はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

試験対策で、童謡や子供向けの曲のメロディーのみの楽譜から、
長調と短調を見分けたいと思っています。
最初と最後の音、又は主音、属音、下属音から見分けられますか?
童謡などは圧倒的に長調が多いと聞きましたのが、
少数派の短調の曲にはどんな曲があるのでしょうか?
例えば、小さい秋見つけた、蛍の光、ひなまつり、
などは聴いた印象では短調っぽいのですが、どちらなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

曲のメロディーのみの楽譜から、


長調と短調を見分けたいと思っています。
---------------------------------------
についてですが。
自分だったら、
C調とCm調の同主調。で考えてみると、

「主音」が、まず、気になります。
で、
「最初」の音は、必ずしも、主音ではありませんよね。

C調の場合は、ド。ミ。ソ。のどれかからスタートすることが多いので。
なので、

「★最後の音」が、「主音」である場合がほとんどです。
----------------
次に、
C調とCm調の違いは、
主音から

「★3度上の音」が、
「ミ」か「ミb」か・・・です。

ここが、違うので、同主でも、区別できます。
-----------------------------
試験が、「何調」なのか?
移調してあって、C調とCm調で、でれば、わかりやすいのですが、

もし、原曲のままだとすると、
めんどうですが、結局、

「★この2点」が、区別のポイントではないでしょうか?
どの調でも、考え方は、同じなので・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

区別の仕方、主音から3度上の音から判断できますね。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/14 15:18

「うれしいひなまつり」短調


「小さい秋」短調
「蛍の光(スコットランド民謡」長調
です。
他にも短調は「赤い靴」「荒城の月」「さくら貝の歌」などです。
楽譜から見分けるには
(1)主音、属音、下属音は長調短調共通です
(2)短調の場合
◆第3音、6音7音が半音低い(自然短音階)
◆第3音、第6音が半音低い(和声短音階)
◆第3音が半音低く、第6音7音は特別(旋律的短音階)
あるいはその複合などがあります。
見分けるのは第3音が低いかどうかです。
例えば#♭のない調(ハ長調かイ短調)で比較しましょう。
ラが主音になるイ短調の場合 ラと第3音のドの間は短3度でしょう。
一方ハ長調の場合ドとミの音程は長3度です。
よってイ短調の主和音(ラドミ)は短和音で暗い響きがしますが
ハ長調の主和音(ドミソ)は明るい響きがします。この違いです。

ハ長調とハ短調を比較してもわかりやすいですね。
ハ長調はドレミファソラシド
ハ短調はドレ(♭ミ)ファソ(♭ラ)(♭シ)ド
です。第3音と67音が半音低いのがわかっていただけますか。
説明では難しいのですが、何でも質問してください
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

曲目をあげていただいてありがとうございました。
これから楽譜と向き合って、皆様のご回答を参考に
見てみたいと思います。
音楽を文章のみで説明って大変ですよね。
でも良く理解できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/14 15:28

メロディーのみの楽譜から長調か短調かを見分ける方法ですね。


まず、最後の音は殆どの場合主音(長調ならば「ド」,短調ならば「ラ」)で終わりますので,調号からどちらの音か判断できればかなりの確率で見分けられます。
下の方が同主調で云々と書かれていますが同主調では調号が一致することはありませんので(調号が同じなのは平行調です)それで悩む必要はありません。

もっと見当をつけやすいのはある音(音階で言えばその音階の第7音(シ〉や第6音(ラ)が半音高くなっている場合です。短調では第7音が、旋律音階では加えて第6音が半音高くなりますので、フラット系の調なのにやたらとシャープがついていてるとか,ナチュラルがついている…などの場合、短調が疑われます。シャープ系の場合ではナチュラルではなくシャープになりますが考え方は同じです。

楽譜の中で決まった音(その音階の第7音〉が半音高いというのは臨時記号が多くなるということなので「調号・終止音・臨時記号」の3つで調性の判断はかなり出来ます。
試験でお役に立てば良いのですけれど…。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

最初に読んだ感じでは、「む、難しい~・・・」と思いましたが、
じっくり読んだ後で、理解できました。
短調かなと思われる場合は、こういう見方もあるのですね。
参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/14 15:23

追伸



★「3度上の音」が「調性」を決定するので

最後の音が、「主音」なので、この音を、基音として、

3度上の音が、長3度(4半音分上)
3度上の音が、短3度(3半音分上)

の音が、メロディーの中で、どちらがあるか?
で、区別できると思うのですが・・・
    • good
    • 1

「赤い靴」「月の砂漠」「かごめかごめ」「荒城の月」(童謡ではない?)「さくら」「棒が一本あったとさ」(絵描き歌のあれ)「おさるのかごや」「子守唄」("ねんねんころりよおころりよ"のあれ)「てるてる坊主」「通りゃんせ」「あんたがたどこさ」etc.


※正式な題名でないものがあるかも知れません、あしからず。

日本的な音階を使う、いわゆるわらべうたは短調のものも多いように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

昔からの童謡に短調っぽく聞こえる曲が多いのは、長調、短調をいうより、日本古来の音階のせいだったのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/14 15:16

確かに短調の童謡は少ないです


代表が、書かれているように「小さい秋見つけた」ですね
他には「かあさんのうた」(かあさんが夜なべをして~)位かな

あとは、短調というよりもは「日本音階」のものです
「通りゃんせ」
「うさぎ」(うさぎ、うさぎ~)
それと、書かれている「うれしいひなまつり」←これが題名です
これらは短調の主音で終わっていなかったりするのと、短調特有の
臨時記号の#がないので、わかりにくいですね・・・

それと、「蛍の光」は長調のようですね
私も初めて気がつきました!
ひっかけ問題になるかも?(笑)
イメージでひっかかりそうなのは、他に「おもいでのアルバム」とか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
童謡は日本音階なので、見分けるのが簡単にいかないんですね。
そのことがわかって良かったです。
蛍の光が長調というのは、どこかで聞いた気がしたのですが、
やっぱり長調なのですね。
おもいでのアルバムは出だしは短調っぽいけど、長調ですよね?
もし、また思い出された曲などがありましたら教えてください。
ありがとうございました

お礼日時:2006/07/09 12:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長調、短調ってなんですか

今さら恥ずかしくて聞きづらいのですが、長調、短調ってなんですか?
よくクラシックの曲名に付いていてもなんのことだかさっぱりわかりません。
長調、短調の種類や意味、存在理由、なぜ上りと下りの音階が違うのか、などどんなことでもよいので教えてください。

Aベストアンサー

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたとおり、音階(スケール)がハで始まるときは長調、イで始まるときは短調となるのです。

大体、歌の始めと終わりの音はキーもしくはキーをルートとするの和音の構成音であることが多いので、その辺りで見分けますが、絶対これだ、という法則があるわけではありません。

楽器を演奏できるのでしたら、実際に旋律をなぞってみて、譜面に起こしてみると良いです。

そのときに、とりあえずハ長調と考えて採譜しますが、ある音に必ず#や♭つく事があります。その場合、その#や♭をまとめて楽譜の最初に付けると、その曲の調になります。

コードが弾けるのでしたら、最初のコードがその曲のキーと考えれば間違いありません。つまりCで始まる曲はハ長調、Amで始まる曲はイ短調という具合です。

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたと...続きを読む

Qハ長調の簡単な童謡の曲を教えて下さい。出来ればたくさん教えて欲しいです

ハ長調の簡単な童謡の曲を教えて下さい。出来ればたくさん教えて欲しいです。耳コピ(ピアノで)を練習しようとおもっているので、ピアノだけのものがいいです(歌詞がなければ一番いいのですが、童謡なのでそうもいかないですね)。色々調べていくうちにハ長調をマスター出来れば他の調にも応用できると聞いたので、まずは簡単で短い童謡の曲から始めようと思いました。小学校の音楽の教科書に載っている程度で結構です。和音が極力少ないのをお願いします。全く音を理解してない状態からB’zとかミスチルをむやみやたらに耳コピしようとするのはあまりよくない行動だと思っています。なぜならやはり聴き取りづらいですし、諦めて途中で挫折してやめてしまうかもしれないからです。何においても基礎はやはり大事だと思います。ギター初心者がCコードも弾けずに曲を練習するようなものだと思うので。では、回答お待ちしております。

Aベストアンサー

現在どれくらいできるかわからないのですが

かえるのうた
おおきなくりのきのしたで
ぞうさん
チューリップ
みかんの花
むすんでひらいて
きらきらぼし

とかでもいいんでしょうか。
ハ長調です(というか調は変わることもあると思いますが)

これらの曲なら記憶をもとに即座に弾けるから耳コピの練習にならないということでしょうか
CDなどの和音付きを聞いて、和音から何から耳コピの練習にしたいということでしょうか
それともメロディが取れれば和音は自分で即興でつけられるのかな。

もうちょっと難しい童謡とかですかね。
ぼくらはみんな生きている、とか…。


難しいものだと音大生向けのCD付きのソルフェージュ教材などがありますが。

子供などの初級向けの教材なら
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9F%E8%B7%B5-%E8%81%B4%E9%9F%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E5%88%9D%E7%B4%9A%E7%B7%A8-CD%E4%BB%98%E3%81%8D-%E5%B2%A9%E9%96%93/dp/4636207343
こういった、グレード試験向けの教材があります

現在どれくらいできるかわからないのですが

かえるのうた
おおきなくりのきのしたで
ぞうさん
チューリップ
みかんの花
むすんでひらいて
きらきらぼし

とかでもいいんでしょうか。
ハ長調です(というか調は変わることもあると思いますが)

これらの曲なら記憶をもとに即座に弾けるから耳コピの練習にならないということでしょうか
CDなどの和音付きを聞いて、和音から何から耳コピの練習にしたいということでしょうか
それともメロディが取れれば和音は自分で即興でつけられるのかな。

も...続きを読む

QJ-POPの有名曲を例に出して、転調を教えてください。

転調というのがいまいち言葉で理解できません。
色んな曲を例に出して「ここから転調してるよ」と教えてください。
すぐ分かると思うので。

Aベストアンサー

転調というのは、曲の途中で気分を変える目的で、キーを変えることです。
ほんの瞬間といってよいほど短い転調もあれば、かなりの部分でざっくり変わる場合もあります。
青山テルマ「何度も」
この曲のキーは、「Dマイナー」です。
出だしのキーは、当然Dマイナー(ニ短調)でさびしい響きです。
サビの「そばにいーるーともだちは~」のところはDメジャー(ニ長調)に転調しています。ここから明るい響きになります。
このように、同じ「D」で、マイナーキーからメジャーキーへ転調することを、「同名転調」といいます。もちろんメジャーキーからマイナーキーに転調することも同じです。
「何度も」は、サビが終わってAメロに戻るところで、また「同名転調」が行われます。
もちろん「D」でなくても、「C」でも「A」でも同じです。
「Cメジャー」から「Cマイナー」でも「同名転調」です。

いきものがかり「プラネタリウム」
この曲のキーは「E♭メジャー」です。
出だしのキーは、当然「E♭メジャー」(変ホ長調)で明るい響きです。
「ひとーりじゃーーないとしって~」のところは、Cマイナー(ハ単調)に転調しています。
ここから暗い響きに変わります。
このように、「メジャーキー」から、三つ下のマイナーキーへ転調することを「平行調への転調」といいます。平行して存在する、「メジャーキー」と「マイナーキー」の関係での転調です。
最後のほうで、「かなしみのーよるーをこーえてーぼくらは~」のところですが、グッと気分があらたになります。ここから、「Eメジャー」に転調されます。
元のキーが「E♭メジャー」で、ここから「Eメジャー」ですから、「半音上への転調」ということになります。

GReeeeN「キセキ」
キーは「Cメジャー」(ハ長調)
出だしのキーはもちろん「Cメジャー」
サビ「ふたりよりそってあるいてとわのあいをかたちに~」からAマイナーに転調。さびしい響きとなります。
三つ下のマイナーに転調ですから「平行調への転調」です。

ゆず「Yesterday and Tomorrow」
これは珍しい曲で、キーはDメジャーですが、イントロのあとの本メロでいきなりFメジャーに転調して始まります。
サビ「だきしめーたいこーのむねにあふれるほど~」のところで本来のDメジャーに転調です。

YUI「Laugh away」
この曲のキーは、Eメジャーですが、イントロはAメジャーキーで書かれています。
「みあげーたら」からは、本来のEメジャーキーとなります。
サビ「はぐれそうなGet away Get aweyじょうねつを~」からは、F#マイナーキーに転調です。

YUI「Namidairo」
キーはEマイナー。出だしはEマイナー。「ケンカになーれば~」のところでGメジャーに転調。

こんなものでよいでしょうか?
お気に入りのアーティストがあるのであれば、その人の曲の中から説明することもできます。転調のない曲のほうが珍しいですから、たいていの曲は転調があります。
多くのパターンは、メジャーキーで始まる明るい感じの曲は、サビでマイナーキーに転調する。逆にマイナーキーで始まる暗い感じの曲は、サビでメジャーキーに転調して明るい感じにする。歌詞もこの転調の構成に合うように書かれています。
歌詞の内容が「寂しい」、「悲しい」、「つらい」、ときにはマイナー、逆に「明るい」、「楽しい」ときはメジャーキーをその部分で使います。
歌詞の内容がずっと悲しいのであれば、メジャーキーには転調しません。
歌詞の内容が暗いのに、メロディーが明るいのでは、説得力がありません。
「歌詞」と「メロディー」の関係は、「語り」と「BGM」の関係と同じです。
悲しい語りのときに明るいBGMではおかしいです。ですから、歌詞内容に応じて、メロディーの気分も合致するように「長調」にしたり、「短調」にしたりと「転調」するのです。そう考えていくと、「歌」というものは、「語らなくてはいけない」ということも分かってきます。上手に歌おうとしても人が感動してくれないのは「語り」がないからです。「語り」と「BGM」を一人で同時にやれるようにしたのが「歌」であり、それを演じることが「歌う」ということです。

転調というのは、曲の途中で気分を変える目的で、キーを変えることです。
ほんの瞬間といってよいほど短い転調もあれば、かなりの部分でざっくり変わる場合もあります。
青山テルマ「何度も」
この曲のキーは、「Dマイナー」です。
出だしのキーは、当然Dマイナー(ニ短調)でさびしい響きです。
サビの「そばにいーるーともだちは~」のところはDメジャー(ニ長調)に転調しています。ここから明るい響きになります。
このように、同じ「D」で、マイナーキーからメジャーキーへ転調することを、「同名転調...続きを読む

Q「うれしいひな祭り」はなぜ短調?

あかりを点けましょ雪洞に... で始まる「うれしいひな祭り」。
昭和初期に作曲されて必ずしも古い曲ではないと思いますが、楽しいお祝いの歌がなぜ悲しい短調なのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜ、と聞かれたら、作曲されたご本人に尋ねるしかないのでしょうが、想像はできます。

短調のメロディーがもの悲しい、というふうに感じられるのは、昭和でも、かなり後期になってからの人の感覚なのではないかと、わたしは個人的には感じております。

短調の響きそのものには、どことなく哀愁が感じられます。しかし、曲全体を通してとなると、どうでしょうか。

戦後の日本を勇気付けた「リンゴの唄」も短調でした。「青い山脈」も短調です。どちらもご年配からは、「あの音楽の軽快さと明るさに、力づけられた」という感想を聞きます。現在においても、短調の曲が悲しいという印象を受けるとは限りません。

また、「ひな祭り」には、わたしは、「みやび」を感じます。雅楽の雰囲気です。ひな祭りは古(いにしえ)からの祭り。ですから、日ごろは跳ね回っている女の子たちにも、この日は少し、みやびにかしこまってもらって、ちょっと大人の気持ちでお祭りを…。

そんな願いから、あのメロディーになったのではないかと思われます。この曲は、短調というよりは、日本音階の、陰旋法(みやこぶし)といったほうが適当のように思われます。

ピアノの伴奏より、琴や、鼓などをバックにしたほうが似合うと思いませんか?

なぜ、と聞かれたら、作曲されたご本人に尋ねるしかないのでしょうが、想像はできます。

短調のメロディーがもの悲しい、というふうに感じられるのは、昭和でも、かなり後期になってからの人の感覚なのではないかと、わたしは個人的には感じております。

短調の響きそのものには、どことなく哀愁が感じられます。しかし、曲全体を通してとなると、どうでしょうか。

戦後の日本を勇気付けた「リンゴの唄」も短調でした。「青い山脈」も短調です。どちらもご年配からは、「あの音楽の軽快さと明るさに、力...続きを読む

Q短調など、悲しい曲はなぜ悲しいのか

心理学か音楽かとも思ったのですが、理系的な解釈が欲しくてこのカテゴリに質問します。よろしくお願いします。

悲しい曲はなぜ悲しいのでしょうか。

暗い絵がなぜ暗いのかは、何となく分かります。素人の私の勝手な解釈では、人間は昼行性の生物で季節とともに生きてきたので、動物に襲われる「夜」、食物の得にくい「冬」、あるいは「病気」・「死」などを連想させる主題、構図、色使いなどに、悲しさや暗さを感じるのではないでしょうか。逆に鮮やかな色使いは、花が咲き、実がなり、暖かな、春・夏・秋・昼・命を連想させるので明るく感じるのではないでしょうか。

でも、「音」はどうなのでしょうか。
ゆっくりとしたリズムは、副交感神経に作用して気持ちを沈静させるのかなあとも思うのですが、でも、和音とかメロディーラインとかの明るい・悲しいが今一つよく分かりません。

・小さい頃にテレビなどで悲しい場面に短調の曲が流れていたので、そのような曲に悲しいイメージを持つようになった。すなわち「すりこみ」である。
・たまたま、そのような周波数成分の音が、脳の悲しさをつかさどる部分に生理的・物理的に作用してしまう性質がある。
・ヒトの泣き声、あるいはイヌなどの「クゥウーン」という悲しみや危険を伝える声とマイナーコードの周波数成分が似ている。

などを考えたのですが、どれも思いつきで、学問的な基礎のない私には自信がありません。どなたか研究者の方など、説明していただけませんか。研究者以外の方でもいろいろ意見やお考えを頂けたら幸いです。

心理学か音楽かとも思ったのですが、理系的な解釈が欲しくてこのカテゴリに質問します。よろしくお願いします。

悲しい曲はなぜ悲しいのでしょうか。

暗い絵がなぜ暗いのかは、何となく分かります。素人の私の勝手な解釈では、人間は昼行性の生物で季節とともに生きてきたので、動物に襲われる「夜」、食物の得にくい「冬」、あるいは「病気」・「死」などを連想させる主題、構図、色使いなどに、悲しさや暗さを感じるのではないでしょうか。逆に鮮やかな色使いは、花が咲き、実がなり、暖かな、春・夏・秋...続きを読む

Aベストアンサー

まず短調、長調の違いをはっきりさせるべきではないでしょうか。

12平均律では、オクターブ(周波数が倍になる間隔)中に12の音が均等分布しています。つまり、ある音よりひとつ高い隣の音は、周波数で見れば12乗根倍の周波数を持っているということになります。
その12音のうちの7つから(ドからシのような)音階が作られます。1オクターブ上の基音を入れて8つの音、その相互間の「距離」が長短を分けるのです。

長音階では、基音から順に次の音までの「距離」が、次のように表されます。
全・全・半・全・全・全・半
(半:直前の音の周波数に対して「2の12乗根」を乗じる
 全:直前の音の周波数に対して「2の12乗根倍」の2乗を乗じる)
一方で短音階の場合には、
全・半・全・全・半・全・全
となります。
このような各音の間の関係は、いわば「構造」として変化しません。
基音から見て第3音までの「距離」が、長音階では「全・全」なのに対して、短音階は「全・半」と短くなっています。一般にはこの「欠落感、不足感」が短音階の「憂愁感」を生み出すものと解釈されています。

こういった音階の長短から受けるイメージが、文化に根ざすいわゆる「刷りこみ」なのかどうか、という問題ですが、必ずしもそうは言えないのではないでしょうか。
「刷りこみ」は次世代にその感覚(エートス)が受け継がれる理由にはなっても、「なぜそもそも短調が悲しい時、長調が楽しい時に使われるようになったのか」を説明していないからです。つまり世代間の継続を仮に説明できても、その起源、なぜそうなったのかという蓋然性とは無関係でしょう。

音の「高い・低い」という言葉と、(山などが物理的に)「高い・低い」という言葉は、多くの言語で共用されているそうです。山が高いことと音が高いことには実質的に何ら因果関係はないのですが、日本語やラテン系の言語を始め、世界の多くで共通しているということは、音の高低の認識イメージにある程度普遍なものがあることをうかがわせます。
また、メロディ理論の基礎で、音が「低→高」とつながると緊張感をもたらし、「高→低」となると緩和されますが、これは比較的世界的に一般の感覚だそうです。高い音は周波数が高い、つまりより高エネルギーであるわけで、自己の生命維持にとっていろいろな意味で有意な存在に対し、動物としての人間の反応が「緊張」を示すということはむしろ自然な反応ではないでしょうか。

一方、刷りこみ理論の例証として、子供たちの長短の音階に対する反応を調べる実験はよく知られていますが、常に信用性の問題が残ります。というのも、幼児は基本的に快・不快という原初的かつ個人的な情緒は発達が早いけれども、嬉しい・楽しい、悲しい・不安という、ある程度社会性を持つ感情はやや遅れて発達するからで、その感情を有するということ自体、ある文化の影響下にあることに他ならないからです。
逆に、例えば幼児向けのいろいろな音楽教室で、長短を理解させるために「ちょうちょ」など簡単な長調の歌をわざと短調にして子供に聞かせたり(あるいはその逆を)すると、一様に「死にそうなちょうちょ」「暗いちょうちょ」といった反応を幼児が示すそうです。
何百年も前の西洋音楽を聴いて、現代の日本人である私達がその意図に共感できることを考えても、ある程度長短のイメージは普遍的な部分があるのではないでしょうか、というのが私の考えです。
(全く素人なのにもかかわらず長くなって恐縮しております)

まず短調、長調の違いをはっきりさせるべきではないでしょうか。

12平均律では、オクターブ(周波数が倍になる間隔)中に12の音が均等分布しています。つまり、ある音よりひとつ高い隣の音は、周波数で見れば12乗根倍の周波数を持っているということになります。
その12音のうちの7つから(ドからシのような)音階が作られます。1オクターブ上の基音を入れて8つの音、その相互間の「距離」が長短を分けるのです。

長音階では、基音から順に次の音までの「距離」が、次のように表されます。
全...続きを読む

Q日本の童謡民謡はなぜ短調なのか

大体5音音階の、マイナーペンタトニックだと思うのですが、なぜ、メジャー系音階ではないのでしょうか?
なにか、飽き飽きしてこないでしょうか?
「付の砂漠」だの「母さんの歌」だの「ひなまつり」だの「さくらさくら」だの、短調はもうたくさんだ!と言う感覚にならなかったのかなーと思います。

というか、そういう音階で作るものだと言う図式ができていたのかもしれないですが、ではなぜ、発祥からして、短調様式が支配的だったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
童謡や民謡にはあまり詳しくないのですが 童謡は長調の曲 たくさんあると思います。…おもちゃのチャチャチャ ぞうさん いぬのおまわりさん 汽車汽車しゅっぽっぽみたいな のんきな曲とか。民謡などもクラシックでいう短調とは 本質的に違って(旋法自体が違いますよね) 決して『短調』から受ける印象と同一ではなく 明るい印象や威勢の良いという印象の曲もたくさんあると思いますが。又童謡・民謡に対して非常に深い思い入れのある方々もたくさんいらっしゃると思います。ただ質問者様がおっしゃりたい意味もなんとなくわかりますけど。いわゆる日本独自の童謡民謡が 西洋文化においての類似したものと比較すると『ダサい』という印象は比較的多くの人が持つかもしれませんね。
私も国歌(は民謡童謡とは違いますが)を公(オリンピックなどの)の場で聴くと 日本国民ですから感動はしますが その後アメリカの国歌が流れたりすると やっぱり『かっこいいなぁ…日本の国歌はなんで こういう曲じゃないんだろなぁ』と 昔は良く思いましたもん。だんだん歳食って?くると こういう日本文化的な楽曲も 日本の歴史上必然的なものだったのかな…と それなりに受け入れる素地(ただ 老けただけかな(笑))もできたかな…と質問を拝見して 複雑な気分になりましたけど。…にしても 質問者様は本当に難しい疑問に立ち向かう 革命的ファイターだな…と感心致します。保守的な私は少し見習った方が良いかも…と反省しました^^;
最後に一つ。ヨーロッパでバロック音楽期の頃(オペラやオラトリオが盛んになった頃)日本は江戸幕府が成立し鎖国の時代に入り 島国の中をチョンマゲ姿で侍が往来していた事を想像すると 仕方ないよねぇ…としみじみ思うのです。バッハの頃は日本は暴れん坊将軍ですもん(笑)

こんにちは。
童謡や民謡にはあまり詳しくないのですが 童謡は長調の曲 たくさんあると思います。…おもちゃのチャチャチャ ぞうさん いぬのおまわりさん 汽車汽車しゅっぽっぽみたいな のんきな曲とか。民謡などもクラシックでいう短調とは 本質的に違って(旋法自体が違いますよね) 決して『短調』から受ける印象と同一ではなく 明るい印象や威勢の良いという印象の曲もたくさんあると思いますが。又童謡・民謡に対して非常に深い思い入れのある方々もたくさんいらっしゃると思います。ただ質問者様がおっしゃり...続きを読む

Q日本音階はなぜ短調なのでしょうか

私の勘違いかもしれませんが、日本音階は短調だと思います。どうしてそうなったのでしょうか。

また、民謡やわらべ歌などは、その日本音階を汲んだ短調ですが、当然受け入れられる心理的土壌があると思うのです。なぜ日本人は古来より短音階に親和性があるのでしょうか。

その点私はあまり日本人的でありません。

Aベストアンサー

bossambaさん、いつもお世話になります。
今日は少しでもご恩返しになれましたらと思いました。

実は日本音階でいちばん歴史の古い雅楽から、長調と短調(もどき)はあったんですよ。
呂律がまわらない、という言葉の元になった呂旋法と律旋法がその一例です。

bossambaさんにすんなりおわかりいただけるように言うと、呂旋法はミクソリディアンで、律旋法はドリアンなので、ならば長調短調じゃないでしょう、と言われてしまいそうですが、大和民族の楽しい調、さみしい調、という観点ではこんなふうになってました。

わたしもジャズファンなので邦楽はちゃんとは知らない身分なんですが、いわゆる江戸時代以後の端唄俗曲のたぐいから終戦直後までの歌謡曲では部分転調的に明暗がくるくる入れ替わる作品も多いですよね。
(そういう現象を何と言うのか私も良く知らないんですが、ごめんなさい)
たとえば有名な「青い山脈」の「あーおーいーさんみゃー」の一節だけは長調風にひるがえったり、など…

これは私の勝手な想像ですが、民謡やわらべうたについては、飢饉で餓える苦しみや、乳幼児の死亡率の高さ、くちべらし、うばすて、などの止むに止まれない心情も多少は影響あるのかもしれないですね…。
単純に豊年満作を祈る内容だったりするといいんですが、わらべうたなどはドキッとするような恐ろしい内容であることを大人になってから知らされて、はあなるほどね…と自分なりに納得した気になったりしたものです。

日本人だけに短調のジャズがとても人気があるのもアメリカ人の不思議に思うところだったそうです。
(ソニー・クラークのレコードは本国ではさっぱり売れなかった、などなど…)

参考URL:http://www.d2.dion.ne.jp/~kaz/gagaku/word/word4.htm,http://sasakimikie.seesaa.net/

bossambaさん、いつもお世話になります。
今日は少しでもご恩返しになれましたらと思いました。

実は日本音階でいちばん歴史の古い雅楽から、長調と短調(もどき)はあったんですよ。
呂律がまわらない、という言葉の元になった呂旋法と律旋法がその一例です。

bossambaさんにすんなりおわかりいただけるように言うと、呂旋法はミクソリディアンで、律旋法はドリアンなので、ならば長調短調じゃないでしょう、と言われてしまいそうですが、大和民族の楽しい調、さみしい調、という観点ではこんなふうにな...続きを読む

Qロック・ポップスで短調の名曲

洋楽ロック&ポップスで短調の男性voで、名曲や、これははずせないなという曲を教えてください。

Aベストアンサー

確かにそんな名曲ありますね!
敢えて単調で繰り返すのも表現方法だと思います。
創作の段階で下手に展開を加えない決断とイメージの忠実さが、
流石、大物アーティストです。

(I Can't Get No) Satisfaction /The Rolling Stones

The Passenger /Iggy Pop

Paranoid /Black Sabbath

Immigrant Song /Led Zeppelin

The Psychedelic Warlords /Hawkwind

全て名曲ですので、是非、御視聴してください!

Q主要三和音を、調号を使って書く

五線譜に次の主要三和音を、調号を使って書くという問題なのですが。
(1)二長調
(2)変ホ長調
(3)ロ短調
(4)ハ短調
全く分りません。
ハニホヘトイロハ(ドレミファソラシド)
変♯ で、長調、短調の違いもよく分りません。
すみませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

独学なもので間違ってたらごめんなさい。
読解しやすそうなサイトを見つけました。
ウィキペディアです!ここでそのまんま「☆長調」「☆短調」と検索してください。
以降、このウィキペディアを参考に解説します。
多分、一番難解であろう「変ホ短調」を解説します。

まず「調号」とは右上にあるト音記号の付いた五線譜に書かれた「♭」または「♯」の記号の事で、この数によって何「長・短」調かが解ります。
変ホ短調は「♭」が6個ありますね。
因みに「変=♭、嬰=♯」
また「変ホ短調=変ト長調」で平行調の関係になり、それぞれ主音が「ミ♭」か「ソ♭」かで分かれます。

これを(調号)書いて「ホ=ミ(音階)」「ミ」から順番に「ミファソラシドレ」と五線譜上に音符を書けば「変ホ短調の自然短音階(ナチュラルマイナー)」という事になります。

また調号を付けずに書く場合は、右上3段目の「音階」部分の五線譜で表したものが正解となり、「ミ♭・ファ・ソ♭・ラ♭・シ♭・ド♭・レ♭」とそれぞれの音符に臨時記号として「♭」を隣に付けます。
これは「調号なし=ハ長調=イ短調」の調号だからです。

ここでは、「主要三和音」という事ですので、「1度、3度、5度」ハ長調なら「ド・ミ・ソ」イ短調なら「ラ・ド・ミ」変ホ短調なら「(調号有)ミ・ソ・シ」「(調号無)ミ♭・ソ♭・シ♭」になると思います。
また、調号があっても「和声的短音階(ハーモニックマイナー)、旋律的短音階(メロディックマイナー)」が出てくる場合は臨時記号で対処し、全音、半音の離れ(音階)を守ります。
これを調号を付けずに書く場合「ダブル♯」や「ダブル♭」が出現する事になります。

詰まるところ調号は、一目で調が解るのと同時に五線譜を見やすくしたもの?で、予めこの音は「♭」または「♯」だよ!と指定している?という事になるんじゃないかと思います。
あと、ウィキペディアの下の方にある「五度圏」と言われる表を見れば「調号」と「♯♭の数」、「平行調」などの関係が解るかと思います。

なんだか解りづらい回答かもしれませんが、ウィキペディアの表の部分と照らし合わせて見れば解りやすいかと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E3%83%9B%E7%9F%AD%E8%AA%BF

独学なもので間違ってたらごめんなさい。
読解しやすそうなサイトを見つけました。
ウィキペディアです!ここでそのまんま「☆長調」「☆短調」と検索してください。
以降、このウィキペディアを参考に解説します。
多分、一番難解であろう「変ホ短調」を解説します。

まず「調号」とは右上にあるト音記号の付いた五線譜に書かれた「♭」または「♯」の記号の事で、この数によって何「長・短」調かが解ります。
変ホ短調は「♭」が6個ありますね。
因みに「変=♭、嬰=♯」
また「変ホ短調=変ト長調」で平行調の関係...続きを読む

Q短調と長調って。。。

短調と長調の見分け方をできるだけ詳しく教えてください。

Aベストアンサー

一番簡単な見分け方はやはり聞いてみて明るいか暗いかだと思います。

見ただけで判断する場合は曲の初めの調号(♯、♭)がついている数を見ます。

何もなし→ハ長調orイ短調
♯1つ→ト長調orホ長調
 2つ→ニ長調orロ短調
 3つ→イ長調or嬰ヘ長調 
 4つ→ホ長調or嬰ハ短調
 5つ→ロ長調or嬰ト短調
♭1つ→ヘ長調orニ長調
 2つ→変ロ長調orト短調
 3つ→変ホ長調orハ短調
 4つ→変イ長調orへ短調
 5つ→変ニ長調or変ロ短調
 6つ→変ト長調or変ホ短調

というように同じ数の調号を持つ調は必ず長調が1つ短調が1つの2つしかありません。(平行調)たとえば♯が2つついてたらそれはニ長調かロ短調のどちらかの調ということです。
次にこの2つのうちどちらかということになりますが、時々例外の曲もありますがほとんどの曲は主音で終わるので、先ほどの例で言えば曲の一番最後の音がレだったら長調、シだったら短調ということになります。

なんだかあまりうまく説明できなくてごめんなさい(>_<)
もし何か参考になればうれしいです。

一番簡単な見分け方はやはり聞いてみて明るいか暗いかだと思います。

見ただけで判断する場合は曲の初めの調号(♯、♭)がついている数を見ます。

何もなし→ハ長調orイ短調
♯1つ→ト長調orホ長調
 2つ→ニ長調orロ短調
 3つ→イ長調or嬰ヘ長調 
 4つ→ホ長調or嬰ハ短調
 5つ→ロ長調or嬰ト短調
♭1つ→ヘ長調orニ長調
 2つ→変ロ長調orト短調
 3つ→変ホ長調orハ短調
 4つ→変イ長調orへ短調
 5つ→変ニ長調or変ロ短調
 6つ→変ト長調or変ホ短調

というように同じ数の調号を持つ調は...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング