フロムの自由論とはどのようなものですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  どのような思想家でもそうですが、厳密に詳細に、その思想を考察しようとするとたいへん難しくなるものです。フロムについてもそうです。
  
  しかし、一般的にフロムは、「人間の自由」という時、伝統的に西欧では、「意志の自由」等で哲学的にはポジティヴに考えられていた「自由」には、ネガティヴな面もあることを強調した思想家であるとも言えます。フロムはネオフロイディアンと呼ばれ、フロイト派の精神分析理論の上に立脚して、独自の理論を築いた人として知られます。
 
  フロムは自由を、「への自由」と「からの自由」に二大別したことでよく知られています。「への自由」とは、求める選択肢における選択の自由度の問題で、「からの自由」とは、人を制約する諸々の条件、社会的枠組みや規定、心理的抑圧規定などからの自由の意味です。
 
  伝統的には、自由の問題とは、「への自由」だと一般的に考えられていたのですが、「からの自由」も歴史的には大きな意味を持っていたことをフロムは主張し、「への自由」だけでは解決しない問題があることを指摘しました。
 
  フロムのよく知られた著作は、ナチスの勃興を何故ワイマール憲法を持っていたドイツ及びドイツの人々が許容してしまったのかという社会的心理的分析の書物である『自由からの逃走』ですが、ここで、フロムは、ワイマール憲法の持っていた、「自由」の圧迫的側面を述べます。人は自分で判断できる以上の選択課題を与えられると、「選択の自由」が逆に制約となり、自己の心理的バランスのためには、「過大な選択の自由」からの「自由」を求める心の欲求が生じ、それが、すべてについて「断定的解答」を与えてくれ、個人の自由判断の責任から、個人を解放してくれたナチスの思想方針を、一般庶民が受けいれた理由である、と分析します。
 
  つまり、「「への自由」からの自由」を人々は求めて、ナチスを支持したというのが、フロムのナチス擡頭と人々の支持の理由の解釈です。無論、これに対する反論も存在します。
 
  しかし、フロムは、精神分析から出発した心理学者で、社会学の面でも理論を築きましたが、人間の心の問題を、常に中心に置いていました。「への自由」と「からの自由」の対立については、例えばフロムは、バッハオーフェンが提唱した「母権制社会」の概念を取り上げ、父権性社会の原理と母権制社会の原理に、この二つの自由が関係していることを示します。父権性社会では、「選択の自由」つまり「への自由」が尊重され、それ故、個性的な個人であることが望まれるに対し、母権制社会では、「選択ではなく、人としての平等」が強調され、「からの自由」が尊重される他方、「への自由」は抑圧され、結果的に「個人の自由選択」や個人の創意工夫や、個人の共同体との関係における「勝手な行為や思想」は規制される傾向があることを述べました。
 
  「への自由」と「からの自由」は、どちらかが極端に優位であってはならず、バランスが必要で、前者があまりに強調されると「個人の責任」が過大になり、他方、後者が強調され過ぎると、「個人の自由」は圧殺され、社会や共同体のなかに「自立した個」が埋没してしまうという危険があるということをフロムは述べたのです。
 
  『正気の社会』は、ナチスの擡頭を念頭し、再び、社会の「正気状態」とは何かを分析した著作で、ありえるべき望ましい社会の像を、フロムはここで描こうと試みました。フロムは心理学者で精神分析医です。彼にとっては、社会の正気は、個人個人の「正気」の基準とも重なって来るのです。フロムは、強迫性やネクロフィリア、つまり「生」へと向かうポジティヴな人生観ではなく、死の静止の安定あるいは、自立性の放棄に安定を求める志向を、狂気への過程であるとして否定し、強迫からの解放、ネクロフィリアつまり自己の生の可能性の否定による自我の否定的安定からの解放を目指し、生が、適切な「自由」において、健全となりえる、中庸的な社会の状態を望ましい、生の自己実現が可能な社会と考え、ここに、社会の「正気」を考えました。
 
  近代社会はリースマンも分析したように、個人に過大な自由と選択の余地と責任を負わせた結果、責任を放棄する無責任な大衆の孤独を生み出したとも言えます。フロムは、この生き難い近代社会のなかの個人が、積極的に、豊かな生を実現するには、いかにあればよいかを考え、「自由」の必要と限界を考え、個人がその実存のありように応じて、正気で健全で豊かな生を遅れるような条件がまた、社会が正気である条件として、人の生を豊かにし、正気を維持させる「自由」が望ましいと考えたということです。
 
  フロムの考えには色々な批判があり、常識論で説教をしても、近代社会の問題は解決しないのであるというのも、もっともですが、とまれ、フロムはこのような考え方をしたのだと、わたしは理解しています。
 
  (時に感じることですが、質問に対する回答というのは、人文社会系の場合、この本をとか、このサイトにとかで、書名やURLを紹介するだけではなく、ここでは、こういうことが述べられていますという紹介の上で、URLを紹介する、あるいは、それなりに回答を述べて、更に詳しくは、また、こういう意見は、このサイトに書かれています、ということでURLを紹介するというのが望ましいようにも思います。これは、一般的に感じていることです)。
 
    • good
    • 0

『現代政治の自由の根底』


-エーリッヒ・フロムの自由論-
http://plaza13.mbn.or.jp/~iti/edit.htm

参考URL:http://plaza13.mbn.or.jp/~iti/edit.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロムの「愛するということ」

最近恋愛で悩んでいたのでエーリッヒ・フロムの「愛するということ」を読みました。私はこの本に書かれていることにとても賛成です。
しかし、フロムは愛について
なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に全面的に自分を委ねることである
と述べていますが、これは「恋は盲目」といったようなことに繋がる気がします。(フロムの本を読むと一人の人を好きで居続ける事が偉いように感じます)ここはフロムが述べているように、成熟した人間になればいいということでしょうか。

私は最近告白して振られたのですが、告白した後もわたしが相手をまだ好きでいる価値があるかと悩んでしまいます。

フロムのこの本を読んだ方でもそうでない方も解釈や意見があればお訊きしたいです。

Aベストアンサー

>なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に全面的に自分を委ねることである

 愛はよくわかりませんが、恋であれば・・・。以下、愛を恋に読み替えて下さい。


 自分は性格に問題があるはずなんですが(第三者評価で(^^;))、「なんの保証もないのに行動を起こす」のはいつもの事です。でも「こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろう」と思った事は一度もありません。そこは乾坤一擲の賭けです。それが、都合のよい希望に全面的に身を預けるという事なの知れませんが。

 そして当たって砕けろで、何回砕け散った事か・・・(^^;)。


>・・・告白した後もわたしが相手をまだ好きでいる価値があるかと悩んでしまいます。

 価値とは自分(=あなた)にとっての価値ですか?。もしそうであれば、価値があるから告白したんですよ。そうでなければ、告りません。

 後で馬鹿な事をしたものだと思っても、その時には馬鹿な事をするだけの価値があったんですよ。その事実だけは変わりません。否定する事はないと思います。 

>なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に全面的に自分を委ねることである

 愛はよくわかりませんが、恋であれば・・・。以下、愛を恋に読み替えて下さい。


 自分は性格に問題があるはずなんですが(第三者評価で(^^;))、「なんの保証もないのに行動を起こす」のはいつもの事です。でも「こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろう」と思った事は一度もありません。そこは乾坤一擲の賭けです。それが、都合のよい希望に全...続きを読む

Q看護の道に進むものです。 彼のためにではなく彼と共にでなければならない、という言葉はどのような精神

看護の道に進むものです。

彼のためにではなく彼と共にでなければならない、という言葉はどのような精神なのでしょうか

患者のニーズにあわせてケアをすることは「彼のために」だとおもいます
「彼と共に」とは彼に寄り添い、共に一番よい道を探す。ということでしょうか

Aベストアンサー

患者を治すのは、医者でも看護師でもなく患者の自然治癒力です。
医療者の仕事は、その自然治癒力が十分に働くように、体内と体外の環境を整えることです。

医療というのは、医療者が患者の方を向いて一方的に「助ける」のではなく、
双方が「回復」という共通の目的の方を向いて行う共同作業なんです。
与える医療ではなく、分かち合う医療を目指しましょう

Qフロム・エーは、なぜ廃刊したのですか??

びっくりしました!
あの「フロム・エー」が廃刊したことを知りませんでした。

なぜ、廃刊したのでしょうか?
2~3年くらい前のフロム・エーは、結構厚くて、重量感がありました。

しかし、最近のフロム・エーは、「かなり薄くなった」感じでした。
インターネットで、条件のあったアルバイトを簡単に検索できるため
そのためなのだろうと、私的に感じていましたが・・・。

まさか、廃刊するほどでないと思います。


実際、あのアルバイト情報誌の「フロム・エー」が廃刊した理由は、
何でですか?


自分の推測どうり、「インターネットで、アルバイトを検索できる」=フロム・エー廃刊
するくらいインターネットが普及しているのなら・・・。


大手家電量販店を初めとする多くの「実店舗」は、割安で販売している「インターネットの商店」によって
かなり売り上げを減らされていると思うのですが・・・。

{私の場合、大手家電量販店で、店員の説明を聞いて、割安なインターネット商店の商品を買うことも
ままあり、「商業倫理に反しているのかな」と自己嫌悪に陥ることもあります。(^^;)}

この、フロム・エー廃刊の本当の理由を知っている
方、いらしたら教えてもらえませんか??

びっくりしました!
あの「フロム・エー」が廃刊したことを知りませんでした。

なぜ、廃刊したのでしょうか?
2~3年くらい前のフロム・エーは、結構厚くて、重量感がありました。

しかし、最近のフロム・エーは、「かなり薄くなった」感じでした。
インターネットで、条件のあったアルバイトを簡単に検索できるため
そのためなのだろうと、私的に感じていましたが・・・。

まさか、廃刊するほどでないと思います。


実際、あのアルバイト情報誌の「フロム・エー」が廃刊した理由は、
何でで...続きを読む

Aベストアンサー

本当の理由は知りませんが、おおよその予想としては時代の流れがネットに向いていき、冊子としての売り上げに見切りを付けたのでは無いかと思います。
私も広告業界の片隅で紙媒体を主に制作をやっていますが、ぶっちゃけ紙媒体の広告業界は瀕死状態です。仕事が無くていつ職を失うかハラハラの毎日です。
最盛期は残業、徹夜は当たり前。1週間家に帰れないなんて事も当たり前でした。それだけ仕事があり、それなりの売り上げもあったからです。
しかし、時代はネット広告に流れ、紙媒体は消費者側からも目にする機会が減り、広告としての意味をなさなくなっています。
それだったら、とっとと撤退してネットの方に重きを置こうと思うのが普通だと思いませんか?
そういう事だと思います。
冊子では発売しませんが、ネット求人はやっていくとリクルート社は発表していたと思います。

Q現在高校一年生のものです。 今から大学受験対策はどのようなものをすればいいですか(理数系です)? 私

現在高校一年生のものです。
今から大学受験対策はどのようなものをすればいいですか(理数系です)?
私の偏差値は進研模試で54くらいです。
目指してるのは難関大の教育学部か理工学部です

皆様の体験談や 知恵を貸していただけないでしょうかm(__)m

Aベストアンサー

今年受験生だった者です。以下のことをしてください。文系だったので、内容がそっちに寄ってしまいますが。
本をたくさん読む。小説から新書から様々な本を読んでください。志望大学が決まれば、推薦なども視野に入ってきます。その際に広い知識、教養というのはものすごく役に立ちます。そして本を読むことは今しかできません。
英語はとにかく単語を覚えてください。文法よりも単語です。単語が分かれば何でも分かります。
国語は慣れです。今のうちから薄い参考書の短い問題を解くようにしていたら、自然と力がついています。古典は、助動詞を覚えて単語を覚えて、短い文章から読んでいってください。古典も英語同様、単語が大事になってきます。ただし、助動詞もかなーり大事なのでしっかり暗記してください。
理系ということで、数学は大丈夫だと思います。受験前になると、たぶん、数学ばっかりさせられると思います。そしたら、文系の科目は手をつける暇がありません。なので、今のうちに文系科目を偏差値60超えるように持っていっておけば、安心です。何かあったらまた聞いてくださいね。

Qフロムの自由論

フロムの自由論とはどのようなものですか。

Aベストアンサー

 
  どのような思想家でもそうですが、厳密に詳細に、その思想を考察しようとするとたいへん難しくなるものです。フロムについてもそうです。
  
  しかし、一般的にフロムは、「人間の自由」という時、伝統的に西欧では、「意志の自由」等で哲学的にはポジティヴに考えられていた「自由」には、ネガティヴな面もあることを強調した思想家であるとも言えます。フロムはネオフロイディアンと呼ばれ、フロイト派の精神分析理論の上に立脚して、独自の理論を築いた人として知られます。
 
  フロムは自由を、「への自由」と「からの自由」に二大別したことでよく知られています。「への自由」とは、求める選択肢における選択の自由度の問題で、「からの自由」とは、人を制約する諸々の条件、社会的枠組みや規定、心理的抑圧規定などからの自由の意味です。
 
  伝統的には、自由の問題とは、「への自由」だと一般的に考えられていたのですが、「からの自由」も歴史的には大きな意味を持っていたことをフロムは主張し、「への自由」だけでは解決しない問題があることを指摘しました。
 
  フロムのよく知られた著作は、ナチスの勃興を何故ワイマール憲法を持っていたドイツ及びドイツの人々が許容してしまったのかという社会的心理的分析の書物である『自由からの逃走』ですが、ここで、フロムは、ワイマール憲法の持っていた、「自由」の圧迫的側面を述べます。人は自分で判断できる以上の選択課題を与えられると、「選択の自由」が逆に制約となり、自己の心理的バランスのためには、「過大な選択の自由」からの「自由」を求める心の欲求が生じ、それが、すべてについて「断定的解答」を与えてくれ、個人の自由判断の責任から、個人を解放してくれたナチスの思想方針を、一般庶民が受けいれた理由である、と分析します。
 
  つまり、「「への自由」からの自由」を人々は求めて、ナチスを支持したというのが、フロムのナチス擡頭と人々の支持の理由の解釈です。無論、これに対する反論も存在します。
 
  しかし、フロムは、精神分析から出発した心理学者で、社会学の面でも理論を築きましたが、人間の心の問題を、常に中心に置いていました。「への自由」と「からの自由」の対立については、例えばフロムは、バッハオーフェンが提唱した「母権制社会」の概念を取り上げ、父権性社会の原理と母権制社会の原理に、この二つの自由が関係していることを示します。父権性社会では、「選択の自由」つまり「への自由」が尊重され、それ故、個性的な個人であることが望まれるに対し、母権制社会では、「選択ではなく、人としての平等」が強調され、「からの自由」が尊重される他方、「への自由」は抑圧され、結果的に「個人の自由選択」や個人の創意工夫や、個人の共同体との関係における「勝手な行為や思想」は規制される傾向があることを述べました。
 
  「への自由」と「からの自由」は、どちらかが極端に優位であってはならず、バランスが必要で、前者があまりに強調されると「個人の責任」が過大になり、他方、後者が強調され過ぎると、「個人の自由」は圧殺され、社会や共同体のなかに「自立した個」が埋没してしまうという危険があるということをフロムは述べたのです。
 
  『正気の社会』は、ナチスの擡頭を念頭し、再び、社会の「正気状態」とは何かを分析した著作で、ありえるべき望ましい社会の像を、フロムはここで描こうと試みました。フロムは心理学者で精神分析医です。彼にとっては、社会の正気は、個人個人の「正気」の基準とも重なって来るのです。フロムは、強迫性やネクロフィリア、つまり「生」へと向かうポジティヴな人生観ではなく、死の静止の安定あるいは、自立性の放棄に安定を求める志向を、狂気への過程であるとして否定し、強迫からの解放、ネクロフィリアつまり自己の生の可能性の否定による自我の否定的安定からの解放を目指し、生が、適切な「自由」において、健全となりえる、中庸的な社会の状態を望ましい、生の自己実現が可能な社会と考え、ここに、社会の「正気」を考えました。
 
  近代社会はリースマンも分析したように、個人に過大な自由と選択の余地と責任を負わせた結果、責任を放棄する無責任な大衆の孤独を生み出したとも言えます。フロムは、この生き難い近代社会のなかの個人が、積極的に、豊かな生を実現するには、いかにあればよいかを考え、「自由」の必要と限界を考え、個人がその実存のありように応じて、正気で健全で豊かな生を遅れるような条件がまた、社会が正気である条件として、人の生を豊かにし、正気を維持させる「自由」が望ましいと考えたということです。
 
  フロムの考えには色々な批判があり、常識論で説教をしても、近代社会の問題は解決しないのであるというのも、もっともですが、とまれ、フロムはこのような考え方をしたのだと、わたしは理解しています。
 
  (時に感じることですが、質問に対する回答というのは、人文社会系の場合、この本をとか、このサイトにとかで、書名やURLを紹介するだけではなく、ここでは、こういうことが述べられていますという紹介の上で、URLを紹介する、あるいは、それなりに回答を述べて、更に詳しくは、また、こういう意見は、このサイトに書かれています、ということでURLを紹介するというのが望ましいようにも思います。これは、一般的に感じていることです)。
 

 
  どのような思想家でもそうですが、厳密に詳細に、その思想を考察しようとするとたいへん難しくなるものです。フロムについてもそうです。
  
  しかし、一般的にフロムは、「人間の自由」という時、伝統的に西欧では、「意志の自由」等で哲学的にはポジティヴに考えられていた「自由」には、ネガティヴな面もあることを強調した思想家であるとも言えます。フロムはネオフロイディアンと呼ばれ、フロイト派の精神分析理論の上に立脚して、独自の理論を築いた人として知られます。
 
  フロムは...続きを読む

Q勉強の必要性と、一般的な集中力はどのようなものでしょうか

こんにちは、23歳の女です。
現在は、行政書士の資格を目指しています。

8月で勉強のためにアルバイトをやめました。
その後は勉強一本にするつもりでした。
しかし恐れていたことが起こりました。

私は、机に向かって勉強することができません。
甘えだと思います。

中学2年生の時からずっとそうなのです。
ある日突然勉強している最中に、ぷつっと何かが切れてしまいました。急にムカムカしだし、発狂しそうな気持ちになったんです。
その日から、定期テストのため勉強するたびに、ムカムカイライラが起きて、机をペンで刺したり、過食に走るなど、異常な行動をしていました。
学年があがるたびにひどくなり、
自分がおかしいんだと思っていました。過剰な怠け者なんだと。

しかし、将来のことを考え資格の勉強しようと決心しまして、周りの環境は全て整えました。
でも、肝心の心がついてきません。

勉強が必要だと何度も思ったし、勉強しようと何度もしました。

しかし集中がどうしてもできないんです。
教材を目の前にして、さあ勉強しようと思っても、数秒で違うことを考えていて、無理やり意識を教材に戻そうとすると、例のムカムカした気持ちがお腹のそこからよみがえってきます。
まるで、頭のどこかで「なんで嫌なことやらなきゃならないんだ!」と叫んでいるようです。

勉強をむりやり数時間出来たこともありました。
しかし、そうすると反動でしばらく勉強が全くできなくなるんです。

勉強する時は誰しもこういう気分でやっているんでしょうか?
こういう気持ちを抑えてなおかつ乗り越えないと勉強って出来ないものなんでしょうか。。

勉強を好きになることは出来ないのでしょうか。
あきらめて、机上の勉強が必要ない方向の将来を模索したほうが、良いでしょうか。。。

こんにちは、23歳の女です。
現在は、行政書士の資格を目指しています。

8月で勉強のためにアルバイトをやめました。
その後は勉強一本にするつもりでした。
しかし恐れていたことが起こりました。

私は、机に向かって勉強することができません。
甘えだと思います。

中学2年生の時からずっとそうなのです。
ある日突然勉強している最中に、ぷつっと何かが切れてしまいました。急にムカムカしだし、発狂しそうな気持ちになったんです。
その日から、定期テストのため勉強するたびに、ムカムカイ...続きを読む

Aベストアンサー

 と、言うより怠ける事が出来ないからそうなったのではないでしょうか。
自分を責めてばかりではありませんか?

 心の奥底にどんな思いを抱えているかは残念ですがここでは分かりません。
対面式のカウンセリング等を受けられてみてはいかがでしょうか?
お金を払えば愚痴を聞いてもらう罪悪感も薄れるでしょうから。

Qフロム「愛するということ」について教えてください

E.フロムの「愛するということ」を読みました。

これまで心底愛した人に騙され、よく考えると最初は相手の知識や立場に惹かれていたことに気づいたり、家族や友人の愛に悩み、身近な愛という言葉にピンと来ていた矢先でしたので、

「恋人だけを愛するのでなく周囲を愛することができるとき」や「自分が生産的な活動に充実しているとき」に、相手の成長を願うことが愛だという考えを、実践していきたいと思うのです。

が、もし自分が生きがいに充実して誰も恨むことなく周囲を愛せるようになったとき、恋愛とか結婚と言う意味では、誰をも愛せる分、誰でもよいということにならないでしょうか。

周囲への愛や自分のあり方については、実践できそうなのですが、
独身の私にとって、恋愛・結婚をしたくなったとき、その相手は
どのように選んだらよいのかわかりません。

また、フロムのこの本は名著と言われていますが、これに並ぶ著作や
フロムの愛について批判している本があれば教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
エーリヒ・フロムについての追加情報です。

Wikiの該当ページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%A0

新フロイト派
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88%E6%B4%BE

フロムの一番の功績は、人間の心理・精神やそれに基づく行動は、所属する社会に影響されていることを分析し明らかにしたことです。
そして、近代化によって「自由」を手に入れた反面、孤独で不安定になった事がファシズムの現出に繋がったと分析しています。(「自由からの逃走」)

「愛」という概念は、本当にややこしいモノでなかなか理解出来ないですよね。
余り細かいことは考えずに、自然体でいれば良いのではないでしょうか?
自分の幸せや他人の幸せを願う時に、いちいちこれは「アガペー」だあれは「エロス」だなんて言ってても無意味ですから(笑)
自分の理解では、自己の幸せを考えるのと同じくらい、他人の幸せも考える事だと思っています。
ほんの少し、日常で心がけるようにしています。

最後に「愛」に関するWikiです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B

#1です。
エーリヒ・フロムについての追加情報です。

Wikiの該当ページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%A0

新フロイト派
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88%E6%B4%BE

フロムの一番の功績は、人間の心理・精神やそれに基づく行動は、所属する社会に影響されていることを分析し明らかにしたことです。
そして、近代化によって「自由」を手に入れた反面、孤独で不安定になっ...続きを読む

QSSRという無接点リレーについて教えてください。 SSRはどのようなところで使用するものなのでしょ

SSRという無接点リレーについて教えてください。

SSRはどのようなところで使用するものなのでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

SSRは開閉頻度が多い所に使います。
普通のリレーは機械式接点なので1分間に数回程度の頻度でしか使えません。開閉の度に出る火花のために寿命が短いのです。開閉の回数に限度があります。
SSRは半導体スイッチなので火花は出ず、高頻度での開閉が可能です。交流電源の半サイクルごとに開閉ができます。すなわち50Hzの交流では毎秒100回、60Hzでは120回が可能です。開閉回数に限度はありません。
直流回路用と交流回路用があり間違えると正しく働きません。
また導通した際に1ボルト程度の損失があるため普通のリレーより損失が多く大電力のものは少ないです。
用途としては工業用の温度調節器などに使われます。

Q最初に、「今夜のTBSは」っていうCMのBGMを教えて下さい。最後に「フロムTBS」って言って終わる

最初に、「今夜のTBSは」っていうCMのBGMを教えて下さい。最後に「フロムTBS」って言って終わるやつです

Aベストアンサー

ジョルジュ・ビゼーのオペラ「カルメン」の第1幕前奏曲「闘牛士」の冒頭部分だと思います。

https://youtu.be/kveD0pGdEfg

Qビッグバン以外の、科学的な宇宙創始論はあるのでしょうか?(宗教的なものは除く)

ビッグバン以外の、科学的な宇宙創始論はあるのでしょうか?(宗教的なものは除く)

Aベストアンサー

宇宙というのは、天動説が地動説になったり、冥王星が惑星でなくなったり、といろいろ変化しているわけです。
ビックバンももっと精密な論理モデルが出てくれば内容が変化してくるでしょう。

実際に最初に提示されたビッグバンのモデルに比べて、今「これが起きたことだろう」と言われているものは、膨張宇宙に至る過程がずいぶんと違います。

ビックバンモデルが初めて提示されたのは、20世紀の初頭ですが、実はそれまで科学者を含めて「宇宙は永遠」と漠然と考えらえてきました。アインシュタインですら「そんな考えは馬鹿げている」と考え、むしろビッグバン理論(当時はフリードマン宇宙論)は「宗教的な考え」と思われていたのです。

それを変えたのはハッブル(エドウィン・パウエル・ハッブル)で、細かい宇宙観測の結果、私たちの銀河以外の銀河が存在すること、そしてその他の銀河が私たちの銀河から遠ざかっているようにみえること、を発見しました。
 しかし、発見当時はあまりこれらが考慮されず、量子学の発展や精密な天体観測機器ができるにしたがって、宇宙の膨張が認知されるようになり、ビッグバン理論が真剣に検討されるようになりました。皮肉なことにビッグバン理論ができたために、反対派である定常宇宙論派は論理をまとめる必要に駆られ、できたのが#1の書いている「定常宇宙論」であり、量子学が発達した後にビッグバンへの反対論(ありうる可能性)といて出されたのが「二つの振動宇宙論」です。

しかし「宇宙マイクロ波背景放射」や「銀河の赤方偏移」というビッグバン理論だけが説明した観測結果が知られるようになって、今ではビッグバンが「一番宇宙の状態をうまく説明している」とされているのです。

ただし、(皮肉なことに)ハッブル宇宙望遠鏡でさらに詳しく宇宙観測ができるようになると、ビッグバン理論としても不都合が観測結果がでてくるようになりました。そのため、今のビッグバン理論はアインシュタインの相対性理論の前の、ニュートン力学のような状態であり、いずれ改良されて精緻なものになる、と言われています。

宇宙というのは、天動説が地動説になったり、冥王星が惑星でなくなったり、といろいろ変化しているわけです。
ビックバンももっと精密な論理モデルが出てくれば内容が変化してくるでしょう。

実際に最初に提示されたビッグバンのモデルに比べて、今「これが起きたことだろう」と言われているものは、膨張宇宙に至る過程がずいぶんと違います。

ビックバンモデルが初めて提示されたのは、20世紀の初頭ですが、実はそれまで科学者を含めて「宇宙は永遠」と漠然と考えらえてきました。アインシュタインですら「そん...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報