お世話になります。父の定年後の再就職に関して質問させてください。
再就職時に、前社との給与の差額マイナス分を雇用保険から支給してもらえる制度があると聞いたのですが、それは具体的にどような制度なのでしょうか?(そんな都合の良い事ってあるのでしょうか?!)
制限等もあるのか、全然わかりませんので、ご存知の方教えてくださいますようお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

2です


質問の回答です

次の再就職先が決まっている場合には確かに、失業しても
雇用保険の受給申請はできませんが、
定年退職の場合には、基本的に給付制限(3ヶ月間待ち)はありません。

たとえば、定年退職後、再雇用契約を結んでいる場合で、
会社は継続を希望しても自分から再延長を断った場合には、
「自己都合退職」として取り扱われるケースがあります。

新しい会社で雇用保険に加入しないケースとしては、
1.新しい会社で「役員」または「役員に近い」就職であればそれが該当します。
2.また、再就職時の年齢が、満65歳以上の方も雇用保険を再度継続などは
一切できません。
3.雇用保険一般被保険者の加入条件として年齢要件のほかに、
1週間あたりの勤務見込みが30時間/週でないといけません。
つまり、短時間被保険者であったり、非常勤社員なんてことではだめなのです。

このほかにも細かく言えばいくつか、雇用保険には入れないケースがありますが、
上の3つのどれかで無いかなぁという気がしております。

雇用保険は、事業主に雇用され、事業主により手続きされ加入されますので、
個人(任意)で加入する方法・制度は現在ありません。
※昔雇用保険制度発足当初は、高年齢者においてのみ、任意加入制度が
ありましたが、現在は廃止されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ねて大変わかり易いご説明、ありがとうございます。

父が新しい雇用先で雇用保険に加入できない理由としては1の天下りみたいな羨ましい場合でもなく3のケースみたいです、、1週間に4日の勤務だと言っていましたから。それに雇用保険は個人(任意)で加入することもできないのですねー。
できるのじゃないかと思っていました。。

いずれにせよ、定年で退職して、同じように働いてもあまりにも前職との賃金格差がある場合に適用される制度という事なのですね。(^^;)

お礼日時:2002/02/18 10:38

はじめまして



1さんの記載内容に若干の誤解を生じさせる個所がありましたので
私から訂正させていただきます。
しかし、1さんの内容が完全に違うわけではないので、1さんを全否定している
訳ではありませんので、気分を害されないようにお願いします。

説明個所の1.2.3.は正解です。
4についてですが補足します。
1さんの記入した4については、「高年齢再就職給付金」という制度
についてお書きいただきました。これは、いったん失業(離職)して
雇用保険(失業給付)の受給手続きをした方に該当する項目ですので、
失業(離職)しても雇用保険(失業給付)の手続きをせずに再就職を
して差額の一部を受け取る「高年齢者雇用継続給付」とは若干制度が異なります。
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3d.html

「高年齢再就職給付金」は失業保険の手続きをしている方に限られ、残日数に
応じて1年間か2年間(もしくは満65歳の誕生日まで)を限度に受給できます。
「高年齢者雇用継続給付」は失業保険の手続きをしていない人に限られ、
満65歳の誕生日まで最大5年受給できます。

最後に給付金額は、HPのグラフにあるように、最大25%の給付金ですので
「一律」とならない旨補足させていただきました。

参考URL:http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3d.html

この回答への補足

大変詳細にありがとうございます。

家に帰って父に尋ねました所、失業保険は受け取らず(定年退職の場合待機期間があるんですよね?)次の職場に変わるみたいなのですが、高年齢者雇用継続給付の制度があてはまるのでしょうね。

ただ、雇用保険には加入できないみたいなので、適用は無理みたいです。
個人で会社負担分も支払って雇用保険に加入する事ってできるのでしょうか?
もう働かなくてもいいのにねぇ・・・と思っていますが。。。

補足日時:2002/02/15 13:21
    • good
    • 0

高年齢雇用継続給付金と云う制度があります。


60歳から64歳までの雇用保険の被保険者で、新しい勤務先での給料が、原則として定年退職時点の給料の85%未満の場合に支給されます。

この給付金の受給条件は次の通りです。
1.60歳以上65歳未満の一般被保険者であること。
2.雇用保険の被保険者であった期間が5年以上であること。
3.原則として、60歳以後の給料が60歳時点と比較して、85%未満になっていること。
4.再就職の前日に失業保険の残日数が100日以上であること。

給付金の額は、60歳以後の毎月の給料の25%が、本人に支払われます。

この手続きは、新しい勤務先の会社から、職安に対して行なうことになっていますから、会社にお聞きになってください。

参考URL:http://www.tokyo-hellowork.go.jp/iidabashi/riyou …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答をありがとうございました。
経験者でいらっしゃるのですね。
参考URLも確認しましたので、さっそく父に説明してあげようと思います。。
条件を満たしているかどうかはわかりませんが・・(^^*)/

お礼日時:2002/02/14 14:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q57歳定年で再就職に役立つ資格を教えて下さい。

 現在、54歳で金融機関の支店長をしております。定年は60歳ですが57歳で役職定年で退職しようかと考えております。現在持っている資格は、危険物(乙第四類)、LPガス販売主任者、LPガス設備士、宅建です。実務経験は、宅建7年、LPガス関係6年です。両方とも実務は経験しております。加えて仕事柄金融関係の知識はあります。57、60歳を見据えて再就職が出来るよう資格を取得したいと思っています。有利な資格、これから有望な資格(国家・民間資格を問わず)を教えて下さい。希望としては不動産関係(賃貸業も含め)、税・法務関係です。是非実際に役に立った例とが求人の重要などを参考に入れてご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

知り合いの方が
脱サラ後、貿易会社をやってて、今は行政書士を取得し、主に外国籍の方相手にやってます。
たぶん60歳前後の方です。
よく行政書士は儲からないと言いますがその方のメインは元々貿易なので十分食べていけますし、
もともと法律や外国相手のことが好きな方なので喜んで働いてます。
そして好きで頑張ってやってる以上、お客さんに喜ばれることも多く、
徐々に行政書士の仕事も増えてきているようです。

社労士は市役所の臨時雇いなどが増えてますね。

たぶん
「65歳までは働く」
「若い時のようにハードにやるほどではない」
「交通整理などの肉体労働は避けたい」
ってのがこの世代共通の考え方だと思います。
上記は高額収入ではないですが、それなりの収入を見込めるのでアリじゃないかと思います。

あとコンサルの先生とかいましたね。
地方の役所の技官のOBです。一種の天下りですねw
見た感じとてもその人に能力があるわけじゃないと思うんですがw、
ゼネコンとか信金の顧問とかやってます。
役所は大型案件が多いですし、役所OBなので、役所との顔つなぎが出来ますから、月何万か払ってでも役員とか顧問にするメリットが結構あるんでしょう。

知り合いの方が
脱サラ後、貿易会社をやってて、今は行政書士を取得し、主に外国籍の方相手にやってます。
たぶん60歳前後の方です。
よく行政書士は儲からないと言いますがその方のメインは元々貿易なので十分食べていけますし、
もともと法律や外国相手のことが好きな方なので喜んで働いてます。
そして好きで頑張ってやってる以上、お客さんに喜ばれることも多く、
徐々に行政書士の仕事も増えてきているようです。

社労士は市役所の臨時雇いなどが増えてますね。

たぶん
「65歳までは働く」
「若い時の...続きを読む

Q再就職手当の支給

11月で倒産解雇、12月に再就職を決め再就職手当に該当するといわれ申請したのが1月9日でした。前職と比べ収入が少なくなり(覚悟の上ですが・・)再就職手当で車のローンの返済を考えています。はっきりと支給日が分かればまた安心できると思いますが、検索しても2週間とか、1ヵ月、2ヵ月とかまちまちでよく分かりません。大体どの位の期間を見ればいいんでしょうか?経験者の方がいらっしゃったらどうか教えてください。ローンの返済ができれば、収入が減ってもなんとか生活を立て直す事ができると思うので・・・。宜しくお願いします

Aベストアンサー

確か翌月の失業手当支給日だったと思います。
ただもう5年以上前なので職安に聞いてみるのが一番だと思います。

Q再就職支援金支給申請書の提出方法について

最近就職が無事に決まり、「再就職支援金支給申請書と関連事業主確認書」をハローワークから頂きました。
一応、提出書類としては、上記の2枚の他、
給与明細、タイムカードのコピー、雇用保険受給資格者証をそろえています。
採用証明書については、先に提出済みなはずです(就職先から送ってもらってます)。

前置きが長くなりましたが、提出に関してなのですが、
(1)簡易書留による郵送
(2)代理による窓口提出
(3)本人による窓口提出

と別紙に記載されていました。

ハローワークが近所にあるので、親(代理)に行ってもらおうと思っているのですが、委任状などは必要なのでしょうか?
私は、仕事があるので休むことができません。
書留も結局は、自分で出せないので、同じことだと
思って、親に頼もうと思っています。

委任状を提出する場合の書式などを教えていただけたら
幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の経験上、多分必要ないと思います。

私の場合は再就職先の会社で申請手続きを行ってくれました。その際特に委任状など渡しませんでしたので。

なお、ハローワークによっては対応が異なるかもしれませんので、念のため電話などでハローワークに確認することをお勧めします。

Q失業認定までの具体的なスケジュール(自己都合)

3年勤めた会社を8月に自己都合で失業して、現在海外で職を探しています(海外で職探す旨は職安に相談済み)。
手元に離職票(白っぽい用紙)があってまだ職安に未提出です。

そこで質問なのですが、
・離職表を提出したら何日後に職安に出頭しなければいけないでしょうか?
・具体的な出頭日付はいつ、どのように決まるのでしょうか?
・給付制限中もしゅっとうするのでしょうか。
・仮に10/1に提出したとして、私の場合は10/8に最出頭、給付制限が付いて1/8日に出頭、以後失業給付されるごと一ヶ月毎に出頭でよろしいのでしょうか?


職が決まらなかった場合日付に合わせて旅券を押さえなければならないので、細かい事質問しました。
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
#4さんの補足内の

> また3ヵ月間の制限期間中も失業認定は必ず受けなければなりません。つまり職安
に行く必要はあるわけです。

について。
私が聞いた話では、3ヶ月間の給付制限中はハローワークに行く必要はない
ということでした。
もちろん離職票提出、説明会、1回目の認定までは行きますが、その後は3ヶ月
あきます。
ただし、求職活動の記録は行いますので、用紙は2枚渡されていました。
私自身は、契約相違による自己都合退職のため、1ヶ月の給付制限でしたので
毎月行っていますが、一般の自己都合のかたには、このような説明をされていました。

いずれにしてもLion-san-sanさんは、海外にいらして問い合わせすることが難しく
質問をされていることが#2の部分に書かれていますので、身内の方などがいらしたら
メールなどで問い合わせの依頼をし、ハローワークに電話してもらうと良さそうですね。

Q定年退職後が心配です。定年後はどんな仕事があるのでしょうか?

定年退職後が心配です。定年後はどんな仕事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

・公務員の役職付きなら、定年前に天下り先を確保
・特殊技能があるならシルバー人材センターに登録
・送迎の運転手
・清掃作業員
・定年後職安の相談員に相談する
・自分で起業する
・議員に立候補
・NPOを立ち上げて、役員報酬をもらい、ボランティア募集と称して合法的に従業員にはただ働きさせる。
 ボランティアは失業者を増やす理由でもあります。
・料理店用の葉っぱひろって、年収1000万円の地区がありましたよね
 あそこに相談して、移住するのもありですね。

番外編として
・生活保護でらくらく生活


人気Q&Aランキング

おすすめ情報