『東電OL症候群』を読み始めました。その前の『東電OL殺人事件』から関心を持っています。色々な面で目を離せない事件なのですが、どうしても心の中の引っ掛かりとして理解できないのが、亡くなってしまったこのOLを、そうした行動に駆り立てた心の中なのです。

この本の中では多くの女性から、共感された手紙が数多く寄せられたことが書かれていますが、たとえば“誰とでも寝る”ということと“お金をとって不特定多数の男と寝る”というのは全然違うことだと思うし、あれほどまでに自分を貶めてしまう行動が、どんな動機によるのかを考えると本当に不可解に思うのです。

もしこの本を読まれて、私はこんなふうに思う、というようなことを感じた方がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もこの事件にはとても関心を持ちます。


彼女の生き様の不可解さ、冤罪事件なのかどうかなど謎が謎を呼ぶというか、なんとも釈然とせず気持ちの悪さを覚えます。

『東電OL殺人事件』は読みましたが、読み終わっても彼女がなぜあのような行動を取ったのか、私にはどうも納得の行く答えが得られませんでした。
もっとも彼女が亡くなった今、誰にも出せない答えかもしれませんね。
もしかすると彼女自身にもわからなかったのかもしれないとも思います。

残念ながら『・・・症候群』のほうはまだ読んでおりません。図書館に予約をいれているところです。
ですからご質問の内容とずれるかもしれませんが、前著を読んだだけの感想です。

非常に優秀ないい子でずっとエリートできた彼女が、溺愛していた父親の死に相当な精神的ショックを受け、拒食症になり、仕事上での挫折があり、そのストレスがまるで自傷行為のように売春という行為にいたったのかなと。
彼女は親しい友人も同僚もおらず、愚痴を聞いてもらったり、遊んでストレスを発散したりできず、自分の中にどんどん溜め込んで行ったみたいに思えます。
理想が高すぎて自分が卑小で自分を認めてあげることができなかった。
それで自分をどこまで貶められるか自虐的な快感を得ることが、ストレスの発散につながったのではないかな。
誰でも快感を求めますね。
彼女はそれが快感だったのではないか。性的に、ということだけではなく。

気になるのは親子関係です。
母親は彼女の「お仕事」を知っていたみたいですね。
知っていてなにも言わなかったのでしょうか。
近親者の話が聞けていないので、今ひとつ彼女の人間像が浮かび上がってこないのです。
これは想像ですが、父親を溺愛するあまり母親に対する嫌悪みたいなものがあったのかな、と思ったりもしますが、どうなのでしょう。

拒食症だったというのもポイントのように思います。
極端に走るという性格が元来あったのかもしれません。
それがストレスや家庭環境などと複合して極端に出てしまったのではないでしょうか。
その行為そのものに固執して依存しているように思われます。
食べないことに固執してしまうのと同じように。

・・・などと書いてきましたが、私も今だにもやもやした気持ちでいます。
どんなに分析しようが本当のところは誰にもわからないのかもしれませんね。

できれば『・・・症候群』を読んでからご質問にお答えしたかったのですが。
まだ何人か予約待ちでしばらく手にすることができないようです。

この回答への補足

丁寧な回答、ありがとうございました。

kyonnさんの言う“気持ちの悪さ”は僕も強く感じます。普通では理解し得ない、彼女の行動がそれを感じさせるのでしょうか。理解できないものって、どこか恐怖に近いものを感じますよね。

殺人事件としての真相も、勿論真実が知りたいと思うのですが、彼女自身が生きたその凄絶なまでの人生の謎に、少しでも近づいてみたいと思うこの自分の気持ちも、またどこからくるものなのでしょうか。

補足日時:2002/01/22 20:58
    • good
    • 0

こんにちわ



私は正直いって、この本は読んでいないのですが、一連の報道に興味をもっています。
結局、この事件は犯人が特定できぬまま、容疑者であろうと思われる外人は、拘置所にいるといった異例な措置であると聞きます。

優秀である父親に対しての相当なコンプレックス、なぜそこまでして、自分を貶める必要があったのか、いろいろ分析されてるけれども結局、本人以外わからないまま・・・・。

私は精神分析者でもないし、専門家でもないのですが、なぜ彼女が、好きではないHをノルマまでたてて、こなそうとしていたのか・・・。
苦手意識の克服とともに、思うようにならない自分のふがいなさへの罰、戒め、だったのではないでしょうか?
彼女は立派な父親が病で倒れ、降格していったのを目の当たりにし、自分もその後を継ごうと努力をしていきます。
でも、女性であることのハンディや偉大なる父とは比較にならない能力の限界に、だんだん、焦燥感を募らせ、やがて自己否定になっていったのだと思います。

優秀な人に多いのですが、尺度が0か100、黒か白か
自分にきびしすぎるため、尺度50、まあまあ、とかグレーといったあいまいさは存在しないのだと思います。

完璧主義だったからこそ、100になれない自分を呪い、罰則を課した(2000円で体を売る行為)のではないでしょうか?お金をとって寝るという行為は、屈辱的ですよね?

彼女と母親の関係がよくわからないのですが、過剰に娘に期待する母親に対する反発から体を売るという行為をするといった反抗期に近い感情もあったのかもしれません。

本を読んでないのに、回答してしまってごめんなさい。
私は彼女ほど、キャリアウーマンではないし、結婚してるしまったく同調することはできないのですが、彼女が訴えたかったこと、そして最後に何を思って、死んでいったのか・・知りたいと思います

この回答への補足

とても丁寧な回答ありがとうございました。
きっとこうした行動の動機というのは、何かひとつのはっきりしたものではなく、色々な要因が重なってそういう行動を取るにいたったのでしょうね。彼女の生い立ちや、両親との関係・家庭環境などについては、本にもかなり詳しく取材した内容が書かれていました。彼女が仕事で関わっていた政治や企業などの裏面についても、本当はもっと解き明かしてほしいと思うのですが、これは望むべくもないことなんでしょう。

わからないから本を読む、そして読めば読むほど更にわからなくなる……、という底なし沼のような感覚ですが、そこへ踏み込まずにいられないような引力を感じるのです。sleephoneyさんも関心があるようでしたら、読んでみてはいかがですか?

補足日時:2002/01/22 13:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいよいよ東電エリアから脱出ですね

菅直人の焦土作戦により浜岡原発停止の要請(命令は責任を取りたくないので中部電力にまる投げ)のため中部電力は東京電力への融通を停止しました。
大きなダメージを受けた東京電力は東北電力も被害をうけているため中部電力からの融通は大きな助けになる予定でした。
菅内閣の方針は正しかったでしょうか。ご意見をお聞かせ下さい。
命令でなく要請という責任逃れの体質はお好きですか。(法律的には民間企業には命令出来ないのは、そのとうりですが)

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210509040.html
【原発】「東電への融通中止」浜岡原発停止で中電(05/09 18:48)
 中部電力の水野社長は、浜岡原発の停止を受けて、東京電力管内への電力供給を中止すると発表しました。
 中部電力・水野明久社長:「当社はやむを得ず、今後、50Hz地域(東電など)への応援融通を取りやめることとした」
 中部電力などは、東日本大震災で供給力が落ち込んだ東京電力に対して、周波数変更施設を通じて最大100万キロワットの電力を供給しています。しかし、浜岡原発の全面停止によって中部電力の管内でも電力不足となる可能性があるため、東京電力への供給を中止することにしました。これを受けて、東京電力は供給態勢の見直しを迫られることになります。

菅直人の焦土作戦により浜岡原発停止の要請(命令は責任を取りたくないので中部電力にまる投げ)のため中部電力は東京電力への融通を停止しました。
大きなダメージを受けた東京電力は東北電力も被害をうけているため中部電力からの融通は大きな助けになる予定でした。
菅内閣の方針は正しかったでしょうか。ご意見をお聞かせ下さい。
命令でなく要請という責任逃れの体質はお好きですか。(法律的には民間企業には命令出来ないのは、そのとうりですが)

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210509040....続きを読む

Aベストアンサー

多分嘘だと思いますが、名古屋近辺でまことしやかにうわさが出ています。

内容は「東海道新幹線が間引き運転になるらしい」と。

民主党は経済破綻を狙っているとしか思えません。だれだ?こんな政党に政権を任せたのは?
マニフェストなんかどこかに吹っ飛んで影も形もありません。自民政権よりひどい。

Q東電OL殺人の本

上記の本があるそうで探しています。
出版社と著者をおしえてください。

Aベストアンサー

「東電OL殺人事件」佐野眞一 新潮社 1,800円

参考URL:http://www.ywad.com/books/685.html

Q空き巣と東電。

東北のほうの、住民が避難している地域で、
空き巣被害が大変なことになってるらしいですね。
まあ、住人がいなくなったら当然そうなりますよね。
このことについて、
東京電力は、
「悪いのは空き巣を働くやつで、俺っち何も悪くないもんねー」
といっているそうですね。
確かに空き巣を働くやつが悪いやつなんですけど、
その空き巣を被災地に集めた原因は東京電力の原発事故じゃないですか。
大震災直後は、ひたすら頭を下げ続けた東京電力ですけど、
やっぱり咽喉もと過ぎればのたとえどおり、
時間の経過とともに、偉そうな態度になってきましたね。
何とか東京電力をぎゃふんといわせるいい方法はありませんかね。
僕は許せませんね、東京電力。

Aベストアンサー

 質問者さんに賛同します。出張や入院と原発事故は別のもので、同じように扱ってはいけないと思います。理論がすり替わっています。

 一番悪いのは泥棒、そして被害者に非がないとすれば、事故後に泥棒対策をする義務は東電にあります。ただ、ギャフンと言わせるには、政治家、企業、マスコミなど、東電(というより電力会社)に、資金面や経済活動面で大きく依存しています。これがあまりにも巨大過ぎると思います。

 莫大な損害賠償をさせて、赤字の上、倒産させる。その後、発電部門・送電部門に分割して競売にかける。政治家なら誰でも頭の中では描いていると思いますが・・・。

Q「海辺のカフカ」 読むべきか読まざるべきか??

こんばんは。

村上春樹さんの新作「海辺のカフカ」について
読むべきか、読まざるべきか迷ってます。

基本的には村上春樹さんの本は好きで、ほぼ全部読んでいます。
しかし、今回の「海辺~」の書評は、やけに辛口のものが目につきます。
ハードカーバーで上下本につき、購入する前に皆さんの意見を
伺おうと思って質問します。

ちなみに、私が一番好きな村上さんの本は「ダンス・ダンス・ダンス」
をはじめとする鼠シリーズ、「ねじまき鳥クロニクル」。
反対にしっくりこなかった本は、ここ2~3年の本。

どうも、昔の村上さんの本の方が好きな傾向があるだけに
今回の「海辺~」、皆さんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

「海辺のカフカ」、今読んでいます。
村上春樹は結構読んでいるのですが、「ダンス・ダンス・ダンス」は読んだことが無くて、「ねじまき鳥クロニクル」は面白かったですが(???)という印象でした。読んでいる時は止まらなかったけれど、読み返そうという気にはあまりならない…。そんな訳で、Hana55さんとは好みはだいぶ違うかもしれませんね。私の一番お気に入りは「国境の南、太陽の西」です。「ノルウェイの森」も結構好きなので村上春樹の中では恋愛小説っぽいのが好きなのだと思います。

そのあたりを念頭において聞いていただけると幸いです。

さてそんな私ですが、「海辺のカフカ」はかなり気に入っています。
村上春樹の常に変わらないテーマは人間が生きていれば避けて通れない孤独についてではないか、と思っています。
そのテーマはノルウェイの森や国境の南・・・ではかなりロマンタサイズされた形で書かれ、ねじまき鳥などでは浮世離れした形で暗示的に書かれていたように思います。
それが、海辺のカフカでは村上春樹は俗世に戻ってきて、しかもかなり建設的な意思を持っていて、そのテーマに対して何らかの前向きな姿勢で挑んでいる、という印象です。物語自体もいつもながらに複雑で飽きさせないながらも、以前よりもひとつの方向性がすっきりと整理されているように思います。
ちなみにノルウェイの森や国境の南・・・のように男女の恋愛が軸では無いと思います。
今までとはだいぶ違うスタンスのようにも思えますが、少なくとも村上春樹が新しい局面に向かっているというのは感じられる作品です。まだ結末まで読んでいないので最終的にはどうなるか分かりませんが、半分くらい読んだ今の時点では私はとても好きな作品のひとつだと思っています。
よしもとばななもオフィシャルホームページで気に入っているというように書いていました。9月13日の日記にあります。

単行本を買うのが躊躇されるようでしたら、文庫本になるまで待つか、地域の図書館などでリクエスト(或いはもう入荷されているかもしれませんが。)して読んで見られたらいかがでしょうか?

参考URL:http://www.yoshimotobanana.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?page=4&yy=2002&mm=09

「海辺のカフカ」、今読んでいます。
村上春樹は結構読んでいるのですが、「ダンス・ダンス・ダンス」は読んだことが無くて、「ねじまき鳥クロニクル」は面白かったですが(???)という印象でした。読んでいる時は止まらなかったけれど、読み返そうという気にはあまりならない…。そんな訳で、Hana55さんとは好みはだいぶ違うかもしれませんね。私の一番お気に入りは「国境の南、太陽の西」です。「ノルウェイの森」も結構好きなので村上春樹の中では恋愛小説っぽいのが好きなのだと思います。

そのあたりを...続きを読む

Q他地域からの電力供給・東電離れは可能?

福島原発人災に対する、一連の東京電力の対応が悪いので、東京電力以外の会社からの電気供給を受けたいと考えています。

可能でしょうか?今ある案は以下の通りです。

1)出身地・名古屋からの供給を受ける。
2)東京で、東電以外の発電を購入。

自宅・会社は東京西部・青梅線沿線です。

Aベストアンサー

1&2とも、契約電力50kW以上ならば可能。
電力自由化により、50kW以上の自家用契約の場合、IPPやPPSより発電事業社から電力を購入することが可能です。
http://www.chuden.co.jp/ryokin/shikumi/free/fre_gaiyo/index.html?cid=ul_me

例えば、茨城県の鹿島製鉄所や住友金属鹿島火力発電所、ダイヤモンドパワーなど、大都市部の清掃所焼却炉など、多くの会社が電力卸事業に参画しています。

・IPP=独立系発電事業者
http://kotobank.jp/word/IPP
・PPS=特定規模電気事業者
http://kotobank.jp/word/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E9%9B%BB%E6%B0%97%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%80%85?dic=daijisen

因みに、東京駅前の新丸ビルの電力購入先は、東電ではなく、ダイヤモンドパワーからです。
http://www.diapwr.co.jp/

ただし、残念ながら契約電力50kW未満では不可能です。
一般家庭では、蓄電設備付き太陽光発電や家庭用燃料電池(東京ガスやエネオス)ならば、電力会社とおさらばできます。
http://www.tokyo-gas.co.jp/pefc/development/development_02.html

1&2とも、契約電力50kW以上ならば可能。
電力自由化により、50kW以上の自家用契約の場合、IPPやPPSより発電事業社から電力を購入することが可能です。
http://www.chuden.co.jp/ryokin/shikumi/free/fre_gaiyo/index.html?cid=ul_me

例えば、茨城県の鹿島製鉄所や住友金属鹿島火力発電所、ダイヤモンドパワーなど、大都市部の清掃所焼却炉など、多くの会社が電力卸事業に参画しています。

・IPP=独立系発電事業者
http://kotobank.jp/word/IPP
・PPS=特定規模電気事業者
http://kotoba...続きを読む

Q能町みね子さんがOLを止めた理由

最近「オカマだけどOLやってます」という本を読みました
ブログが元になっている本なのでブログを見ていると、今はOLではないようなことが書かれていました

書籍のほうは全て読んだのですがブログはかなり量が多く止めた理由について書かれている部分が見つかりません

休業しているだけなのでしょうか?細かいことですいませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

NO.1です。
ごめんなさい、質問を読み違えておりました。
ブログを辞めた理由ではなくOLを辞めた理由なのですね。
見当違いのことを書いてしまって申し訳ございません。

憶測なのですが、彼女は手術前にOLを辞めたのではないでしょうか?
そういう記述がブログにあったような気がします。

Q東電の節電と補償について

日本全国で節電が呼びかけられ、
特に東京電力管内では、企業には15%の節電義務が
課せられ、よりエネルギーを使用しない生活の仕方が
試されています。

一方では、東日本大震災による津波で発生した
福島第一原子力発電所の事故から、
東京電力は、多額の補償をしなければならない状況にあると思います。

ここで質問なのですが、
東電がこれから多額の補償をするためには、
利益を上げないといけないと思うのですが、
その利益のほとんどを、電力使用量でまかなっているのに、
節電は相反するのではないかと思いました。

もちろん、原発が停止・点検などで運転できないことから、
総発電量が不足し、深刻な電力不足による大規模停電など、
未然に防ぐための節電なら理解できます。

しかし、むやみやたらに節電してしまうことは、
東京電力の減収につながり、
今後の原発事故の補償への影響があるのではないかと
思いました。
(役員報酬や無駄な設備の排除は別に考えてます。)

みなさんは、節電と原発事故の補償、
東電の利益などをどのようにお考えでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは^^

確かに、東電自体がこれからの様々な補償をするには、
利益を確保し、安定した営業を続ける必要があると思います。
ただし、その利益があったとしても、とうてい、一企業が払える額の
補償ではありません。
それによって、私たちの税金が投入されるわけですね。

しかし、それは原発事故によって、これまでの生活を失った人たちへ
使われる税金だと思えば、少しは救われる気がします。

そもそも、東電と国が、原発に対してもっときちんと考えていたら、
こういう事故が起きなかったかもしれません。
起きたとしても、もっと迅速に的確な対処がされたでしょう。

我々が電気を使うことは、東電の利益にはつながります。
しかし、使いすぎると電力不足による大規模停電の危機があります。
そして、東電の利益に協力するということで、電気をたくさん使えば、
それこそ、原発を再稼働しろ!とか、発電所を増やせ!といったことに
つながりかねません。

私たちができることは、節約しながら上手に電気を使うことです。
そして、原発事故で生活を失った人たちへのボランティアや、募金など、
できることをしていくことが、一番良いのだと思います。

こんにちは^^

確かに、東電自体がこれからの様々な補償をするには、
利益を確保し、安定した営業を続ける必要があると思います。
ただし、その利益があったとしても、とうてい、一企業が払える額の
補償ではありません。
それによって、私たちの税金が投入されるわけですね。

しかし、それは原発事故によって、これまでの生活を失った人たちへ
使われる税金だと思えば、少しは救われる気がします。

そもそも、東電と国が、原発に対してもっときちんと考えていたら、
こういう事故が起きなかったかもしれませ...続きを読む

QOLの生活を描いた小説何かありませんか?

来年から社会人になります。大学生、女です。
当然かもしれませんが4月から会社で働くという実感がまだありません。なので、少しでも社会人の生活がわかるような小説が何かないかと探しています。普通のOLの生活?をつづったような本があれば教えてください。
ちなみに、群ようこさんの「無印OL物語」は読みました。OLの人の生活が描かれていてとても面白かったです。でもあれはちょっと古いものなので時代がちょっと違うなあといった印象をうけました。笑。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小説ではありませんが、たまたま先日読んで「すごくリアルに描かれてる」と思ったマンガを紹介します。

かたおかみさお作「Good Job」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4063405958/sr=8-1/qid=1161732616/ref=sr_1_1/503-5476681-1554347?ie=UTF8&s=books
(雑誌「KISS」でときどき連載されてます。今号に載っていました)

小説などにOLが出てきても、「この作者、実際にはOL経験はなさそうだな・・」と思うことがよくあるのですが、この作品は私が抱えていた悩みなどが同じように出てきて共感できました。実際に職場の状況が出てきますのでちょっと参考になるかもしれません。

小説でOLが出てきて共感できたもので思いつくのは

篠田節子著「女たちのジハード」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087471489/sr=1-1/qid=1161732971/ref=sr_1_1/503-5476681-1554347?ie=UTF8&s=books

こちらは少し前の作品ですが、作品としてとてもおもしろかったです。職場というよりは生活のほうです。作者はOL経験(公務員)ある方です。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4063405958/sr=8-1/qid=1161732616/ref=sr_1_1/503-5476681-1554347?ie=UTF8&s=books

小説ではありませんが、たまたま先日読んで「すごくリアルに描かれてる」と思ったマンガを紹介します。

かたおかみさお作「Good Job」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4063405958/sr=8-1/qid=1161732616/ref=sr_1_1/503-5476681-1554347?ie=UTF8&s=books
(雑誌「KISS」でときどき連載されてます。今号に載っていました)

小説などにOLが出てきても、「この作者、実際にはOL経験はなさそうだな・・」と思うことがよくあるのですが、この作品は私が抱えていた悩みなどが同じように出てきて共感で...続きを読む

Q結局のところ東電にお金支払う義務はない!?

結局、また最近になって東京電力の社長も言っているように民主主義国家かつ
法治国家である日本(ほんとうかな?)なのですから、原子力損害賠償法の例外規定により
異常に巨大な天災によって施設が被害を受けたのですから「東京電力は、お金を払う必要はない」
ということになりますよね。結局、国が全額支払うことになるのでしょうね。
それなのに枝野氏が最高裁判官のごとき発言をしたのはおかしいですよね!
結局は、国が払うことになる=国民の税金が使われる=消費税やその他税が上がるという
構図になるのでしょうかね~?
福島県の知事が怒っているのがむなしく感じてきました、結局原子力発電所を誘致しかつ監督し
(経緯は深くは知りませんが)地元の町の雇用や経済が活性化していたのであればいくら
東京電力に文句を言っても暖簾に腕押しになりますよね。

質問内容は、結局「東京電力は、お金を支払う義務がありますか?ないですか?」です。

Aベストアンサー

>結局のところ東電にお金支払う義務はない!?

東電会長、社長に成り代ってお答えします。(笑)
取締役員の年収平均3500万円を、1750万円に引き下げました。
たった1750万円で、生活が出来ると思いますか?
部課長の平均年収2000万円を、1400万円に引き下げました。
たった1400万円で、憲法が保障している最低限の生活が出来ますか?
ヒラ社員の時平均月給40万円を、32万円に引き下げました。
たった32万円で、毎月生活が出来ますか?
東電社員は、庶民以下の生活水準なのです。
これ以上、給料・福利厚生施設を下げる事は「憲法で保障した、健康で文化的な最低限の生活」が出来なくなります。
月給32万円の生活なんて、超貧乏人なんです。皆さんは、たった月給32万円で生活できますか?
多くの社員にも生活があります。社長である私は、彼らの生活を守る義務があるのです。
これ以上の負担は、1円たりとも行ないません。

日本航空は、倒産しました。
が、パイロット平均編集1500万円は維持されています。
東電も、国土交通省から多くの天下り官僚を受け入れています。
日航と東電。何が異なるのでしようか?

日本航空に、莫大な税金を垂れ流したように、東電にも莫大な税金を垂れ流す義務が政府にはあります。
東電管轄内の住民だけでなく、日本全国の国民が損害賠償責任を負うのは当然なんです!
消費税20%になっても、当然の結果なんです。
東電社員の生活を、貧乏人から庶民にレベルに戻す事が必要なんです!
「東電は被害者であって、断じて加害者ではない!」
と、社長である私は思っています。

以上、都合が悪くなると一泊20万円の個室に入院する東電社長からの回答です。(満点大笑い)

まぁ、東電一時国有化も避けられないでしようね。
東電資本金100%減資。新規株券を発行し国有化。東電精算事業団が、東電社員を引き受け。
新東京電力に新規採用。賠償金支払い目処がついた時点で、東電の国内外企業への売却。
東京湾岸に、原子力発電所建設。ディズニィーランド横に、莫大な土地が余っていますよね。
東電は「原発は安全だ!」との認識ですから、葛西臨海公園に原発立地をする事も一考ですね。
福島県・住民も、今まで東電・国から貰った原発補助金約7000億円を返済する事も考えないと駄目ですよね?

>結局のところ東電にお金支払う義務はない!?

東電会長、社長に成り代ってお答えします。(笑)
取締役員の年収平均3500万円を、1750万円に引き下げました。
たった1750万円で、生活が出来ると思いますか?
部課長の平均年収2000万円を、1400万円に引き下げました。
たった1400万円で、憲法が保障している最低限の生活が出来ますか?
ヒラ社員の時平均月給40万円を、32万円に引き下げました。
たった32万円で、毎月生活が出来ますか?
東電社員は、庶民以下の生活水準なのです...続きを読む

Q村上春樹の“あの男が・・・”の解釈

こんにちは。

先日、村上春樹の『神の子どもたちはみな踊る』
を読みました。

その中の『タイランド』の中で
“あの男が、私の人生に対してしたことを思えば・・・』
と、ありますが、お読みになった方
どのように解釈しましたか?

是非、お聞かせください。m(__)m

Aベストアンサー

『あなたが、私の人生に対してしたことを思えば、私の生まれるはずだった子供たちに対してしたことを思えば、、、』
のところでしょうか?

わたしは、主人公である女医が最初に身ごもったこどもの
父親である男性のことではないかなと思いました。
でもその男は、妻子があって彼との子供は、堕胎しなければならなかった。
その為に彼女は『生まれるはずだった子供たち』-彼との子供、アメリカ人との夫との間に作ることができた
かもしれない子供-を産むことができない身体になってしまったのではないかなぁと。

村上春樹の作品で、暗い不倫の影を残す女性がでてくるようなのはあんまりないような気がして
材料としては異色な気がします。
でも、旅先で出会った従順で『自分は半分死んでいる』という運転手によって、これからの彼女の
人生をその『石』から解き放たれるよう導かれるお話で、ひとが生きていく中で背負ってしまう悲
しみからいかに救われていくかを書いている小説なのかなと思いました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報