最新閲覧日:

酸と塩基って、どんなところが危険なのですか?
酸と塩基、両方とも何個か具体例を教えてください。

A 回答 (4件)

酸と塩基が関係した事故でもあげますか



農家の肥料置き場の火災といえは.石灰です。
塩基としてのき石灰に酸としての雨水が混ざると水和反応を起して....
その他.硫安と石灰を混ぜて.自然発火したり.アンモニアに中毒したり....
豚糞の皮膚炎は.豚糞中のアミンと皮膚が反応しておこる酸塩基反応が関係しているのかもしれ増せん。
硫安をトラックの荷台にこぼすと.トラックの荷台に穴があきます。硫安に含まれている酸(硫安は自然分解してアンモニアを放出し.酸が残ります)が鉄と反応したのでしょう。
石炭バラ積み輸送船舶が突然沈没したのは.石炭から溶け出した酸が船体を溶かしたためと聞きましたが.実際はどうなのでしょうか。
    • good
    • 0

非常に曖昧なのでアドバイスも曖昧になりますが‥


酸は火傷する
塩基は組織を溶かす
と考えればいいかも知れませんネ。
また,硫酸などのように揮発しない酸では,薄い溶液がついたまま放置しておくと,次第に水分だけが蒸発して,濃硫酸となり,その結果,服に焦げた穴があいたり,皮膚に火傷が出来たりします。
水酸化ナトリウムのような強い塩基では,皮膚や爪を溶かします。
強い酸や塩基は水に溶けるときに強い発熱をするものが多く,それも危険ですネ。金属ナトリウムの塊を水に入れると火を噴いて爆発しますからネ。塩酸や硫酸の濃いものに水を加えると,その瞬間に沸騰して飛び散りますし。
通常の生活では,さほど強い酸も塩基も扱うことがないでしょうが,それでも気を付けましょう。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

具体例を挙げます。



酸・・・・・硝酸・塩酸・硫酸・塩素酸・リン酸・酢酸・炭酸・青酸

塩基・・・水酸化ナトリウム・水酸化カリウム・水酸化カルシウム
     水酸化ストロンチウム・アンモニア・アニリン
     水酸化鉄(II)・水酸化鉄(III)

代表的なものはこんな感じだと思います。
    • good
    • 0

質問が漠然としていて答えにくいのですが。


薬品によっても違うと思います。

身近な例では、
「混ぜるなキケン」と表示のある洗剤は混ぜると危険であるということでしょうか
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ