人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私の知人が出家されるそうで、今度得度式に出席することになりました。

宗派など詳しいことを知らないのですが、得度式に出席する服装と、ご祝儀はいくら位か教えていただけないでしょうか?

A 回答 (2件)

[宗派など詳しいことを知らない]での回答は難しいですね。


少なくとも私の宗派で私の得度の時には、得度者以外参加できませんので、出席者はいませんので服装はアドバイスが出来ません。
ご祝儀ですが、得度年齢が私の宗派は9歳からですし、遅くとも20歳程度までです。例外的にもっと遅い方はいますが、得度しただけでは一般にはいわゆる小僧状態ですので通常は若いです。得度が遅いと年齢制限でその後の学校に行けませんし・・・
ですから、得度年齢によって、ご祝儀を本人がもらうかどうかも異なりますし、親からお小遣い程度にお祝いをもらった程度の方も多いと思います。自分のときのことは・・・親と伯父からもらったような?・・あと、他の寺の住職から法具をもらいましたね。あとは忘れました。"^_^"
一般に寺院子弟の場合、檀家からのご祝儀があるかもしれませんが、寺の納めてしまうので金額はわかりません。続柄や寺の役員の立場の違いとか、そもそも得度者の年齢にもよると思います。

この回答への補足

宗派は禅宗だそうです。

補足日時:2006/07/27 20:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2006/07/28 22:30

曹洞宗の僧侶です。


服装は一般的な礼服でかまいません。
ご祝儀は地域やお寺さんの考え方にもよりますが、ご本人へのお祝いで2万円+得度式を行うお寺のご本尊様へのお布施1万円=計3万円であれば間違いないところだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/28 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q得度式のお祝い

両親がお寺から得度式のご招待を受けました。
両親は別の予定があり、出席できませんが
日頃からお世話になっているので、お祝いしたいそうです。
そこで質問です。

祝儀袋は、普通の赤い水引の祝儀袋でいいでしょうか。
ネット検索するとお寺のお祝い用のご祝儀袋があるようですが
(水引が蓮の花のような感じで、落慶などで使う)
こちらがよろしいでしょうか。

表書きは「お祝い」でいいでしょうか。

お祝いの金額ですが、教えて!gooを検索したところ
3万円という過去の回答がありましたが
3万円が一般的なのでしょうか。

両親とお寺さんの関係ですが
10年ほど前、知人の紹介で知り合い
祖父母の葬儀や法事に来ていただいたり
悩み事の相談に乗っていただくなど
大変お世話になっていますが檀家としては新参です。

得度式を受けるのは住職の跡取りとなる人です。

両親以外の家族(私や弟)は他府県で生活しており
代理出席することが出来ません。

※何分、冠婚葬祭の用語に詳しくないので
 不適切な言葉を使用しているかも知れません。
 ご容赦ください。

両親がお寺から得度式のご招待を受けました。
両親は別の予定があり、出席できませんが
日頃からお世話になっているので、お祝いしたいそうです。
そこで質問です。

祝儀袋は、普通の赤い水引の祝儀袋でいいでしょうか。
ネット検索するとお寺のお祝い用のご祝儀袋があるようですが
(水引が蓮の花のような感じで、落慶などで使う)
こちらがよろしいでしょうか。

表書きは「お祝い」でいいでしょうか。

お祝いの金額ですが、教えて!gooを検索したところ
3万円という過去の回答がありましたが
...続きを読む

Aベストアンサー

http://okwave.jp/qa2514328.html?ans_count_asc=20

お祝いで3万円でよいでしょう。

Q得度のお供え金額について

小学生の子供があるお寺での小坊主さんの体験修行に行きました。
3日間の修行で写経や読経座禅など結構本格的な内容でした。
この行事に関しての費用は定められており、本当にお寺様のお気持ちの行事だなと思うぐらいのお安い参加料でした。
そして修行の最終日に希望者は得度を受けることができ、
「どうされますか?」と聞かれ、得度の意味もよくわからないまま
「お願いします。」と言ってしまい、子供は得度を受けさせていただきました。そしてその得度に関するお供えは「お気持ちで!」と言われ、
1000円を包みました。
今更ながら、この金額で良かったのか不安です。どうぞ相場をお聞かせ下さいませ。
また、この行事は毎年あり、今後も参加させたいのですが、得度も毎年受けるものなのでしょうか?
わが子は仏門に入る予定はなく、あくまでも夏休みの体験修行として参加しております。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

「得度」はANo.1の方が書かれているように、本来、出家してお坊さんになり、ある教団の僧籍簿に登録される事を意味します。
しかし、修行体験などを行っている寺院では、イベント的にいわば「真似ごと」として「得度式」を行っているところもあり、また、在家の方に戒を授ける授戒会を「得度」と呼んでいるところもあります。
ご質問のお寺がどういうスタンスでされているのかわかりませんが、小学生対象の3日間程度の修行体験だけで、内容の十分な説明もなく本式の得度に進むことは考えにくいので、あくまでも「イベント」とお考えになって良いのではないでしょうか。そうであれば、参加費のような意味合いで収められる金額は、それほど高額でなくても良いと思います。
どうしても気になるのであれば、当のお寺さんに伺ってみられる事をお勧めします。

Qお寺さんへの贈り物の「のし」表書きについて教えてください! 

寺院の檀家から 得度のお祝いにと袈裟を贈る時、
その袈裟代をお金で包む場合 のし袋の表書きは何と書けばいいのでしょう??
また どんな のし袋が適当か教えてください!
お願い致します。 

Aベストアンサー

表書きは個人的にはには「御祝」でかまわないと思いますが、相手が僧侶なので、敬う気持ちを表したいのであれば「奉祝」という書き方も会ったような気がします。
のし袋は金銀の水引つきでいいと思いますよ。


参考URL:http://www.taka.co.jp/sasagozo.htm

Q仏門に入るには、どういう手続きを現代ではとるのか?

 タイトル通りですが、現代において仏門に入るには、何か特別な手続きがあるのでしょうか?
 例えば仏教系の学校を出ないと今は仏門には入れないとかあるのでしょうか?
 昔だと思い立ってお寺の戸をたたくとか、駆け込んでそのまま仏門にはいるとか聞いたことがありますが、今時はそういうことが通用するのでしょうか?
 漠然とした質問ですみませんが、広く知識として知りたいと思ったので、お聞きしています。どなたか教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

私自身はそうではないので、参考程度にどうぞ。
(少々、修験道に関っております)
また、実状は違うかも知れませんので。

さて、一言で「仏門」と言っても「住職」「僧侶」「出家」「在家」・・、など様々な形態がありますが、何か特定の希望があるのでしょうか?

「信仰を持つ」という意味ならば、誰の許可も必要なく、ご自身で勉強し修行されても結構です。

ただし、いわゆる「社会的資格」として「僧侶」になりたいのであれば、それ相応の「宗派」に属し、その機関で研修(修行)や得度を受けます。
しかしこれも、宗派によっては得度を必要としなかったり、独自の制度を必要とするケースもあります。
ーーーー

では、具体的にどうするかと言うと。

まず、「駆け込む」ですが。
これは場所にもよります。
大きな寺院ではそのような事はありませんし。
個人のお寺などなら、「弟子」「小僧」として働かせてもらえるかもしれません。
もしそれで「師匠」ができたのなら、その紹介で宗派の「本院」に修行に行き、正式な身分を得る事になるでしょう。
ーーーー

もう一つは、「就職」する事です。
実は・・、現代では「僧侶」は立派な求人も出ているのです。
例えばこんな感じ・・
http://www.zuiganji.com/souryo.html
http://www02.so-net.ne.jp/~guhouji/zuishin.html
http://www.urban.ne.jp/home/tobikan1/souryo/index.htm
各種求人、転職雑誌でも募集が載ってますよ。

また、有名どころ「西本願寺」などともなると
専用の教育課程を事業化しています。
http://kyoto.cool.ne.jp/monto/tuusin/
情報交換の掲示板も・・
http://6302.teacup.com/bousan/bbs
ーーーー

・・・ってな感じで、「仏門」と言っても
「信仰」としてなのか、「職業」としてなのか。
また、密教系の得度をした後、在家で修行僧になるのか・・。
宗派をもたないフリーの「修行僧」となるのか・・。
その辺りのポイントを整理するといいかと思います。

基本的にはどれも「来る者は拒まず」の世界ですから、いろいろチャレンジして、自分なりの「信仰」を模索するのもいいでしょう。
まずは、各宗派・各教義を勉強し、どれが自分の進むべき道か見定めるのが近道かも知れません。
ーーーー

合掌。

私自身はそうではないので、参考程度にどうぞ。
(少々、修験道に関っております)
また、実状は違うかも知れませんので。

さて、一言で「仏門」と言っても「住職」「僧侶」「出家」「在家」・・、など様々な形態がありますが、何か特定の希望があるのでしょうか?

「信仰を持つ」という意味ならば、誰の許可も必要なく、ご自身で勉強し修行されても結構です。

ただし、いわゆる「社会的資格」として「僧侶」になりたいのであれば、それ相応の「宗派」に属し、その機関で研修(修行)や得度を受けます...続きを読む

Q晋山式のお祝いについて

お世話になっているお寺さんのご住職が息子さんに代替わりするにあたり、晋山式の案内をいただきました。(曹洞宗)
我が家は檀家として新しい方なのですが、お祝いはどの程度包んでいけば良いのでしょうか?(当日は姑がお祝いを持って行きます)地域、宗派でお祝いの額は違うのかも知れませんが、相場のようなものがあれば教えて頂きたいと思います。
また、姑がそのような場合は誰がいくら寄進したか張り出される・・・と申しておりますが、そのような事はあるのでしょうか?
(「張り出されるから、多めに包まないといけない・・・」と危惧しております)
ご経験のある方、またお寺関係に詳しい方、お手数ですがどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 うちの菩提寺(曹洞宗)も近々晋山式があります。(まさか同じお寺では・・・・)
 昨年のうちに菩提寺の護持会から案内が来て,「出席」と返事を出したところ,最近になって詳しい案内が送られてきました。
 昔,禅宗のお坊さんは妻帯していませんでしたから,住職の息子が継ぐということがありませんでした。お寺は檀家の所有物であって,檀家が乞うて住職となるお坊さんを招いたのでした。新しく住職になるお坊さんを迎えるために,晋山式前には,お寺を修繕したり,直したりするので,寄進は晋山式前に募るものでした。寄進をすれば誰がいくら寄進したか張り出されることもありましょう。「寄進」と「御祝」は違うので,御祝の額が張り出されることはないでしょう。

 うちの場合,住職の息子が晋山することもあり,昨年のうちに届いた案内には,「本来ならば寄進を募るところですが,御祝等で賄います。」というようなことが書かれていました。

 うちの菩提寺の護持会費が近隣の寺院に比べて高く,かつ,檀家数が多いので,滅多に「寄付をしてくれ」とは言われません。本堂の屋根瓦の葺き替えや壁の塗り替え,その他もろもろ,毎年あちこち修繕をしていますが,寄付を求められたことはありません。

 そんな状況下,晋山式の御祝をいくら包めば良いか思案しておりました。近所に同じお寺の檀家さんがおられ,そこは戒名に「居士」が付いているところでして,お寺の行事のお手伝いや座禅会にも行っておられます。気さくな方なので,「いくら包むの?」と訪ねたら,「5万包んで,もう持っていった。」と教えてくれました。
 うちの父の戒名は「信士」なので,じゃあ3万を当日持って行けばいいかと考えております。

 うちの菩提寺(曹洞宗)も近々晋山式があります。(まさか同じお寺では・・・・)
 昨年のうちに菩提寺の護持会から案内が来て,「出席」と返事を出したところ,最近になって詳しい案内が送られてきました。
 昔,禅宗のお坊さんは妻帯していませんでしたから,住職の息子が継ぐということがありませんでした。お寺は檀家の所有物であって,檀家が乞うて住職となるお坊さんを招いたのでした。新しく住職になるお坊さんを迎えるために,晋山式前には,お寺を修繕したり,直したりするので,寄進は晋山式前に...続きを読む

Qお寺の息子さんが後を継いで僧侶になる場合についておしえて下さい!

お寺の息子さんが後を継いで僧侶になる場合について教えて下さい!
1★★★僧侶になるほとんどの方は、仏教系の大学や仏教系ではなくても大学を卒業してから僧堂で修行をして
僧侶になるのですか?

2★★★大卒と大卒でない方では、修行年数以外で違いは出てきますか?
大卒でない方は僧侶になったあと、独自で勉強したり師匠に教えを受けることで大学で得られなかった知識を
補う事は出来ますか?

3★★★大卒であろうとなかろうと僧侶になれるし、もし大した違いが生まれないのであればナゼ大学に行くのですか?

Aベストアンサー

先の回答とダブりますが。

1.知り合いにお坊さんはたくさんいますが、大卒の方もいらっしゃいますし、そうでない方もいらっしゃいます。

2.宗門大学ですと、大学で「一定の教科を履修すると僧堂での修行を1年免除する」という特典(?)を設けている場合があります。これは宗派によりますので、どの宗派にも当てはまるとは限りませんが、違いといったらその程度の修行の減免くらいで、あとはほとんど変わらないと思います。
また、大学で専門知識を学ぶのと、実際にお寺の住職として働くのは別物だと思います。もちろんご自身の宗派に関する学問的な専門知識を持つことは重要であり必須ですが、知識だけで坊主になれるわけではないので、一定の決められた期間の修行をへれば、住職としての基本は学べると思います。
僧侶になってから専門知識の勉強をすることは充分可能です。僧堂での修行を継続させれば、いくらでも教えを受けることは可能ですし、住職になってからでも自分で勉強することは可能です。というか、住職になったら修行は終わり、勉強は終わりではないと思います。坊主になったからには死ぬまで修行で、いくらでも勉強しないと坊主をやっている意味がないと思います。

3.ある程度は「箔を付ける」という意味合いがあると思います。お坊さんは一般人からすれば「えらい人」というか「教えを乞うべき人」です。今ではほとんどの人が大卒ですから、その学歴より下だと、お坊さんが偉そうに説教しにくい面があると思います。
特に宗門大学を出ていれば、自分の宗派に関しては「専門家」になれるわけですから、檀家さんに堂々と説教ができるようになるわけです。

もちろん、大学など出ていなくてもいいわけですが、多くの寺院の子供は「僧堂での修行が嫌だ」と思っているようです。
つまり、少しでも楽をしたいという理由で、大学で一定の科目を履修して修行期間を少しでも短くしようと考え、専門科目を履修してとりあえず卒業すれば檀家さんにバカにされないだろうということから、宗門大学へ行くのです。

というのが、私の見てきたお坊さんの印象です。ちなみに私は某派の宗門大学卒業です(家はお寺ではありませんが)。

個人的には、大学を卒業していようがいまいが、僧堂でみっちり修行をしているお坊さんは尊敬に値します。顔つきが違います。ただこういうお坊さんは寺院出身の方は少なく、在家から出家された方の方が多いように思います。寺院出身の方は、周囲から修行についていろいろ聞かされているので修行を嫌がるのかもしれませんが、もっと修行期間を長くして練り上げてほしいものだと思います。

余談になりましたが、坊主にとって大卒かどうかは問題ではないと思います。宗派内での地位がどうなるかは外部の人間なのでわかりませんが、宗派内の地位が上がっても、坊主としての資質がないと、檀家さんはついてこないと思います。

先の回答とダブりますが。

1.知り合いにお坊さんはたくさんいますが、大卒の方もいらっしゃいますし、そうでない方もいらっしゃいます。

2.宗門大学ですと、大学で「一定の教科を履修すると僧堂での修行を1年免除する」という特典(?)を設けている場合があります。これは宗派によりますので、どの宗派にも当てはまるとは限りませんが、違いといったらその程度の修行の減免くらいで、あとはほとんど変わらないと思います。
また、大学で専門知識を学ぶのと、実際にお寺の住職として働くのは別物だと思い...続きを読む

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む


人気Q&Aランキング