【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

以前、知人から「デジタル放送はローカル局に、一番利益をもたらす」と言うようなことを聞きました。それは本当なのでしょうか?その真偽とメカニズムを教えて下さい。
また、デジタル放送時代を迎えるにあたり、ローカル局はどの様な方向性を目指すべきなのでしょうか?

近い将来の情報の流通は、インターネットを経由するのが一番効率が良いというのはなぜでしょうか?

 質問に共通性がなくて申し訳ありません。なにぶん全くの素人なものでご容赦下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、2つの質問は関連がありますよ! (^-^) 大丈夫です。



他の方もおっしゃっているとおり、短期的にみて地上波のデジタル放送は
地方局に大きな負担を強いるものであるという見方が多いです。

この計画に笑い話があります。現在、総務省、NHKとデジタル放送推進協議会は、周波数変更に伴う費用の再算出で奔走中。というのも、実は、このデジタル化の計画には詰めの甘いところがあり、都市部から地方に拡大しながら順次デジタルに移行するにあたって、一部のアナログ局の周波数までも変更しなければならない(アナアナ問題)というとんでもないコストが「最近」判明したんです!(笑)

現在、この対策のために、周波数を変更するのか、あるいはいきなりデジタル放送をして、変わりにSTBを配布するのかということでもめています。。。(T-T)

いずれにせよ、このような大きな負担がありながらも、この計画を推進しているのには、ちゃんと理由があります。

1.有限な電波の有効利用(帯域の圧縮)
2.コンテンツの再利用
3.デジタルによる付加価値(高画質、ゴースト問題など)
4.その他いろいろ(機器メーカーが儲かるなど)

電波の周波数の件に関しては、他の方が触れられているので、ここではコンテンツの再利用について書きます。また、この事は、ご友人が仰った「ローカル局に利益をもたらす」という事に結びつきます。

現在の地方局のビジネスモデルは、自社のカバレッジエリアの世帯を広告主に売っているものです。つまり、自社の電波の届く範囲の世帯に広告を発信し、その対価をスポットなら代理店経由、提供枠なら広告代理店経由キー局経由でもらっていると考えてください。

ところが、デジタル放送を前提に作られたコンテンツにおいては、その二次利用が
大変容易であるゆえ、(パッケージのみならず、インターネットなど)市場が広がる可能性があるのです。国もこの点で問題になる著作権隣接権などのルール作りに取り組んでいることは、ご存知の通りです。

例えば、(あまりに大雑把な計算ですが!) 100万世帯の都市の放送局でエリアカバレッジが90%で、平均視聴率5%の番組を作っている局が、接する世帯数は 100万×90%×5% 4万5000世帯。
つまり、地方局はそのエリア内の世帯数が決まっているので、決まったパイを他の系列局と取り合っているんです。どんなに頑張って平均視聴率を上げても、その地域の世帯数は変りませんから、この限界は乗り越えられませんでした。(放送の24時間化でも、あまり多くの収益をあげられない。このご時世であっても、深夜帯の視聴率は散々たるもの)

でも、デジタルを前提に作った番組であれば、そのコンテンツをインターネットを使って全世界に向けて発信をできるため、最大で46億人の潜在顧客がある(ちょっとオーバーですが)といえます。

この事が、唯一地方局にある一筋の光明といえましょう。

現在の地方局の自社制作率は、ご存知のとおり相当低い率になっています。
80~90年代に顕著になった都市集中志向によって、この状況に一層拍車が掛かっていて、地方局のスタッフの士気は下がるばかりです。「このままでは、単なる中継局になってしまうのでは!?」という漠然とした不安を、みなさん持っておられるようです。

「それでもいいではないか。キー局が優れた番組を作って、地方局がその信号の再送出に関わって、全体で利益を上げられれば良いのではないか」、という声も聴かれそうです。確かに、そういうビジネスモデルに特化して、利益を出す事は可能かもしれません。いやむしろ、今までの構造はそのようなものだったのかもしれません。

ただ、私達が考えなければならないのは、キー局が作っている作品が、本当に質の高いものであるかという事です。

現在のブロードバンドの世界では、皆様ご存知のとおり、海外のコンテンツをダウンロードして、再生することは大変容易くなっています。まだ、回線幅の問題や、ベストエフォート(回線が混雑の状況によって変化する)であるということから、音声(IP電話)、あるいは動画の配信には向かないと思われていました。しかし、最近になってネットワークの補強がものすごい勢いで進められており、ストリーミングやミラーリング、CSを使った負荷分散など、さまざまな伝送に関わる技術の進歩の中で、ストレスなく動画を扱える状況が近づいています(韓国の事例をご覧下さい)

(ちょっとわき道にそれますが、余り知られていない事ですが、日本の光ファイバー敷設率は、シンガポールなどの特殊な例を除き、トップです。というのも、多くの商業施設には、すでに電力会社が多芯の光ファイバーケーブルを引きこんであって、数線を電力機器の調整・監視に使っている他は、全くがらがらという状況です。法制度が整えば、このインフラを使って、データのやりとりができます。国もインフラの整備の需要性は承知しており、ラストワンマイル、ラストワンメートルの問題を除けば、相当に恵まれた状況にあるといっていいと思います。地方においても、幹線の光化が急速に進んでおり、これにおいても他国よりアドバンテージがあると思います。)

このような社会の中では、私達がコンテンツの勝負をするコンペティターは、むしろ国内になく、海外にあると言えます。FOXが新たな映画を封切った瞬間、全世界のユーザーがFOXのサイトにアクセスして、各国語の字幕をつけたコンテンツを楽しむという時代が、すぐそこに来ています。

その中で、私達、日本の、キー局が作っている作品は、世界で競える質の高いものなのでしょうか?

残念ながら、そうではないようです。言語の問題もありましょうが、一部のアニメーションを除き、日本のコンテンツが海外で見られる事はありませんし、その評判もご存知のとおりです。ということは、このままキー局主体で、「今のままのコンテンツ」を作っているかぎりでは、この業界自体が消滅(そもそもセットインユース(局を問わず、全体でテレビを見ている世帯数)が減り、広告収入が減り、制作費が減り。。。。)

このような状況の中で、廉価な制作費で作品を作る事に長けた地方局に、もしかしたら分があるかも、と考えるのも自然です。実際は、多くの負債を抱える可能性があり(キー局がどのような対応を取るかによります。まだわかりません)、その中で事業を推進するのには、様々な困難が伴うかもしれません。しかし、大きな広告代理店の制作よりも、小さなクリエィティブ・エージェンシーがCMを受注した「ユニクロ」のように、大きな会社が良い仕事をするとは限らない世の中になっています。いかに優秀な人材を確保し、彼らに伸び伸びと良い作品を作ってもらうかにかかっています。

私の私見が多く混じっていますが、このような前提の中で地方局の生き残りの道には、いくつかパターンがあると思います。

1.キー局の放送中継局としての機能に特化。
保守管理の外部委託の推進、デジタル化に掛かる局舎の更改にあたっては、積極的な証券化の推進。媒体セールスなどを含め、人員の合理化。ステーションパワーの増大(ブランドイメージの向上)に向けた各種プロモーションの効率的な投下(現在の活動はムダが多いのでは?) 売りものである「時間」×「視聴率」の価値増大と支出の削減を狙う

2.独自コンテンツ制作会社として、世界で生きる
少ない制作費でコンテンツを制作できる事を強みとして、世界を市場として考えて制作力の増強に努める。ただし、この場合に気を付けなければならないのは、一部にエッジを立てるということ。競馬専門チャンネルがそれなりに成功していることをふまえ、独自の(ニッチで良い。市場の母数が大きいのだから)得意分野に資源を集中する。市場は日本1億2000万のみでなく、海外も含めた戦略に。その方が市場の分母が大きいのだから。「京都」「奈良」など、海外の人間に興味があり、既にブランドが確立されている地域で活動するならば、それを局の中心に据えても良い。「京都に関しては、全てがわかるチャンネル」という具合に。

3.地域に根ざした会社になる
日本のネットワークの一部として捉えると、小さな企業であるが、各地域では絶対的な知名度とブランドイメージを持った企業であることから、地域に特化した事業を幅広く推進する。地域の住民のベネフィットを最大化する事を事業の最終目的にし、豪雪地帯なら雪に関したサービス全般を扱い、南国ならマリンリゾートに関係する幅広いサービスを扱う。この場合の強みは、ブランドイメージであるという事を忘れずに、それを大切に「地域の人に」愛される会社(会社というよりも、組織かもしれない)を目指す

以上が、私の考えです。
広告代理店に勤めながら、勉強を続けています。
色々と弱い点のある意見であることは承知です。
みなさまのご意見、質問者の方のご意見も頂ければ幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「弱い点がある」なんて、とんでもないです。とても勉強になりました。これほどの説得力を持っておられるkitachanさんが勉強中とは、広告代理店のすごさが伝わってきます。私は、ローカル局志望で就職活動をしているのですが、皆様の回答を読ませて頂くと、もっと頑張らねば!と心に言い聞かせるばかりです。本当に有難うございました。

お礼日時:2002/02/08 16:22

>テレビ局の存在意義というものはどうなるのでしょうか?地域に根づいた


>局しか必要ではなくなるのでしょうか?
地域に根付いた局しかというよりは、いかに競争力のあるコンテンツ(番組)を自主的に製作して放送できるかという1点かなと思います。競争力のある局が地元スポンサーを多く獲得でき、その結果地域に根付いて必要とされていくというカラクリなのではないでしょうか。
何やらデジタル化ということで世間は盛り上がっているようですが、私の個人的な考えではこの日本という国では、テレビがデジタルだろうがアナログだろうが大して視聴者に影響はないのではないかと思うのです。デジタル化となれば、データ放送とか蓄積放送とかで確かにツールとしては便利になるのでしょうが、そこまでしてテレビを観たいと思う人がいるとはとても思えないのです。BSについても加入者が伸び悩んでいるようですし。人間に与えられた1日は24時間しかありません。働く時間、飲みに行く時間、眠る時間、家族と会話する時間、勉強する時間…など考えると一人一日3時間テレビを観れば多い方なのではないでしょうか(会社勤めの人)?その時間に、以前に蓄積した番組を観たりとかしているとリアルタイムの放送(ニュース含め)が観れなくなってしまい、それを更に蓄積したとして溜まったのは土日くらいしか観る時間ができないこととなってしまいますが、せっかくの土日をテレビ鑑賞に費やす方が果たしてどれだけいるでしょうか?しかも、情報は生モノですしね。この国は他にも楽しいことや遊びが沢山ある国なので、周波数の問題とかはよく分かりませんが、どうもお上が期待しているような本当の意味での効果は上がらないのではないでしょうか。上からの政策としか思えません。今のテレビでも十分映像はキレイだと思うのは私だけでしょうか。
ただ、専業主婦や比較的時間を取れる方たちにとっては有用だとは思います。
一視聴者による一視聴者の立場での意見です。
    • good
    • 0

一般的に、地上波デジタル化に伴い地方局は40億ないし50億円の新たな設備投資が必要と言われています。

その意味で、その知人の方の言葉がどういう意味なのかは分かりかねます。もっとも20年、30年という長いスパンでの分析ではそういうこともあるかもしれませんが、現在の混沌とした経済環境下では誰も自信を持って断言することはできないでしょう。
近時、光ファイバーなどのブロードバンド時代を向かえて放送と通信の境目がなくなってきていると言われています。莫大で大掛かりな放送設備が必要なテレビ局よりも、インターネットを通じて番組や映画を配信するほうが設備コスト的に安上がりなのは容易に想像できるところです。テレビ局は認可が必要で新規参入が事実上不可能であるのに対し、インターネットによる通信は比較的に簡単に始められるというのもインターネットによる情報の流通が活発化する理由の1つではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インターネットによる、情報の流通の活発化のメカニズムが理解できました。確かにgood speedさんのおっしゃるとおりだと思います。今後、益々
インターネットが普及し通信技術も発達すれば、テレビ局の存在意義とい
うものはどうなるのでしょうか?地域に根づいた局しか必要ではなくなる
のでしょうか?

お礼日時:2002/02/08 16:11

>「デジタル放送はローカル局に、一番利益をもたらす」



地上波のデジタル化の事ですよね。

個人的には「ローカル局が一番利益を…」とは思えません。
(キー局なら考えられますが…?)

まず、多チャンネル化に対しては認可が必要ですし、現在の
ローカル局に多チャンネルに対しての番組制作する体力
(予算)を局は少ないと思います。

また、デジタル化する為には局内のシステムだけでなく、
各中継局のシステムを更新させる為に莫大な費用が掛かります。
(キー局と違い、ローカル局の場合は中継局が多い。)
国から相当な予算がでない事には、利益が出るのはかなり先の
話となるでしょう。

地上波放送のデジタル化について
  ↓
http://www2.dokkyo.ac.jp/~msemi008/18thsemi/digi …

崩壊する"テレビ局の不倒神話"
  ↓
http://www.jri.co.jp/research/media/report/2000/ …

共同編成5割目標 提携のサンテレビと京都放送
  ↓
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/010927k …

収益構造の見えない「デジタル戦略」
  ↓
http://www.newww-media.co.jp/htdocs/r01121.html

テレビが拓く未来、200兆円市場めぐる争奪の舞台裏
  ↓
http://bizns.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/search/frame …

メリットとしては、下記のような事は当てはまりますが…。
・ゴースト等の電波障害が無くなる。
 (車両内等での、移動受信もクリアに受信できる。)
・送受信共に同一周波数をできる為、放送エリア内は1つの
 チャンネルで放送できる。
 (現状は中継局によりチャンネルが違います。
  従って、同一ローカル局でも受信エリアにより、
  チャンネルが違います。)

キー局の場合はハイビジョンをはじめ、デジタル衛星放送と
素材や機器が共用できる為、設備に対するメリットも多いですが、
ローカル局にとっては、メリットは少ないと思います。
(現状で「一番利益をもたらす」と言う観点の場合。)

利益と言っても金銭的な事だけでなく、広く考えると、
デジタル化の一番のメリットは、限るある放送周波数の帯域を
有効に利用できる事でしょう。
(この問題から、デジタル化が進められた。
 現在は空いている帯域が殆どありませんが、ゆとりが出できれば、
 例えば、空いた帯域を携帯電話や無線インターネット等に
 使用する事も可能です。)
あとは、地上波でハイビジョン等の高画質放送や多チャンネル化
でしょうか。

これらを考えると、回答になりませんが、視聴者はデジタル
放送に対応した機器を購入しなければなりませんが、楽しみは
増える?と思います。
従って一番利益をもたらされるのは視聴者?

また、一時的と思われますが、地上波デジタル放送に関連した
電気・電子機器を製作するメーカーも利益を上げるでしょう。


>デジタル放送時代を迎えるにあたり、ローカル局はどの様な方向性~

衛星デジタル放送等、視聴者は多くの選択肢ができる訳ですから、
視聴率を取る事が困難になります。
また、今まではキー局からのネットが主となっていますが、
キー局が直接衛星から同一の番組を放送したら…。
(暫くはネット局を守る為に配慮するようですが…。
 下記サイト参照)

 BSデジタル放送、12月より開始(00.9.5)
  ↓
 http://www.japan.org.cn/jp/jpn0905j.html

 BSデジタル放送、12月から開始
  ↓
 http://www.fpcj.jp/j/fshiryou/jb/0033.html

今後のローカル局は、「自主制作」で、衛星放送や他局、他の
メディア等に販売できる番組を制作しなければならないでしょう。
また、拠り「地域に密着した情報発信(News/番組)」も必要です。
(現在、ローカル局発信の全国放送も増えていますよね。)


>インターネットを経由するのが一番効率~

貴重な電波を有効に使うには良いかも知れません。
但し、高速回線が全世帯に浸透するにはまだ時間が掛かり
ますし、回線が無い場所(屋外等)で利用する為には高速
の無線インターネットの設備が必要ですよね。

インターネット放送とデジタル放送は両立するか
  ↓質問と若干違いますが…
http://www.jri.co.jp/JRR/2001/200107/JRR200107st …

群雄割拠する放送業界の勝者はどこだ!
  ↓
http://www.dip.to/wedge/r/200110r24.htm


過去の質問ですが、参考になるかも?

地上波のデジタル化について
  ↓
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=152957

デジタル放送は企業の為?
  ↓
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=151328


ローカル局の制作業務もしていますので、経験者にしておきました。
(技術部でないので専門家とは言えませんが…。)

参考URL:http://www2.dokkyo.ac.jp/~msemi008/18thsemi/digi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、就職活動中で出来ればローカル局に勤めたいと思っています。実際にローカル局で働いている方からの回答、大変参考になりました。私は、まだまだ勉強不足ですが、今後はもっと知識を養い、自分なりの意見を持てるよう努力するつもりです。本当に有難うございました。

お礼日時:2002/02/08 16:00

マスコミの使命を考えてみてください。


かって第2文部省と呼ばれた某雑誌社では.農村不況(不作で食い物がなく離農・遊郭への子女売買等が行われている)時に.農村では食い物があり農村に残ると成功し財を成すなんて宣伝していました。
つまり.情報発信者にとって都合の良い内容を提示しその内容に従う人々を育成することが使命です。GHQの宣伝として使われた歌謡曲りんごの歌等はもっとも有名なないようでしょう。
情報発信源が1個所であれば.つまり.NHK1個所であった場合には多くの人々はその内容に従って行動します。ここに「大衆文化」が成立します。つまり.一つの情報源によって特定の行動をする不特定多数の人々が「大衆」となります。
もし複数の情報源が発生し.複数の考え方を宣伝したらどうなるのでしょうか。いろいろな価値概念をもち.特定の考え方を持つ人々の群れが複数発生します。ここに「分衆文化」が成立します。「紅白は演歌だけだから嫌い」ロックがいい.という特定のかぎられた集団が成立します。
このぶんしゅう効果をもっとも良く使っているのが.東京西部の鉄道会社です。ケーブルTVを使用して特定の情報を流しその内容に従った消費群を育成するのです。私が最初に気がついたのは.ハチ公物語という映画でした。該当地区では派手に宣伝しています。しかし.該当鉄道会社を離れると一切の宣伝がなくなります。該当鉄道会社は全国ネットで宣伝するだけの資金がなく.みずから管理しているマスメディアに限って宣伝していたのでした。
このような特定の人々(企業)による情報操作は.日本の近代化を築いてきた財閥では多く行われていた手法です。私が調べたのは先日破産した北海道炭坑汽船という会社です。北海道炭坑汽船がみずからの支配する従業員に対してどのような情報操作を行ってきたのかを調べて行く上で.マスメディアの使命を感じました。
同様な内容は.栃木県の下野新聞社でも考えられます。現在では市場占有率がかなり低迷していますが.かっては市場占有率45%という巨大な新聞社であり.とちぎ県内の情報統制を可能にした会社です。

ということで.多くのチャンネルの存在がより多くの人々(企業)の宣伝を容易にします。従って.情報統制をする上では.チャンネル数の多さ(地方局への割り当てが増える)が利益をもたらします。ただ.既存のTV放送やfm放送が地方に普及せず.都市部に集中していることを考えると.「都市部のローカル局」に一番の利益をもたらすでしょう。逆に農村部ではスポンサー不足と設備の維持が出来ず(下野新聞社の関連放送局とちぎTVでは経営が順調ではないようです)都市部の全国局の支配下に早い段階で達するものと考えられます。

インターモットの設備投資は自社サイト(自社いp)を作るとしても精々1000万から1億でしょう。1000万というと午後7時代で2回全国放送のスポットを流す代金です。つまり.1週間分の広告費をかけるのであれば.自社サイトを作れます。これほど低価格なマスメディアはないでしょう。宣伝においてインターネットが低コストであり.時間的制約がないことが効率のよさでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答の詳しさ、その早さと共に感激致しました。
実例を挙げていただいたので、よりスムーズに入
っていくことが出来ました。有難うございました。

お礼日時:2002/02/08 15:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビ局の技術職につきたい・・

今年工学院大学に入学した者です。
入った当初はプログラマーになろうと思っていたのでよかったのですがだんだんテレビ局の技術職が面白そうになってきて将来これでがんばりたいと堅く思いました。しかしテレビ局はまず書類選考でMARCH以下は落とされることを知りました。(大手の局)だから仮面浪人して国立の電通を目指したいと思ってます!ですが本当にこれの道でいっていいものか悩んでしまいます。どなたかテレビ局関係の方などぜひアドバイスください!

Aベストアンサー

東北地方の工学部(私大)を卒業して、
地方のテレビ局で技術の仕事をしています。
(技術局の社員です)
>しかしテレビ局はまず書類選考でMARCH以下は落とされることを知りました。(大手の局)
そんなのデタラメですよ。
以前麹町にあった某局を受けましたが2次面接までいきましたよ。
会社の後輩もお台場にある局の面接までいったそうです。
たしかに書類選考は厳しいです。うちの会社でさえ9割書類で落とします。もちろんキー局なんかはもっと厳しいでしょう。
テレビ局は難関と思われていますが、書類さえ通れば倍率は他の会社と変わりませんよ。そんなにたくさん面接している程、役員も暇じゃないですから。
電通大は確かにテレビ技術職への就職実績は高いです。(うちの上司も電通大です)でも工学院でも大して変わらないと思います。
学歴(学校歴)はあまり関係ありません。コネも関係ありません。
一番は明確な自己紹介(これまで何を専門としてきたか)
志望動機(これから何をしたいか)が大事です。
仮面浪人する暇があったら、第一級陸上無線技術士を取って下さい。
これを持っていれば東大生より優遇されます。
テレビは無線を使いますので、この資格が必要なのです。
私のように勉強中ですと面接で嘘を付いて、入社して5年かけて取るのもアリですが(笑)
難しい資格ですが、学生で持っていれば最強です。
もちろん、資格だけで受かることは無いです。
この業界について、放送技術などの業界誌を読んだり、
11月に幕張メッセである国際放送機器展(Inter BEE)に行って
最新の放送機器を観てきて下さい。そして、自分なりに今後の放送業界はどうなっていくのか考えて下さい。
これを志望動機に盛り込んで、
面接で社員と同じ目線で議論できれば内定できます。
キー局は難しいのでNHKや地方局も視野に入れてくださいね。
数多く受けることも大事です。
(テレビ局社員で制作技術もできる会社の見分け方)
社員数100人以下の会社は制作技術を外注しています。
100人以上であれば、外注もしていますが重要な部分は社員がやっている場合が多いです。目安ですが、参考にして下さい。

参考URL:http://www.kenroku-kan.co.jp/hoso_kongetsu.htm

東北地方の工学部(私大)を卒業して、
地方のテレビ局で技術の仕事をしています。
(技術局の社員です)
>しかしテレビ局はまず書類選考でMARCH以下は落とされることを知りました。(大手の局)
そんなのデタラメですよ。
以前麹町にあった某局を受けましたが2次面接までいきましたよ。
会社の後輩もお台場にある局の面接までいったそうです。
たしかに書類選考は厳しいです。うちの会社でさえ9割書類で落とします。もちろんキー局なんかはもっと厳しいでしょう。
テレビ局は難関と思われていま...続きを読む

Q新聞業界に将来性はあるか??

現在大学三年生です。

私は本を読んだり文章を書いたりすることが好きなので、来年の就職活動において新聞業界を志望の一つにしようかと考えています。全国紙と、地方紙(地元が神戸なので神戸新聞)を両方受けて見たいと思っています。

ただ、新聞業界に果たして将来性があるのかという点がすごく心配です。なぜなら、今はただでさえ若年層が新聞を読まなくなっている上、ニュースを必要とする人はわざわざ新聞を買わなくてもインターネットやテレビで情報収集ができる時代ですよね。なので、倒産とまではいかなくても新聞業界はこれから規模縮小を余儀なくされ、これから就職しようとする場合はよほどの覚悟で入社する必要があるのではないかと思っています。

以上は私の見解なのですが、新聞業界の将来についてみなさんの認識はどうでしょうか?さまざまな意見を聞かせていただけるとありがたいです。あと、全国紙と地方紙の経営状況の違い(どちらのほうが経営状態が比較的健全か)などあれば教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 現役の新聞記者として、老婆心から補足します。

 企業としての新聞社の実情は、容易にうかがい知れません。なにしろ上場企業ではないので財務情報も少ししか開示されていません(未上場版の四季報などに僅かばかりの情報が載っていますが…)。しかし、各新聞社の(企業としての)優良性は「部数」だけでは決して判断できない、ということは留意しておいてください。

 地方紙の場合、重要なのはむしろ「シェア」です。特定地域におけるシェアが高ければ高いほど、効率良く広告収入が稼げるからです。だから、神戸新聞より部数が少なくても財務状態がはるかにいい新聞社がありますし、その逆もまた言えます。

 また、地方紙の場合は、(良くも悪くも)地元の行政や財界や論壇との結びつきが深いため、その地域において、見かけの部数や業績以上の「存在感」を持っている場合がままあります。
 わが国の企業は、将来的に、「超大型企業か、専門性の高い企業しか生き残れない」という意見がありますが、そうした点からみれば、地方紙には全国紙にない魅力がありそうです(むしろ全国紙や通信社の方が、淘汰や再編の波に巻き込まれる可能性が高いかもしれません)。ただし、地方紙と全国紙では、活動のフィールドが違いますし、「ニュース価値の判断基準」も大きく異なります。どちらが自分に合っているか、よく考えてみてください。

 すでに多くの人が指摘していますが、新聞が斜陽産業であることは間違いありません。しかし、「生きる道はある」と私は考えています。とりわけ、ネットの普及によって情報が無尽蔵に溢れる現代にあっては、情報を取捨選択する「指針」としての役割が増してくると思います。

 ただし、鼻柱の高さから構造改革が立ち遅れている業界なので、将来的には、社会における位置付けや、仕事のあり方なども大きく変わっていくことでしょう。
 いずれにせよ、厳しい状況であることには変わりがありませんが、自分なりの「やりがい」を見出して、初志貫徹してくれることを願ってやみません。

 ところで、新聞社は、業種別採用が徹底しています。「記者」として入社した以上、余程の事情がないかぎり、販売の仕事に回されることはありません(もちろん、販売の道を志して入社してくる人もいます)。

 現役の新聞記者として、老婆心から補足します。

 企業としての新聞社の実情は、容易にうかがい知れません。なにしろ上場企業ではないので財務情報も少ししか開示されていません(未上場版の四季報などに僅かばかりの情報が載っていますが…)。しかし、各新聞社の(企業としての)優良性は「部数」だけでは決して判断できない、ということは留意しておいてください。

 地方紙の場合、重要なのはむしろ「シェア」です。特定地域におけるシェアが高ければ高いほど、効率良く広告収入が稼げるからです。だか...続きを読む

Q最終面接で落とされた後・・・(長文です)

こんにちは。就活真っ最中のfuji-motoと申します。よろしくお願いします。
先日、私が第一志望にしていた企業に落とされました。面接でも落ち着いて思うように返答できたし、内定もらえるー!って思ってルンルン気分だったのですが、落ちてしまいました。ま、誰でも経験しているでしょうがこの精神的ショックと言ったらすごいもので、数日眠れず、何もやる気が起こらず、漠然とした不安に襲われていました。
そこで私は、諦めきれず落ちた翌日に会社に行ったのです。人事の方(若めの方)をお呼びしてもう一度チャンスをいただきたいとの旨を伝えたのですが、きっぱりと「会社のルールというものがありますので」と言われ、玉砕しました。でも諦めきれません。誰よりも強い思いを持っている自信はあります。
そんなこんなでこのサイトを見ていたところ、他の質問に対するレスで、ある企業に最終で落ちた方がいて、その方も諦めきれず、自分の努力と信念を貫き通してその企業となんとかコネを作り、入社したということを知りました。私も努力と信念を貫き通せる自信はあるので、まだ諦めないでいこうと思いました(別に就活は続けますが)。ダメモトっていう心持ちで、恥じらいも捨てて行くつもりです。
このサイトには人事をやられていた方も多くいらっしゃるみたいなのでお聞きしたいのですが、1度断られた私が再度挑戦して、ずばり可能性はあると思いますか?(ないと言われても当たって砕けろで行くつもりです)また、人事の方から観ればこのようなヤツはしつこいと思われるのか、アツくて期待できそうなヤツと思えるのか、どっちなんでしょうかね。コネを作るなんてどうしたらいいかわかりませんが、とりあえずOB訪問したいと思っています。アドバイスもお願いします。

こんにちは。就活真っ最中のfuji-motoと申します。よろしくお願いします。
先日、私が第一志望にしていた企業に落とされました。面接でも落ち着いて思うように返答できたし、内定もらえるー!って思ってルンルン気分だったのですが、落ちてしまいました。ま、誰でも経験しているでしょうがこの精神的ショックと言ったらすごいもので、数日眠れず、何もやる気が起こらず、漠然とした不安に襲われていました。
そこで私は、諦めきれず落ちた翌日に会社に行ったのです。人事の方(若めの方)をお呼びしてもう一度チ...続きを読む

Aベストアンサー

現役人事のものです。

当社の場合、ですが。

大阪で面接を受けて落ちた子が、(関西の大学だった)
福岡で面接を受けて(福岡出身だった)
受かりました。

面接担当者(つまりそこの事業所長)で採用したい人が違うので、そういう結果になりました。

※採用したい人、というのは、その事業所の既存社員の現状や企業風土、業績、今後の事業展開で変わってきます。

NO4の方も書いていますが、中途を狙うのも一つのテです。
今回の新卒採用で惜しくも不採用になった人がいますが、その子がもし他社で頑張り、その間に磨かれていてれば、中途でも受かる可能性は大。という感じでした。

一度、その会社の同じ職種で中途採用があるかどうかみてみましょう。
基本的にGW明けから6月にかけて、中途採用が第一最盛期に入ります。(つまりナビ上での掲載社数が増えます)
中途の場合は、より仕事内容や求める人材要素・資格などが鮮明ですので、参考にし、自分に何が足りないのかを研究することもお勧めします。

また、今回のことは非常に得るものが大きかったのではないかと推察します。

再度ご自身を見つめなおして就活頑張って下さい。

就活は「縁」

就活に勝つコツ は、その縁を繋げるための自分の
行動力と覚悟です。

頑張って!

現役人事のものです。

当社の場合、ですが。

大阪で面接を受けて落ちた子が、(関西の大学だった)
福岡で面接を受けて(福岡出身だった)
受かりました。

面接担当者(つまりそこの事業所長)で採用したい人が違うので、そういう結果になりました。

※採用したい人、というのは、その事業所の既存社員の現状や企業風土、業績、今後の事業展開で変わってきます。

NO4の方も書いていますが、中途を狙うのも一つのテです。
今回の新卒採用で惜しくも不採用になった人がいますが、その子がもし他社...続きを読む

Q地方テレビ局の給与などについて質問です。(早めの回答、よろしくお願いします!)

はじめまして。
私は、現在、就職活動を終えた大学4年生の者です。

つい先日、第1希望である北東北某県の地方テレビ局から、一般職(アナウンサーではありません。営業、制作などの仕事です。)の内定を頂きました。そこで、昨日入社承諾書を送り、4月からのテレビ局での仕事に胸を躍らせています。

しかし、1つだけ気になっていることがあります。
それは、その局の《初任給、勤務時間、休日休暇》などの情報が、ホームページやインターネット全体の、どこにも載っていないということです。
もちろん、その局に直接問い合わせれば良いのでしょうが、いろいろな情報が知りたいので、まず、この掲示板で質問させていただこうと思い、質問しました。

よって、今回の質問内容をまとめると、

1.地方テレビ局(キー局、準キー局以外の局)の一般職(アナウンサー以外)の初任給、年収(1年目)について
2.地方テレビ局の勤務時間について
3.地方テレビ局の休日休暇について

教えていただきたいと思っています。

できれば、現在地方テレビ局(特に北東北3県、もちろん全国の地方局の方でも嬉しいです!)にお勤めの現役の社員の方や、そうでなくても私は事情を知っているという方、マスコミ関係に就活中の方で大体なら分かるという方に回答して頂ければ幸いです。

どんな労働条件でも、働く意欲は十分にあります。
回答の程、よろしくお願いいたします。最後に、長文、失礼いたしました。

はじめまして。
私は、現在、就職活動を終えた大学4年生の者です。

つい先日、第1希望である北東北某県の地方テレビ局から、一般職(アナウンサーではありません。営業、制作などの仕事です。)の内定を頂きました。そこで、昨日入社承諾書を送り、4月からのテレビ局での仕事に胸を躍らせています。

しかし、1つだけ気になっていることがあります。
それは、その局の《初任給、勤務時間、休日休暇》などの情報が、ホームページやインターネット全体の、どこにも載っていないということです。
もちろん...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1の者です。IDを変更したので、評価はこちらにお願いします。

さて、勤務時間に関してですが、制作や報道は不規則な生活になると思います。地方によって差があるので詳細はわかりませんが。一方、経理や総務などは、一般の企業と同じく9時頃に出社して18時頃には帰宅できるのではないでしょうか。営業は微妙なところです。

休暇についても制作や報道はいつも週休二日とはいかないと思います。一方、経理や総務などは、週休二日どころか大型連休も取れるのではないでしょうか。これまた営業は微妙なところです。

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

QTV局も基本的には土日は休み?

素朴な疑問で以前から気になっていた事なのですが、生放送やニュースや録画したものを放送するスタッフは別にして基本的にはドラマの撮影やバラエティなどは土日には撮影しない、もしくは少なくしているのがTV局の現状なのでしょうか?すごく昔にはTV局には土日の休みなど関係ないと聞いたことがありましたが今はどうなんでしょう?
製作会社にも関係するのかもしれませんが。

Aベストアンサー

放送局も一般の会社と同じです。
報道、制作などの現場の人は、決まった「曜日」が休みです。
 
総務、庶務、受付など事務系の人は土日祝日休みです。

土日に放送局の駐車場を見れば解ります。いつもの半分以下の車しか停まっていません。
これは、昔も今も変っていません。
>TV局には土日の休みなど関係ないと・・
報道、制作は確かに関係ないですね。ローテーションで回していますので代わりに別の日がお休みです。
ただし、制作会社は年中無休です(^^;)

Q新聞とテレビの報道の違い。

質問の通りです。新聞報道と、テレビ報道の、双方のメリット、デメリットを教えてください。
また、この質問の答えになるようなサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

他の人の答えももっともだと思うのですが、さらに付け足すなら。

テレビ
1メリット:臨場感をもって伝えられる
デメリット:扇情的になりやすい
2メリット:次々新しい情報が与えられる(受身でも情報がたくさん手に入る)
デメリット:すぐに情報が薄れる

新聞
1メリット:一旦文字に置き換えるので比較的冷静
デメリット:現場の空気を伝えにくい
2メリット:文字として情報が残りやすい
デメリット:自分から読むという行動をしないと情報にたどり着かない

これらも上げられるかな。
最近ではテレビの速報性も、ネットにとって代わられつつありますし、さらにさまざまなメディアとの比較も必要でしょうね。

Q地方局のアナウンサーになりたい!!

こんにちは。わたしは地方局(長野放送とか・・・)のアナウンサーになりたいんです(>_<)。
地方局のアナウンサーになるにはどうしたらよいのでしょうか...??

回答よろしくおねがいします(>_<)

Aベストアンサー

放送業界に勤務している者です。

地方局といっても、それは自分の出身地ですか?
それともまったく関係ない土地ですか?

アナウンサーに限らず、放送業界への就職には強い志望動機が必要です。自分の出身地以外であれば、「なぜその地方なのか」きちんと説明できる動機づけが必要です。

アナウンサー志望の学生は、全国の放送局のアナウンサーの定員の数百倍います。「キー局がだめだったら次は地方局」と、全国を駆け回る志望者が大勢いますし、その中には大した志望動機を必要としない、容姿や表現力の持ち主も多数います。

とりあえず、「キー局ではなく地方局を志す動機」をしっかり固めることと、「全国を飛び回る“キー局残念組”と伍していくだけの実力」をつけることが近道だと思います。

Qローカル局なんか必要ない!

地方局、ローカル局はなぜ必要なのですか?

マスメディア集中排除の原則という考え方があるのは分かりますが、そのためにローカル局が作るつまらない番組を見せられたり、興味もない中日戦を見せられるのはヘドがでます。

ローカル番組にも需要があるなら放送すればいいですが、だったらキー局の番組もどこでも見られるようにしてほしいのですが、なぜそれができないのでしょう?

全て自由競争にして視聴者に選択権を委ねればいいと思うのですが?

その結果視聴率がとれず衰退する局があれば自業自得でいいと思うのですが?

ローカル局ってそんなに必要ですか?

ローカル局が作る番組ってそんなに必要ですか?

まあ、特に今は地元を離れて仕事のためだけに東海地方にいるので東海地方の文化や地元情報に全く興味がないのにそういう情報を垂れ流されてるというのもありますが...

集中排除の原則の原則でローカル局を守る必要性があるのですか?

Aベストアンサー

>集中排除の原則の原則でローカル局を守る必要性があるのですか?

それで守っているのではないでしょう。

私は地方在住でローカル局をみています。
本当にキー局の番組がすばらしく視聴率がとれるすべてキー局の番組にしています。
地元の情報も一定割合必要です。

昨日の品川駅の大きな電子看板とかのニュースいりませんし、駅ナカのスイーツも遠いので対象外です。

>全て自由競争にして視聴者に選択権を委ねればいいと思うのですが?その結果視聴率がとれず衰退する局があれば自業自得でいいと思うのですが?

これが本質に迫る問題で視聴者の選択に任せたとき広告収入で成り立っている民放は広告料金を出している企業にどれだけの人が見たと説明できるのでしょうか?今は視聴率がわかって放送地域の人口がわかれば一応出せます。(正確でなくても長年ビジネスモデルとして成り立っている)
一部の地方CATVではキー局の放送を見ることができます。しかし限定された少数の視聴者なら良いですがこれを全員に可能にすると朝ズームインを見たときのCMはローカル局のA地方銀行かキー局のBメガバンクかわからなくなります。
ローカル局では取られる場合がおおいでしょうし、キー局では関東一円より多くの視聴者が得られるが、どれほどか調べるすべもなく企業に多くお金をもらうのが難しいし、企業も未確定の視聴者の分まで払いたくないと考えませんか?

もう1つは電波有限で独占的にテレビ局に与えられているので災害報道など公共的使命もあるので安易につぶせないこともあります。

地上デジタル放送のIP再送信,総務省の真意は
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051024/223316/
地デジIP再送信への二つの課題
「送信地域を限定する技術面の整備」ー>これが現行免許制度の県単位区切りを踏襲する要望から
放送事業者の間に広がる不安ー>地方局ビジネスモデルが崩壊の危険

も参考になるとおもいます。

>集中排除の原則の原則でローカル局を守る必要性があるのですか?

それで守っているのではないでしょう。

私は地方在住でローカル局をみています。
本当にキー局の番組がすばらしく視聴率がとれるすべてキー局の番組にしています。
地元の情報も一定割合必要です。

昨日の品川駅の大きな電子看板とかのニュースいりませんし、駅ナカのスイーツも遠いので対象外です。

>全て自由競争にして視聴者に選択権を委ねればいいと思うのですが?その結果視聴率がとれず衰退する局があれば自業自得でいいと思うのです...続きを読む

Q転職先から内定取消され納得いきません。

当方、既婚38の男です。よろしくお願いします。
これが最後のチャンスだと思い転職を考え、時間はかかりましたが
良い会社と巡り合え、内定をいただき、これから頑張ろうと思っていた矢先、
先方より突然、内定取り消しを申し受け、その理由に納得がいきません。

内定の連絡を受け、後日、内定が明記された書類関係が一式送られてきたのですが
特に給料や待遇面に関しての記載はありませんでした。

面接時には先方から給与面に関する質問はありませんでしたし、
そのような話は内定が出てから話があるものと思っていました。
現在小さな子供が2人いることもあり妻も私の転職に関して不安を抱いており
入社する前にある程度は状況を把握しておきたいと考えました。

そこで入社後の待遇面について下記の内容を電話にて問合せました。

・社員の平均的な帰宅時間(残業が深夜まであり体調を崩したことがあるので)
・年収額はどのように決まるのか
・交通費、休暇等の話など

面接時に聞くのは失礼かと思い、内定後にそのような話があるかと思っていたのですが
それに関する話は一切ありませんでした。

後日連絡をすると言われましたが、連絡はなし、受けとった書類への記載もなく
不安になり電話をして確認したところ、「そういう細かいことを気にするような人は
うちの会社には必要ありません、内定は取り消します」と言われてしまいました。

面接時に話がなかったこういうことは内定後に聞くものではないのですか?
聞いたら内定取り消しっておかしいですよね?

どんなに仕事が出来ても働く以上、情熱ややる気だけでは働けません。
先方はそういう人材を求めていたのでしょうか。

だいたいでも構わないので働く前に年収を知りたかったのですが
そういうこを気にするな、と言われると納得できません。
帰宅時間や休暇の件は妻が心配していたので聞きました。

大勢の中からたった一人私を内定にしたと豪語していたのに
手のひらを返されたような仕打ちです。

現在私の手元には内定書類があります。
納得出来ないので法律的にどうにかならないものかと思ってます。
こういうことはよくあることなのでしょうか?

私の気持ちの中には諦めきれない部分があります。

経験者様、人事担当者様、法律に詳しい方、何かアドバイスいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

当方、既婚38の男です。よろしくお願いします。
これが最後のチャンスだと思い転職を考え、時間はかかりましたが
良い会社と巡り合え、内定をいただき、これから頑張ろうと思っていた矢先、
先方より突然、内定取り消しを申し受け、その理由に納得がいきません。

内定の連絡を受け、後日、内定が明記された書類関係が一式送られてきたのですが
特に給料や待遇面に関しての記載はありませんでした。

面接時には先方から給与面に関する質問はありませんでしたし、
そのような話は内定が出てから話があるものと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

内定は契約なので一方的な取消しは不法行為です。

弁護士に委任し、損害賠償請求しましょう。

ただし、訴えて勝訴したとしても弁護士費用で足がでることがありますので検討しましょう。


人気Q&Aランキング