仮勘定のなかに、除却仮勘定というものがありますが、
これは、具体的にどのようなものでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

多分,建設仮勘定の類似語ですね.


建設仮勘定は,製品をつくる設備を購入して支払いが完了しているが,実際には製品を生産していない(テスト生産期など)ため,資産として扱うには未完全な状態を示します.これは資産にかかる税金の率が変わってくるために,使用されるものです.
除却仮勘定は多分,設備として製品を製造していない状態で,実際の廃棄が行われていない状態のものを示すのだと思います.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勘定としての売上原価と仕入の違い

初めて質問させていただきます。

商社をモデルとして、テンプレートとして勘定の設定を想定しているのですが、仕入先から物を得意先へ直送するときの仕訳に使う勘定がわかりません。

売上原価/買掛金

なのか

仕入/買掛金

なのでしょうか?

そもそも売上原価という勘定と仕入という勘定の違いは何でしょうか?

売上原価はあくまで損益計算書の区分として使う名称で、勘定としては存在しないものなのでしょうか?

売上原価にするか仕入にするかで迷っています。

どうかご親切な方、ご教授願います。

Aベストアンサー

売上原価は損益計算書の区分として使う名称で次のように計算されますから「売上原価」という勘定科目は有りません。

期首棚卸高+仕入-期末棚卸高=売上原価

仕入先から物を得意先へ直送するときの仕訳は次のようになります。
(仕入が900円で売上が1000円の場合)

仕入    900 / 買掛金  900
売掛金  1.000 / 売上  1.000  

Q「仮勘定」と仮勘定帳て何ですか?

「仮勘定」て何ですか?

仮勘定帳というのがあるみたいですけど、どんなものなんでしょうか?

Aベストアンサー

その名の通り、仮の勘定です。
現金過不足などは代表ですね。
その時はどこの勘定科目にするかわからない場合に、とりあえず使います。
もちろん、決算時までには勘定を決めなくては(振替え)なりません。

Q未着品売上勘定と荷為替

未着品を売上た際、未着品売上勘定を使って通常の売上と区別するのに
、荷為替を取り組んだ時は売上勘定になって、未着品がつかないのはなぜですか?

Aベストアンサー

これは自分なりの考えなのであってるどうかわかりませんが。

荷為替の取り組みは一般的に自分の倉庫にある商品を出荷したときに
、貨物代用証券を運送会社から受け取り、それを割り引きます。
ですから、商品の仕入れはすでに済んでいます。未着ではなく到着済みです。
売上も一般売上になります。

仕入れ時
(仕入)××× (買掛金)×××

出荷時(荷為替取組時)※この時点で運送会社から貨物代表証券を
受け取りそれを銀行で割り引く
(当座)××× (売上)×××
(手形売却損)×××
(売掛金)×××

一方、未着品販売はまだ自分の倉庫に仕入れた商品が到着しておらず
仕入れは計上されていません。そのかわり貨物代表証券入手時に
未着品を計上します。

貨物代表証券入手時
(未着品)××× (買掛金)×××

未着品販売時(貨物代表証券の譲渡時)
(売掛金)××× (未着品売上)×××
(仕入)××× (未着品)×××

ですから、仮に未着品として計上した貨物代表証券の荷為替を
取り組む場合ですと相手勘定は未着品売上になると思います。

(当座)××× (未着品売上)×××
(手形売却損)×××
(売掛金)×××
(仕入)××× (未着品)×××

未着品売上は未着品に計上したものを販売した場合の科目だと
思います。通常の簿記の設例ですと荷為替の取り組みといったら
最初のパターンかと思います。

これは自分なりの考えなのであってるどうかわかりませんが。

荷為替の取り組みは一般的に自分の倉庫にある商品を出荷したときに
、貨物代用証券を運送会社から受け取り、それを割り引きます。
ですから、商品の仕入れはすでに済んでいます。未着ではなく到着済みです。
売上も一般売上になります。

仕入れ時
(仕入)××× (買掛金)×××

出荷時(荷為替取組時)※この時点で運送会社から貨物代表証券を
受け取りそれを銀行で割り引く
(当座)××× (売上)×××
(手形売却損)×××
(売掛金)×××
...続きを読む

Q「建設仮勘定見返」という勘定はどんな意味でしょうか。

会計用語ですが、「建設仮勘定見返」という勘定はどんな時に使われますか。

Aベストアンサー

「見返勘定」と言うのは
「対照勘定法」を採用している場合に負債の勘定とセットで備忘記録の役割として記帳される勘定ですので、
貸借対照表や損益計算書には上がってきません。

「対照勘定法」と「評価勘定法」は偶発債務の処理で出てくるのですが、
下記を参照し、「建設仮勘定」に置き換えて考えてみて下さい。

仕訳としては

建設仮勘定  /  現預金

で積んでいって、

建物  /  建設仮勘定

と言うのが通常の仕訳ですが、

同時に

建設仮勘定見返  /  建設仮勘定
建設仮勘定  /  建設仮勘定見返

の仕訳が加わるものと思います。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/nkuri/tegata.html

Q簿記3級「売上原価勘定で売上原価を算定」の意味

簿記3級の勉強を独学で始めた者です。

第117回 第4問
相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および
繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘
定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、
当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ
たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に
示しなさい。

(1)期首商品棚卸高の振替
(2)当期商品仕入高の振替
(3)期末商品棚卸高の振替
(4)売上原価の損益勘定への振替

■■■■■■■■■■■■
よく見る問題では「売上原価は仕入勘定で算定」とあります。
売上原価は(期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)で
求められ、精算表で、「仕入」の行の損益計算書の借方に入る
値が売上原価となる。これが「売上原価は仕入勘定で算定」の
意味。
(つまり、仕入の行で、
”期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高”の計算が出来ているから)
と、ここまでは認識しています。

この問題も、いつもどおり「仕入勘定で算定」したら、
(1)の答えは 仕入 780,000 繰越商品 780,000 になります。

しかし解答には「この問題は売上原価を売上原価勘定で
算定するため、上記の仕訳の「仕入」を「売上原価」に
変えた仕訳をします」とありますが、ここがよくわかりません。

(1)の正解  売上原価 780,000  繰越商品 780,000

となるようですが、仕入(当期仕入高のことではない?)と
売上原価(当期に売り上げた商品の、原価の合計?)
とは異なるものにならないのでしょうか。
なぜ、機械的に名前を言い換えられるのかがわからない。

仕入(=当期仕入高)
売上原価(=期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)
なのに、どうして??

初歩的な質問ですが、教えていただけたら大変ありがたいです。
よろしくお願いいたします。

簿記3級の勉強を独学で始めた者です。

第117回 第4問
相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および
繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘
定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、
当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ
たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に
示しなさい。

(1)期首商品棚卸高の振替
(2)当期商品仕入高の振替
(3)期末商品棚卸高の振替
(4)売上原価の損益勘定へ...続きを読む

Aベストアンサー

確かに分かりにくいですね。お書きの疑問点を解く鍵は、「売上原価」は仕訳のための勘定科目(あえて仕訳科目と呼ぶことにします)として用いられることもあれば決算書に表示するための表示科目として用いられることもあるという点と、仕訳科目は結果を求めるためのツール(道具)だ、という点にあります。


まず「仕入」について見れば、仕訳科目としての仕入勘定は、期中仕訳では当期仕入高を算出するための道具です。そして、仕訳ミスが無ければ、決算整理前の仕入勘定の額がすなわち当期仕入高になるかと思います。

他方、売上原価算定に仕入勘定を用いるときは、仕入勘定は決算仕訳では売上原価を算出するための道具であり、決算整理後の仕入勘定の額がすなわち売上原価となりましょう。そしてこの額は、繰越棚卸高のあるときは、もはや当期仕入高と一致しません。

したがって、
仕入=当期仕入高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。


これと同様に、売上原価算定に仕訳科目としての売上原価勘定を用いるときは、売上原価勘定が売上原価を算定するための道具となり、したがって決算整理手続で仕入勘定の代わりとして用いることが出来ます。

代わりになるのですから、仕入勘定と同じく、
(仕訳科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。

他方、決算書に表示するための表示科目として売上原価勘定を用いるときは、
(表示科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
は常に成立します。

つまり、売上原価勘定は決算書上で売上高に対する売上原価を表示するために用いることのほか、その設問のように、売上原価を算出するための仕訳科目として用いることもある、ということです。


あるいは、次のようにお考えになってもいいかもしれません。

勘定科目名はそもそも、一般的なものまたはそれに準ずるもの(ないし分かり易いもの)であれば何を用いても構わない、ただし問題文等で指定されているときはそれに従わなければならない、とされているのはご存知のことと思います。

この点、売上原価算定時に用いる勘定科目名として、学習上の簿記では「仕入」を用いることが多く、しかしながら「売上原価」を用いるよう指定されることもある。このような捉え方も出来るように思います。

確かに分かりにくいですね。お書きの疑問点を解く鍵は、「売上原価」は仕訳のための勘定科目(あえて仕訳科目と呼ぶことにします)として用いられることもあれば決算書に表示するための表示科目として用いられることもあるという点と、仕訳科目は結果を求めるためのツール(道具)だ、という点にあります。


まず「仕入」について見れば、仕訳科目としての仕入勘定は、期中仕訳では当期仕入高を算出するための道具です。そして、仕訳ミスが無ければ、決算整理前の仕入勘定の額がすなわち当期仕入高になるかと...続きを読む

Q経理事務とは、具体的にどのような仕事内容ですか??

経理事務とは、具体的にどのような仕事内容ですか?
商業高校出身ではないので資格もなければ知識もありません。
経理事務の仕事に内定をもらったのですが、私で務まりますか?
どのような性格の人間が向いてますか?

Aベストアンサー

はじめまして。経理職6年目です。
内定おめでとうございます。

私は保育士から今の職に就きました。簿記も知らなければパソコンも片手程度にしか出来ませんでした。今の会社は未経験OKで、26倍の競争率で内定を受けました。
履歴書は出されているんですよね。履歴書をみて内定を決めたということは、基本の基本から教えてもらえるのではないでしょうか。分からないことは分からないままにせず、教えてもらい、御礼を言い、失敗しても次は繰り返さないなど、先輩たちから学んでいけばいいだけと思います。

私の職場の話しで恐縮ですが、総務全般をこなすので、臨機応変に対応できるタイプだと務まりやすいかもしれません。でもこれも会社に入ってからで充分間に合います。経理知識も。
新卒ですか?中途採用でしょうか。あまり頭でっかちにならず、内定もらったのですから少し羽を伸ばしてみてはいかがですか?偏った知識を詰め込んで就業を始めるより、クセがなくまっさらな新入社員の方が担当としてはやりやすいと、上司が言ってました。

「経理ってお金の出し入れ!?」って思っていた私でさえなんとか務まっています(笑)大丈夫です。応援してます。頑張ってください。

はじめまして。経理職6年目です。
内定おめでとうございます。

私は保育士から今の職に就きました。簿記も知らなければパソコンも片手程度にしか出来ませんでした。今の会社は未経験OKで、26倍の競争率で内定を受けました。
履歴書は出されているんですよね。履歴書をみて内定を決めたということは、基本の基本から教えてもらえるのではないでしょうか。分からないことは分からないままにせず、教えてもらい、御礼を言い、失敗しても次は繰り返さないなど、先輩たちから学んでいけばいいだけと思います...続きを読む

Q簿記2級「売上原価の計算⇒売上原価勘定」について

先日日商簿記3級に合格し、現在2級を独学で勉強している者です。
ひとりで勉強していて、「売上原価勘定」がいまいち理解できず、
質問させていただきます。

期首商品棚卸高が2,500円の下記(1)の仕訳について、売上原価の計算を売上原価勘定で行った場合、
(2)のようになると参考書にあるのですが、

質問1)なぜ(1)では「仕入」だったものが(2)で「売上原価」になっているのですか。
「売上原価勘定で行う」の意味がそもそもよく理解できません。

質問2)売上原価とは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」のことではないのですか。

質問3)「売上原価勘定で行う」時とはどのようなときなのでしょうか。

仕訳(1)
仕入    2,500 / 繰越商品 2,500
繰越商品 1,100 / 仕入 1,100
損益    12,200 / 仕入 12,200
売上    17,600 / 損益 17,600

仕訳(2)
売上原価 10,800 / 仕入 10,800
売上原価 2,500 / 繰越商品 2,500
繰越商品 1,100 / 売上原価 1,100
損益    12,200 / 売上原価 12,200
売上    17,600 / 損益 17,600

質問の仕方に不備がありましたら申し訳ございません。
どなたかお詳しい方、ご教示いただけますようお願いいたします。

先日日商簿記3級に合格し、現在2級を独学で勉強している者です。
ひとりで勉強していて、「売上原価勘定」がいまいち理解できず、
質問させていただきます。

期首商品棚卸高が2,500円の下記(1)の仕訳について、売上原価の計算を売上原価勘定で行った場合、
(2)のようになると参考書にあるのですが、

質問1)なぜ(1)では「仕入」だったものが(2)で「売上原価」になっているのですか。
「売上原価勘定で行う」の意味がそもそもよく理解できません。

質問2)売上原価とは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の内容が商品3分法なので、それに限定したレベルで回答を書きます。
1級や会計士を目指すのであれば、2級合格後に「総記法」や「分記法」と言う物も勉強していってください。

A1&A2
 売上原価を出す為には、ご質問文に有りますように「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」で計算しますし、この時に『仕入/繰商』『繰商/仕入』という定型的な仕訳を憶えた筈です。この仕訳のまま試算表を作成すると、仕入勘定の残高[損益勘定への振り替え額]が売上原価となります。
 では、『売上原価』勘定とは何か?これは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」の計算の計算式をそのまま適用した場合の勘定科目であり、仕入勘定とは別に新たに勘定(発生及び消滅は仕入勘定と同じ)を設けた上で、決算仕訳は「売上原価」を使用して、「仕入」科目では計算いたしません。
 仕訳(2)の仕訳を説明すると、次のようになります。ご自身で「繰越商品」「仕入」「売上原価」のT勘定を作成して、仕訳(1)と結果が同じになる事をご確認下さい。
 『売上原価 10,800 / 仕入 10,800』は「当期商品仕入高」
 『売上原価 2,500 / 繰越商品 2,500』は「期首商品棚卸高」
 『繰越商品 1,100 / 売上原価 1,100』は「期末商品棚卸高」
 『損益  12,200 / 売上原価 12,200』は勘定残高の振り替え

A3
 どんなときと言うよりも、試験で問われているから斯様な処理をしているだけであり、実務では色々なやり方が認められております。
・仕入勘定で売上原価の計算を行なう
 ⇒仕訳(1)の事例に該当し、財務諸表では仕入とは書かずに「売上原価」と表示している事がある。
 ⇒簡易な仕訳で用が足りる規模の商店で採用している事が多いと思う。
・仕入勘定と同列で売上原価勘定を使用している
 ⇒仕訳(2)の事例に該当
 ⇒最近は次に書く方法が増えているので余り採用のメリットはない。
・『売上原価』勘定の内訳科目として『期首繰越商品』『仕入』『期末繰越商品』を設定している。
 ⇒法人向けの会計ソフトの大半はこのような設定になっている。

ご質問の内容が商品3分法なので、それに限定したレベルで回答を書きます。
1級や会計士を目指すのであれば、2級合格後に「総記法」や「分記法」と言う物も勉強していってください。

A1&A2
 売上原価を出す為には、ご質問文に有りますように「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」で計算しますし、この時に『仕入/繰商』『繰商/仕入』という定型的な仕訳を憶えた筈です。この仕訳のまま試算表を作成すると、仕入勘定の残高[損益勘定への振り替え額]が売上原価となります。
 では、『売上原...続きを読む

Q除却費の勘定科目について

使っている会計ソフトに“除却費”がないので勘定科目の設定をしたいのですが、部門(資産、負債など)分類(固定資産や流動資産など)がいまいち分かりません・・・。
教えて下さい!!

Aベストアンサー

固定資産や流動資産など理解できないのでしたら、部門設定はおすすめでありません。
設定を間違えると、一から打ち直すことになるからです。
“除却費”は固定資産を清算するときに使います。(事業廃止時等)
通常は、固定資産廃棄損、固定資産売却損です。

たいていのソフトでは減価償却の部分で設定するはずです。
簿記が理解できないのでしたら、上記のところから自動仕分けをすることをおすすめします。

固定資産廃棄損、固定資産売却損、減価償却費、減価償却累計額、機械装置、建物、土地等は連動しますので、関連性を勉強しましょう。
これがわかれば、手動で仕訳できます。

私が使っているのは10年前のヴァージョンアップなしですが、自動仕訳もでき法人決算に普通に使っています。
最近のソフトは不要な余分なものばかりついており、あまり意味がないためバージョンアップはする気がありません。
ただ販売するために付加価値を??つけているだけと感じるのは私だけでしょうか?

Q売上原価の計算方法は 仕入勘定勘定で行う方法以外に何があるかわかりませ

売上原価の計算方法は 仕入勘定勘定で行う方法以外に何があるかわかりません どなたかお願いします。

Aベストアンサー

仕入勘定で行うのは棚卸計算法か三分法です。
完全工業簿記の場合は売上原価対立法というのがあり、仕掛品勘定、製品勘定を経て売上原価勘定へと振替えていきます。
参考url http://www.kabto-yama.ac.jp/DigitalBoki/pasoboki/boki_shori1.htm#tairitsuho

Q建設仮勘定の処理について

 前担当者の代に、ある工事を行うために測量設計委託を行いました。工事は行われなかったので建設仮勘定(固定資産)に入れておきました。その後本工事は不実行が確実となりましたが、建設仮勘定より落とすと赤字になるおそれがあったので残しておいたそうです。今年度それを落としても赤字にはならなさそうなので、いつまでもとっておいてもしょうがないので特別損失として落とそうと考えているのですが、費目についてピンポイントで触れているサイトが見つかりませんのでここで質問させていただきました。
 「建設仮勘定修正損」なんてどうなんでしょう、というか存在するのでしょうか。適切な名称を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「固定資産除却損」が最適です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報