最近買った物の素材表示にABSとASがありました。この二つの違いは一体なんですか?というより一体どういう素材なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足ですが、両方とも'S'はスチレン樹脂を表していて、スチレン樹脂を改良したもので、それぞれに特徴があり、用途があります。


また、両方とも、熱可塑性樹脂(熱を加えると柔らかくなって変形後もその形を保持する性質を持つ樹脂)に分類されます。
樹脂とは、単純にプラスチックと解釈して良いと思います。

ちなみにABSは、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(Acrylonitorile Butadiene Styrene)の略称です。
特徴は、長期間使用できて、衝撃に強いことです。
用途は、冷蔵庫・テレビ・オーディオ機器などの外側などです。

またASは、アクリロニトリルスチレン(Syrene-Acrylonitrile)の略称です。(逆に表記されているのは何故か不明ですがISOではSANと略称されています)
表面が硬くて、耐熱性が高いです。
また、電気絶縁性も高いですのも特徴です。
用途は、使い捨てライター、化粧品容器、食卓用品などです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的な使用例を挙げていただき、とても分かりやすかったです。有難うございました。

お礼日時:2000/12/26 11:25

高分子化合物という概念をご存じでしょうか。



一般にプラスチックと言われている物質で、
熱可塑性(加熱すると溶ける)のと熱硬化性(加熱するとかえって堅くなる)とうものがあります。

また、これらの高分子化合物は、原料となる物質(単量体という)の名称から付けられていることが多いです。

質問にあったABSとABはともに、熱可塑性樹脂と呼ばれるものです。それぞれについて、細かい説明をしていきます。ABSはASを改良して作られたものであるので、ASの説明を先に書きます。

「AS」
アクリロニトリル、スチレンの2種類の単量体を使って作ったもの。「共重合体」と呼ばれる。
性質は、衝撃に弱いが、原料の数が少なくて作りやすいことと言える。

「ABS」
アクリロニトリル、ブタジエン、スチレンの3種の単量体を使って作ったもの。「共重合体」と呼ばれている。これらの3種の英語表記の一文字ずつとって名称がつけられている。
性質は、ASに比べて、耐衝撃性(衝撃に対して強く成っている)がある。また、メッキがしやすい、強度がある、成形しやすいなど性質が優れているので、自動車、家電製品の外装などに広く用いられている。

なを、下にそれぞれの物質の化学式を示しておきます。

 アクリロニトリル
   CH2=CH-CN

 ブタジエン
   CH2=CH-CH=CH2

 スチレン
   C6H5-CH=CH2

蛇足ですが、C6H5はフェニル基を示します。つまりベンゼンから水素が1つとれた構造を示します。

こんな感じでいかがでしょうか。
tukitosan でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答有難うございました。高校生時代を思い出す化学式でした。

お礼日時:2000/12/26 11:24

回答内容は半分です。


参考URLをご覧ください。
当該素材が人体に与える影響などについては、他の方の回答をお待ちします。

参考URL:http://www.toynes.or.jp/nichi-sozai.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q樹脂成形と樹脂インサート成形

樹脂成形と樹脂インサート成形の違いについて教えて下さい。樹脂成型がもし成形の総称だとすれば、インサート成形とはどういうもので、又、その他にどのような成形方法があるのかご教示頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

 インサート成型は型の中に別の部品も入れておき、その周囲に樹脂を流して一体化させるもの。樹脂では難しい薄いものや細いものに強度を持たせるため、板金や金属ピンを入れることが多い。

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Qインサート成形に適した樹脂

いつもお世話になっております。

早速ですが質問です。
人形の顔(材質PVC)に樹脂製品をインサート成形するのですが
インサート部品の材質はABS or POMの
どちらが適しているのでしょうか?(もしくはその他)
インサートする樹脂部品は人形の顔を固定する用のボス部分です。
(使用ビスはM2.3)

1.どちらの材質が適しているのか。(もしくはその他)
2.適している理由
3.適さない理由

上記事柄を知りたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 ねじ留めのためのボスなら、ABSで十分だと思います。成形もしやすいし、価格も安いし。POMだと粘りがあるから、ねじ留めトルクが高くなるかも。

QABS樹脂とABS洗剤の発がん性?問題点?

ABS樹脂とABS洗剤は発がん性など、問題があるのでしょうか?

あと、ABS樹脂のマグカップなどは安全といえるでしょうか?

Aベストアンサー

No4の者です.
熱でスチレンが溶け出しやすくなるのは正しいです.
ただし,スチレンは水には溶けにくく,油やアルコールには非常に溶けやすい
性質を持っています.
よって,マグカップにお湯を入れるケースと,発泡トレイに魚やお惣菜を入れる
ケースと,どちらに多くのスチレンが含まれるか,というのはわかりません.
(お湯の方が多そうな気はします)

こういった「毒性」の議論は,「量」が重要なんです.
有毒物質が出ているかどうか,ではなくて,「どのぐらい出ているか」が
極めて重要で,その方が本質です.
例えば,ダイオキシンでも,普通に生活していれば1日300ピコグラムほど
摂取します.でも,そのレベルなら深刻な問題にはならないですよね.
ABSも同様で,例えば,毎日その容器でお酒をお燗して飲んだりすれば,
スチレン摂取の影響が出るかも知れませんが,
普通に使用している分には,影響はほとんどないと思います.
なお,ABSの場合,ポリスチレンよりもスチレン含有量はかなり少ないと
思います.

もし,不安ならプラスチック製の容器は避けた方がいいかも知れませんね.
ちなみに私のマグカップはチタン製です(笑).
他の人には「大丈夫」と言いながら,言行不一致で申し訳ありません.

No4の者です.
熱でスチレンが溶け出しやすくなるのは正しいです.
ただし,スチレンは水には溶けにくく,油やアルコールには非常に溶けやすい
性質を持っています.
よって,マグカップにお湯を入れるケースと,発泡トレイに魚やお惣菜を入れる
ケースと,どちらに多くのスチレンが含まれるか,というのはわかりません.
(お湯の方が多そうな気はします)

こういった「毒性」の議論は,「量」が重要なんです.
有毒物質が出ているかどうか,ではなくて,「どのぐらい出ているか」が
極めて重要で,そ...続きを読む

Qガラスの成形方法と樹脂の成形方法の違い

 現在、ガラスの成形方法と樹脂の成形方法について調べているのですがわからないことがあります。
 ガラス成形では溶融したガラスの引き伸ばしなどは行っていますが、樹脂成形のような押出成形や射出成形は行われていません。これはなぜでしょうか?ご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

押出しや射出成形に使用されている樹脂の溶融温度は200~350℃がほとんどです。
また、樹脂が溶融している際の流動値(流れやすさ)はガラスよりも遥かに高いため、瞬時にして金型内に圧入できます。
ですから樹脂ではエッジ形状などの精密な成形が出来るのです。

それに対してガラスは溶融温度が700~1000℃と非常に高く、その温度を維持する事が難しく、溶融時の流動値も樹脂を足元にも及ばないので、金型などに簡単に圧入できません。
仮に簡易的に金型に圧入しても、取出しの際に樹脂とは違ってクラックを起こしやすいので、樹脂と同じ成形法では成形できないのです。

Qダイヤより硬い素材は?

世界で最も硬い素材はやっぱりダイヤモンドなのでしょうか。
最近は人工的にダイヤより硬い素材とか作りだせているのでしょうか。

また、最近よくきくフラーレンとかカーボンナノチューブとかもすごい素材らしいですが、それらについて知っている方がおられましたら、ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

SFの世界ですが、硬化テクタイトとかを作れればいいんですが。存在しませんから。

ダイヤが何故硬いかというと炭素原子が細かくしかも綿密に結合しているからで、

あるとしたらロンズデーライトといった炭素原子の結合で出来ている鉱物ですが、

ダイヤの仲間ですね。

どこが違うんだと思いますが。

http://gigazine.net/news/20080225_diamond/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88#.E7.99.BA.E8.A6.8B

天然物ではダイヤで人工的や隕石の落下によって出来たり人工的にできたのはカルビンというものです。

http://kiri2net.ko-co.jp/e253352.html

Q樹脂成形の表面加工について

樹脂成形時の表面加工について添付画像のような模様の名前、加工名を教えて頂きたいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

いわゆる「テンボス加工」の一種ですね。
テンボス加工という大きなくくりの中で、シボ加工とも言い、名称が変わってきますが画像を見た限りでは「シボ織物」という加工法に間違いないと思われます。
尚、シボ加工には蒸気で熱した素材にプレスをかけるものと、エッチングを使用するタイプがあります。

Qキャピラリーゾーン電気泳動とは一体なんでしょうか?

化学の本を見ていたら、CZEと英語で示されていますが、いったい、これは何でしょうか?
グラフなども出てきて通常の電気泳動とはことなる気がするのですが???
ご存知の方教えてください。よろしくお願い致します。
また、この装置の写真があったら是非教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは
私には何のことだか分かりませんが・・・

説明はこちら
http://chrom.tutms.tut.ac.jp/JINNO/JAPANESE/RESEARCH_J/CE_J/ce_j.html

装置の写真はこちら
http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/labmedh/kess2.html

Qガラスのような樹脂を探しています。 手で成形でき、ガラスに少しでも近い透明感(磨りガラスのような物

ガラスのような樹脂を探しています。

手で成形でき、ガラスに少しでも近い透明感(磨りガラスのような物でも)があると嬉しいです。

アクセサリー制作に使いたいです。

詳しく名前など教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

樹脂粘土の類なら、透明粘土(すけるくん)というのがありますが
こういうのはどうなんでしょうか?

ガラスの様な透明度とまではいきませんが、
すけるくん専用のコート液も使うと
半透明の曇りガラス?の様な感じにはなります。

透明粘土か、すけるくんでググってみてください。

Q酸性酸化物とはなんですか?

今日、模試で酸性酸化物を選べという小問がありました。
いま、手持ちの教科書で確認したのですが、記述がありません。
溶かしたら酸性になる、CO2みたいなものでしょうか?

Aベストアンサー

高等学校の教科書には載っているはずです。
「非金属元素の単体と化合物」の章の「酸素」の項です。

酸性酸化物、塩基性酸化物、両性酸化物
と3つ出てきます。

ラボアジェの時代では酸性酸化物は酸でした。
CO2もSO2も酸です。NO2も酸です。P2O5も酸です。
水に溶かして酸性を示すものは酸です。すっぱい味がしたり、金属を溶かしたりする働きが期待できます。
わざわざ酸性「酸化物」という言葉で酸と区別したりしていなかったのです。CO2は炭酸です。
(「水溶液が酸性を示す物質は酸である」という定義は現代でも通用するものです。)
主に非金属元素が酸素と結合したものは酸性を示します。
酸素oxigenという言葉は「空気中の呼吸に役立つ成分には酸でないものを酸に変える働きがある」という意味でつけられたものです。このような変化をラボアジェはoxigenationと呼んでいます。oxi-は酸の意味ですから「酸生成」です。
「ラボアジェは酸性の原因が酸素であると考えて「酸素」という名前を付けた。これは誤っていた。」というよく書かれている文章は誤りです。ラボアジェはこんなことは言っていません。
参 「(読みきり)化学史」(渡辺啓、竹内敬人 著)

金属元素が酸素と結合して出来た化合物は塩基性を示します(教科書では塩基性酸化物と呼ばれているものです)。
金属元素でも結合の程度を進めると酸になるということも言っています。マンガンの化合物が例に出ています。酸素との結合の度合いが低い時は塩基、高い時は酸になっているのです。

ラボアジェは非金属元素と酸素の化合物と区別する言葉としてoxideという言葉を作りました。
oxideは現在では「酸化物」という意味になってしまっているのですがラボアジェが作った時の意味は「酸と同じ様な出来方をしているのに酸とは異なる物質」というものです。
-ideという語尾は「似ているが異なる」という意味です。-oidであれば「似ている」という意味です。
周期表の57~71番の元素はランタノイドと呼ばれています。ランタンに似ているもののグループです。以前はランタニドと呼ばれていました。ランタニドだとランタンを含まない事になりますので名称が変更されました。

手元にある辞書で-ideを引いても「~化物」という意味しか出てきません。「似ているが異なる」という意味だというのを書いてある辞書を見つけることが出来ませんでした。ランタノイド、アクチノイドの例を教えてもらって納得した次第です。

高等学校の教科書には載っているはずです。
「非金属元素の単体と化合物」の章の「酸素」の項です。

酸性酸化物、塩基性酸化物、両性酸化物
と3つ出てきます。

ラボアジェの時代では酸性酸化物は酸でした。
CO2もSO2も酸です。NO2も酸です。P2O5も酸です。
水に溶かして酸性を示すものは酸です。すっぱい味がしたり、金属を溶かしたりする働きが期待できます。
わざわざ酸性「酸化物」という言葉で酸と区別したりしていなかったのです。CO2は炭酸です。
(「水溶液が酸性を示す物質...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング