70歳の父の病気についての質問です。
私は結婚し、実家からかなり離れた所に住んでいるため、母が話してくれた内容しかわからず説明が不十分かと思いますがよろしくお願いします。
昨年の12月中旬に膀胱癌と診断され、電気メスのようなもので癌を切除し膀胱は摘出していません。
その後大腸癌もみつかり1月11日に手術をしました。
肺にも癌があるのですが、手遅れで手術のしようがないと言われました。
今は食事もして、歩けるくらいまで回復しているのですが、入院した時からずっと尿管のカテーテル(というんでしょうか…おしっこの管です。)をしたままです。
○カテーテルをこれほど長期間はずさないというのはどのような理由が考えられますか?
○大腸癌の方が回復したら、自宅で余生を過ごさせてあげたいのですが、その際もこのカテーテルと尿のバッグをしたままの生活ということもありうるのでしょうか?
母が直接担当医師に尋ねればいいことなんですが、元気だった父がこれほど癌に蝕まれていたというショックもあり、これ以上悪いことは耳にしたくないようで肺癌の詳しい状態も尿のカテーテルのことも聞けずにいるのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

膀胱癌の手術は12月の下旬になさったんでしょうか?


電気メスで内視鏡的に処置する手術を『TUR-Bt』といいます(経尿道的膀胱腫瘍切除術)。検索される場合のキーワードにしてください。
その時点から考えると、約一ヶ月というところですね。

質問1に対して。

TUR-Bt術後の尿道カテーテルの留置期間ですが、
1)出血の有無(膀胱は広がっている方が出血します。出血を止めるには縮めておくのが一番です)
2)感染の状態(感染が強いと他の尿路感染を引き起こし年齢から考えて危険なので留置は長引きます)によって変わります。あくまで経過良好であれば多くは2週間以内です。
3)また術後に膀胱内へ薬剤の注入を考える場合があります(BCGや抗がん剤・・)こうした場合は治療の目的からカテーテルを留置し続ける場合があります。
4)また失禁の状態(失禁があると大切な尿の検体が取れないためにカテーテル留置とする場合があります。)にも関わる場合があります(もともと失禁がなくとも、広い範囲の膀胱腫瘍を切除した場合、膀胱の拡張機能(=コンプライアンス(=貯める力))が損なわれて尿禁制(=我慢する力)が損なわれたり膀胱のが失われたりするから起こるものです。)
理由としてはこれらが考えられます。

質問2に対して

理由が4)であれば、可能性という点ではありえます。実際に手術によって有効な膀胱容量が得られなくなる場合もありますからね。(そのため広範囲であれば膀胱を取り去る方法も推奨されるんです。)しかし多くはオムツ併用まででカテーテルを常時使わなくてはならないというのは少ないですし、時間がたてば膀胱容量も元に戻る場合がほとんどです。さらに範囲が狭ければこうしたこと事態おこりません。現在の留置理由によりますのでこれ以上は詳しく述べられません。他の理由であれば原因が除かれれば抜去可能です。

以上泌尿器科医としての回答です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お忙しいのに、丁寧な回答をありがとうございます。
薬剤の注入は最初だけでその後はしていないようですし、出血の話もなかったので(2)か(4)かなぁと考えています。
それでも近い将来、カテーテルなしの生活ができる希望が持てました。
理由を1つ限定できなくても、「なぜなんだろう?」という疑問がとれてすっきりしました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 尿道腫瘍<腎臓と尿路の病気>の症状や原因・診断と治療方法

     尿道腫瘍はまれな疾患で、男女ともに尿路性器腫瘍(にょうろせいきしゅよう)のなかで最も発生頻度が低いものです。また、尿路系腫瘍のなかで唯一、男性よりも女性に多い疾患です。尿道の仕組みは男女で大きく違うため、分けて解説します。 ●男性尿道腫瘍(だんせいにょうどうしゅよう) 尿道腫瘍とはどんな病気か  男性の尿道は、解剖学的に膀胱側から前立腺部(ぜんりつせんぶ)尿道、尿道膜様部(まくようぶ)、陰茎部(いんけいぶ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバルーン付きカテーテル、ステントの内外価格差

1月27日の朝日新聞日曜版に、高齢者の心筋梗塞の治療についての記事がありますが、この中でバルーン付きカテーテルやステント付きカテーテルの内外価格差について書かれています。

バルーン付きカテーテルは、日本では一本25-30万に対して海外では3万から15万、ステント付きカテーテルは日本が約30万に対して海外は10万円前後とのことです。
このほかにも人工関節やペースメーカーも内外価格差が大きいそうです。

なぜこのような価格差が生じるのでしょうか。

Aベストアンサー

一つにはskiheilさんもおっしゃる通り日本では流通に中間業者が多くてコスト高になっているのも問題だと思います。
しかし、ペースメーカーやカテーテルが一部の企業の独占市場であって競争相手がいないため殆どむこうの言い値でかわざるを得ないと言う事も価格差の理由の一つだと思います。昔は日本でもペースメーカーを作ったりしていた会社もあったのですが開発費が嵩むため撤退してしまいました。また特許の部分で先行されていてライセンス生産しても儲けにならないのでやりません。他に作って無い以上日本人には幾らでしか売らないと言われると従わざるを得ない状況です。(バブルの頃、海外ブランドが日本だけ異常に高い価格設定をしていたことが騒がれた事がありましたよね?)
また実際にお金を払うのが健康保険組合であり支払い価格も診療報酬の点数で材料費がどこまで認められるかを結局役人が決めていてまた一度決まるとなかなか改正されないため民間の業者にしてみればいいお得意さまになってしまっている点もあろうかと思います。
ペースメーカーなんかは日本の厚生労働相などの審査に時間がかかるため新しい物はなかなか認められずハッキリ言って外国の製造業者は一つ時代遅れの機械の開発費を日本に売りまくる事で回収しているような状態になっていますから・・・。
医療経済は公定価格がきめられた社会主義経済と同じですから病院側も無理に値引き交渉をしなくてもある一定の利ザヤを保証されていますし業者側も専門のスタッフをMEのように派遣したりしてお互いにもたれあっています。こう言った者を使う時全て病院が自前のMEなどを育ててやるには経費が嵩みますしカテーテルなどを全て買い取りにして在庫を持つようにしてしまうと損失になる恐れもあります。MEの資格を持った営業の方が本社の倉庫から何時でも呼べば材料を持って駆け付けて病院の職員よりもある意味役立つ仕事をしてくれたりするので病院としても役立っている訳です。
そういった諸々の事情によって内外価格差はうまれているのだと思います。
しかし医療費全体が抑制され景気も良く無いので企業の方もMEを気前よく派遣できる環境で無くなってきています。そうなると公定価格が高くてサービスが少ない・・・。病院にとって最悪の状況になりそうですね?
私見を述べさせていただきました。
疑問点の解消の一助になれば幸いです。

一つにはskiheilさんもおっしゃる通り日本では流通に中間業者が多くてコスト高になっているのも問題だと思います。
しかし、ペースメーカーやカテーテルが一部の企業の独占市場であって競争相手がいないため殆どむこうの言い値でかわざるを得ないと言う事も価格差の理由の一つだと思います。昔は日本でもペースメーカーを作ったりしていた会社もあったのですが開発費が嵩むため撤退してしまいました。また特許の部分で先行されていてライセンス生産しても儲けにならないのでやりません。他に作って無い以上日本人...続きを読む

Q尿の再検査。2ヶ月前の膀胱炎のせい?

健康診断で尿検査に引っかかりました。
白血球の値が平均値より少し高かったです。
その下に「尿路感染症の疑い」とかかれていてショックでした。

私はちょうど2ヶ月前に風邪を放置してその為か初めて膀胱炎になりました。
泌尿器科に受診し薬と点滴で症状が良くなり治ったと思っていたからです。
実は直ってなかったのでしょうか?
医者は「また来て」とは言われなかったのですが…。
(症状は正常に戻ってましたが、薬は全てすべて飲みきりました。)
ちゃんと直さないと慢性化になると聞いたことがあるので
2ヶ月も放置してて大丈夫だったのか心配です…。

最近は風邪は引いてないし(ちょっと寝不足でしたが)
あの膀胱炎以来トイレも健康時となんら代わりがないです。

健康診断の際は医者が来診だったので再検査の為に病院に行った事が無いのですが
大きな病院のようで尿検査で話を聞いてくれるものですか?
(来診の時も受付の方に事務的に容器を渡されただけ。
一応問診欄はありますが記入する所はありません。)
結果もかかるでしょうし検査で会社を休むよりも
同じ休むなら泌尿器科にもう一度行って検査を受けた方がいいでしょうか?
それとももう一度検査結果を待ってから行った方がいいでしょうか?

動揺してて文面が変化かもしれませんが宜しくお願い致します。

健康診断で尿検査に引っかかりました。
白血球の値が平均値より少し高かったです。
その下に「尿路感染症の疑い」とかかれていてショックでした。

私はちょうど2ヶ月前に風邪を放置してその為か初めて膀胱炎になりました。
泌尿器科に受診し薬と点滴で症状が良くなり治ったと思っていたからです。
実は直ってなかったのでしょうか?
医者は「また来て」とは言われなかったのですが…。
(症状は正常に戻ってましたが、薬は全てすべて飲みきりました。)
ちゃんと直さないと慢性化になると聞いたことがあ...続きを読む

Aベストアンサー

どこの医療機関でも同じでしょう。たぶん、それほど深刻な状態ではないと思います。すぐに受診し、検査を受ける必要があります。

膀胱炎は完全に治癒させないと、悪化して腎盂炎を引き起こすこともあります。しかし、いずれにしても、感染症の段階では抗生物質の投与で完治します。今度は、完治したかどうか、最終的にOKがでるまで通院すべきですね。

恐がらず、どこでもいいから受診しましょう。早く治療を始めることが肝心です。

Q心臓カテーテルでステントを入れました。費用は?

主人が心臓カテーテルの検査を受け、梗塞寸前の箇所が見つかりバルーンでもだめでステントを入れました。

月曜に入院、木曜カテーテル。
そして、「明日お昼に説明し、その後退院できます。」と言われたのですが、うっかり入院費用を考えていませんでした。

概算でいくらくらい用意すればよいのでしょう?

Aベストアンサー

ステントの種類やヶ所などで異なりますが、3割負担で30万円ほどでしょうか。
ある程度は高額療養費として払い戻しの対象ともなりますので保険の担当部署におたずねください

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/sa4a0401.htm,http://www.shinshinkai.net/watashitachi/1_8.htm

Q大腸癌について

祖母(75歳)が、大腸癌のステージ2で手術をすることになりました。
当初、内視鏡で切除する予定でしたが思ったよりもポリープ(悪性)が深く無理しなかったそうです。外科の手術で、お腹に3つ穴を空けて取るそうです。粘膜手術?とか言ってました。手術した1日は、集中治療室が、当然ですよね??
また、ステージ2で医師に5年は生きられるから大丈夫と言われましたが統計を見るとステージ2では5年以上が多いですがその病院の医師の腕・治療成績によって生存率が違うのでしょうか??

Aベストアンサー

多分、この文章からみて、腹腔鏡手術だと思います。
腹腔鏡手術の場合は、傷口が3つの穴だけになるので術後の回復は早いです。また、傷口自体が小さいため痛みも少なくなると思います。
術直後のことですが、全身麻酔での手術なのでICUかリカバリールーム(回復室)になると思いますが、こればかりは病院の部屋状況にもよると思うので・・・
5年生存率については、医師の腕というよりも、患者さんの一般状態の方が関係してくると思います。日頃から、ヘビースモーカーの方や高脂血症の方、糖尿病、アルコールなど様々なことが健康に関係してくるので、必ずということはないと思います。よっぽどのヤブ医者じゃなければ生存率には関係しないと思います。あと、75歳の高齢ということもありますし・・・

Qカテーテル手術後、ステントに血が固まった。

先日、父親がカテーテルの手術を行い退院したのですが次の日になってまた胸が痛くなり再度入院し、緊急カテーテルの手術を行いました。原因はステント内に血の固まりが出来、それが原因で血管が詰まったということでした。一回目の時は血管が細くなっているからそこを広げたのですが次は完全につまってしまって血液が流れていなかったようです。一回目の手術の前にステントに血が固まることがあるという話を医師から聞いていたので予想していたと言えば予想していたのですが、思ったより早い退院した次の日にこのようなことが起こってしまい父も弱気になっています。今は1回目よりは慎重に医師も経過を見守っている様で血液をさらさらにする点滴をしている状態です。このまま直れば全く問題はないのですが一度そういうことが起こってしまうと次も同じ事が起こるのではないかと心配になります。ステントに血液が固まってしまうというのは癖にはならないのかなど気になっています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

たった1日でステントが詰るなんて、ずいぶん早いですね。あくまで推測ですが、冠動脈の他の部位に出来ていた血栓が流れてきて、運悪くステントに引っ掛かって詰らせた可能性もあるかもしれませんね。
ちなみにステント内での血栓発生を抑制する特殊なステント(DES)が保険適応になり最近使われるようになってきましたが、まだまだ使っている施設は少ないかもしれません。

Q大腸癌から肝転移の治療

 71才の叔母。大腸原発ですでに肝臓に転移した状態です。大腸の腫瘍は2センチ程だそうですが、肝臓には相当数の腫瘍が転移、余命はすでに月単位と宣告されました。担当医師によると、手術は出来ず化学療法もかえって危険との事です。
 しかし本人は、発熱や倦怠感はあるものの、まだ元気を残しており、治ったら皆で旅行に行きたいなあなどと言っています(癌である事は知っていますが、余命の告知は受けていません)。子供がいない事もあってか、私が子供の頃から大変可愛がってくれた叔母で、出来る限りの事をしてあげたいと思っています。
 まずは癌専門病院へ連れて行く事にしましたが、こうした状態で考えられる治療法などご教授頂ければ幸いです。あるいは免疫療法やフコイダン等の食品、民間療法などの併用はどの程度効果があるものなのでしょうか?本人の意志を最も尊重したいと思っておりますが、多少の悪あがきはしたいとも思っています。
 アドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

このサイトの注意に医師法第17条に反する云々と書かれていますが私は正真正銘の完全な専門家ですから真面目に書かせて頂きます。
抗がん剤は正しく使用すれば危険ではありません。といっても叔母さまの健康状態による場合もあるので一概には言えませんが。
経験の無い医師はしばしばそういう事を言います。正直医師にとっては面倒な事が多いからです。確かに生命予後を使わなかった場合と比較は出来ないため全ての患者に使用したらいいとは言えませんが、、
5-FU系のインフュザー持続静注、TS1等少なくとも一反は転移性病変が縮小する事が多いです。確かに根治はなかなか無理ですが、、しかし副作用でしんどくなったらやめたら良い訳で、専門家に相談する事をすすめます。藁にもすがる気持ちは分かりますが、くだらない民間療法にだまされないように。そんな無駄な事より有用な金の使い方があるはずです。

Qカテーテルで心臓の血管の手術をした後は(ステント)、直ぐ体調がよくなる

カテーテルで心臓の血管の手術をした後は(ステント)、直ぐ体調がよくなるものでしょうか?

何か体調がすぐれなかったり、薬の副作用とかはいかがでしょうか。

気をつける事がありましたら、教えていただけると助かります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

心臓の血管が詰まり気味だったのですからそれが治ったので当然体調は良くなります。
ただ、体がそのような状態であったのですぐ体がぴんぴん元気になるのではありません。またそのほかに何か病気がある人は完全に元気になるわけではありません。

Q膀胱癌について詳しい方教えてください

一年半ほど前に虫垂炎治療の為、CTやエコーの検査をしていますが、その際
問題なしで診察終了しています

何日か前から血尿がでて知人に相談した所
膀胱癌の疑いがあるのではと言われ、とても不安になっております

一年半ほど前に、エコーなどで診察した際には、問題なしでしたが、一年半の間に血尿がでるほどの癌ができてしまうものでしょうか?

現在保険証手続き中で手元に保険証がないので、病院に行けずにとても不安です

血尿はでたりでなかったり、尿の終わりにティッシュに血がつく程度でしたが、2回ほど血の量が多い血がでました

生理の周期には近いですが、生理の血の出方とは違う気がします…

一人で子供を育てているため
色々不安です
どなたか同じ様な症状だったことある方などなんでも良いので、情報を頂けないでしょうか

Aベストアンサー

詳しいわけではないですが、親戚に病気の者がいたのです。
一年前は虫垂炎の治療のための検査であって膀胱は見ていないと思います。
虫垂炎は外科の領域ですが、膀胱は泌尿器科の領域だと思いますから見ていないと思います。
膀胱のがんで血尿は確かに症状の一つだと思います。
そして血尿はまた、出なくなったり、出たりを繰り返したりもするようです。
40歳以上だと膀胱がんの可能性は高くなるかもです。
また男性に多い病気です。

また、一部膀胱炎でも出血するようですよ。
膀胱炎の症状はないのですか?
腎臓からの出血とかの場合もあるみたいです。

Qカテーテル治療後(ステント挿入)の症状

カテーテル治療後(ステント挿入)の症状

カテーテル治療した後、どのような症状が出るのか(例えば薬の副作用)人によりさまざまだと思いますが、経験のある方、あるいは医療関係者の方など、ご存知でしたら教えて下さい。

直ぐ仕事が出来るとの事でしたが、倦怠感、頭痛、微熱、吐き気、喉が痛い、なのど症状で、風邪の症状とも似ていて、治療の後の症状なのか、薬の副作用なのか、区別が難しい。退院後、直ぐ診てもらい心電図には異常はなかったので安心してます。

体調不良で仕事をする意欲がまだ出てきません。気持ちも焦りますし、どんな症状が出るのか教えていただけたらと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

心臓のカテーテル治療と解釈しますが、
症状はまったくないのが通常です。プラビックスの肝障害も症状がでるほどひどくなるには時間がかり、採血してようやくわかるのが通常の経過です。
よって、カテーテル治療とは関係ない、なんらかの病気に罹患した可能性をまず考えます。

Q前立腺炎から尿管結石

以前から前立腺炎で半年泌尿器科に通ってました。薬も何度も変えても効かなくて、前立腺マッサージ後には白血球が出てました。
昨日左腹部が、痛くなり今度は総合病院に行ったところ、尿管結石と判明。
前立腺炎の薬(ロルカム、セルニトロン、BF-R、サワシリン)と尿管結石の薬(ウロカルン)って飲み合わしても大丈夫でしょうか?
またもしかしたら、前立腺炎じゃなくもともと結石だったのでしょうか?
前立腺マッサージ後のおしっこの白血球だけの症状は前立腺炎ではなく結石ででたのでしょうか?
先生に聞いてもはっきり答えてもらえません。
経験者、専門家の意見お待ちしております。 

Aベストアンサー

一応専門医です。
>前立腺炎の薬(ロルカム、セルニトロン、BF-R、サワシリン)と尿管結石の薬(ウロカルン)って飲み合わしても大丈夫でしょうか?
特に問題ないと思います。
>またもしかしたら、前立腺炎じゃなくもともと結石だったのでしょうか?前立腺マッサージ後のおしっこの白血球だけの症状は前立腺炎ではなく結石ででたのでしょうか?
通常前立腺マッサージ後検尿で白血球陽性の所見から細菌性前立腺炎の診断がされます。結石のための尿混濁なら、マッサージ前の尿でも白血球陽性になるはずです。
あとは、自排石後症状が改善したかどうかでしょうね。
前立腺炎ってストレスとかいろいろ絡んでなかなか直らない病気ですので、早くよくなることを願っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング