西洋経済史について勉強しています。
西洋で初めて資本主義が現れたのはヨーロッパで、それ以前は封建制であった。そして、資本主義になり市場が発展したことにより、商品経済が農村の中から誕生したということは分かりましたが、曖昧でいまいちよく分かりません。
ホームページを検索しても、詳しく載っていないので困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  ごく簡単に述べます。
 
  封建制社会が展開して行くと、「労働には価値がある」という、価値観、倫理、エートスが生まれます。また、こういう価値観・倫理・エートスの発生がないと、封建制の高次展開はないのです。
 
  普通に、物品・商品に価値があり、それは「量」で計ることができるという考えは、西欧以外の、アジア型生産社会でもありました。小麦100キロは、小麦50キロの二倍の価値があるなどは、当然分かった訳です。
 
  西欧の封建制の展開において、労働に価値があり、労働の「量」で、価値が計れるという考え方が成立します。これは、人間の労働が「価値」だというエートスがないと成立しません。奴隷制社会や、その延長のような社会では、奴隷の労働には価値などない、ということになります。命令する主人がいるので、奴隷の労働で、作物や商品ができるので、主人の命令が価値あるなどという話になります。
 
  労働に価値があり、量で計れ、他方、物品・商品にも価値があり、その価値は量で計れるという考え、エートスが明確に成立した時、初めて、労働の量と、物品等の価値の量を、交換する式が成立するという考えになります。そして、貨幣が、この二つの価値の量を媒介し、抽象的な価値の量を測定できる道具だということになります。
 
  西欧以外の社会でも貨幣はあり、商業はあり、商人や商行為はあったのですが、抽象的な「価値の量」の換算の道具としての「貨幣」はなく、貨幣である金などは、金自身の物品としての価値で、一見貨幣の機能を持っているように見えるので、実は、物々交換の進展したものでしかないのです。
 
  西欧の抽象的な貨幣は、貨幣自身には、価値が本来ないというか、貨幣として使われるものの固有の物品価値とは、別の処に価値が設定されているのです。こういう設定は、労働の量の価値と、物品の量の価値の抽象化で、両者の交換性が考えられ、その媒介として、貨幣の概念が出てきたからです。
 
  貨幣があれば、労働も、物品も手に入れることができるので、貨幣を入手することが重用だ意味あるとなり、西欧のすべての人が、貨幣を求めるようになり、貨幣を中心とした、経済活動を、商人だけでなく、農民も職人も、王侯貴族も行うようになり、その結果、資本主義社会への移行が起こったのです。
 
  封建制から資本主義へ移行した理由は、高度封建制は、「労働の価値を認め、それを量で把握するエートス=倫理気風」を生み出した、または、そのようなエートスの成立で、高度封建制は成立し、このようなエートスを前提として、初めて抽象的な媒介である「貨幣」の交換機能が成立したからです。「貨幣の確立」が、資本主義の確立の端緒なのです。
 
  マックス・ヴェーバーは、上のような、労働には価値があるというエートスを、プロテスタンティズムと呼び、プロテスタンティズムと資本主義の発達には、明らかに関係があると云う研究を行ったのです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい回答ありがとうございましたm(..)m
マックス・ウェーバーの説明の書いてある本やホームページを探してみようと思います。

お礼日時:2002/01/13 05:53

18-19世紀の経済学者の本ならば.だれでもいいですから読めば書いてありますよ。


図書館で.教科書に載っているような有名人の経済学者の本で.自分でぱっと見て読めると思われる本を選んでください。(けして文語の本や厚い本を選ばないように)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
明日にでも行ってみようと思います。

お礼日時:2002/01/13 05:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Q産業革命と資本主義の関係について教えてください

産業革命により、資本主義が発展した(起こった?)といわれますが、その関係性に
ついて教えてください。
一種のエネルギー革命により大量生産が可能になったのが、産業革命ではないかと
思うのですが、大量生産革命がなぜ資本主義に結びついたのでしょうか?

それとも私の認識は全く間違っているのでしょうか?

愚問かもしれませんが、お教えいただきますとありがたく存じます。

Aベストアンサー

近代資本主義以前にも、古くから資本主義的な経済活動はありましたし、
産業革命以前にすでにマニュファクチュアという資本主義的な生産様式は
発生していましたから、産業革命によって資本主義が起こったということは
ないでしょう。

産業革命によって資本主義が発展したというのは、その通りだろうと思いますが、
 ・大量生産が可能になったことで、資本主義的生産の有効性が顕著に示された。
 ・資本家に富をもたらすことで、封建領主に代わって社会をリードできる力の
  源泉となった。これにより、諸制度の資本主義的改革が行われた。
といったところではないかと思います。

Q封建社会

封建社会とは何ですか?定義を教えてください。

Aベストアンサー

封建社会とは君主が臣下に土地や特権を与え、臣下はそれに見合う忠誠を尽くす事を契約する社会です。
君主は臣下に対し恩恵を保証し身分などを与えます。
臣下は軍役や税金などを納めるのです。
また君主の命令に従い君主の領土を守り、命を投げ出すこともあります。

これの反対が自由社会です。

Q資本主義経済と市場経済の違い

よく社会評論などの本では、「今の日本は資本主義社会なので~」
などと書いてあるのですが、経済学の本などを読むと、すべての商
品が市場で取引されるのだからこの社会の経済体制は市場経済だと
いうことが書いてあります。

経済の側面から見ると「市場経済」が正しいような気がするのです
が、しかし、「資本主義」も経済体制について言っているのですよ
ね?

両者(資本主義と市場経済)は結局、同じ意味なのでしょうか?
だったら、用語を統一した方が分かりやすいと思うのですが、やは
り違う用語を使っているということは、意味が違うのでしょうか?

各々の用語の正確な意味を教えていただけたら有難いです。
それと、結局、今の日本は、経済の側面から言ったら「何経済社会」
と言うのが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

おそらくほとんど同じ意味なのでは?
またそう解釈してほとんど困ることはないのではと思います。
「市場経済」はちょっと意味合いが弱いような気がします。ロシアなんかもともと共産主義の国でしたが、市場原理が導入されてきて、「市場経済が発達してきた」とか言いますよね。中国なんか国家体制が「共産主義」なのですが、経済は市場原理が導入されて「市場経済」です。

「資本主義」は国家体制までも意味しているような気がします。中国は共産主義で「資本主義」ではないけど、「市場経済」です。

日本は、「市場経済」で「資本主義」とみられますけど、国による規制がまだまだあるし、ちょっと前までは銀行の護送船団方式といっていましたので、本来の「資本主義」ではないかもしれません。

どちらも純粋な形ではなかなかないですよね。

Q需要曲線の均衡価格の求め方を教えてください

ある問題でこのように出されました。

D=100-p
S=3p
と書かれていました。また、縦軸は価格で横軸を数量とするとなっています。
問題はグラフを描いて、均衡価格と均衡取引量を求めないさいというものです。

私は数学を2~3年やっていなくて、まったく分かりませんでした。友人は「たぶん、中学2年生レベルの数学でできるよ」と言われたのですが、それでもわからなかったです。

どのように求めればよいのか教えてもらいたいです。答えは自分で頑張って求めてみます。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

均衡価格は需要量と供給量が一致する価格ですから
D=Sとなればよいわけですよね。
なら
Dつまり100-pとSつまり3pが等しいという方程式を解けばpが求められるはずです。
次に求めたpを元の式に代入すればD=Sの値つまり均衡取引量が求められるでしょう。

Q江戸幕府は封建制?

日本の江戸幕府は歴史用語の上では封建制なのでしょうか?それとも絶対王政なのでしょうか?
江戸時代は確かに各大名に領地が与えられていて、行政や司法が委ねられていましたが、大名が己の領地に対し完全に主権を有しているわけではなく、幕府によって領地替えや取り潰しされる事がありました。
また将軍と大名は契約によって主従関係があるのではなく、完全に支配されています。
しかし大名は将軍が派遣した官僚ではありません。
こういう場合はどちらに分類されるのでしょうか?
西洋の歴史用語を日本の体制に完全に当てはめる事も難しいと思いますが。

また西洋で日本の江戸時代のような体制になっていた時期もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 お教えするような書き方にどうしてもなってしまいますので、文章の生意気な部分はどうかお許しください。


 江戸時代こそが、典型的な封建制です。
 確かに西欧中世の封建制とは若干異なりますが、江戸時代が封建制でなかったら歴史学の根幹が揺らぎます。

>大名が己の領地に対し完全に主権を有しているわけではなく

 いえ、有していましたよ。
 そうでなければ、独自の軍隊などもてるはずがありません(家臣団=軍団)。
 主権があったればこそ、「薩英戦争」とか「薩長同盟」とかができたわけです。
 基本的に「国家主権」というのは、行政、立法、司法及び軍事がそろっていることを言いますし、他の国から内政干渉されない権利も含みます。
 その点、江戸時代の「藩」は、それらを十分以上に持っていました。

>幕府によって領地替えや取り潰しされる事が

 これは、主権が有るとか無いとかいう次元とは別で、主権を持つ大名を統括する主君(将軍家)の、臣下へのコントロール方法が強引だったというだけです。
 西欧でも、封建主義の時代に、地方領主をローマカトリック教皇が「破門する」という手段で、実質上無力化することもありました(自分で国教会を作っちゃったイギリスみたいなとこには効かなかったみたいですが。)。
 西欧では、主従関係を結ぶ対象が「世俗」と「宗教」とで分離していましたので、「世俗権力しかない日本」とは異なるのは仕方のないことです(日本の場合は、「朝廷」という別の要素もありますが、ここでは触れません。)。 

 お教えするような書き方にどうしてもなってしまいますので、文章の生意気な部分はどうかお許しください。


 江戸時代こそが、典型的な封建制です。
 確かに西欧中世の封建制とは若干異なりますが、江戸時代が封建制でなかったら歴史学の根幹が揺らぎます。

>大名が己の領地に対し完全に主権を有しているわけではなく

 いえ、有していましたよ。
 そうでなければ、独自の軍隊などもてるはずがありません(家臣団=軍団)。
 主権があったればこそ、「薩英戦争」とか「薩長同盟」とかができた...続きを読む

Qなぜ、世界の流れは封建制から民主主義(社会主義)なのか

唯物史観、社会主義史観は、人間の楽観的な捉え方によって失敗したのかどうか定かではありませんが、かならずしも万能な理論ではないと思います。
それを根拠としてもしなくてもいいのですが、なぜ、世界史の流れは、封建主義から、国民が総体的に政治参加するという民主主義の形態に移行しようとするのでしょうか?なぜ、もどってみようという地域国家はないのでしょうか?
やはり、民主主義は、封建制独占政治よりは「ましである」ということがいえるからでしょうか?

なにか、民主主義ということが金科玉条のような扱われ方をするのが腑に落ちない気がします。

Aベストアンサー

簡単にいえば、産業革命が起き啓蒙主義が誕生したからです。

産業革命が何故起きたかは#2さんの言うとおり、新しいエネルギーが発見されたからなのですが、産業革命が起こったことにより封建制度は時代遅れになったのです。

まず封建制度の特徴を見ると、世襲制・身分主義・農本主義の特徴があります。これは農業(酪農ふくむ)から上がる作物(食料)の分配し古代の時代に膨れ上がった人口(社会)を維持する為に考案されたものです。農業に優先的にエネルギーや人などの資源をさくことで、限りある資源を有効的かつ持続的に使用するものなのです。
つまり強権的な支配者を置くことで、食料分配をコントロールできるようにし、それが1世代で終わらないように世襲で身分を固定する。また商業・工業については身分を低くすることで、生存を不安定にし(つまり農民のように土地についていないので、飢饉や災害時に優先的に保障をうけられない)、商業的工業的発展を阻害して、エネルギーの使用量が急激に上がらない(上がると簡単に供給量を越える)ようにしたのです。
実際、地中海世界の古代の発展と中世の発現は、豊かだった地中海周辺の森林資源の活用と枯渇によるものであり、ルネッサンスの勃興はヨーロッパ中部の森林資源を活用したものだからです。ヨーロッパ中部の森林資源が枯渇する前に、石炭や石油などの化石燃料が発見されたために、現在まで民主主義が持続しているといえます。

また別の側面、宗教から見ると、中世の暗黒時代もエネルギー不足が原因です。古代のアルキメデスなどは十分に考え、実験を行い新しい技術を育むことが出来ましたが、新しい技術=便利になるということは、人の力の変わりにエネルギーを使って仕事をするということなのです。
そのため中世の頃は科学自体を禁止したため、現在での科学、特に数学や物理学など「考えること」が大好きな人が大量に神学を学んだため、精密なそして人間離れした宗教が猛威を振るったのです。

そしてルネッサンスから産業革命を経て、今の資本主義・民主主義が立ち上がります。実は古代でもすでに民主主義の方法論はあったのです。が、現代に続く民主主義は寄り複雑な問題を抱えています。
それは資本主義という問題点です。
産業革命で起きたことは、エネルギーを利用し機械を使用することで、マンパワーだけは到底達成できない生産量を実現し、安価に製品を作り・輸送し・販売することが出来るようになったことです。
これにより資本を持ち投資した者は莫大な冨を得てまたそれを資本として投下し、それ以外資本も技術もない者は(農業にも産業革命の波が来て、今までほど人を使わなくても生産性が上がるようになったため)、工場で働く労働者になりました。
ところがややこしいのは労働者は消費者であり、工場で出来た生産物を購入し使う立場でもあったことです。
当初は植民地政策もあり、生産は本国、消費は植民地という搾取も成り立っていたのですが、だんだん植民地が疲弊すると本国の労働者に製品を売るという方式が成り立つようになりました。
このような資本家と労働者の数が多くなるにつれて、今までの農本主義は崩れ、封建的身分も崩壊していったのです。王様よりも金持ちの資本家が出現したら王様は権威の一部を傷つけられます、「けしからん」と王様が冨を強制的に剥奪すれば、だれも資本を出して投資しようとしなくなります。これにより、資本主義の台頭に伴って、個人の自由(移動・思想の自由など)と権利(財産・生存)の確保が重要になって、民主主義に移行していくのです。
しかし封建主義の社会保障制度が崩れた後、冨を持ち裕福な資本家と何も持たない労働者が国の構成員になったため、国の運営上、誰からどのくらい税金を徴収し、労働者の生存権をどのように保障するかも、問題になっていきました。
これにより民主主義的な手続きである、選挙などを通じて国の運営方法を決定するようになり、最初は税金を多く徴収される資本家などに選挙権が与えられたものの個人の自由と権利の確保は労働者にも及ぶとして一般選挙が成人に無条件に与えられるようになったのです。
しかしここで社会主義、共産主義という問題定義が起こります。産業革命と機を一にした社会革命は、啓蒙思想が原動力になっており、封建主義から革命を起して民主主義に移行すれば、人間の尊厳・平等は守られるはずだったのです。
しかし実際には資本家(ブルジョアジー)と労働者(プロレタリアート)の格差は広がるばかりで、民主的な手続きをもってもこの差を埋めるのは難しいと説いたのがマルクスであり、であるならブルジョアジーをなくしすべてプロレタリアートの国を作れば人間の尊厳・平等は達成できると考えたのがレーニンです。ここに共産主義という新しいイデオロギーが誕生し、戦後の冷戦にまでつながるのです。

どちらも、産業革命と啓蒙思想があったからこそ生まれたといえます。(もっとも民主主義自体は古代ローマや都市国家(ポリス)などに見ることができます)

現在は共産主義の実験は失敗し、民主主義的・資本主義的な社会が世界中で謳歌しています。
しかし中世に入るきっかけとなったエネルギー不足も、石油の枯渇という形で現れており、資本主義の暴走(つまり市場主義の限界)も見えてきています。

もしかしたら今後、生産を割り当て性にしてエネルギーを持続的に使えるようにしたり、考えるのが大好きな人はコンピュータのバーチャルな世界に引きこもったりする、新しい形の中世が来ないともかぎりません。

またはネットを利用したもっと実用的な民意をくみ上げることができるネット民主主義が出来るようになるかもしれません。
中国では一党独裁であるがために、逆にネットの中の意見に対して政府が柔軟に対応するという、新しい形の民意の汲み上げが試行されているようです。
個人の尊厳・自由という一見当たり前のような権利も、地球全体の危機がくれば、紙くずと同じように捨てられるかもしれません。
または逆に、新しい技術思想の上にまた新たな思想でもって、もっと個人の自由・権利の保障が行われる制度ができるかもしれないのです。

資本家が自由に活動し、社会を維持するためには、個人の自由が必要で、個人の自由を確保しながら社会や国を運営維持していく方法は、いまのところ民主主義しかありません。

簡単にいえば、産業革命が起き啓蒙主義が誕生したからです。

産業革命が何故起きたかは#2さんの言うとおり、新しいエネルギーが発見されたからなのですが、産業革命が起こったことにより封建制度は時代遅れになったのです。

まず封建制度の特徴を見ると、世襲制・身分主義・農本主義の特徴があります。これは農業(酪農ふくむ)から上がる作物(食料)の分配し古代の時代に膨れ上がった人口(社会)を維持する為に考案されたものです。農業に優先的にエネルギーや人などの資源をさくことで、限りある資源...続きを読む

Q戦後日本の急速な高度発展・技術革新の理由は?

戦後の日本は、奇跡とも呼ばれる超高度発展を遂げたと言われますが、
なぜ日本だけがこうした成長を可能にしたのでしょうか?
また、自動車産業やカメラなど日本が世界のトップシェアを誇る分野は多くありますが
成長当時の日本が世界に台頭してきたとき、世界の反応はどんなものだったのでしょうか?
分かりやすくまとめてある本やサイトがなかなか見つからないので
お勧めの文献などあればそちらも教えて頂きたいです。
分かりにくい文章で恐縮ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

素人ですので、常識的な回答を。
1.朝鮮戦争の影響。敗戦で産業が壊滅状態になった日本が急速に回復した第一の理由は朝鮮戦争に伴う、特需。後方補給基地として、アメリカが安心して食料や雑貨、資材の調達、船舶・車両等の修理、などができる国は、当時近隣で日本しかなかった。中国は東側、台湾は政権が成立したばかりで産業基盤がない、朝鮮は戦争当事国。となると、日本しか無い。
2.安保条約による軽武装・産業優先政策。
東西冷戦の中で、日本がアメリカの傘の下、軍事費に予算を使わずに産業育成に資金を使うことが出来た。極東アジアは当時東側の影響が強く、日本はその防波堤の役割を担うため、アメリカが軍事的に保護政策をとった。そのため、日本自身で軍事費を負担することが最低限で済んだ。そのため、産業育成に湯水のごとく資金を注ぎ込むことが可能だった。
3.政府による産業育成、保護政策
「日本は唯一成功した社会主義国」と揶揄されるほど、大蔵・通産等の業界保護政策、金融保護政策は徹底していた。有名な「護送船団方式」、外貨割り当ての政策利用。また、1ドル=360円体制を死守するなど、輸出産業育成を政策課題としたこと。

もちろん、国の基盤として、義務教育が浸透し、良質で均質な労働者が多数存在したこと、そもそも戦前からそれなりの産業基盤があったこと、などがこれらの背景にはあるでしょう。

外国の反応ですが、60年代 made in Japan と言えば、「値段は安いけど粗悪品」の代名詞でした。少し前の、中国製品に対する私たちの反応を思い出してくれれば良いと思います。あれと同じです。また、「猿まねジャップ」ということも60年代から70年代前半には良く聞きました。これは製品だけではなく、テレビ番組や文化そのものへの批判です。

今、ネット右翼などという人達(たぶん若者)が、よく韓国に対して同じような発言をしています。当時を知っている我々からすると、「かつては日本も同じように欧米から言われてたんだけどな」と思い、痛々しく感じます。(だから、私は絶対にそういうことは言いません。それは国が発展するときに一度は通る道だと思いますので)

日本製品の評価が目に見えて「良くなってきたな」と、庶民レベルでも実感するようになったのは、70年代後半からですね。電化製品・車などドイツ製品と日本製品が、同じテーブルで比較の対象になるようになってきました。

素人ですので、常識的な回答を。
1.朝鮮戦争の影響。敗戦で産業が壊滅状態になった日本が急速に回復した第一の理由は朝鮮戦争に伴う、特需。後方補給基地として、アメリカが安心して食料や雑貨、資材の調達、船舶・車両等の修理、などができる国は、当時近隣で日本しかなかった。中国は東側、台湾は政権が成立したばかりで産業基盤がない、朝鮮は戦争当事国。となると、日本しか無い。
2.安保条約による軽武装・産業優先政策。
東西冷戦の中で、日本がアメリカの傘の下、軍事費に予算を使わずに産業育成に...続きを読む

Q大数の弱法則と強法則の違いについて

大学で、大数の弱法則と強法則の違いについて単なる表面上の違いではなくレポートせよって問題が先日でたんですけど、表面上の違いではなくってところがよくわかりません。弱法則と強法則の公式を証明して、公式の違いを書くだけじゃだめなんでしょうか?

Aベストアンサー

大学でのレポートは、先生の主観に沿うように書くことが大切です。
今回の例で言えば、強法則と弱法則の違いの何に先生が着目し、
どこに本質があると考えているか…ということ。
「表面的でなく」とは、そういうことです。
それは成書には書かれていないし、下手に図書館の本を引用すると、
最悪の場合、先生と対立する意見だったりします。
講義で何と言われていたか、よく思い出しましょう。
講義をちゃんと聞いていなかった、または、
出席していなかった場合は、友人に相談するか
ノートを借りましょう。
あと、その手の何が聞きたいのか不明瞭な
観念的なレポート課題は、往々にして
先生の毎度の持ちネタだったりします。
先輩に相談してみるのが有効な場合も多いものです。

Q資本主義とは

 資本主義って何ですか!?

Aベストアンサー

元手となるお金を有効に活用することにより、
さらに多くのお金を儲けることができます。
そのような仕組みを基礎に成り立っている
経済システムが資本主義です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング