先日私が考案したアイデアが特許になるか、弁理士さんに相談したところ、
ソフト・ハードに新規性がないから特許にならないといわれました。
 確かにインターネット・携帯電話・プログラム言語などを、私が作った訳では
なく、寄せ集めと言えばそうなのですが、組み合わせによって今までにない
まったく新しいサービスを提供できる事も事実です。
 今の日本では、既存の技術を組み合わせて「まったく新しいビジネスの方法」
を考案しても特許にならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ビジネスモデル特許に関するご質問を拝読するたびに感じるのですが、皆さん、「ビジネス方法」を権利化したいように見受けられます。

が、残念ながら、「新しいサービス」自体を特許にして独占することは、日本では不可能です。その理由は、日本の特許法では、特許を受けるためには「自然法則を利用した発明」である必要があるからです(特許法第2条)。人為的な取り決め(暗号、ゲームのルールなど)や、単なるビジネス方法は特許にはなり得ません。

 例えば、ネットオークションで、「コンピュータを使って各人が入札し、その入札時に各人が設定した許容限度額までは、定められた単位を加算して再入札してくれる(=自動的に競ってくれる)」という競り方は実際にありますが、そのような競り方が許されたオークション方法を出願しても、特許を受けることはできません。特許される可能性があるのは、「許容限度額まで自動的に競るように構築されたプログラム」です。

 したがって、他のオークションサイトで上記のような競り方ができるオークションが実施されていたとしても、「そのようなオークション方法を採用してはなりません」とは言えません。そのプログラムが特許として成立しているときに、「貴社のオークション方法に関するプログラムは、ウチのプログラムの模倣です」というように、あくまでプログラムという観点から攻めなければなりません。もっとも、競り方が同じでもプログラムが異なれば侵害ではありませんので、警告する前に、模倣であるかどうかを検証する必要もありますが。

 ご質問によれば、目新しいのはサービスだけで、そのサービスには既存のハード、ソフトを使用するということのようですから、それならば特許となる可能性は極めて低いと申し上げざるを得ません。実際、サービスの具体的内容を聞いた弁理士がムリと判断したようですから、かなりキビシイと思います

 ご期待に添える回答ではなくて申し訳ございませんが、参考になれば幸甚です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
新サービスだけでは、特許は難しいと言う事が分かりました。
また、質問すると思うのでその時は、宜しくお願いします。

お礼日時:2002/02/25 23:57

既存の技術をただ組み合わせるだけでは必ず特許になるとは限りません。


特許は特許庁がそれを特殊技術と認めるかです。
誰でも思いつくような組み合わせ例えばTVとビデオを組合せることだけでは特許として成立する可能性は少ないです。
それを組合せる何か特殊な技術やノウハウがあれば別ですが。
何故かというと、そういう事例を特許と認めると特許の数が膨大になるからです。

自分のアイデアに自信があるなら特許の申請はできるので一度試してみればいかがですか?
ただ弁理士さんは経験上アドバイスをしているので素直に聞いたほうが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難う御座います!

「組合せる何か特殊な技術やノウハウ」等は一切ありません、
ただ、それによって行えるサービスが非常に便利で、ちょっと
思いつかないサービスなので、もしかしたら認められる可能性
が少しは有るのかなっと思って質問しました。

もう一度、弁理士さんに相談してみます。
それでも駄目なら諦めます。シクシク(TT)

お礼日時:2002/02/22 19:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特許庁で特許申請(自分で考案したもの)

まず、おはずかしながら・・・特許申請と実用新案とあまり違いが分かっていません。

教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?
それとも、設計図のようなものを申請書と一緒に申請するのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、手順などを教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?

試作品は要りませんが、当業者が発明の構成を理解できる程度に詳しく説明した書類を特許庁に提出することが必須です。
また、それで足りない場合には図面を添付します。

その辺の基本的なことは、特許庁のHPにも解説があるでしょうし、発明協会及び弁理士会の無料相談も有効です。
是非下記URLをご覧ください。

http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/index.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/tokkyo1.htm
http://www.jiii.or.jp/
http://www.jpaa.or.jp/?05291100

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1278615

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作っ...続きを読む

Q特許事務所に勤務している方(主に弁理士、特許技術者)、相談に乗ってください

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英語に対する学習意欲は高いと思っている。また、生涯を通じて勉強することは大変だと思うが、苦にはならないと思う。
 弁理士として働くには語学力、特に英語は必須だと聞きました。また常に最新の法改正等にも対応する必要があるため、勉強し続けることは重要で、自分はそれができると思っています。

3.勤務地が固定されている。
 私は家庭の事情で、実家に近い範囲で就職することを希望しています。ちなみに、今すぐそうする必要はなく、できれば30歳頃にはそのような就職をしたいと考えています。これは特許事務所に就職したいと思う決め手でもあります。

よろしくお願いします。

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英...続きを読む

Aベストアンサー

向上心と覚悟は完璧です。
そこまで理解されているならば、弁理士を目指すのにふさわしい見識をお持ちだと思います。
また、事務所に勤めるのならば、実家から通勤可能範囲の特許事務所に勤務地をほぼ固定できます。

あえて言わせて頂くならば、想像と現実は違うということです。
私自身、弁理士試験の勉強を始めて1年であきらめた人を数多く見ていますし、10年以上勉強している人も何人か知っています。
決して楽な試験ではありませので、弁理士だけを目標にして人生を棒に振らないようにしてください。
まだ学生さんということですので、まずは試験勉強を始めてみて、それから決めるのでも遅くはないと思います。

なお、個人的には、数年間企業で経験を積むのも良いと思いますが、それはmanami0926さんの好きになさればいいと思います。

参考URL:http://dotcom.versus.jp/all/,http://benrishikoza.web.fc2.com/

Qある商品が考案され特許取得されているかどうか

ある商品を開発販売するつもりですが特許取得されているかどうか確認するにはどこでどのような形で行えばよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

特許電子図書館(参考URL)で検索してみたらどうでしょうか。
ただ、やみくもではなかなかわからないと思いますが。

参考URL:http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

Q特許権が失効した技術を用い、新たな発明を考案する

特許権が失効した技術を用いて、新たな発明を考案した場合に、
その発明に特許権は与えてもらえるものなのでしょうか?

以上、ご返答の程、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「新たな発明」が基になった「特許権が失効した技術」と同一、またはそれから容易に創作出来るものであれば、新規性・進歩性がありませんから特許を受けることはできないでしょう。「失効した」といっても一旦特許になっている以上、公報が発行されその内容は公知になっていると考えられるからです。この点については、No.1の方の回答の通りだと思います。

しかし、「新たな発明」が基になった「特許権が失効した技術」に対して大幅な改良が加えられており優れた効果があるような場合、即ちいわゆる当業者が容易に創作できないような(高度な)ものであれば、進歩性を有し特許を受けられる可能性はあると思います。

ですから、alchyon様のおっしゃる「新たな発明」がどのようなものかによって特許を受けられるかどうかは変わってくると思います。

Q特許出願を弁理士に依頼せずに個人で出願することはできますか

特許出願を弁理士に依頼せずに個人で出願することはできますか

現実的には、弁理士に依頼せずに出願したほうがベターな出願ができるのはわかっているのですが、法律上はどのように規定しているのでしょうか。

?特許等の出願は弁理士を通して行わなければならないという規定はありますか?
?外国出願する場合に、その外国の弁理士を使って出願をしなければなりませんか?(おそらく国によって異なると思いますので、その国の弁理士を使って出願しなければならない国の例を挙げていただけると有難いです。)

以上、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

弁理士に依頼せずに個人で出願されている方も結構おられますよ。但し、特許の出願書類(特に特許請求の範囲)は法律文書となりますが、個人の方が作成されたものは法律文書として非常に稚拙なものが多いです。

弁理士に依頼しなければならないという規定はありませんが、個人の方が自ら出願手続された場合にその手続に瑕疵が多数存在する場合などに、弁理士を代理人とすべきと特許庁から命じられることはあります(特許法13条)。

一方、外国出願する場合は、どの国でも、連絡の便宜のため、国内在住者を代理人とすべきと規定されています。日本の特許法では、「特許管理人」として規定が設けられています(特許法8条)。そして通常は、各国の弁理士を代理人とすることになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報