質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

A社がB社に重要書類を渡したとします。

A社がBに社受領書をもらいたい時,
受領書はA社とB社のどちらが用意するのが一般的なんでしょうか?
(サインしたり,印を押すのはB社)

A 回答 (3件)

前のご回答と重複しますが、



理屈から云えば受領した側が準備すべきものでしょう。しかしこれは理屈の問題ではなく、ビジネスマナーの問題だろうと思います。

受領書は重要書類を渡した側の利益のためですから、 A社が準備するのが礼儀というものではないでしょうか。
    • good
    • 1

一般論としては、受領書に限らず、相手との力関係や書面の必要性・緊急性などに応じて、それを用意する者が決まると思いますよ。

ひとことでいえば、ケースバイケースかと。
    • good
    • 1

普通はA社でしょうね。


重要書類を渡す側ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々とありがとうございます。

私もそうかなと思ったのですが,
書類ではなくお金を渡す場合は(お金を払う場合は)領収書をB社が用意するので,
違うのかなとも思いました・・・。

お礼日時:2009/03/27 21:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受領書の書き方おしえてください

受領証の書き方おしえてください。
一般的にどんな形式でかけばいいのですか?
受領者のサイン欄をどのへん書けばいいのかさえも分かりません。

教えてください。

Aベストアンサー

No.1のjanvierです。ごめんなさい。相手様のお名前が抜けていましたので、再度書き込みます。

順序としては一番上から(縦書きなら右から)、

(1)「受領証」または「領収書」と明記、
(2)受領した年月日、「平成17年2月28日」など、
(3)相手様の社名または個人のお名前「○○株式会社様」または「○○様」など、
(4)受領金額「一金○○○円也」など、金額の数字の前後を文字で抑えて改ざんなどを防ぐように、
(5)受領した目的「但し○○○の代金全額として」など、受領した金額が全額か○分の1かなども明確に、
(6)あなたの会社名または屋号、役職、お名前、住所、電話番号など、
(7)押印
(8)金額によって印紙の貼付と割印(場所は自由)

 文具店に領収書の綴りを売っていますから一度ご覧になればよくお分かりと思います。

Q領収書渡し時にもらう受領印(?)って

 会社で、二枚複写且つ,本書左に(控)がついた領収書を使っています。集金に行った時には、控と領収書本書を渡し、お金と一緒に控に受領印を貰って返してもらいます。これはルールになっています。
 他部署の部長さんに受領印を貰い忘れたらどうなるのかと聞かれ、改めて考えてみて分らなくなりました。
 領収書は受け取った側が、代金支払済みの証明に使うものですよね。すると、控に貰う受領印には意味が無いのでしょうか? それとも別に何か、意義やメリットがあるのでしょうか?(ルールにしたということは) 
 知っている方は是非、私に教えて下さい。

Aベストアンサー

#2の追加です。

法的な問題ではなく、社内管理制として必要なことで、この制度を取り入れている企業は沢山あります。

Q納品書・受領書について

会社が取引先に商品を直接納品するときに、たいてい納品書を渡し、納品書から複写された受領書にサインなどをもらい、持ち帰りますよね(物によっては違うと思いますが)。

でも、宅急便とかで送られてくる商品の場合、宅急便の荷札の受け取りにサインをして宅急便の配達の方が持ち帰ることで受領書の代わりになっていると思います。
そしたら、同封されているのは納品書のみでいいはずですよね?
でも、ほとんどの会社が受領書も同封してくるのはなぜでしょう?
返信用封筒が入っているとか、「受領書は返送してください」と書いてあるのならわかるのですが、それもないですし。だから受領書は捨てちゃってるんですが。
今の会社に勤めてかなりたっているので、今更会社の人にも聞きづらくて・・・

「それが暗黙の了解なんだよ!」とかでも構いません、事情を知ってらっしゃる方いましたらお願いします。

Aベストアンサー

昔からの習慣で・・・と言い切ってしまうのは乱暴でしょうか。(^^;)

ただ、会社というのは、帳票にしても、業務処理にしてもそれが本当に必要なものかどうか、よく考えると???となるようなことがよくありますよね。
ご指摘のような受領書もその類ではあると思いますが、例えば同じ納品でも、宅配便で届ける場合と、直接持っていく場合があります。
そんな時、直接の場合だけ受領書を用意するってのも面倒くさいってのもあるかもしれません。

私の場合は届けられることが多いのですが、受領書とともに切手を貼った返信用封筒が同封されてくるような取引先は、「きちっとしてるなぁ」といつも感心しながら受領印を押しています。

Q伝票の受領書と控えについて

ベテランの方には、初歩的で申し訳ない質問かも知れませんが・・・。
私の勤めている職場での事ですが、会社で発行した伝票の受領書と控えの保存期間を教えて頂きたいと思います。
今は、控えは3ヶ月で処分。受領書は7年間保存しています。同じ会社で違う部署では全く逆で、受領書が3ヶ月
控えは10年保存だそうです。本当のところ、どうなのか
よくわかりません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

税務上の規定で回答します。
平成16年度税制改正で、法人税の青色欠損金の繰越期間及び更正の期間が5年から7年に延長されたのにともない、それまで5年とされていた帳簿書類の保存期間も一律に7年に改正されました。
この改正は、平成13年4月1日以後に開始した事業年度から適用されます。
この帳簿類の中に「受領書」「納品書」が含まれています。

Q領収書を先に発行する行為

同じ内容の質問がありましたが、もう少し突っ込んだ回答を頂きたく。
●質問されていた内容:「代金の回収は問題なくできると思うのですが、代金をもらう前に“領収書を先に発行する行為”は、法律上なにか問題があるでしょうか?」
●それに対する回答:法律上問題はない。ただトラブルがおきる原因となりうるので、確認書などを交わすほうがよいのでは?
●今回の質問:領収書を発行する立場からではなく、領収書の発行を依頼するほうではどうなのでしょうか?「先に領収書の発行を依頼する」という行為には、ある程度法的な根拠があるということを聞きました。
いわく、「そもそも手形は、受取側が、支払側へ出向いて受取らなければならないのに、その手間を省くために、手形を送付するのだから、支払側が受取側に対して、領収書を先に発行するよう依頼してもかまわない。」
ということで、質問は下記3点です。
(1)「受取側が、支払側へ出向いて手形を受取らなければならない」というのは正しいのでしょうか。
(2)また、正しいとすればそれはどのような法律を根拠とするものなのでしょうか?単なる商売上の習慣なのでしょうか?
(3)このことは手形のみならず、現金、小切手でも同様なのでしょうか?
「財務・会計・経理」で上記の質問をしたところ、「手形法」では記載事項として振出人の住所があり、手形を振り出す場所は通常振出人つまり支払側の会社住所で行うことになるのでその拡大解釈ではないか?という回答を頂きました。
私は法律にはまったく疎いのですが、債権債務という観点から、他に理由があるのではと思い、このカテゴリーに質問させていただきます。
よろしくお願いします。

同じ内容の質問がありましたが、もう少し突っ込んだ回答を頂きたく。
●質問されていた内容:「代金の回収は問題なくできると思うのですが、代金をもらう前に“領収書を先に発行する行為”は、法律上なにか問題があるでしょうか?」
●それに対する回答:法律上問題はない。ただトラブルがおきる原因となりうるので、確認書などを交わすほうがよいのでは?
●今回の質問:領収書を発行する立場からではなく、領収書の発行を依頼するほうではどうなのでしょうか?「先に領収書の発行を依頼する」という行為には、ある...続きを読む

Aベストアンサー

私の感覚・捉え方と質問者が先に聞かれた所での考え方が全く相反するので、私自身も現実を理解したいと考えています。法律条文に優先する商慣習が浸透しており、そちらを判断基準にされる立場の方に相談されたのではないかという気がしますので、ここで法律的な見地から回答することでかえって混乱するかも知れません。

民法484条及び商法516条には弁済の場所として、特定物引渡しにおいては契約時点でその物の所在地、他の場合は債権者の住所が原則とされています。通常は債権者が取立てをするのでなく、債務者が債権者の所へ出向いて弁済することが予定されています。但し、当事者間でこれと異なる取り決めをすることも可能ですし、商慣習があればそれに従うことになります。

商慣習としては、5・10日単位での集金行為、営業マンによる納入先への様子伺い=債務者の営業状態の把握、定例的な商品の納入に併せて月1回の相手方事務所への顔出しといった要素を含めて、債務者の住所で手形・小切手を受け取ることが一般化したのではないか、と考えます。

支払う側の合理化で銀行振込みとなる場合の送金手数料、手形を書留送付する際の郵送料を代金額面から差し引くことは、この商慣習が前提になった上で、受取側の手間を省いたこと、支払う側としては額面以上の負担をしたくないこと等から許容されていると思います。この点でも民法485条で弁済の費用を債務者負担とする条文と実務との乖離がありますが、商習慣自体が、合理化・効率化・経費節約といった観点から後になって修正されてきたという気がします。

領収書については、民法486条に弁済者の側から受取書を請求をすることができる、との規定があります。ここから考えれば先に領収書を要求する根拠はなく、精々手形交付時に備えて領収書の準備をお願いするくらいが限度ではないでしょうか? 常識的に考えても、現実の支払がない段階で領収書が切られることは想定しがたく、最低でも手形受取時に領収書との同時交換になるという気がします。便宜や相手方への信頼といった要素で領収書を先行させて、後日の払った・払っていないの係争になった場合には領収書発行側は保護されないのでは、という気がしますが、代金支払を受けていないで発行した領収書は無効とできるような商慣習が実在するのでしょうか?

私の感覚・捉え方と質問者が先に聞かれた所での考え方が全く相反するので、私自身も現実を理解したいと考えています。法律条文に優先する商慣習が浸透しており、そちらを判断基準にされる立場の方に相談されたのではないかという気がしますので、ここで法律的な見地から回答することでかえって混乱するかも知れません。

民法484条及び商法516条には弁済の場所として、特定物引渡しにおいては契約時点でその物の所在地、他の場合は債権者の住所が原則とされています。通常は債権者が取立てをするのでなく...続きを読む

Q講師への謝礼 のし袋いりますか?

セミナーを開催し、他社から講師としてお呼びしました。

謝礼は3万円なのですが、のし袋は必要ですか?
※ちなみに受領の証として相手側には、普通の領収書に記入してもらいます。

担当者にきくと、相手側は大企業なので、「失礼のないように、のし袋じゃないか。」といわれまして、
のし袋を用意しましたが、大げさではないかと。

表書きにもどのように書けばよいのか、検索しましたが、
セミナーの講師でのし袋なんて、ヒットしませんでしたので、
これは、非常識ではないかと思いました。

明日の朝には必要です。
のし袋でおかしくないのなら、表書きを教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

のし袋は贈答(プレゼント)の場合です。
謝礼は税金が付くことでも判るように報酬(給料みたいなもの)ですから。
熨斗袋に領収書は変ですね。
でも蝶結びの熨斗袋で怒る人はいないでしょう。
蝶結びは何度も有るといいですねという意味ですから。

常識的には白封筒に「謝礼」「お礼」だと思います。

Q受取書の書き方

おはようございます。

今年、姉に子供の高校準備資金として100万円

貸しました。

そして月5万円づつ実家で会った時に手渡しで

返してもらっています。

先日、姉から「学校に提出する書類として必要だから

5万円確かに受け取ったという意味の簡単な受取書を

書いてほしい」と言われたのですが

どのような書式で書いたらいいのか教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

雛形参考にしてください。

           受領書

           50,000円

(借用額 1,000,000円、受領済額 50,000円、今回受領額 50,000円)
   
 高校準備金借用代金として

 平成17年4月×日
 〇〇 姉子様

               
              東京都世田谷区〇〇2-1
              △△ 妹子     

受領済額は日付、金額の詳細を別紙や余白に記載しておいたほうがいいと思います。

Q注文請書に貼る収入印紙について

広告関連のライティングを中心に個人事業主として活動しています。
先日、取引先から請求関係の書式が変わりますという連絡を受けました。今日、届いた書類を見ると「注文書」「注文請書」「請求書」がセットになっており、必要事項を記入して捺印、「注文請書」には収入印紙200円を貼って郵送しろとのことなのですが。。。。。
今までいろいろな取引先と仕事をしてきましたが、発注書→納品書→請求書、あるいは見積書→請求書ばかりで、収入印紙を要求されたのは初めてでとまどっています。これは一般的なケースなのでしょうか? 今回は3万円というごく少額な取引ですが、今後もつきあいは続きそうです。これまで必要なかったのに、なぜ?という疑問も湧いています。印紙分が無駄な気がするのですが。。。。。なお、印紙代は経費になるのかどうかも、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>これは一般的なケースなのでしょうか…

この金額程度の取引では、確かにあまり見られない慣習かとは思います。
しかし、発注元の会社としては金額の大小に関わりなく、「注文を受けた」という確たる書面が必要なのでしょうね。
これを書くとなると、印紙税は避けて通れません。記載金額が、1万円以上 100万円未満で、200円の印紙です。
今回は 3万円とのことで貼らざるを得ませんが、もし、1万円ちょうどの契約があったとしたら、消費税が含まれているかいないかご注意ください。内税額が明記されている場合、本体価格が 1万円以上から印紙税の課税対象になります。

>印紙代は経費になるのかどうかも…

これらの印紙代は、「公租公課」として、当然経費に計上できます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7102.htm

Q「お取引先様各位」は正しいですか?

多数の取引先に対して通知文書を発行する際に、「お取引様各位」という宛名は正しいのでしょうか?
「お取引様」で「様」をつけて、更に「各位」とつけると重複するような印象を感じたのですがいかがなものなのでしょうか?(○○各位殿 みたいな印象)
過去の回答に「お客様各位」という使い方があるようなことがあったのですが、「お客様」は客+様じゃなくて「お客様」という代名詞のような扱いなのかしら・・?と思ったりしたので新たに質問させていただきました。
ネット検索したのですが、まちまちなので・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しいですよね。
「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・
「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。
「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。
バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑)

「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。
「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。

その他のいろいろな、ビジネス文書の記入方法をまとめたページを見つけました↓ので、ご参考に・・

参考URL:http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

Q受領書、納品確認書などどのように返信していますか。

仕事上時々、届いた荷物を開封します。
そのとき一緒に同封されている「受領書」をどう扱っていらっしゃるかの質問です。
会社によっては、切手の貼った封筒が同封されていて「返送してくれ。」という希望が見えますので、早々と返信します。
また「捺印後、返送してください。」と言った旨の手紙も入っているところもあります。これも返信します。
 問題は、「返信」の旨が書いた手紙も返信封筒も無いときです。
返信希望がない。ということは「返信不要」と解釈しています。
場合によって不要な会社もあると思うのです。そこをわざわざお金を払って送るものなのでしょうか。
用紙の性格上、返信するのが原則かもしれません。
が、こちらが代金を払うお客の場合はなんだかな。と思い返信しません。
皆様はどうされておられるか教えてください。
また、返信の旨を知らせず「受領書」を同封する理由はなんでしょう?(「・・・できたら送ってほしい・・・かな?」っていう客の善意に期待しているのでしょうか??)

Aベストアンサー

 こんばんは。

 返信用の封筒が同封されていなければ、返送してほしいという意思はないということでいいと思います。
 大抵、納品書と受領書は複写になっていますから、はがすのが面倒なので、一緒に入れているだけなんだと理解しています。それと、いつもの業者だと、信用取引みたいなものですから、受領書がないから受領した覚えがないと言われる事はなく、あらたまってやり取りする必要もないと思っているんだとも想像します。
 以上から、返送はしません。


人気Q&Aランキング