冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

はじめまして、こんにちは。
私は先週から特別養護老人ホームに実習に行っています。
担当のフロアには20名の利用者さんがいます。
重度の利用者さんばかりで、ほとんどの方が寝たきりです。
そのうち言語的コミュニケーションがとれる方は3人しかいません。
喋りはしませんが、私を見て話を聞き、頷いて下さる方は他に3人います。
喋れない利用者さんにも話しかけてみたのですが、全くの無反応でどうしたらいいのかわからず、その後は喋れない方とのコミュニケーションを避けてしまいました(>_<)
目も開けないし、表情もまったく変わらない。
食事も胃ろうなので経口的に摂取していないです。
そんな方とのコミュニケーションはどうとればいいのでしょうか??
アドバイスをくださいm(_ _"m)ペコ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

喋れない、頷けない、意思を示す方法を持たないとしても、きっと色々して欲しいことやしたい事があるでしょうね。


私はSCU(脳外科領域の集中治療室)勤務なので、そのような患者さまがとても多いです。
また、喋れても感覚性の失語(会話が成り立たないが喋るのは喋る)や、聞く事や動く事はできるけれど言葉を認識できない人なども多いです。

言葉を認識できて、極わずかでも反応できる(開閉眼、指を動かす、開閉口など)のであれば、YesNoのどちらかを決まったアクションでしてもらい、Y/Nで答えられる質問をするとコミュニケーションとれます。
他にジェスチャーや絵、文字盤を使う方法もあります。

まったく言葉を認識できないが動けるという場合、ジェスチャーや絵などが有効な場合もあります。
こちらからのアプローチに興味を示さない場合、行動や仕草に注意して、この仕草の時はこれがしたい、この動作を始めたらこれがしたいという事など、行動とニードをまとめてノートとかに残しておく方法もあります。

意識レベルが低く、刺激に対して僅かに動きがある程度の場合、高次欲求については事実上分かりません。生理的なレベルでの欲求(失禁していたらきれいにする、清拭や入浴で体を清潔に保つなど)に応えるくらいですが、言葉を分かっているけれど動けないと考えて接する事が必要になると思います。予測的なニードにはなってしまいますが、苦痛の除去・安楽の確保、人間らしい生活、1日のリズムをつけるなど、喋れる人と変わりなく接したら良いと思います。
そしてこのような状態の方の場合、家族との関わりが重要になってきます。
家族がその人に何をしてあげたいか、家族にとってその人の存在(役割)などが間接的なニードになって来ると思います。

実習中ということで、その期間だけでコミュニケーションが図れるようになるのは難しいと思いますが、職員の方は学生さんほど密に接する事ができないので、色々気付くチャンスはあると思います。
そちらの職員の方からどのような関わりをしているか聞き、また自分が発見した事などあれば職員の方に返すと良いでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

さっそくのお返事ありがとうございます!
そうですよね。何も言わないからといって、何も感じていないわけではないですよね。
残り3週間という短い間ですが、たくさん接していき、何か学びたいと思います。
多くのお話をありがとうございます。
今後の参考にしたいと思います。
頑張ります!!

お礼日時:2006/06/18 17:23

結局は、あなたが何を職業として、成り立とうとしているのか?と言う事だと思います。


特養に実習というと、介護福祉士かなにかですかね。
利用者の方に出来るだけ何をしてあげられるか?ということに全力を尽くすのであれば、話しかけ続けるべき。
そして、そしてその行為を楽しんで出来るようになるということが、職業として成り立つ道です。
俺は妻が妊娠3ヶ月目だが、子供に毎日話しかけています。
感覚機能はまだ発達していないはずですが、重要なのはそのことを楽しむということだと思っています。
コミュニケーションを取ろうとする自分。
そこに納得がいく自分の生き方をした方が、健康だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのお返事ありがとうございます!
はい、介護福祉士を目指しています。
そうですか・・・毎日話しかけてみようと思います。
見える変化はなくとも、利用者さんの気持ちは変わるかもしれませんよね(>_<)
あと3週間、頑張ってみます!!

お礼日時:2006/06/18 17:18

すみません。



No.1で、離しかけてあげる ではなく
    話しかけてあげる です。

離すではなく、話してあげましょう。
    • good
    • 3

脳には入力系と出力系がありますね。


入力系とは、目から光の情報を。耳から音の情報を。皮膚から温度、硬度等の情報を。などです。一方、出力系は声を出すとか体を動かす、まばたきする等です。

それでその出力系が全く機能しなくなった場合、コミュニケーションの手段が一切遮断されます。しかし、入力系は機能していないとは限りません。これを確かめる手段はありません。これは立花氏の脳死の話です。ですから、この患者さんは貴方の語りかけを待っているということもありえます。この患者さんは、貴方が語りかけてくれないのを見て悲しんでいるということもありえます。見えるのか聞こえるのかは、患者本人しか分からないもので、我々第3者には確かめるすべはありません。脳波でもよく分からないそうです。ですから、そういう人達の心を感じとって、離しかけてあげるといいと思います。決してムダではないし、必ず喜んで頂けます。そう思って頑張ってください。

私はこの職業している訳ではないので、人のことは言えませんが、そう感じたので記しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのお返事ありがとうございます!
そうですか・・・(>_<)
難しいですが何度でも話しかけてみようと思います!
頑張ります!!

お礼日時:2006/06/18 17:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q声を出せない人の意思表示に便利なもの

先日イトコ(12歳・女子)が声帯をとる手術をして、現在声をだせない状態です。
身体的にも障害があり、ホワイトボードなどに字をかけませんし、一人で歩くこともできません。
叔母がつきっきりで介護をしていますが、農業もやっているので、
畑に出たときとか家の中を掃除しているときとかに
彼女が叔母を呼びたいときに便利な機械があったらいいな、と言っています。
何かよい機械や、彼女の意思が伝わるようなものがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。はじめまして。

先ず、農作業に出ておられる家族を呼ぶのであれば、ワイヤレス・ナースコール(先の方が仰っておられるチャイム等)ですね。但し安価なものは到達距離が短いのが難点です。

その家族が携帯電話を持っているのであれば、少し値は張りますが「緊急通報装置」というものがあります。ワイヤレス子機(腕時計やペンダントの形)のボタンを押すと、予めセットしておいた電話番号に自動で電話をかけて、録音しておいた音声も流せるものです。
通話先を119番限定にしてであれば、福祉施策の補助で無料利用可能な事もあります。でも御家族へのコールが目的ですと5~10万円位で購入となるかと…少しは補助金が出る市町村もあるかも知れません。

次に、コミニケーションに関してですが、特に脳の言語野の障害ではないので、#1さんが仰るように50音表(コミュニケーションボード)が使えると思います。
もし、指し示す手がすごく震えるとか、思うように示せない というのであれば、透明なアクリル板などに50音表や良く使う単語を書いておいて(アイ・トランスファーまたはイートランと言います)、ご家族はその裏側に立って、本人の視線の動きでどの文字を見ているか判断しながら「これ?これ?」と確認しながらコミニケを取ります。

また、50音が書いてあって各文字のボタンを押すと「あ」とか「い」とか、本人に代わって声を出してくれる「トーキングエイド」という福祉機器があります。そのままではボタンが小さくて上手く押せない時には、それに接続する大きなキーボードも別売であります。
この機械があれば、電話をかける事が可能なら電話先の人ともコミニケが取れます。(新型はパソコンに繋ぐ事も可能ですのでキーボード代わりにも出来ますよ。)これは障害福祉制度の助成金で購入出来ると思います。
(これと同様に音声を出す機械は玩具屋で4000~10000円位で買う事も出来ます。パソコンやプリンタには繋げませんが)

もし手指の細かい動きがし難くてボタン操作が不可能な場合には、重度意思伝達装置(コミュニケーションエイド)という福祉機器を使います。これでしたら、手でスイッチを握るとか、足で大きなスイッチを押すとか、アゴでスイッチ棒を触るとか、利用し易いタイプのスイッチを単純操作出来れば、先のトーキングエイドのように読み上げる事も出来ますし、メールも送れますし、日記や原稿も書けます。難点は文章作成に時間がかかることです。
これも適用であれば、市の補助で買えます。
ちなみに、日立やIBMが製品を出していますが、似たようなモノで試してみたければ無料ソフトをパソコンにインストールしてマウスのクリック操作でやってみる事も可能です。(下記URLから入手できますが、文章保存等は出来ません)

#4様がお奨めしておられるように、言語聴覚士や作業療法士・理学療法士・医師の意見を聞きながら良い方法を選択されますようお願いします。
例えば相談を受けた或るメディカルスタッフがスイッチ操作を優先してしまったために、その操作をおこなうための筋肉の緊張異常が増悪してしまい、関節が伸ばせなくなってしまい、寝たきりになって、床擦れが出来て… なんていう事例も沢山ありますので…専門家の意見は確認してください。
その際必ず「筋緊張異常増悪を抑制するという観点」についての考察をお忘れなく!(←結構、気にしないお馬鹿が多いです。泣)

以上、長々と失礼しました。ご親戚の方が良い生活を送れるように応援いたしております。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se186724.html

こんばんわ。はじめまして。

先ず、農作業に出ておられる家族を呼ぶのであれば、ワイヤレス・ナースコール(先の方が仰っておられるチャイム等)ですね。但し安価なものは到達距離が短いのが難点です。

その家族が携帯電話を持っているのであれば、少し値は張りますが「緊急通報装置」というものがあります。ワイヤレス子機(腕時計やペンダントの形)のボタンを押すと、予めセットしておいた電話番号に自動で電話をかけて、録音しておいた音声も流せるものです。
通話先を119番限定にしてであれば、福祉施...続きを読む

Q話せない人との会話

前にテレビで、まばたきしか出来ない人と、会話(?)しているのを見ました。
まず、「あ、か、さ、た・・・」を選び、行が決まったら、「あ、い、う、え、お」の文字を選び、それを繰り返して、「お・は・よ・う」など、単語を作っていくというやり方でした。
このやり方が何と言うものなのか、すでに、手話のように確立されているものなのか、わかりませんが、何でもいいです、ご存知の事を教えてください。
どうしても、義父と会話がしたいです。

どこに投稿したらよいのかわからなかったので、ここに投稿しました。

Aベストアンサー

私も観たことがあります。
確か老夫婦で、旦那さんが病気で奥さんが看病をするのに、まばたきで会話ができるように
なってからは意思疎通ができるようになって、今では嫌口(文句)まで言えるほどになった^^
というような感じの番組だったのではないですか?

それだとすると、あの会話法はあのご夫婦が何とか会話できるようにと二人で考え出したもの
だと言っていたと思います。

まず初めに、まばたきが1回だとア行、2回だとカ行、要はア・カ・サ・タ・ナを表わすと。
それから次が、1回だとア段、2回だとイ段というようにしていると言っておられました。
例えば「めし」なら、マ行なので7回まばたきをし、休憩して次に4回まばたきをすると
いったような会話の仕方だと思います。

あと、うろ覚えですが、イエスが1回とかノーだと2回とか何かおっしゃったような
記憶があるのですが・・・。これははっきりしません。すみません。

意思疎通ができると義父さんの希望を聞いてあげられますものね。
うまくいくといいですね。

Q言葉が不自由な祖母と意思疎通を図る方法について

言葉が不自由な祖母と意思疎通を図る方法について


こんにちは。
祖母が脳の病気で、言葉が不自由になりました。
話そうとしても、「アーアー」という音は出ているのですが、見ている私達家族は上手く理解できず祖母の意図をなかなか汲み取ってあげることができません。
私が「ご飯食べたか、って聞いてるの?」・「畑のこと?」と色々思い当たることを聞くのですが、首を振られます。
(祖母は耳は不自由ではありません、痴呆症にも今のところなっておりません)

筆談は、身体があまり動かせないので困難です。
言葉が不自由な方の専用の「文字パネル」や、このような場合に使用できるものをインターネットでも探してみたのですが、見つからない状況です。

もしお詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか?
どうぞヨロシクお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは、医療従事者です。

おやさしいですね。


文字ボードは購入しなくても、自作すればいいのではないでしょうか。
ひらがな50音を大きめの厚紙に見やすいように書けばいいのです。

後は、ありえそうな事柄を数種類まとめて載せるとか。
思いつくのは「かゆい」「取って」「痛い」
「おむつをかえる」「薬を飲む」
「おとうさん」「おかあさん」「・・ちゃん」
などなど、絵柄付きでのせます。
後はご本人が希望されそうな内容をチョイスして、
おばあ様専用の文字ボードの完成です。

最近は、パソコンの中にイラストがたくさん入っていますから
わかりやすそうで、お好きそうなものをえらべばいいでしょう。
絵を指し示しながら「かゆいの?」などとコミュニケーションをとる、とか
おばあさまが文字や絵の意味が分かれば指していただくとか。

あとは、
50音を自作するのが大変なら、
幼児用のあいうえお表を利用するという手もあります。

福祉用のものはなかなか高価なものが多いので、
コスト削減には職員の子供さんのそうしたものを利用していました。

ただ、脳血管障害の方の傷害された場所によっては
言葉の意味は理解はできても
文字が読めなくなる方もいらっしゃいます。
そういう方には文字ボードが使えない方もおられることを
蛇足ながら付け加えさせていただきます。

私はこれまでの経験から
人間「必要とされている」という思いが何よりの薬だと信じています。
まったく無反応だった方が、
毎日の話しかけるなどを続けてているうちに
笑顔がみられたり、話をされた方もいらっしゃいます。
当然その方の状況にもよりますが、
おばあさまといいコミュニケーションができるようお祈りいたします。

こんばんは、医療従事者です。

おやさしいですね。


文字ボードは購入しなくても、自作すればいいのではないでしょうか。
ひらがな50音を大きめの厚紙に見やすいように書けばいいのです。

後は、ありえそうな事柄を数種類まとめて載せるとか。
思いつくのは「かゆい」「取って」「痛い」
「おむつをかえる」「薬を飲む」
「おとうさん」「おかあさん」「・・ちゃん」
などなど、絵柄付きでのせます。
後はご本人が希望されそうな内容をチョイスして、
おばあ様専用の文字ボードの完成です。

最近は、パソコ...続きを読む

Q利用者とコミュニケーションが取れない

利用者とコミュニケーションが取れない

グループホームに入社して約半年です。 これが初の介護職です。もともと私は人見知りで、おしゃべりではありません。
 資格を取ったのも、介護だけに捉え取ったような気がします。

他の施設でもいえると思いますが、ここはコミュニケーションを大事にしています。 話が苦手ながらも、無理して話のネタを見つけたり、利用者と話してます。
私は1人1人に話をしてしまうため、他の人と同じようにみんなに話を振るのが出来ないです。←上の人や同僚にいつも注意されっぱなし。

世代が違うのもそうですが、どんな話をすればいいのかわからないです。  ほとんどがその日の天気の話ばかりで、もう苦しいです。  
 全般的に仕事が出来てないため、希望してた社員から、月80時間のバイト?→60時間未満になってしまい
会社にいるのが苦痛で仕方がなく辞めたいです。

Aベストアンサー

若年層でも同じだと思うのですが、御喋り・交流好きな人も居れば物静かで落ち着いていて礼節は守っても交流は最低限度にしておきたい人も居ると思うのです。

職員の判断が間違えていて余計な事に向かわせられ人として素直にある自然な感情としてもある怒りが出るようになり、理不尽に怒らせられ病や症状のせいにされ逃げられでは利用者から介護職員への理解力も抵抗拒否できる力があるうちは悪質だという認識の方が高まり、他の職員が対応することになったり、誰にも心を開かなくなり経緯があっての無口や無感情や急変に徹している様も無いとは限らないと思います。

何も知らない人に八つ当たりをしていたり気づいてもらえない事で偶然長く居合わせる事になった人へ何らかの助けを求めたり。

疲れやすく昼に眠って深夜目を覚ましてしまう事もあるでしょうし、他でも無理を繰り返した結果の感化や事故も無いとはいえないとも思います。

何でも接して何でも喋っていれば良いのでも無く、理解と尊重と業務上の流れを考慮した的確で適切になる方法や適正して迅速な対応も出来る方法の余地があるならば、気負いした分だけ要らぬ精神上の負担から出来無くなっていく部分の心配の方が考慮するとして今は正しい選択かもしれません。

職員であれば利用者の把握もケアプランもケアマネージャーへの相談も可能性としては高い気がしますが、それらを通せる立場でもコミュニケーションや見守りには充ての無い目的が生じるものでしょうか?

私は職業訓練で介護実習を選んだ実習生ですが、どの施設に行っても、そんなにコミュニケーションに含まれる会話をしている職員も居ませんし、手短な声かけや誘導はあっても、見守りは常に利用者全員を見てる状態には無く感じますよ。職員が居ない状態で利用者が集まっていて放任もよくあった事です。

立場上、充分な把握が出来ない前提があるのは勿論の事でしたが、学科と実技を経験しても、教わってもいない内容も多々残る中で唯一出来る見守りがあるので安易に離れるわけにもいかず、大声で職員を呼ぶ程度の事しか責任問題も生じやすいので出来ず、利用者にとっては自由行動可の状態。けれど、1フロアに1人か2人多動する人が居ても全員では無く基本的に静かで、動くといってもゆっくりなので過剰な反応を示す対応も特に要らないと思いました。

居室があれば尚更。物音は響きやすい作りだとは感じましたが、職員の配置数は多くは無いです。

私の父はICUにも一時期入院して居ましたが、ICUに限らず絶対安静の時は病院室にカメラが設置され看護されてる事もありました。

そこまでは介護施設では無いように思います。

コミュニケーションサービスでも誰誰はここまでやってくれるのにあの人はと思われたら自己満足だけには終わらない話も出てくると思いますし、業務上支障が出るようになった時に困る事もあると思います。

一度分からなくなったら遠く離れる気持ちで引いて、グループホームがダメだったとしても他の介護施設ならば援助能力としてこういった場合助かるという良い場合をも見出せる事があれば、結果は良いという評価に変わると思います。同じグループホーム内でも他の職員の言動範囲や許容の程度を見学する機会は修了日が予めある実習生よりも職員であればよくあると思いますので、コミュニケーションから離れて業務をしながら聞こえてくる事や接し方を学んでも良いと思います。

事前指示の不備も関われば、御話し好きなのだろうと、話しかけられ接し、結果喋らせた後で病状により水分補給に制限がある利用者で喉が渇いたと言っても、そちらの希望が通らなくなったという事もありました。

何があるか分からないものだと思いましたし、コミュニケーションも簡単なようで難しいと感じましたよ。

全体的な業務介護員としての把握の仕方・勤め方もあると思えば、異変・不備・欠点などコミュニケーション能力と見守りの度合いも利用者と自分だけでは無く業務上の注意点として、その場に居るから出来た事や希望が通り少しでも身体の拘束から自由を与えられる感覚が自立する為の自主性を伸ばせた事など両者にとっても介護の面からしても良い方は良い方であると思います。

若年層でも同じだと思うのですが、御喋り・交流好きな人も居れば物静かで落ち着いていて礼節は守っても交流は最低限度にしておきたい人も居ると思うのです。

職員の判断が間違えていて余計な事に向かわせられ人として素直にある自然な感情としてもある怒りが出るようになり、理不尽に怒らせられ病や症状のせいにされ逃げられでは利用者から介護職員への理解力も抵抗拒否できる力があるうちは悪質だという認識の方が高まり、他の職員が対応することになったり、誰にも心を開かなくなり経緯があっての無口や無感情...続きを読む

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。

Q84才の父が食事を食べなくて衰弱する一方

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エンシュアという液体栄養物質も嫌がって口にしませんし・・。
父親が言うには、圧迫感があるというのです。
それだけで、食欲は無くなるものなのでしょうか?

聞くところによると、老衰の症状として、衰弱と食欲の減退から食事を取られなくなり、更に衰弱が進行し、死に至るケースが老衰であるという考えがありますが、どうなのでしょうか?(このケースは老衰によるものなのでしょうか)

医師も初めてのケースらしく戸惑っております。(処置する方法が見つからない) 頑なにここまで食事を拒むケースは見たことが無いようです。精神面からアプローチすべきか?  老人性痴呆を疑ってみるほうが良いのでしょうか?医師も病院を出て行ってほしがります。正直この状態で出て行けば、必ず死が目の前です。

身体は、がりがりで、生きているのが不思議な状態です。栄養経路を断絶し、このまま、家で見取って最後を迎える方が本人の為なのか、わかりません。

どうぞ、お知恵をお貸しください。

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エ...続きを読む

Aベストアンサー

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに肉や皮が盛り上がって外部と胃の内部が栓付きチューブでつながった状態になって内出血も無ければ10日~2週間位後(はっきり覚えていない)包帯をとって退院OKがでて、ホームへ一ヶ月以内に戻れました。
医療や介護が家族でできない以上、他人の医師や看護婦や介護士に任せるしかありません。できるだけ頼み込んで要望を入れてしまうしか無いですね。腹を立てていてもお父上の飢餓状態と命の危険が進むだけです。飢餓状態になると脳に十分なブドウ糖や酸素や血流量が確保されずお父上の正常な脳機能(判断能力)が無くなってしまい、栄養失調状態が続けば脳萎縮などが進行して痴呆が進行しないとも限りませんので、まず飢餓状態から脱出するために、早急な胃ロウ手術が必須となります。できるだけお父上の手術に絶えるだけの体力があるうちに手術をされた方がいいと思います。僕の母の場合が、手術病院から胃腸科医院に迎えにきてもらい、手術に耐えるだけの体力を確認して1~2日経過を見てから手術を行いました。
貴方のお父上の場合、お父上の体力があるうちに、胃ロウ手術をされた方がいいような気がします。精神科の治療は時間がかかりますし、飢餓状態が続くほど脳も萎縮して痴呆が進むのではと思います。
精神科は元気で十分な体力と痴呆もなくまともに精神科医師との会話が成立することが前提で、治療に半年以上かかるかと思います。その前に飢餓状態が進めば、命が危なくなってしまう恐れが十分あります。
飢餓状態を回復するには、精神科より、栄養を確保するための便法としての胃ロウ手術の方が良いかと思います。飢餓状態になるとお父上がまともに意思表示さえできなくなってうつろな状態になって、精神科どころでないと思います。
まず、生命を維持できるだけの栄養を身体に取り込むことが必須だと思います。精神科が必要なら命の危機がなくなったそのあとでよいのではないでしょうか?
胃ロウの手術できる病院の医師に一度お会いになって説明を受けたり、手術概要を書いたパンフレット(説明書)を貰ってこられたら如何でしょうか?

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに...続きを読む

QIVHだけでどの位生きられるのでしょうか?

IVHだけでどの位生きられるのでしょうか?
79歳の父親なのですが、リンパ腫の初期段階で
入院してから、次々に体調を崩し始めました。
入院してしばらくしてから、徐々に認知症が進みはじめ
体力も体重も急激に落ちたように思えます。
嚥下機能も衰えている為、流動食以外禁止となりましたが
本人が拒否。
更に、腸炎でも、何か難しい腸炎だと言われました。
そんな中、もう、終わりだ…。というほどに
衰弱したのですが、主治医から、回復の見込みは
五分五分ですが。ということで高カロリー輸液を勧められ
今、使用してもらっています。
胃ろうは体力面を考えると、手術できない。と言われました。
しかし、個人的な感想ですが、飛躍的な回復だと思えません。
むしろ、高カロリー輸液だけで、命を永らえさせている事に
罪悪感すら感じる事が多いです。
本来、物が口から食べられなくなったら、寿命は終わりだと
いう考え方や、不自然な延命、色んな意味で、無理な延命を
選んでこなかった家族のルーツがあるからだと思いますが。
不謹慎かも知れませんが、IVHのように便利なものが無かった頃のように
普通の点滴のみで、枯れるようになくなる。眠るように亡くなるのが
父の希望だと言ってましたし、僕もそう思います。
父との時間が少し、増えた喜びもありますが、ベッドに拘束され
訳が解らない時間を過ごさせてしまっている罪悪感と、複雑な気持ちです。
IVHをしていると、普通の点滴より、相当延命効果があるのでしょうか?
蛇足ですが、主治医は延命処置では無いと言っていますが、私から見ると
延命処置以外の何者でも無い気がして、怒りすら覚える事もあります。

IVHだけでどの位生きられるのでしょうか?
79歳の父親なのですが、リンパ腫の初期段階で
入院してから、次々に体調を崩し始めました。
入院してしばらくしてから、徐々に認知症が進みはじめ
体力も体重も急激に落ちたように思えます。
嚥下機能も衰えている為、流動食以外禁止となりましたが
本人が拒否。
更に、腸炎でも、何か難しい腸炎だと言われました。
そんな中、もう、終わりだ…。というほどに
衰弱したのですが、主治医から、回復の見込みは
五分五分ですが。ということで高カロリー輸液を勧められ
今、使...続きを読む

Aベストアンサー

別に違和感を私は感じません。下記HPのように普通の感情であり、私も日本における通常の終末期医療にむしろ強い違和感を感じます。
延命治療とは、回復の見込みがないのにいたずらに生命を維持させる行為を示します。よって、主治医がまだ”回復”するチャンスが半分はあると見ているのなら、延命行為とは呼べません。
ただ、”回復”が何を意味するのか、主治医ときちんと話す必要があります。最終的なゴールを胃ろう(PEG)を作って寝たきりで退院とするのか、ちゃんと歩いて会話をして自分で食事を取れるのをゴールとするのか、主治医の”回復”が何を意味しているのか確認すべきと思います。
そこで、ゴールが希望と違うようなら、そこからは延命治療となります。
よく主治医と相談されるのが大事と思います。

参考URL:http://intmed.exblog.jp/10829856/

Q看護学実習で大失敗をしてしまいました。

看護学生3年生で、各論実習中です
成人看護学実習2(慢性期)で2週目が終了しました

次週先は、家から1時間強かかり、毎朝5時半には家を出ています。

2週目に入ってから自宅への帰宅時間は20時半を過ぎてしまうのは当たり前で、
要領が悪いせいで、記録物、手順を書くのに時間がかかってしまい睡眠時間は平均1~2時間です

先週2日間、記録物は文章が途中で提出されていたと、先生から指導されてしまいました
眠い中やっと書きあげたと思い、見直しを怠っていました

今週中ずっと、行動計画どおりにケアを実施することができずそのことで、指導者さんからご指導を受けていました
原因は、必要物品の不足でケアが遅れてしまったことと、私の時間管理がで来ていなかったとわかっていながら
改善をしようとしていませんでした

私が受け持たせていただいている患者さんは、意識状態が低く寝たきり状態の患者さんで
看護問題として、褥瘡リスクがあると挙げていて、午後に体位交換とおむつ交換を実施していたのに
昨日は、先生に指摘されていなければ実施せずにいるところでした
踵の除圧も、不十分だったのに先生に「この状態でいいのか?」と聞かれ、「このままで大丈夫」と言ってしまいました
その後、先生が除圧を行い、当然私は指導を受けました

先生から指導を受けている最中、心のどこかで「もういいや」と思っている自分がいました



今冷静になって考えて、患者さんに対してとても酷いことしてしまったと思います
学生に対して体を差し出してくださっているのに、あまりにも失礼で無責任なことだったと思います
実習に参加する者としての態度や、努力の姿勢が足りませんでした


先生からも今の態度と、記録物では実習を通すことはできないといわれてしまいました


自分の人間としての駄目さに嫌気がさしています

アドバイスやご意見があればお聞きしたいです。

看護学生3年生で、各論実習中です
成人看護学実習2(慢性期)で2週目が終了しました

次週先は、家から1時間強かかり、毎朝5時半には家を出ています。

2週目に入ってから自宅への帰宅時間は20時半を過ぎてしまうのは当たり前で、
要領が悪いせいで、記録物、手順を書くのに時間がかかってしまい睡眠時間は平均1~2時間です

先週2日間、記録物は文章が途中で提出されていたと、先生から指導されてしまいました
眠い中やっと書きあげたと思い、見直しを怠っていました

今週中ずっと、行動計画どおりに...続きを読む

Aベストアンサー

大変ですね。私が学生だったのはもう10年以上前ですが、それでも当時の実習の苦労はよくよく覚えているので懐かしく思い出します。

学生にしても、職場に出てからにしても、どんな職種であれ、皆同じような壁にぶつかることは多いと思いますよ。

確かに患者さんに対して、投げやりな気持ちで接していた、というのはいいことではありませんが、それをちゃんと反省する気持ちがあるのですから、全然問題ないと思います。
要領が良くても、上辺だけ誠意をみせていて、先生ウケが良くても、実は内面が看護士に向いていない人って山ほどいます。そういう人たちのほうがずっと問題です。

かくいう私も、要領はそこまで悪くはありませんでしたが、見た目の印象や態度での先生ウケも悪く、なかなかやっていることが評価されないタイプでした。
新人一年目の頃は、他の人と同じようにやっているつもりでも、態度がでかい、やる気がなさそう、と問題児扱いされて目をつけられてしまったり。
だけど、見てくれる人はちゃんといます。
あなたが、自分の行為を振り返ってきちんと改めようとしているなら、それは必ず身になると思いますよ。
そうやって自分をきちんと振り返ること、患者さんに申し訳ないことをしてしまった、と思いやることが出来るなら、あなたはきっとこのお仕事ができると思います。

3年生の実習は本当に大変です。
どう考えても間に合わないような大量のレポートを毎週のように提出させられるし、次の実習先の予習すらする時間がありません。
調べて理解したいことがあっても、まとめることが先になってしまい、理解がおいつかなかったりするままとりあえずまとめることを要求されますから。
記録物だけならまだしも、学校の先生に出すべきものと、現場の指導者に出すべき計画と、いろんなことをいっぺんに考えないといけません。
すごく大変で、正念場だと思います。
思わず投げやりになってしまったり、疲労がたまってしまってついついそうなってしまうのもわかります。
それくらい本当に厳しいですよね。
記録に追われて、ちゃんと患者さん自身を見れているのか悩むこともありますね。
ただ記録をこなすためだけに実習しているんじゃないかとすら思うし、私も、こんなやり方意味あるのかなあと疑問だったりしました。

患者さんによっても、すごく相性のいい患者さんもいれば、うまくコミュニケーションをとれなかったり、辛くあたられてしまったり、まさに「実習」ですね。
大変だとは思いますが、自分が一生懸命やっていると思えるようにまずは周囲に対する記録や成績を仕上げることよりも、ひとつひとつを大事にして、回りに評価されなくても自分だけは納得できる実習をしてください。
きっと紙面上で上手く表現できなくても、現場で見てくれてる人はちゃんと見てくれるはずですし、きっと結果はついてくると思います。


そして、これは予断なので全て鵜呑みにしないで参考程度にしてほしいのですが、看護学校の先生も完璧な人間ではありません。
観察が大事、といいつつも、生徒の本質を見抜けない先生も山ほどいます。

私が通っていた学校の先生はまさにそんな人たちばかりで、成績優秀、人当たりもいい、いかにも優等生という人に良い評価をつけていましたが、私からみたら、その子は中学時代から高校時代まで手を変え品を変えては友達をいじめていた、ろくでもない人間で、そういう生徒を立派で出来のいい生徒だとおもってちやほやしていました。
だから、先生の評価は確かに大事ですが、それが全てではないということです。
自分のためになると感じたことは受け入れ、納得できないことはある程度聞き流すのも大切です。
先生に駄目だといわれたことがあなたの看護士としての全てを評価するわけではありません。

自身もって、一年頑張って下さいね!

大変ですね。私が学生だったのはもう10年以上前ですが、それでも当時の実習の苦労はよくよく覚えているので懐かしく思い出します。

学生にしても、職場に出てからにしても、どんな職種であれ、皆同じような壁にぶつかることは多いと思いますよ。

確かに患者さんに対して、投げやりな気持ちで接していた、というのはいいことではありませんが、それをちゃんと反省する気持ちがあるのですから、全然問題ないと思います。
要領が良くても、上辺だけ誠意をみせていて、先生ウケが良くても、実は内面が看護士に向いて...続きを読む

Q意識障害の人に効果的な刺激について

兄(20代後半)が、脳動脈瘤で倒れて1ヶ月になろうとしています。
 脳ヘルニアで、脳幹というところをやられたらしいです。
 意識は戻っていません。しかし、調子のいいときは、手を握るようにいったら、一生懸命握ってくれるようになりました。また、目も瞑ってくれます。
 今は、意識レベルがどこまで回復するかが問題らしいです。
 それでも人の判別までは出来ない可能性が高いようです。
 看護士さんは、「今が刺激のあたえどきです」と言いますが、

 このような場合、どのような刺激のあたえ方が効果はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

うちでも家族が去年意識障害になっていろいろやってました。刺激といっても痛かったり不快なものではなくて、本人が心地よくなるようなことをまわりでやってあげればよいのだそうです。具体的な方法は「五感を通して…」と考えるといろいろ思い付くと思います。例えば…

聴覚:定番ですが音楽を聞かせたり、話しかけたり。聞かせる音楽は本人が歌詞までよくおぼえているような音楽がいいそうです。わからない時は童謡もいいそうです。うちは童謡のCDを図書館で借りて聞かせてました。それと音楽運動療法というのがあって、音楽を聴かせながら体を動かすと意識の回復によいのだそうですが、まだ体を激しく動かすことはできないでしょうから、音楽に合わせて胸や肩のところで手でポンポンしてリズムをとってあげたりするだけでも少し違うそうです。
嗅覚:忘れがちですが嗅覚は原始的な感覚らしくてこういう時でもはっきりしていたりするようです。好きなコロンなどがあればそれを枕元のタオルにそっとたらしてあげたり、くだものなどの香りもいいと聞きました。うちはアロマオイルを枕元にたらしたりしてました。
触覚:全身のマッサージももちろんいいのですが、一番敏感なのは手足と顔(特に口)なのだそうです。病院で防水シーツと洗面器を借りて手足をお湯につけて洗ってあげたりしてました。刺激だけじゃなくてきれいにもなりますしね。歯磨きのやりかたを看護婦さんに教えてもらってやってみたり、リップをこまめに塗ったりもしてました。
味覚:これは今はまだ難しいかもしれませんね。状態がおちついたらプリンとかムセにくいものをすこしずつ食べる練習ができるといいと思います。口の触覚の刺激にもなりますし。それまでは歯磨きの時にマウスウォッシュを使ってくれる病院だったので、それの味を本人が好きそうなものを選んだりしてました。
視覚:これはあんまり刺激が入って行きにくいと思います。赤い物が見えやすいとか聞きましたが、今でもあまり反応がないです。

うちのは病気も障害を受けた場所も全然違うので参考にならないかもしれませんが、最初はもうずっと眠ったままだといわれていたのに、今では言葉でのコミュニケーションができるまでになりました。刺激の中で一番効果があったのは、6か月目くらいに外泊させたことです。やはり慣れた家のにおいとか音とかがよい刺激になるのだと思います。外泊から戻ったとたんに言葉が出て病院の人たちもびっくりしてました。今すぐというのは難しいかもしれませんが、状態が落ち着いてきたら外泊を考えてみてもよいのではないかと思います。希望を捨てずにかんばってください!!

うちでも家族が去年意識障害になっていろいろやってました。刺激といっても痛かったり不快なものではなくて、本人が心地よくなるようなことをまわりでやってあげればよいのだそうです。具体的な方法は「五感を通して…」と考えるといろいろ思い付くと思います。例えば…

聴覚:定番ですが音楽を聞かせたり、話しかけたり。聞かせる音楽は本人が歌詞までよくおぼえているような音楽がいいそうです。わからない時は童謡もいいそうです。うちは童謡のCDを図書館で借りて聞かせてました。それと音楽運動療法というの...続きを読む

Q肺炎の急変について

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。

転院の前日に38度強の熱が出ましたが主治医は転院は問題ないとのこでしたが転院当日先方の病院へ経過を連絡し確認したところ経過観察のため転院を延期し検査を依頼されました。(当日は熱は下がっていました)

その依頼により、胸部レントゲン血液検査が行われました、結果炎症反応9とかなり高状態で1週間程度の経過観察と言われました。

その翌日の朝、病院から態急変したとの連絡で駆けつけたところ父は酸素マスクをつけ呼吸も浅く非常に苦しそうにしておりました、意識はない状態で、一時的に心停止に近い状態であったと伝えられました。

その後医師より、レントゲンを見せられ昨日の朝のレントゲンでは肺炎の大きな広がりはなかったが、今朝のものは胸いっぱいに肺炎が広がっており非常に厳しい状態ですと言われ、現実に翌日の夕方に息をひきとりました。

そこで、ご意見をお願いします
1.誤嚥性肺炎だろうと言われました、肺炎は僅か半日足らずで死にいたるほど急激に症状が進むものですか?

2.転院の2日前に(亡くなる3日)に付き添っていたとき息が苦しそうで肩で息をし、手足が先日までとは違いすごく冷たくなっていました、これは肺炎の兆候として治療に反映はできなっかたのしょうか?

3.入院中37度強の熱が1日をとうして出たり出なかたりしていましたが。これは肺炎を起こしているサインとして予防的な治療の目安にはならなかったのでしょうか?

高齢での肺炎は非常に厳しいものとは分かっているつもりですが、なにかもやもやしたものが拭い去れずこの場をかりて質問をさせて頂きました、出来れば医療関係者のかたの率直な意見を頂ければと思います

宜しくお願いします。

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。
...続きを読む

Aベストアンサー

1、まず誤嚥性肺炎、特に高齢者の場合は予後が悪く、急激に換気障害に陥り、あっという間に死亡してしまうことは確かにあります。うっかり喉にものが入っただけのように感じるかもしれませんが、極めて重病なのです。ましてや、脳梗塞などがあり、異物を排除できない上に高齢という極めて状態がよくない場合はなおさらです。
2,3、高齢の場合は肺炎の兆候は出にくく、発熱も殆どない場合も少なくありません。手が冷たかっただけではサインとしては目安にはならなかったと思います。看護師が定期的に体温を測っているはずで、急激な低下や上昇があれば通常は主治医に報告がいきます。このあたりは主治医に詳しく再度説明して頂いてください。その方が納得いくと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報