レンズの口径よりも大きな物体を
カメラでとる際に
その物体のどの方向へ出射された光を取り込んでいるのでしょうか?

すなわち、例えば、面状の光源物体にたいして、
面光源の中心とカメラの中心をあわせ
面光源の光軸とカメラの光軸を一致して
カメラで撮像した。
この際の明るさ分布は正確にいうと、
各点における垂直方向における光量と異なるものと思われるのですが
いかがなものでしょうか?

物理の教科書に載っているような、
レンズの光軸に対して平行光が入射した際に
焦点よりも後ろに倒立像がでるのは分かるのですが・・・・。

本質問のようなことを記載している文書等をご紹介いただけないでしょうか?

A 回答 (5件)

こんにちは。


ご質問の主旨を理解しているかどうか自信がないのですが、次のような回答ではいかがでしょう。

黒い板に赤いランプを100個、直径1mの丸い面状に並べた日の丸のような図柄を想定します。
これに対し、距離2mの正面に、直径50センチのレンズを置いて撮影をしたとしましょう。
1個1個のランプは正面にも斜めにも、光を出し、総じて半球状の空間に光を放出します。
距離2mの場所ならば、1個のランプは約25平方mの表面積をもつ半球面に光を放出しています。
一方、直径50センチのレンズは、1つの点光源からの光について、レンズの中心を通ったものも、隅を通ったものも、フイルム面で1点に集める力があります。レンズを円盤とみなすと、面積(集光面)は約0.2平方mになりますから、1つのランプについて、約125分の1の光だけが撮影に使用されたことになります。
たくさんの点光源が集まった面光源では、光が加算されるように思う方もおられますが、それはレンズで像を結ばせない場合の話。レンズを使用した場合には、別のランプは焦点面で別の位置に像ができ(だからこそ、フィルム面上に日の丸映像が映る)るので、個々のランプ像の明るさは変わりません。
また、どのランプからの光も、個別に「レンズの中心を通る光」「中心よりやや周辺を通る光」「レンズ隅を通る光」が1点に集まるため、最も単純なモデルでは、どのランプも(フィルム面に写った像では、日の丸の中心も端のほうも)明るさが変わらないことになります。
 しかし、さらに正確なモデルでは状況はやや異なります。
直径50センチのレンズの面積(集光面)が0.2平方mであるのは、あくまでも正面から見た場合であり、斜めに見ると面積が小さくなります。これは、日の丸の端に位置するランプからの光では、フィルム面に集められる光の量が減ることを意味し、「フィルム面では日の丸の周辺部が暗い像になる」ことを意味します。

従って、ご指摘の、「垂直方向では明るさの分布が異なる」のはそのとおりと思います。
なお、これは写真レンズ製品の性能評価項目のうち、「周辺光量不足」又は「ケラレ」の問題と呼ばれており、単純なレンズの面積の問題に加え、レンズを入れた筒(鏡筒)、絞りの位置の設計、レンズフード(ひさし)の選定とも複雑に絡んでいます。また、望遠レンズより広角レンズ、普通の撮影より接写のほうがそれぞれ周辺光量不足の影響が出やすいようです。
実際のレンズには、この問題を解決するため、レンズの中央だけに色を塗って暗くし、像全体の明るさのバランスを取ろうとしているものまであります。

さてさて、お答えになりましたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
 考えている現象は、これそれものです。
 
 とりあえず、簡単にはCOS4乗則なるものが成立するみたいですね。
 ただし、ご指摘のとおり正確に計算するには、その光学系の中身の数値がわからないといけないみたいですね。

お礼日時:2002/01/31 14:02

吸いません慌てて書いたら、大間違いを書きました。



F=f/(2r)
です。
これから、
r=f/2F
で計算して下さい。f:レンズの焦点距離(カメラのレンズでf=50mmのレンズとか言っている数値です)、F:Fナンバーです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

少し、わかったような気がします。
もう1点、疑問ができましたので
新たな質問をpostします。

よかったら、また回答してください。

お礼日時:2002/02/01 10:32

定性的でよければ、大ざっぱにいうと、



カメラのレンズにはFナンバーというものがありますね?
絞りの値のことです(F=2.8とか3.5とか)。
これは、F=sin(a)という式で表されます。
aは瞳外周から像面(フィルムとかCCD)の中心まで引いた2本の線の成す角度になります。また、距離はレンズの焦点距離fとなります。
つまり、これから瞳半径rが求まります。

f×tan(a/2)=r

厳密なことを言わなければ、このrを使い、瞳半径を像面からfの距離に円を書くと、それが瞳になりますので、あとは、物体面からの光線のうち、瞳を通って像面に結ぶ光線を考えれば良いわけです。
計算は結構面倒ですが、、、、

いま手元にはレンズ設計関係の書物がないので、具体的に記述のある書物がわかりません。
あるいは、レンズデザインガイド(高野 栄一:割と有名です)などに載っているかも知れませんが、、、
    • good
    • 0

Lambertの法則とかいうものが近いのではないでしょうか?


分光の話とかに出てくることが多いのでしょうが
最近だとCGとかに関連して説明される場合も多いのでは?
私はMathematicaの3次元表示のところ(Mathematicaのテキスト)でこれを知りました。

参考URL:http://www.edu.tuis.ac.jp/~b99171hm/shade3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にしてみます。

お礼日時:2002/02/01 10:34

答えはレンズによって異なるとなります。


これを詳しく知るには、そのレンズ毎の光線追跡と呼ばれる方法によってコンピュータ計算して算出します。
レンズ設計ソフトや、照明解析ソフトなどを使います。

ごくごく単純には、

1)レンズの入射瞳と呼ばれるものの位置と大きさを知り
2)物体からの光のうち、入射瞳を通過するものが、物体からレンズ内を通ります。
3)更に、出射瞳位置から像面(フィルム面など)に結像する光量となります。
これに加えて、更に画角がある時には、その画角分の補正(光が斜めに当たるとその分像面の照度は弱くなる)を行います。

入射瞳の位置、大きさはレンズの仕様や、絞りがあるときには絞りの大きさで変わってきます。

書物としては、レンズ設計に関する書物に記載されていると思いますが、お勧めの書籍はよくわかりません。
光学の原理, M.ボルン・E.ウォルフ はバイブル的な存在で、必要な情報は網羅されていると思いますが、ご質問の回答に対して端的にわかるようなものでは無いかもしれません。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答がありがとうございます。
 光学シュミレータなるものが存在しているのは知っているのですが・・・

 光学系の数値が公開されていないのと
 定性的にどうなるのかを知りたかったのです。

 御勧めの本、かなり難解な本です。
 (たまたま、手近の図書館にありました)
 これを参考にして、現在理解しようと努力中です。

 なにか、CCD、カメラ等の光学系を
  説明してる他のお勧めの本があれば教えてください。

お礼日時:2002/01/31 14:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校の物理です。粗い水平面上を質量5、0kgの物体が、右向きにすべっている。物体と面との間の動摩擦

高校の物理です。
粗い水平面上を質量5、0kgの物体が、右向きにすべっている。物体と面との間の動摩擦力係数を0,10として、物体の加速度の大きさと向きを求めよ。
分かりません。解き方と答えをお願いします。
今日中です

Aベストアンサー

おそらく、質問者さんは、「力学」の基本を理解していないのでしょう。問題を解く以前に、もう一度しっかり復習することをお勧めします。小数点と、カンマの区別もついていないようですから。
そうしないと、下に書いた回答もチンプンカンプンでしょうから。
「今日中」に答が分かっても、何もアナタのためにもなりませんよ。

(1)質量 5.0 kg の物体には、下向きに重力が働きます。その大きさは、重力加速度を 9.8 m/s^2 として、
    5.0 × 9.8 = 49 (N)
です。(N= ニュートン です)

(2)動摩擦係数を 0.10 とすると、動摩擦力は
    49 (N) × 0.01 = 4.9 (N)
です。

(3)物体に働く水平方向の力(運動と逆向き)が、この動摩擦力だけとすると(空気の抵抗などは考えない)、物体の加速度を a (m/s^2) とすると、ニュートンの運動方程式 F = ma より
    -4.9 (N) = 5.0 (kg) × a
より、
    a = -0.98 (m/s^2)

 ねっ、チンプンカンプンでしょ?

おそらく、質問者さんは、「力学」の基本を理解していないのでしょう。問題を解く以前に、もう一度しっかり復習することをお勧めします。小数点と、カンマの区別もついていないようですから。
そうしないと、下に書いた回答もチンプンカンプンでしょうから。
「今日中」に答が分かっても、何もアナタのためにもなりませんよ。

(1)質量 5.0 kg の物体には、下向きに重力が働きます。その大きさは、重力加速度を 9.8 m/s^2 として、
    5.0 × 9.8 = 49 (N)
です。(N= ニュートン です)

(2)動摩擦係数...続きを読む

Q物理の問題です。 幅1cmに1万本の格子線を引いた回折格子に白色光を垂直に当てたとき,入射の方向と3

物理の問題です。
幅1cmに1万本の格子線を引いた回折格子に白色光を垂直に当てたとき,入射の方向と30°の角をなす方向に進む光の波長のうち最も長いものは約( )mである。( )に入るものを何か。



答え・・・5×10^(-7)




…………という問題なんですが、全く分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

nλ = d・sinθ
と式だけ書かれてもピンと来ないかもしれませんので、参考になりそうなWebサイトを紹介しておきます。
スリットが2つある干渉実験ですが、2つでも1万個でも同じ論法が使えます。

https://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~masako/exp/newton/kansyoo/young.html

Q蛍光灯を平行光の点光源にできますか?

蛍光灯のようなシリンダー形状の光源は、スポットライトのような、平行光の点光源?に近づける事はできないのでしょうか?

例えば、一度シリンドリカルレンズのようなレンズで長手をつぶして、それを、凸レンズに通し、凹レンズに通しても四角形の光の平行光にはならないのか?

と言う疑問がわきました。
どうなのでしょうか?

光学系ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

要は、「線光源からの光を一点に集光できるか」という問題ですね。
レンズに入った光を、損失無く集光することはできないかと思います。

例えば、X方向に幅0、Y方向に伸びる光源で、Z方向にレンズを置くとし
て、

シリンドリカルレンズで、Y方向を0に集光させたとき、X方向についてはピントがあっていないので、幅を持つことになります。
(これを繰り返せば、どんどん幅を小さくできそうですが、シリンドリカルレンズを通すたびに、次のレンズに入らない光線が発生するかと思います。)

もう一つの手として、きわめて焦点距離の短いレンズで、結像の寸法自体を小さくする、というのがあるかと思いますが、点光源にするためには焦点距離0の光学が必要になるので、、
(先のシリンドリカルレンズ多段は、これと似た状況にもなっているように思います。)

光の損失を認めるなら、結像させてそこにピンホールを置けば、点光源になります。

Q分光分布は色光、反射率曲線は物体の色が分かる、色光と物体の色は同じ?

分光分布グラフを見たら、色光が分かる
分光反射率曲線を見れば、その物体の色を知ることができる
と、色彩検定のテキストにあります。
色光と物体の色は同じ意味ですか?
違うのですか?
どうして分光分布グラフでは色光という言葉を使い、
反射率曲線では物体の色と言う言葉を使っているのか、
ややこしてくて分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

>色光と物体の色は同じ?

ではありません。

分光分布は、光源の発する可視光線の成分をグラフ化したもの。
つまり、色光とは、光の質の事で、白熱球は色温度が低い(赤味成分が強い)、三波長蛍光灯は鋭い波長のピークが三波ある、曇天や日陰では色温度が高い(青味成分が強い)と言う具合に光質が違うのです。

方や非発光体の色は、物体の反射率で左右される。黄色に見える物体は黄色の反射率が高い。白っぽく見える物体は、全ての波長に対し反射率が高いと言う具合に。それが反射率曲線。

だから、色光(光質)が違うと、同じ白い紙でも色味は違って見える筈。
ただ、それに気づく人は少ない。何故なら、紙は白いものとの思い込みがあり脳内で補正されるから。
これが、デジタルカメラだと、その辺融通が利かない。だから、自動でホワイトバランスを調整する機能が備わっているのです。

Qレーザー光源の光軸のあわせ方ありませんか??

He-Cdレーザー光源の光軸をいじってしまい
発振しなくなってしまいました

二本のねじで二軸を調整するタイプなのですが
そのどちらもいじってしまい
今となっては、元の位置がだいたいどの辺なのかもわからなくなってしまいました
いじる前の場所の目印は恥ずかしながらつけていません

メーカーのウシオ電機に問い合わせたところ
販売終了しておりサポートも扱ってないとのこと

どなたか、こういった場合の光軸のあわせ方
もしくは、こうした他社製品でもこういった調整を
扱っている企業等ご存知でしたら
教えていただきたく思います

Aベストアンサー

>奥(リアミラーと呼ぶのでしょうか)に当たる光が確認できませんでした
明るい環境だとよく見えなかったりしますよ。暗室で作業するのが基本です。
あと、レーザー内にアパーチャが挿入されていれば、はずせるのであればまず外した状態で調整した方がやりやすいです。反射光がアパーチャにけられている場合もあります。

>出口には波長によって反射するフィルターでも入っているのかと思いましたが
リアミラーもフロントミラーも誘電体多層膜であり、特定波長に対して反射率が設定されています。
ですからHe-Neなどの他の波長で見るときには、反射光は非常に弱いです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報