電圧が高い方が危険と聞きましたが、
低圧なら電流が大きくても感電死することはないのですか?
電源オンの状態の電気製品の接地側のコードはさわっても
大丈夫と聞きましたが、ほんとでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

交流直流について


昔鉄道の変電所にいた時のうろ覚えですが交流の場合感電してもはねとばされるけれども直流に感電すると電線を掴んでしまうのでより危険だと教わった覚えがあります。
何千Vというような高圧の場合ですけど。
    • good
    • 0

>電圧が高い方が危険と聞きましたが、


低圧なら電流が大きくても感電死することはないのですか?
 危険なのは体に流れる電流の大きさです。しかし電圧が高いと電流は比例して流れますので、高い電圧の電線を触ると比例して電流が流れ結果的に危険です。
 電流値はおおよそ50mA以上体に流れると危険です。
 電圧が低くても、おおきな電流が体の中を流れると危険です。(これは濡れたところで感電した場合です)
コードの接地側は触っても通常は大丈夫です。しかし、接地点から相当の距離があると誘導等で電圧がある場合がありますので、触らない方がいいでしょう。
 
    • good
    • 0

>★接地側のコードはさわっても大丈夫


>大丈夫でなければ「接地」ではありません。(笑)

通常はそうですが,電源オンの状態の電気製品の接地側の電位は,大地に対して0ボルトとは限らないので触らないほうが良いですよ。

もし常に(絶対に)接地側電極の大地に対する電位が0ボルトならアース工事は不要です。
    • good
    • 0

回答はほとんど出ていますので、回答の補足を書きます。


電位傾斜度10V/mとは、1m離れて10Vの電位差があることです。2m離れると20Vの電位差があることと同じです。
次に、#2さんが、交流のほうが直流より危険だと書いていますが、交流は電圧計で測定したとき、100Vと表示しているとー141Vから+141Vまで電圧が変化します。直流より高い電圧かかりますので危険性が増えます。
    • good
    • 0

こんにちは。



電気の回路への流れは、電圧と回路の中の抵抗でほぼ決まります。
電気の仕事量は=電圧×電流と(容量も大事)
ですから、回路にどれだけの電流が流れるかに依って仕事量が変化します。

電圧が低くても、回路の抵抗がうんと低ければ沢山の電流が流れます。
自動車のバッテリーなどは(低電圧ですが)大電流を流す事で大きな力を得ています。
(バッテリーを銅線などでショートさせると瞬時に真っ赤に発熱し人体が触れれば大火傷をしてしまいます。)

静電気のように、数千~数万ボルト有っても容量(電気の総量)が少なく(小さければ)且つ人体の様にある程度の抵抗が有ればそれ程危険は有りませんが、同じ静電気でも、雷のような高電圧、高容量では人体の抵抗を大電流が通過してしまいます。

電気の流る量は回路の抵抗の大きさに依って流れる量が変化します。
人体に於ける感電だけで見れば、電圧が高い程危険度は増します。
    • good
    • 0

42ボルト(死にボルト)と言って悪条件がそろうと42Vでも感電死するそうですよ

    • good
    • 0

思い出したのでもう一つ


高い電圧のものにさわるとき両手で触ってはいけないと昔電気の先生によく言われたものです
手と手の間には心臓があり心臓に電流が流れる可能性が高いからです
しかし片手で触る分には1万ボルトのものをさわっても大丈夫だということです
しかしその場合でも足には絶縁靴を履いていた方が身のためでしょう
    • good
    • 0

わたしは昔行水しているときにしゃがんだ状態から立ち上がったときに


100v電球がはずれている二股のあなに髪がふれて体に電気が流れました
しかし体が水に濡れていたので体の中ではなく体の表面を電気が流れてショックは有ったのですが事なきを得ました
心臓に電流を流すのは危険です

電圧は電気を流す力で
電気が流れている状態が電流なのです
電流の大きさはどの程度電気が流れているかを示します
電気がいっぱい流れている状態が危険なのです
電気がいっぱい流れているということは電流が大きいということなので
大きな電流は危険だということになります
電圧は電流を流す力なので大きな電圧も間接的に危険です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nuubou様,貴重な体験談ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2002/01/22 18:22

オームの法則はご存知ですか?


ご存知なら、それが答えになります。
つまり、電流=電圧÷抵抗 ですから、電圧が低ければ電流も小さくなります。
電流が低くても電流が多いとすれば抵抗が小さいからです。
人間が感電するのは、ある程度の電圧以下では電流です。
「ある程度」と書いたのは、極端に高い電圧では、オームの法則で流れる電流以外の問題が出てくるからです。

家庭用のAC100Vでも状態によっては死亡に至る感電をすることがあります。
例えば、風呂に入っている時に、その風呂の水にAC100Vを入れれば感電死するでしょう。
しかし、普通の時にコンセントを触ってもビリッ!と来る程度です。
それは、人間の抵抗値が違うからです。

「低圧」といわれていますが、意味はご存知ですか?
反対語を「高圧」と言いますが、「高圧」とは、AC750V以上、DV600V以上を言います。
その意味の「低圧」ということですか?
「低圧」でも200Vや400Vなら充分感電しますが、死亡するかどうかは一概に言えません。
それは、電圧供給元のインピーダンスと人間の抵抗にも影響されるからです。

★接地側のコードはさわっても大丈夫
大丈夫でなければ「接地」ではありません。(笑)
tiboriさんは、地面を触って感電したことはありますか? 水道管を触って感電したことはありますか?
無いでしょ?それは「接地」を触っているからです。
しかし、家庭電気品(パソコンも含む)のカバーを開ける時は電源コードを抜きましょうね。

この回答への補足

水道管を触って感電したことはありますか? >水道工事の感電事故のため現在水道管にアースは禁止とききますが。

補足日時:2002/01/20 23:06
    • good
    • 1

危険ということは感電ということを考えてのことでしょうね。


感電とは、人体に電流が流れることによって発生するものです。
(つまり人体に有害、ということを考えれば電流が危険なのです)

大体、次の通りです。
(1)最小感知電流
 人が電流を感じるのが交流で1mAとされており、
 耐えられる限界が7~8mAと言われています。
(2)不随意電流
 10~15mAで筋肉が痙攣したり神経がマヒして意思通りに身体が動かず
 呼吸困難を生じて死亡する場合があります。
(3)心室細動電流
 更に大きな電流が流れると、心臓が痙攣して血液循環が阻害されて死亡して
 しまいます。

人体の皮膚も濡れていたり、男女、個人差によってかなり差が出ますが、
内部組織抵抗はおおむね数百オームとされています。
電圧が高ければ人体電気抵抗が一定であれば電流は大きくなりますし、
電圧が低くても人体電気抵抗が小さい状態であれば電流は大きくなります。
結局はV=R*Iというオームの法則で考えれば簡単な話になりますね。
電圧が高いと流れる電流も大きくなるから「高い電圧は危険」と言われるのです。

でも、高圧送電線など電圧が高圧(数千Vくらい)になると
近くに寄ることで直接触れなくても感電出来ます。
電磁誘導によって人体に電荷(電流の元)が蓄積されて、何かに触れたとき等に
それらが放出(放電;つまり電流が流れる)して電撃を受けることもあれば、
接地物(人体等)が直接この送電線に近づくとそこで放電したりもします。
(静電気も蓄積された数万ボルト?の電荷が放電することで起きる現象です)
だから「正月の凧上げは気を付けましょう」とよく言われるのです。
ここで凧は接地物(地面から伸びた電線)として電流が流れることがあるのです。

接地側のコードは触っても大丈夫か・・・100Vの交流の接地側のみを
触れるという条件で考えれば
危険は少・な・い・かもしれませんが、通電中の電気製品のコードに触るとこは
すべきではありませんね。(触ったことはありますが、そのときは無事でした)
身体の状態や様々な状況によっては完全に安全とは言いきれないです。

電圧というものは電位差のことです。電位差があれば電流は流れます。
高低差があれば水が流れるのと同じです。
200mのところから100mまでは高低差で水が流れますよね。
この100mが電気製品の接地側だと考えて下さい。
自分が50mのところにいたらどうなるでしょう?
接地側が必ずしも自分と同じ電位にあるわけではありません。
(ちなみに触っても大丈夫とされている安全電圧は、30Vです)

予備知識の追加ですが、
電気には直流と交流がありますが、感電に関しては交流の方が直流よりも
危険とされています。
何故そうなのかは勉強不足で分かりません。(汗)(誰か補足して~)

長くなりましたが、理解していただけたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sakocchi様、ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2002/01/20 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【単相2線式の電力損失はなぜI^2、2乗の電流を損失するんですか?】 電圧降下は単相2線なので2Ir

【単相2線式の電力損失はなぜI^2、2乗の電流を損失するんですか?】

電圧降下は単相2線なので2Irは分かります。

電力損失はなぜ2I^2rのように電流だけ2乗の損失が産まれるのか理由を教えてください。

Aベストアンサー

> 単相2線式の電力損失はなぜI^2 →rI^2
この損失は、電流の経路をすべて含みます。rは往復すればそれも含んでください。

> 電圧降下は単相2線なので2Irは分かります。
この場合は、電流経路が2rと言っています。rが電流経路全てであれば、電圧降下はIrです。

要は、
片線だけを見て往復だから2倍にする(後者)、
往復の全線を見ている(前者)、
と言う違いだけで、同じことを言っています。

Q変圧器の二次側電流についてですが、 一次側の電圧をV1、電流をI1 二次側の電圧をV2、電流をI2

変圧器の二次側電流についてですが、

一次側の電圧をV1、電流をI1
二次側の電圧をV2、電流をI2
容量を1000VA

とすると1000V/100Vの変圧器の場合二次側電流I2はV1I1=V2I2より10Aとなります

電圧は巻き数比によって固定、電流は(まだ負荷をつけてませんので流れませんが)V1I1=V2I2より固定なのでかわらずですが
ここに100Ωの抵抗をつけた場合電圧100V、抵抗100Ωなのでオームの法則から計算すると1Aなのに皮相容量一定の考えからだと10A流れなければおかしい事になります

これはどう考えたらよいのでしょうか

Aベストアンサー

No2です(^^)
発電所から流れ出る電流は変化する事になります(`・ェ・´ノ)ノ
発電所では、もちろん電磁誘導を利用して電気を起こしていますが、
発電機に電流が流れれば流れるほど、発電機は”重く”なります(◎◎!)
これは、電磁力が発電機の変化(つまり回転)を妨げるように働く事によります(-_-)
ですから、負荷に大きな電流を流すためには、発電機に大きな力を加えて発電させる必要があります。
負荷での消費電力が大きければ、発電機を回すためのエネルギーも大きくなる・・・エネルギー保存則を考えなければ、当然と言えば当然ですね(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q【電気の発熱量J(ジュール)の疑問】 発熱量Jを求める式HはI^2*R*tですが、 なぜ電流Iが2乗

【電気の発熱量J(ジュール)の疑問】

発熱量Jを求める式HはI^2*R*tですが、

なぜ電流Iが2乗するのか分かりません。

どういう理屈ですか?

Aベストアンサー

I^2*R=P(電力)です。これは解りますか?
P=EI (1) P;電力[W]、E;電圧[V]、I;電流[A]
また、E=RI (2) です。
式(2)を式(1)に代入すれば、P=R*I*I (3) になります。

一方、[W]=[J/s]なので、[W]*[s]=[J]になります。[s]は時間t[sec]です。

これで良いでしょうか。

QD種接地(低圧機器)は接地線が無くとも良い?

転職して自家用電気工作物の保全会社に就職しました。
初任者研修でD種接地は接地線が有ろうが無かろうがとにかく低圧機器のケースの接地抵抗が所定の値以下ならOKとの講義を受けました。
もっともな話ですが、法令上(電技等)のどこに記載されていますか?

Aベストアンサー

電技&解釈の
解釈に
17条6項 D種接地工事を施す金属体と大地との間の電気抵抗が100Ω以下である場合は、D種接地工事を施したものとみなす。

とあります。

Qこの問題で一次側電流をVI=6600よりI=3.03Aと計算した所間違いでした。 なぜ巻数比から計算

この問題で一次側電流をVI=6600よりI=3.03Aと計算した所間違いでした。
なぜ巻数比から計算すると2.93Aで数値が違ってしまうのでしょうか?
2.93Aでは電力が6600VAにならないと思うのですが…

Aベストアンサー

>参考書には容量=VI(VA)と書いてありましたので
>皮相電力なのかと思いVI=6600より計算しました。

??? 6600VAを使った形跡は見当たりませんが?

20kVA÷6600V=3.03A としているだけでは?
定格運転での電流(I1r)はこれで正しいです。

I/I1r=0.967 答えは(5)

Q電圧源のプラス側に電流が流れ込む事はあるのでしょうか?

下図の電気回路について教えてください

抵抗 R1=3[Ω] R2=6[Ω]
直流電圧源 V1=2[V] 電流源 I1=5[A]
という条件です

R1に接点aから接点bに流れる電流をI、R2に接点bから接点cに流れる電流をI+5と定義して
キルヒホッフを用い電流Iを求めるとI=-28/9になりました
よって、R1に流れる電流は接点bから接点aに28/9[A]
R2に流れる電流は接点bから接点cに17/9[A]と理論上はなります

でもこれだと電圧源V1のプラス側に電流が流れ込むような形になり物理的におかしい様な気がするのですが(電流源は実在しないという事はなしでお願いします)これでいいのでしょうか? それとも私が何か勘違いしてるのでしょうか?
どなたかご教授の方お願いします
 
  ---------a
  |      |
  |      |
  |      R1
  |      |
  |     b|------|
 -----     |   |
  -V1     |   |
  |      R2  |↑|I1
  |      |   |
  |-------|------|
        c

下図の電気回路について教えてください

抵抗 R1=3[Ω] R2=6[Ω]
直流電圧源 V1=2[V] 電流源 I1=5[A]
という条件です

R1に接点aから接点bに流れる電流をI、R2に接点bから接点cに流れる電流をI+5と定義して
キルヒホッフを用い電流Iを求めるとI=-28/9になりました
よって、R1に流れる電流は接点bから接点aに28/9[A]
R2に流れる電流は接点bから接点cに17/9[A]と理論上はなります

でもこれだと電圧源V1のプラス側に電流が流れ込むような形になり物理的におかしい様な気がするのですが(電流源は実在しな...続きを読む

Aベストアンサー

電流の流れる条件を考えればわかります。
電流源が5Aの電流を流すためには、電流源の両端に電圧が発生していなければなりません。
この電圧は電流値が5Aになるように調整されている、それが定電流源です。

そのため、ご質問のように電圧源Vの+側に電流が流れる結果となる条件というのは、電流源で発生している電圧は電圧源Vよりも高くなっているわけです。
だから電圧の高いほうから低いほうに流れているだけであり、特に矛盾はないのです。

ためしにご質問者の計算結果を用いて、bの位置での電圧を求めると、Vb=17/9*6=34/3=約10Vですから、電圧源の2Vよりもずっと大きな数字になります。

Q電流はなぜ「I」?

ほとんどタイトル通りの内容なのですが・・
学生時代に、みんなで話題になって、でも、誰もわからなかった謎。ふと思い出したら、どうしても気になってしまって。。(^^;

電流を表す記号や変数は、なぜ、「I」なのでしょうか?
電圧の「E」とか「V」、抵抗の「R」、静電容量の「C」なんかは理解できるのですが・・・

Aベストアンサー

どうやら「intensity of electric current」を略して「instensity」と呼ばれ、それから「I」になったようです。

Q電流・電圧源を除いたときの電流

電圧源E・電流源Jだけを考えた場合のR4に流れる電流を求めよ

という問題なのですが、どことどこが並列の関係になっているのかわからず、苦戦しております。教えてください。よろしくお願いします。

R1=2Ω R2=4Ω R3=2Ω R4=4Ω E=6V J=6Aです。

Aベストアンサー

#2です。#1さんの計算が合わないと書きましたが私の誤りでしたm(_ _)m

Q電流の記号はなぜIを使うの?

中学理科でオームの法則で使う電流の記号はどうしてIを使うんですか教えてください。

Aベストアンサー

「I」は誤訳だという説があります。
信憑性は、わかりません。
下記の参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://hiroba.u-can.jp/lecture/detail.php?lecture_id=77&information_id=682

Q交流RLC回路のベクトル図の書き方で直列回路は「電流が等しいので電流を基準に書く」、並列回路は「電圧

交流RLC回路のベクトル図の書き方で直列回路は「電流が等しいので電流を基準に書く」、並列回路は「電圧が等しいので電圧を基準に書く」という説明をよく見るのですが

例えば画像の回路ですと電源に流れる電流は2Aです。抵抗に流れる電流はベクトル図より1.2Aでコンデンサに流れる電流は1.2Aでベクトル合成して2Aとなりますので
各素子に流れる電流は向きも大きさも違うのではと思ったのです

「電流が等しいので」「電圧が等しいので」とは一体何が等しいのでしょうか。

また、全てのベクトルを1つにまとめると訳のわからない図になってしまいます。
どこが間違っているのでしょうか
抵抗の電流→IR
抵抗の電圧→VR
コンデンサの電流→IC
コンデンサの電圧→VC
です。

ICとVRは同相なのではないでしょうか
VCとICは90度ずれるはずなのに違ってしまいます

Aベストアンサー

No. 2 です。 
2/12 の並列回路の図の数値がはっきりしませんが、一応、コイルの側の枝について3Ωの抵抗と4Ωのコイル、コンデンサ側の枝について1Ωの抵抗と1Ωのコンデンサとしておきます(コンデンサが√3Ωのようにみえるが、回路の右のベクトル図から見ると、1Ωのように見える)。惜しいところで、計算を間違えているようです。
ということで、計算してみると次のようになります。

この回路について、I1, I2 を求めると、

  I1 = 10/(3 + j4) = 2(3 - j4)/5
  I2 = 10/(1 -j1) = 5(1 + j1) (普通は、j1 とは書かないと思いますがここでは、jの係数をはっきりさせる意味で書いておきます。)
  I = I1 + I2 (計算してください。)
となります。この電流をもとに、各素子の電圧を求めると、

  VR = 3 x I1 = 6(3 - j4)/5, VL = j4 x I1 = 8(4 + j3)/5
  VR' = 1 x I2 = 5(1 + j1), VC = -j1 x I2 = 5(1 - j1)

となります。
あなたの疑問を解決するためには、少し回り道ですが、これらの値でいくつかのベクトル図を描いてみてください。

まず、I1 を複素平面に描く。それから、VR, VL を同じ複素平面に描く。すると、I1 と VR とが同じ向きになっていることが分かると思います。VL は、VR(I1) から、+90度回った方向に描かれていることもわかると思います。そして、2つの電圧を合成した結果は、10 + j0 となっているでしょう。
同じことを、I2, VR', VC でもします。すると、VC は、VR'(I2) から、- 90度回った方向に描かれていることが分かると思います。

今描いたベクトル図を、電流基準で見直します。ということは、ベクトル図の電流方向に実軸を合わせて、ベクトル図を見るということです。すると、電流、電圧の関係は同じでも、なんとなく見え方が違っていることが分かると思います。

これで、どうでしょうか。

並列回路の場合、各枝の電流が違っていますから、そのうちのどれかを基準にして、ベクトル図を描くのは良い方法ではないことが分かります。各枝の電圧は同じですから、それを基準にベクトル図を考えるのが良いということも分かると思います(ただし、慣れていないうちは、混乱するから、ベクトル図を描くときには、電流を基準にして描くことにしておいた方が安全だと思います)。

No. 2 です。 
2/12 の並列回路の図の数値がはっきりしませんが、一応、コイルの側の枝について3Ωの抵抗と4Ωのコイル、コンデンサ側の枝について1Ωの抵抗と1Ωのコンデンサとしておきます(コンデンサが√3Ωのようにみえるが、回路の右のベクトル図から見ると、1Ωのように見える)。惜しいところで、計算を間違えているようです。
ということで、計算してみると次のようになります。

この回路について、I1, I2 を求めると、

  I1 = 10/(3 + j4) = 2(3 - j4)/5
  I2 = 10/(1 -j1) = 5(1 + j1) (普通は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報