことなどありましたら。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.料金について
実は予防接種については、自費で支払うことと、医療機関によって仕入れ値や予防接種に伴う諸々の人権費で亜様々なのです。休日や時間外での接種は高くなることもあります。相場というものはありませんし、高い・安いとクレームをつけることはできません。事前に電話で値段を問い合わせてそこで受けるかどうかを決めることです。値段は概ね3000-5000円ですが、それ以下、それ以上のところも当然あります。500円とか1000円といことは事実上ありません。

2.注意事項
注射後数日以内に、軽い発熱、発しん、リンパ節膨張など軽い風疹の症状が出る頻度が2-3%、一過性の関節痛が女性の5%くらいにあるとされています。
予防接種を受ける最大の理由は妊娠中の感染と胎児異常ですので、その可能性のある方は受けたほうがよいでしょう。

風疹は、特に妊娠を考える女性にとって妊娠中に感染した場合のリスクが甚大ですので、予防接種を受けないでよしとする科学的な理由は今のところありません。

流行していなくても、季節外れでも、どんなきっかけで妊娠中に風疹に感染してしまうかわかりません。

1.料金について
実は予防接種については、自費で支払うことと、医療機関によって仕入れ値や予防接種に伴う諸々の人権費で亜様々なのです。休日や時間外での接種は高くなることもあります。相場というものはありませんし、高い・安いとクレームをつけることはできません。事前に電話で値段を問い合わせてそこで受けるかどうかを決めることです。値段は概ね3000-5000円ですが、それ以下、それ以上のところも当然あります。500円とか1000円といことは事実上ありません。

2.注意事項
注射後数日以内に、軽い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報