パーキンソン症について良い医者または病院をご存知のかた教えて下さい。
場所は東京・神奈川・群馬でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

調べましたら、下記のとおり、専門医がいらっしゃいましたので、書きこみます。



●井田 雅祥先生
専門科目 神経内科
得意分野 頭痛、めまい、しびれなどの諸症状 脳梗塞 脳出血 パーキンソン病など
国家公務員共済組合連合会虎の門病院神経内科 医長
リハビリテーション部 副部長
日本内科学会認定内科専門医
日本神経学会認定医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
過去10年間で脳梗塞、脳出血が約1,500件、その他にパーキンソン病、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、ギランバレー症候群、重症筋無力症、多発性筋炎、皮膚筋炎、運動ニューロン疾患、脳炎など計3,000件以上

●作田 学先生
専門科目 神経内科
得意分野 脳卒中 頭痛 パーキンソン病
日本赤十字社医療センター神経内科 部長
日本神経学会認定医
日本内科学会認定内科医
脳卒中3,000例
パーキンソン病500例
年間新入院600名
頭痛の病態生理、脳卒中のリスクファクターと予防、パーキンソン病の治療の研究
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報有り難うございました。
とても助かりました!

お礼日時:2002/01/31 08:41

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「パーキンソン病」
このページの左端の「研究班名簿」を開くと、専門病院が表示されますので、その中から選択されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.nanbyou.or.jp/tokuteisikkan/h/h2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。
このようなHPがあったこと、教えて頂いたこと感謝します。

お礼日時:2002/01/31 08:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーキンソン病の鍼灸治療について

パーキンソン病の鍼灸治療について
母親がパーキンソン病で、発症から10年近く経過しているのですが、大阪市、大阪府、その近辺でパーキンソン病治療において評判の良い鍼灸院を教えてほしいです。

もし思い当たらなければ、パーキンソン病を得意とする鍼灸院によらずとも構いません。
ただし、パーキンソン病を得意としていないことを明記してほしいです。
大阪府内でパーキンソン病を得意としている鍼灸院がほどんとなく、藁にもすがる想いです。
(パーキンソン病の実績があるか等鍼灸院に直接問い合わせをしたいと思います)
どんどん情報をください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>パーキンソン病に鍼灸があまり役に立たない、ということはちらほら聞いたことがあります。私としましても、あまり鍼灸治療の効果を信じているわけではありません。

これは誤解です。先の回答に書いたように、完治を求めている人の言葉だったり、少ない治療回数での感想か、術者の腕ですね。基本的に鍼灸はパーキンソンは得意分野です。


>ですが針灸治療によって身体の動きがよくなる、薬の効き目が長くなる、便秘が解消される等の効果があれば、外に出かける意欲もわき、運動できる時間も長くなり

薬の効き目は期待しないで下さい。その他はそのとおりの効果はあります。


>鍼灸というのは聞いたところによると、行う人により程度の差があり、治す気がない・下手な人が行うと症状が悪化すること、また得意部門・不得意部門にわかれていることを聞きました。

鍼でパーキンソンが悪化するようなことは絶対にありません。鍼は刺激が強すぎると、翌日に痛みやだるさが出ることがあります。逆に言えばこれがなければ効果が薄いのですが、出すぎるのが困るわけです。刺激量の決定は個人差が非常大きく、細い鍼ですごく良く効く人もいれば、太い鍼でもいまいちという人もいます。患者さんの反応を見極めて刺激量を決定をする必要があります。この刺激量を間違え、翌日にだるくて起きられない、様なことが起こってパーキンソンが悪化した、と勘違いしたのでしょう。これは鍼の刺激が過剰に出た例であり、パーキンソンが悪化したわけではありません。


>鍼灸院のサイトは当然のごとく自分たちの都合の良いように書き連ねるでしょう。参考にできません。
しかし付近でパーキンソン病に特化して口コミを探すことは症例から言って困難だと思われます。
そこで口コミ評判の一環としてこのOKWaveを使わせていただこうと思ったのです。
できれば具体的な鍼灸院名があればありがたいです。

私は毎日OKWaveを利用していますが、地域限定の口コミ情報はほとんど回答が得られていません。また業者が宣伝目的で回答つけることも良くあります。(削除される質問も多いので) 不特定多数のコミュニティサイトでの情報提供はほとんど信じられないと思います。病院やショートステイでパーキンソンの方がいますよね?そこから情報を得た方が確実だと思いますよ。


>そこでしっかりした専門的な回答
もしよろしければ、専門的な回答とは例えばものか教えていただけませんでしょうか。
別のサイトで、中国古典医書でパーキンソン病はどんな考え方をしているのかを見ましたが、それが回答でき、治療法・治療回数等を教えてもらえれば良いところだと判断して構いませんでしょうか?

鍼灸の治療法は大きく分けて三種類あります。西洋医学的に基づいた方法、東洋医学に基づいた方法、中医学的に基づいた方法、です。個人的な考えでいえば、西洋医学か中医学の方がいいと思います。ただ中医学に傾倒しすぎているのも問題あるかもしれません。といいますのは、パーキンソンの治療の基本は病院です。病院の考え方とあまりにもかけ離れていると、病院を否定しかねません。これは西洋医学的術者もそうですが、病院治療を否定する施術者はやめましょう。

専門的な回答はパーキンソンで言えば、基本症状、お薬、リハビリなど理論的に説明できないとダメだと思います。いま患者さん生活状況・病状を聞き、パーキンソンの症状と照らし合わせて考え、具体的な治療方針を立て、近々の目標、さらには中長期的な展望など明確に出来る人が望ましいと思います。もちろんパーキンソン以外の医学知識が出てくる場面もあるでしょう。

鍼治療の方法は基本に、パーキンソンだから特別なことはしません。治療の目的は運動器の改善や便秘の軽減です。これは肩コリ、腰痛の患者さんに行う方法と基本的に同じです。ですから、地元である程度はやっている治療院はいいと思います。しかし治療院の規模や、保険の関係で流行っているように見えるだけかもしれません。腕が良くても個人でやっているお店なら、どんなに多くても患者さんは日に10人程度です。鍼は直接手をかけるため、完全予約制が多いです。ですから見た目で流行っていないように見えることが多いです。


すいません。長くなってしまい的を得てない部分があるかもしれません。
他に何かあれば補足してください。

No.1です。補足ありがとうございます。


>パーキンソン病に鍼灸があまり役に立たない、ということはちらほら聞いたことがあります。私としましても、あまり鍼灸治療の効果を信じているわけではありません。

これは誤解です。先の回答に書いたように、完治を求めている人の言葉だったり、少ない治療回数での感想か、術者の腕ですね。基本的に鍼灸はパーキンソンは得意分野です。


>ですが針灸治療によって身体の動きがよくなる、薬の効き目が長くなる、便秘が解消される等の効果があれば、外に出かける意欲も...続きを読む

Q自律神経失調症について 3年ほど前医者で自律神経失調症と診断されました。 ここしばらく落ち着いたと

自律神経失調症について

3年ほど前医者で自律神経失調症と診断されました。
ここしばらく落ち着いたと思いきや、最近症状が前より酷くなってきました。
とりあえず不安発作が一度起きてからずっと不安でたまらなくて
からだの不調や痛みを感じるとすぐにネットで調べたりなどして怖い病気なのではないかと考えてしまいます。そして考えれば考えるほど痛みが増すような気がしてしまいます。

ここ最近一ヶ月ほどひどい頭痛や動悸、左下腹部痛や喉の痛みやつっかえるような感じや目がチカチカしたりなどの症状が出ており不安になってまずは眼科を受診したら単なる眼精疲労でした。家族ももうあきれかけていて私の不調をなかなか聞いてくれなくなりました。

最寄の医者に心療内科を勧められたのですが親は私が大袈裟にいっていると思って聞こうともしてくれません。

しかしここ最近生理中によく起きていた肛門痛と腰痛そして下腹部痛がとてもひどいのです。いまは排卵日でも生理でもなんでもない日です。トイレにも行けないしましてや普通に歩けないほどの痛みがあります。おならや排便をするときも痛みで涙が出てしまいます。排便などに血便や下痢などの異常はありませんが、またまた不安になってしまいます。これも自律神経の問題なのでしょうか。

家族も大袈裟だろうということで病院にはつれていこうとは思ってないみたいです。
早急に医者に行くべきなのでしょうか。


長々と申し訳ございません。
どなたかよろしくお願いいたします。
ちなみに私は未成年者女です。
高校生なのでお金や医者に行く行かないの判断はほとんど両親です。

自律神経失調症について

3年ほど前医者で自律神経失調症と診断されました。
ここしばらく落ち着いたと思いきや、最近症状が前より酷くなってきました。
とりあえず不安発作が一度起きてからずっと不安でたまらなくて
からだの不調や痛みを感じるとすぐにネットで調べたりなどして怖い病気なのではないかと考えてしまいます。そして考えれば考えるほど痛みが増すような気がしてしまいます。

ここ最近一ヶ月ほどひどい頭痛や動悸、左下腹部痛や喉の痛みやつっかえるような感じや目がチカチカしたりなどの症状が出...続きを読む

Aベストアンサー

「ストレス性神経障害」の疑いがあります。

ストレスが原因で、軽度の「うつ病」、「自律神経失調症」の症状が見られますね。
一般内科ではなく「心療内科」で診てもらった方が良いです。

Q統合失調症、パーキンソン病、薬害パーキンソン症候群についてどなたか答え

統合失調症、パーキンソン病、薬害パーキンソン症候群についてどなたか答えてください。
私の父は現在76歳で統合失調症で23年間精神科の病院で生活していました。
入院して10年後くらいに手足に震えが始まり
去年父は脳内出血で倒れ国立へ転院しました。
その時医師にパーキンソン症候群では?と言われ、そんなことはないと思います。と
私はそれが薬害によるパーキンソン症候群とは知りませんでした。

私なりにネットで統合失調症とパーキンソン病、パーキンソン症候群を調べ
統合失調症に有効な治療は出過ぎるドーパミンを抑えるということで
10年間その薬を飲み続けた結果ドーパミンが出にくくなり?出なくなり
薬害によるパーキンソン症候群になったようです。

パーキンソン病の治療は逆に出にくいドーパミンを増やせば有効とのことで
統合失調症とパーキンソン症候群を発病している患者にとってその加減が難しいことなのですか?
パーキンソン患者の高齢者には一日1回くらいのLdopa?という薬を飲ませれば良いとありました。
それを一日一回でも飲ませなかった場合薬害パーキンソン症候群になった患者はどうなるのですか?

統合失調症とその薬害パーキンソン症候群になってしまった患者の命は助けられないのですか?

統合失調症、パーキンソン病、薬害パーキンソン症候群についてどなたか答えてください。
私の父は現在76歳で統合失調症で23年間精神科の病院で生活していました。
入院して10年後くらいに手足に震えが始まり
去年父は脳内出血で倒れ国立へ転院しました。
その時医師にパーキンソン症候群では?と言われ、そんなことはないと思います。と
私はそれが薬害によるパーキンソン症候群とは知りませんでした。

私なりにネットで統合失調症とパーキンソン病、パーキンソン症候群を調べ
統合失調症に有効な...続きを読む

Aベストアンサー

精神科の主治医に相談するのが一番です。

Q【痔】群馬県大泉町周辺の肛門科のある病院について

群馬県大泉町周辺の肛門科のある病院について。
イボ痔があって悩んでいます。
医師に診察してもらおうかと肛門科専門のところを探しましたが近場にはなさそうです。
なので総合病院や診療所で肛門科もやってるところに行こうかと考えてます。
質問ですが、大泉町周辺でお勧めの病院はありませんか?
または口コミサイトなど知りませんか?

Aベストアンサー

埼玉県深谷市 深谷肛門科
http://www.fukayakoumonka.or.jp/
案内図
http://www.fukayakoumonka.or.jp/annai.html
評判いいです。

Q薬剤性パーキンソンの検査と治療

母がパーキンソン病と診断されました。
ただ、これまで4年間、抗うつ薬(半年前から服用中止)を
服用してましたので、その経過から薬剤性のパーキンソン症候群ではないかと思っていますが・・・。

そこで質問ですが、パーキンソン症候群の原因が薬剤性であることを確かめるための検査などありますか?
(血中濃度などの測定でわかりますか?)
また、仮に薬剤性パーキンソンであった場合に飲んではいけないパーキンソン病治療薬などありますか?
現在はカバサールを服用しています。若干、こわばりがとれたような感じです。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

症状などでだいたい見当が付くことが多いようです。

パーキンソン病では、まず片手に症状が出て、同じ側の足に出て、反対側の手に出て、反対側の足にでるということが数ヶ月から年単位で起こることが多いです。

一方薬剤性パーキンソン症候群では、左右対称に症状が出現し、症状の進行は数週から数ヶ月単位で、パーキンソン病よりも早いことが多いようです。

ほかにも色々と違いはあって、専門家から見るとたいていの場合分かるらしいです。

それと、薬剤性パーキンソン症候群の治療法ですが、薬剤性であった場合に飲んではいけないパーキンソン病の薬については知りません。ごめんなさいm(__)m
でも、薬剤性の場合一番大事なのは、まずは原因となっているかもしれない薬剤の中止らしいです。

goomac2004さんの以前の質問も読ませていただきました。
主治医の先生が薬剤性パーキンソン症候群の可能性はないと言っていて、でもgoomac2004さんは薬剤性だと思うなら、なぜ薬剤性パーキンソン症候群でないと言えるのかを詳しく説明してもらってもいいと思いますよ。少し機嫌を悪くするかも知れませんが、大切なお母さんのためならいいじゃないですか。納得できるまで食い下がりましょう(^^)

症状などでだいたい見当が付くことが多いようです。

パーキンソン病では、まず片手に症状が出て、同じ側の足に出て、反対側の手に出て、反対側の足にでるということが数ヶ月から年単位で起こることが多いです。

一方薬剤性パーキンソン症候群では、左右対称に症状が出現し、症状の進行は数週から数ヶ月単位で、パーキンソン病よりも早いことが多いようです。

ほかにも色々と違いはあって、専門家から見るとたいていの場合分かるらしいです。

それと、薬剤性パーキンソン症候群の治療法ですが、薬剤性...続きを読む

Qアトピーの病院(神奈川県相模原周辺)

0歳(11ヶ月)の男の子がいます。
全身に赤いボツボツとかゆみが出て、近くの皮膚科に通ってます。
弱めのステロイドと保湿剤をもらって、塗っているのですがあまりよくなりません。(1ヶ月半ほど)
病院の先生はアトピーではなく乾燥が原因ではないかといっています。(検査はしていません)

一度、セカンドオピニオンもこめて、大きな病院でみてもらうかと思うのですが、神奈川県の相模原周辺でどこかよい病院教えてください。
(北里大学病院、国立相模原病院あたりでしょうか?)
できれば実際にアトピーなのでその病院に通われた方のお話が聞ければ助かります。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

神奈川県の小児アレルギーの専門としては「神奈川県立こども医療センター」「横浜市立小児アレルギーセンター」「国立病院機構相模原病院」が昔から有名です。

現在も国立病院機構相模原病院の海老澤元宏先生が小児アレルギー学会の理事でもあり専門医でもありますので、こちらがいいかもしれません。

Qパーキンソン病の便秘について

 パーキンソン病の祖父のことで質問させていただきます。
祖父はパーキンソン病になってから便秘がひどく、5日ほど
しないと出ないようです。
 パーキンソン病では自律神経が障害されたり、パーキンソン病
の薬からも便秘になりやすいと聞いたことがあるのですが、
こういう場合、便秘の改善にはどんな薬が向いているでしょうか?
 教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

一番いいのは適度な運動かなぁと思うんですけどね
お爺様は座れますか?立てますか?歩けますか?
座ることが出来るのなら日中はできるだけ座らせてあげましょう。
あとは便秘薬といえるレベルではないですが酸化マグネシウム(マグミットとかって薬局で売ってます)
と大目の水分 これだけでダイブ違いますね。
浣腸等に頼るのも最終的にはいいとは思いますが あまり多用すると癖になりますからね

病院の先生にひどい便秘であることも伝えてみましょう

Q卵巣、子宮摘出したかた、または婦人科医教えてください

生まれたときに両方摘出しました。現在22歳で11歳からホルモン療法で低容量ピルを服用しています。飲むのが面倒だったのでまともに欠かすことなく飲み始めたのは17歳からです。倦怠感、微熱、そう、うつなど更年期のような症状が現在ありますが、やはりホルモンがまともに分泌されないのは、老化が早まったり、寿命が人より短いなどデメリットは大きいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
経験者でも医師でもありませんが...
女性ホルモンは生理や妊娠・出産に関係するだけではなく、骨からカルシウムが抜けるのを防いだり血液中の中性脂肪やコレステロール値の上昇を抑えたりする働きがあります。
更年期の諸症状は、それまで多く分泌されていた女性ホルモンのレベルが閉経前後で急激に下がることで起こりますからピルで補充を続けていてホルモンレベルが一定していれば起こらないはず。なので質問者さんが現在お感じになっている症状は、何か別の原因があるのではないかと思います。
老化や寿命については、直接の関係はありませんが、最初に書きました理由によって骨粗鬆症や高脂血症になりやすいですから、ピルで補充する必要はあるだろうと思います。もちろんピルにも副作用がありますから、医師によくご相談になって一番よい選択をしてください。
面倒で..はだめですよ(^.^)

Qパーキンソン病の介護の件で、、

現在、ロングショートで特養にいます(最近、患った、誤嚥性肺炎の退院後のリハビリの回復病棟の入院待ちです)。

ところが、前から気になっていたんですが、どうも、誤嚥から肺炎になったりしたこともあり、パーキンソンの初期症状ではないか?(以前に、神経内科の医師からも、パーキンソンかも?との指摘はありましたが、、、)
との、心配をしていると、施設の担当者に言ったら、それなら、早速、家族さまで、病院の外来に介護タクシーを手配して、受診をして下さい、ショートでは、パーキンソンには対応できませんから、と言われました。

で、質問なんですが、施設がおっしゃっているんだから、外来受診をしようと思うのですが、やはり、今、入院待機待ち状態の、リハビリ病院の外来で受診すべきでしょうか?(ところが、この病院は、リハビリや脳神経外科はありますが、神経内科はないのです。パーキンソンは神経内科しかだめでしょうか?)。

出来たら、この待機待ちの病院の外来で受診し、もし、必要あらば、待機待ちから、入院にスムースにいかなかいかな?とか、考えたりするんですが、、、、。

この考えはどうなんでしょうか?

あと、もし、外来受診で、パーキンソンの判断が下った場合、ショートは、パーキンソンは預かれないというようはニュアンスだったのですが、今後の、受診後の家族の対応はどうすればよいのか?がわからないのです。

そもその、パーキンソンなら、在宅介護しか、方法はないんでしょうか?
施設の方は、パーキンソンの診断が下っても、外来受診となってゆくのではないのか、というような発言でした。

一般にパーキンソンの診断が下った方は、その後はどんな、介護、どんな入院、どんな外来、となってゆくんでしょうか?

すいません、アドバイスをお願いいたします。

現在、ロングショートで特養にいます(最近、患った、誤嚥性肺炎の退院後のリハビリの回復病棟の入院待ちです)。

ところが、前から気になっていたんですが、どうも、誤嚥から肺炎になったりしたこともあり、パーキンソンの初期症状ではないか?(以前に、神経内科の医師からも、パーキンソンかも?との指摘はありましたが、、、)
との、心配をしていると、施設の担当者に言ったら、それなら、早速、家族さまで、病院の外来に介護タクシーを手配して、受診をして下さい、ショートでは、パーキンソンには対応でき...続きを読む

Aベストアンサー

介護職の桜子です。パーキンソンだから ロングショートを利用出来ないなんて聞いたことないですよ。先ずはお世話になりたい病院に神経内科がないのなら病状を正しく調べるために専門医がいる病院で看てもらいはっきりさせた方がよいでしょう。パーキンソンと言ってもみな同じ症状ではなく進行の度合いも違い妄想があったり様々ですから。在宅も可能ですが独居はきついかなと思われますので担当のケアマネさんとよく相談しましょう。

Q大学病院の整形外科のお医者様の担当は 

整形外科の担当のお医者様について教えていただきたいのです、これはお医者様にとって大変失礼な質問かもしれませんが・・・・
私は56歳女性です,腰痛と足の痛みで近くの大学病院の整形外科を受診し、MRIの結果腰部脊柱管狭窄症と診断されました。腰椎の4番目の椎間板が飛び出して神経にさわっているらしいです。初診以来外来担当の先生がつぎつぎ変わり手術に関するご意見に違いがあり迷っています。私の現在の症状は痛みは殆ど治りましたが片方の足のふくらはぎから足の裏から指にかけてジンジンとした痺れを感じますがひどく感じるのは歩き出しだけで5分もすれば治ります、すわっていて又歩き出すとじんじんと5分ほど痺れますが歩いているうちに治ってしまい、続けて30分歩いても平気です。最初のA先生は「手術は痛みが強く我慢できない時でよい」とのご意見、その先生が転勤され今度赴任されたB先生は問診だけで「手術は早いほうが治りやすいが嫌ならやめたらよいそのかわり将来は車椅子です、車椅子になりたければ放っておけばいい」とのご意見、そして先日B先生の外来のない日にいったところC先生に見ていただき「今の状態ではとくに手術を考えなくてもいいです」とのご意見でした、今度のC先生は最初のA先生と同じでとてもよい先生のように思えます、患者の顔をちゃんとみて詳しく説明してくださり触診もしてくださいました、今後C先生の外来に行きたいのですが、あとで患者さんたちから話を聞くとA先生は股関節専門でC先生はひざ関節が専門だとのことです。B先生が腰椎の専門らしいのです。となるとやっぱり私の場合はB先生の外来日に診察を受けたほうがいいのでしょうか。私の考えではたとえ専門でなくても整形外科のお医者様であれば信頼できるのではと思うのですが、手術に対する意見がかなり違うため迷っています。

整形外科の担当のお医者様について教えていただきたいのです、これはお医者様にとって大変失礼な質問かもしれませんが・・・・
私は56歳女性です,腰痛と足の痛みで近くの大学病院の整形外科を受診し、MRIの結果腰部脊柱管狭窄症と診断されました。腰椎の4番目の椎間板が飛び出して神経にさわっているらしいです。初診以来外来担当の先生がつぎつぎ変わり手術に関するご意見に違いがあり迷っています。私の現在の症状は痛みは殆ど治りましたが片方の足のふくらはぎから足の裏から指にかけてジンジンとした痺れ...続きを読む

Aベストアンサー

脊柱管狭窄症で突然車椅子になるようなことは極めて少ないように思います。B先生のお話は手術に誘導する脅しとすら受け止められます(真偽のほどは定かではありませんが・・・)。

また、脊椎の手術はその直後は症状が軽快しますが、その後は徐々に症状が再発したり、腰痛が強くなったりすることが少なくありません。脊椎の手術とは神経を助けるために脊椎の強度や動きを犠牲にするという側面もあります。

さらに、脊椎の手術はその適応・時期・方法・などについても医師により様々であり、学会でも活発に議論されるほどです。患者さんがいろんな医師の話を聞いて迷われるのも無理はありません。手術して大変良くなられる方もおられれば、手術しなくてもほとんど支障のない方もおられます。一方、全く逆の場合もあります。

さて、過去に間違いを起こしたことのない医師はまずいないと思います(いるとしたら極端に経験の浅い医師だけですね)。それを踏まえたうえで医師を選ぶときの一つの基準は「この医師なら信用できる。たとえ何か間違いが生じたとしても、それを正直に説明してくれ、その後も誠実に治療にあたってくれるだろう」という信頼感だと思います。toroppeさんはB先生に対してそのような信頼感をお持ちでしょうか?

B先生の態度が今後も変わらず、toroppeさんが今のお気持ちのまま手術を受けられても、何らかの不満が残るのではないかと危惧されます。

医学は万能ではなく、医師が神様でない以上、治療方法について悩むよりも、納得できる説明をしてくれるお医者さんを探されることのほうが大事なのかもしれませんね。大学病院や大きな総合病院に限る必要はないと思います。

どうぞ、お大事になさってください。

脊柱管狭窄症で突然車椅子になるようなことは極めて少ないように思います。B先生のお話は手術に誘導する脅しとすら受け止められます(真偽のほどは定かではありませんが・・・)。

また、脊椎の手術はその直後は症状が軽快しますが、その後は徐々に症状が再発したり、腰痛が強くなったりすることが少なくありません。脊椎の手術とは神経を助けるために脊椎の強度や動きを犠牲にするという側面もあります。

さらに、脊椎の手術はその適応・時期・方法・などについても医師により様々であり、学会でも活発に議...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報