12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

APACHEIIスコアについて、
どこからが高いと判断すればいいのでしょうか?

スコアを出すことは出来るのですが、
出た値に対し、どのように評価すればいいのか、
いまいちよくわかりません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 APACHEIIでスコアリングすることでICUでの個々の患者の死亡率をある程度予測することができます。


(ですから何点以下なら良いとか何点以上ならだめとかということではないと思いますよ)

 因みに私の持っている教科書(THE ICU BOOK PAUL L.著、稲田英一監訳、メディカルサイエンスインターナショナル)によれば、APACHEII 0-4点で院内死亡率は非手術例4%、手術後症例1%。5-9点ではそれぞれ6%、1%。以下同じく10-14点で12%、6%。15-19点で22%、11%。20-24点で40%、29%。25-29点で51%、37%。30-34点で71%、71%。35点以上で82%、87%(Knaus WA et al. Crit Care Med 1985;13:818-829)だそうです。

読みにくくてすいません。

ただしAPACHEIIには限界があって、

1、急性生理学的採点(APS)は、循環補助薬、人工呼吸、解熱薬(抗発熱療法)などの治療を行なっていても採点に対する補正がない。

2、高齢者に対して過大なペナルティがある。例えば、A-aPO2が500mmHg以上では4点であるのに、65歳以上は6点が加算される。

3、慢性疾患における栄養失調や悪液質は考慮されていない。

という問題があるそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が送れて申し訳ありません。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/23 17:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工呼吸器について (PPEPとPSについて)

CPAP時のPS(プレッシャーサポート)とPEEP(呼気終末時気道陽圧)の違いがよくわかりません。PSが吸気努力の改善のために最大吸気圧まで吸気を送る、そしてPEEPは呼気の終了とともに吸気呼気の弁を閉めて、気道内圧が大気圧に開放されないように圧力をかけることで、肺胞虚脱を防止し、機能的残器量を増加させる・・・とテキストなどではありますが、なんだかよく分かりません。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系の障害のため、自分の力だけで十分息を吸うことが出来ない患者さんのために、機械が圧力をかけて息を押し込んでやるという換気の方法ですが(そのため、サポートという名前になってます)、患者さんの自発呼吸を出来るだけ残して呼吸管理をしようとする最近のトレンドに従って、今ではSIMVと同様以上に広く用いられる換気法になりました。
なお、「気管挿管されている患者さんが気管チューブ越しに息を吸うときの抵抗を減らすために」という理由で、3~10cmH2OくらいのPSが従来日常的にかけられてましたが、実際にはチューブの細さや息を吸う速度によって抵抗が異なるわけで、最近の人工呼吸器にはTC/ATCという名称で吸気流速に応じてサポートプレッシャーを変化させる機能がついていたりします。また、もしかしたらあと10年くらいするとPSは過去の換気モードとなっており、そのころはPAVが一般的に行われているかもしれません(詳細はあえて割愛しますが)。
以上、先ずはご参考まで。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/nishi-kobe/masui/lecture.html

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系...続きを読む

Q心エコーについて

TR-PG 27mmHgという表記について、
TR-PGとは何を示すものか、
27mmHgという結果は何を意味するか
について教えていただきたいです。

Aベストアンサー

右心房から右心室をつなぐ三尖弁で逆流がある場合、その血液が戻っている最大血流速度から三尖弁逆流の圧較差(Tricuspid Regurgitation Pressure Gradient;TR-PG)が推定できて、さらに右心房圧は平均で10mmHgなのでそれを足すと、おおよその「肺動脈収縮期圧(PAS P)」が出てくるということだそうです。
25mmHgくらいから肺高血圧症ではないかということになる
だそうですよ

Q重症度判定 APACHSCORE2について

初めて投稿させていただきます

質問というのは少し専門的になりますが重症度判定に使われるアパッチスコア2のことです

このアパッチスコア2を使用している病院が多いことを知り実際に使用してみたいと思ったのですが、資料がありません

どういった項目があり、どのように使用するのか詳しい方がいらっしゃったらどうかよろしくご教授下さい

よろしくお願いします

Aベストアンサー

APACHE(acute physiology,age and chronic health evaluation )IIスコアとは、Knausらが1981年に発表した重症度のスコアを簡略化したもので、1985年に発表されました(Knaus W A et al. Crit Care Med 1985;13:818-29)。患者の直腸温、平均血圧、心拍数などの情報と、年齢と、既往歴や合併症などをそれぞれ点数化して、その合計で患者の重症度を判定するものです。当初は予後を推定するために作られた評価法ではありませんでしたが、APACHE IIでは死亡率を予測する式も出されました。
参考URLではそれを自動計算してくれますが、ファイルメーカーなどで自動計算するようなソフトを原簿に組み込んで運用している施設もあります。その後APACHE III スコアに発展し、正確性、識別能がさらに向上しました(Knaus WA et al. Chest 100:1619-1639)。

 総説としては、ICUとCCUの1987年11月号(1023-1031)や、集中治療の1993年5月号(681-691)などがありますし、日本語のテキストでも、「図説最新麻酔科学シリーズ3 救急医療と集中治療」とか、「クリティカルケア・マニュアル」にも載っております。また、日本集中治療医学会が学生向けに作成したテキスト「集中治療医学」にはAPACHE III スコアが載っております。

以上、先ずはご参考まで。

参考URL:http://www.ncemi.org/cgi-ncemi/edecision.pl?TheCommand=Load&NewFile=apache_ii_score_for_adults&BlankTop=1

APACHE(acute physiology,age and chronic health evaluation )IIスコアとは、Knausらが1981年に発表した重症度のスコアを簡略化したもので、1985年に発表されました(Knaus W A et al. Crit Care Med 1985;13:818-29)。患者の直腸温、平均血圧、心拍数などの情報と、年齢と、既往歴や合併症などをそれぞれ点数化して、その合計で患者の重症度を判定するものです。当初は予後を推定するために作られた評価法ではありませんでしたが、APACHE IIでは死亡率を予測する式も出されました。
参考URLではそれを自動計...続きを読む

Q心電図で「陰性T波」って何ですか?

とくに自覚症状はありません。(体力がないとは思います)
安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。
半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。って医師に言われていました。
そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。でも経過観察。

コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。BMI=23~24くらい。
まさか、動脈硬化になってきているとか?
食事は不規則で脂っこいの好きです。ファーストフードで済ませることも多いです。運度はほとんどなし。
休みの日は食べては寝ての繰り返し。ストレスは大。
競争心は強い方かなあ。

20代半ば。男性。

まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか?
また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

Aベストアンサー

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。
あとタバコですが10本×10年=100、ということで肺がんになる確率は吸わない人の2倍弱というところです。10年禁煙で非喫煙者並になります。

心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。「痛い気がする」というのもその可能性があります。
もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわか...続きを読む

Q血液ガス分析結果の単位変換について

お世話になりますフジと申します。
ただ今、会社の開発において血液ガス分析の測定結果を扱っており、そこでわからない箇所があり、質問させていただきます。
お聞きしたいことは、測定結果の単位変換についてです。学生時代に物理学を専攻してきたわけでないので、単位の変換にほとほと困っています。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授をお願い致します。
お聞きしたい単位変換は以下の通りです。右側に例として、値を載せてみましたので、この例の値の場合に単位変換したらどうなるか教えていただければと思います。
pH:(単位なし)→nmol/L or nEq/L (例)pH 7.4(単位なし)
pCO2:mmHg→kPa (例)40[mmHg]
Na+:mmol/L→mEq/L (例)140[mmol/L]
K+:mmol/L→mEq/L (例)4.00[mmol/L]
Ca++:mmol/L→mEq/L or mg/dL (例)1.20[mmol/L]
Glu(グルコーズ):mg/dL→mmol/L (例)70[mg/dL]
Lac(ラクテート):mmol/L→mg/dL (例)1.0[mmol/L]

分かりにくい説明だと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

お世話になりますフジと申します。
ただ今、会社の開発において血液ガス分析の測定結果を扱っており、そこでわからない箇所があり、質問させていただきます。
お聞きしたいことは、測定結果の単位変換についてです。学生時代に物理学を専攻してきたわけでないので、単位の変換にほとほと困っています。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授をお願い致します。
お聞きしたい単位変換は以下の通りです。右側に例として、値を載せてみましたので、この例の値の場合に単位変換したらどうなるか教えていただけ...続きを読む

Aベストアンサー

1.PH
水素イオン濃度指数
他に何も指定がないので、水素イオン濃度とする。
pH=-log(10)[H+]
[H+]:水素イオン濃度[mol/L]
だから、
-log(10)[H+]=7.4
[H+]=10^(-7.4)[mol/L]=3.98*10^(-8)[mol/L]
=3.98*10^(-8)[mol/L]*10^9[nmol/mol]
=39.8[nmol/l]
2.pCO2
40[mmHg]=40[mmHg]*101.3/760[kPa/mmHg]
=5.3[kPa]
3.Na+
140[mmol/L]=140[mmol/L]*1[mEq/mmol]
=140[mEq/L]
4.K+
4.0[mmol/L]=4.0[mmol/L]*1[mEq/mmol]
=4.0[mEq/L]
5.Glu
グルコース分子量:180[mg/mmol]
70[mg/dL]=70[mg/dL]*1/180[mmol/mg]*10[dL/L]
=3.9[mmol/L]
6.Lac
ラクテート(乳酸)分子量:90[mg/mmol]
1.0[mmol/L]=1.0[mmol/L]*90[mg/mmol]*1/10[L/dL]
=9.0[mg/dL]

単位の換算ができるように、単位も含めた式を示した。
単位の「/」は、分数の横棒と同じだから、単位の計算は分数の計算をすればいい。

1.PH
水素イオン濃度指数
他に何も指定がないので、水素イオン濃度とする。
pH=-log(10)[H+]
[H+]:水素イオン濃度[mol/L]
だから、
-log(10)[H+]=7.4
[H+]=10^(-7.4)[mol/L]=3.98*10^(-8)[mol/L]
=3.98*10^(-8)[mol/L]*10^9[nmol/mol]
=39.8[nmol/l]
2.pCO2
40[mmHg]=40[mmHg]*101.3/760[kPa/mmHg]
=5.3[kPa]
3.Na+
140[mmol/L]=140[mmol/L]*1[mEq/mmol]
=140[mEq/L]
4.K+
4.0[mmol/L]=4.0[mmol/L]*1[mEq/mmol]
=4.0[mEq/L]
5.Glu
グルコース分子量:180[mg/mmol]
70[mg/dL]=70[mg/dL]*1/18...続きを読む

Q冠動脈バイパス手術の略語を教えてください

先日、冠動脈バイパス手術を受けました。
先生から頂いた手術計画書で6箇所バイパスをつけることは解りましたが、つける箇所が略語が多くその他が解りません。解る方教えていただけますか

CABG6枝(RITA-LAD,LITA-#12OM,LRA-HL,RGEA-#4AV,SVG-#4PD,SVG-D1)
術後CAGでRGEA-#4AVがflow competition

Aベストアンサー

下記HPが理解しやすい?

RITA、LITA、GEAは動脈の末梢側のみ、はがして冠動脈に縫い付けます。
SVGやLRAは、ごそっと丸ごと血管を取り出して、一方は上行大動脈に、片方は冠動脈に縫い付けます。

参考URL:http://www.sakai-iin.com/image/CAG.pdf

QMorbidity と Mortalityの訳

外国の医療文献で、【Morbidity and Mortality】という言葉が良く出てきますが、辞書で調べるとどちらも“死亡率”と出てきます。

Morbidityには疾病率や罹患率という意味もあるようですが、【Morbidity and Mortality】とセットで出てきた場合に決まった日本語訳はあるのでしょうか。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

罹病率と死亡率でいいと思います.

morbidityには死亡率という意味はないでしょう.

リーダーズ英和、ジーニアス英和、南山堂医学辞典などで確認しました.

Q妊娠週数とともに書かれる「G」と「P」の意味

今回転院が決まり、紹介状をもらってきたのですが、
その中身を見ると、検査結果の内容が自分の母子手帳と違ったり、
検査結果としていただいた用紙とも内容が違っていたりで、
かなり不安になっています。

そこの病院では、以前もカルテが他人の物だったり、
検査が予約されていないなかったりで、さんざんでした。

そこでお伺いしたいのですが、
妊娠週数とともに、「G」と「P」が書かれているのですが、
一つの用紙にはG=0 P=0とかかれており、
もう一つにはG=1 P=0となっています。

ネットでさんざん調べても、どんな意味なのか
どれほど重要な情報なのかわかりませんので、
ぜひ意味を教えてください!

Aベストアンサー

米国式の書き方ですね。

GUPTXYZ
G:妊娠(Gravid)
 U:総妊娠回数

P:出産(Para)
 T:総出産回数
 X:早期産の回数
 Y:流産回数
 Z:生存している子供の数

例として
G3P2112とあれば,3回妊娠し2回出産して1人は早期産で1回流産で現在は2人の子供がいるということ。
簡略化した書き方ならG3P2とし,総妊娠回数と総出産回数だけ書くようです。
(成書より)


お尋ねの件ですが
G0P0なら今まで妊娠したことがない
G1P0なら1回妊娠したが出産に至らなかった
ことになりますね。

Q【mg/dL】⇔【mmol/L】の変換方法について

簡単な式でmmlo/Lに18をかければmg/dLに変換できるという記事を見ました。
一方で、違うmg/dLに0.5551をかければmmlo/Lに換算できるという記事も見ました。

そこで、友人に聞くと「そもそもの定義が違うから厳密には換算できない」と言われました。

質問は次のとおりです。

1 実際に【mg/dL】⇔【mmol/L】へ正確に変換は出来ないのでしょうか?
2 また、できなかった場合なぜできないのかを説明頂けませんでしょうか?もしくは、詳しく載っているサイトを教えて頂ければうれしいです。

どうぞよろしくお願いいいたします。

Aベストアンサー

mmol/Lの意味は1リットルの体積に何ミリモル(1000分の1モル)の物質量が含まれているかを示している単位です。
それに対してmg/dLの意味は10分の1リットルの体積の質量を表しています。
そもそもどんな物質が含まれているかも分からない状態で、物質量から質量への換算など出来るはずもありません。
1リットル中に含まれる物質量が1ミリモルの場合であってもその物質が酸素であるのか窒素であるのか水素であるかによってその質量は大きく変わります。
mmol/Lに18をかければmg/dLに変換できるという文章から判断するとおそらく水蒸気を想定することができますが、その場合には1mmol/Lに含まれる水蒸気の質量は18mgです。1デシリットル中には水蒸気質量の10分の1ですから1.8mgとなります。したがってその場合にはmmol/Lに18ではなく1.8をかければmg/dLに変換できるということになります。
mg/dLに0.5551をかければmmlo/Lに換算できるという文章では上記のように水蒸気を想定した場合には1mgの水蒸気が10分の1リットルの体積に含まれているのですから1リットルの体積の中には10mgの水蒸気が含まれることになり,この水蒸気をモルに換算すれば
10 / 18 = 0.5556
したがってmg/dLに0.5556をかければmmlo/Lに換算できるというということになります。少し数値が違うようですね。
いずれにしても物質が与えられていなければmmol/Lからmg/dLへの換算など出来るはずもありません。その意味では「そもそもの定義が違うから換算できない」というのが正しい意見ですね。

mmol/Lの意味は1リットルの体積に何ミリモル(1000分の1モル)の物質量が含まれているかを示している単位です。
それに対してmg/dLの意味は10分の1リットルの体積の質量を表しています。
そもそもどんな物質が含まれているかも分からない状態で、物質量から質量への換算など出来るはずもありません。
1リットル中に含まれる物質量が1ミリモルの場合であってもその物質が酸素であるのか窒素であるのか水素であるかによってその質量は大きく変わります。
mmol/Lに18をかければmg/dLに変換できるという文章から判断...続きを読む

QFFPやMAPとは?

 輸血の用語でFFPとかMAPってありますよね?あれっていったい何のことなのですか? 用語としてどこにも載っていないので…またこうした医療用語、略語の用語集、辞書の類でおすすめのものはありますか?

Aベストアンサー

下記URLの貼り付けで申し訳ありませんが・・・

◆新鮮凍結血漿(Fresh Frozen Plasma:FFP) ・ 採血後6時間以内に血漿を分離して-20℃以下で凍結保存した製剤。有効期間は採血後1年間で使用時は融解して用いられます。血液凝固因子の補給や循環血漿量の減少をきたす疾患などに使われます。

◆赤血球M・A・P(Red Cells M・A・P:RC-M・A・P) ・ 200・400mLの献血血液から遠心操作によって血漿及び白血球層の大部分を除いた後、赤血球を高品質に保存するための溶液(MAP液)を加えた赤血球製剤です。4~6℃で保存され有効期間は採血後21日間です。赤血球製剤の中で最も多く使われている製剤であり、血液中の赤血球の不足や(貧血等)、またはその機能が低下したときなどに使われます。

参考URL:http://www.bc9.org/word/word.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報