給与所得者で昨年末、会社のほうで年末調整済みです。
妻の出産にかかった医療費について、確定申告で医療費控除を申請しようと思います。

取り寄せた確定申告用紙に基づき、金額等を記入し計算しましたが、
還付金どころか3万円弱の追加納税になってしまうという結果になります。
下記の「国税庁タックスアンサー」のページでシュミレーション入力して
計算してみても同じ結果なので、計算間違いは無いと思います。
http://www.taxanser.nta.go.jp/

質問ですが、
1.医療費控除の申請で追加納税になってしまうケースなんてあるんで
  しょうか?
  どんな人がそういうケースになってしまうんでしょうか?
2.仮にその場合、妻(昨年途中で出産退職)の確定申告のほうに
  医療費控除として盛り込むという方法しかないわけでしょうか?

医療費控除をすれば幾ばくかは還付金があるのが当然と思い、
所得の大きい私(夫)のほうでの医療費控除を考えていましたので、
なんとなく納得のいかない気分なのですが、どなたか、お分かりになる方、
ご教授願えれば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1.医療費控除を適用して、追加の税額が出ることは有りません。


何か、勘違いされていませんか。
例えば、年末調整での各種控除(配偶者控除・扶養控除・配偶者特別控除・社会保険料控除・生命保険料控除など)を源泉徴収票の通りに記入していますか。
源泉徴収票の源泉税額を間違えずに記入していますか。
定率減税20%を計算していますか。

どうしても、追徴になる場合は、医療費控除の額と源泉徴収票の明細を補足してください。

2.奥様が年の途中で退職されている場合は、年末調整がされていませんから、確定申告をして所得税の精算をする必要があります。
退職月にもよりますが、大抵の場合は、既に納めている源泉税が戻るケースになります。
又、奥様の確定申告で医療費控除も出来ますが、所得税の範囲内でしか税金が戻りませんから、実際に計算してみて、有利な方を選びましょう。

なお、ご存じとは思いますが、医療費控除の計算で、保険などからの給付金(出産育児一時金)は医療費の額から控除することになっていますが、出産手当金は控除する必要は有りません。
詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~hhhp/money/kouzyo.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん、ご回答ありがとうございます。
質問の後、自分でもう一度確認してみました。

確定申告書と一緒に送られてきた「確定申告の手引き」に基づいて、
給与所得者の医療費控除の部分の説明をそのまま参考に計算したところ、
質問の通り追加納税になってしまいました。

念のため税務署のホームページをあたったところ、
給与所得者の医療費控除について「「住宅借入金等特別控除」の
注意書きがありました。(源泉徴収票から転記)
私の場合それに該当するので、その注意書きに従って計算していったところ、
無事、還付金の計算ができました。

お騒がせして申し訳ありませんでした。
しかし、ホームページの注意書きがなければ(「確定申告の手引き」だけでは)、
気がつかないことでした。私のように始めて医療費控除を行う人で、
しかも住宅関係の控除がある人は、迷ってしまうのではないかと思います。
税金を頂く側である税務署の説明不足にちょっと疑問を感じました。

お礼日時:2002/03/03 22:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費控除⇒医療費の明細書⇒【控除額の計算】でD×0.05の0.05て何の数字でしょうか?

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/04.pdf
医療費控除⇒医療費の明細書⇒【控除額の計算】でD×0.05の0.05て何の数字でしょうか?
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

医療費控除の足切り額は、十把一絡げに 10万円ではありません。
10万円または「所得」の 5% のどちらか低い方の数字です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

したがって、10万円と、「所得の 5%」のどちらが小さいかを比べるための計算です。

× 0.05 は 5% ってこと。

なお、「所得」とは、
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

【(年金による) 雑所得】
税金や国保、介護保険料などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、年齢区分に応じて一定割合を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

医療費控除の足切り額は、十把一絡げに 10万円ではありません。
10万円または「所得」の 5% のどちらか低い方の数字です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

したがって、10万円と、「所得の 5%」のどちらが小さいかを比べるための計算です。

× 0.05 は 5% ってこと。

なお、「所得」とは、
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事...続きを読む

Q医療費控除しても還付金がないケース

前年度の医療費が10万以上かかったため、還付申告をしようと思ったのですが、
申告書の記入例にならって記入していくと、還付額が0円になりました。
計算違いではなく、会社からもらった「源泉徴収票」の「源泉徴収税額」が0円になっているから、らしいのです。
昨年度の所得税のもどり(年末の)が大きかったからでしょうか??
また、このような場合は医療費が10万円以上でも申告は不要なのでしょうか?

Aベストアンサー

 他の控除が大きくて医療費控除をしなくても支払う税金が0円になった
のですね。0円の場合、医療費控除をしても、還付されるべき国税が0円なので
国税(所得税)については確定申告する必要はありません。

 ただ住民税のほうなのですが、同じく医療費控除があります。所得税は
年末調整で計算が終わっていますが住民税のほうは去年の所得に応じて
今年、払っていくことになります。税率や他の控除金額が国税と違うので
もしかしたら住民税のほうが安くなる可能性があるのでは
ないでしょうか。ぜひ、手元に源泉徴収表と、医療費の合計を書いた紙と
電卓を持って、住民税の担当に電話してみてください。国税は減らなくても
地方税が減るかもしれません。
 はっきり回答できることが少なくて申し訳ないです・・。

Q3月16日提出でもよい? 医療費控除の還付申告 

医療費控除を受けるので所得税の還付申告をする予定です
調べていると、還付申告の期限は5年間ということですが、
ということは、3月15日を過ぎて提出しても良いということでしょうか?

極端に言えば、17年度分の還付申告は3月16日に行っても良いということ??
仮にそれでも問題ないとすると、還付金の返金はいつ頃になるのでしょうか?

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

その通りです。

確定申告の義務がある方については、確定申告の期間は、翌年2月16日から3月15日までと決まっていますが、そうでなく、単なる給与所得者の還付のための確定申告は、翌年1月から5年間できる事となっていますので、3月15日という期限は、基本的に全く関係ない事となります。

ですから、混雑を避ける意味からは、3月16日以降の方が良いとは思います。

還付金の入金は、提出する時期にもよりますが、今は申告書の提出が集中しているため、還付事務も滞りがちの状態ですので、2ヶ月近くを覚悟しておいた方が良いとは思います。
空いている時期は、数週間で入金されるケースもあります。
(ですから、還付申告の場合は、1月とかにされれば、かなり早く還付されるものと思いますので、来年以降のご参考にされて下さい。)

Q所得税の医療費控除に係る還付に関する質問です。

会社からの年間給与が、(1)700万円と(2)800万円(手取りでなく税引き前)で、
医療費控除分が100万円(10万円を越える部分)の2つのパターンがあるとします。
この場合の、それぞれの還付分の計算方法を教えて下さい。
他の控除は考慮していません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

医療費控除は、控除の額に所得税の税率をかけた分が還付される額です。
所得税の税率は、課税される所得の額により変わります。
700万円と800万円の年収でも、社会保険料控除や扶養控除などの額により、課税される所得が変わり税率も変わってきます。

なので、それがわからないと正しい回答はできませんが、800万円なら税率は20%でしょう。
700万円だと扶養親族の数により、10%のこともあるし20%のこともありえますね。
100万円で健康保険などから補てんされる額を0円とした場合(補てんされる額があれば引かなくてはいけません。通常なら高額療養費があります。)

700万円の場合 100万円×10%(税率)=10万円 もしくは
         100万円×20%(税率)=20万円
700万円の場合 100万円×20%(税率)=20万円 

Q所得税の還付と医療費(10万を超える部分)の還付

サラリーマンの妻です。
パート勤務で源泉徴収された所得税を還付してもらうために
国税庁のHPから確定申告しているところです。
そこで去年の医療費が10万を越えたので医療費控除の申請もしたのですが
そのHPの自動計算だと還付金は所得税分のみになってしまいます。
源泉徴収された所得税プラス、「かかった医療費-10万円×10%」が戻ってくるのではないのでしょうか?

Aベストアンサー

保険などから補填された金額がない場合は(医療費-10万円)を所得から控除できますから、
 所得=収入-給与所得控除(65万円)-基礎控除(38万円)-医療費控除等
が0円以下であれば所得税は0円になります。

還付される金額は
 源泉徴収で払った金額-実際の所得税
ですから、還付を受けられるのは源泉徴収金額が上限になります。(所得が0円なら全額)。ですから源泉徴収を取られていない無収入の人は、医療費をどんなに払っても確定申告しても還付はありません。

でもサラーリーマンの妻の医療費は「扶養者」である夫の確定申告でするはずではありませんか? 健康保険の扶養家族になっていないのであれば奥様の確定申告になりますが…


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報