映画『パトリオット』『ラスト・オブ・モヒカン』を観て思ったんですが、なぜ18世紀あたりの時代の兵はわざわざ列を綺麗に作って、指揮官が「構え!」、「撃て!」と言うまで撃たないのでしょうか?
『パトリオット』の中では、森の中を通る英兵をメル・ギブソンらが襲ったのですが、英兵達が反撃をするまでには何人もの英兵がすでに殺されてたと思います。米兵と英兵が戦場で向かい合って戦うときも、お互い隊列を作り行進して、指揮官が指示するまで攻撃しませんでした。行進して敵に向かってる間にもどんどん周りの味方が撃たれてました。
もう少し賢い戦い方があるように思うんですが・・・。
まとめますと、
(1)なぜこんな戦い方をするのでしょうか?
(2)こういう戦い方はいつからいつまであったのでしょうか?
(3)どういう国・地域・兵隊にこの戦い方は使われたのでしょうか?
知ってる方がいれば教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1 当時の銃はマスケット銃といって銃口から弾を込める「先込め式」でした。

したがって、一発撃つと再び弾を込めねばならず、その方法は火薬を銃口からいれ、棒で奥まで的確に送り、次ぎに(おくり)を入れ、さらに弾を入れ、棒で的確におくり、点火役を火皿に入れ発火装置をおしあげ、ようやく発射態勢がとれるのです。
また、銃身内に螺旋破棄っていないため、命中精度は非常に悪く、「敵の顔が識別できるまで」近づいて撃たなければ的確に命中しませんでした。
したがって、あわてて銃を撃つと、命中しないばかりか、次の発射まで無防備の状態に立たされてしまいます。
指揮官は、できるだけ近づき一斉発射をし、次ぎに銃剣による白兵戦に持っていきます。指揮官は恐怖に負けず、冷静に状況を判断し、部下の行動を掌握する人物でなければ、つとまりませんでした。
 これに対して植民地軍の銃はライフル銃で命中率、飛距離とも格段に優れていましたが、兵隊の数が圧倒的に足りませんでした。したがって、「狙撃」というゲリラ戦法でいどんだのですが、「パトリオット」の中でも言っているように、
隠れて指揮官を狙うのは当時の「騎士道に反する」卑劣なやり方だったのです。

 同じような時期にフランスとイギリスがある戦いで火蓋を切ったのですが
「フランスの諸君、先に発砲したまえ」とイギリスの指揮官が呼びかけそれに返礼して「イギリスの諸君、君たちが先に撃ちたまえ」というようなこともありました
 マスッケット銃の性能としては戦国時代の「種子島」と似たり寄ったりですが、日本の場合は
銃の命中度を上げるのに訓練したのに対し、欧米では組織化された軍隊が早くから登場したため、部隊全体としての銃の発射速度を訓練の対象にしました。
 これは、兵の組織的教育が比較的簡単なためと、誰でもそれなりにできる結果を求めていたからです。たいして、日本のそれは、兵士一人の熟成に時間がかかり、戦死した場合コストとリスクがかかるのです。

2 この戦い方は、近世~銃が手軽になり、常設軍として国家に組織化された軍隊が定着しはじめたころだとおもいます。1600年くらいから南北戦争1800年あたりだと思います。先込め単発しきから、元込めに銃が切り替わるまでのはずです。

3 欧米列強、ナポレオンの時代、その植民地でです。

この時代の小説は、当時海軍士官を主人公にした、「ホーンブロワー」や「ボライソー」などに出てきます。(ハヤカワ文庫)
当時の医療はまだ麻酔もなく、怪我をしたものはベッドにくくりつけられて、のこぎりで怪我をした部分を切断されました。軍医は、「いかに速く手足を切り取ることができるか」が腕の見せ所でした。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇー、そうだったんだぁ。。やはり『騎士道」ってもんが関わってくるんですね。隊列を組んだり、敵の近くまで向かって戦う理由は“銃の性能が悪いから”とわかったんですが、行進して敵に向かう理由はどうなんでしょう?隊列で走って向かえばいいと思うんですが・・・。これにも『騎士道』が関わるんでしょうか?

お礼日時:2002/02/03 22:44

隊列についてですが、


 指揮官は部下の兵を常に掌握していなくてはならず、命令を正確に実行させる必要がありました。つまり、常に自分の目の届く範囲に、大声で怒鳴って命令が聞こえる位置に部下を集中させておかねばなりませんでした。今と違って、電話や無線はないのですから。
 また、隊列は戦闘を左右させる重要な点でした。適正な位置に、砲兵や騎兵を配置し、敵の行動に対して適切に動かす必要があったのです。
例えば、騎兵の前に戦列歩兵を幾重にも置けば、瞬間のチャンスに味方の戦列歩兵が障害となって騎兵突撃ができなくなりますよね。各兵隊を勝手気ままに走らせたら、全体の統制がとれなくなってしまうのです。
そのためにも、兵隊は隊伍を整え歩調を乱さずに歩いていきました。ひとたび、パニックになり暴走すれば防ぎようがなく、それは自軍の敗北に直結しました。
兵士達は目前の恐怖にうち勝つ為にも、走らず一歩一歩歩いて敵に向かい合ったのです。
 
また、戦闘の場所にもよります。パトロールなどの部隊が森中で敵と遭遇した場合は、地形を考えて、遮蔽物の影から各個に撃ち合うこともありましたが、
おおきな決戦ともなれば、広い広大な場所でなければ数百数千の人馬を、戦わせる事ができません。当然、草原や麦畑のような遮蔽物のない場所での戦闘となります。
 たとえば、ナポレオン時代の軍服はバッキンガム近衛兵が来ているのと同じような、原色を使いきらびやかな金モールをあしらったものでした。居場所が分かって撃たれるだろうと思うでしょうが、これには指揮官がそれぞれの兵の配置や優劣が、一目でわかる為のものです。
また、指揮官と兵士はまったく別の階級でした。これは社会的な意味での階級です。指揮官はジェントルマンとよばれ、兵士達は今で言う労働階級でした。
命令するものとそれを実行するものとに区分され、兵は画一的に機械のように使われました。対して指揮官は兵よりも先に立ち、的確な判断を下し、彼らの信頼を勝ち取る必要がありました。ただ部下にやさしいだけではなめられてしまうのです。
 兵達は時には、死刑囚、密猟者、強盗、山賊などが、刑事罰と引き替えに入隊したものも多く、そのような荒くれの中に15~16才の若者が見習士官として彼らを率いて行かねばならなかったのです。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた回答していただきありがとうございます。
謎が解けました。ホントに感謝です。

お礼日時:2002/02/07 19:22

こんばんは。

grypsと申します。
回答は1812さんがお答えなので、自分の考えを。

隊列を組んで・・・については、銃の有効射程(弾が届くのではなく、命中率が高く、殺傷能力があるという意味)が短い為、ある程度接近する必要があった事と、一斉射後に突撃を行う際に、集団戦を行うことにあります。相手を極力殺傷し、有利に白兵戦に持ち込むためには、ぎりぎりまで発砲を抑える必要があります。弾込めに時間がかかるため、先に遠距離で発砲した場合、相手に更に接近されるまでに第二射を放てないからです。

その点、織田信長の長篠の合戦の三段構えは、鉄砲の特性を理解した上での戦法といえます。最も、武田騎馬軍が真正面から向かってきて(有効射程内に相手が入ってくれる)、鉄砲を所有しない(相手が反撃できない)事が前提ですが・・・

実際には被害が出ることはわかっていながらも、そうせざるを得ないのが現状だったと思います。「パトリオット」「LOM」等での描写は、奇襲のシーンでの事で、準備万端待ち構えているゲリラ等の戦法に、会敵してから戦闘の準備を始める正規軍の戦法の差異でしょう。平原などの開けた場所での戦闘では同じような事にはならなかったはずです。ここらへんの描写は映画「グローリー」の冒頭でも描かれています。

ちなみに、アフガンに展開している(といわれている)米軍レンジャー部隊(特殊部隊)は、独立戦争時の不正規戦(ゲリラ戦)部隊からの歴史があります。

また、これらの戦法も元込め式の銃の登場(第二射のスピードが上がる)と、ガトリングガンなどの連射可能な火器の登場で消えてゆきました。

別に、これらの戦い方を模倣していたわけではないのでしょうが、近代日本軍などは203高地や第二次大戦時でも、いたずらに突撃を繰り返し、圧倒的な火力の前に膨大な被害を出しているのが、印象に残りますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございます。
>米軍レンジャー部隊(特殊部隊)は、独立戦争時の不正規戦(ゲリラ戦)部隊からの歴史があります。
そうなんですか!!?初めて知りました。
>近代日本軍などは203高地や第二次大戦時でも、いたずらに突撃を繰り返し・・・
確かに、203高地はビデオで見ましたが、むやみやたらに突撃してますね。

お礼日時:2002/02/07 19:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連合軍最高指揮官

第二次大戦中、ヨーロッパでは、ただ一人、アイゼンハワー将軍が連合軍最高指揮官でした。
何故、太平洋では戦域を分けて、ニミッツ提督とマッカーサー将軍の二人の連合軍最高指揮官が存在したのでしょうか。
米軍内部の陸海の争いがあったのでしょうか。
個人的には、太平洋の戦は、マッカーサーに負けたというより、日本の連合艦隊がニミッツの太平洋艦隊に敗れたイメージがあります。

Aベストアンサー

もともと太平洋における攻勢(反攻)の指揮官はニミッツでしたが、海軍主導を快く思わなかったマッカーサーが陸軍の長老であることと、フィリッピンやオーストラリアがあまり考慮されていなかったために強く主張してそちらのルートも攻勢のルートとなり、マッカーサーが最高指揮官になりましたがあくまでも副次的なルートでしかありませんでした。
しかし、もともと陸軍はヨーロッパ戦線に全力を集中しており、太平洋方面は海軍にまかせる方針であったために、太平洋にまわせる兵力はあまりなく、そのためマッカーサーの攻撃は大規模なもことはできませんでしたし、海軍も精鋭はニミッツルートで必要であったので、マッカーサーに配属されたのはヨーロッパの戦線が片付くまでは二流の部隊ばかりで、あまりめだつものがないのはそのためです。

Q女性の戦闘指揮官は、どれくらい実在したのでしょうか?

女性の戦闘指揮官は、どれくらい実在したのでしょうか?

Aベストアンサー

戦国時代(日本)には、女性の戦闘指揮者がいたといいます。
岡山市灘崎町にある「常山(つねやま)城」では、
城主の妻が指揮を執り、城内にいる女性たちと共に甲冑を着け、
男性と共に戦ったそうです。(全員討死)

全国には、まだまだこのような女性がいたと思います。

Q中国の行進が皆揃いすぎです。何故あんなに行進力凄い

中国の行進が皆揃いすぎです。何故あんなに行進力凄いんですか?
自衛隊と比べてもそろい過ぎじゃないですか?
かなり精強ですよね中国軍って。

http://www.youtube.com/watch?v=O1Q46We7rUo#t=4m35s

Aベストアンサー

日体大のは人数少ないから大したことないです

Q現代戦における指揮官

昔の戦争では兵員の質や使ってる武器という要素と並んで、指揮官の能力というものは重要でした。
優れた将の采配如何で多勢に無勢の状況をひっくり返して勝利を得ることもしばしばであり、
そのような天才的指揮官が生み出した戦術はまた新たな戦闘教義として後世に伝えられていくものでした。
然るに20世紀の世界大戦以降、戦場の規模や投入される兵力、用いられる技術などは飛躍的に進歩する事となり、
戦場の様相は前世紀とは全く変わってしまいました。
このような現代戦において指揮官の能力や選択した采配の戦に与える影響はどの程度なのでしょうか?
また現代の軍隊において将に求められる資質とはどのようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

現代の軍隊の将に求められる資質についてですが、1992年にアメリカ軍事史学会においてウォルター・ボーマー中将(湾岸戦争で第1海兵遠征軍司令官を務めた人物)は次のように述べています。
「指揮官、幕僚は軍隊の教育と経歴を通じて、戦史から戦いの原則を学び取り、知識、創造性、判断力を培って、平時から戦いに備えなければならない」
私見ですが、過去の歴史において名将と言われた将軍達もやはり、知識、創造性、判断力において優れているものがあったからこそ、新たな戦術を生み出したり、不利な状況を覆し戦いに勝利したのだと思います。

昔も今も指揮官が戦いに与える影響は大きいでしょう。

朝鮮戦争の話ですがマッカーサー元帥の指揮は酷いものでした。
反対の声があるにも関わらず、「元山上陸作戦」を行っていますが、
上陸作戦のために艦隊が出港したのは10月17日です。しかし、10月11日には既に元山は陸上からの攻撃で陥落していたのです。しかも、元山沖の機雷の掃海に手間取り上陸が行われたのは26日になってからでした。
その間、前線では兵力が不足していたのです。
10月20日にはやはり反対の声があるにも関わらず空挺作戦を行っていますが、全く戦果はあがりませんでした。
統合参謀本部議長のブラッドレー大将は「第10軍団を元山沖に漂わせたり、無意味に降下作戦を行ったり、結局マッカーサーは初めて大軍を指揮したので、教科書に載っている作戦をみんなやってみたくなったのだ」と酷評しています。
しかも、マッカーサーはその後、中国国境へ拙速に軍を進出させた為、戦線が穴だらけで、結局、中国軍の参戦とその攻勢に対応できませんでした。
私に言わせれば朝鮮戦争のマッカーサーの指揮ぶりは悪い見本であり、苦戦するのも道理です。

1973年の第4次中東戦争の時、シナイ戦線においてイスラエル軍は、スエズ東岸のエジプト軍陣地に戦車部隊単独で攻撃を何度も仕掛け、エジプト軍の対戦車兵器にしてやられ大損害を被っています。
戦車単独での攻撃は危険であり、歩兵と砲兵と戦車の協同攻撃こそが最も有効なのは第二次世界大戦で実証されていたにも関わらずです。
イスラエル軍の指揮官は正に過去の戦訓と原則を忘れていたわけです。
その後、イスラエル軍は戦車部隊だけの攻撃をやめ、原則通り歩兵と砲兵、戦車の協同攻撃に戻りました。
指揮官の采配しだいで、敗北の可能性も勝利の可能性も変動します。

1992年、内戦の激しかったソマリアに国連平和維持軍が派遣された時、軍閥の指導者だったアイディード将軍は、国連に宣戦布告をします。
そしてゲリラ戦、市街戦にて国連軍を苦しめます。
アメリカはアイディード将軍の首に懸賞金を賭けますが、捉える事も殺害する事もできず、結局、平和維持軍はソマリアを平和にする事ができぬまま1995年に撤退します。
アイディード将軍の采配が良かったのか、平和維持軍の作戦が悪かったのか・・・ともかくアイディード将軍の勝利です。
ところで、このソマリアでアメリカ軍が活動中の時、アメリカ軍のソマリア派遣部隊司令官のトーマス・モントゴメリー少将は、本国に機甲部隊の増強を求めています。
市街で敵の築く障害物と火力拠点を突破・制圧するには現有の軽装甲車両では不十分であり、敵火力の餌食になるとの理由からです。本国の統合作戦本部議長など軍人は皆、モントゴメリー少将の要請を支持しました。
しかし、ホワイトハウスはこの要請を拒否し戦車部隊を送りませんでした。これがアメリカ軍がソマリアで苦戦し損害を増大させた理由の一つです。もし、モントゴメリー少将の要求が通っていれば違った結果になったかもしれません。

1994年のルワンダ紛争では反政府軍が電撃戦により兵力で2倍以上だった政府軍を敗北させ勝利していますが、これは反政府軍指揮官で現在は大統領のポール・カガメの指揮がうまかったからだと言われています。
逆に言えば、2倍以上もの兵力がありながら敗北した政府軍の指揮官の采配が悪かったとも言えるでしょう。

湾岸戦争、イラク戦争でアメリカ軍が少ない被害で迅速に勝利をおさめたのも、指揮官が妥当な判断と命令を下し、ミスをしなかったからだと思います。

現代戦において指揮官の能力というものは、戦勝の原則の重要な一要素だと言えると思います。

現代の軍隊の将に求められる資質についてですが、1992年にアメリカ軍事史学会においてウォルター・ボーマー中将(湾岸戦争で第1海兵遠征軍司令官を務めた人物)は次のように述べています。
「指揮官、幕僚は軍隊の教育と経歴を通じて、戦史から戦いの原則を学び取り、知識、創造性、判断力を培って、平時から戦いに備えなければならない」
私見ですが、過去の歴史において名将と言われた将軍達もやはり、知識、創造性、判断力において優れているものがあったからこそ、新たな戦術を生み出したり、不利な状況を覆し...続きを読む

Q現代の指揮官が戦国時代で戦ったら

もし現代の軍隊の指揮官が戦国時代にいって、その時代の武器を持ったその時代
の兵を指揮して、同程度の装備と兵力を従えている戦国武将と戦ったらどうなるのでしょうか?
つまり時代によって武器の性能が進化しているのは当然ですが、
兵の動かし方といったものの考え方も進化しているのかどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

用兵戦術の進化というか変化はそれだけの進歩も当然していますが、それよりも大きな影響は政治経済が与えています。
例えば資本主義や民主主義です。これにより大量動員が可能になり、傭兵主体から国民皆兵の常備軍に変わったということ。単純に傭兵が主力だったために様々な制約(例えば縦列隊形しか組めないとか)があった時代に、ナポレオン軍が快進撃できた理由の一つは戦術の自由度があったからです(もちろんナポレオン本人の資質も大きいでしょうが)。
http://www.tabiken.com/history/doc/F/F207L100.HTM
つまりこういう文化の進歩に伴う用兵戦術の変化は、例え現代人がタイムスリップしても、一部隊指揮官程度ではどうこう左右できるものではありません。

ただあるとすれば、百年戦争時代の長弓のように、その時代の文化/技術で十分に可能な範囲で本格的に利用され、その有効性が明らかに実証されたような軍事史上の一大転換期の知識が利用することは可能でしょう。
もっと昔の話なら例えばギリシア時代の歩兵(槍部隊)の戦術の進化の歴史も活用できるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E5%8F%B2
まぁ要は、武田信玄にこれからは騎馬じゃなくて鉄砲ですよと進言(信玄に進言・・・)出来たら、根本的に180度軍制を変えることは出来なくても、織田信長よりも早く主力兵器として使うことは可能ということです。
ただこの辺はあくまでも戦場での小手先の戦術レベルの話でしかないので、戦場で少々勝とうが、根本的な文化レベルの革新(戦国時代なら楽市楽座とか)には敵わないと思います。
つまり信長よりも早く鉄砲を使って何度か勝てたとしても、そういった戦術は早急に広まるものですから鉄砲の保有数の差で最終的には負けてしまう。太平洋戦争で日本軍が空母の集中利用による艦載機の先制攻撃という新戦術で快進撃をしていましたが、それも真似されてしまえば結局は経済力の差で勝負がついてしまうと。

用兵戦術の進化というか変化はそれだけの進歩も当然していますが、それよりも大きな影響は政治経済が与えています。
例えば資本主義や民主主義です。これにより大量動員が可能になり、傭兵主体から国民皆兵の常備軍に変わったということ。単純に傭兵が主力だったために様々な制約(例えば縦列隊形しか組めないとか)があった時代に、ナポレオン軍が快進撃できた理由の一つは戦術の自由度があったからです(もちろんナポレオン本人の資質も大きいでしょうが)。
http://www.tabiken.com/history/doc/F/F207L100.H...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報