最近の車は、ほぼ全て6桁(約100万kmで一周する)
のODOメーターが、付いていますが、ヨーロッパフォード車
(エスコート、モンデオ、Kaなど)って
なんでつい最近(90年代中盤ぐらいまで、だと
思いますが)まで、5桁を使っていたのでしょかね?

日本ならまだしも、ヨーロッパは20万、30万kmと
使うことが多いにも関わらず。ちなみに他のヨーロッパ
車はほとんど、6桁だと思いますが。

ちなみに世界で最初に6桁メーターを採用したのは、
どこのメーカーでしょうね?

A 回答 (1件)

「必要ないから」


ていうのが答えではないでしょうか。

ヨーロッパでは、走行距離は重要な要素でないからでは?
(売買するときにも)

また、10万キロを越える距離での定期交換部品も思い当たりませんので。

この回答への補足

ほほなるほど、そうきましたか!

確かにこれも一理ありそうですね。特に合理性を
重視する欧州メーカーならでわ。

でもそれにしても他の欧州メーカーはほとんど
6桁なのに??

参考になりましたありがとうございます。

補足日時:2002/02/07 14:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシンガポールの車、後ろに60km/hとか70km/hって貼ってるのは何のためですか?

シンガポールの車、後ろに60km/hとか70km/hって貼ってるのは何のためですか?

Aベストアンサー

自動車ごとに最高速度が決められていてその速度が法定速度より遅い場合には車に表示します。
ヨーロッパではごく普通ですシンガポールも旧宗主国に右へならえなのでしょう。

QスズキのK6AとF6Aエンジンの違いって?

スズキのワゴンRのエンジンで、K6A型と
F6A型があるようですが、この2種のエンジンは
どのように違うのでしょうか?性能もやはり違うのでしょうか。
また、双方のエンジンにはそれぞれターボ付きの
F6A型インタークーラーターボと、
k6A型ターボがあるようですが、同じターボ車でも、
インタークーラー付きと
そうでないものはどう違うのですか?
走りの特性とかに差が出てくるものなのでしょうか。

どなたかご存じの方がおられましたら、お教えください。

Aベストアンサー

こんにちは
私の調べた限りでは1995年に F6A型660cc(64PS)K6A型660CC(64PS) が存在していますが 現行はK6Aのみになっています F型は今は無いと思います

F6A型はツインカムターボ、  シングルカムターボが存在しました
スペックは次の通りです
最大出力 64ps/6500rpm    61ps/6000rpm 
最大トルク 8.7kg-m/4000rpm  9.2kg-m/3500rpm

K6Aは全て水冷直列3気筒DOHC12バルブで タ-ボは全てインタークーラーターボとなります
NA54馬力、マイルドタ-ボ60馬力、タ-ボ64馬力の3種類ですね 過給圧で経済タイプとスポーティモデルを分けているようです
マイルド:最高出力 60 ps / 6000 rpm 最大トルク 8.5 kg・m / 3000 rpm
スポーティ:最高出力 64 ps / 6500 rpm 最大トルク 10.8 kg・m / 3500 rpm
です 最大トルクが2.3 kg・mも違いますので 走りはかなり差が有るでしょうね
走りを選びたいならRRを選びましょう

インタ-ク-ラ-の機能は タ-ボによって圧縮された空気は温度が上がります 温度が上がると酸素濃度が薄くなりますので 予め空気を冷やして酸素の充填率を上げるわけです エンジンに入る空気を冷やすので インタ-・ク-ラ-なのです
走りに差が出るかどうかはエンジンの馬力、トルクを見ないと何とも言えませんが 現行ではまず付いてるでしょうね

こんにちは
私の調べた限りでは1995年に F6A型660cc(64PS)K6A型660CC(64PS) が存在していますが 現行はK6Aのみになっています F型は今は無いと思います

F6A型はツインカムターボ、  シングルカムターボが存在しました
スペックは次の通りです
最大出力 64ps/6500rpm    61ps/6000rpm 
最大トルク 8.7kg-m/4000rpm  9.2kg-m/3500rpm

K6Aは全て水冷直列3気筒DOHC12バルブで タ-ボは全てインタークーラーターボとなります
NA54馬力、マイルドタ-ボ60馬力、タ-ボ64馬力の3種類です...続きを読む

Qメーターは何故180km/hまでなのか?

車のメーターってだいたいどの車も180km/hまで刻まれてますよね。車の性能はぜんぜん違うのになぜ表示は一緒なんでしょうか?

Aベストアンサー

いつからかは忘れましたが1989年に280PS規制が出たころだと思います、かって私もフルスケール200km/h(160km/h出ない車)の国産スポーツセダンを所有していました。

当時の雰囲気としてあまり速度が出るのは如何なものかと社団法人自動車工業会が自主規制して180km/hで速度リミッタが作動するように申し合わせメータースケールも180km/hとなりました、
それでも当時の運輸省(現国交生省)に配慮して106km/h超で「キンコン」「キンコン」と警報も鳴りましたね。

決めた根拠は諸説有りますが、この値が決められた当時の高速道路の最大勾配は5%で、この勾配の上り坂を法定の最高速度100km/hで走行できる自動車は平地では「180km/h」の速度が出せるから、というのが有力です(かなり無茶な話で自動車の重さとか形状による空気抵抗の要素が無視されている)。

2004年6月には悪評の280PS自主規制も撤廃されましたが速度リミッターの廃止は無いようなので実質300PS超のランエボやインプWRXも180km/hでリミッタが作動しますね。

ちなみに軽四輪のリミットは140km/hなのでターボ車でもメーターは140km/h止まりです。

> 180Km/h前後で +25Km/h
車検時の許容誤差は+10% -15%なので 実速に対しては指針が+15%~-10%となります、したがって 180km/h×0.15=27km/h の誤差はありえます。

いつからかは忘れましたが1989年に280PS規制が出たころだと思います、かって私もフルスケール200km/h(160km/h出ない車)の国産スポーツセダンを所有していました。

当時の雰囲気としてあまり速度が出るのは如何なものかと社団法人自動車工業会が自主規制して180km/hで速度リミッタが作動するように申し合わせメータースケールも180km/hとなりました、
それでも当時の運輸省(現国交生省)に配慮して106km/h超で「キンコン」「キンコン」と警報も鳴りましたね。

決めた根拠は諸説有りますが、この値が決め...続きを読む

Qナンバープレートの漢字・ひらがなの後に3桁の数字がありますが、昔は2桁

ナンバープレートの漢字・ひらがなの後に3桁の数字がありますが、昔は2桁だった気がします。
なぜか変わったのですか?
あと、未だにたまに2桁の車見かけますが、あれはあれでよいのでしょうか?
お詳しい方ご指導よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ナンバーは再利用することなく払い出し(発行)を続けています。
過去からのナンバーが足りなくなった(終わった)ので、新たに数字3桁になりました。
そして、ナンバーに余裕が生まれたので、好きなナンバーを取得することも可能になりました。

過去の2桁(1桁もあり)ナンバーも登録されている限り有効です。

Qメーター交換車(メーター改ざん)について

4年前にUSSオークションに出品されている車両を落札しました。
その時の出品情報は評価4点、ニスモメーターに交換(記録簿あり)でした。
記録簿もあり走行不明車ではなかったので、今日まで安心していました。

ところが、昨日、車の査定に出したところ、この記録簿ではメーター交換の証明にならないと言われてしまいました。
交換時の走行距離こそ記載されていますが、肝心なディーラーの印鑑が無いとの事です。。。
紛らわしい事に、同ページに新車保証に関する記載があり、そこにはディーラーの印鑑が押印されています。
私が思うにUSSオークション検査員が勘違いをして新車保証の印鑑をメーター交換に関する印鑑だと勘違いしたのだと思います。
実際に私も査定に出すまで全く気が付きませんでした。

記録簿がある状態と走行不明の場合とでは査定額が約150万円以上も違います。
購入後、4年も経ってしまいましたが、このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか?

取り急ぎ、オークションに入札して頂いた代行の方には本件を連絡しまして、
USSオークションに通知するとのお返事を頂いたのですが、厳しいそうな様子でした。。。

このままでは非常に悔しいので、裁判に持ち込んででも損害賠償を請求したいと考えていますが、
勝てる見込みはあるのでしょうか?4年も経っていれば厳しいでしょうか?
どなたかアドバイス頂けますと幸いです。何卒宜しくお願い致します。

4年前にUSSオークションに出品されている車両を落札しました。
その時の出品情報は評価4点、ニスモメーターに交換(記録簿あり)でした。
記録簿もあり走行不明車ではなかったので、今日まで安心していました。

ところが、昨日、車の査定に出したところ、この記録簿ではメーター交換の証明にならないと言われてしまいました。
交換時の走行距離こそ記載されていますが、肝心なディーラーの印鑑が無いとの事です。。。
紛らわしい事に、同ページに新車保証に関する記載があり、そこにはディーラーの印鑑が押印...続きを読む

Aベストアンサー

かなり憶測が入っているので参考までに。

実際に走行距離が公的機関(車検証)で記載されるようになったのは、2004年1月以降の車検時であって、それ以前は車検証に記載がないので、メーター交換も別にやりたい放題だったと思うのでメーター交換の証明書ってデフォルトで発行は無かったように思います。
だから、そのときは、点検記録簿で確認した走行距離が実走行として扱われたのではないかと思います。
(ただし点検記録簿はあっても、メーター交換車=クセ物=下取りは弱い、といった図式はあったと思います。)
ここからはさらに憶測ですが、2004年以降、車検証に距離が記載されるようになってからは、メーター交換時にディーラーが証明書を出すようになったのではないでしょうか?それに合わせ、中古車業界では、ディーラーのメーター交換の証明書がないメーター交換車は点検記録簿の有無にかかわらず「走行不明」扱いになったのかも知れません。

2004年以前の車はみんな「走行不明」みたいなものなのにねぇ。(まあ、車検証の記載も本当に正しい走行距離にはならないけどねぇ。)

もし、メーター交換の証明書や点検記録簿のハンコがあれば査定額があがるのであれば、無理を承知で先ずはディーラーに行って、メーター交換の証明書をもらったり、ハンコをもらうようにお願いしてみてはどうでしょうか?(同じ販売会社でないと厳しいが。)
ディーラーは過去の整備記録を保管しているものですよ。

かなり憶測が入っているので参考までに。

実際に走行距離が公的機関(車検証)で記載されるようになったのは、2004年1月以降の車検時であって、それ以前は車検証に記載がないので、メーター交換も別にやりたい放題だったと思うのでメーター交換の証明書ってデフォルトで発行は無かったように思います。
だから、そのときは、点検記録簿で確認した走行距離が実走行として扱われたのではないかと思います。
(ただし点検記録簿はあっても、メーター交換車=クセ物=下取りは弱い、といった図式はあったと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報