A,北斜面、日当たりいまいち、でも庭があって北側の見晴らしはいい傾斜の土地。
B,庭がない(植木蜂を置く程度。)でも、東南角地で日当たり抜群のフラットな土地。
究極的には庭をとるか、日当たりをとるか、なんですけど。迷っています。
ちなみに、土地面積はAの方が広いのですが、(庭ぶん15坪ほど)、家の住みやすさはBのほうだと思っています。
家族意見が分かれておりまして、ぜひ、皆様の経験談などのアドバイスをいただければと思います。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

こんにちは!


親のお蔭で、人生、ずーっと日当たりの良い南向きの家に住んでいます。
5年程前に現在の家に移転しましたが、前の家の時も現在も、自分の部屋は北東にあります。父と母の部屋は並んで南に面してあり、特に冬は同じ家の中でありながら、自分の部屋の寒さがよくわかります。冬寒いと、夏暑いんですよね。

お日様って、本当に公平だなぁ~と思うのですが、今や都会では、お日様に当たるにもお金がかかる・・・のだと感じます。
それに、傾斜のある土地というのは、土地の価値から考えると、あまり良くないはずです。また、傾斜があるという事は、周りに坂があるという事で、買い物なども含め、何かと大変ですよ~。光熱費にも差が出てきますし・・・。

母とよく話しているのですが、「日当たりの悪い一軒家だったら、日当たりの良いマンションの方が良いね」と言っています。
(両親は古ーい人間で、マンションが嫌いな為、こういう比較になります)

・・・という事で、わたしもBに一票です!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も実はうまれてこのかた偶然にも南向き、または東南角の部屋にしか住んだことがないんですよね。
だから日当たりが悪いということからくるデメリットというものがいまいちよく分かっておらず、北側斜面というものを甘く考えすぎているかなあと思っております。
>「日当たりの悪い一軒家だったら、日当たりの良いマンションの方が良いね」と言っています。
それほど日当たりは大事だということですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 09:22

庭があっても、その条件では庭で楽しめるわけもない・・・・と思うので、Bです。


その他諸々、他の方が言われているように手が掛かったり、最悪な場合健康に影響することすら考えられます。

あと、これはほんっとに個人的意見なのですが、自分が生活する地盤が斜面に・・・というのは、どうにも落ち着きません。意識しなくてもどこかで変な風に働きかけられそうで・・・・(^^; なのでBを選びます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>庭があっても、その条件では庭で楽しめるわけもない

おっしゃるとおりです。庭にきれいに隣の総二階の建物の影が落ちるので多分植物は育ちにくい、というか育たないなあと思っております。
まあ、せいぜい洋風のタイルをひいた庭にするかくらいかなと。
私は家庭菜園をしたいのですが、日があたらないので無理かなあ、と。
 
ご意見参考にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/05 16:16

こんにちわ。



私ならどちらかっていうとBです。
日当たりが悪い場所って、居心地が悪いですよ。
おうちに帰るのも億劫になってくるし。
何年か前、湿気でジメジメしたところに住んでいたら、
冬になるとテントウムシが大量に家の中にいて気持ちが悪い思いをしたことがあります。

ただ、Bが午前中しか日が当たらないのならAもBも変わらない気がする・・・。日が当たる時間も考慮してみては?
周辺の建物の高さ、何時になると日陰がどれくらいできるとか。
「もの凄く日当たりがよい」でなくても、少しでも日当たり時間が長いほうがありがたいものです。(冬は昼間の暖房費がかからない方がいいですもの)
もう少し、候補を探してみるといいかもしれませんね。

ではでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
東南角地のBは周りを考慮しても一日中きれいに日があたります。
それに三階建ては建てられない地域なので、将来的にも大丈夫かなと思っております。
反面、Aは北側斜面で、しかも南側に総二階が建っており、斜面である分その建物が3階建てくらいの高さになり、多少圧迫感があります。
ただ、そのぶん庭があるのですが、庭にきれいにとなりのお家のかげがおちて一階のリビングダイニングはひんやりします。
ただ、一日中日があたらないというわけではないので、庭のついているAのお家も捨てがたくてまよっているという次第です。
アドバイスありがとうございます。
なにぶん日当たりの悪い部屋にすんだことがないので、そういうお家のすみごこちは全く知りませんでしたのでとても参考になりました。
一生住むことを考えると結構深刻ですね。
もう少し考えます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/05 16:10

断然、東南角地が良いと思います。



こういう質問があるということは、sorasorasoraさんは北側の部屋に住んだことが無いのではないでしょうか。
私の部屋はそれこそ北側で、1年中湿気との戦いです。
「水取りぞうさん」はかかせないし、窓の結露のせいで発生するカビを繁殖させないよう、窓ふきは念入りにしないといけません。
これがサッシだと水を取るのが大変で、掃除だけでもとても手間がかかります。
たしかに今は結露防止シート等のお役立ち品も出回ってますけど、それだって一々貼っていかないといけませんようね。
東南の部屋と比べるととても面倒です。
掃除、お役立ち品、湿気取り等、どのくらいコストがかかるか見当もつきません。
それに加えて、やはり住み心地もダウンします。
冬はとても寒く湿気を含み、夏は日当たりが悪いので物品の日焼けはまぬがれますけど、夏特有のジメジメとした熱気が抜けません。

多少土地が狭くても、フラットで歩きやすく日当たりの良い気持ちの良いお家にしておきましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>こういう質問があるということは、sorasorasoraさんは北側の部屋に住んだことが無いのではないでしょうか。
 
ズバリそのとおりです。北向きの部屋には一度も住んだことがありません(笑)
それどころか、生まれてこのかた、実は住んだ部屋はすべて南向き、または東南の角の部屋かのどちらかだったもので。
なにぶん、日があたらないということや、北側斜面っていうことに対して全く実感がありません。
でも、北側の日のあたらない部屋ってそんなに湿気がすごいんですか?
ちょっとひんやりするなあ、ってくらいだと思っていたので。(知り合いの部屋とかに行かせてもらったりしたことを思い出すと)
ちょっと、深刻に考えてしまいました。
とても参考になりました。
アドバイスどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/05 15:54

こんにちは。


えっと、私ならBを選びます。やはり日当たりが良いほうがイイです。角地なら尚更!斜面だと、冬に北西の風が吹くと、風当たりがとても強くなると思います。実家の西側が斜面なのですが、風当りがとても強くて、雨戸がバンバンうるさいです。家、揺れるし。(^^;) 壁もすぐ汚れます・・・。良いことありません。(笑)

私的意見ですが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、冬の北西の風、検討中の物件には、確かに方角的にばんばんモロにあたりそうです。
確かにそれは気になると思います。知りませんでした。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/02/05 15:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続時の土地の評価額

相続時の土地の評価額についてお尋ねします。

以前から漠然と、相続の際、現預金より土地のほうがはるかに低く評価されるので有利と考えていました。

ところが自分が遺言書を書く気になって、信託銀行に行き、「小当たり」してみたところ、今は土地も実勢価格で評価されるので、現預金と、有利不利はないと言われました。

確かに今は実勢価格と、路線価や公示価格と差がないと聞いた記憶があります。

一方で、五年前に母が死んだ時の自分の相続の明細を見ると、土地の「相続税評価額」は実勢価格の1/3以下になっています。

そもそも相続上の評価額と「相続税評価額」は意味が違うのかもしれませんが、よく分かりません。

一度離婚していて、いろいろ複雑な問題があり、信託に相談するとしても、基礎知識として知っておきたいと思います。

実際はどちらが正しいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>相続上の評価額と「相続税評価額」は意味が違うのかもしれませんが、よく分かりません

市街化調整区域の場合は倍率方式を採用しますので、NO1の方が言われる様な方法ですね。
市町の発行する評価証明×相続税倍率=相続税評価額

市街化区域の場合は税務署が路線単価を持ってますので
路線単価×奥行き補正率×間口補正率×m2=相続税評価額

色々「かける」ことによって「実勢価格に近づける」でしょうか。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4602.htm
http://www.rosenka.nta.go.jp/
当年分は、いつも7、8月ごろです。

Qせっかくの東南角地なのに・・・(長文です)

私達の購入した土地は東南角地(前道路6m)なのですが、先に西側の土地が
売れて、今そちらは建築中です。
その西側の家なのですが、建蔽率オーバーじゃないのかというくらい大きく、
そのせいで我が家の日当たりが怪しいのです。
午前中は全然問題ないのですが、午後2時過ぎくらいには
1階の部屋はもう日が当たらないのではないかと心配です。
我が家は、駐車スペースを3台分取っているため、南は6メートル
くらい空けます。隣は駐車スペースなんてないのでは?と
思うくらい、南に寄せて建てています。
まだ我が家は建っていないのですが、気になって仕方がありません。

もうちょっと考えて建ててくれれば良かったのにと大人気ないですが、思っています。

あと、うちの庭&駐車場から採光を取り入れようとするのが気に入らないので、目隠しを兼ねて塀など建てようと思っているのですが、やはり意地悪ですかね・・・?

勝手な質問ですみませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

南・東から、陽が取り入れられれば、問題ないように思いますが・・・。西日がさえぎられるメリットもありませんか?

採光は、誰にだって必要ですし、権利なので・・・
目隠しや塀には、それなりの費用がかかりますし、せっかくの家の全体像にも影響が出ると思います。
これから長く御近所付き合いしていくのですから、仲良くしていく方向で考えてはいかがでしょうか?お互いに様々なやり取りを長くしていくのですから。

駐車スペースの有無、敷地のどちら側に寄せて建てるかなどは、相手の自由です。日当たりについてはあなたのほうが有利な条件ですから、むしろ向こうのほうが「我が家に陽が当たるようにスペースを確保してくれたら良いな」と思うのでは?

建蔽率オーバーは、見た目では判断できませんし、建築中であれば足場の分広く見えることもあるでしょう。完成時期に監査が入ることもありますから、初めからいかにも違法な建築はやりにくいと思うのです(どうしても気になるなら、完成時期に検査をする予定か、自治体に確認してみては?)

最初から敵意を持つような具合では、良くないと思います。その土地にもよりますが、法律で決められた範囲であれば、自由に建てるのが当たり前です。
長い目で見て、仲良く・気持ちよく暮らせるように切り替えられたほうが、よりいっそう楽しくなると思いますが、いかがでしょうか。

南・東から、陽が取り入れられれば、問題ないように思いますが・・・。西日がさえぎられるメリットもありませんか?

採光は、誰にだって必要ですし、権利なので・・・
目隠しや塀には、それなりの費用がかかりますし、せっかくの家の全体像にも影響が出ると思います。
これから長く御近所付き合いしていくのですから、仲良くしていく方向で考えてはいかがでしょうか?お互いに様々なやり取りを長くしていくのですから。

駐車スペースの有無、敷地のどちら側に寄せて建てるかなどは、相手の自由です。日当...続きを読む

Q遺産相続および土地評価について

祖母の遺産相続でもめております。

祖母には3人の子がいて、内一人が私の父です。
祖母は土地をもっていましたが相続税対策のため
銀行に借金をしてマンションを建設しました。
(現在6千万の負債が残っています。)

銀行との契約は
祖母と父が「連帯債務者」私が連帯保証人です。

遺言書にはマンションは父に相続させる記述がありましたが
土地、借金については言及していないため

兄弟達はマンションの土地は相続人全員に権利があるから
相続させろと主張し、さらに借金については相続しないと言い張ります。
法定相続的には負の財産も均等である旨を父が主張しても
「連帯債務者」である父が負担すべきと返されます。

この主張は正しいのでしょうか?

また、マンションとその土地の名義が分散してしまうと
もめ事の種にもなりかねないため、兄弟の相続権のある
マンション建設地の評価分を現金で支払おうとしていますが
その際の土地の評価はどのようなものになるのでしょうか?

兄弟は更地の売却実勢価格分よこせと言い出すでしょうが、
当方としては安い路線価や固定資産税評価を基準にしたいところですし
マンションが建っている土地である以上、貸家建付地という条件、
またその土地はマンション建設の為に借り入れをした銀行の
抵当にもなっているため、評価は低いと考えます。

祖母の遺産相続でもめております。

祖母には3人の子がいて、内一人が私の父です。
祖母は土地をもっていましたが相続税対策のため
銀行に借金をしてマンションを建設しました。
(現在6千万の負債が残っています。)

銀行との契約は
祖母と父が「連帯債務者」私が連帯保証人です。

遺言書にはマンションは父に相続させる記述がありましたが
土地、借金については言及していないため

兄弟達はマンションの土地は相続人全員に権利があるから
相続させろと主張し、さらに借金については相続しな...続きを読む

Aベストアンサー

■[上記案に間違いはあるのでしょうか?]

遺言で指定された以外の財産については、相続人間の遺産分割協議で財産を分割します。

従って、補足された内容が間違いであるかどうかという判断はなく、それが相続人間で[合意]されればOKという話になります。

ただ、法定相続分を考える場合には、総資産(遺言で指定された財産とそれ以外の財産を合計した財産)を前提にして考えます。ですので仮に相続人が父、弟A、弟Bの3人であれば、全体の財産と負債に法定相続分が1/3あるということになります。

また、遺産分割協議が調わない場合は家庭裁判所に遺産の分割を申立てることができます。 家庭裁判所はまず「調停」にかけ、調停が成立しないときは「審判」による分割を行うことになります。

■遺産分割方法について

ここからは分割方法について個人的なアドバイスを書かせて頂きます。

1.遺言で指定された財産について

遺言通り、父がマンション建物、弟Aが財産A、弟Bに財産Bをそれぞれ承継します。(ここまではOKですね)

2.マンションと土地と借入金について

これまでの経験から申し上げると土地・建物の所有権は一本化した方が宜しいです。(つまり、マンションの土地・建物を父の所有に一本化する)

その理由としては土地・建物を別の所有者とすると
・将来の売却する場合に障害になる可能性
(建物・土地単独では売却が難しい)
・次世代への相続時に話が面倒になる
・借地料支払の請求、借地権の発生・・・等
後々トラブルが発生しやすい状況になるからです。

次にその方法についてですが

借入金6,000万の連帯債務については、父だけではなく、弟Aも弟Bもその相続分に応じて負担する義務が発生します。つまり、仮に相続人が3人(父、A、B)の場合には、AとBがそれぞれ6,000万×1/3=2,000万、2人合計で4,000万の連帯債務を負担することになるわけです。

そこで父がAとBの債務4,000万を引受けるかわりに、その債務と同額のマンションの土地を引継ぐ事にするのです。(債務と土地が同額なのでプラス・マイナス0)

遺産分割協議でA・Bの債務を父が引受ける事について合意を取り付けるのです。

ただ、その合意は相続人間では有効な契約でありますが、第3者である銀行に対し主張することはできません。(つまり、銀行は相続人それぞれに返済を請求できる)

債権者である銀行にA・Bの債務を免除してもらうには「免責的債務引受」(他の債務者の責任を免除させる債務引受け)を承諾してもらう必要があります。

銀行が承諾するかどうかはここでは判断できかねますが、債務者の1本化、不動産担保力、マンションの収益力、連帯保証人の資力等を総合的に判断して決定されることになります。

(ただ、相続人間の合意は有効であって、要は銀行がどのように回収するかの判断の問題です)

また「マンション収益のある父だけが得だという反発があると思われますが、家賃収益は遺言書に記載された物件から得るもので正当である」についてはその通りですし、その収益からか借入金を返済していく必要があります。また、マンション経営を長期間続けることはそれなりにリスクを負うことになります。

3.200坪の更地について

父がマンション土地・建物・借入金、Aが財産A、Bが財産Bを取得した上で財産全体で各人が1/3取得でるように200坪の土地を分ける。

ただ、前述の通り、不動産の所有権は一本化しておいた方が賢明です。将来売却が確実な場合は共有としていても問題ないですが、それ以外の場合は各々が有効活用や売却しやすいうよいに分筆(分割)して所有しておいた方が宜しいでしょう。もし、分筆が難しいということであれば弟A・Bに代償分割してもらう方法も考えられます。

まとめますと
1.遺言通りに財産を取得
2.父がA・Bの連帯債務を引受けるかわりに、マンションの土地を取得
3.200坪の更地については相続財産が法定相続分の1/3になるように調整して取得

以上はあくまでも経験からの一案です。
参考になれば幸いですが、実際の相談は専門家になさってくださいね。

■[上記案に間違いはあるのでしょうか?]

遺言で指定された以外の財産については、相続人間の遺産分割協議で財産を分割します。

従って、補足された内容が間違いであるかどうかという判断はなく、それが相続人間で[合意]されればOKという話になります。

ただ、法定相続分を考える場合には、総資産(遺言で指定された財産とそれ以外の財産を合計した財産)を前提にして考えます。ですので仮に相続人が父、弟A、弟Bの3人であれば、全体の財産と負債に法定相続分が1/3あるということになります。

...続きを読む

Q北側の庭ってどんな感じ?

北側道路の土地に家を建てる予定です。
敷地の関係上、北に庭を取る場合10X6mのまとまった前庭が、南に取る場合は14X3の細長い裏庭になります。

リビングは南にする予定で、昔からリビングで庭の緑を見ながらくつろぐ・・というのが憧れではあったんですが、細長い裏庭に木を植えるのもご近所迷惑になりそうですし、どうしたものかと迷っています。

二階建てにすればどちらの庭も大きくとれるので(平屋の予定です)、間取り自体もどっちにすればいいやら、考えすぎてわけがわからなくなってきました。

北側の庭でもこんなに素敵になるよ!というご意見がありましたらどうかご教示ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

10×6も庭が取れるとしたら、北でも十分植物は楽しめそうですね。
住宅地では、南庭でも、南隣の家の建物との間が4M以下って事がよくあります。
それを考えれば、住宅地の南庭と同じ位の庭は期待できるのではないでしょうか?



我が家は北道路ですが、近所の中でも、ガーデニングの評判はいい方です。

東側は、北の端から南の端まで全部庭にしている為、日当たりが良く、北の道路のすぐそばの所まで花が育ちます。
家の影になりがちなところには、東で育てたプランターが見頃になった物を置いています。
時々位置を変えたりして日光を当てています。

南の庭は木を植えたため、地面に日があたらず、花物が育ちません。何故か、南が暗く、北・東が明るい変わった家です。

北側は、うまく利用すると、春の花を夏越しさせることもできます。

家の影になる部分と、ならない部分を把握して庭の計画をすれば、何とかなるのではないでしょうか?

Q家屋・土地相続の時の評価額について

兄弟2人で家と土地を相続するとなり
長男が家屋と土地を受け継ぎ名義変更を行い
次男には家屋と土地の半分に対応する金額を
長男からもらう形で相続を済ませようとする場合
一般的には土地と家屋の評価額はどうやって出すのでしょうか?
ご教授ください。

Aベストアンサー

不動産の価格について、同意に至らず、遺産分割審判(裁判)になった場合は、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼して決めることになります。また、複数の相続人が、違う不動産鑑定士に依頼して、複数の鑑定結果が出た場合は、最終的には審判官(裁判官)が、その見識に基づいて、妥当な価格を決定します。

審判に至らない場合、世間一般では、どうやって価格を決めているかというのは、難しい質問です。

というのも、円満な遺産分割であれば、不動産の価格は、厳密に算定する必要がないことがほとんどだからです。

例えば、兄が「大体この辺は、坪××円くらいだから、この土地が○○円くらいかなぁ。じゃあ、半額の△△円を渡すということでいいだろうか?」といえば、弟が「まあ、そんなものだろう。」と答えて、遺産分割が終わるなんていうのがよくあります。

このとき、坪××円に何か根拠があるかというと、兄の地域住民として、見聞きした経験上の相場など、ほとんど根拠がないことが多いです。しかし、仲の良い兄弟であれば、あまり細かいことは言いません。

また、兄が不動産の半額を支払うだけの預貯金を持っていないことも多く、兄が支払える範囲で、弟が手を打つというのも普通のことです。こうなると、不動産の厳密な価格を調べるということに、ほとんど意味がありません。

厳密に決めるのであれば、不動産鑑定士に鑑定を依頼することになりますが、数十万円の単位で費用もかかります。当事者が納得できるのであれば、どのように決めてもかまいません。公示地価や路線価を調べ、兄弟二人がそれをベースに、話し合い、価格を決めるということも、あると思います。

不動産の価格について、同意に至らず、遺産分割審判(裁判)になった場合は、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼して決めることになります。また、複数の相続人が、違う不動産鑑定士に依頼して、複数の鑑定結果が出た場合は、最終的には審判官(裁判官)が、その見識に基づいて、妥当な価格を決定します。

審判に至らない場合、世間一般では、どうやって価格を決めているかというのは、難しい質問です。

というのも、円満な遺産分割であれば、不動産の価格は、厳密に算定する必要がないことがほとんどだからです...続きを読む

Q北側が道路になている場合の北側斜線と道路斜線

北側が道路になている場合には、北側斜線、道路斜線はどのように考えればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

以下のサイトを読んでください。分らなかったら、また質問をしてください。

http://juutakuro-n.livedoor.biz/archives/51643225.html

Q使用貸借の土地を相続する際の価格評価は?

母名義の土地に父名義のアパートを建ててある場合について質問です。父が地代を払っているわけではないので使用貸借ということになるかと思いますが、母が先になくなった際に、その土地を相続する場合、その土地の評価額というのは、貸家建付地としての評価をしてもらえるのでしょうか。また、父が相続した場合と子が相続した場合にその評価に違いはありますか。  高齢の父母が心配しています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

地代の収受があれば貸地評価をすることが出来るかもしれませんが、ご質問の場合、使用貸借のため自用地としての評価になり、借地権割合等の減額はないものと思われます。

ちなみに、建物とその敷地の用に供されている土地の両方を所有している場合にのみ、貸家建付地の評価になります。

Q傾斜地の広い土地購入について

このたびとてもいい建築士の方に出会えたので
土地と建物を購入しようかと考えています。
その土地が二段ひな壇の傾斜地になっていて南側は擁壁2m位あり、3方道路の東西に長い180坪ある土地なのですが
近隣の相場より7割位安く譲ってもらえるということなんですが
安くてもそんなに広くいらないんですが分けることができない?らしく
税金の事など調べても難しく良くわからないので困っています。
私は60坪ほどを希望していたのですが…
立地もよく気に入っているのですがむだに広い土地を購入するのはやめたほうがいいですか?
税金について60坪と180坪ではやはり3倍差でしょうか?
また何か言い方法があったら教えてください。
固定資産税路線価では31000円m2でした。

Aベストアンサー

住宅用地には土地の固定資産税の軽減措置があり、
面積によって固定資産税の課税標準の軽減評価割合が段階的に決められています。

                 固定資産税 : 都市計画税
小規模住宅用地  : 評価額の6分の1: 評価額の3分の1
その他の住宅用地: 評価額の3分の1: 評価額の3分の2

※「小規模住宅用地」とは200平米まで、
「その他の住宅用地」とは200平米を超え、家屋の床面積の10倍までの面積です。

180坪は595平米なので、課税標準額(評価額とは異なります)をAとすると、
200×A÷6 + 395×A÷3 が固定資産税の課税標準になり、
これに1.4%を乗じたものが税額になります。(都市計画税も考え方は同じ)

従って200平米の時と595平米では、土地の固定資産税は約5倍違い、
都市計画税も同様になります。
普通の規模より大きい宅地を持つ人は、「お金持ち」の扱いになるということです。

購入時の坪単価は通常の土地の3割程度の評価とのことですが、
課税上の評価額は、おそらくそこまでの差はないのではないでしょうか。
そのあたりをよく確認されて、判断された方が良いと思います。

http://www.haruyasu.jp/page018.html

※ 固定資産税路線価 ⇒ 固定資産税評価額、固定資産税課税標準、路線価 いずれかの間違いと思います。

住宅用地には土地の固定資産税の軽減措置があり、
面積によって固定資産税の課税標準の軽減評価割合が段階的に決められています。

                 固定資産税 : 都市計画税
小規模住宅用地  : 評価額の6分の1: 評価額の3分の1
その他の住宅用地: 評価額の3分の1: 評価額の3分の2

※「小規模住宅用地」とは200平米まで、
「その他の住宅用地」とは200平米を超え、家屋の床面積の10倍までの面積です。

180坪は595平米なので、課税標準額(評価額...続きを読む

Q相続税の評価で土地の評価方法を教えて下さい

相続の土地評価方法がわからず大変悩んでいます。画像の黄色が母名義(被相続人)の土地で緑が私名義(相続人)の土地です。
黄色部分の土地をどのように評価すべきかわからず困っています。

手前の大きな道路は路線価20000がついています。
後方は私道で路線価がついていません。
路線価のついている道路に接している部分は間口が0.54mで隣人と境界でもめたため境界用に購入した細長い土地(10m2)で入り口とはなっていません。
黄色部分は400m2で緑部分は200m2です。間口は18m、奥行きは32mです。
黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居しておりましたので
出入りは正面からも裏面からもできます。
ただし正面は店舗の入り口となっております。
裏面は道路北側の隣人の所有で以前は通行しないように言われたこともありますが現在は通行可となっています。

評価方法をご教示ください。

Aベストアンサー

初めまして

大変ですね
詳しくは、下記の参考URL等を参照して下さい

一般的には、路線価で評価すれば、税務署には通ると思います
ただし、
>黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居~
とあるので、

1.小規模宅地等の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm
の対象になると思います(8割引き評価、または5割引き評価が可能)
これは別途、計算しないといけません


2.
以下、土地の評価ですが、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4604.htm
には、
「Q2 間口が狭小な宅地の評価」などありますが、
「奥行価格補正率表」、「間口狭小補正率表」など、
ご自身でやるなら、計算がややこしいと思います


なので、結論から言うと
補正率評価で計算した後の価格 < 路線価
だと思うので、高い方の路線価で申請すれば、
税務署は何も言わないと思います

また
>細長い土地(10m2)
は、「建物を建てる事が出来ない土地」なので、
路線価の1/2で評価しても大丈夫だと思います
税務署の判断は、「建物を建てる事が出来ない土地」なら、
私道、として見てくれるようです


なお、道路北側から(他人の私道を使って)出入り可能なので、
本来であれば、これも考慮するよう、言われるかもしれません

なので、黄色い土地を「高い方の路線価で申請」をオススメします

また、店舗兼住宅の評価は、お近くの地方税事務所で固定資産税の評価証明をもらい、
そのままの評価額で通ると思います

1.(小規模宅地等の特例)を使うのであれば、
 税務署に相続の書類を提出しなければなりません
 税務署に行けば、「相続の手引き」をもらえます

あくまで、個人的な推測ですが、他に多額の現金や不動産が無いなら、
基礎控除プラス相続人(1人1千万円)の、範囲内で収まりそうな気がします

なお、税務署に書類提出をしない場合は、1.の小規模宅地等の特例を使えません
と同時に、不動産の評価は(割引ナシの)路線価での評価となります
>細長い土地(10m2)
も、路線価での評価となります

心配であれば、プロ(税理士等)に相談することをオススメします


以上、あくまで、個人的なアドバイスです
どうか、頑張ってください

初めまして

大変ですね
詳しくは、下記の参考URL等を参照して下さい

一般的には、路線価で評価すれば、税務署には通ると思います
ただし、
>黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居~
とあるので、

1.小規模宅地等の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm
の対象になると思います(8割引き評価、または5割引き評価が可能)
これは別途、計算しないといけません


2.
以下、土地の評価ですが、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4604.htm
に...続きを読む

Q冬に日当たりの悪い土地 購入を迷っています

こんにちは。みなさんのご助言をいただきたいです。
千葉の我孫子で現在土地を探しています。50坪弱の南側5M道路、自然環境もよく、値段も手ごろで、気に入って購入しようと思ったのですが・・・
南側5M道路の向かいが、森なんです。しかもその森はかなりの高台になっています。今は夏なので、すごく日当たりはいいのですが、お隣さんに聞いたところ、冬、10月~2月は日が当らなくなってしまう、とのこと。冬に落葉しないらしいです。南北に少し長い長方形の土地なのですが、東西はそれぞれ隣家がせまっています。
北側めいいっぱいよせて家を建てたとしても、南側の森はかなり高台で木々も高く、しかも年々育ってるらしいです。7年前に引っ越してきたというご近所さんは、引っ越してきた当初は冬、まだ日があたったけど、今はほとんどだめね、とおっしゃってました。
その森は、市の所有で、市役所に聞いたところ、保存する森らしいです。当初は、森が保存されること自体、自然が残っていいな、と思ったのですが・・・
正直、すごく迷っています。夏の日当たりはいいとしても、冬日が当らないと、家の痛み具合、湿気、家族の健康・・・など気になります。注文建築で建てようと思っているのですが、建築によっては採光を十分取ったり、2Fリビングにしたりして明るくすごせるかもしれませんが、日光があたらないのは問題かな、と悩んでいます。
冬の日当たりがないのって、どう思われますか?ご意見お待ちしています。

こんにちは。みなさんのご助言をいただきたいです。
千葉の我孫子で現在土地を探しています。50坪弱の南側5M道路、自然環境もよく、値段も手ごろで、気に入って購入しようと思ったのですが・・・
南側5M道路の向かいが、森なんです。しかもその森はかなりの高台になっています。今は夏なので、すごく日当たりはいいのですが、お隣さんに聞いたところ、冬、10月~2月は日が当らなくなってしまう、とのこと。冬に落葉しないらしいです。南北に少し長い長方形の土地なのですが、東西はそれぞれ隣家がせまっていま...続きを読む

Aベストアンサー

家の痛み具合、湿気の心配はまず無用でしょう。
冬は最も乾燥する季節です。
北陸や私の住まう東北の比較的雪の多い地域ですと、はなから冬の日光は諦めています。
たまに陽が射すと「暖かくていいなあ」なんて思いません「雪解けろ解けろ」と祈ってるのが現実ですね。採光は2の次です。

さて、「家族の健康」のみちょっと気になります。
もちろん薄暗さが原因で病気になるとは毛頭申しませんがメンタルヘルス上少なくとも「宜しい」とは言えないでしょう。
斯く言う東北人の私は冬、やはり気分がどんよりとしますね、東京で10年暮らしていた頃に比べますと。
ただ人間には「慣れる」と言う素晴らしい能力が備わっております。
この回答を書いて改めて「冬、どんよりしてるかな」なんて思う程度で実生活上苦に思う事は実際無いんですよね。

とは言え建築基準法上住宅の居室に床面積の1/7以上の採光が義務付けられているのはやはりメンタル面の衛生を考えての事。
壁面から十分な採光が得られないのであれば、間接光(専門的には「天空光」に近い)を天窓から得るのが最も効果的でしょうね。
直射日光ではなくとも採光が壁面採光同等に取れ、且つ見上げれば青い空と時折流れる冬の光を浴びたすじ雲が見える。

針葉樹の森、北欧の冬をイメージしますね。
無責任な事は言いたくありませんが、少なくとも悪い面だけではなさそうです。
ご参考まで。

家の痛み具合、湿気の心配はまず無用でしょう。
冬は最も乾燥する季節です。
北陸や私の住まう東北の比較的雪の多い地域ですと、はなから冬の日光は諦めています。
たまに陽が射すと「暖かくていいなあ」なんて思いません「雪解けろ解けろ」と祈ってるのが現実ですね。採光は2の次です。

さて、「家族の健康」のみちょっと気になります。
もちろん薄暗さが原因で病気になるとは毛頭申しませんがメンタルヘルス上少なくとも「宜しい」とは言えないでしょう。
斯く言う東北人の私は冬、やはり気分がどんよ...続きを読む


人気Q&Aランキング