つい最近の学校の実験で味覚地図の作成と味覚閾値という実験をして、レポートを書かねばならないのですが、閾値の求めかたがいまいち分かりません。大学なので先生がつかまらなくってかなり困っています。
(実験方法)
1、A,B,C,Dの4つの原液から各々4段階の濃度の検液を調製する。
2、濃度を薄い溶液から順次、綿棒で取り、味を判定する。
 <味の判定基準>       3、判定基準二をもとにし各味の閾値を求めよ
 イ、水と変わらない       おおよその濃度(μmoles/l)を計算する。
 ロ、かすかな味を感じる。
 ハ、かすかな〇味を感じる。
 二、弱い○味を感じる。
 ホ、はっきりと○味を感じる。

検液A 甘味     検液B 塩味     検液C  苦味   検液D酸味
A1 0.2% ハ  B1 0.14% ロ C1 0.05% 二 D1?% ロA2 0.3% ハ  B2 0.2%  二 C2 0.07% ホ D2?% ハ
A3 0.4% 二  B3 0.28% ホ C3 0.1%  ホ D3?% ハA4 0.6% ホ  B4 0.48% ホ C4 0.125%ホ D4?% 二 
以上です。分かりずらい説明かとは思いますが、どうかよろしくお願いします。

A 回答 (1件)

味覚閾値をもとめる検討は


被検者の舌の指定箇所に綿棒で検液を塗布し感じるか否かを確認していくものですよね??

であれば最初の調整液はご自身で探るのが一番ですよ。
それでおおよそのオーダーを出して左右に振るのが一番です。
私は塩味しかしたことがありませんがそのために用意した検液は数十パターンで、何人かで事前に試してみて一番使えそうなパターンで本実験を行いました。
苦味に用いる原液の性状や調整の仕方で全てが変わるためです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

色々とありがとうございました。とても役にたちました。

お礼日時:2002/02/06 21:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q栄養不足で輸血とは?

母(77歳)は脳梗塞による植物状態の寝たきりです。現在静脈点滴にて栄養採取していますが血管の確保が難しくなってきたということで鎖骨からのIVHを勧められています。主治医から「栄養状態が悪く、輸血もしないといけない」と言われました。輸血って手術などの時にするイメージが強いのですが、栄養不足で輸血をするものなのですか?輸血が必要な栄養不足というのは何が原因と考えられますか?母の場合、輸血をしたら考えられるリスクは何だと思われますか?

Aベストアンサー

> 栄養不足で輸血をするものなのですか?
VitB12、葉酸、鉄の欠乏で貧血になるので、場合によっては輸血が必要です。ただし、
"栄養状態が悪く、輸血もしないといけない"という言葉は、栄養不足で輸血を必要とする貧血がきている.という意味以外に、CVライン(IVH)を入れる理由として、栄養補給と輸血目的の二つがある..という意味にもとれます。すわなち、末梢ラインを細い点滴ルートでとっていると、そこからは輸血ができないからCVラインをとります..とも受け取れます。どちらかは不明なので、回答1の人がおっしゃるとおり、担当医に尋ねるしかないかと思います。ついでに、経鼻や胃瘻からの栄養投与の選択はないのかも尋ねられるといいかと思います。


輸血のリスクは、ネットで検索してください。

Q細胞内液の浸透圧 - 膨圧 = 細胞外液の浸透圧(吸水力=細胞外液の浸

細胞内液の浸透圧 - 膨圧 = 細胞外液の浸透圧(吸水力=細胞外液の浸透圧)
が、低張液で成り立つ理由がわかりません。
低張液でも吸水力は0になるのではないのですか?
それが外液の浸透圧と等しくなるって

おかしくないですか?

Aベストアンサー

吸水力には定義が必要です。吸水力の文科省の昔の定義は「その細胞が純水に対してどれだけ吸水する圧力を持つか」です。現在の文科省の定義は「その状態で細胞がどれだけ吸水する圧力を持つか」と変わったようですね。これは全く言葉の定義が違いますからどちらを言っているのでしょう。

やや低張液に植物細胞を入れた場合には、
昔の定義なら平衡状態でも細胞の吸水力は純水に対してですから0にはなりません。その際の関係式は以下になります。
吸水力=内液の浸透圧-膨圧=外液の浸透圧

現在の定義では平衡状態では吸水力は平衡状態ですから0になります。その際の関係式は以下になります。
吸水力=内液の浸透圧-外液の浸透圧-膨圧=0 です。

文科省は重要な用語の定義を変更しても同じ用語を使用するとはとんでもないことに思えます。今の役人や学者は何を考えているのでしょう。今の学生さんはかわいそうですね。それにしても質問しっぱなしでお礼も言えないのならマナーとして人に聞くべきではないと思いますよ。

Q癖毛です 前髪らへんが癖毛なんですけど、痩せているので明らかに栄養不足の癖毛なんです。栄養不足改善し

癖毛です




前髪らへんが癖毛なんですけど、痩せているので明らかに栄養不足の癖毛なんです。栄養不足改善したら、ストレートになりますか?もとは、サラサラストレートです!

Aベストアンサー

安心して下さい
改善すれば、元に戻ります。
私なんか、スキンヘッドですからそんな心配いりませんけどね(笑)

QIC50(50%阻害濃度)の出し方についてご教示ください。

IC50(50%阻害濃度)の出し方についてご教示ください。

とある物質の酵素阻害活性を測定しているのですが、
IC50値の出し方がいまいちわかりません。

現在の実験方法はサンプル毎の阻害率を以下のように求めています。
1.酵素、基質、阻害物質を加え反応させて吸光度を測定
 (反応生成物を比色法で測定しています)
2.得られた吸光度から、ブランクを差し引いて阻害率を求める式にあてはめて
 阻害率(%)を出す
 ((対照-サンプル)/対照)×100

という風に行っていました。
なので、阻害物質の濃度をふって(10, 5, 1, 0.5, 0.1, 0.05, 0.01ug/mL)
それぞれの阻害率を求めて、エクセルで検量線を作って
その式に当てはめて50%の値を求めたらよいのかな、と思ったのですが…
普通に散布図にしたら変な形のグラフになってしまいました。
いろいろ調べた結果、IC50を求めるときはx軸が対数のグラフを作るのでしょうか?
そのとき、阻害物質(x軸)の濃度の振り方も異なってくるのでしょうか?
(たとえば10, 5, 2.5, 1.25, 0.625…のほうが良いとか)

正直、数学が苦手でして対数にする意味などはさっぱりです…
どなたか、ご回答よろしくお願いいたします。

IC50(50%阻害濃度)の出し方についてご教示ください。

とある物質の酵素阻害活性を測定しているのですが、
IC50値の出し方がいまいちわかりません。

現在の実験方法はサンプル毎の阻害率を以下のように求めています。
1.酵素、基質、阻害物質を加え反応させて吸光度を測定
 (反応生成物を比色法で測定しています)
2.得られた吸光度から、ブランクを差し引いて阻害率を求める式にあてはめて
 阻害率(%)を出す
 ((対照-サンプル)/対照)×100

という風に行っていました。
なので、阻...続きを読む

Aベストアンサー

どんなグラフなのかわからないのであれですが

とりあえず、貴方の実験も対数でされているので問題無いです(0.01, 0.1, 1, 10, 0.05, 0.5, 5で実験しているので)
今回の実験をリニア(普通の)軸で取ると、一番右端が10になり左端が0.01≒0になります
真ん中が5、左から1/10が1になるので、右半分は殆どデータがなく左側にばかりデータ点が並ぶことになります
しかも、0.01と0.05, 0.1当たりの違いはグラフで書いて理解するのは困難だと思います
ですので、対数軸を使います
対数軸ですと、0.01と0.1が一目盛、0.1と1が一目盛となるのでデータ点が均一に並びます
あとは、10倍では飛びすぎているので、間の点として5を選んだということで、それぞれの間に5x10^nのデータが並びます

データ点はある程度規則的に並んでいた方が良いですが、厳密に取る必要はないです
(リニア軸でいうと1, 1.6, 2, 2.6, 3, 3.6などでも良い)
ですので今回の濃度のままで問題ないと思います

Q食事制限による体の飢餓状態は、栄養不足でおこる?空腹感でおこる?

 よく、ダイエットで過剰に食事制限すると、体が飢餓状態になるので余計に脂肪を溜め込むようになる、といいますよね。
 この飢餓状は栄養不足からくるのでしょうか? 空腹感からくるのでしょうか?
 もし空腹感からくるのでしたら寒天やコンニャクなどの低カロリーのものを食べていれば飢餓状態を抑えられるし、逆に栄養不足からくるものなら寒天やコンニャクでは効果がないのではないかと思い、質問させていただきました。
 よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>ダイエットで過剰に食事制限すると、体が飢餓状態になるので余計に脂肪を溜め込むようになる
…これは、普段人間は何も行動してないときも1日何カロリーか消費しています。ですが無理なダイエットをすると、体が少しでもエネルギーを節約しようとするため前述したような、いわゆる基礎代謝が低下しこれが健康を害したり、リバウンドしたりする原因になります。

>この飢餓状は栄養不足からくるのでしょうか? 空腹感からくるのでしょうか?
…栄養(エネルギー)不足です。

基本的に極端な食事制限ダイエットは最初こそ、効果が目に見えて表れることが多いため試す人もたくさんいますが、上記のように基礎代謝が低下するため、成功したと思い食事制限を緩めたとたん急激に太る(体の本能で)こともあれば、この時代に栄養失調で倒れる人もいます。極端な場合では拒食症や過食症になる人もいるようです。

QDNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

DNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

先日シークエンスする機会がありました。
プロトコールにprimerは6.4pmolとあったのでPCR用(10μM)を
10000000倍希釈(1pM)にして6.4μl(final volume14μl)使用したところ結果は全滅。

先輩に聞いたところ1μMを6.4μl使えばOKとのことでした。
この数値はメーカーが推奨している、とのことです。
確かにそれで結果は出たのですが、釈然としません。
先輩に聞いたところ「bp数と分子量の関係で・・・」と説明してくれましたが
よくわかりません。

どなたか高校生程度の化学理解力でわかるように教えてください。

Aベストアンサー

>大文字のMはモル濃度で小文字のmolはモル数、でいいのでしょうか?
そうです。
高校なんかでは、molもMも「モル」と言うようになっていたかもしれませんが、正しくは、molは「モル」、Mは「モラー」(molar)と発音します。
Mはモル濃度(molarity)の単位で、1 Lの溶液に何molの溶質が入っているかを表します。
Mは国際単位系では、正統的ではないけれど慣習的に使用を認めるというような範疇に入っていて、mol/Lを使うほうが望ましいとなっていたと思います。

Qうつ病の原因は栄養不足って本当ですか?

勿論栄養不足だけが原因ではないと思いますが、意外と知られていないようです。

栄養状態が少しでも悪くなると、半減期の短いタンパク質の機能が落ちてしまい、その結果様々な病気が引き起こされるそうですが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

私もそう思います。
私の友人にうつの人がいましたが
生活保護で貧しい食生活でした。
ほとんどご飯とフリカケだけの食事だったようです。
それがある人の○人になって十分な栄養を取るようになった
とたん元気になりました。
特に焼肉と寿司を食べると良かった様子でした。
セロトニンを作るトリプトファンが豊富でうつに良い食材なんですね。
うつは貧乏のうちは治癒が難しいのでしょうね。

Qリンパ管液とリンパ液

リンパ管液とリンパ液
これらは同じものとしてみて良いんですよね。
単純すぎてすみません。
教えてください

Aベストアンサー

同じです。

Q栄養不足で体重が増加?

栄養不足で体重増加することはあるのでしょうか?
家族が入院して、生活リズムが変わってしまい、食事のバランスが悪くなってしまいました。
最初は体重が減少したのですが、今月に入って2キロほど増加してしまいました。
料理をするのが困難な状態なので、栄養不足になっているのは必至で、食べる量は確実に減っているのに、体重が増えてしまいました。
ソイジョイなど栄養補助食品で埋め合わせすることは可能でしょうか?
応急処置があれば教えてください。

Aベストアンサー

運動も関係しますが、栄養ということに着目してみた場合は、
ビタミンB不足でカロリーが燃やせず脂肪になる、タンパク質不足により筋力が落ちて代謝が悪くなった、鉄分不足で代謝が悪くなった、
など色々な要素が考えられると思います。

ソイジョイやカロリーメイトなどの「健康風」食品は、原料を見てみると上位に砂糖が使われています。
また、ドライフルーツも糖分がかなり多いです。
http://www.kenko.com/product/item/itm_8824516072.html

糖分(特に白砂糖)は直接的・間接的にビタミンやミネラルを消耗しやすく、
とりあえず空腹を満たすことはできても、徐々に体を不調に陥らせます。
少々ビタミンなどが添加されていても、マイナスのほうが大きいと思われます。

ところで、私は最初、太ったのは入院したご家族かと思って質問を読んだのですが、
もしかして太ったのは質問者様ですか?

>料理をするのが困難な状態なので

う~ん、お仕事が忙しいなどで料理を作れる状態でないという方は多いですが、
健康かつ快適な状態を維持していくためには、自炊はかなり重要なポイントとなります。
忙しいから食べない、
またはカップメンやパン、コンビニ弁当、栄養補助食品など手軽なものばかり食べるという食生活は、
徐々にビタミンやミネラルの枯渇を招き、ちょっと太ったくらいのうちはまだいいですが、
すぐ疲れて何もできない、つねにお腹の気持ち悪さや頭痛・肩こり・めまい、肌荒れなどに悩まされるというようなことになりやすいです。
そうなってしまっても、誰も責任は取ってくれないので。

ご家族が退院すればまた元の食生活に戻れるかもしれないですが、
一度栄養素が極端に欠乏した状態になると、元の状態に戻すには長期間に渡るかなりの努力が必要となります。

ご飯は玄米や雑穀に切り替えたりすると栄養的にかなり良いですし、
肉や魚、野菜はただ焼くだけ、煮るだけでもいいと思います。
炭水化物に偏った食事は慢性疲労の原因になりますので、
野菜や海藻類、肉、魚、豆類などいろいろ食べてください。

どうしても自炊が無理なら、定食系のものを三食きっちり食べるようにしてくださいね。

運動も関係しますが、栄養ということに着目してみた場合は、
ビタミンB不足でカロリーが燃やせず脂肪になる、タンパク質不足により筋力が落ちて代謝が悪くなった、鉄分不足で代謝が悪くなった、
など色々な要素が考えられると思います。

ソイジョイやカロリーメイトなどの「健康風」食品は、原料を見てみると上位に砂糖が使われています。
また、ドライフルーツも糖分がかなり多いです。
http://www.kenko.com/product/item/itm_8824516072.html

糖分(特に白砂糖)は直接的・間接的にビタミンやミネラ...続きを読む

Q液性免疫の液性って?

Bリンパ球、Tリンパ球の免疫機構を液性免疫、細胞性免疫って言いますが、この、液性ってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

 免疫とは「生体の恒常性を維持するための自己と非自己を識別し,非自己を排除する機構」です。で,免疫応答には,液性抗体が関与する液性免疫とT細胞が関与する細胞性免疫があります。

体液性免疫:抗体が関与する免疫応答。抗原刺激によりBリンパ球が抗体産生細胞(形質細胞)に分化して抗体を産生する。

細胞性免疫:抗体が関与しない免疫応答。抗原刺激によりTリンパ球が活性化する。遅延型反応T細胞は種々のサイトカインを分泌し,マクロファ-ジを遊走・活性化して抗原を処理する。細胞傷害性T細胞の活性化によって標的細胞を直接傷害する。

 つまり,Bリンパ球の免疫作用は溶液状の抗体分子に拠るものであり,Tリンパ球の免疫作用はTリンパ球細胞自身に拠るものであるため,前者を「抗体溶液による免疫」の意味で液性免疫と言い,後者を「T細胞による免疫」の意味で細胞性免疫と言います。

 その他,適当な免疫学の教科書や参考 URL のペ-ジも参考にして下さい。

参考URL:http://square.umin.ac.jp/saitaka/immunity.html

 免疫とは「生体の恒常性を維持するための自己と非自己を識別し,非自己を排除する機構」です。で,免疫応答には,液性抗体が関与する液性免疫とT細胞が関与する細胞性免疫があります。

体液性免疫:抗体が関与する免疫応答。抗原刺激によりBリンパ球が抗体産生細胞(形質細胞)に分化して抗体を産生する。

細胞性免疫:抗体が関与しない免疫応答。抗原刺激によりTリンパ球が活性化する。遅延型反応T細胞は種々のサイトカインを分泌し,マクロファ-ジを遊走・活性化して抗原を処理する。細胞傷害性T細...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報