【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

40代文系主婦です。中学生くらいからの疑問です。いつか誰かに聞こうと思って今日まで来ました。

空気はいろいろな成分(酸素や窒素など)でできていて、それぞれに重さがありますよね。

屋外では風などでかきまわされていますが、個室ではなぜ分離しないのでしょうか?

朝起きたら、部屋の酸素が下のほうにたまっていたなんてことはないですよね。それとも厳密には酸素濃度が濃い部分と薄い部分があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

■理系向けの回答



仮定1:空気は理想気体の状態方程式 PV=nRT に従う。
仮定2:高さ h における成分 i の単位物質量あたりの位置エネルギーは m[i]gh で与えられる。ただし、g は重力加速度、m[i]は成分 i のモル質量である。
仮定3:部屋は完全に密閉されていて、平衡状態にある。
仮定4:h ≪ RT/m[i]g

上の四つの仮定のもとで、高さ h における成分 i の分圧 P[i,h] は

 P[i,h] = P[i,0] exp(-m[i]gh/RT) ≒ P[i,0] (1 - m[i]gh/RT)

で与えられる。

高さ h における成分 i のモル分率は、分圧 P[i,h] と分圧の和 ΣP[j,h] から

 x[i,h] = P[i,h]/ΣP[j,h]

と求めることができるから、与式より

 x[i,h] = (P[i,0]/ΣP[j,0]) (1 - m[i]gh/RT)/(1-Σx[j,0]m[j]gh/RT)
     ≒ x[i,0] (1 + (Σx[j,0]m[j]-m[i])gh/RT)
     = x[i,0] (1 + (m[air,0]-m[i])gh/RT)

と計算できる。ただし、m[air,0] は高さ h=0 における空気のモル質量である。

上の式に

 m[air,0]=0.029kg/mol
 m[i]=m[O2]=0.032kg/mol
 g=9.8m/s2
 RT=2500J/mol

を代入すると、h ≪ RT/m[i]g ~ RT/m[air,0]g を満たす任意の h における酸素の平衡濃度が、基準点 h=0 における酸素の平衡濃度とどれくらい違うのかを計算する式が得られる。


■40代文系女子向けの回答

> 厳密には酸素濃度が濃い部分と薄い部分があるのでしょうか?

部屋を密閉して、壁の温度を一定に保って、それから気の遠くなるほど時間が経つと、理論上は、天井よりも床の方が酸素濃度が濃くなります。私の計算が間違っていなかったら、酸素濃度の違いは次の式で求められます。

 天井の酸素濃度=床の酸素濃度×(1-0.000012×床から天井までのメートル数)

例えば部屋の高さが3メートルだったなら床の酸素濃度は天井の酸素濃度よりも1.000036倍だけ大きくなることが、理論的には予想されます。

> 屋外では風などでかきまわされていますが、個室ではなぜ分離しないのでしょうか?

部屋の空気を一度かきまわして室内の酸素濃度を均一にしたとしましょう。いったん均一になったあとでは、どれだけ静かにして待ってもほとんど分離しません。最大でも1.000036倍です。

> 朝起きたら、部屋の酸素が下のほうにたまっていたなんてことはないですよね。

はい。ないです。最大でも1.000036倍しか大きくならない、ということは、昼間に部屋の酸素濃度が均一だったなら一晩で酸素が部屋の下のほうにたまることって事実上ありえない、ということです。かき混ぜたってかき混ぜなくたって下にはたまらないのですから、かき混ぜの有無は関係ない、と結論できます。

> 空気はいろいろな成分(酸素や窒素など)でできていて、それぞれに重さがありますよね。

はい。重い成分が下にたまる、という考えは間違いではないのですが、
 (1) 酸素や窒素の分子のひとつひとつはとても小さくて軽い
 (2) 空気中の分子が熱運動している
ために、濃度の差は測れないほど小さくなります。測れないほど小さい、ということは、重い成分でも下にはたまらない、ということです。


■もう少し詳しい回答

(1) 酸素や窒素の分子のひとつひとつはとても小さくて軽い、それならもっと重い二酸化炭素CO2ではどうなるか?

さほど変わりません。1.000036倍が1.0002倍くらいには変わりますけど。

(2) 空気中の分子が熱運動している、それなら空気が液化しそうなほど部屋の温度を下げたらどうなるか?

さほど変わりません。1.000036倍が1.0002倍くらいには変わりますけど。

(3) じゃあ、理科の時間に上方置換とか下方置換とか習ったけど、あれはなんだったの?

あれは、アンモニアとか塩化水素とかの発生させた気体が空気中に拡散していく速さ(気体が空気と混ざり合う速さ)よりも、もっと速い速度で発生した気体を捕集瓶に送り込んでいるので、瓶に気体を溜めることができます。空気中の酸素の場合とは違って、アンモニアとか塩化水素とかの気体がはじめはひとまとまりになっている、という点がポイントです。

(4) 洞窟や窪みなどに二酸化炭素が溜まるのはなぜ?

いったん空気と混じったあとの二酸化炭素は、(私の計算に間違いがなければ)下には溜まりません。二酸化炭素が低地に溜まるのは、先の下方置換の原理と同じで、どこかで発生した二酸化炭素が空気と混ざり合わずに低いところに流れ込んだためでしょう。

ちなみに#6さんの回答にある、HClとNH3の実験は良く知られた実験ですけども、この実験の結果を「分子の拡散」で説明してはいけない、ということも良く知られています。この実験もまた、気体がひとかたまりで動く例の一つです。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001824837
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。

理系向けのご回答は、一行目でギブアップですが、文系女子向け以下、大変勉強になりました。

お礼日時:2015/01/21 07:24

成分で・・・・。


海の水、塩水、水に塩が溶けていますね、いったん溶けて混ざると、原則どこをとっても濃度は同じですね。
分子レベルで見ても、化合しているわけでもなく、ただ混ざっているだけのはずですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/21 15:35

空気の場合は風がなくても温度による対流があり、実感するのは困難ですね。


布団頭からかぶって寝ても、吐いた息の炭酸ガスで窒息しませんね、布団を通して対流しているからです。
参考 コップに濃い塩水の上に真水を静かに入れると、2層に分かれます。
そのまま長時間放置すると境目がなくなり、やがては均一化します。
エントロピー増大の法則とか?
エントロピー=利用できない熱エネルギー。
秩序あるものより、秩序のない混沌がエントロピー最大になるらしい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

エントロピー・・・初めて聞く言葉です。勉強になりました。

お礼日時:2015/01/21 07:20

 無風状態で長く経過すると、空気とて分離が起こります。

低温だとさらに起きやすくなります。イギリスの事例だったと記憶していますが、犬を連れて入ると犬だけが死ぬ洞窟、というものが評判になったことがあります。調べてみると事実で、原因は(風評で流れていたオカルト的なものでなく)、二酸化炭素が地面近くに溜まったためでした。

 二酸化炭素はCO2、酸素はO2ですから、1分子当たりの質量は二酸化炭素のほうが重く、無風であれば平均的には二酸化炭素が酸素より沈んできます。上記の洞窟では、二酸化炭素濃度が犬の呼吸する高さでは高くなっていて、人が立って歩くときの鼻や口の高さではそうなっていなかったということです。

 地球の大気中でも、水素やヘリウムは上へと上がって行ってしまいます。水素やヘリウムは宇宙空間では最も多い物質で、大昔に地球が出来た頃には大気中にふんだんにあったはずです。しかし、軽いので上に上がり、さらに宇宙へ逃げて行ってしまったと考えられます。ですので、大気中には単体で利用できる水素やヘリウムは事実上ありません。

 しかし、酸素、窒素、二酸化炭素といった大気の主成分は普通は均等に混じり合っています。それは風があるからです。例えば石油ストーブを室内で使うと、二酸化炭素が出ます。その二酸化炭素が床近くに溜まることは普通はありません。石油ストーブは熱を出していますから、温まった空気は冷たい空気より軽いため、は上に向います。対流と呼ばれる現象です。

 屋外でも太陽に熱せられて、対流が大規模に起こっています(※熱い低緯度の地域の空気が上昇気流となり、上空で寒い高緯度地域へ向かい、高緯度地域で冷えた空気は地表近くで低緯度地域へ向かう、等)。

 対流以外にも空気の流れ、つまり風は至る所で起こっています。人が歩くだけでも空気はかき乱されます。上述の洞窟の場合、普段はほとんど人が通らないものでした。人や車が頻繁に行き来するトンネルなどですと、人や車が空気をかき乱し、かき混ぜるため、二酸化炭素が地面近くに溜まって犬だけが死ぬなんて現象は起こりません。

 要は、お考えのことは常に起こっているんですが、至る所に風があってかき混ぜられているため、普通は解消されてしまっているということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

犬の話、大変興味深く読ませていただきました。

お礼日時:2015/01/21 07:19

重い酸素が上に行くのは対流ではありませんし、。

(あとで説明)

コップに水を入れて角砂糖を入れてみましょう。
時間と共に変化するはずです。
 科学とは、身近な現象に疑問を持ったときに、それを説明する推論を立てて、その推論が正しいか否かを、(誰もが確かめられる)実験や観察によって正しいか、【間違っているか】を証明していく過程です。知識ではありません。
 小中高一貫して・・
【引用】____________ここから
第1 目標
 自然に親しみ,見通しをもって観察,実験などを行い,問題解決の能力と自然を愛する心情を育てるとともに,自然の事物・現象についての実感を伴った理解を図り,科学的な見方や考え方を養う。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[理科学習指導要領( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youry … )]より
 知識ではありません。

 砂糖の実験で分かる事は、砂糖(スクロース)の分子量は342(水は18)、密度は1.6(水は1)なのに時間が経てば、均一の砂糖水になりますね。
 このことから、何らかの要因で均一になることが想像できます。気体にもあてはまるのではないか・・。
 温度が変わると均一になる時間は変わることも経験で御存知のはずです。
(対流ではない)
 対流とは暖められて膨張した軽くなった流体が上昇するもので窒素より重たい酸素が対流するのはおかしい。

 ここまでは、推論できるはずです。

 実は、「気体や液体のときに分子が存在する」「分子は温度によって動き方が異なる」がポイントなのです。かのアインシュタインらが実証している。(120年ちょっと前の1905年)
【引用】____________ここから
分子の物理学的挙動について、実験的にその実在性を確立したのはアルベルト・アインシュタイン(1905年)およびジャン・ペラン(1909年)によるブラウン運動の研究である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[分子 - Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E5%AD%90 … )]より
 長く分子の存在は理論であって証明されたのは110年前・・・それほどの事ですから、あなたが、『屋外では風などでかきまわされていますが、個室ではなぜ分離しないのでしょうか?』と疑問を持つのが当たり前で、それを「対流」や「乱流」で説明するのは、科学ではないし、ましてや主成分の窒素(N₂分子量28)より重い酸素(O₂分子量32)が上に行くわけがない。

 すでに小学校で学んでいることを元に説明すると、気体は粒子が互いに束縛されずに自由に飛び回っている状態でしたね。注射器に蓋をしてピストンを押して縮む実験をしたはずです。空気から押し返されるのは気体分子が衝突してくるからで、押し付けて体積を小さくすると密度が高くなり衝突する数が増えるから押し返す力が強くなるのでしたね。
 このように気体は激しく飛び回っています。その解きに互いの分子どおしも衝突して弾き飛ばされることを繰り返しています。
 それによって、全体が均一になっていく====拡散と言う現象です。

中学校や高校で定番で生徒に示す実験に下記のようなものがあります。
・太いガラス管の両端に塩酸とアンモニア水浸した脱脂綿を入れて蓋をします。
 ______________________
 ///HCl                 NH₃///
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 塩酸                   アンモニア水
・放置しておくと、途中に白煙(塩化アンモニウム)が発生します。
 ______________________
 ///HCl    ○            NH₃///
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  塩酸の分子量は36.5、アンモニアの分子量は17ですから、塩酸から1/3、距離比1:2のあたりに白煙が生じます。

 塩酸とアンモニアの分子が、拡散して広がり、その二つがであったら塩化アンモニウムの固体ができて白煙になる。今はトイレがきれいになってみることはなくなりましたが、塩酸系のトイレ洗剤の蓋をあけると、拡散で広がった塩化水素が空気中のアンモニアと反応して白煙ができる。

>空気はいろいろな成分(酸素や窒素など)でできていて、それぞれに重さがありますよね。
>屋外では風などでかきまわされていますが、個室ではなぜ分離しないのでしょうか?
 それは、温度がある気体分子どおしが衝突して弾き飛ばされて拡散して均一化することによります。酸素よりもっと重たい二酸化炭素、プロパンガス、アルゴンなどは重さがずっと重たいので時間がかかります。
 地球の大気に水素が少ないのは、はるかに軽いから拡散されるより上昇していくから大気上端から宇宙に逃げ出す。重力の大きな木星や土星、太陽では水素も引き止められる。

【理由】
拡散によるもの
・他の成分に比較して重さの差が少ない--窒素28,酸素32
・温度がある。絶対零度--分子運動がゼロ--では拡散は起きない。

>朝起きたら、部屋の酸素が下のほうにたまっていたなんてことはないですよね。それとも厳密には酸素濃度が濃い部分と薄い部分があるのでしょうか?
 朝が絶対零度-273度に近いとありうるかも(^^)。その前に液体になっちゃう。

>40代文系主婦です。中学生くらいからの疑問です。
 そんなくだらないことに疑問を持つとは、絶対に文系ではないですね。(^^)
 文系の方は疑問すらもてない(^^)
>いつか誰かに聞こうと思って今日まで来ました。
 聞くのではなく、まず自分が習った知識だけで理由を推測して、その推論が正しいかを実験や観察で確かめる。(砂糖水の観察で十分かと・・)まで行ったら理系ですかね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

私にはもったいないような説明で恐縮です。

「拡散」について、勉強になりました。

お礼日時:2015/01/21 07:04

個室でも完全密閉されているわけじゃないからです。


わずかでも隙間があれば対流は必ず起こります。

人がいれば一切微動だにしないなんて事はありえないし、呼吸する以上空気をかき混ぜます。

ただ入り口が狭く深い地下に大人数が入れば、
循環が追いつかずヒトのはいた二酸化炭素はやはり比重が重いため溜まり易くはなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

ほんのわずかな流れでも、空気はかきまわされてしまうのですね。

お礼日時:2015/01/21 07:00

>濃い部分と薄い部分があるのでしょうか?


酸素は大気の成分の中では軽い方なので、酸素濃度が濃くなることはないですが
酸素より重い気体の二酸化炭素濃度が濃くなっている場所は有ります
(相対的に酸素濃度が薄くなる場所ですね)

自然現象としては、火山性の2酸化炭素がくぼんだ盆地に溜まるものだとか、湖に貯えられていた二酸化炭素が何かの原因で地上にもどったなどというものがある。いったん地上に出てくると、空気より重い(比重は空気の1.5倍)のでたいてい下のほうに沈む。

http://30932531.at.webry.info/201102/article_11. … からの抜粋

身近にはマンホールの中(下水道)とか地下ピット等が
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

昭和の音楽番組のドライアイスのけむり(二酸化炭素)は、床にたまってますよね。

お礼日時:2015/01/20 20:55

今日は



スープの中には、砂糖と塩がありますが、一定の割合で、砂糖と塩が混合している様に
空気も酸素と窒素が一定の割合で混合していると思います。

例えば、1ccの空気について、それらの割合を測定すれば、測定ごとに、酸素と窒素の
割合は異なっていると思います。

これは、私の推論であります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/20 20:53

空気分子は常温では、1秒間に数キロと言う速い速度で飛び回っています。


分子同士はお互いにぶつかったり壁にぶつかったりしてかき混ぜられています。
空気は軽いですが、そのぶつかる力は1cm四方で約1kgですから、とんでもない力でかき混ぜられていると同じです。
と言うことで、室内でも空気分子自身が飛び回ることでかき混ぜられます。

これが何キロ、何百キロと言う広い範囲では短時間ではかき回されないで、低気圧高気圧という気象現象をとなって風が吹き上昇気流が起きて混じり合おうとしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

なんだかわかったような気がします。

お礼日時:2015/01/20 20:51

重力による拡散分離作用(重いものは下に、軽いものは上に)は働きますが、


対流圏界面以下(高度11km以下)では、乱流によりかきまぜられるので大体どこでも均一(混合比が同じ)になっています(ただし、希ガス以外の微量期待の場合は別です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/20 20:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空気が酸素と窒素に分かれないのはなぜ?

食べ物の酸化を防ぐ保存方法で二酸化炭素を入れることを教わりました。
分子量が44で空気より重いので、ドライアイスを容器に置いておけば、下にたまるそうです。
でも、よく考えてみると酸素は16×2で32。窒素は14×2で28。酸素の方が14%も重いのに酸素は下にたまらないですよね?
部屋の天井付近で酸欠になる事ってないですよね。
アリが二酸化炭素中毒で死んだってのも聞いたことないですよね。
もっと深刻に考えると、植物の保存のしかたで発生することのある一酸化炭素って軽いから上にいくって言う人もいるけど、28だからそんな事ってないですよね。
高い山の上って酸素が少ないけど、これって酸素と窒素が分かれて窒素ばかりってわけではないですよね?
だとすると、気体は分子量の差で分かれるわけではないってことでしょうか?
もしかすると、一定温度で風が入らない箱を何日間もそっと置いとけば、酸素が下にたまっているのでしょうか?

Aベストアンサー

均一に混ざったものが、自然に分離してくることはありません。難しい言い方をすれば、エントロピーが減少する方向には変化しないと言うことになりますし、大げさな言い方をすれば、これが自然の摂理ともいえます。

ドライアイスの場合には、まず、二酸化炭素の分子量が大きいこともありますし、発生した二酸化炭素が冷たくて密度が大きくなっていることも無関係ではないでしょう。そのために、空気よりも密度がかなり大きくなっています。
したがって容器などの底にたまりやすく、たまった二酸化炭素は、撹拌しなければ、空気とは混ざりにくいということです。
しかし、混ざるのが遅いというだけで、混ざらないわけではありませんので、かき混ぜれば、簡単に混ざり合いますし、長期間放置しておくだけでも混ざり合います。
ひとたび混ざり合えば、「自然に」分離してくることはありません。

Qなぜ空気中に窒素あ80%もあるのか

 なぜ空気中には窒素が80%近くもあるか。

 酸素が多すぎ(60%以上)ると酸素中毒になるとか、窒素が多すぎると、文字通り窒息死する、というところまでは分かったのですが、なぜ、地球上には窒素がこんな(約80%)にも多いのでしょうか。
 もっと酸素の割合が多くてもよさそうなものですが。

 『酸素が約20%+窒素約80%』前後というのが、生態系において、最も快適あるいは都合のいいバランスなのでしょうか。


 どうか教えてください。

Aベストアンサー

たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。
堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。

で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。
古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。現代では考えられないような巨大なムカシトンボなどが飛べたのも、ひとえに生体が豊富な酸素を使えたから‥という話です。
逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあったようです。

窒素はどうか分かりませんが、酸素・炭素については、海に溶けたり、鉱物に形を変えたり、空気中の炭酸ガスになったり、いろいろなので生態系・気候・太陽活動などのバランスで酸素や二酸化炭素の濃度は上下してもおかしくはないはずです。
いずれにせよその都度適応した生物が栄えた訳でしょう。

あと酸素が多すぎると何でもかんでも燃えやすくなるので、山火事などで酸素が消費されて、結局それほど濃度はあがらない‥という話も聞いたような気がします。

何だか自信なさげな回答で恐れ入りますが。

たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。
堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。

で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。
古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。現代では考えられないような巨大なムカシトンボなどが飛べたのも、ひとえに生体が豊富な酸素を使えたから‥という話です。
逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあ...続きを読む

Q拡散について

初めて質問します。化学の授業で気体分子は熱運動によって拡散していくと学習します。それは納得できるのですが,ではなぜプロパンガスは部屋の下にたまるのでしょう。空気より重いからというのはわかりますが、拡散には気体分子の質量は関係あるのですか。誰か教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

時間の問題です。
時間をかければ、均一に混合します。
「浮力」では、「拡散」という「熱力学的性質」の説明は出来ません。

分子量が大きい物質は、平均飛距離が短く、速度も遅いです。
平均速度は、分子量の平方根の逆数に比例します。
http://chem.sci.utsunomiya-u.ac.jp/v2n2/kashida/pdf/chemt202.pdf

「2.2 気体の性質」の「図2.4」を見てください。
H2の平均速度は約1600m/sですが、O2, N2の平均速度は約400m/sです。
プロパンの分子量は44ですから、O2,N2よりもっと遅く、平均飛距離も短く、この両者は
なかなか混合しません。
しかし、時間をかければ混合します。

気体の拡散についての理論、実験はGoogleで検索すればいっぱい出てきますので、ご覧に
なってください。
楽しいですよ。

参考URL:http://chem.sci.utsunomiya-u.ac.jp/v2n2/kashida/pdf/chemt202.pdf

Q混合ガスの濃度変化

比重の異なるガスで混合ガスを作成した場合、容器内で軽いものは上部、重いものは下に溜まりませんか。
大量に使用したりしてれば対流などで均一になるかもしれませんが。
分析用の標準混合ガスなど、チョロチョロとしか使用しないものは、保管しておくうちに容器内の濃度分布みたいのが出てこないのかなぁと心配です。

Aベストアンサー

 「混合した目的濃度に正確に均一になるか」と言う意味では、結構時間がかかります。
 ボンベ封入標準ガスを注文すると、どんな組成のものでも納期1ケ月は掛かりますが、この日数の相当部分は均一化のための放置時間です。
 勿論、ガス成分の分子量に差が有るほど、拡散均一所要時間は長くなります。

>分析用の標準混合ガスなど、チョロチョロとしか使用しないものは、保管しておくうちに容器内の濃度分布みたいのが出てこないのかなぁと心配です。
 →これが無い様に、メーカーで良く均一になるまで放置(温度も35℃とか掛ける場合もあるらしい)します。
 使っているうちに濃度分布が出ると言う事では、ボンベ残圧が少なくなると、組成が変化するものもあります。
 余り最後まで使い切らないのが、ポイントです。 

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Qなぜ100度になっていない水も蒸発するのでしょうか?

中一の子供に
「水は100度で蒸発するって習ったけど、部屋や外に置いてある水が、沸騰してないのに、ちょっとずつ蒸発してるのはなんで?」
と聞かれました。
どなたか中学生にもわかるように、説明していただけるかたいらっしゃいませんでしょうか!(自分もそういわれると、気になってしょうがなくなりました・・笑)

Aベストアンサー

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(氷にはならない)けれど、完全に切り離されてばらばらにもならない(水蒸気にならない)状態にある水の「分子」の集まりです。この集まりの中には、ちょっと"元気な"分子もいて、中には空気中に飛び出してしまうものがあります。一方、空気中の水蒸気の中にはちょいと"元気"がなくなって、"おとなしくしている水"の仲間に加わるものもあります。

 このような性質を持つ水を、空気といっしょに密閉容器に半分くらい入れて温度が一定の状態に保ってみましょう。最初は水蒸気がなかった、つまり完全に乾燥した空気があるとします。初めのうちは、水の中の"元気者"がどんどん出て行って空気中に広がり、湿度が上がっていきます。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるので、そのうち容器の中の空気は水蒸気でいっぱいになってしまいます。湿度100%です。こうなってしまうと、後は、ちょいと"元気がなくなって"水に戻る分子と"元気よく"水から飛び出す分子の割合が等しくなって、見かけ上何も変化が起こらなくなります。

 密閉容器の場合は、上記のようになりますが、水が部屋や外にある場合は、空気は大量にありますしどんどん入れ替わりますから、周囲の空気の湿度が何かの理由で100%にならない限り、水からは分子が逃げ出す一方になります。そのために、からっとした季節には、雨上がりにあった水たまりがいつの間にか蒸発してなくなったり、洗濯物がよく乾いたりするわけですね。逆にじめじめした季節には乾きが悪くなります。

 ちなみに、水は1気圧のもとで100℃で沸騰します。このときも蒸発は起こっていますが、水の表面ではなくて内部でいきなり気体になる(この現象を「沸騰」と呼んでいます)分子の方が圧倒的に多くなるので、目立たなくなります。

("元気"のような擬人的な表現を使いましたが、本来は"運動エネルギー"のような物理用語を使わなければいけません。中学生にもわかるように、ということですので、敢えて"禁断の"表現法を使いました。)

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(...続きを読む

Q熱交換の基礎式を教えてください。

熱交換器における基礎式を教えてください。
蒸気と水での熱交換を行う際に、入口温度と出口温度の関係、
それに流速等も計算のデータとして必要なんだと思うんですが、
どういう計算で熱量、流速を決めればいいのか熱力学の知識がないので
分かりません。
いろんな書籍を買って勉強していますが、難しくて分かりません。
それに独学ですので、聞ける人がいなくて困っています。
どなたか、簡単に熱交換の基礎式などを教えてください。

Aベストアンサー

 伝熱の計算は非常に難しいのですが、「難しい」と言っているだけでは先に進みませんので、そのさわりを。
 基本式は、Q=UAΔtです。
 Q:交換される熱量
 A:伝熱面積
Δt:伝熱面内外の温度差
  (冷却水入出の差ではない)

 ここで曲者は、U(総括伝熱係数とか熱貫流係数とか呼ばれるもの)です。
 Uの内部構造は、1/U=1/h1+1/hs1+L/kav.+1/hs2+1/h2と表現され、hを見積もる事が大変難しいのです。
 h:伝熱面の境膜伝熱係数、内外2種類有る。
 hs:伝熱面の汚れ係数、内外2種類有る。
 L:伝熱面厚み
 kav:伝熱面の熱伝導率の異種温度の平均、熱伝面内外で温度が異なり、温度によって変化する熱伝導率を平均して用いる。
 hは、流体の種類や流れる速さ(主な指標はレイノルズ数)によって変化します。
 hsは、どの程度見積もるか、、、設備が新品ならZeroとしても良いのですが、使い込むとだんだん増加します。
 更には、Aも円管で厚みが有る場合は、内外を平均したり、Δtも入り口と出口の各温度差を対数平均するとか、色々工夫すべきところがあります。

>冷却管はステンレス製(SUS304)です。
 →熱伝導度の値が必要です。
>冷却管の中の水の温度は入口が32℃で出口が37℃です。>流量は200t/Hr程度流れております。
 →冷却水が受け取る熱量は、200t/Hr×水の比熱×(37-32)になります。この熱量が被冷却流体から奪われる熱量です。=Q
>冷却管の外径はφ34で長さが4mのものが60本
>冷却管の外径での総面積は25.6m2あります。
 →冷却管の壁厚みの数値が計算に必要です。
 伝熱面積も外側と内側を平均するか、小さい値の内側の面積を用いるべきです。

 まあしかし、現場的な検討としては#1の方もおっしゃっているように、各種条件で運転した時のU値を算出しておけば、能力を推し測る事が出来ると思います。
 更には、熱交換機を設備改造せずに能力余裕を持たせるには、冷却水の温度を下げるか、流量を増やすか、くらいしか無いのではないでしょうか。

 伝熱の計算は非常に難しいのですが、「難しい」と言っているだけでは先に進みませんので、そのさわりを。
 基本式は、Q=UAΔtです。
 Q:交換される熱量
 A:伝熱面積
Δt:伝熱面内外の温度差
  (冷却水入出の差ではない)

 ここで曲者は、U(総括伝熱係数とか熱貫流係数とか呼ばれるもの)です。
 Uの内部構造は、1/U=1/h1+1/hs1+L/kav.+1/hs2+1/h2と表現され、hを見積もる事が大変難しいのです。
 h:伝熱面の境膜伝熱係数、内外2種類有る。
 hs:伝熱面の汚れ係数、内外2...続きを読む

Q上・下方置換法の差

気体の収集法には水上置換法・上方置換法・下方置換法があるのは分かって、その理屈も一応は分かっているつもりです。が、どうしてもひっかかるのは軽い気体(分子量の軽い気体)のほうが拡散が速いという性質との兼ね合いです。上方・下方置換法をどう使い分けるかの説明がよく分かりません。

軽い気体の方が拡散が早いならば、上方置換法を使ってもさっさとどこかに拡散して十分な濃度を得られない気がします。また、重い気体の拡散が遅いのなら、上方置換法を使っても十分な濃度の気体を得られる気がします。

重力との兼ね合い、十分時間がたった状態では気体はほどよく交じり合うという性質との兼ね合いが分かっていないのかも知れません。どなたか説明していただけると非常に嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

気体の分子は頻繁に他の分子との衝突を繰り返しており、その都度方向が変えられます。そのため、まとまって放出された分子(すなわち特定の種類の気体の集まり)の中心付近にあるものは、外方向に進んでいても、途中で他の分子に衝突して、また中心方向に跳ね返されたりします。もちろん時間が経てば、気体の集まりは拡散して行くでしょうが、それにはある程度の時間が必要です。
それに対して、気体の集まりの外の方にある分子は、比較的簡単に、その気体の集まりから離れて行く(拡散する)ことになります。それを繰り返すことによって、気体の集まりは外の方から順に拡散して行き、最終的には中心部分も拡散して行きます。
つまり、ひとかたまりになる性質があるのではなく、ひとかたまりであった気体が拡散するのにはある程度の時間がかかるということです。

圧力の問題に関しては以下のように説明できます。
すなわち、圧力の高い部分というのは分子の密度が高い部分です。したがって、密度の低い部分(圧力の低い部分)と比較して、分子の衝突が頻繁に起こります。したがって、圧力の高い部分から低い部分に飛び出した分子は、次の衝突までの時間(あるいは距離:平均自由行程)が長くなります。すなわち、分子は高圧のかたまりの内側から外側に進む方が、平均として長い距離を進むことになります。これは、高圧であった空間が拡大することを意味します。気体分子の運動速度は極めて速く、分子の衝突も極めて頻繁に起こりますので、圧力が釣り合うのに要する時間はわずかであり、瞬時に圧力が釣り合うことになります。

圧力が釣り合えば、密度の差に従って、密度の大きい部分は下の方に移動します。・・・・この部分がわからないということですよね?正直、私もこの部分がいまいち釈然としません。おそらくは、気体分子も引力の影響を受けるでしょうから、重い分子の方が地球の引力を受けて下に落ちて行くということでしょう。そのため、気体の運動方向は、平均すると下向きに偏ることになります。ただし、下に落ちて行く過程においても、周辺部での拡散は起こっているでしょうし、ひとたび拡散すれば下への落下は起こらなくなるでしょう。なぜなら、気体分子の運動速度は速いので、拡散しようとする力が重力に打ち勝つということです。また、拡散してしまった方が熱力学的に好ましい(エントロピーが大きい)という言い方もできると思います。

気体の分子は頻繁に他の分子との衝突を繰り返しており、その都度方向が変えられます。そのため、まとまって放出された分子(すなわち特定の種類の気体の集まり)の中心付近にあるものは、外方向に進んでいても、途中で他の分子に衝突して、また中心方向に跳ね返されたりします。もちろん時間が経てば、気体の集まりは拡散して行くでしょうが、それにはある程度の時間が必要です。
それに対して、気体の集まりの外の方にある分子は、比較的簡単に、その気体の集まりから離れて行く(拡散する)ことになります。そ...続きを読む

Q風速から風量の計算方法

風速から風量の計算方法

風速10m/sでダクトの表面積が500平方cmだとしたら、どういった計算方式で風量(m3/min)が出るのでしょうか?

Aベストアンサー

10m/s×500cm^2=10m/s×0.05m^2=0.5m^3/s=0.5×60m^3/min=30m^3/min

Q部屋の中の酸素空気だけでどのくらい生きられるの?

25平方メートル10畳位の部屋に住んでるんですが、換気扇のダクトと通気口をガムテープで塞ぎ部屋をしめきるとほぼ完全に密閉状態になります。

たまに思うんですが、この空気はどのくらいの間生きられるだろうと
私の部屋の中の空気で私一人の酸素はどのくらいもつんでしょうか?
また、酸素の面だけでなく自分の吐く二酸化炭素はこういった部屋の中にいる場合どのくらい体に悪いんでしょうか?

以前冬に風邪をこじらせたときに、1日半40時間近く窓を一度もあけないときがありました。
その時結構不安でした。

Aベストアンサー

換気扇の抱くとや通風孔以外に様々な隙間があるから完全な密閉にはなりません。
試しにやってみても死にませんよ^^


人気Q&Aランキング