仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

 初心者で、まだ120~130のスコアです。
練習開始時には、6Iのフルショットでストレートか、ややスライスする程度で120ヤード程度飛びますが、そのうちトップしてボールが上がらなくなり、右に出るようになってしまいます。再びフルショットに戻し低いティーから打っても、坂田信弘プロのゴルフ進化論で薦めているショートスイングを練習していても同じです。休憩して気を取り直し、5W~1Wウッドを練習して(1Wでスライス)、またアイアンに戻りダウンブローを心がけますが直りません。左の壁を気にしてやや左足体重にしたり左脇が開かないようにしても駄目で、思いっきりストロンググリップにしたり、左グリップが弱まらないよう心がけても直りません。このままだと、また次のラウンドでもミスショットで大叩きが出そうです。どのような練習が良いのか困っています。アドバイスいただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

>右手


この質問ランに「グリップについて」という質問があります
そのときにも述べたのですがもう一度

インパクトで、なぜ、右手と左手がアドレスの時と同じであるか
確認するのでしょう?
両手の力のバランスが取れているかどうかを確かめる為です
もう一つ
クラブフェースを目標に向けてあわせるために
アドレスで両手をグリップしているわけですね
そのグリップの位置がずれると、フェースの向きも変わってしまいます
したがって、インパクトではアドレスと同じグリップの形になる必要が
あるのです

もう一つ、右手のグリップについて
右手の親指と人差し指をくっつけて、人差し指の先を曲げると
「輪」が出来ますね
この「輪」にクラブのシャフトをしっかり捕まえるのです
右手の後の3本(中指、薬指、小指)は伸ばしたままの形で
アドレスしてスイングする事になれて下さい
右手の使い方は人差し指と親指の「輪」で
ダウンスイングのクラブの加速を助け(飛ばすパワーのプラス分)
グリップの変化を防ぎ、方向性を保つわけです
右手の3本の指に力が入ると
スイングを崩す可能性が高くなります
くれぐれも気をつけてくださいね

追記まで
    • good
    • 0

初心者で、まだ120~130のスコアでしたら、自己流は捨てて下さい。

いろいろ回答がありますが、まず自分のものにするレベルではないと正直思います。私の知る限りですが、上手くなる人は初心者の段階で身近なレッスンプロに90%の割合で習っています。またレッスンを受けていた人はスイングである程度わかります。
自己流ではなかなか上達のスピードは遅いと思いますので、まずはレッスンプロに教えてもらうのが一番の早道だと思います。レッスンプロもたくさんいますので、自分に合う方を探せばいいと思います。
ここで、みなさんプロを探すのが邪魔臭い、レッスンフィーが高いとおっしゃってなかなかプロに習おうとしませんが、ここで手間やお金をケチっては上達は遅くなるだけです。時間の無駄です。とりあえずは自己流は放棄された方が賢明でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ごもっともなご意見です。時々、ティーチングプロに見てもらうと新たな発見があり楽しいです。見てもらっている時って、驚くほどボールが飛び一気に上達した気分になるのですが、日を変えて同じようにスイングしても、あれっと思うほど上達してない時があり不思議です。プロに見てもらっている時の緊張感が良い結果を生み出すのか、たまたま見てもらった日が調子良かったのかと色々考えますが、やはりコンスタントに見てもらった方が良さそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/12 00:37

>すくい打ち


スイングの「弧」が出来たプレーヤーには
すくい打ちは非常に難しいものなのです
只一つ出来るケースがあるとすれば
クラブの「弧」が最下点を過ぎて上方に向かおうとする時点で
ボールをヒットする時だけですね
逆に、ダウンブローは「弧」の最下点の手前で
ボールをヒットしている事になります

それから、スコア118を出した時点で
お気づきになっているのではないかと思いますが
ショートスイングを完成させる為には
ビデオテープにあるように両方の腕が真っ直ぐである事
が必要なわけです(がちがちではいけない)

あとひとつ、テークバックで
左膝、左腰、左肩を一体にして右側に押し込むような感覚を
試して見てください
左腰がいっぱいに回った時点で、肩はもう少し回せますので
あと何度か回してください(これが飛ばしの力になります)

右ひじがビデオどおりに右肩の高さまで上がると
右手でボールを叩きに行く動作が少なくなります
これも飛ばしのエネルギーを増加させます

ショートスイングが完成すれば
飛距離も出ますし、ショットも安定します
私が実践したのですから間違いはありません
(正しい教えを理解するまで苦労しましたが)

頑張って下さい、次は、100切りですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 坂田プロが言うように、100球×週3回のショートスイングを続けてみようと思います。それを基本に、フルスイングで、トップでの左右の二の腕が平行になるのが理想ですが、右ひじが右肩の高さになるようにするには、今よりも高いトップが必要そうなので、しっかり捻転して飛距離アップにつながるよう練習してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/05 22:35

そうそう


私がトップしたときの反省法を一つご披露します

大抵はボールの行方を早く見ようとあせって
頭が早く上がってしまうのですが
「クラブヘッドがボールをヒットする音が聞こえるまで
頭を上げない事」
を心がけてきました
一度試して見てくださいね

追記まで
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 ラウンド中にゴルフ場の人が、ティーショットを撮ってくれた写真を見ると、なんとなくすくい打ちをしているようです。これも我慢できずにヘッヅアップしているからかもしれません。これだとどうしてもクラブ軌道が楕円にならず飛距離が伸びそうにありません。しかし今回は、練習と本番で全く結果が異なる体験をしました。2週間後にまたラウンドするので練習に行きます。また気づいたことを書き込みますのでアドバイス下さい。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/05 01:25

>スコア118が出ましたか、オメデトウございます



>フェアウェイからはトップしたり...
芝を削り取る事を恐れているように思われます
真面目な方、自然を愛する方に多い傾向ですね
マットの場合は下がコンクリートの場合が多く
ダフッタり、強いダウンブローの場合手を傷めることもあります
そのために練習するのがテイーアップしてのダウンブローの練習です
しかし実際のコースでは多少硬さに違いはあるものの
芝の下は土なので、クラブの入る角度が正しければ
手を傷めることは殆どありません
特に、スイングが正しく出来ていれば
「弧」の軌跡からして深くクラブが入る事はありません
正しい「弧」がいつも描けるようになる事です
「弧」が正しければ
トップした場合でもスイングの「弧」の中心を
数ミリメートル下げてスイングすればいいわけですから
(人間はこの程度の調整は考えずともできるものなのです)

芝を早く克服してくださいね
アドバイスまで
    • good
    • 0

#1です。

補足します。

>これは上半身の捻転が少ないということでしょうか?あと教えて頂きたいのは、肩回転を大きくすると、切り返しでもっと右肩が正面に突っ込みませんか?それとも右肩を動かす方向が違うのでしょうか?
例えば、自分の意識では肩が90度回転したトップを作っているつもりでダウンスイングで90度+α戻してインパクトを迎えているつもりが、実際にはトップでの回転が60度しか回っていないと30度分足りなくなってしまうので、往々にして肩を突っ込ませて調整をしているのではないかということです。

>TVでトーナメントプロがアイアンショットでターフを取っている姿を見て、あのようにダウンブローに打ち込むことが大切なのかと思っていましたがレベルが違い過ぎですね。自分はキャビティアイアンということもありますし、まず払い打ちを心がけてみます。
勿論、アッパースイングで打つのはもってのほかですが、ダウンブローの意識が強すぎると右肩を上から下に使いやすいので、今よりも浅いダウンブローを目指すといいかと思います。結果としては、球の先に浅く長くターフを取るイメージです。決して、深く短くとってはいけません。
あとは練習方法ではアイアンの各番手の飛距離を一番手落とすつもりでスイングをするとリズムもよくなってヘッドが走り、返って飛距離が伸びることもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 意味が解りました。おそらくNo.1の内容からあえて原因を探ると(2)のような気がします。ビデオ「ゴルフ進化論」の坂田プロのスイングを見ると、飛球線後方からの映像で、確かに右膝は前方には出ておらず、あくまでも飛球線方向に移動していました。氏が教えている、いわゆる太腿を左下肢にぶつける方向でした。自分はまだ右膝の方向が定まっていないようですので、時々シャンクとなったり、ボールが右方に飛び出したりしていたようです。でも、日曜にラウンドした時、アイアンでやや左足体重にしてトップ時の肩回転とヘッド重を意識してショットしたら、一度も右には出ませんでした。トップやダフりはありましたが。
 No.1での払い打ちの意味も解りました。力まずリズムをとって軽いダウンブローで前方のターフを浅く長く取るイメージで練習してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/04 00:21

>払いうち


坂田プロは、クリーンにヒットすると仰っていますが
’払いうち’をするとは仰っていないともいます

短いテイーにテイーアップして
ボールを打つのですが、ヒットの時点で、クラブヘッドは
まだ、下向きに動いて(ダウンブロー)いなくてはいけません
「クラブヘッドがボールを打った後で、マットに当たる」
ためには、払い打ちではこうはなりません

お話の具合では
力みすぎなのか
どこか勘違いがあるように思います
「ゴルフ進化論」のビデオテープを繰り返し勉強してください

がんばってくださいね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 日曜にラウンドしスコアは118でした。アドレスで、左肩の位置がスイング中に上がらぬよう、左膝が伸び上がらないよう意識し、力まずゆっくりテイクバックし、トップでの肩をしっかり回し、ヘッドの重さを意識しながらダウンスイングしました。特にトップでの感触を特に大切にしてスイングしたところ、練習場でも出来ない様なショットが打てました。特に、一番気になっていたショートホールでの1打目で3回ワンオンできました。しかしその一方で、せっかくのフェアウェイからのショットでトップしたり、それを防ごうとして意識しすぎてダフったりといったミスショットもあり、それだけで20打位損しています。今日の成功ショットのリズムや体感を大切にしようと思います。このようなショットのリズムでドライバーも以前よりスライスしなくなりました。しかし、前回一緒にラウンドした友人は私と同じようなスコアでしたが、今回106と私より10打以上少なくなっていました。ティーチングプロにコースレッスン受けたとか。負けられません。

お礼日時:2006/07/03 00:10

上半身の使い方に問題がある気がします。


下半身をロックして上半身だけでハーフスウィングをしてボールを捕まえる感覚を養うと良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かに下半身を閉じスイングしてみると、トップせずボールは上げられ、真っ直ぐ、あるいは少しドロー気味の軌道でした。しかし開脚すると、ボールはトップしやすくなります。このあたりに自分のスイングの問題があるように思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/02 01:28

みなさん書かれていないことがあるので1つだけ言わせてください。



初心者にありがちな上半身ガチガチ状態になっていませんか。腕の力を抜いてゴムホースのように柔らかく使ってください。肩をブルンと回してください。グリップを握る力も全力の10分の3ぐらいです。しっくりと馴染めばクラブがずれたり飛んでったりしません。ショートスイングの前に腰から腰までのスイングでいいから、楽にボールが飛んでいく感覚を味わってください。手の平や指先でスイートスポットの味を覚えてください。すばらしい感触なんですよ。これは肩から先の力を抜かないとわかりません。この延長線上にショートスイングもフルスイングもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 きちんとボールに当てようとして、スイング支点の左肩が変にぶれない様に意識しているうちに、肩をしっかり回すことを時々忘れがちになって少し硬くなっていました。他に、手首の角度が変わらぬ様、グリップが緩まぬ様、また、きちんと肩を回す様に執着しているうちにも硬くなっていくようです。ボールがつかまらないのはショートスイング以前の問題で、腰から腰のスイングをやってみます。坂田プロは「遠回り 結果を見れば 近回り」とビデオの中で言っていますが、これから丹念にスイングを習得していこうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/01 23:29

坂田プロの「ゴルフ進化論」のビデオテープはお手元にありますか?


第一巻のグリップ、スタンス(ボールの位置)をお確かめください
そして、ショートスイングを今一度繰り返し見てください
トップの位置(右肩の高さ)、フィニッシュの位置(左肩の高さ)

最初は、ゆっくりクラブをヘッドの重さで落ち始める感じで
振って見てください
インパクトでかなりなスピードになると思います
必ず、フィニッシュを決めてください(これがスイングの証拠になる)
段々クラブが早く振れるようになると
インパクトを過ぎてクラブヘッドが風を切る
「ビュッ」という音が聞こえます
この音が出て、フィニッシュがビデオテープどおりに決まると
ショートスイングの形はほぼ完成します

ボールの位置が正しければ、ストレートボールが出るでしょう
ショートスイングは、最初は、短いテイーにテイーアップしてください
クラブがボールに当たってからマットに当たるように(ダウンスイング)
音をよく聞きながら確かめてください

ショートスイングが上手くいかないときには
自分の何がビデオテープと違うかを比べて見て下さい

頑張って
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 今日、低いティーでショートスイングしてみました。払い打ちしてみてはというアドバイスがありましたがトップして駄目でした。ゆっくり振ってもトップし転がったりするので、最初からダフらせるつもりで打ってみたところ、弱い玉ですが上げることができました。しかしティーを立てずに打つと上手くいきませんでした。これからはティーを立ててゆっくりとダウンスイングを心がけながらショートスイングを繰り返してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/01 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故コツを掴みかけた時にシャンクが出るのでしょう・・

球を芯で捕らえ始めた頃シャンクを連発してしまいます。坂田プロのショートスィングから入りまして、レッスンプロの指導でスィングが出来て、最近球を芯で捕らえられるようになりました(7Iで150Y前後)。しかし、昨日完璧だったスィングが今日全くダメでシャンクしか出ないのです。今日の昼間にPWで練習してからでした。アプローチではなくフルショットでトップが出てしまう為、なるべくインサイドアウト軌道、ダウン時のグリップの入れ方(ヘッドからボールへ入らないように)を注意して修正しようとしたのですが、治らない。それまで打てていた5I~8Iで感覚を取り戻そうと握ったら、このミドルアイアンまでシャンクに・・・。
過去にも一度、上手く芯で捕らえられるようになった直後にこのシャンクに掛かりました。シャンクの修正方法はこちらのサイトや本で確認しています。以前にも掛かった事があるので、今日自分の知りうる範囲で修正しようとしたのですが(ショーとスィングも含めて)全く治りませんでした。
何故、上手く芯で捕らえられるようになった時にシャンク病が出てくるのでしょうか?そこで、皆様に過去私と同じ経験をお持ちの方がいらっしゃいましたらその時の経験談、失敗談などアドバイスを頂きたく投稿させていただきました。長文すみません、よろしくお願いいたします。

球を芯で捕らえ始めた頃シャンクを連発してしまいます。坂田プロのショートスィングから入りまして、レッスンプロの指導でスィングが出来て、最近球を芯で捕らえられるようになりました(7Iで150Y前後)。しかし、昨日完璧だったスィングが今日全くダメでシャンクしか出ないのです。今日の昼間にPWで練習してからでした。アプローチではなくフルショットでトップが出てしまう為、なるべくインサイドアウト軌道、ダウン時のグリップの入れ方(ヘッドからボールへ入らないように)を注意して修正しようとした...続きを読む

Aベストアンサー

シャンクですか・・・^^;困った症状ですね~原因のメカニズムはご存知だと思いますが・・・?

単純な話、フェース面からシャフト側にポイントがずれて起きている訳ですよね。“トップが出てきたからインサイドアウトの起動に修正した"と在りますが変ですよね?

昨日は調子が良かったのでスイングが雑になり、今日は力が入り(昨日が調子が良すぎた為)上体の上下動(ルックUPも含む)でトップが出たと考えるべきです。上下の動きですよね。

シャンクは横の動きです。意識的にインサイドアウトを作り過ぎるとネック部が先行しシャンクになりやすいのです。特に短いクラブになるとボールの位置でフェースに当てにくくなります。(手が出る。右足が出る動きで出る場合もありますが…)

ようはスイングのは弄り過ぎです。

7鉄で150Y飛ばせると言うことは現状のスイング軌道はインサイドのドロー系ではないかと思われます。ドロー系のスイング軌道の人が意識的にインサイドアウトにすればシャンクになりやすいのです。

先ず、スイング軌道を自分の物にする。弄くり回さない。
足を揃えて上体だけでスイングして軌道を安定化させる。

一番大切なのは調子が良い時ほど丁寧にスイングしてその時のグリップ感やトップの位置、スイング軌道を確かめながら練習すべきです。調子が良いからと打ち込みすぎるとバランスが崩れ、リズムも乱れます。

因みに私の場合調子がいい場合、1W・3W・3I・5・7・9
=各10球 SW・AW=各20球の100球で切り上げます。

調子が悪い時は=AWで30Y・50Y・100Yで各50球打ちこれでスイング軌道の確認。後は7Iをティーアップ200球打ち込みます。
その程度で意識的に軌道の修正はしません。上げたら下ろすだけのスイングです。

何かあれば補足ください。

シャンクですか・・・^^;困った症状ですね~原因のメカニズムはご存知だと思いますが・・・?

単純な話、フェース面からシャフト側にポイントがずれて起きている訳ですよね。“トップが出てきたからインサイドアウトの起動に修正した"と在りますが変ですよね?

昨日は調子が良かったのでスイングが雑になり、今日は力が入り(昨日が調子が良すぎた為)上体の上下動(ルックUPも含む)でトップが出たと考えるべきです。上下の動きですよね。

シャンクは横の動きです。意識的にインサイドアウトを作り過ぎる...続きを読む

Q間違ってますか?テイクバックでの始動は腰からで、手は何もしない。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、トップ、シャンクもろもろが出なくなって、とにかく方向性が劇的によくなった。
(2)自然とインサイドにクラブが上がるため、スライスを克服できて、ドロー回転で飛距離が伸びた。
(3)テークバックが非常に単純になるので、再現性が高く、1球目からナイスショットがでる。
上記の利点を実感しているので、これは変えたくないのですが、1ヶ月ほど前に、久しぶりにレッスンプロに見てもらったところ、「バックスイングは、肩を45度くらいまわしてから腰を回し始める。グリップは体から遠ざけるように外側に大きく動かす」
と指導を受けました。
多分それが、世界共通の良いスイングなのでしょうが、全く安定しなくなり、ドライバーは右や左で使い物にならなく、アイアンもダフリはじめ、スライスして、コースにいけるような状態ではなくなりました。
やはり、これから先、長く上達するためには、変えたほうが良いのでしょうか?
練習量は多いほうで、まだ若いので、将来は競技会などにも出たいと考えております。
ヘッドスピード47位 スコア90台です。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得しています。
つまりどちらでもいいと言うことです。

同じように、
肩から回す人、
腰から動かす人、
あるいは足首からスタートする人、
もちろん、クラブヘッドから動かす人、がいます。
岡本綾子なんかヘッドから動かす人ですね。

では、ホントに回しているのか?といえば回しているのではなく
右腰をちょっとだけ引いて、スイングスタートのきっかけにしている人も、俺は腰からスタートする!と言う表現をしますが
それを聞いた人は、「腰から回すんだってよ」になってしまいます。

理屈としては、スイングは上下の回転差を使うのですから
土台は止めておかなければ「ねじる」ということはできません。
スタンスは動きませんよね。
完全に止まってます。始動でつま先が動く人はいません。

腰から下も本来できるだけ動かさず、上体をひねった方が
ひねりと言う意味では力がたくわえられます。
(力がたまる、ということはあえて力を要れずとも
戻すだけで十分なパワーがあるということです。)
消しゴムですね。下を止めておいて上をねじれば
戻る力は強いです。
こんちくしょう!とばかりに力入れて打たなくても
スッとリリースしてやるだけでビュンと振れます。

腰も上体も右を向いてしまったのではひねったのは足首
あるいはひざという事になりますが、骨格上それは無理です。
ひざがねじれるわけがありませんから腰も方も同じ方を向く人は
足の付け根(股関節)を前後にずらしているだけとなります。

箸をイメージしてみてください。
箸の先端を3cmくらい開いて大根を刺してみてください。
大根を上にしてこの大根を回そうとおもたっらそれぞれの接点を
前後にずらすだけですよね。
ねじれていませんね。

消しゴムをひねるのにどこを持ってひねるのが一番楽ですかね?
そう!一番上を持って(土台から一番遠いところ)を持ってひねると
楽ですね。

では「ひねる・ねじる」と言うとき、カラダのどこが一番ねじれているのでしょう?

腰ですかね?(骨格をイメージして下さい)
腰はねじれませんね。なぜかと言うと
腰には骨盤がついています。骨盤をねじるなんてことできるわけがありませんよね。

では、肩?
肩には肩甲骨やその下には肋骨がついてますからここをねじること
もやはりできません。

ねじれているところは骨が一本でしかもねじれる
構造になっているはずです。
それってどこ?
骨盤の上から肋骨がついている下までの背骨です。
人間のカラダがねじれるのはこの部分しかありません。

この間は背骨一本だけしかありません。
ねじれているところはこの背骨なのです。

さてねじれている場所はわかりました。
では、どうやってねじるの?といえば上を動かす以外にありません。
つまり肩です。
肩を回そうとしない限り背骨のフリーな部分がねじれることはありません。
下を完全に止めて肩だけ回していくと限界がきます。
腰も回さず、肩だけだと90度までは行きません。
したがってバランスよく手も上がりません。
バランスよく、手を上まで上げるにはどうしても
肩を90度に回さなければなりません。
そこで、先ほどの箸の先の大根です。
足の付け根を前後にずらすのです(これを外から見ると腰を回しているように見えるだけ)

腰はなるべく動かさないようにして(消しゴムの原理)
肩を回していくと45度くらいしか回りません。
(今、背骨のフリーなところがねじれています)
しかし、90度まで回さないと手が上がらないため
そこまで回そうとすると、それにつられて股関節が前後にずれ
肩を回す手伝いをします。
この時の股関節のずれが「腰を切る」と言う表現です。
腰を切るのではなく肩を90度回そうとすると自然と切れるのです。

と言うわけで、回りくどくなりましたが

順番は下を一切動かさず、まず肩を回していく
肩だけでは限界に来たとき腰がそれについて回っていく
のです。
これが原理原則、道理と言うのもです。

この腰と肩のずれは人間普通45度くらいです。
ですので見た目は肩90度、腰が45度回っているように見えるわけです。
腰を動かさず、90度ねじれる人がいれば
腰なんか動かす必要はありません。

したがって、「回す」のであれば肩からがおおかたの正解です。

しかし、冒頭に書いたとおり人それぞれですから
先に腰を切って45度を作っておいてそこから90度肩を回しても
かまいません。そのほうが打ちやすければ。

しかし腰は回すのではなく(骨格上回りません)
股関節をずれしているだけですから
勘違いしないでください。

タダ、ちょっといわせてもらうと、
打ちやすいとはいっても、
変則的であることは間違いありません。

クラブで言うなら、
まず、真上に上げといてそこから右に回していくのと同じですね。
同じ形になるのですが先に最後のことをやってしまおう
と言うことですから。

美しく、流れるようなスイングは
必ずといっていいほど、土台から遠いところから始動し、戻りは
土台に近いところから行ています。

岡本綾子はクラブヘッドから動きます。一番遠いところからです。
クラブヘッドが動いて肩が回りはじめ肩が限界に近づくと腰が連動して
動きトップを迎えます。
切り返しは右足を踏みこみ(蹴り)左に体重を乗せつつ腰を元に戻してくるとそれにつられて、肩、クラブの順でおりてきます。

よく左からスタート!とかいいますが、
そんなことができるはずがありません。
右に体重移動しているのですから
左側は力入らないはずです。
左足を下ろすことはできますが左に体重を乗せていくには
右足を踏まなければなりません。
左を踏み込むにはまず右足を使って左に体重を寄せるわけです。
無意識にやってますから「左スタート!」と言う表現になってしまいます。
実は右足で左に寄せてます。

さて、ゴルフが難しいのはここからです。

骨格と筋肉の使い方は道理として
「上からまわし、下から戻す」のですが
そのきっかけはまた別の話です。

必ずしもきっかけと回し始めるところは違います。

私の友人にトーナメントで名前は出たことありませんが
ツアープロがいます。
こいつはスタートのとき、右腰の出っ張ったところを
ピクっと右後ろに引きます。少し回しているようにも見えます。
これは見た目には腰から回しているように見えますが
実は単なるスイングの始動のきっかけであって、本人は
上から順番に回しています。

まさしく遼くんもきっかけであって、腰を回すことなど一切考えていないはずです。
あー言う人たちは、スイングが体にしみこんでますから
きっかけを与えるだけでスムースに上から順番に回っていきます。

超スローで見ると、右腰がわずかに動きますがほんとのスタートは
クラブヘッドです。
岡本綾子はクラブヘッドが大きく先行するだけの話で
タイガーであろうが、その辺のツアープロであろうが
100人が100人ともわずかに早くクラブヘッドからスタートします。

そりゃそうですよね、先に方を回したのでは
シャフトが反対側に傾きます。
ヘッドを引きずってくるようなあげ方をする人は一人もいません。
必ずヘッドの方が先に行きます。

正面からタイガーウッズを見ると
構えたときは左腕とクラブがグリップのところでわずかに
折れ「く」の字に見えます。スタート直後には左腕とシャフトがまっすぐになってます。
ヘッドがひざの高さに来たときはもう逆「く」の字に見えます。

ヘッドからスタートしてるからです。
つまり、構えたときに手の甲がわずかに外に曲がっているのを
スタートと同時に腕と手の甲がまっすぐになるということです。

ですので厳密に言えばスタートは「手首」と言うことになります。
手首をまっすぐにすることからはじめれば
同時に動くのはクラブヘッドと言うことになります。


といろいろ書きましたが、
ゴルフの上達は理屈ではありません。

なにが一番ゴルフを上達させるかって
「プライオリティー(優先順位)」です。

生活の中におけるゴルフのプライオリティーを上げれば
ゴルフは間違いなくうまくなります。

酒飲む時間あったら素振り、
家でごろごろしてる時間あったらパターの練習。
テレビ見ながらでもグリップの確認。

シングル(3以下)になろうと思ったら仕事よりゴルフ!
カーちゃんを質屋に出すくらいになれば
間違いなくプロになれます。

ゴルフだけは情熱と根気です。
プライオリティーが上がれば必然的に練習時間も多くなりますから
確実にうまくなります。

逆を言えば、どんなに頭の中であーでもないコーでもない
理屈をこねたところでそれだけでは絶対にうまくなりません。

考えてうまくなれるんだったら、前の晩寝ずに考えたプロが優勝します。
考えたってスコアが良くなるわけではありません。
打って打って打ちまくるのです。
その中から自分のスイングをつかむんです。
ある程度まではレッスンやプロの指導も必要でしょうが
80を切り始めたらもう技術的なことは自分で探すのです。

プロの助言は精神的なことや、戦略的なことくらいです。
昔、そろそろ引退か?と言うようなプロに技術的なことを
聞いたことがあります。
この人はマスターズまで出た事のある人です。
一緒にラウンドした時、この人が下り斜面のグリーンに向かって
左傾斜のところから打ってピピッと止めてびっくりしたことがありました。
どうやって打ったの?と聞いたら、
「どうやって?かぁ~・・・そーだなー5万発打ってから打ったら
止まったんだよ」といってました。

つまりは、教えたってお前にデキっこねーだろ!
つべこべ言う前に練習しろ!と言うことだったんですね。

練習練習また練習!
頑張ってください。

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得...続きを読む

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む

Qアイアンを新調したら引っかけ(どフック)が止まりません。

先日自己ベスト更新の記念にはりきってアイアンを新調しました。。。
が、#5~Pまで見事に引っ掛けます。
大きく左に曲がるので「どフック」と言ったほうがいいかもしれません。

これまではショートアイアンなんかは数少ない得意なクラブで、ミドルアイアンもそこそこの確率でナイスショットが出ていただけに不安になっています。

はらい気味に打ったり、強めに打ち込んだり、インサイドアウトに振ったり、テークバック大きくしたり、フォローを大きくしたりとかいろいろ試しましたがダメです。むしろスイングがめちゃくちゃになって、ダフりまくって右肘を痛めました。(泣)

スペックは、シャフトは前と同じNS950(S)で、重さも1g重くなっただけです(#5)。
形状はいずれもキャビティですが、違うところはヘッドが鍛造になったのと、ソールが若干薄くなった点です。

ちなみに私のレベルはと言いますと、ヘッドスピードはドライバーで42~43、スコアは90台から抜け出せない典型的な月イチゴルファーです。
ちゃんと当たると#7で150yくらい飛んでました。

要するにヘタクソなのだと思うので練習しようと思うのですが、何を直さないといけないのかわかりません。

先日自己ベスト更新の記念にはりきってアイアンを新調しました。。。
が、#5~Pまで見事に引っ掛けます。
大きく左に曲がるので「どフック」と言ったほうがいいかもしれません。

これまではショートアイアンなんかは数少ない得意なクラブで、ミドルアイアンもそこそこの確率でナイスショットが出ていただけに不安になっています。

はらい気味に打ったり、強めに打ち込んだり、インサイドアウトに振ったり、テークバック大きくしたり、フォローを大きくしたりとかいろいろ試しましたがダメです。むしろスイ...続きを読む

Aベストアンサー

大体、症状が見えてきました。
インサイドアウト軌道による、下から上へのコスリ上げです。
やはり右肩が落ちるのが原因です。右肩が落ちるのを防ぐには前述したように、肩を軸に対してレベルに回す、ヒザの高さを一定に保つ事が大事です。

しかし今度は、右肩が突っ込んで若干アウトサイドイン軌道になり、引っかけ気味の左へのミスが出るかも知れません。
打ち急ぐことなく、インパクトは上半身の正面でとらえるようにしましょう。
(関連項目として、ビハインド・ザ・ボール。上半身と下半身の捻転差。リリースポイント。左サイドの壁。)

クラブが難しくなった分だけ、ミスヒットにはシビアになりました。スイングで改善するよりテはありません。しかしこの関門を一つずつクリアして行けば春が訪れて来ますから頑張りましょう。レッスンプロの指導を仰ぐのも一つの方法かも知れません。

Qゴルフで疲れてくると、なぜだめになるのでしょうか

スコア110程度の者なのですが、教えてください。
前半は順調であっても、午後(後半)のラウンドになると、身体が疲れてくるせいか、うまく当らなくなったり、まっすぐ飛ばなくなり、必ずスコアが悪くなります。基本に忠実に、と思っていてもなかなかうまくいきません。
特にどのような部分に意識すればよいでしょうか。ボールに身体が自然と近ずきすぎてしまう、背中が丸まってくる、ヘッドアップしやすくなる、といったようなことなのかなと感じておりますが、アドバイスを頂けると助かります。

Aベストアンサー

そうですね、疲れで出やすい傾向が高いのは上下運動ですね。

特に「左足の伸び上がり」です。
土台となる下半身による影響ですから、気づかぬ内にショットに影響が出だします。
単純に伸びるだけでなく、テークバックでのパワーの蓄積→「支え」の時点で
沈み込んでしまう場合は、余計に伸び上がり傾向が出たりしますね。

軸が動くことにより、当たりが悪くなったり曲がったりを呼びます。
そしてショットに不安を覚えると、ボールが気になり安心できる要素を作ろうとします。
・立ち位置が近づく
・前傾が深くなる(目が近づく・沈み込む・背中を丸める)
・当てに行ってしまって最後まで振り切れない
・行き先が気になってヘッドアップする
などと負の連鎖になってしまいますね。

ここまで読んでもらったらご理解いただけると思いますが、「疲れ」もですが、
「軸意識」の方が不安や様々なライへの対応も一緒に対策できます。

「くの字」を保つ・「C字のイメージ」・「左目を軸とする」・「目とボールの距離」を変えない…
など人それぞれにピッタリの意識があると思いますので色々試してみてください。

ちなみにボクは、軸は左右の股関節の間に位置していますので、右左の骨盤が
ボールから遠くなる動きをすることで軸回転するものと考えています。
当然、骨盤が動かし辛いようなライにボールがあるときは下半身のパワーは使えませんので、
「胸と背中」を回転させるだけの素直な上半身打ちとすることで上下運動を防ぎます。
疲れが原因でコスり球が出たときはこの判断材料で次からのショットを決めるようにしています。
また、無意識の不安や疲れがあると、ボールを捉まえようとフェースをカブせ気味にしたり等と
無意識のイジリ傾向が出る癖があるので、一旦アドレスしなおすように心がけています。

何か参考になれば…

そうですね、疲れで出やすい傾向が高いのは上下運動ですね。

特に「左足の伸び上がり」です。
土台となる下半身による影響ですから、気づかぬ内にショットに影響が出だします。
単純に伸びるだけでなく、テークバックでのパワーの蓄積→「支え」の時点で
沈み込んでしまう場合は、余計に伸び上がり傾向が出たりしますね。

軸が動くことにより、当たりが悪くなったり曲がったりを呼びます。
そしてショットに不安を覚えると、ボールが気になり安心できる要素を作ろうとします。
・立ち位置が近づく
・前...続きを読む

Qアイアンの弾道が上がり過ぎるのはなぜ?

はじめまして。前から気になっていた事なのですがアイアンの弾道が高すぎて距離が思った程出てないので困ってます。極端にフックやスライスが出る分けではありませんが、あきらかに他の人の弾道とは比べものにならないほど高いです。段々高くなるような吹けた球でもなく、はじめから高く飛んでいきます。距離の目安は9Iで120前後、7Iで140前後です。強振すると高さが増して距離はそれほど伸びません。がっかりします。ドライバーのHSは44くらいだと思います。ちなみにドライバーはティの高さで調整出来るので問題ありません。何か心当り有る方いらっしゃったらご教授願います。

Aベストアンサー

私も以前、弾道が高すぎました。吹け上がるのではなく、ふわっと上がってそのまま落ちる弾道でした。9Iで115y、7Iで135yくらいでした。ドライバーも高く上がりすぎていて、着地するころには完全に勢いがなくなっていました。

半年ほど前にインパクトの瞬間の写真を見たところ、
ボールよりもグリップが後ろにありました。
いわゆるすくい打ちです。正直、愕然としました。
私の場合、トップが深すぎたこととインパクトで体を左側に逃がしていたことが原因でした。

矯正するにはスイングプレーンを体の左側に移動させて、
ダウンブロー気味にしなければならなかったので、治すのが結構つらかったですが、これを治さなければ絶対に先に進めないと思い込んで、必死にあれこれ試しました。
結果的には、「トップからインパクトへ」という上→下の意識を捨て、
「右サイドから左サイドへ」の重心移動のなかでスイングすることで改善されました。
トップが小さくなり、ハンドファースト気味にインパクトすることによって、7Iで150y、9Iで130yの飛距離がでるようになりました。

この矯正によって、飛躍的に向上したのがドライバーの飛距離です。以前220y程度だったのが、今では低反発モデルで250~270yは飛んでいますし、ダウンヒルなら300出ています。飛ぶようになった分スコアメイクには苦労しますけど。。

参考になれば幸いです。

私も以前、弾道が高すぎました。吹け上がるのではなく、ふわっと上がってそのまま落ちる弾道でした。9Iで115y、7Iで135yくらいでした。ドライバーも高く上がりすぎていて、着地するころには完全に勢いがなくなっていました。

半年ほど前にインパクトの瞬間の写真を見たところ、
ボールよりもグリップが後ろにありました。
いわゆるすくい打ちです。正直、愕然としました。
私の場合、トップが深すぎたこととインパクトで体を左側に逃がしていたことが原因でした。

矯正するにはスイングプレ...続きを読む

Qシャフトが軟らかいとスライスしやすい?

5年前にゴルフを始めた30歳男です。
この前クラブを持たずに練習場へ行き、レンタルの中では一番新しそうなスプーンを借りて打ちました。シャフト(カーボン)がRだったのですがいつもと同じ感覚で打つと全部スライスでした。極端なフックグリップでやっとまっすぐ飛ぶといった具合なのですが、今までウッド、アイアンともにSシャフトしか使ったことなかったので、軟らかいシャフトのせいかと思ったのですがどうなんでしょうか?
軟らかいシャフトを硬いシャフトと同じ感覚で打つとスライスし易いですか?
(最近初めて計ったらヘッドスピードは46でした。)

あとゴルフはアメリカで始めたのでアメリカのSシャフト(ウッド-カーボン、アイアン-スティール)なんですが、一般的に日本のSより硬いというのは本当ですか?
(メーカーにもよるのでしょうが…)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヘッドスピードが速い人ほど、フェースの戻りとの差が拡がり左右の曲がりは大きくなります。

nakko_november さんの場合はスライスが多かったようですが、逆にインパクトまでためて一気にリリースする打ち方の人は極端なフックになるはずです。

従ってヘッドスピードの速い人がシャフトの柔らかいクラブを振ると、その人のスイングの特徴によって左右どちらかに曲がるという事になります。 スライスだけとは限りませんね。

またアメリカで市販されているSシャフトですが、たしかに日本のSより硬いです。 

同じSでも腕力のない日本人向けに作られたクラブは比較的柔らかいです。 よくクラブに貼っているシールに 「JV」 という表示がありますが、これは 「Japan Version」 の略で、要は日本向けに作られたクラブであるという意味です。

そのような表示があるクラブのSシャフトはアメリカ向けより柔らかいという事になります。

Qアドレスでのボールの位置はトゥ側?ヒール側?

アドレスでボールの位置はクラブヘッドの
トゥ側、ヒール側のどちらに置くのが正しいのでしょうか?

プロのアドレスをみていると、
ヒール側で構えているプロが多いと思いますが。

それともど真ん中が正しいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

トゥダウンという現象があって、インパクト時にはシャフトがしなってヘッドが自分の身体の方向に近づこうとする力がかかります。この力は、ヘッドスピードが速いほど大きくなります。
そうすると、ヘッドはアドレス時の位置より自分の身体の近くを通る軌道に動くので、ボールをヒール側にセットしたほうが芯でとらえやすくなるのだと思います。ヒール側で構えているプロが多いのはこのためだと思います。

無意識にヘッドの軌道をコントロールする能力の高い人は、どこにボールをセットしても、感覚で反応してボールを芯で打つことができる。
それに対して、スイングをメカニカルに考える人は、ヒール寄りにセットしたほうが良い結果が得られるのだと思います。

Q柔らかいシャフトを使った場合は?

こんばんは
先日質問してPINGのレディース用ドライバーを買いました。
ラプソディ 16° フレックス L 44.5インチです。

早速打ったのですが自分としてはいい感じで距離は落ちましたが
弾道が安定してストレートから若干ドローがでました。
通常はフェードばかりです。

それを連れに貸したところ普段はドロー系なのですが
フェードになっていました。

連れはシャフトが柔らかいからヘッドが遅れてくる気がするって言ってました。
自分はシャフトのしなりがわかりやすくヘッドが戻ってくるのを
感じてから振ってる気がするのでヘッドが返りやすいと思っています。

自分のHSに対して柔らかいシャフトを使用した際は
普通どのような弾道に変わるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

シャフトのフレックス(硬さ=柔らかさ)だけでは
お答えしにくいのですが
ヘッドスピードが段違いに速い場合
お連れの方のようにヘッドが遅れる傾向が出ると思います
ただ、ベンドポイント(キックポイント)により
手元調子の場合その傾向が著しく出る傾向がありますね
先調子はシャフトの性質で戻りの早いものと遅いものがあり
どちらか言い切れないものがあります

弾道に関してはシャフトのねじれ(トルク)もからみますので
トルクの大きなものはフェースが開く傾向になると思います
つまり、弾道が高く、フェースが開いた分スライス傾向だと
思いますね
(スイングがきれいに出来ている事が前提で
スイングがアップライトかフラットかでも球筋は違ってきます)


ヘッドの重さを感じながらスイング出来る方は
同じシャフトのクラブを持たせてもヘッドスピードに関係なく
比較的無難にスイングするようです

アドバイスまで

Q正しいスイングで練習し過ぎたらどこが痛くなる?

こんにちは。。
この手の質問で、
「俺は正しいスイングだから、どこも痛くない。」
「痛くなるのは、あなたが振り過ぎ。」
どいう意見があります。

本当でしょうか??
400gの鉄の棒でゴルフボールを一日何百球、プロだと3000球打つと聞いた事あります。
3000球まではいかないにしても、本当にどこも痛くならないのでしょうか?
腹筋と背中、肩甲骨、肩、首、太ももの筋肉(間接ではありません)が痛いのは、おかしいんでしょうか?

Aベストアンサー

400gの鉄の棒で振ったら、身体に衝撃がありますから、捻られる身体は、痛くなって当然と思います。
クラブを振っても、3000球も打ったら同様に傷めると思います。
特に、バックスイングから切返し時点で大きな衝撃がきます。その場所は
(1)右人差し指
(2)左右の背筋
(3)腰
インパクトからフィニシュに掛けては
(4)左グリップエンド付近
(5)左足首
(6)左足のひざ
以上の箇所に張りを感じたら、正しいスイングをしているとも言えると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報