「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

クルマの排気量と馬力とはどういう意味で、
どのような違いがあるのか教えて下さい。
ちなみにクルマ初心者です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>排気量



エンジンが力を出す為に、空気と燃料を吸い込んで燃やす円筒状の場所があり、燃えた後は排気します。この吸い込んだり排気したりする量が排気量で、容積なのでcc(立方センチ)で表します。例えると、2000ccは2リットルのバケツ、1000ccは1リットルのバケツで、2リットルのバケツの方がたくさんの水が運べるのは明確ですね。

>馬力

2リットルのバケツがたくさんの水を運べると言いましたが、これは1回当たりの量ですので、時間は入っていません。同じ時間でどれだけ運べるかが馬力で、2リットルのバケツ1回と、1リットルのバケツ2回では同じ馬力という事になります。車では馬力が大きければ、多くの人や荷物が運べ、人や荷物が同じならより速く運べる事になります。

1000ccのエンジンには1000ccの空気と燃料しか入らないので、排気量=馬力と考えて差し支えなく、2000で100馬力と140馬力を比べても実用上大差なしです。
    • good
    • 13

排気量と馬力の意味は解かったとおもいますが、公表されている出力は、アクセルを100%踏んだ(ベタ踏み)時の最高値です。


しかも150KW/7000RPMならば、エンジン回転が7000の時に150KWで、それ以外はかなり低い出力になります。
勿論、アクセルも100%踏み込まなければ最高出力にはなりません。
実際は、アクセル10~20%で3000RPM以内を使うことが多いのではないでしょうか?この領域でトルクが少ない(出力はトルクを測り計算で出す)と、かったるい車と感じます。

排気量が多いと馬力も高くなりますが、回転数に比例するので、高回転型のエンジンは、排気量の割りに馬力が高くなります。(ビッグボア&ショ-トスト-ク、バルブタイミングを高速にふる)
その場合、低回転のトルクが不足しがちで、運転しにくくなります。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

みなさん、ご親切な説明ありがとうございました。
ずいぶんと理解することができました。

お礼日時:2006/02/23 23:19

 もう既に答えが出ているかとも思われますが、簡単に言うと、排気量はエンジンの大きさ、馬力はそのエンジンができる仕事の量です。

例えば、2000ccのエンジンでも、170馬力のエンジンもあれば280馬力のエンジンがあります。それはターボがついているかどうかやエンジンの構造の違いから来ます。
 ただし、馬力はエンジンの回転数に関係がありますから、いつでもその馬力が出せるわけではありません。ある回転数の時に、いちばん仕事が沢山できます。それを最高出力といい、170馬力とか280馬力と表わしています。最高速は、この馬力と関係してきます。
 エンジンの力強さを表わすものがトルクです。こちらは、あるスピードで走っていて、そこからアクセルを踏み込んだ時、スピードを上げていく力のことです。これも、エンジンの回転数により変化します。ターボ付きのエンジンは、最高出力(馬力)も大きくなりますが、特にこのトルクが幅広い回転数で、大きくなるのが特徴です。
 大まかに言って、排気量が大きくなると馬力やトルクも大きくなる傾向にありますが、エンジンの性格付けにより、全部のエンジンがそうとも言えません。
 運転のし易さからいえば、馬力よりもトルクが幅広い回転数であった方が、運転者の意に近い加速が可能です。
 
 
    • good
    • 5

1馬力とは1秒間に75キロの物を1メートル持ち上げる仕事量です(75キロでしたよね(笑))


ざっと言うとエンジンが持ってる力の事です
馬力の他に重要なのが最大トルクです
これはどれだけ大きな物を動かす力を持ってるかと言う事で、一般的に最高速は馬力で、加速性能はトルクで決まると言われてます

排気量は他の方も書かれてますが、分かりやすい言い方をすればエンジン1回の回転でどれだけの燃料を吸い込むかと言う事です
エンジンの特性により多少違いますが、概ね排気量の大きなエンジンは出力が大きくなります
また、日本では排気量により車の種類や税金が変化します
    • good
    • 2

こんにちは。


1馬力 = 745.699872 ワット

1仏馬力は約735.498 75ワットである
仏馬力 = 約 0.986 英馬力である。

馬力とは、準的な荷役馬1頭のする仕事を基準としたことに始まる。

馬の種類で馬力も変わる「サラブレッドは3馬力以上、ペルシュロン等の重種になると10馬力以上とも言われる。」
---------
日本での馬力表示

日本の旧計量法では、1馬力は英馬力とも仏馬力とも違う750ワットとしていた。これを日本馬力と呼ぶことがある
--------------

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E5%8A%9B# …

此処に出てました。
    • good
    • 2

排気量は他の回答者の方の回答で言い尽くされていると思います。


馬力については、エンジンの出力を表す単位です。
昔は馬力で呼ぶことが多かったのですが、現在はSI単位という国際標準の単位で表示することになっているので、エンジンの出力は馬力ではなくWで表示されます。ちなみに、1馬力=約750Wになります。

自動車のエンジンでは、出力は軸の回転として出てくるので、出力の計算は、軸を回転させる力(トルク)と軸の回転数の積によって算出されます。(別途係数がかかります)

以上、参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 2

排気量とは燃焼室の容量とシリンダのピストン下死点から上死点までの容量を全て足した物を指します。


馬力とはエンジンの力だと思ってください。
一概には言えませんが排気量が大きくなれば馬力も大きくなります。
過給器などで無理矢理燃料をエンジンに押し込んで馬力を上げる仕組みもあります。またエンジンを製造する際の部品制度やエンジンの仕組みによっても馬力は変わってきます。
    • good
    • 0

エンジンの構造についてどれだけご存知かわかりませんが…。


排気量とはピストンが上死点から下死点まで移動したときの、燃焼室内の容積差×気筒数です。馬力とはパワーを表す数値の一つであり、どれだけの速さでタイヤを回転できるかという数値です。同じ排気量でも馬力は様々です。あとトルクという数値もあり、これもパワーを表すものでどれだけの力でタイヤを回転できるかという数値です。
と、いうことなんですが…わかりにくいですよね…一応URLを載せておきますが、図解つきの本を見ることをお勧めします…すみません!

参考URL:http://www.car-market.jp/maintenance/knowledge/e …
    • good
    • 0

排気量・・・・エンジンの燃焼室総容積[cc];燃料を爆発させるシリンダ容積



馬 力・・・・どれだけ短時間でパワーが出せるか;1秒間あたりの仕事量

[PS=J/s=Nm/s=kgf・m/s]←換算率の数値は無視してます
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車の排気量とは何ですか??

排気量1.8リッターとはどういう意味でしょうか1.8リッター分のガソリンしか一度に消費できないみたいな感じでしょうか??

Aベストアンサー

>排気量1.8リッターとはどういう意味でしょうか?
この質問から考えてみても、専門用語(部品名)でお答えしても、理解しにくいと思いますので、身近な物に例えてお話しますね。ん~牛乳ビンを考えて見ましょう(むかしながらのガラス瓶の厚紙のキャップの)。あれって牛乳が200ml程入っていますよね。あの200mlがエンジンで言うところの200ccです(お尋ねの1.8Lの9分の1)で牛乳の部分が空気とガソリンの混ぜたもの(決してガソリンだけではありません)でこの牛乳に相当するガソリンと空気のまぜあわさった物を牛乳ビンのふたで底のほうまでギュ~ット押しつぶす(蓋からもれてこないとして)で、ギュ~ト押しつぶした状態で火を付けてボ~ンと爆発させる。その力で車を動かす。だから、200ccより当然400ccのほうが爆発の力が強く車を動かす力も強い訳。でも200ccより400ccのほうがガソリンが倍消費する。見たいなことになる訳です。色々あって一概にはいえませんが、排気量が多ければそれだけ力を生み出せますが、ガソリンもそれだけ食います。ご参考になれば・・・幸いw

Qなぜ同じ排気量なのに馬力は違う?

2.6リッターの280馬力。
3.5リッターの200馬力。
これはなぜなんでしょうか?
排気量がでかい方が馬力もでかいはずでは??
トルクに関してもそうです。
例えばスカイラインGTRとプレサージュ3.5ハイラックスなんとか。
GTRは2.6リッターなのに280馬力なのになぜプレサージュは200馬力ぐらいなのか、凄く不思議に・・・
エンジンにまったく詳しくない私の質問ですが、回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>同じ排気量でNAだったら同じ馬力・トルクになるってことですか?
違います
書き方が悪かったかな・・・
トルクはよく似た数値になりますが 車重など用途に応じて最大トルクを
発生させる回転数を変えています
馬力とは仕事率ですから高回転でトルクをだせば馬力は上がります
ですから例に出した軽量なバイクは典型的な高回転形で143ps/1000cc
ヘビーなクロカンは低速トルク形で150ps/2700ccと排気量は2.7倍も違うのに
馬力はあまり変わりません がトルクはリッター当たりに直しますとそんなに変わりません 
ざっくり言ってNAだとリッター当たり10kg・m前後です。

その二つのトルク特性(発生の仕方とでも言いましょうか)をいいとこ取り
したのが最近よく聞くVTECなどのバルブタイミング切り替えです

加給したバイクはその馬力、トルクが上がっても 伝えるのは一輪には変わりないので
コントロールが困難でだれでもその性能を出せる物では無いでしょうね
バイクはNAで十分ですね

QLとcc(車の排気量)

車の総排気量が0.65リットルの場合、

排気量の単位をccにすると0.65はどうなりますか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1リットル=1000cm^3=1000cc ですから、0.65リットル=650cc

Qターボとは何ですか?

ターボとは簡単に言うと何なのでしょうか。
「車の馬力が上がって速くなる装置」くらいの認識でしかありません。
また、ターボがついていることによるデメリットや、国産車に占めるターボ車の割合等も教えてください。

Aベストアンサー

エンジンは、ガソリンと空気を混ぜたものを燃焼室に送り込んで爆発(燃焼)させて動力にしています。

燃焼には、ガソリンと空気中の酸素が必要ですが、
ガソリンが多すぎても酸素が多すぎてもうまくいきません。
勿論、送り込むガソリンと空気の両方が多ければ、爆発の力も大きくなります。

燃焼室を大きくすれば、多量の空気とガソリンを入れられますが、エンジン全体が大きくなってしまいます。(排気量が大きいエンジン)

燃焼室の大きさを変えずに、空気とガソリンを多く送り込もうとするアイデアから生まれた装置が、ターボなどの過給器です。
最初は、第二次大戦中、空気の薄い高空を飛ぶ爆撃機のエンジンに採用されました。

空の注射器の先をふさいで、ピストンを押さえると、力は要りますが、中の空気は圧縮されますよね。
エンジンの中に空気を余計に送り込もうとすると
力が要ります。

その必要な力をエンジンの排気ガスを利用して得るのがターボ(ターボチャージャー)です。

また、エンジンの回転の力そのものを利用するのが、スーパーチャージャーです。(正確には「スーパーチャージャー」は、過給器の総称なのですが、なぜかこう呼ばれています。)

また、最近の殆どのターボエンジンには、空気を送り込む前に、インタークーラーという冷却装置を備えています。単純に空気を圧縮すると「断熱圧縮」(理科で習いました?)となり、温度と圧力が高くなります。圧力が上がると押し込もうとしても十分押し込めません。そこで、空気を冷却すると空気の分子の運動が弱まり、圧力と温度が下がります。そうすれば、より多くの空気をエンジンに押し込めることになります。


メリット
・小排気量のエンジンでも、排気量以上の性能が得られること。同じ条件のエンジンなら、ターボエンジンのほうが強烈な加速が得られる。
・ターボの効果が、回転数によって一定ではないので、不自然な加速感となるが、これを好む人もいる。

デメリット
・当然、ガソリンを多く消費する。
・部品の数が増え、また、デリケートな部品を使うため、その分故障の確率が高くなる。(当然ながら、ターボ装置のない車のターボの故障はありえない)
・オイル等のエンジンメンテナンスに気をつかう。
・値段が高い。
・ターボの効果が、回転数によって一定ではないので、不自然な加速感となり、これを好まない人がいる。

申し訳ないのですが、ターボ車の割合は、私には分かりません。ターボは簡単に高出力のエンジンを作れますが、環境問題、排ガス規制、低燃費を追及する今のご時世では、だんだんターボ車が無くなって来ています。仕方ないですね。

エンジンは、ガソリンと空気を混ぜたものを燃焼室に送り込んで爆発(燃焼)させて動力にしています。

燃焼には、ガソリンと空気中の酸素が必要ですが、
ガソリンが多すぎても酸素が多すぎてもうまくいきません。
勿論、送り込むガソリンと空気の両方が多ければ、爆発の力も大きくなります。

燃焼室を大きくすれば、多量の空気とガソリンを入れられますが、エンジン全体が大きくなってしまいます。(排気量が大きいエンジン)

燃焼室の大きさを変えずに、空気とガソリンを多く送り込もうとするアイデア...続きを読む

Q排気量とパワー(ps)はなぜ比例しない?

 排気量とPsが比例しないというのは妙だと思います。
トルクは比例するようですが..
 

Aベストアンサー

単純に考えると、同じエンジンでも、回転数が2倍になれば、爆発の回数も2倍になりますので、出力(馬力)も2倍になりますね(実際にはこんなに単純な話ではないですが)。つまり、馬力は回転数によって変わります。排気量の小さいエンジンでも、回転数をあげれば高い馬力を得られるわけです。また、加給器で加給しても最高馬力は上がります。しかし、がむしゃらに最高出力を上げても、常用域(普段よく使う回転数)でトルクが出ないと扱いにくいエンジンになってしまいます。意図的に最大馬力を抑える場合もあるわけです。

Q総排気量

車の総排気量というのは車検票のどこを見れば載っていますか?
「総排気量または定格出力」という欄があるのですが、
単位がkwなのでちょっと??という感じです。ccですよね?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 電気自動車などがKwで、エンジン車はリットルです。つまり、1.98なら1980CCとなります。

Q高級車とかでやたらピカピカな車はどうやってるの?

 こんにちは。

 町でよく見かける、怖そうな人が乗っている黒塗りの
グロリアなどの車は、他の車よりもピカピカに見える
のですが、あれはどうやっているのでしょうか??

 ガソリンスタンドの機械で洗った後、家でワックス
をかけたりしているのですが、どうも光沢がそれらの
車には勝てません・・うちの車がしろだからでしょうか??
車をピカピカに光らせる方法をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

ガソリンスタンドでアルバイトしてます。お客様でそういった方々が来店されます。黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。

 ■手洗いです、しかも洗う頻度は半端無いです■ 
 機械なんかでは洗いません、最近の洗車気はスポンジ、布など傷が付きにくくはなっていますが長期的に考えると手洗いに比べたら断然傷が付きます。

 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月に一回または週一でコーティング(洗車機でノンブラシでコーティング)たまにポリマー加工をします。あまりワックスはかけません。ワックスはどうしても夏場は溶けて水垢を取り込み頑固な汚れになりやすいためです。

 本当に輝かせるのでしたら、研磨剤なしのカルナバロウの純度が高いワックスを塗りこむことです。ワックスの輝きに勝てるものはありません。(好き嫌いは分かれますが)特に濃色はワックスの種類、もともとの塗装の強さで輝きが違います。軽自動車と高級車の違いはやはりすぐわかります。


 <ぴかぴかにする方法>

 車を日陰でまず水をかけてあらかた砂埃を落とす。(中途半端に洗い流すといくら洗剤をつけていても傷が付きます)

 シャンプーを泡立てて泡をたくさん作る。

 泡を惜しみなくボディーにかけ、洗剤を染み込ませたきれいなタオルでなでながら洗っていく。(絶対に力を入れてはいけません)

 とにかくきれいに洗い流す、洗剤を残してはいけません。

 軽く、人工セームでふき取ったらボディーがぬれている間にワックスをかけます、鉄粉が付いているようなら鉄粉除去ネンドで取り除いてから作業に移ります。下地作りといってコンパウンドなんか使わない。(素人が下手にコンパウンドを使うとただキズを付けるだけです)

 ワックスは大体5分くらいでボディー全体に塗ってしまいます。たてたてよこよこ(早く塗らないと周りからのほこりが付いて研磨剤になります)

 塗り終わったら、始めに塗ったところからネル布(できればふき取り用の布)などのやわらかいもので5分以内にふき取ります。ここでも絶対に力を入れてはいけません。

以上です。


 白色車の場合は、水垢がとても目立ちます。できることならガソリンスタンドにあるような白色車専用ポリマーを使うのがいいのですが、市販品ならドイツ製のポリラックをお勧めします。水垢のような汚れがとてもきれいに落ちます。ちょっと高価で、親水性(水をはじかない)なので好き嫌いが分かれます。

 白色車も手入れしている車とそうで無い車は輝きがまったく違います。しかし、間違っても強アルカリ性のもの、荒いコンパウンドで水垢を落とすような製品は塗装に悪いですのでお勧めしません。


 あと最後に、洗車機で洗っていらっしゃるとのことですがブラシの種類にこだわってみるとだいぶ違いますよ。スポンジか布をブラシとして使っている洗車機で洗うと結構傷はつかないものです。拭き上げに数枚の人工セームを使う。同じタオルで一台を仕上げないでどんどんタオルを換えるといいです。

ガソリンスタンドでアルバイトしてます。お客様でそういった方々が来店されます。黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。

 ■手洗いです、しかも洗う頻度は半端無いです■ 
 機械なんかでは洗いません、最近の洗車気はスポンジ、布など傷が付きにくくはなっていますが長期的に考えると手洗いに比べたら断然傷が付きます。

 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月...続きを読む

Q純正カーナビで走行中もTVを見られるようにするには?

新車を購入し、はじめて純正のカーナビもオプションでつけました。ところが、走行中は「安全のためと…」とTVが見られません。後付したときには見られたのに残念です。
もし、純正カーナビでも走行中も見られるようにできるなら、その方法を教えてください。
ちなみに、車はエスティマです。

Aベストアンサー

助手席の人がナビを操作したり、TVを見るのはぜんぜんOKですよ。

今回も、助手席の人の為ですよね!
その場合は、下を参考にしてください。

-----------------------
前回、助手席の人が見たいということで回答しましたのでリンクを参照してください。

全ての車で出来るかどうかはわかりません。
また、全て自己責任でやってください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1706179

Q『トラクションをかける』とはどういう意味ですか

大変に幼稚な質問で恐縮なのですが、
運転しているときに、『トラクションをかける』とはどういう意味なのでしょうか?
「コーナーではトラクションをかけて・・・」 等とよく読むのですが、運転について全く無知なので、意味がわかりません。
どういう意味で、運転中にどういう作業をするのでしょうか。

わたしは全くの素人ですので、やさしくご説明していただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

●以前、車の開発実験耐久に携わっていた者です。

●運転しているときに、『トラクションをかける』とはどういう意味なのでしょうか?

→結論から申しますと、『トラクションをかける』=『アクセルを踏み込む』です。

自動車の場合、『トラクション』とは、主に『駆動力』を意味します。

●『駆動力』とは?

これは、人間で例えると分かりやすいです。
人間が歩いたり走ったりする時、路面を足の裏で蹴り出すのを繰り返しますよね。
この蹴りだす行為を車に置き換えると・・・
『タイヤ(足の裏)で路面を蹴り出す事』
=『タイヤを回転させる事』
=『アクセルを踏み込む事』
=『駆動力』なのです。

車の駆動力を上げるには、アクセルを深く踏み込めばいいのです。
人間が走る時も、速く走ろうとすればする程、路面をより強く蹴り出すと思います。

*この時に路面との摩擦が無い場合は、いくら駆動力を大きくしてもそれは路面には伝わりません。(タイヤが空転する、又はスリップする)
人間が氷の上で走ろうとしても、足の裏との摩擦が無いと、いくら足の裏で蹴り出しても走れないのと同じです。

●「コーナーではトラクションをかけて・・・」 等とよく読むのですが、運転について全く無知なので、意味がわかりません。どういう意味で、運転中にどういう作業をするのでしょうか?

→これは、『カーブの方向へハンドルを切り、前輪タイヤを曲がる方向へ向けて、アクセルを踏み込みながら(駆動力を掛けながら)曲がる事』です。

これも人間で例えると理解しやすいと思います。
あなたが走って交差点を曲がる時、足の裏で曲がる方向とは反対の方向へ蹴り出すはずです。

●以前、車の開発実験耐久に携わっていた者です。

●運転しているときに、『トラクションをかける』とはどういう意味なのでしょうか?

→結論から申しますと、『トラクションをかける』=『アクセルを踏み込む』です。

自動車の場合、『トラクション』とは、主に『駆動力』を意味します。

●『駆動力』とは?

これは、人間で例えると分かりやすいです。
人間が歩いたり走ったりする時、路面を足の裏で蹴り出すのを繰り返しますよね。
この蹴りだす行為を車に置き換えると・・・
『タイヤ(足の裏)...続きを読む

Q自動車は何km、または何年走れるか

一月に1回は洗車とワックスがけをして、オイル類やタイヤなど(エンジンなどの交換したらめちゃ高く付く部品はのぞく)をちゃんと定期的に交換している場合、車は何km、または何年くらい走れるものなんですか?
一般的には10万kmくらいが寿命みたいですが、中古車市場では15万kmも走ったベンツなどが売られていますよね。 国産車は10万kmが限度で、ベンツなどの高級外車は15万km走ってもへっちゃらなんでしょうか。
お願いしますー。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に交換しているという前提で)
タイミングベルトなど交換する時期でもありますが
それらをちゃんと交換していれば10万キロ以上でも
走行は可能です

運転手さんの乗り方にもよりますが
短期間で走行距離が嵩むよう乗り方なら
必要な油脂類や部品の交換をしていれば
20万キロでも問題無いでしょう
実際に私は5年間で16万キロ程度走行した車両が
3台程ありますし特に大きな故障はありません
(新車から乗っていると仮定して)

中古車で低年式の走行距離が嵩んでいる車両は
流石に購入する気にはなりませんが
新車購入で長く乗るなら特に定期的な整備点検をして
長期間乗る事は問題無いでしょう

ただ何年まで大丈夫とか
何キロまで平気だとかは
各々の個体の問題なので結果論ですから
言い切る事は出来ませんが
メーカーから部品が供給されている間は
苦労も無く乗り続ける事は出来るでしょう

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に...続きを読む


人気Q&Aランキング