ここの質問とその回答を見て、
例えば、
水とメタノールの混合による発熱のメカニズムはわかりました。たぶん。
混合すると、その物質だけの時より安定になるから、
その分のあまったエネルギーが熱が放出される。
という事でいいでしょうか?まちがってるかな?

ここから本題。
例えばヘキサンとシクロヘキサンの混合は吸熱です。
これはどうゆうメカニズムで起きるのでしょうか?
もし発熱の逆だったら、
混合すると、その物質だけのときより不安定になるから、
その分の必要なエネルギーとして熱が吸収される。
ということでしょうか?
でも「より不安定になる」だったら、
水と油みたく2層に分かれてしまいそうな気がします。
実際混ぜてみたら混じってました。なんででしょうか?
回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

溶解熱というのは,きわめて難しい問題です.


実際には,液相図や混合自由エネルギー,化学ポテンシャル,溶解性パラメーターなど,あらゆる物理化学的要素を煮詰めた上で,吸熱や発熱の機構とその状態は判断されます.
といっても,そんなムヅカシイお話は僕にもできないので,それが知りたいのであれば,Atkinsの物理化学でも精読してください.
そこで,私は「混ざるってことはどういうこと?」というのを説明します.

◆発熱と吸熱は何によって決まる?
その混合液が発熱か吸熱かを決める要素は,ズバリ「混ざりやすさ」です.
ここで,男女が15人ずついる小学校を想定しましょう.
このお年頃だと,だいたい男子は男子で,女子は女子で固まってしまい,お互いに打ち解けようとしませんよね.ここに,先生が「あんたたち,仲良くしなさい!」っていうと,お互いにギクシャクしながらもまあ見かけ上仲良く混ざりますね.つまり,本来だったら別々のほうがよいのに,あえて混ぜられてしまう,これが吸熱過程です.で,先生の「喝」こそ,溶解に与えられる熱量です.だから,吸熱反応は,周りから熱を奪いながら混ざるのです.

しかしながら,時は10数年経ち,場所は合コン.男女が本能と欲望赴くままに(!?)隣同士に座って,お互いに語り合いたくなりますよね.これは非常に自然体です(ある意味自然体じゃないカモ!?).こうやって,自然に混ざるのが発熱過程です.

じゃあ,この「仲のよさ」はどうやって決まるのか.それは,基本的には極性の近いもの同士が混ざり合います.たいてい,性格の合うもの同士が仲良くなるのとおんなじです.例えば,水とメタノールは極性が極めて近いので,発熱になります.
しかし,ヘキサンとシクロヘキサンはともに無極性だから,混ざりやすくなるはずです.が,実はこれは混ざりにくいのです.それは例外的なパターンで,溶解性パラメーターという難しいお話になるので省略しましょう.要するに,「性格が合うからといって,仲良くなるとは限らない」という,人間関係と似ていますね.


◆溶解するか分離するかを決める重大な要素~エントロピー
ところで,ここまでの話なら,「吸熱過程において,混ざっている状態が不安定なら,お互いに分離したままのほうがいいじゃないか」ということになりますよね.実は,混ざるかどうかを決めるもうひとつの要素があります.それは,「エントロピー=乱雑さ」です.

例えば,先ほどの小学校の教室で,席替え(=混合)をしたとしましょう.席順はくじで決めるとします.そうすると,たいていの確率で男女バラバラの席になり,男子だけ,女子だけで固まることはあまりないですよね.つまり,さきほどいった男女の仲に関係なく,バラバラになってしまうのです.これが「混合によるエントロピーの増大」です.要するに,たとえ吸熱反応であっても,ゴシャゴシャに混ぜると混ざってしまうこともあるのです.


◆まとめ
さて,ここまでの話をまとめると,
・仲がよい溶媒同士はよくなじむが,一概にはそうは言い切れない.
・よくなじむ溶媒系は発熱,なじみにくい溶媒系は吸熱である
・2つの溶媒が存在するときは,その混合エントロピーは増大するので,たとえなじみにくい溶媒系であっても,エントロピーの増加分が大きければお互いに混ざる.

こういう背景があるので,ヘキサン-シクロヘキサン系の溶解熱と溶解状況が判断されるのです.

ちなみに,これらの溶解状況は,温度や混合比率によっても変化します.
例えば,男子が27人,女子が3人のとある理工学部のクラスを想定します(この比率は実話です).そうすると,仮に男女は仲良くなくても,席替えする(=混ぜる)ことで,女子3人が固まる確率は低いですよね.
つまり,もしも2溶媒系の比率をどちらかを過剰にすれば,溶解することもあります.
水と油もそうで,油小さじ1杯を水に溶かすためには,水槽何10杯分もの水が必要といわれています.

---------------------------------------------------------------

もしも以上の現象を熱力学的に解釈したいのであれば,それは
ΔGmix = ΔHmix - TΔSmix
で説明できます.ΔGmixは自由エネルギーで,これが負であれば安定に混ざり合います.混ぜることでエントロピーは増加するのでΔSmix>0です.発熱機構ではΔHmix<0(熱が外に出て行く=マイナスとなる)なので,ΔGmix<0となり,溶解します.
一方,吸熱とはΔHmix>0なので,ΔHmixとΔSmixの大小関係によって,ΔGmixが正負に変化し,溶解するかどうかが決まります.だから,混合温度Tが大きいときは,たいていΔGmix<0となりやすくなります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすかったです。
どうもありがとうございました。

混合には、
よく混じる、混じる、混ざらない、があるんですね。
混じりづらいけど混じる。
というのははじめて知りました。
Atkinsの物理化学も見てみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 13:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発熱反応と吸熱反応のメカニズムがよくわかりません。

発熱反応と吸熱反応のメカニズムがよくわかりません。

発熱反応では、生成物の運動エネルギーが反応物の総エネルギーよりも減少し、その減少分が周囲の分子に伝わることで発熱となるのでしょうか?
だとしたら、どのようなメカニズムでエネルギーは周囲に伝わるのでしょうか?
生成物のエネルギーは減少するのに、周囲分子のエネルギーを増加させることが出来るのはなぜでしょうか?
また、吸熱反応の場合、周囲の分子のエネルギーを奪うことで生成物のエネルギーが増加するのですよね?
だとしたら、生成物のエネルギーはなぜ周囲の分子に再び伝わっていかないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>発熱反応では、生成物の運動エネルギーが反応物の総エネルギーよりも減少し、その減少分が周囲の分子に伝わることで発熱となるのでしょうか?

いいえ、ちがいます。
この反応熱出てくる、「生成物の持つエネルギー」「反応物の持つエネルギー」というのはいわば潜在的に持っている状態で、ポテンシャルと言うことがあります。あくまで「秘めたエネルギー」であるため、そのままでよそに伝わると言うことはありません。

一般に、発熱反応で温度が上昇する場合、反応物の持つ運動エネルギーよりも生成物の熱運動エネルギーのほうが増大します(だからこそ温度が上がる)。
これは反応物のポテンシャルより生成物のポテンシャルのほうが小さく、その減少分が外の世界に、たとえば熱運動エネルギーなどの形として現れるのが発熱反応です。

吸熱はこれの逆なので割愛

Qエネルギー準位と安定の関係がわからなくなってしまいました エネルギー準位が低いほど安定だと思っていた

エネルギー準位と安定の関係がわからなくなってしまいました
エネルギー準位が低いほど安定だと思っていたのですが、ナトリウムはナトリウムイオンになっている方が安定であるということはナトリウムイオンの方がエネルギー準位は低くてはいけないのではないでしょうか?

イオン化するときには吸熱するということは外部からエネルギー(熱)を加えなくてはいけないということで、不安定化させることになるのではないでしょうか?

お願いします

Aベストアンサー

食塩(NaCl)を水に溶かすとNa+とCl-とに電離します。だから、漠然とNaよりもNa+の方が安定だと勘違いしていませんか?
水に溶けて電離するのは、イオンの周りに水分子が取り囲み水和するから安定しているのであって、NaとNa+の安定性を比較する場合、他の分子・原子・イオンの影響がある状態で比べてはいけません。
例えば、食塩を真空中で加熱して気化させると、真空中ではNa+ではなく、原子状のNaで存在します。イオンの方が真空中では不安定だからです。

Q吸熱反応と発熱反応

吸熱反応と発熱反応を熱化学方程式に書くとき、生成熱は「+」?「-」?、中和熱は「+」?「-」?というに、反応熱に対する「+」「-」のつけ方がわかりません。
つけ方えを教えてください。

Aベストアンサー

 MiJun さんの参考 URL のページに書かれている事の繰り返しの様になりますが,熱化学方程式は反応物と生成物間の熱量(エネルギー)の収支を示しています。

 吸熱反応は熱を加えて(エネルギーを与えて)始めて生成物ができるわけですから,「反応物のエネルギー + 熱 = 生成物のエネルギー」となります。この熱を右辺に移項すると,「反応物のエネルギー = 生成物のエネルギー - 熱」となりますので,生成熱は「-」になります。

 同様に,発熱反応では,生成物ができるのと同時に熱が出るわけですから,「反応物のエネルギー = 生成物のエネルギー + 熱」となり,生成熱は「+」になります。

 中和熱の場合も,発熱反応か吸熱反応かを考えれば同じ事です。

Q水とメタノールの混合溶液の屈折率

学校の実験で、水とメタノールの混合溶液の屈折率についてやり、メタノールの濃度と屈折率の関係のグラフを書いたときに大体50wt%あたりで最高になりました。
これの理由を調べているんですが、ハッキリと書いてある本が見当たらなくどうしたもんかと悩んでいます。
クラスタがとうとか…
ヒントでもいいんで教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

実験ということですので、ヒントだけ。

これは、部分モル体積を理解するための実験ではないでしょうか? そして、屈折率に関するローレンツ・ローレンスの式を使って、何か議論できませんか? 例えば、体積の加成性について、とか…。

ところで、使ったのは本当にメタノールですか? エタノールではないですか? 物理化学の本には、よくエタノールでの実験結果が載っております。

Qヘキサンからヘキサン酸を合成したい

ヘキサンからヘキサン酸(カプロン酸) CH3(CH2)4COOHを合成したいのですが、どのような経路がありますか?


どうにかして1位の炭素をハロゲン化すれば、後は求核置換反応でハロゲンをヒドロキシ基にして更に酸化すればヘキサン酸になるのでは?とか適当なことを考えましたが、果たして1位の炭素を狙ってハロゲン化できるものかもよく分かりません。
有力な合成方法を教えてください。


 

Aベストアンサー

ラジカル塩素化をすれば1位に塩素を入れることは可能ですが、2位や3位での塩素化生成物のほうがずっと多く得られるでしょうね。それらの中から、1-クロロヘキサンを取り出すのは少々難しいでしょうね。
まあ、極めて効率が悪いことは確かです。合成にかかる費用や手間を考えればヘキサン酸を買った方が安いでしょうし、現実的であることは確かです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報