カテゴリがこちらで良いのか分かり兼ねるのですが・・・

先日京都へ行った際に御朱印を集めていられる方を多く見ました。
御朱印とはそこを赴いた証みたいなものなのでしょうか?
また、仏閣ではお守りを売っている所で「朱印」の文字も見ますが
神社では見かけないような気がします。
お寺さん独特のものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



確かに、ご朱印は今ではお寺に参詣した証明のようになっていますね。ただ、本来はもう少し意味のあったものでした。

朱印の始まりは観音霊場です。西国三十三ヶ所が一番古くて有名ですが、この霊場を巡拝するにあたって、巡礼者はお寺の数だけあらかじめ写経をしておいたり、住所・氏名・年齢・祈願内容などを記した木の札を用意していったのです。これを各お寺に奉納して、その証明として頂いたのがご朱印(ご宝印)でした。
霊場のことを札所(ふだしょ)と今でも言いますし、ご詠歌にも「お参りする」という意味で「札を打つ」と言うのは、この伝統があるからです。

こうやって頂いた朱印は、信心の証でもありましたが、寺を巡るという宗教的な善を行って罪が消えたという証明でもありましたから、これを持つ者が亡くなった時は、忘れずその棺の中に入れてあげるべきものでした。これを持っていれば地獄に落ちない、ということで、いわば庶民にとっての「成仏の保証書」のような大事なものだったのです。(専門的には、この朱印をキリスト教の免罪符になぞらえて論じる人もいます)

長野の善光寺さん参りでもご印文という朱印を頂けますが、これを題材にした落語もあるそうです。地獄の鬼たちが、最近地獄におちてくるやつが少ない、それは善光寺の印文のせいじゃないか、という話をして、これを盗みに入るのですが、判子に手をかけた途端に成仏してしまって地獄に戻れなくなった、というものだそうです。

ご朱印への信仰がよくわかるように思える話ですよね。今では観光バスで歩きもせずに乗り付けた観光客が、お土産のようにご朱印を買う姿も目にしますが、昔の人が見たら何と言うのでしょうかね…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

朱印帳に「納経書」と書かれていたので写経を収める事に関係しているのではと思っていました。
ただ、実際は納経をしている人も見掛けなかったので私の勘違いなのかと思っておりました。

朱印は、お寺や荘園を寄贈する事の出来ない庶民の「成仏の保証書」という事なのですね。勉強になりました。

私は寺院・仏閣を巡る時は基本的に自分の足でまわる事にしていますが、これからは写経したものも一緒に収められるように心がけようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 09:33

私も集めていますが、神社でもあります。


(最初の朱印帳は伊勢神宮の社務所で買いました。)

私事でいろいろありまして、ここ数年出かけるときには朱印帳を持ち歩き、神社・仏閣に立ち寄った折にはご朱印を頂戴するようにしています。
お守りとはまた違った、霊験あらたかな感じがしてありがたく思います。

私の手元にあるのは、
伊勢神宮(内宮・外宮)、四天王寺、晴明神社、平安神宮、延暦寺、鎌倉高徳院、長谷寺、鶴岡八幡宮、金刀比羅宮(こんぴらさん)、下鴨神社、春日大社などです。

朱印と書いてなくても、大きな寺社ならば社務所や納経所でしていただけます。
お代はまちまちですが、300円~500円くらいが平均的ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうしても「朱印所」等と書かれていないと躊躇してしまっていました。
これからは社務所等を伺って行こうと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 09:18

お寺では「朱印」あるいは「納経印」と記載されている


所でいただけます。
「納経印」とも言うように本来は写経をして、その紙を
お寺に納めた証としてその寺の「宝印」をもらっていたのが起こりのようです。

ちなみに神社にも「朱印」はありますよ。
ただし、お寺のものよりかなりシンプルです
関東なら「靖国神社」「鶴岡八幡宮」「湯島天神」
ほかにも「伏見稲荷」「金毘羅神社」「諏訪神社」
「大宰府天満宮」など比較的大きなところなら朱印所
があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

神社にもあるのですね。
お寺のように書かれていなかったのでないのかと思っていました。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/13 09:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都 桜が描かれている御朱印帳を教えて下さい

今週末に京都へ行きます。
その時に新しい御朱印帳を購入する予定なのですが、
桜の時期なので桜が描かれている御朱印帳が欲しいなと思っています。
仁和寺の御朱印帳には桜が描かれているようなのですが
今回は仁和寺には行かないので、
他の寺社でこのような御朱印帳がありましたらぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

桜で有名な平野神社の御朱印帳は桜模様だそうです。
「平野神社 御朱印帳」で検索してみて下さい。
ピンクと水色の2種類があるそうです。

Q御祈祷して頂いたお守りを落としてしまいました。

私の信心している神社で毎年、御祈祷して頂き、お守りを受けるのですが、あろう事に落としてしまいました。
大切にしていたお守りだけにショックなのですが、宮司さんに訳を話して再度、ご祈祷してもらうか、お守りだけ受ける(購入)かどうしよかと思っております。ご助言お願いします。

Aベストアンサー

私も落とした経験があります。
祈祷されているのでしたら、新たに祈祷される必要はないと思います(既に受けられているのですから)。
社務所に置いてある(売られている)お守りも祈祷済みの物ですので、落としたことは神様に報告(お詫び)し、新しいお守りを社務所で受けられてはいかがですか。

Q御朱印を貰うための参拝

ここの神社の御朱印は素敵だな、書いていただきたいな。と考えての参拝は本末転倒ということになるのでしょうか?そういった投稿を見かけました。

スタンプラリーではないし、正しく参拝をして、その寺社の神様のうつしを証としていただくものですよね。
御朱印というもの自体が、とても素敵だと思います。

自分もちゃんと参拝をして御朱印をいくつかいただきましたが、「御朱印をいただきたいので参拝する」というのはやはり良くないのでしょうか?

もちろん寺社自体に興味はあるし、好きなのですが、自分も「御朱印をいただきたい」という気持ちもあって寺社を回っていたので、なんだか引っかかってしまいます。

Aベストアンサー

こんばんは

基本的に御朱印のばあいお守り代わりですよね
なのでこの神社でお守りがほしいと思ったから
参拝する(お寺でも)というのは可能ではないかと思います

変わって言えば
この仏像を拝観したいのでこのお寺さんを見学する、というのとも
同じですよね

Q朱印帳について

朱印帳を持とうと思っているのですが
今度、京都に出かける予定があるので清水寺で朱印帳を購入しようと思います。
朱印帳の価格というのは大体どのくらいなのでしょうか?
あと御朱印をお願いした場合、すぐに書いてもらえるものなのでしょうか?(あとで取りに来てくださいみたいなケースもあるのでしょうか。)
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 朱印帳はだいたい1,000~1、500円ぐらいです。
 御朱印をいただくのに,たいていは300円。中には500円のところもあります。
 御朱印はその場ですぐに頂戴することができます。
 清水寺は西国三十三箇所観音霊場の札所ですので,たくさんの方が御朱印を貰いに来られるます。順番待ちで並ぶこともあるでしょう。
 拝観者の少ない寺院やお堂ですと,拝観受付で朱印帳を預け,拝観した後に朱印帳を受け取るということもあります。
 清水寺ですと,本堂横に朱印所があり,「大悲閣(観世音菩薩を祀るお堂という意味)」の朱印が貰えます。その他にも阿弥陀堂で「阿弥陀如来」,奥之院で「観世音菩薩」,滝ノ堂(音羽の滝)で「不動明王」の計4つの朱印を頂くことができます。

Q富士山の御朱印ってどこで貰えますか? 山頂にお寺があるんですか? スタンプじゃなくて墨で書いてもらう

富士山の御朱印ってどこで貰えますか?

山頂にお寺があるんですか?

スタンプじゃなくて墨で書いてもらう方です。

どこで御朱印をもらえるのか教えてください。

4つのルートのうち1つのルートしか御朱印は手に入らないのですか?

Aベストアンサー

山頂にある富士山本宮浅間大社の「奥宮」と「久須志神社」のどちらでももらえます。
http://jinja-kikou.net/huji2.html
※ページ下部に御朱印の写真があります。

御朱印自体は「印」ですから、スタンプです。これは他の神社でも同じこと。
御朱印帳に御朱印を押してもらって、神社名と日付を書き入れてもらう、という事です。

場所は、「奥宮」は御殿場口、富士宮口側で、「久須志神社」は須走口、吉田口側です。
どちらも山頂エリアなので、お鉢廻りをすれば1時間ほどで1周できます。
神社間を往復するだけなら往復40分〜50分ほど。

Qスポーツ 神社仏閣

スポーツと関係のある神社仏閣を教えてください。
サッカーは知ってるんですが、他の競技で無いですかね??

Aベストアンサー

タイガース神社なんてのがありますよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%A0%E7%9B%9E%E5%97%9A%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E8%A5%BF%E5%AE%AE%E5%B8%82)
http://kuro100.at.webry.info/201109/article_6.html
http://www.kumagaya.or.jp/~tigers/jinja/hirota.html

マラソン神社
http://ameblo.jp/kitahama-rc/entry-11187984484.html

ラグビー神社
http://www.xhotzone.net/vh/vh08080202.php

Q御朱印について

先日初めて"御朱印"というものの存在を知りました。

収集するのが好きなので、御朱印を集めてみたいと思い、調べたのですが
お正月以外、例えば今のような時季でも御朱印は頂けるのでしょうか。

また、御朱印を頂く場所(社寺?)の分類(?)もあるみたいなのですが、ネットで探してもイマイチよくわからないので教えて下さい。

場所は東京、神奈川、京都を考えております。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

私は25年ほど前から霊場巡拝を趣味にしていました。

全国には数え上げたらきりがないほどの霊場があります。
近年、新しい霊場も次々と創設されているようです。
そして、それぞれ納経帳や納経軸が用意されています。
本来のあり方としては、観音経や般若心経を浄写して霊場ごとに一巻ずつ納め、その受領証として朱印受けるものです。
ただ最近では所定の納経料(私が巡拝した頃は、納経帳が200円で、納経軸は300円が平均でしたが、今ではそれよりも100~200円高くなっていると思います)を納めれば朱印がもらえるようになっていますが、せめて本堂で般若心経を唱えた後、納経所に回るのが筋ではないかと思います。
今でも、写経を納めないと朱印がもらえないお寺も、数は少ないですがありますのでご注意下さい。

霊場の種類としては、観音霊場、弘法大師霊場、不動尊霊場、薬師霊場、地蔵霊場、十三仏霊場、七福神霊場などがあります。
全国規模の霊場として有名なのは、西国三十三観音霊場・坂東三十三観音霊場・秩父三十四観音霊場で全部合わせて百観音霊場と、弘法大師霊場である四国八十八カ所霊場ですが、地方の人はなかなか行き難いため、これを模した霊場は各地にあります。

私事になりますが、西国33ヵ所(2回)、坂東33ヵ所(2回)、秩父34ヵ所、新西国33ヵ所、河内33ヵ所、摂津33ヵ所、和泉33ヵ所、近畿36不動尊、河内飛鳥社寺、関東36不動尊、真言宗十八本山、江戸33ヵ所、武蔵野33ヵ所、鎌倉33ヵ所、四国88ヵ所、尼寺36ヵ所と実際に巡拝しました。

これらのお寺は、時期は問いません。むしろ参拝者が多い正月などは避けた方が無難でしょう。
それと霊場に入っていないお寺でも、朱印を受け付けてくれるところもありますので、もし朱印収集が主目的でしたら、フリーの朱印帳を持っていたらいいと思います。

私など、どちらかというと、信仰心というより、収集癖があったので始めたのですが、心の安らぎを求めることと、割と田舎にあるお寺が多いものですから、初めての土地の観光ができるのも魅力的でした。

では肝心の霊場案内ですが、
【東京】昭和新撰江戸三十三観音霊場(1番札所:浅草寺)
     武蔵野三十三観音霊場(1番札所:長命寺-練馬区高野台)
     御府内八十八ヵ所霊場(1番札所:高野山東京別院-港区高輪)
     多摩八十八ヵ所霊場(1番札所:安養寺-武蔵野市吉祥寺東町)
【神奈川】鎌倉三十三観音霊場(1番札所:杉本寺-鎌倉市二階堂)
      鎌倉十三仏霊場(1番札所:明王院-鎌倉市十二所)
【京都】洛西三十三観音霊場(1番札所:善峰寺-西京区大原野小塩町)

西国、坂東は札所のお寺が二つ以上の都府県にまたがっていますので、省きました。    

私は25年ほど前から霊場巡拝を趣味にしていました。

全国には数え上げたらきりがないほどの霊場があります。
近年、新しい霊場も次々と創設されているようです。
そして、それぞれ納経帳や納経軸が用意されています。
本来のあり方としては、観音経や般若心経を浄写して霊場ごとに一巻ずつ納め、その受領証として朱印受けるものです。
ただ最近では所定の納経料(私が巡拝した頃は、納経帳が200円で、納経軸は300円が平均でしたが、今ではそれよりも100~200円高くなっていると思います)を納めれ...続きを読む

Q朱印帳

朱印帳をもってお寺をめぐろうと思っています。
朱印を押して頂けるお寺はたくさんあるようですが、
くわしいことがあまりわかりません。

それで朱印帳についてかかれている本を探しています。
アマゾンで検索してみましたがいまいちでした。

朱印帳についてわかりやすく書かれていればどんな本でもかまいません。
お願いします。

Aベストアンサー

 朱印帳自体についての質問でしょうか?
 それとも朱印を押していただける社寺についての質問でしょうか?
 
 どんな朱印帳がいいの?と言う質問であれば,私は蛇腹式の朱印帳よりも和綴じの朱印帳をお薦めします。蛇腹式の朱印帳はその折り目から破けてしまうことがあります。また,蛇腹式の朱印帳ですと,洋白紙であることが多く,墨の吸収があまりよくありません。対して,和綴じの朱印帳は和紙ですので,墨の吸収が良く,また,値の張る和綴じの朱印帳は,袋とじされている和紙の間に和紙が挟まれていて,裏写りすることがあまりありません。そんな訳で,私は和綴じの朱印帳を愛用しています。No.1の方が紹介されている店で購入しました。
 
 どの社寺が朱印を押していただけるかと言うことであれば,ネット上に自分の朱印帳を掲載されている方がかなりありますから,「朱印」で検索すれば結構ヒットします。どの寺社でも朱印をいただける訳ではありませんので,まずネット上で調べられることをお薦めします。
 
 私も社寺を回って朱印を戴くことをしていますが,朱印帳について書かれている書物にはあまり巡り会いません。
 朱印帳に朱印を戴くのは,大抵300円です。社寺の「納経所」とか「御朱印授与所」などと表示されている所に行けば良いですし,御守りや数珠を売っている所,寺務所などにさりげなく「御朱印300円」と表示されている所もあります。

 朱印帳自体についての質問でしょうか?
 それとも朱印を押していただける社寺についての質問でしょうか?
 
 どんな朱印帳がいいの?と言う質問であれば,私は蛇腹式の朱印帳よりも和綴じの朱印帳をお薦めします。蛇腹式の朱印帳はその折り目から破けてしまうことがあります。また,蛇腹式の朱印帳ですと,洋白紙であることが多く,墨の吸収があまりよくありません。対して,和綴じの朱印帳は和紙ですので,墨の吸収が良く,また,値の張る和綴じの朱印帳は,袋とじされている和紙の間に和紙が挟まれてい...続きを読む

Q御朱印を頂いたときのお礼の言葉について

御朱印を書いてもらい、御朱印帳を受け取るとき「ありがとうございます」とお礼を述べたら不思議そうな顔をされてしまいました
以前にも同じような経験があったので、別の適切なお礼の言葉があるのか気になっているのですが皆さんは何とお礼を言いますか?
御朱印代を渡すタイミングもいつが良いのか悩んでいます
御朱印帳を渡すときに一緒に300円を添えるのが良いのか、「300円をお納め下さい」「お気持ちで」と言われるまで待つのか正しいのでしょうか?
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

私は御朱印を100箇所ほど頂いておりますが、毎回「ありがとうございます」です。不思議そうな顔をされたことはありません。
またこちらが「ありがとうございます」と言うと、「ようお参りでした」って言葉が返ってくるところもありますが、これは半分もないですね。
ただまぁ、御朱印とは我々が本尊の前で般若心経なり、ご真言なりを唱えた・・・すなわち納経したことの証明みたいなものなので、一瞬「何に対するありがとうかな?」なんて思う人もいるかもしれませんね。こちらとしては御朱印を押してもらいご本尊の名前や日付まで書いてもらったお礼なのですが(笑)
御朱印帳を返してもらう時に300円渡せばいいと思いますよ。

Q朱印帳の使い分け。

わたしの朱印帳は伊勢神宮のもので
内宮(の、ご朱印)からもらいはじめました。
朱印帳について前々から気になっていたことがあり
質問させてください。

その:1 朱印帳は 神社とお寺でわけるものでしょうか?
その:2 宗派などで同じ朱印帳に並べないほうが
       いい暗黙の了解など、あるのでしょうか?
その3: 関西、関東など、
       地域によってわけたりしたほうがいいのでしょうか?
その4: ご朱印は伊勢神宮の内宮からはじめ、外宮でしめる。と、
       何かで読んだことがありますが、本当でしょうか?
       うろ覚えな為自信がありません。

こういうことに関係なく、朱印帳の使いかた
(ご朱印のいただきかた)は
参拝する人の自由で良いのでしょうか?
(地域でわけている人もいれば、
 神社仏閣でわけている人もいる、みたいな感じで 
 特に仕来りは無く、参拝する人それぞれのこだわりで良い?)

あと、追記で・・・・
朱印帳も、それぞれの神社仏閣ごとに
デザインがこっているものもあり、
参拝する先々で購入したくなります。
わたしは伊勢神宮のものが気に入っているのですが
どこかおススメな朱印帳がありましたら
教えていただければ、嬉しいです。
それと、朱印帳は神社仏閣で購入しなくても
好きな和紙の和綴じノートを自分で買ってきて
(朱印帳サイズに似たもの選んで)
それを使ってもいいものでしょうか?

長い質問になってしまいましたが、ご存知の方
教えてください。宜しくお願いします。
   

わたしの朱印帳は伊勢神宮のもので
内宮(の、ご朱印)からもらいはじめました。
朱印帳について前々から気になっていたことがあり
質問させてください。

その:1 朱印帳は 神社とお寺でわけるものでしょうか?
その:2 宗派などで同じ朱印帳に並べないほうが
       いい暗黙の了解など、あるのでしょうか?
その3: 関西、関東など、
       地域によってわけたりしたほうがいいのでしょうか?
その4: ご朱印は伊勢神宮の内宮からはじめ、外宮でしめる。と、
      ...続きを読む

Aベストアンサー

1 本来分けるべきか一緒でも良いのか,私には判りませんが,私は神社朱印帳と寺院朱印帳を分けています。
 
2 宗派によって朱印帳を分けるという習慣はないですね。四国八十八箇所も西国三十三箇所も宗派が入り乱れていますが,1つの朱印帳を使いますから。
 
3 好き好きです。分けなければならない根拠はありません。
 
4 初耳です。そもそも神社で朱印を押すようになったのは,寺院が朱印を押すことによって収入を得ることから,「神社でも朱印を押そうよ」ということで,神社でも朱印をいただける様になったのです。江戸時代には神社で朱印を押すということはされていませんでした。ですので,伊勢神宮を内宮から初めて外宮で締めるということはありません。だいたい,お伊勢さんにお参りする時は,外宮に参ってから内宮に参るのがしきたりですから,全く根拠のないものと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報