文献に水中の飽和溶存酸素量があり、各温度ごとの酸素量が明記されておりますが
その数値を上回ることはあるのですか?あるとすれば具体的には、どのようなことが考えられますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

飽和ですので、おそらく1気圧ではその数値を上回ることはないと思います。


したがって、上回る状況で考えれるものは、
大気中の酸素の分圧が増加することが原因と考えれます。

気体の溶解度は、溶液に接している気体の圧力によって決まるので、
空気中でしたら酸素濃度が高くなるか、
気圧そのものが高くなれば、上回る状況も考えれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2002/02/01 10:09

最大溶存酸素は水温に依存します。

従って.今まで低温だった水か.水温が上がってしまった場合に.過飽和となり上回ることになります。
なお.水中の気体と大気との平衡ですが.平衡に達するまで比較的時間がかかり.過飽和になり易いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2002/02/01 10:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶存酸素

溶存酸素は水温が上昇するにしたがって次第に少なくなりますが、さびの本をみると「水温が高くなると溶存酸素が拡散し腐食は早まる」と書いています。

水温が高い状態では、前者の「溶存酸素が少ない」のに対し、後者で「腐食は進行する」という内容に矛盾を感じています。
溶存酸素が拡散しても分子量は変わりませんよね。
これって どう解釈すればよいのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

溶存酸素そのものはおっしゃるように温度上昇とともに減少しますが,
金属の酸化反応(さびる反応)は通常の化学反応なので,温度上昇とともに急激に進みます(反応速度の上昇).

酸素は水中に無くなれば補給されますので, 最初の要因(酸素濃度の減少)を補って余りあるほど, 後者の要因(反応速度の上昇)が強く効くということでしょう.

Q気圧と飽和水蒸気量の関係

気圧が下がると、水の沸点が下がる事は状態線図からわかるのですが、飽和水蒸気量はどうなるのでしょうか? また、気圧と沸点や飽和水蒸気量に関する計算式がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

1番さんと2番さんの意見が違いますね。

まず、気圧と沸点や飽和水蒸気量に関する計算式について書きます。
いろんな式があるでしょうが、簡単で、世界中で使われているFAO(国連食料農業機構)の式を書くと:

気圧:
P = 101.3*((293-0.0065z)/293)^5.26
Pは大気圧(kPa)、zは標高(m)

飽和水蒸気圧:
e0(T) = 0.611 exp(17.27T/(T+237.3))
e0(T)は飽和水蒸気圧(kPa)、Tは気温(℃)

沸点は、P = e0(T)になるところです。
だから、標高と水の沸点温度の関係は、下の式を満たすzとTの組み合わせになります:
101.3*((293-0.0065z)/293)^5.26 = 0.611 exp(17.27T/(T+237.3))

標高zが0mなら、沸点Tはほぼ100℃。zが3000mでTが90℃になります。上記のFAOの式はある程度正確で、灌漑用水計画や水資源管理分野において世界的に使われている式です。

飽和水蒸気量については、イマイチ自信は無いんですが、おそらく2番さんが正しいんではないかと思います。
蒸気のFAOの式でも、飽和水蒸気圧は温度のみの関数として表されているし、下のような飽和水蒸気圧曲線も温度のみの関数ですから。
飽和水蒸気圧が温度のみの関数ということは飽和水蒸気量が温度のみの関数ということでしょう。
http://www.senior.aichi-edu.ac.jp/mtahira/Jikken/sat_vapor_pressure.jpg

ということで、答えは、気圧が下がると沸点は下がるけれども、飽和水蒸気量は気圧には直接関係ない、ということでしょう。
ただし、標高が上がれば気圧が下がると同時に気温も下がるので(標準で1km上がれば6.5℃下がります)、飽和水蒸気量も下がるということはあるでしょう。ただしこれはあくまで気温が下がったからだと思います。

1番さんと2番さんの意見が違いますね。

まず、気圧と沸点や飽和水蒸気量に関する計算式について書きます。
いろんな式があるでしょうが、簡単で、世界中で使われているFAO(国連食料農業機構)の式を書くと:

気圧:
P = 101.3*((293-0.0065z)/293)^5.26
Pは大気圧(kPa)、zは標高(m)

飽和水蒸気圧:
e0(T) = 0.611 exp(17.27T/(T+237.3))
e0(T)は飽和水蒸気圧(kPa)、Tは気温(℃)

沸点は、P = e0(T)になるところです。
だから、標高と水の沸点温度の関係は、下の式を満たすzとTの組...続きを読む

Q琵琶湖の溶存酸素について

琵琶湖の溶存酸素について
琵琶湖の表層での溶存酸素は8月には飽和度で100%を上回ることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

場所や時期を特定した話ではありませんが、
藻類が盛んに光合成する条件では、溶存酸素が過飽和になることがあります。

Q飽和水蒸気量について

空気の温度が100℃以上の場合の飽和水蒸気量を調べたいのですが、載っているホームページがあれば教えてください。
また計算で求める事はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

 Wikipedia で「飽和水蒸気量」にて検索するとすぐ分かるはずです。
 温度の関数としての近似式も載っています。

 より精密には、クラウジウス・クラペイロンの式を積分して、所望の
温度における飽和水蒸気圧を計算し、それを元に状態方程式から飽和水
蒸気量を算出するという手順になるでしょう。なお、この式に関しても
Wikipedia に説明のあるページがありますし、大学教養課程レベルの熱
力学の教科書にもほぼ必ず載っています。

Q溶存酸素について教えて下さい。

溶存酸素は空気中の酸素が水に溶け込んだ酸素のことを指しますが、
もし、酸素の全くない窒素雰囲気化に水を置いておいた場合、溶存酸素はすぐに水から出て行くのでしょうか?

もしそうだとしてどれくらいの時間で出て行くのでしょうか?

お願い致します。

Aベストアンサー

>バブリングすれば良いことは知っているのですが、バブリングする
>ことが出来ない環境であった場合どうすれば良いのでしょうか?

その水の量があまり多くないのでしたら、可能です。真空ラインにつなげる容器にいれて凍らせます。(膨張で容器を壊さぬよう注意です。)そして空気を排気し、コックを閉じて溶かします。そしてまた凍らせ、排気します。何回か繰り返せば、酸素も窒素も抜けます。

>例えば、空気中には酸素が約10%あるわけですが、

およそ20%ではないですか?

>これを0.1%まで落とせば溶存酸素量も通常の1/100まで落とす
>ことが出来るのではないのでしょうか?

理想溶液に使えるHenryの法則では、溶質の気圧は溶液中のモル分率に比例しますので、20%のものが0.2%まで落とせば空気と平衡であった溶存酸素量の1/100におちると思います。

>溶存酸素と平衡になるのは空気中の酸素だけで窒素は関係しない
>のではないのでしょうか?

ちょっと微妙なご質問ですね。
酸素の溶解が平衡状態である、ということは、溶液中の酸素と気相中の酸素の化学ポテンシャルが等しいということです。溶液中の酸素の化学ポテンシャルは、溶液中の酸素のモル分率をXoとおいて、
μl=μ0(T,p)+RTlnXo...(1)
と書けます。溶液中のその他の成分は窒素と水です。
気相の酸素の化学ポテンシャルは分圧をPoとおいて
μg=μ*(T)+RTlnPo...(2)
となります。気相中のその他の成分は窒素と水蒸気です。
ko=exp{(μ0(T,p)-μ*(T))/RT}...(3)
とおいて、
Po=koXo...(4)
を得ます。気相圧を表すのに、液相中のモル分率が必要になり、相互に化学反応しなくても、何か他のものがあるのとないのでは違います。

>バブリングすれば良いことは知っているのですが、バブリングする
>ことが出来ない環境であった場合どうすれば良いのでしょうか?

その水の量があまり多くないのでしたら、可能です。真空ラインにつなげる容器にいれて凍らせます。(膨張で容器を壊さぬよう注意です。)そして空気を排気し、コックを閉じて溶かします。そしてまた凍らせ、排気します。何回か繰り返せば、酸素も窒素も抜けます。

>例えば、空気中には酸素が約10%あるわけですが、

およそ20%ではないですか?

>これを0.1%まで落とせば...続きを読む

Q飽和水蒸気の比重量について

蒸気配管の口径を決定する為、飽和水蒸気の各温度/圧力における比重量(kg/m3)を知りたいのですが、私の持っている本などから見つけることが出来ません。
参考書やHPなど教えて頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誰も回答してくれない様なので、アドバイスだけ致します。

「飽和水蒸気圧」をキーワードにしてホームページを検索すると、多数のページが検索されます。その中には特定温度での水蒸気圧の表や温度と蒸気圧の関係式を示してくれている物が有りますので、それが参考になるでしょう。
飽和水蒸気圧が解れば、それを単位体積当たりの質量に直すことは簡単ですよね?

因みに、高気圧にさえならなければ、気圧の影響はほとんどないと思われますが...。

http://www.juen.ac.jp/scien/naka_base/met_cal/satu_vapor.html
http://www2f.biglobe.ne.jp/~ryu/weather/sujouki.htm
http://www.daiichi-kagaku.co.jp/situdo/notes/11/tec11.html

以上。

Q溶存酸素

滴定に要したチオ硫酸ナトリウム標準溶液の量をamlとし、酸素ビンの内容積をvmlとすれば、溶存酸素量は次式によって算出されるって書いてあって、式として、
溶存酸素=a×f×1000/v-1×0.2なんですよね・・んで分からないところとして、なんで溶存酸素濃度を求める式において、酸素ビンの体積vから1を引いてるのは、なんでですか?教えてください。

Aベストアンサー

ウインクラー法によるものでしょうが、式自体がが間違っていませんか?
滴定に要した0.025N Na2S2O3標準溶液のファクターをf、滴定量をa ml、酸素瓶の内容積をV mlとしたとき
溶存酸素量(O2 mg/l) = axfx0.2x1000/(V-1)=200xaxf/(V-1)
(V-1)の1はウインクラー瓶にVmlの被試験水を入れてあり、瓶の底の方に塩化マンガン溶液0.5mlとヨウ化カリウムー水酸化ナトリウム溶液0.5mlを入れ、被試験水1mlを溢れさせるので、その分を差し引くのです。

Q水中ゴーグルをかけなければ水中でモノが見えないのはなぜですか?

水中ゴーグルをかけなければ水中でモノが見えないのはなぜですか?

私の考えでは、水が直接目に当たったのでは、目と水との界面が揺らいでいるために光が直進出来ないため、ゴーグルなどの界面がきっちり決まったもので光の直進を促してやることでモノが見えるようになるのだと思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと違いますね。

人間の目は空気に触れているとこにちょうど網膜に焦点が合うようにできています。
空気より屈折率の大きな水のなかに入ると,
目のレンズである水晶体と水の屈折率の差が小さいためにレンズで十分光が屈折しません。
つまり超遠視状態になってしまいます。

そのために目の表面には空気層が必要になります。

Q溶存酸素濃度と飽和溶存酸素濃度について

溶存酸素濃度と飽和溶存酸素濃度について,3点教えて頂きたく思います。

1.気液平衡状態において,液相(水)中の溶存酸素濃度は,ヘンリーの法則にしたがって気相中の酸素分圧に比例すると習いました。一方,飽和溶存酸素濃度は,気相中の酸素分圧に依存するのでしょうか?

2.水中の飽和溶存酸素濃度は,水温が高くなるほど小さくなると習いました。一方,気液平衡状態における溶存酸素濃度も,水温が高くなるほど小さくなるのでしょうか?実際に沿岸域の水中で溶存酸素濃度を連続観測したところ,水温が高い時期に溶存酸素濃度が低くなる現象が見られましたので,不思議に思いました。

3.大気中に気体として存在できる水蒸気の分圧には上限があります。地球の大気では意識することはありませんが,酸素の分圧にも上限があるのでしょうか?

どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

> 2.がそうなる理由・原理のようなものがわかると,さらに助かります。

いや,繰返しなんだけど,飽和と平衡って同じことだと.
飽和ってのは,これ以上溶けない.それはなぜ溶けないのかというと,その条件での平衡に達したからってこと.当然,平衡条件が変われば,飽和量も変わる.
河川や海洋の酸素濃度が飽和値より低いのであれば,それは非平衡だから,ということ.理由はともかく.なので,飽和値までは増える可能性がある.途中で酸素を大量消費するような現象がおこれば別ですが.
非平衡であっても,基本的には平衡状態に近づこうとしてるわけだから,低温の方が高温の時より溶解量が高くなりやすいのは同じ.局所的,一時的には例外もあるかもしれないけど,基本的には高温の方が濃度は低く出る傾向になるのは,ある意味,ごく自然な話.

Q酸素原子2個と酸素分子1個はどちらが軽いのでしょうか

酸素原子2個と酸素分子1個はどちらが軽いのでしょうか?

 1個の中性子と1個陽子の質量を別々に測ったものを足し合わせた数字と重水素の原子核の質量は違うという話を聞いたことがあります。
ここでも同様なことが起こりうるのでしょうか。
それともまったく同じ値になるのでしょうか。
考えていたらよくわからなくなったので誰か助けてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>
1個の中性子と1個陽子の質量を別々に測ったものを足し合わせた数字と重水素の原子核の質量は違うという話を聞いたことがあります。
ここでも同様なことが起こりうるのでしょうか。

そのとおりです。
酸素原子2個よりも酸素分子2個のほうが僅かに軽いです。

質量欠損というのは、とかく核力だけに特有の現象だと誤解している人は多く、
大学で核力を学んだ私でさえ、その一人でした。
卒業後に知ったことですが、
化学ポテンシャルについても、エネルギーが小さいものほど質量欠損が大きくなります。
核力に比べれば程度が非常に小さいので、話題に上らないだけなんですね。

以上、ご参考になりましたら。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報