西洋経済史について勉強しています。
西洋で初めて資本主義が現れたのはヨーロッパで、それ以前は封建制であった。そして、資本主義になり市場が発展したことにより、商品経済が農村の中から誕生したということは分かりましたが、曖昧でいまいちよく分かりません。
ホームページを検索しても、詳しく載っていないので困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  ごく簡単に述べます。
 
  封建制社会が展開して行くと、「労働には価値がある」という、価値観、倫理、エートスが生まれます。また、こういう価値観・倫理・エートスの発生がないと、封建制の高次展開はないのです。
 
  普通に、物品・商品に価値があり、それは「量」で計ることができるという考えは、西欧以外の、アジア型生産社会でもありました。小麦100キロは、小麦50キロの二倍の価値があるなどは、当然分かった訳です。
 
  西欧の封建制の展開において、労働に価値があり、労働の「量」で、価値が計れるという考え方が成立します。これは、人間の労働が「価値」だというエートスがないと成立しません。奴隷制社会や、その延長のような社会では、奴隷の労働には価値などない、ということになります。命令する主人がいるので、奴隷の労働で、作物や商品ができるので、主人の命令が価値あるなどという話になります。
 
  労働に価値があり、量で計れ、他方、物品・商品にも価値があり、その価値は量で計れるという考え、エートスが明確に成立した時、初めて、労働の量と、物品等の価値の量を、交換する式が成立するという考えになります。そして、貨幣が、この二つの価値の量を媒介し、抽象的な価値の量を測定できる道具だということになります。
 
  西欧以外の社会でも貨幣はあり、商業はあり、商人や商行為はあったのですが、抽象的な「価値の量」の換算の道具としての「貨幣」はなく、貨幣である金などは、金自身の物品としての価値で、一見貨幣の機能を持っているように見えるので、実は、物々交換の進展したものでしかないのです。
 
  西欧の抽象的な貨幣は、貨幣自身には、価値が本来ないというか、貨幣として使われるものの固有の物品価値とは、別の処に価値が設定されているのです。こういう設定は、労働の量の価値と、物品の量の価値の抽象化で、両者の交換性が考えられ、その媒介として、貨幣の概念が出てきたからです。
 
  貨幣があれば、労働も、物品も手に入れることができるので、貨幣を入手することが重用だ意味あるとなり、西欧のすべての人が、貨幣を求めるようになり、貨幣を中心とした、経済活動を、商人だけでなく、農民も職人も、王侯貴族も行うようになり、その結果、資本主義社会への移行が起こったのです。
 
  封建制から資本主義へ移行した理由は、高度封建制は、「労働の価値を認め、それを量で把握するエートス=倫理気風」を生み出した、または、そのようなエートスの成立で、高度封建制は成立し、このようなエートスを前提として、初めて抽象的な媒介である「貨幣」の交換機能が成立したからです。「貨幣の確立」が、資本主義の確立の端緒なのです。
 
  マックス・ヴェーバーは、上のような、労働には価値があるというエートスを、プロテスタンティズムと呼び、プロテスタンティズムと資本主義の発達には、明らかに関係があると云う研究を行ったのです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい回答ありがとうございましたm(..)m
マックス・ウェーバーの説明の書いてある本やホームページを探してみようと思います。

お礼日時:2002/01/13 05:53

18-19世紀の経済学者の本ならば.だれでもいいですから読めば書いてありますよ。


図書館で.教科書に載っているような有名人の経済学者の本で.自分でぱっと見て読めると思われる本を選んでください。(けして文語の本や厚い本を選ばないように)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
明日にでも行ってみようと思います。

お礼日時:2002/01/13 05:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本主義を勉強しているのですが、そこで出てくる「ウェーバーの鉄の檻」とはどう意味ですか? 調べても難

資本主義を勉強しているのですが、そこで出てくる「ウェーバーの鉄の檻」とはどう意味ですか?
調べても難しく書いてあってよく理解できません..
お助けいただけると幸いです

Aベストアンサー

近代官僚制についての比喩です。

中立的で厳密な規則と階層的組織で成り立つため合理的効率的に行政活動を行えますが、反面、議論も討議もない単なる閉鎖的行政ロボットと化す危険がある、この矛盾した状況を比喩したものです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%AF%E9%85%8D%E3%81%AE%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%AD%A6

Qイギリスでの封建社会の経済と資本主義

イギリスにおける封建社会での経済と資本主義での異なる部分には、どのようなものがありますか?

たとえば、職業選択の自由がある、ない。
経済発展した、しない等。

教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

1つ思いついたので、書きます。

資本主義社会になって労働時間が長くなった。

Q【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として

【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として成り上がるという思想ではないんですか?

みんなの資本主義って発想自体おかしくないですか?

資本主義の下には奴隷と使用者という身分格差があって成り立つ思想ではないんでしょうか?

資本主義でみんなハッピーという考えはあり得るのでしょうか?

みんなの資本主義ってタイトルはおかしくないですか?

Aベストアンサー

「みんなのための資本論」のこと?映画のこと??
資本論をきちんと理解して、搾取されないようにしようねって啓蒙している。

Q資本主義経済は社会主義経済から何を学ぶべきか?

初めて質問します。初心者ですが、よろしくお願い致します。経済学を選考しており、ネットや教科書で調べても疑問が残るので、こちらで質問させて頂きます。『資本主義』は、自由な生産活動を行う社会の事で、『社会主義』は、計画的な生産活動を行う社会の事まで分かりました。現在の日本は、資本主義ですが、無駄の制度化などの問題があります。そこで、理想の社会に近づけるためには、資本主義経済は社会主義経済から何を学ぶべきなのか教えて頂きたいです。ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

なかなか回答つかないですね。
自分は正式に学んだことはないので回答にはなりませんが、きっかけという感じで。

社会主義はコントロールですが、資本主義はノンコントロールです。
経済の動きはすべてコントロールできればいいのですが、それは難しい。
たぶんコントロールするためのコスト(機会損失を含む)が大きくなりすぎると思います。
私は、社会主義経済の成立を阻むいちばんのノンコントロール領域は、貨幣でも生産でも流通でもなく、「人間の欲」じゃないかと考えています。
楽になりたい・たくさん食べたい・ゆっくり寝たい・贅沢したい・労働したくない です。
このコントロールのために、社会主義の国では教育が行われるようですが、完全なコントロールには至らなかったようです。
資本主義は、そういう「人間の欲」をコントロールする必要がありません。食べたいし贅沢するために稼ぎたい・・その目的を達するためには?働くか!起業するか!と、欲に沿って行動すればうまくいくようになっています。

ところで、まだ東欧が社会主義国だったころ、東欧の人が日本を訪問して、「日本こそが理想とする完成された社会主義の姿だ」と驚いたという話を読みました(探したのですがソースが見つからず・・たしかハンガリーだったと思うのですが)。物資も豊かで、皆がそれを享受している、当時の「国民総中流」のことを言っているのだと思います。
その後若干状況は変わったとはいえ、日本は資本主義の極まった状態には進んでいないと思います。
日本の現状=学問上の資本主義 ではない、と考えています。
米国をはじめ他の国ほど貧富の差がひらいていないし、資本第一の風潮もあまり感じられません。
おそらく学問上の資本主義は、もっと悲惨です。

挙げた東欧の人の発言を考えると、日本の現状は、資本主義に社会主義の理想部分がくっついてるのかも?と思われます。
なにが取り入れられているのかはよくわかりません。また「社会主義から学んだ」とは思えません。
ですが、米国の資本主義と、日本の資本主義を比較すると、結果的に学ぶのと同様の影響を及ぼした効果のエッセンスがでてきそうな気がします。

なかなか回答つかないですね。
自分は正式に学んだことはないので回答にはなりませんが、きっかけという感じで。

社会主義はコントロールですが、資本主義はノンコントロールです。
経済の動きはすべてコントロールできればいいのですが、それは難しい。
たぶんコントロールするためのコスト(機会損失を含む)が大きくなりすぎると思います。
私は、社会主義経済の成立を阻むいちばんのノンコントロール領域は、貨幣でも生産でも流通でもなく、「人間の欲」じゃないかと考えています。
楽になりたい・たく...続きを読む

Q昔の世界は資本主義体制だった?

難しい内容なので、子供に説明するようにお答え下さい。

社会主義なり共産主義という概念は19世紀に誕生したと思う (間違っていれば指摘して下さい) のですが、それでは、それ以前の世界はどこも資本主義体制だったと考えていいのでしょうか?

物々交換の時代はそう言えないかも知れませんが、少なくとも通貨が社会に流通し、労働の対価として賃金を通貨で支払うシステムが確立した時点 (いつなのか分かりませんが ・・) で資本主義が採用されたと考えてもいいように感じるのですが、実際はどうなんでしょうか?

それと経済学的な意味での 「資本主義体制」 を世界で最初に確立したのは、いつ、どこの国なんでしょうか? やはり産業革命時のイギリスですか? あるいはもっと昔の時代のどこかの国?

たとえば平安時代や鎌倉時代、あるいは江戸時代の日本は資本主義体制だったのでしょうか?

資本主義に関する説明を聞くと必ず出るのが 「資本家」 という言葉なんですが、金持ちという意味では大昔から存在していたように思うのですが ・・

Aベストアンサー

資本主義の定義って難しいんですよ。資本主義ってマルクスの時代から絶えず変化を続けていますから。
 あえて言うなら、いわゆる先進国で、資本が膨れ上がっていくような経済体制でしょうか。つまり前資本主義では、金持ちはいても全体の富の量が変わらない、ただ偏在しただけって感じだったのが、全体の富が増え、どんどん豊かになっていくような社会ですね。商業主義の時代では駄目で、やはり富を新たに作り出す産業革命以降の工業社会が資本主義にふさわしいので、とりあえず、イギリスが最初に一票かな。
 日本では明治維新以降に二宮金次郎とか持ち上げて資本主義を徹底的に植えつけて育てました。
 資本家とは資本を出す人、あらゆる産業には資本が必要です。その資本を提供する人、現在では株をやっている人は全員資本家ですし、預金をしている人も資本家といえなくもありません。

Q資本主義と市場経済の違い

資本主義と市場経済の違いを歴史的に説明するにはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

広義の市場経済は、物々交換の太古より存在するのに対し、資本主義は、貨幣経済による信用創造が成熟してから現れたので、より新しい概念ではないでしょうか?
ただ、資本主義は「主義」という言葉が付いていることから分かるように、イデオロギー的な概念でもあり、実際にその存在が明らかな「市場経済」と単純に対比させることが出来るのかな?と思ったりもします。
実際に両者の歴史を調べてみると面白い課題だと思いますよ。

Q産業資本主義と金融資本主義のちがい。

タイトルのままですが…
産業資本主義と金融資本主義のちがいについて教えてください。

産業資本主義が発展し、資本が過剰に蓄積し、金融資本主義になるとのことですが…
それぞれの違いについてもう少し詳しく知りたいです。

Aベストアンサー

まったく素人ですが、回答させてください。

湾岸産油国など、国内産業が未発達の地域では、産業資本主義とは言えないが金融資本主義、ということはできる。日本では高度な熟練を要する町工場の産業基盤があるがために、重工業に投資して中小企業を大事にしない国々とは比較できないほどの工業技術力の底力がある。従来の経済「進化論」では、産業資本主義が成熟して金融資本主義になる、という進化の道筋があった。だがIT革命を経たいま、進化の段階の「スキップ」が見られる。インドは、IT技術に資本と人的資源を集中投入してそのスキップを勝ち取った。また、通信事業の分野では、電話線を引かなくても携帯電話サービス網のインフラに投資し、スキップを実現している。従来では重工業、軍需産業からのぽたぽた(トリクル・ダウン)、あるいはスピンオフから地域産業全体への波及という道筋だった。今はダイレクトにサービス産業への投資から産業を活性化させるという方向性が偏在する。このように、今では産業資本主義から金融資本主義へ、という道筋は主流では無いのかもしれない。ただし、日本のように町工場が強い、というのは実は想像以上に日本の工業を支えているのかもしれない。だから金融資本主義マンセーの風潮は、やばいと思います。

まったく素人ですが、回答させてください。

湾岸産油国など、国内産業が未発達の地域では、産業資本主義とは言えないが金融資本主義、ということはできる。日本では高度な熟練を要する町工場の産業基盤があるがために、重工業に投資して中小企業を大事にしない国々とは比較できないほどの工業技術力の底力がある。従来の経済「進化論」では、産業資本主義が成熟して金融資本主義になる、という進化の道筋があった。だがIT革命を経たいま、進化の段階の「スキップ」が見られる。インドは、IT技術に資本と人的資...続きを読む

Q資本制経済の発展階段

マルクス経済学のことを勉強し始めたんですが、「資本制経済の発展階段」についてわかりません。どなたかお願いします。

Aベストアンサー

マルクスの主張は、原始共産制→奴隷制→封建制→資本主義→共産主義と社会が段階的に発展していく(唯物史観)というものです。
し様際は、下記サイトを参照すると良いと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%B8%BB%E7%BE%A9

Qいまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本

いまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本主義の2つの主義が両立して成り立っているのに、なぜ日本は民主主義を前面に押し出し、資本主義とは言わないのですか?

Aベストアンサー

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことはよく知られています。トップダウンで物事を解決していく政治システムとなっていました。

人間が行動するためには「正しい」とか「善」であるという意味付けとか、価値の付与が必要です。人を思いどおりに動かすという権力にも正統性が必要ですね。人が警察官の指示に従うのは法律によって警察官に権限が与えられているからです。為政者例えば総理大臣は日本で最も権威のある憲法に則って権力者となっているため官僚はその指揮に従います。法律は憲法に則って国会で決められたから国民はそれに従います。

しかし、何が正しいとか、善であるかは相対的なものであり、容易に判別できるものではありません。あなたの最愛の人が警官に追われてあなたの家に逃げ込んできました。警官が家の戸口に立ちました。最愛の人を守るためいないというのか。うそを付くのは悪いので警官に引き渡すのか。戦場です。人を殺したり傷つけるのは悪いのか。祖国を守るため、また横の仲間を守るため敵を銃撃するのか。

権力の正統性も同様です。その源泉は神であったり、自然法であったり、長く続いていることであったり、人民の総意であったりと権力者は自己の権力が正統であることを説明します。人民がそれを受け入れるか受け入れざるを得ないということであればなんでもよいということになります。

大衆社会になってからはメディア、うわさなどを巧みに使って人民にその気にさせるという作業が行われており、100人がそう言えばそれが事実か真実かとなってしまう状況ですね。ナチスなどが有名です。


そこで民主主義が資本主義の制約とか修正のために登場したというのではなくて、資本主義がもたらした国民の生活の状態、裕福に資産を持つ人や、雇われて仕事をするしか収入がない人、従来からの大地主や貴族などいろんな人があって、これ以上資本主義を徹底したい人や、なにも持たないので従う人、怖さを知らない人、このままでは没落してしまう人などいろいろな経済的立場として存在し、争議や内乱も含め政治的な主張や軋轢を繰り返かえすという状況が生まれたと考えます。

それぞれの国の歴史的背景、対立の勢力分布、対立の根の深さなどいろいろな要素があってなにも持たない人をどう取り込むかという解決の方法が、日本では働くしか収入がない人を政治参加に取り込む方法であったのではないかと考えます。

彼らを取り込む以上彼らの主張の一部を受け入れることとなり、結果資本主義の制約なり修正が生まれました。日本では、こうした修正した資本主義経済が発展したところ、国民が全体的にそれなりに豊かになってきたため本人の経済的立場というものがあまり気にされなくなりました。経済的立場からの発言や団結なども少なくなりました。この事態には宣伝の効果も大きいと思いますが、国民全体の所得が向上したのも事実であると考えられます。


近年の資本主義重視への揺り戻しは、小さい政府や規制緩和の動きとしてみられ、新自由主義的な政策と呼ばれますが、初期にも政府は何もしないほうがよいという考え方はありました。ワーキングプアというような現象を生み出しましたが、個人の責任をより強く吹聴することによって、社会の仕組みの変化により生じたものであるというという事実がぼかされているとも見えます。

働かざるもの食うべからずという言葉は聖書や旧ソビエト連邦の憲法の条文であり、また資本主義では持てるものは別に働く必要もないわけですから、自己責任というのは資本主義由来の言葉とは少し違うのではないかと考えます。

「持てるものが楽をして儲けて何が悪い。儲けやすいように変な規制なんか廃止しろ。わしが儲けた金に何で税金なんか払わせるのか。」そのように言ってはみもふたもありませんので、使い方や制度が悪いという問題を国民全体に啓蒙し小さな政府に誘導する必要があります。

大衆というものは、自分を自宅にプールがあるような人とは比較しないで、となりの人が海外旅行に行ったことをうらやましがるように出来ていますので、うまく不平不満をその人たちの身近に見つけてあげ誘導することが大切です。そうすれば結果的に投票者当人に不利益になることでも受け入れられます。

そこで資本主義は後ろに隠すべき物です。

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことは...続きを読む

Q資本主義経済を除く物資交換方法について

リーマンショック以降、経済の低迷が続いて、ますます貧富の差が大きくなっているように感じます。お金持ちは、今あるお金を他の人に貸す事で、どんどん資産が増える仕組みになっています。どうしてこのような世界になったのかという疑問を感じます。

世界には一日の食べ物が満足に得られない人がいます。
生物の多様性が失われ絶滅していく種が増えています。
人間の可能性が広がりすぎて、自制が効かず、地球環境を破壊しつつあります。

色々問題はありますが、一番身近な生活を営む方法の基礎として、貨幣を交換媒体とした資本主義経済があり、この元にたって、必要な物資を調達しています。
小さなコミュニティを基調とした自給自足生活スタイルがいいのではないかとも思います。

資本主義経済に対する納得できる批評記事、これからの人間生活の仕組みがどうあるべきかのヒントが書かれた文献、ホームページなどがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

現在、福島県の中心部にいる人々が、原発からの低線量被曝を受けています。国からの避難指示が出されません。
それは国の官僚たちが、福島県の大人や子供の命や健康よりも、マネー(賠償金額を低く抑えること)を大切にしているためだと思います。そんな国家公務員たちの価値観は狂っているように思います。

文献でもホームページでもないのですが、アプリケーションソフトについて考えます。
資本主義を取り除きうるアプリがあるか、ありうると思います。
アメリカでスマートフォン向けのアプリが開発され、それはボランティアマッチングとか、対価と労力を個々人で交換するアプリとかであるらしいです。
生活に必要な仕事をアプリによって示し、また同時にその仕事の報償(有償でも無償でも)を示し、そして他人がアプリを通じて申し出てその仕事をし、対価を得るという仕組みです。対価をゼロに設定すればボランティアが成立しますから、人々の無償の仕事が増え、人々の仕事がすべて無償になれば資本主義が超克されると思います。
そうしたアプリを日本でも開発し利用して、対価をゼロつまり無償のボランティアにすることによって、
価値のある、生活に真に必要な労力やモノやサービスを、個人的にも集団的にも提供しあうような社会にすれば、資本主義の軋みを取り除けると思うのです。
ソフトバンクの孫さんなどにそういうアプリを開発・配布して欲しいと思います。あるいはサイトでも良いと思います。そういう無報酬のシステムをまず作り、それを人々が利用することを望みます。

マネーよりも人を大切にする社会に生きたいと思います。金のための労働ではなく、純粋に人や社会のために働ける方が喜びになります。経済の実質は貨幣という紙屑ではなく、一人一人の労力なのですから、労力の需要と提供のマッチングを、そのアプリを使ったり、または使わなかったりする中で営めば、マネーという貧富のバランスに欠いた世界にするための道具から、人々が解放されるような気がしてなりません。

またすでにある資本主義を脱している集落に、ヤマギシ会、アーミッシュなど、そしてキブツというシステムがあるらしいですが、非資本主義的だったキブツに資本主義が帰っている理由は、そのキブツが国家という枠組みを超克していないためだと思います。マネー、国家(国境、国際)、そして企業間の隔たりと、ヒエラルキーを取り払う必要があると思います。それらはセットになって人々を争いと搾取の状態にとどめ続けるものだと思います。
今後は国家やマネーを相手にせず、人々が相互に地味な生活を紡ぐために、個々のモバイルとアプリによって必要な労力を示しあい捧げあうような社会が良いと思います。福島の人々を救わない非人道的な吝嗇システムを脱し、見返りを求めない仕事を皆がする中で、社会が築かれ、支えあう状態に変わるべきです。

現在、福島県の中心部にいる人々が、原発からの低線量被曝を受けています。国からの避難指示が出されません。
それは国の官僚たちが、福島県の大人や子供の命や健康よりも、マネー(賠償金額を低く抑えること)を大切にしているためだと思います。そんな国家公務員たちの価値観は狂っているように思います。

文献でもホームページでもないのですが、アプリケーションソフトについて考えます。
資本主義を取り除きうるアプリがあるか、ありうると思います。
アメリカでスマートフォン向けのアプリが開発され、それは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報