交通事故で追突され民事訴訟を起こし、調停で30万円毎月2万円づつ振り込んで
もらうようなっていましたが、相手が支払いしません。相手は19歳の未成年者で
裁判の時は父親も親権代理人で2回調停に参加しちゃんと合意したのに、なんとも
相手の親子とも大変ルーズな性質でずるずる言い逃れしております。
父親はタクシー運転手で加害者はこの3月の高校を卒業するらしく金銭的にも余裕があるとは思いませんが性格がずるずるべったのようで(調停も1回欠席した)
先が思いやられます。最終的には強制執行をやりたいのですが、強制執行を代行してくれる業者(?)とか制度があるものでしょうか?
自分は多忙のためこの件にかかりきりになれない為、代理人執行みたいのが出来ればと思っています。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は強制執行の専門業者です。

(ここでの発表ができないので残念ですが=東京)実際の仕事は弁護士の下請け業です。強制執行は法律事務ではありませんので誰でも代理人となれます。
自分でやるなら、その車(タクシー)を差し押さえてはいかがでしょう。そのためには調停調書に「執行文付与申請」します。これは、期限に遅れた場合の「期限の利益の喪失」があるでしようから簡単に付与してもらえると思います。送達証明書も必要です。それらの書類が揃ったなら不動産の競売に準じて「自動車競売申立書」を提出します。裁判所は2から3日もすれば「差押」してくれます。あと「引渡命令」によって強制的に引き上げします。後は競売しその代金が裁判所からもらえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になります。ありがとうございました。
尚、強制執行の代行、又は代理(?)のようなお仕事を依頼できる方は
全国どこにでもいらっしゃるのでしょうか?
またそれはどのようなつてでコンタクト取れるでしょうか?

お礼日時:2002/02/12 16:06

>強制執行の代行、又は代理(?)のようなお仕事を依頼できる方は 全国どこにでもいらっしゃるのでしょうか? またそれはどのようなつてでコンタクト取れるでしょうか?



私は何人ものお客さん(?)が弁護士です。従って、一般的には弁護士に依頼することになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
大変ありがとうございます。
来週にもまず裁判所で強制執行の手続きを始めるつもりです。

お礼日時:2002/02/19 23:53

支払請求も、あんまり度が過ぎると恐喝になる恐れがあるので、やはり、新たに訴えを起こしたりするのがいいのではないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 16:09

 つきなみですが、法律事務の代行は弁護士しかできませんが、本件の場合ご自分でなさらないと見合わないかも知れません。

裁判所では相手の財産を探してきてくれないので、こちらで調査しそれを差し押さえるようになると思います。財産がなければ、給料支払者に対して給料を差し押さえてもらう方法が有力ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 16:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故慰謝料と弁護士の関係をおしえてください

交通事故に弁護士を入れたら、慰謝料2~3倍!というサイトを良く見ます。

何故、弁護士が入ると2~3倍になるのか?理屈がわかりません。
保険会社は、弁護士が出てくるまで安く慰謝料を提示して、弁護士を立てられたら高くだすのでしょうか?

何故、はじめから保険会社は、高い慰謝料を提示しないのでしょうか?ずるいです。

この理屈だと、弁護士を雇う余裕のあるお金持ちは、高い交通事故慰謝料をもらえて、貧乏人の私みたいな人が交通事故にあっても、安い交通事故慰謝料しかもらえない。つまり、貧乏人の慰謝料は安くしておけっていうことなんでしょうか?保険会社は、所得で交通事故被害者を差別しているように感じたので質問いたしました。どなたか、わかりやすく、弁護士が入ると保険会社が提示する交通事故慰謝料が変動する、この不公平な制度を解説してくださると助かります。

Aベストアンサー

保険会社は被害にあった人より、保険会社が好きだからですよ!保険会社は慰謝料の金を牛耳る手先だったのです!もうびっくりですよ!わたしもやられました!
http://xn--3kq2bx53h4sgtw3bx1h.jp/isharyo

Q強制履行と強制執行とは民法上と民事執行法でのい表現の違いで同じことと考

強制履行と強制執行とは民法上と民事執行法でのい表現の違いで同じことと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

内田先生は違うって言ってなかった?

Q交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料は、通院に対する手当て(日当)の他に精神的な慰謝料のようなものは出ないのでしょうか?

Aベストアンサー

出ますが
事故それぞれに違う為に、一概にいくらとは言えません
後過失割合などもかかってくるために、一概に言えません
相手の保険会社と、良く話し合ってください
又怪我の状況によっては、ほとんど出ない事も有りますが、
保険会社の方から、支払いの明細が送られてきますので、そちらを参考にして、
納得行かない場合には、示談をせずに話し合ってください
示談書を交わした後ですと、よほどひどい示談でなければ、裁判でも覆りません
保険会社の方も、判例を参考にして査定して居ますので

Q民事調停後の強制執行について

民事調停後、解決金が支払われず強制執行を行う手続きの途中です。

差し押さえの対象が必要とのことですが、相手が企業であり対象を提供することが難しい状態です。

会社の所在地(=不動産)自体
資本金
などの差し押さえは可能なのでしょうか?

また、差し押さえ対象によって強制執行の費用が異なるとのことなのですがいくらくらいかかるものなのでしょうか?

簡易裁判所へ出向いたのですが、情報を得ることができませんでした。

強制執行の差し押さえ対象について詳細を教えていただける方がいらっしゃると大変助かります。

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

資本金というのは,計算上の金額なので,実際にそういうお金がたとえば金庫に入っていたりするわけではありません。

差押えの対象としては,おおまかに,不動産(土地や建物),動産(在庫商品など),債権(売掛金や預貯金)が考えられます。その会社の預金口座や取引先がわかっているのであれば,債権に対する強制執行をすることが考えられますし,これがわからないのであれば,会社の営業所に対して動産執行をすることが考えられます。

これらのうちどれを選ぶかさえ決めてしまえば,おおまかな費用は裁判所も教えてくれると思います。漠然と「執行費用はどれぐらいか」と尋ねると,「手続によって違う」という答えになってしまうと思います。

ちょっとお高いですが,「書式 債権・その他財産権・動産等執行の実務」という本が民事法研究会というところから発行されています。もしご自身で手続をされるということであれば,これを参考にされればよいと思います。

Q交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院

交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院しました。後遺障害などの認定はありません。100対0の私が被害者です。保険会社のほうから慰謝料額の提示があったのですが、自賠責基準で計算されています。私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。そこでなのですが、私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが、結構時間がかかったりするのでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相談・助言を行います。
このとき、次回以降の手続き・相談日の打ち合わせも行われますが、事案によっては弁護士会等を照会し、相談のみで終了する場合もあります。

利用者が、和解の斡旋を要請した場合で、弁護士も和解の斡旋が必要と判断した場合(要は、利用者が歩み寄りを見せ、中立の立場で和解による解決が図れる可能性が高いと判断されるケース)は、センターから相手方へ和解の斡旋に応じるかどうかの打診を行います。
相手が保険会社の場合は、和解の斡旋に応じることになっていますので、和解の斡旋手続きに入ります。
和解の斡旋は、1回あたり1時間程度で、人身事故の場合は3回程度で和解が成立することが多いようです。原則として、利用者本人とその親族、相手保険会社または代理人弁護士が出席できます。

和解の斡旋が不調に終わった場合は、審査会による審査を申し立てることができます。
審査が受理されると、審査会の日時が通知されます。審査は審査員が争点や事故の内容について当事者それぞれに説明を求め、双方の意見を聞く場であって、相手方と交渉する場ではありません。よって、原則として当事者(利用者と相手保険会社または代理人弁護士)だけが出席できます。

審査会で審査の結果出された裁定について、利用者はその告知から14日以内に同意・不同意の回答を行います。(期限内に回答がない場合は、不同意とされる)
利用者は、裁定に拘束されません(不同意と回答してもOK)ですが、保険会社は利用者が同意した場合には裁定に従うことになっていますので、和解が成立することになります。

利用者が不同意とした場合は、訴訟を提起するなど別の手段に移行せざるを得ません。

>結構時間がかかったりするのでしょうか?

前記のような流れになりますので、事案によって必要な日数はまちまちです。

極端な場合、初回の相談で終了してしまうこともあります。(相談担当弁護士が、双方の主張が激しくかい離して和解が困難と判断したケースなど)

「私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。」という考えであれば、司法手続きの説明を受けたり、弁護士会を紹介されて、終了となる可能性が高いです。
センターは、中立の立場から利用者に助言を行ったうえで、双方の歩み寄りによる和解を斡旋するもので、利用者の味方ではないし、相談担当弁護士も利用者の代理人ではありません。

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相...続きを読む

Q調停後・・・強制執行しかない? 相談先は?

知人にお金を貸したものの、返済がなかなか行われないので、借用書だけではと思い調停をしました。

その後しばらくは返済があったものの、調停内容にそった返済も滞りました。連絡してもお金がなくて・・・とか言って5千円くらいしか返してくれません。

もともとは65万円くらいでしたが、今までに合計30万くらいの返済はありました。調停内容を実行できていないので、遅延損害金もあり、計算上は残り130万円くらいになってしまっているのですが、個人的には元金だけでも返して欲しいと思っています。

裁判所に行って相談したところ、いまさら小額訴訟を行っても公正調書が2枚になるだけで意味は無いので強制執行するしかないということなのですが・・・

自分でやってみようと思ったのですが、やはり書類の作成も大変なので、専門家に相談するべきかと・・・

この場合相談先は弁護士?もしくは司法書士でしょうか。行政書士は違うでしょうか。
また弁護士となると、金額を考えると・・・どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 強制執行を何に対してするか(執行の目的物)によって,手続が異なります。

 強制執行の対象は,動産,不動産,債権の3つに大別され,それぞれ手続が異なります。

 いずれの手続も,それほど難しいものではありませんので,裁判所で相談しながら,自分ですることも可能です。面倒なのは,文書の作成よりも,必要な添付書面を集めることや,強制執行して効果のある財産を調査することの方だと思われます。

 なお,不動産の強制執行には約50万円をあらかじめ用意する必要があります(不動産が競落されれば戻ってきますが,そこまで行かないと捨て金になります。)。これは,執行官による現地調査と,不動産鑑定士による評価のための費用です。動産執行の場合にも,何万円かを用意する必要があります。これは,執行官に現地に行ってもらう費用です。債権執行が最も安く済むと思われますが,それでも,1万円を超える費用が必要です。いずれも強制執行が成功すれば戻ってきます。

 申立書の作成は,弁護士か司法書士です。行政書士は裁判所に提出する文書を作成する権限がありません。司法書士の権限は,原則文書の作成までで,裁判所との交渉や,実際の金銭の取り立てはできません(報酬をとって事務を処理することができない)。弁護士は,手続の最初から最後まで代行してくれます。ただし,費用はかなり高くなります。

 

 強制執行を何に対してするか(執行の目的物)によって,手続が異なります。

 強制執行の対象は,動産,不動産,債権の3つに大別され,それぞれ手続が異なります。

 いずれの手続も,それほど難しいものではありませんので,裁判所で相談しながら,自分ですることも可能です。面倒なのは,文書の作成よりも,必要な添付書面を集めることや,強制執行して効果のある財産を調査することの方だと思われます。

 なお,不動産の強制執行には約50万円をあらかじめ用意する必要があります(不動産が競落...続きを読む

Q至急です。交通事故による慰謝料について

お世話になります。
交通事故の慰謝料についての質問です。
9月8日に交通事故に遭いました。
私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
それから毎日整形外科でリハビリ通院しています。
そこで慰謝料の支払われる期間ですが、
事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。
このサイトで以前、3ヶ月以上になると
1日4200円の慰謝料が減額されるというのを
見たことがある様な気がします?
実際はどのくらいまでOKなのでしょうか。
ご教授ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照していただければわかると思いますが、

自賠責のみなら、6ヶ月までは1日当り一律4200円で、
それを超えると2100円で計算されます。
しかし、全ての補償額の合計が120万円までと制限があります。
(相手が1台の場合)
また、自身の過失が70%未満の場合は減額されません。
(過失割合分の相殺はないと考えて下さい。)


任意保険の場合、それぞれの会社の規定がありそれに沿って損害額が算定されます。
たとえば、
・慰謝料の全体に対して過失割合分の相殺をする。
・3ヶ月目から、1日当りの慰謝料を減額(2100円等)する。
任意保険の担当者は自賠責より少ない金額で示談を行なうことが成績となるのです。

担当者と交渉して、補償額を多少上げてもらうことは可能ですが
自賠責よりも多く貰うことは余程の専門知識と交渉力がなければまず無理です。

また、治療費の合計が120万円を超えた時点で、慰謝料の過失相殺は絶対に行なわれます。

現在、治療を続けておりまだ治癒する見込みがないのなら、
「第三者行為の届出」を出し健康保険扱いで治療をすると
治療費が約半分に下がり、慰謝料としてもらえる枠が大きくなります。
(健康保険は1点当り10円、自由診療は一点当り最高20円)
任意保険の担当者と示談交渉するときも補償額アップの要因となります。)


また、社会保険が負担した70%の治療費は最終的には自賠責から
回収されるのですが、治療が全て終わってからの請求(被害者の優先)となり、
120万円を超えた部分は事故の加害者に請求され、
20%の過失分は貴方の健康保険が負担してくれることになります。


また、治療の終わるときに貰う診断書に
『治癒』と書かれてあればその日までが治療期間となり
『中止』と書かれてあれば7日加算される
という点についても注意してください。

あとは、平均して半分以上(2週間あたり、7日以上など)
通院していれば、紹介した基準表どうりの額を貰えます。

2割の過失分を引かれない為には、常に
治療費がいくらかかっているか気を配っておく必要があります。

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照してい...続きを読む

Q強制履行には、直接強制、代替執行、間接強制の3つがあるそうですが、41

強制履行には、直接強制、代替執行、間接強制の3つがあるそうですが、414条の条文上には間接強制はないのでしょうか?

Aベストアンサー

債務者に対して直接に強制執行できるなら、間接的にする必要はないからです。
例えば、「建物を取り壊せ」と云う強制執行ならば、債務者が自発的に取り壊さなければ、裁判所の指定した者が取り壊すことができます。
それが代替執行です。
その点、金銭の支払いを求める債権や物の引渡を求める債権は債務者に対して直接に執行することができます。これが直接執行です。
なお、間接執行とは、子を親に引き渡す債務の履行をしない場合等は、「引き渡すまで毎日○○万円支払え」と云うようなことを云います。
執行官が、子を強引に連れ戻したとしても、駈けって帰れば執行したことにならないです。
ですから、金銭の支払いに変えて間接的に履行さすと云うわけです。

Q交通事故の慰謝料の控除

交通事故の慰謝料の控除について
昨年末 交通事故にあい1ヶ月 休業補償を受け
職場復帰しましたが その後 体調不良により
パートになり現在 主人の扶養に入っています
保険会社と示談は成立しました
交通事故による慰謝料 通院費 休業補償など
個人年収に入るのでしょうか?
また 相手の保険会社からの口座への振込通知など
今後 必要になってくるのでしょうか?
よろしく お願いいたします

Aベストアンサー

慰謝料は、原則として収入の枠外ですから、所得税の対象となりません。
ただし、その慰謝料の根拠となる、発生原因により、課税される場合もあります。
休業補償についても原則課税対象外です。
医療費なども非課税となります。立て替えた交通費も医療控除競れますが、自家用車でお出でになった交通費は認められません。
領収書は全て保管してください。

不審点は、URLから検索してみましょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shotoku.htm

Q強制執行中に調停申立された場合

離婚女性です。

10年前に調停離婚しました。その際に決めた養育費の未納分を今回差し押さえしました。

結果、相手側の通帳には十分な金額がありませんでしたので別の銀行にも二度目の差し押さえをする予定でいます。
しかし相手側が調停を申し立てたらしく。(家裁からはまだ出廷要請?は届いてはおりません)。


そういった場合でも
二度目の執行はできますか?
また家裁からの調停要請を拒否する事は出来ますか?家裁からの要請書類を受け取らないとどうなりますか?


ご存じな方いらっしゃれば宜しくお願いします

Aベストアンサー

相手方が申し立てた調停は、多分養育費の減額調停でしょう。その問題が解決していない限り、2度目の差し押さえ手続きも大丈夫です。調停調書が新たに作られていなければ問題ありません。相手は、サラリーマンなのでしょうか。もし、そうでしたら養育費は月払いだと、給料を差し押さえの対象とすれば、不履行があったわけですので1度差し押さえの手続きを取っておけば毎月定期的に給料から養育費の金額を差し押さえてくれます。養育費と婚姻費用は先行して差し押さえが可能です。

銀行預金を差し押さえるには、毎月の入金日を調べた上で入金日に差し押さえできるようにしなければ、差し押さえの効果はなくなるケースが多いです。どうしても支払ってくれない場合は、損を覚悟で1度家の中の動産を差し押さえすると、あなたの覚悟が相手に伝わりますので効果はあります。他には車でも差し押さえすれば良いのではないでしょうか。

調停の呼び出しを受けても出席しなければ良いだけです。出席しなければその調停は不調になります。ただし、2回位は呼び出される可能性があります。2回とも出席しなければ不調になりますが、その場合、少し期間をおいて相手は又調停にかける可能性があります。

相手方が申し立てた調停は、多分養育費の減額調停でしょう。その問題が解決していない限り、2度目の差し押さえ手続きも大丈夫です。調停調書が新たに作られていなければ問題ありません。相手は、サラリーマンなのでしょうか。もし、そうでしたら養育費は月払いだと、給料を差し押さえの対象とすれば、不履行があったわけですので1度差し押さえの手続きを取っておけば毎月定期的に給料から養育費の金額を差し押さえてくれます。養育費と婚姻費用は先行して差し押さえが可能です。

銀行預金を差し押さえるには、毎...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報