マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

法人の場合、法務局に登記した実印の他に、角印(登記してない)、銀行印等複数の印鑑がありますよね。
で、当社は請求書・領収書などは角印を使用しています。しかし、ある取引先から「領収書に代表者印がないと正式な書類にならない」と指摘がありました。
社長の指示で作成しなおして、差し替えしましたが、今後は全て実印を押せというのです。
実印は今まで経理で管理してないし、管理するのも大変です。ここや、他のサイトで調べて、一般的に角印で十分らしいと社長に進言したのですが、「掲示板や印鑑屋の話で、法的根拠がないな」と言われました。
何か法例文書や通達などもっともらしい文書ってありませんか?あれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

こちらのサイトに記載されておりますが、通常は請求書作成に代表者印は使わないようですね。



・請求書の印鑑は必要なのか|請求書の基礎知識
https://invoice.moneyforward.com/basic/invoice-s …

A 回答 (10件)

実印:印鑑登録してある印鑑:滅多に使いません。

印鑑証明の添付が必要な書類・契約書に使用。またはそれに準じる気合を入れる必要のある契約書。例:不動産売買契約書。大手会社との基本協定書。
角印:通常の会社印(実印・銀行印・業務印)は、「○○株式会社代表取締役の印」となっています(又は、代表執行役)。角印は「○○株式会社の印」となっています。
書類に会社名の後に「代表取締役■■ ■■」という書類は、基本的に通常の会社印を使います。
「代表取締役■■ ■■」の無い書類、担当者名で出す書類は角印になります。ですから請求書はだいたい角印になります。(担当者は代表ではないので)
そして、大事なのは、法人であっても、「代表」個人の意思をはっきりさせるものは、会社印になります。
組織としての印が角印という感じです。ですから角印のほうが軽い感じです。
銀行印:これは、悪用されると、資金全部抜けますので、実印並みに厳重管理が必要です。
業務印:これをもう一つ作ると良いでしょう。一般的な書類は、これにします。角印よりは少し大事な書類に押します。領収書は、大事なお金を頂いたという、すごく大事な書類なので、実印とは言いませんが、代表の意思が必要なのです。
各、印鑑の使用規定(何に使うか)と、権限規定(誰がOKすれば押せるか)を規定しておくと良いでしょう。特に権限規定は、代表が権限委譲する形になりますので、最終責任は代表にいくことになります。

HP日経さん程度でもだめでしょうか。
http://www.gifu-gif.ed.jp/school/seika-j/2001/bi …
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/soumu/media/in …

参考URL:http://www.i-partners.jp/soumu/109.htm
    • good
    • 9

社会保険事務所、職安でも角印は通じます。


ただし通常は「○○会社の印」としか印字されず
代表者の押印が不足するため個人名の認印を追加で押します。

今回の場合は相手方の要求があるわけですから
実印とは別な代表者印を作成してはいかがですか。

不動業等は実印と別な代表者印(通常 契約印)を利用して契約してますよ。
    • good
    • 7

一般論として、



代表者名が書かれているときは実印

(例)○○市○○町○番○号
   △△株式会社
   代表取締役 □□ □□ (実印)

会社名だけだと角印

(例)(例)○○市○○町○番○号
   △△株式会社 [角印]

というのが多いのではないでしょうか。
    • good
    • 17

厳密に言えば角印は公的に正式に認められたものではないので、角印だけでは公的な文書にはなりません。



しかしながら商法では、請求書等には何を押せば良いかは具体的に明記されておりません。

また、慣例的に一般の商取引では角印で行われている場合が多いです。
ですので角印で十分と考えられます。


ただ、請求先が信用する書類として扱ってくれるかどうかが問題であり、受け取った者が「角印では信用ならん。」と言うのであれば実印を押すしかないでしょう。

特に国や地方公共団体に請求書を提出する場合には、実印は不可欠であります。国であれば、会計検査院にも提出する証拠書類であり公文書になります。国の書類となるからであり、登記した印でなければ信用できる書類とは言えない、となるからです。税金から支出されるお金なので、それなりの書類がないと、支出は簡単に出来ないのです。

また、会社としても、当然のことながら印は厳重に管理する必要があります。

担当者レベルで簡単に請求書を発行できる体制にあれば、架空請求書の発行など、悪いことが出来てしまいます。そういう意味でも実印でなければダメだ。と言う社長さんの話にも賛同できる部分はあります。


ただ、繰り返しますが、一般の商取引では角印でOKだし、角印もそれなりの管理をすれば良いのではないかと思います。
    • good
    • 6

うちも通常は角印を使っていますが、国立の機関に納品した時に見積り・納品・請求書には代表者の印が必要といわれました。


回答になっていなくてごめんなさい。

この回答への補足

そうです。当社も官公庁発注の仕事の場合は、代表者印を押してます。ただ民間は数が多いし、ほぼ毎日作成するのでゴム印+角印のみで済ませてました。代表者印・銀行印は社長か奥さんが管理していて、事務所にないことも多いのです・・・。

補足日時:2006/07/25 15:07
    • good
    • 5

社印だけでは、公文書として認められません。


なので相手の方は、代表者印が欲しいのだと思います。
かといって、実印を日常の業務上の書類に押すことは危険です。
相手は、領収書の印が実印であるかどうかなど確認しません。
社名と代表取締役と書かれた丸い印が欲しいだけです。
銀行印も同様かと思いますが、契約印みたいなものを作成された方がいいかと思います。

実印ではありませんが、捺印すれば会社としての正式な書類として扱われますので、取扱い注意です。
用途の社内規定も必要かと思います。

この回答への補足

なるほど。これも社長に進言してみます。用途の社内規定、そうですね。実印じゃないとはいえ、経理でホイホイ使うわけには行きませんね。

補足日時:2006/07/25 14:58
    • good
    • 4

うちではその辺に使用するのは角印ですね。


質問者さんと同じ感覚です。
根拠となると難しいのが正直なところですね。

実印を使うのは契約書や公的書類位でしょうか。

ところで#1さんの書かれている、登記していない代表印なんて角印と同じ意味しかないと思いますがね…
要は「登記した実印」なのか「それ以外の印」なのかが争点なのだと思うのですが。

普通は実印を使う場面を減らそうと考えると思うのですが。
何か見つけたら、また書きます。

この回答への補足

大変な事に気づきました。取引先からは「代表者印」としか言われてないです。こっちが勝手に「代表者印=実印」と思ってるだけでした!
申し訳ないです・・・。

補足日時:2006/07/25 14:51
    • good
    • 2

調べてみましたが、会社代表者の実印に関しては商法に書かれていますが、


領収書等に使用する角印については記載がないようです。
したがって、法的に有効な裏付けができないので、十分な回答にはなりませんが、
慣習上は、領収書や請求書には会社の角印(認印と同じようなもの)で十分です。

会社代表者印(実印と同じ)は多くても2個しか作れませんから、経理担当者が持つことは出来ません。
「ある取引先」が言うように、代表者印を押さなくてはならないとなると、
いちいち領収書すべてに代表者が印鑑を押すことになります。
そんなことは余程個人商店のような会社でない限り、実際的ではありませんので。
    • good
    • 4

見つけられませんでした。



一応社長やっています。
うちでは契約書含め、角印もしくは担当者の印です。

実印を押せと言う話は初耳です。
それこそ、根拠をお聞きしたいものです。

では答えになっていないので、法令関係で、私がよく使うサイトをご紹介しておきます。ざっと検索した限り見つかりませんでした。

しかし、ずいぶん横柄な客ですね。
そう言う客はうちにはいませんが、もし来ても、「わかった金返すから二度とうちにはくるな」と言ってやります。
たぶん。

参考URL:http://www.houko.com/
    • good
    • 4

初めまして。



文面を読んで少し驚きました。当社では、見積りには各印を使用しますが、請求書・領収書には全て代表印を押します。ただ、当社は代表印と実印を別に作っております。ですので銀行、郵便局、必要書類にはすべて代表印を押すようになっています。
仕事柄、大手の会社とも取引しておりますが、請求書・領収書に各印を押してくる会社は今まで見たことがありませんでした。。。
質問を覆すようなことを書いて申し訳ありませんが、とても驚いたのでコメントさせていただきます。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書の印鑑は角印か実印か?

私はホームページの制作の会社を設立したばかりです。制作を依頼されたので契約書を作成しました。
場所が遠かったので、クライアントに契約書を2通お送りしました。そして、2通とも署名捺印をして頂いて、私に送り返して頂くように伝えました。
送られてきた契約書2通ともに、住所の欄、名前の欄にも、「会社のゴム印」が押されていました。印鑑も実印ではなく「角印」でした。そして「割印」はありませんでした。
今度は私が署名捺印し、1通をまたクライアントにお送りするのですが、「直筆でなく実印もない契約書」で有効なのですか?
私だけが直筆で署名し、実印で押印し、割印をすればきちんとした契約書になるのですか?
すみませんが、どなたか分かる方教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

勤務先の場合、丸印は社長印のみ、事業部長印は角印となっています。
なので、基本的に契約書印は丸印で押印しています。
丸印押印を求められるのが普通なので。
会社名等はゴム印です。

但し、相手先が事業部長等である場合、責任者レベルを相手と合わせて角印を押印する場合もあります。
又、手続の都合上相手が角印を承諾した場合や、丸印押すほどの必要性がないと事業部で判断し場合も角印を押印している場合があります。

どちらにしろ契約書が物を言うときはトラブルの時ですから、相手の会社が通常その押印をしているならそれで問題ないと思います。

Q会社の代表者印と会社印の使い分け

普段何気なく使用している会社の印鑑についてはたして押印する印鑑の
意味を知っていて使用していたかなとフッと思いました。
代表者印と会社印のハッキリした使い分けは皆さんどうなされてますか?
代表者印は契約書、領収書、役所関係に提出する書類等に
会社印はゴム印の会社横版の上に押印しているようです。
私も含めて。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

契約書や銀行口座など、「代表取締役○○」と書いてあったら、代表者印を押す必要があります。押す場所は、代表者の氏名の最後の文字に一部かぶさるように押すのがいいと思います。(改竄防止のため)
会社名だけなら、四角い会社印でいいでしょう。これは社名の上に押します。
代表者印と銀行印は兼用してもいいと思います。実際私の会社では同一のものを使っています。

Q官公庁に提出する請求書に会社の代表者印と会社印を押す理由

官公庁が、”請求書に会社の代表者印と会社印を押すこと”と要望するのは、どうしてなのでしょうか。

どのような事象(法律?規則)に基づいて、このような要望がでるのでしょうか。

ご存知の方、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

No.3です。
お住まいの県の県庁ホームページから確認できるのではないかと思います。
私の勤務先の場合ですが、「県庁ホームページ(県トップページ)」→「行政情報」→「県例規全集」→「財務」→「県財務規則」の順でたどれました。

Q『角印』と『丸印』について

契約書や見積書等で、『角印』と『丸印』双方が押されているものと、片方のみの場合があります。
本来どうすべきものなのでしょうか、お教えください.

Aベストアンサー

まず、前提として、一般の契約書や見積書等に「印」を押さなければならないという法律はありません。契約書や見積書等は、「印」がなくても原則として法律上有効です。ただし、契約書であれば、その契約書が正当な会社の代表者により作成されたものであることを「証明」するために、丸印(代表社印)を捺印するのが「一般的」であり、また、見積書等であれば、会社が発行したものであることを相手に「推定」させるために角印(一般には社印といいます)を押すのが「一般的」です。契約書等で代表社印と社印の双方が押されているものがよくありますが、あれは、あくまで慣例によるものであり、双方捺印することには特段法律的な意味はありません。本来、丸印(代表者印)のみあれば十分ですが、契約の相手方が社印まで押している場合には、自分の方でも社印を押してあげるのが礼儀といったくらいのものです。

QPDFで作った契約書に捺印した社印は法的に有効ですか?

社印(実印)をスキャナーして取り込んだ画像を貼り付けて、PDFの契約書を作成しました。

これを、取引先との業務提携などの契約書として、メールに添付し、先方の会社にてプリントアウトされた場合、法的に有効な契約書として認められるのでしょうか?

一般的には、文書のみプリントアウトし朱肉を使って社印を捺印し、郵送にて送るかと思いますが、遠方地など速達より早く先方に届けたい場合を想定し質問させていただきました。

要点は、同じ社印を朱肉で押すか、プリンターのインクで印刷されるかの違いだけだとは思いますが、後者については認められないような気もします。

ご教授下さいませ。

Aベストアンサー

こんにちは。

>社印(実印)をスキャナーして取り込んだ画像を貼り付けて、PDFの契約書を作成しました。
>要点は、同じ社印を朱肉で押すか、プリンターのインクで印刷されるかの違いだけだとは思いますが、

いいえ、違います。スキャンした電子ファイルのみで、契約が成立するなんて、会社の仕事としては常識的ではありません。会社の顧問弁護士さんがいるはずですから、その方にお聞きになってもよいと思います。

会社の実印がどういうものかお考えになってください。法人の実行力を持った契約書に対して、実印は、大変な効力を持っているものですから、スキャナで印影をコピーして使うべきものでもありません。(刑法第167条 私印偽造及び不正使用等というものがあります。)

民事訴訟法第228条4項には、「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する。 」となっていますが、そのような書類は、それに該当しません。

もしも、電子ファイル(電磁的記録)だけを利用するなら、実印の代わりに、電子認証や電子署名をつけます。第三者機関である認証局と契約を結んで発行してもらわないと認められません。簡易的な電子署名を入れるものもありますが、それは便宜的なもの(メールの発信証明等)に限られます。社判の場合は、電子印鑑もありますが、可能な限り認証が入っているものが良いです。

ただ、実際の業界にもよると思いますが、私の知る範囲では、法律が改正され電子ファイル契約も認められるようにはなっても(民事訴訟法第11条第3項)、会社の社判を押印したものを、電子ファイル(電磁的記録)だけで済ませられるまでには至ってないように思います。

電子認証および電子署名は、「真正な成立、つまり本人性、非改竄性、否認防止」を担保するものでなくてはなりませんが、そこまで一般に認知されているわけではありません。一つは、電子的な「保管・管理」の問題があるのではないでしょうか?

相手に連絡するだけなら、スキャナで取って、PDFファイルにして送れば良いと思いますが、それだけでは有効性がありません。ただし、私は、実印の部分が丸見えというのは、少し抵抗がありますので、スキャン防止用のシールを貼ったほうがよいかもしれません。早い話、「成りすまし」の問題が絡んでいます。スキャナで印影をコピーし、巧妙に、見た目では寸分たがわぬ判を作った詐欺事件もあります。それに、印鑑証明という第三者機関の証明が必要になるわけです。

>これを、取引先との業務提携などの契約書として、メールに添付し、先方の会社にてプリントアウトされた場合、法的に有効な契約書として認められるのでしょうか?

いいえ、プリントアウトしたものでは認められません。前述の民事訴訟法第228条のとおりです。現実に契約上のトラブルが発生した時に、契約者側に不正に作られたものだとシラをきられたら、対応の取り様がありません。通常、第三者機関の認証、証明が必要です。しかし、社判(角印)は、この限りではありません。

電子署名
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E7%BD%B2%E5%90%8D

電子署名法の解説
http://www.law.co.jp/okamura/jyouhou/e-sign.htm

なお、以下は、当時とは事情が変わってきていますが、それほど大きく違うことはないと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa145835.html

社判や印鑑の違いは、ここが参考になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2298329

なお、pdf のロックはあまり役に立つものではありません。

こんにちは。

>社印(実印)をスキャナーして取り込んだ画像を貼り付けて、PDFの契約書を作成しました。
>要点は、同じ社印を朱肉で押すか、プリンターのインクで印刷されるかの違いだけだとは思いますが、

いいえ、違います。スキャンした電子ファイルのみで、契約が成立するなんて、会社の仕事としては常識的ではありません。会社の顧問弁護士さんがいるはずですから、その方にお聞きになってもよいと思います。

会社の実印がどういうものかお考えになってください。法人の実行力を持った契約書に対して...続きを読む

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q履歴事項全部証明書と登記簿謄本のちがい

会社で、ある省庁に登録を行おうとしたことろ、「登記簿の謄本」を申請書類
に添付せよとありました。

この場合、履歴事項全部証明書では駄目なのでしょうか。この2つの違いは?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

従前は会社の登記は紙でできた「登記簿」に記載して行うこととなっていました。

この「登記簿」の全部の写しのことを「登記簿謄本」といいます。
ちなみに一部の写しのことは「登記簿抄本」といいます。

現在、多くの登記所では紙の登記簿ではなく、コンピューター内のデータで記録することとなってきています。

そしてその登記事項の経緯全て(例外もあります)をプリントアウトしたものが「履歴事項全部証明書」です。
現在生きている事項のみをプリントアウトしたものは「現在事項全部証明書」です。

この2種類の証明書が、従来の登記簿謄本の代わりということになります。

ですので、ご質問の場合にも、「履歴事項全部証明書」を添付すればいいということになります。
ケースによっては「現在事項全部証明書」で足りる場合もありますが、履歴事項全部証明書で申請を行う方が安全ですね。

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q契約書に貼る印紙の位置を教えて下さい

契約書に印紙を貼り先方へ提出します。
貼りつける位置は正式に決まってますか?
割り印の位置も教えてください。

Aベストアンサー

> 貼りつける位置は正式に決まってますか?

貼付位置については、法令の中で「様式」として定まっていない限り、法律上の決まりはありません。一般的な契約書については、法令上の「様式」は存在しないものです。

法律上の決まりがないときは、左上または右上に貼り付けるのが一般的です。契約書フォーマットに貼付位置が指定されている場合もあります。


> 割り印の位置も教えてください。

印紙に押す消印のことでよろしいでしょうか。

印紙の消印の位置については、法律上は、「課税文書と印紙の彩紋とにかけ、判明に」消印しなければならず、またそうである限り位置を問いません(印紙税法8条2項)。共同作成の契約書に貼り付けた印紙について、契約当事者の片方のみが消印をしても構いません(印紙税法基本通達64条)。

慣行としても、私の知る限り、特にこれと定まったものは無いようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較