インターネットの歴史、問題点、利点など詳しく教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

このサイトを見ればかなり分かります



参考URL:http://www.soi.wide.ad.jp/contents.html
    • good
    • 0

文献についても触れておきます。


村井純『インターネット』『インターネット2』や古瀬幸広・廣瀬克哉『インターネットが変える世界』、著者を失念しましたが、『インターネットセキュリティ入門』などというものが出ています。いずれも岩波新書です。
ご一読をお薦めします。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/
    • good
    • 0

少し検索すると出てきますよ。



歴史についてはこちら↓
軍事目的から発展したのは有名ですね。
http://www.ebisu.ad.jp/KYO/rekisi.html

問題点についてはこちら↓
これは、視点が色々あると思いますので、一例で。
http://project.aichi-u.ac.jp/sryo2/Seminar96/htm …

メリットについてはこちら↓
これも一例として捉えてください。
http://www.salud.co.jp/internet/guide/int1-2.html
    • good
    • 0

まずは W3C の文書からでしょう。


そういう話は結構扱われていますよ。
英語ですが、勉強になります。

そういう事じゃなくて?

参考URL:http://www.w3.org/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新聞社が広告料に頼る問題点

ご存知の方がいらsっしゃいましたらご投稿お願いします。

Aベストアンサー

他の回答者さんが仰る通り、スポンサーへの配慮を要すと言う点が大きいですね。
大手スポンサーの不祥事・醜聞などについては、小さく取り扱うとか、ヒドい場合は書かないなど、手心を加えるワケです。

一方では、スポンサーである企業側も、当然それを望んでいる部分もあります。
良い記事を大きく書いて貰いたいし、悪い記事はなるべく扱って欲しくないのです。

その結果、新聞社と企業に、ある種の癒着構造が芽生えたり、記者の質が低下したりするんですよ。
企業は広告を出すほか、企業の広報部隊が記者を接待したりしています。

ヒドい記者になると、「あの記事を書かない(or 書く)代わりに・・」的に、暗に広告費や接待を要求したりする例も無いとは言えないです。
そんな関係だと、公正・中立な記事など書けませんよね・・。

また、ちょっと横道に逸れますが、たとえば大手経済紙は、経済ネタでは絶対に一番じゃないとダメなんです。
もし他紙にスッパ抜かれたりした場合、その記事に書かれた企業に報復もします。
その企業を余り取り扱わないとか、悪い記事をデカデカと書くとか。
「次からはウチに一番にリークしないと承知しないぞ!」って感じです。

そもそもマスコミってそう言う独特な「権力」があるので、逆に言えば腐敗とか癒着などをしやすいんですよ。
従い、企業などと一定の距離を置く必要があります。

逆に、新聞社が企業と直接的な利害が結び付く広告収入に依存すれば、記事や記者の質的低下になると言うコトです。

他の回答者さんが仰る通り、スポンサーへの配慮を要すと言う点が大きいですね。
大手スポンサーの不祥事・醜聞などについては、小さく取り扱うとか、ヒドい場合は書かないなど、手心を加えるワケです。

一方では、スポンサーである企業側も、当然それを望んでいる部分もあります。
良い記事を大きく書いて貰いたいし、悪い記事はなるべく扱って欲しくないのです。

その結果、新聞社と企業に、ある種の癒着構造が芽生えたり、記者の質が低下したりするんですよ。
企業は広告を出すほか、企業の広報部隊が記者を接...続きを読む

Q電力線インターネット(PLC)の問題

昨日TVニュースで電力線インターネット(PLC)のめどが立ったと言っていました。

私は古くからハムをしていて、日本の家庭電灯線は2線式の片側アース(不平衡)ですから、日本での電力線インターネットはノイズを撒き散らし、短波放送・短波帯通信が全滅の恐れがあるので認可しなかったはず、と言うのを知っていました。

どういう経緯があったのか不明ですが、世の中の多く人はこう言う悪い(マイナス)事項の事はおそらくご存知無いでしょう。

確かにAC100コンセントに繋げば家庭内LANやWANに繋がり、配線に関しては悩まなくなり便利と思いますが、既存の通信を駄目にしてまで普及さすべきかどうかを、多く皆さんの意見としてお聞きしたいです。
無線LANとかの代わりはあるんですから・・。
(カメラに無線LANの付いたデジカメも発売されます、
冷蔵庫に無線LANが付いても良いですよね。)

※電力会社などは図体がでかいだけに、こうと思うと体制の変更が取れないのかな?。

Aベストアンサー

次世代通信技術として期待されているPLC(電力搬送線)通信ですが ノイズが既存の通信や技術に影響を与える問題で低減技術(信号方式 ? モデム?)の実験に成功したことで 一気に実用化 商用化に向けて開発が進んでいるようです 特に地方都市では光ファイバーのインフラ整備がしにくいというハンデ や やはり新たに莫大な設備投資や技術開発が必要としない既存の電気配線・技術を利用することで 効率的に超高速 低料金のネット通信が可能となり次の世代を担う通信インフラとして注目を集め サ-ビス開始予定の段階に入っているようです また 個人的には室内配線をコンパクトにした方が楽といえば楽ですが。

Qインターネットの玉石混合問題を解決するために

 グーグルを代表とする検索エンジンの進歩によって、自分の必要とする情報をすばやく得ることが可能になりましたが、玉石混合の問題が残っているのも事実です。

 インターネットの玉石混合問題を解決するために、どのようなシステムがあることが望ましいのでしょうか。

 

Aベストアンサー

玉石混淆の種々雑多な情報が存在するところがインターネットの良いところなのであって、どこぞの誰かや何かしらの機関とかどこかの誰かなどが検閲したり校閲したり推敲したりする必要はまるで無いと考えます。

インターネットに限らず五感に入ってくる情報はすべて個人の脳の働きの中で絶えず取捨選択されて個人に認識されています。新聞、TVの情報でも偏向していたり意図的に特定の方向に誘導している場合もありますからそういったものも含めてインターネット上の情報も個人個人が鵜呑みにすることなく広く情報収集するように心がけるべきでしょう。

Qインターネットでの世論操作は問題にならないのですか?

インターネットでは、とある大きな団体が、世論操作を企んで、インターネットの世界の中での既成事実化を目論み、金に物を言わせて、デマを大人数で大量に流したりしている可能性も、無きにしもあらずだと思います。また、このようなことが仮に行われていても、罰する法律も無いどころか、全くの野放しなのではないでしょうか?
アメリカでは、最低限のネットの中立を維持するために、オバマ政権になって、2009年7月、これから助成金を受けるインターネット事業者は、ネットで故意に遮断したり、遅くしたりすることが禁止されるそうです。以前、法案という形でも出されましたが、保守派の反対でお流れ、共和党政権下では通らなかったそうです。今後、オバマ政権の下では、法案化されそうです。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20396087,00.htm
日本のインターネットの中立性は、どうなっているのしょうか? ネットでの、大規模な世論操作などは許されたままなのでしょうか?

Aベストアンサー

むしろ TV、新聞等の既成メディアの過去の世論操作のほうが問題のようなきがしますが・・・・
インターネットはすでにホント半分 うそ半分とみんな思っていますよ。

こういった世論操作に対して国民は賢くなければなりません。

Q靖国問題の報道は何故問題の本質を深く追求しないか?

靖国問題の報道についてです。

つくづく疑問に思うのですが、何故報道は靖国問題で次のような両国の問題認識のズレ(認識はしていてもわかっていてごまかしている)があるという事をレポートしないのでしょうか?

以下のような話があります。
-------------------------
靖国神社とは戦没者を追悼する場所でなく、兵隊を「天皇=神の命令に従えば褒美として神として祀ってもらえる、だから戦争を頑張る」という思考回路で戦地に向かわせるという戦略として立てられた、天皇を神とする軍国主義的神道の施設である。
第二次世界大戦の悪事のを認めて、天皇を神でなく国の象徴とし、自分からは戦争を二度と起こしませんと公言しておきながら首相が靖国を参拝する事は、当時の行為をいまだ肯定しているようで矛盾する。
-------------------------

この話を聞くと何故中国が「日本はもっと歴史を勉強するべきだ」と言うのもわかる気がします。

中国が本当に上述した問題を的に憤激しているのか、そうでないなら何なのかもテレビからは伝わりません。公のコメントで触れていないとも思えない内容なのですが。どうも隠蔽されているのではないか、と感じてしまうくらいテレビでは見かけません。

これだけ長い時間騒がれている問題なのになんてもっと掘り下げられないのかがどうも理解に苦しむのです。上述の内容の正否はさておき、なぜそういう話があるという事とか、中国と日本のすれ違いは何なのかといった話がテレビで出ないのでしょうか?

靖国問題の報道についてです。

つくづく疑問に思うのですが、何故報道は靖国問題で次のような両国の問題認識のズレ(認識はしていてもわかっていてごまかしている)があるという事をレポートしないのでしょうか?

以下のような話があります。
-------------------------
靖国神社とは戦没者を追悼する場所でなく、兵隊を「天皇=神の命令に従えば褒美として神として祀ってもらえる、だから戦争を頑張る」という思考回路で戦地に向かわせるという戦略として立てられた、天皇を神とする軍国主義的神道の施設...続きを読む

Aベストアンサー

中国政府は表向き、A級戦犯さえ合祀されていなければ靖国参拝自体には異を唱えない、と言っています
『分祀』できないのを承知の上で、あたかも寛大な風を装っているわけです
お話のような説はむしろ国内反体制勢力発で、それに一部の国外勢力が乗っかっているというところでしょう
戦死者を神として祀るという文化は民間レベルでは靖国以前からあり、靖国はそれを国家レベルで制度化しただけです
神として祀るか、英雄として讃えるかは国それぞれですが、ほとんどの国には戦死者を追悼する施設があります
だからといって、それらの施設がみな軍国主義のための餌だとは言わないでしょうし、それらの施設での追悼行為が軍国主義の肯定だとも言わないでしょう
靖国が戦後、国家から切り離されて、一宗教団体となったため、国家が『追悼』という宗教色の強い行為から切り離されましたが、戦死者の追悼はどこの国でもやっていることで、そこまで政教分離原則を厳格に捉える必要は無いのではないかと思います
むしろ、靖国が宗教団体とならずに、国家の施設のままであった方が問題は小さかったのではないでしょうか

中国政府は表向き、A級戦犯さえ合祀されていなければ靖国参拝自体には異を唱えない、と言っています
『分祀』できないのを承知の上で、あたかも寛大な風を装っているわけです
お話のような説はむしろ国内反体制勢力発で、それに一部の国外勢力が乗っかっているというところでしょう
戦死者を神として祀るという文化は民間レベルでは靖国以前からあり、靖国はそれを国家レベルで制度化しただけです
神として祀るか、英雄として讃えるかは国それぞれですが、ほとんどの国には戦死者を追悼する施設があります
だ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報