京都のちりめん山椒が大好きなんです。あ、あじゃりもちも。

スーパーとかで売ってるちりめん山椒ではなく、「はれま」等の
京都のちりめん山椒が買える都内のデパートってありませんか?

ネットで買えるようなのですが、ちょっと面倒くさいので
出来ればデパートに買いに行きたいのですが。
銀座・渋谷・新宿あたりでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

2月上旬から東京に常設の売り場が出来るようですね。

。。グルメ雑誌DANCYU のショップのようです!

*「やよい」直売店のご案内

○JR名古屋・島屋 日本の味コーナー
TEL 052-566-8688

●伊勢丹 新宿店 The dancyu shop(2月上旬 オープン予定)

○高島屋 大阪店 日本の味コーナー
TEL 06-6631-6306
○高島屋 京都店 日本の味コーナー
TEL 075-221-8811
おじゃこお徳用パックのみ常設しております。


時々催し物があるとき、三越恵比寿店で見かけたと思ったのですが記憶違いかも知れません。

あじゃりもちは不明、判りません。

参考URL:http://www.yayoi-ojako.co.jp/hanbai.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。さすが、伊勢丹ってかんじですね。
2月上旬ってことは、もうオープンしたんでしょうか・・?
早速伊勢丹に行ってみますね。
あじゃりもちは、日本橋三越などで売っているんですよー。
たまに買いに行ってます。

お礼日時:2002/02/15 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qちりめん生地を使った髪飾り

娘の七五三の為にちりめん生地を使って髪飾りを作りたいなと考えています。
コームにお花(5枚花びら)を3~5個付けたいなと思っています。
色々本を探したのですが作り方が載っていませんでした。
作り方が載っているサイト等をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単な方法としては、はなびらにしたい大きさに厚紙を切り その形より1センチくらい(縫い代分なので決まりはありませんが)大きめに同じ大きさに布を切り 布のまわりを グシ縫いします。
布の上に厚紙を置き グシ縫いした糸をひっぱっていき厚紙に木工用ボンドなどで縫い代部分を軽くとめます。
そのままだと裏が丸見えになってしまうので、グシ縫いの縫い代部分が隠れるように (はなびらの大きさよりちょっと小さめ)布をはります。
ふくらみが欲しければ 綿など少しのせ その上に厚紙をのせてから ぐし縫いしてしぼってもいいと思います。
これで必要な 花びらを枚数分つくり 真ん中に丸く花弁の部分を作って張れば(裏にも布だけで丸く当て布をしておけばなおOK)
これで 簡単なお花ができると思います。
下記にも 色々なお花がありましたので、参考になれば!

参考URL:http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Lavender/3705/nunohana.html

Qちりめん山椒

かなり前の話なのですが、とんねるずのみなさんのおかげでした(でしたっけ?)の「喰わず嫌い」のコーナーで、誰のお土産だったか忘れましたが、京都の「ちりめん山椒」があったと思います。
(その年のお土産ランキングにも入ったような覚えが・・・)

その時とても美味しそうで、「今度チャンスがあったら買おう!!」と思っていたのですが、チャンスが来た時にはすっかりそのお店の名前すら忘れてしまいました。

ゴールデンウィークに京都へ遊びに行く事になったので、是非買ってきたいのです。
覚えている方がいたら、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

『なかや』のちりめん山椒
と書かれたH.Pを見つけたのですが、肝心な場所が載っていませんでした。

他にも情報が寄せられれば、良いですね。

*2001/04/04 (水)のところを参照
http://www5b.biglobe.ne.jp/~tobutori/olddiary/2001/2001_04.htm

Q金襴などの生地を探しています

結婚式・披露宴の準備をしている者です。

 金襴、緞子、綸子など(縮緬以外)の生地を探しています。
用途はリングピローなどの小物をいろいろ作成したいのでその材料としてです、
 インターネットで販売している所はいくつか見ましたが、出来れば実際に手にとって買いたいと思いました。

 私の住んでいる田舎では大きな手芸店へ出向いても縮緬しか有りませんでした。

 12月に結婚式・披露宴の準備の一環として京都へ行く事を予定しています。
 そこで、京都に金襴、緞子、綸子などの縮緬以外の生地を切り売りしてくれるお店は無いでしょうか?
大阪へも行く可能性は有りますので、大阪のお店もお教えして頂けたら嬉しいです。

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大阪の松屋町(松屋町筋の東側・松屋町駅の北側)の人形屋
(5.60センチ角のハギレ)

大阪の船場センタービル内に何件か(日曜休み。土曜休みの
店もあったかも)

に金襴等を売っている店ありました。(お店の名前がわから
ないのですが)

地元で手に入れようとしたときは、手芸店でなく、着物屋さん
人形屋さんに聞かれてみては

(手芸情報ではないのですが)

Q甘くないちりめん山椒

甘くないちりめん山椒を探しています。

いろいろ買ってみるのですが甘からく炊いたものが
結構多いようで、コレだ!というものが見つかりません。

お勧めのお店、メーカーなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
私もちりめん山椒大好きでよく購入していますが、
主人は甘くないちりめん山椒が好みなのですが、
私は甘辛く炊いたものが大好きなので、両タイプ購入しています。
私の方は、甘辛のもので、美味しいものにあまり出会っていないので、kagemaru55さんと反対の悩みですねっ!
さて、甘くないちりめん山椒ですが、京都のちりめん山椒は甘くない醤油と山椒だけで炊いたものがほとんどだと思います。(例外もあるかもしれませんが・・)
確実に甘くないタイプで、おすすめのメーカーは
「やよい」です。あとそれよりも少しからいものは
「はれま」ですが、私個人としは「やよい」が良いと思います。
私はまだ食した事はないですが、「あり本」も有名ですね。

参考URL:http://www.yayoi-ojako.co.jp/

Q浜ちりめん 正絹色無地着物と紋について

色無地の反物があります。
あまり格式ばったところに出かけないので、紋なしにして普段使いにしようと思っていましたが、反物に【浜ちりめん】とスタンプがありました。
叔母に浜ちりめんは高級なので、紋をつけないとおかしいと言われました。紋なしで普段使いに仕立てるのは変でしょうか?
以下が、反物情報です。宜しくお願いします。

正絹色無地着物、琥珀錦、超堅牢染め、黄金媒染の琥珀錦、生地は浜縮緬地の松光でドッシリと重目です。
反物に「浜ちりめん」というスタンプが押されています。

Aベストアンサー

紋を入れるか入れないかは反物の質よりも着る用途に応じる方がいいと思います。
上等だから紋を入れなければおかしいという事はないですよ。
紋を入れればフォーマルで入れなければ普段着の扱い(格)になります。
お茶会や結婚式や卒業式、法事(慶事向きの地紋がなく寒色系の場合)に使いたいなら紋入れを。
普段にどんどん着たいと考えるなら紋は入れないのがよろしいでしょう。

しかし一方で紋のない色無地はおかしいとか、物足りないとかという見方をする人も多いのは事実です。
実際には普段着として着るぶんにはそんな事はないのですが。
そこでNO.1の方のおっしゃるように同色の縫い紋を入れておけば少しあらたまったお出かけにも着られ、無難でしょう。
お茶をなさっている方なら間違いなく紋入れをすすめますが、そうでない場合は「どう着たいか」で決まります。
また、お茶会やお茶事には紋付きの着物が欠かせませんが、お稽古に紋のある着物を着るのはおかしいわけです。

実際にお茶会以外で色無地を着る機会というのはそうありません。
結婚式に?一つ紋付き色無地では実際は地味ですので訪問着が適当です。
一方で紋付きの着物を街着とするのは本来おかしいことです。
それなら紋を入れずに気軽に着てはいかがでしょう。色半襟を用いたり細帯を合わせたりと個性的な着こなしが可能になります。
また、どうしても紋が必要になったら、その時にあらためて入れる事もできますよ。

ちなみに私は紋付きの色無地、紋無しの色無地、洒落紋入りの色無地と、袷・単衣取り混ぜて持っていますが、紋付きの色無地はお茶会専用になっています。
一方、紋無しや洒落紋のものは普段のお洒落着としていろいろなシーンで活用していますよ。

紋を入れるか入れないかは反物の質よりも着る用途に応じる方がいいと思います。
上等だから紋を入れなければおかしいという事はないですよ。
紋を入れればフォーマルで入れなければ普段着の扱い(格)になります。
お茶会や結婚式や卒業式、法事(慶事向きの地紋がなく寒色系の場合)に使いたいなら紋入れを。
普段にどんどん着たいと考えるなら紋は入れないのがよろしいでしょう。

しかし一方で紋のない色無地はおかしいとか、物足りないとかという見方をする人も多いのは事実です。
実際には普段着とし...続きを読む

Q京都:細かく切った湯葉とじゃこと山椒が入った半生のふりかけのようなもの

数年前に京都からお取り寄せしたと友人からいただきました。
あまりに美味しかったのでぜひまた食べたいのですが、商品名もお店の名前も忘れてしまいました。

細かく切った湯葉とじゃこと山椒が入った、半生のふりかけのようなものです。
(もしかしたらじゃこは入っていなかったかも!?)
B6~A5版くらいのシンプルな箱に入っていました。
その時にインターネットで調べたところ1箱3000円前後ではなかったかと思います。
結構量が入っていたのですが、1週間くらいしか日持ちがしなかったので贅沢にごはんにのせて食べた記憶があります。

不確かな記憶で申し訳ございませんが、思い当たる方、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

同じ物かどうかはわかりませんが・・・
http://www.oishikoji.com/shop/gds.php?shopid=010

湯葉は入ってませんが・・お薦めは葉桜さんのものですね
http://www.eonet.ne.jp/~kyoto-hazakura/

Qちりめん着物の防水

レンタル落ち等の中古着物販売の催しに行き、とっても気に入った着物があったのですが、販売員さんに「大縮緬(?)だから雨がかかると縮むよ」と言われました。私の住んでいるところは雨がとても多い地域なので泣く泣く諦めましたが、やはり気になっています。

百貨店での一週間のみの催し、(どこかの業者さんが回っているっぽいです)仕立て上がりの中古品ということで、販売員さんに防水加工等の相談はできそうにありません。価格は1万5千円ほどなので、高い防水加工に出すのももったいない気がします。(スミマセン)

1.市販の防水スプレーをしてもいいのでしょうか?
2.他になにか良いアイデアがありませんか?

ちなみに29日(火)までの開催です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。ちりめんの着物の防水ですか。
それは何も加工してない物でしたらやはり水で縮みますので販売員さんの言う通りですね。
大縮緬とは鬼シボ縮緬と呼ばれるシボの大きな物だと思いますが、水がかかるとチリチリと縮んでしまい、元に戻すのは難しいです。
市販の防水スプレーはおすすめはできません。やった事ないので何ともお答えできません。
安い物だから駄目元で、と考えるなら目立たない部分で試してみてからやってみてもいいかも知れませんが、後がどうなるかは保証できません。
雨の心配のない晴天の日用の着物として着るしか、とりあえずは方法はないと思います。
スープやコーヒーをこぼしても大変ですから正直気を遣いますね。
しかし着物に手入れが必要なのは新品でも中古品でも同じこと。
安く手に入れた着物だからお金をかけたくない、というのではなかなか難しいと思いますよ。

Q函館で売ってるちりめんじゃこ。

今日、同僚が連休の間函館に行ったそうです。
お土産に、(部署でご飯のおかずとして)緑色がかったちりめんじゃこを食べてとても美味しかったのです。
本人に店の名前を聞いたのですが、覚えてないとの事でした。2Kで¥2.000だったと言う事でした。それしか解らないのです。ご存知の方良かったら教えて下さい。お願いします。函館で買ったのは間違いないそうです。(笑)。

Aベストアンサー

函館のものです。

それはきっとこちらで「コナゴ」といっているものでしょう。正しくはコウナゴ(小女子)というのだと思いますが、ちりめんじゃこはイワシの子供ですけど、それとは違う魚です。

ネットでちょっと調べたのですが、コナゴの佃煮なら写真もありますしネットで買うこともできますが、ただ干しただけのものは見つけられませんでした。
函館ではどこでも手にはいるのですけどね。

Qちりめんの江戸小紋

江戸小紋(鮫小紋)の生地はちりめん以外には何がありますか?  
知人の江戸小紋は見た感じは薄い生地というかわりとさらさらした平たく見える生地でした。 そのせいかシワになりやすいようで、座りジワが目立ちました。   これはどんな(なんという)生地だと思いますか? 
今日見た別の江戸小紋はしぼのある、わりとぼってりした感じのちりめんでシワにはなりにくいものでした。  ちりめんでは一般的にしぼの高いものの方が高級なものですか? それともしぼが低いものの方が高級ですか? 

初心者なのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>江戸小紋(鮫小紋)の生地はちりめん以外には何がありますか?  

江戸小紋(これはあくまでも今では柄のことで、生地の織り方質はこの名称には含まれていません。)
というのは男の人、それも、
武士の裃の下に着用している着物・小袖の柄・反物なのです。

女の人も着用するようになって、ちりめんを使うようになった。
(もちろん江戸時代の偉い人たちの話)

ちりめんは「柔らかもの」といって、男性むき・武士向きではないのです。

デ、男性は正式に着用する絹としては「羽二重」がほとんどです。
紋付・羽織もそうです。

これは、女性用でもないことはないのですが、今ではほとんど見ません。

いわば、きものの裏地・胴裏のような平織りで、
もうちょっと厚手というものです。

ちりめんは糸によりが利いていて、そのより糸をどれぐらいの割合、リズム?で入れるかで一越ちりめん(1本)から三越ちりめん(3本)まであります。
シボの大きさがどんどんと大きくなる(一越→三越)
つまり、ボコボコ感が出てくる。
どちらかというとより薄く、ヨリがきつくできる糸というのはもとの絹がより細く長くないとできないので、一越の上物を「錦紗・キンシャ」といって
女性のより、正式なきものに使われます。

ですので、ボコボコが大きいのはいわば趣味性が強い。
更に、湿気でより、縮みがでますのでほんとうの意味では贅沢なのです。
染めるのもボコボコ分は技術的には難しくなりますしね。

ですので、どれが特に高級ということもない。

今ではほとんどが一越ちりめんですので、ちりめんのことを「一越・ヒトコシ」
とも言います。

小紋の生地には綸子も使います。
これはボコボコがなくて平織りなのですが、これに地紋が織り方としてある。
より絹糸のつや、柄を出すために表に渡っている部分が多いので、てらてらとした感じが多くなり華やかです。

【薄い生地というかわりとさらさらした平たく見える生地でした】

もしかしたら、羽二重(さらさら、平たいのです)の江戸小紋だったのかもしれません。
ちりめんとどちらが、高級と言うこともないですが、本来は羽二重がホント。
それに、いまどきは、羽二重での江戸小紋というのも珍しい(男性が着ないから)ので、高いかもしれない。

ちなみに、私は和裁を趣味とするおばちゃんです。
オークションで落とした、昔のきものをたくさん解いてますが、
ほんの30年ぐらいの違いで呉服屋さんの常識で変えられてしまった
「きもの常識」がたくさんあるのがわかります。

余り、「高級」というものにとらわれないほうがいいです。
ソモソモ、絹自体が国産はいまや、皆無。
時代劇なら、ご禁制品ばかりですから、従来のどれが高級という話は
国産の絹の話ですから、お蚕様からして違うから。

>江戸小紋(鮫小紋)の生地はちりめん以外には何がありますか?  

江戸小紋(これはあくまでも今では柄のことで、生地の織り方質はこの名称には含まれていません。)
というのは男の人、それも、
武士の裃の下に着用している着物・小袖の柄・反物なのです。

女の人も着用するようになって、ちりめんを使うようになった。
(もちろん江戸時代の偉い人たちの話)

ちりめんは「柔らかもの」といって、男性むき・武士向きではないのです。

デ、男性は正式に着用する絹としては「羽二重」がほとんどです。...続きを読む

Qちりめんじゃこ

ちょっと、恥ずかしい質問ですが、ちりめんじゃこは冷凍、冷蔵どちらで保存した方がいいのでしょうか?

もし、正解が冷凍だった場合、味は落ちるものでしょうか。

また、もし、正解が冷蔵だった場合、どのくらいの期間もつのでしょうか?

Aベストアンサー

10℃以下で2週間くらいの賞味期限です。
だから、冷蔵でいいと思います。
私も冷凍ってしたことないです。
でも、冷凍だったら、1ヶ月以上経っていても大丈夫だと思いますよ。
肉や魚でもそれくらい冷凍庫で眠っていることしばしばです。
風味も多少落ちてるかもしれませんが、堂々と使ってますね。
ただ、海鮮品の乾物は菌が繁殖したりしてると恐いので、
冷蔵は過信できません。
そして、量り売りなんかだと、店ですでに日にちを経過しているかもしれませんので、臭いや色とか状態でも判断しましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報