始めまして、私は資産運用を始めようと考えています。
お金を流動的に運用して、増やしていくという、資産運用ですが、
例えば極端な話、その運用だけで月々20万くらいの収入が見込め、
働かなくても生活をしている、という人はいるのでしょうか?
もしいたとしたら、どうやってその生活をするに至ることができたか?
そして運用資金はいくらくらいなのか?どのような投資を行っているのか?
具体的に教えていただければとおもいます。
簡単な話じゃないことは分かっておりますが、よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>例えば極端な話、その運用だけで月々20万くらいの収入が見込め、


>働かなくても生活をしている、という人はいるのでしょうか?

不労所得者というのは多く存在しています。
広義で言えば年金生活者も年金積立という資産運用を行った結果と言えます
からこの中に含まれるものだと思います。

ご質問の内容からは、歳を取っての不労所得ではなく若くして財をなし方々を
さしているのだとおもいますから、そのような回答をいたします。

>例えば極端な話、その運用だけで月々20万くらいの収入が見込め、
>働かなくても生活をしている、という人はいるのでしょうか?
>そして運用資金はいくらくらいなのか?

現状の運用環境ではリスク許容度にもよりますが、運用利回り2~3%だとおもいます。この数字から月平均20万円の収入を得るための運用資金は
運用利回り2%→1億2000万円
運用利回り3%→  8000万円
です。

>どうやってその生活をするに至ることができたか?

色々なパターンがあると思いますが、考えられるものを記載します
1.親などから贈与や遺贈されたことにより資産ができた
2.外資系金融機関などで高報酬で働き、多くの金額を貯蓄した
3.土地で一山当てた(偶々持っていた土地に道路が走った等)
4.株で一山当てた(例えばYahoo株などはそうですよね)
5.宝くじが当たった
6.交通事故などで高額の慰謝料あるいは保険金が入った
このような所です。財産を譲ってくれるような知り合いがいるか、
高収入を得られる能力があるか、運があるかということでしょうか。

>どのような投資を行っているのか?

以下のようなポイントだと思います
1.安全性を重視して、色々なものに分散投資
2.都心でマンションを購入し賃貸に出すなど不動産投資
3.高格付けの配当利回り銘柄の株を購入
4.国債など高格付けの公社債を購入
5.外貨とくに外債(米国債が多い)を購入
6.短期で売買は行わず、長期投資が原則

>働かなくても生活をしている、という人はいるのでしょうか?

私の周りには働かなくとも生活できる人はいますが、
全く働かないという人はいません。人間の欲は際限なく、実際
安定的に20万円の運用収入が入ってもそれ以上を狙いに行く人が
ほとんどだと思います。

>具体的に教えていただければとおもいます。

余り具体的ではありませんでしたが、ご参考になれば幸いです。
ちなみに、私は不労所得者になるには程遠い状況です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました!!私の場合、「2.外資系金融機関などで高報酬で働き、多くの金額を貯蓄した」にあたる、つまり地道に働くしかない 泣 ので、少しずつ働いてできた金で、少しずつ投資でためるしかなさそうです。そして、約30%投資したとして、そのうちの数%は冒険に使う、といった投資の仕方がいいのでしょうかね。20万得るには、運用利回り3%でさえ8000万円いるというのですから、先が長い話ですが、紹介していただいた商品の詳細を勉強して、工夫して頭を使うしかなさそうですね。20万は欲張りすぎでした。せめて10万にします 笑
頑張ります!ありがとうございました!!

お礼日時:2002/03/08 00:17

結論から言いますとあると思いますが教えることは出来ませんし、他に教えてくれる人もいないと思います。


もし500万の資金で20万を資産運用で稼ぎ出すということは月の運用率で4%です。
株などは1日でも平気でそのくらいは値動きします。
ただここで一般の人はほとんど気が付きませんがたかが4%を複利で運用した場合10年後に500万がいったいいくらになっていると思いますか?
5億円です。
そんな方法を知ってる人は教えることは絶対にしません。なぜならその方法が出回って皆がやり始めると方法自体が成立しなくなるからです。
よく投資の参考本に「絶対儲かる…」とか「確実に2割儲かる…」などありますが、もしそれが仮に嘘じゃなかったとしても皆がいいと思って始めた時点で嘘になります。
残念ながら資本主義ってそんなものです。
だから自分自身で独自の投資法を確立してやっていくしかないのです。
最初は必ず授業料を払います。(負けます)
わたしもそうでした。
ただ諦めずに投資を続けているうちに必ず上達していきます。
直接的な回答にはなっていませんが、健闘をお祈りします。
ポイントは4%です!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

すんごく説得力あるご説明でした!!ありがとうございました!
なるほど、自分で見つけ出すしかない!これこそが方法なわけですね。ということは、方法はあるということですね!方法があるなら、望みが沸いてきました。自分自身の運用方法を見つけ出そうと思います!たったの4%でも500万あれば20万稼ぎ出すことができるんですね!少しずつ勉強していこうと思います。そして、500万が全ての資産だとして500万投資はできないので、最初は20万と言わず、少しずつためていこうと思います。ありがとうございました!!

お礼日時:2002/03/08 00:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10万円の資産運用<初心者です>

10万円の資産運用<初心者です>

経済の理解を深めるため、資産運用にチャレンジしようと勉強中です。
最適な金融商品について助言をください。
・経済の勉強になる
・10万円以上の大きな損失がない
・10万円は消えて無くなってもいいが、1本だけではなくいろいろな金融商品にチャレンジしたい
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経済の勉強になる観点で考えるのならば、本を読んだ方が早いです。
具体的には株式だったら「ウォール街のランダムウォーカー(バートン・マルキール著作)」
為替だったら「これから10年外国為替はこう動く(国際通貨研究所編)」の2つでOKです。

実践だと、株式ならばまともなポートフォリオを作るには単元未満株で複数銘柄を組み込むか、投資信託を買うしかないです。
債券だと日本国債10年だと約5万円からになります。
外国債券を買う場合は口座管理手数料がかかる場合が多いです(10万円以下でも買える場合も有ります)。
FXだったら、証拠金10万円って言うのは最低限でして、失敗すれば一瞬で資金が0になる場合も出てきます。
資金的には10万円では1つで限界です、2つ以上やるのは投資信託を使う方法が有ります。
なお、投資信託を使えば1000円単位で購入できる証券会社もあるので、投資信託を使う方法が良いかも知れません。

個人的な意見としては金額が小さすぎるように思えます。
ここに書かれている情報については最終的な判断は自己責任でやってみてください。

Q公的年金を株運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)GPIFの株運用は9月末時点の運用

公的年金を株運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)

GPIFの株運用は9月末時点の運用資産額は135兆1087億円(6月末時点141兆1209億円)で物凄く乱高下しているが、

GPIFは昨年10月、公的年金の資産構成を見直し、国内株、外国株の構成比率をそれぞれ従来の12%から約2倍の25%に引き上げる。

 9月末時点の運用資産額は135兆1087億円(6月末時点141兆1209億円)。年金積立金全体の資産構成割合は、株価下落に伴い、国内株式が21・35%(同23・39%)、外国株式が21・64%(同22・32%)にそれぞれ低下。一方、国内債券は38・95%(同37・95%)に上昇し、外国債券も過去最高の13・6%(同13・08%)となっている。

GPIFの運用資金は135兆円で、うち20%を国内株の購入に当てているので27兆円が株式市場に流れている。

日銀は210兆円に0.1%の政策金利を付けているので、現在の銀行は年間2000億円の利子を日銀から受け取っていた。

それが新規分から-0.1%のマイナス金利になるので銀行は210兆円分を日銀に資金運用して貰っているが、今度からは保管料で2100億円が取られるようになる。

銀行は2100億円分を自らが稼がないといけない。

銀行は株を買えないので証券会社や投資信託に委託することになる。

証券会社は運用に失敗しても手数料が貰えるし、成功すると成功報酬を得られるのでどっちにしろ証券会社の株は上がる。

210兆円のうちどのくらいの規模の銀行資金が株式市場に流入してくるのだろうか?

年間2100億円ぐらい銀行は日銀に保管料を払っても安いのでしょうか?

銀行はどう思っているのか教えてください。

ATM手数料を数十円引き上げたら、日銀保管料の手数料はペイ出来る気がします。

銀行は危険を冒して国内株式投資をするとは思えないんですがどう思いますか?

公的年金を株運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)

GPIFの株運用は9月末時点の運用資産額は135兆1087億円(6月末時点141兆1209億円)で物凄く乱高下しているが、

GPIFは昨年10月、公的年金の資産構成を見直し、国内株、外国株の構成比率をそれぞれ従来の12%から約2倍の25%に引き上げる。

 9月末時点の運用資産額は135兆1087億円(6月末時点141兆1209億円)。年金積立金全体の資産構成割合は、株価下落に伴い、国内株式が21・35%(同23・3...続きを読む

Aベストアンサー

銀行内部のことは申し上げられません。個人的にはあなたのご指摘の通りです。簡単な回答で申し訳ありません。

Q初心者の資産運用

普通貯金や定期貯金以外の資産運用をしようかと考えています。
ネットで調べたところ、資産運用と言っても色々あるんだなぁ~と、初めて知ったようなレベルの普通のサラリーマンです。

初心者でも始められて、ローリスクなお勧めの資産運用方法を教えて下さい。
(もちろん始めると言っても、本等で勉強をしてからのつもりです。)
不安なので、とりあえず軍資金は10万スタートで、様子を見てから上げていこうと考えています。
軍資金はすぐに必要になるようなお金ではないので、長期も可能です。

あと、私が調べた資産運用方法は下記のような感じですが、この中でローリスク順に並べ換えて頂けないでしょうか。
(他にもありましたら付け加えて下さい。)
 外資MMF
 外資預金
 外国為替証拠金取引
 株式投資
 個人向け国債
 不動産投資

Aベストアンサー

私の個人的意見としてはこうです
外資MMF
個人向け国債
 外資預金
 株式投資
 不動産投資
外国為替証拠金取引
投資で一番大事なことは実際に稼いでいるプロと付き合うことです。
実際に稼いでいるプロと触れ合ってみるということです。これが資産を増やす上でとても大事なことだと考えています。

Q資産運用の資金は全資産の何割を占めていますか?

結婚10か月の子なし夫婦です。
資産運用を考えているのですが、現在、まだ貯蓄が350万円程度しかありません。
年間の給与収入(手取り)は、夫400万円、妻300万円の計700万円です。
あと2年(子供ができるまで)はこの収入を維持し、年間300万円を貯蓄に回す計画です。
また、あと数年は大きな買い物をする予定はありません。
この場合、あなたなら現時点でいくらまで資産運用に回しますか?
また、現金として持っておくべき金額はいくらをメドにすればいいですか?

Aベストアンサー

 思考実験としても面白い質問ですね。

 (1)夫700万円、妻専業主婦よりも、
(2)夫400万円、妻300万円の共働きで
700万円を稼ぐほうが、冒険はできるかと思います。

 生活防衛資金として2年分(350万円×2)を
確保する場合、(1)だと夫がリストラされると
収入0なため、貯金で700万円は欲しいところです。

 一方、(2)の場合は、収入の多い夫がリストラ
されても、妻の収入+100万円あれば2年間は
なんとかなります。

 ですので、質問者様が30前後と仮定すると、
僕なら定期預金に100~150万円程度入れておいて
株などのリスク商品に回します。

 2年後の妻が仕事を辞めるかもしれないとき
を目安に、預貯金700万円、リスク商品300万円
ぐらいの配分になるように考えます。妻が仕事を
続けるのなら、預貯金200万円、リスク商品800万円
ぐらいの配分にします(僕ならですよw)。

 ハイリスクなものが全てハイリターンとは限りません。
ハイリスクなのにミドルリターンやローリターンな、詐欺
みたいな投資案件はごろごろ転がっていますのでご注意を。

 2人で力をあわせる時、目的志向の資産運用という考え方は
参考になるかと思います。

参考URL:http://store.shopping.yahoo.co.jp/7andy/30920415.html

 思考実験としても面白い質問ですね。

 (1)夫700万円、妻専業主婦よりも、
(2)夫400万円、妻300万円の共働きで
700万円を稼ぐほうが、冒険はできるかと思います。

 生活防衛資金として2年分(350万円×2)を
確保する場合、(1)だと夫がリストラされると
収入0なため、貯金で700万円は欲しいところです。

 一方、(2)の場合は、収入の多い夫がリストラ
されても、妻の収入+100万円あれば2年間は
なんとかなります。

 ですので、質問者様が30前後と仮定すると、
僕なら定期預金に100~150万円...続きを読む

Q超初心者の資産運用について

20代半ばの派遣社員です。これまでは給料から何万かを自動積立するだけで、特に他には何もしてきませんでした。しかし色々と資産運用の話を聞いて行くうちに、今の内から少しは関心を持つべきかな…と思うようになりました。しかしながら手取りは少なく不安定な雇用のため、今の状況で資産運用なんて出来るのか?疑問です。お金を無いのを理由にしていたら何も出来ませんが…。

少額からでも始められるのは株なのでしょうか。友人が株を行っていますが仕事中もそわそわ値動きを気にしていて、なんだか落ち着かないなと思いました。私も神経質な方なので、預けたらしばらくほったらかしの方が性に合ってるのではと思います(そんな方法があるかは不明です)
以前ちらっと読んだ本では、当面の生活費(給料の3カ月~半年分)は残しておき、残りを国債などのリスクの低いものと、リスクが高い投資信託に分ける…というようなことが書いてありました。国債は途中で降ろさなければ元本割れしないと聞きましたが…国が破たんしない限り大丈夫なのか?投資信託ってどうやって買うのか?口座はネットバンクなどになるのか?等、初歩的なところからすでに分かりません。書籍を借りて読んだこともありましたが、「初心者向け」と書かれていても1ページ目から専門用語のオンパレードで挫折しました…。本でもサイトでも構いません、私のような資産運用の「し」の字も分からないような人間でも学べるものがあれば教えていただきたいです。実際に資産運用を行うかは別にして、どういったものかくらいは知っておきたいのです。今後銀行などでカモにされないためにも。

余談ですが、学生時代に純金積立をしていたことがありました。その間に値段は上がりましたが、しかし学生のため少額ずつしか買えず、結局手数料の方が大きかったです。そうなると、やはり一度に大金を出せるような人間じゃないと資産運用って出来ないのかな…と考えてしまいます。

20代半ばの派遣社員です。これまでは給料から何万かを自動積立するだけで、特に他には何もしてきませんでした。しかし色々と資産運用の話を聞いて行くうちに、今の内から少しは関心を持つべきかな…と思うようになりました。しかしながら手取りは少なく不安定な雇用のため、今の状況で資産運用なんて出来るのか?疑問です。お金を無いのを理由にしていたら何も出来ませんが…。

少額からでも始められるのは株なのでしょうか。友人が株を行っていますが仕事中もそわそわ値動きを気にしていて、なんだか落ち着かな...続きを読む

Aベストアンサー

まずはライフプラン(将来の資金計画)を立てて、資産運用の目的を明確にされた方が良いと思います。
目的が不明確ですと、資産運用の方法・商品の選択も意味(理由)の無いものになってしまいますし、上がった下がったで一喜一憂してしまいます。

目的や目標を決めて、そこに向けた資産運用の方法・商品をお考えいただくのが良いと思います。
例えば、老後資産づくり・資産形成を目的であれば、「○○歳時に○○万円の資産をつくることが目標、そのために毎月○○万円の積立だと年○○%の運用が必要、そのための資産運用の方法・商品は…」と逆算してお考えください。
投資信託の積立は月500円以上としている金融機関もありますし、購入手数料0円の投資信託もありますので、少額でも可能です。NISAを利用することもできます。
また、確定拠出年金という選択肢も考えられます。掛金が全額所得控除となる上、運用益は非課税ですので、税制面のメリットがあります。預金や投資信託等の運用商品を使って自由に設計し管理・運用することができます。老後資産づくりとしては優れた方法です。

純金積立をされていたとのことですが、純金積立に限らず毎月の積立投資は“ドルコスト平均法”と言って非常に強い投資手法です。毎月同じ金額の積立でも、価格が下がっている時には多くの口数を購入できる(価格が上がっている時には少ない口数しか購入できない)ため、長期間継続することで購入単価を低く抑える効果があります。一括投資とは異なります。
積立をしながら、1年毎などルールを決めて状況確認と見直し(メンテナンス)をしていくような管理・運用であれば、負担も少ないと思いますし、精神衛生上も良いと思います。

投資信託は、銀行や証券会社等の金融機関で購入できますし、ネット証券でも取引可能です。金融機関で相談をしますと、手数料の高い商品を提案される可能性がありますので、その点はご注意ください。費用を低く抑えた方が効率の良い運用ができます。
個人向け国債も金融機関で購入できます。値上がり益は得られませんが、利金を受け取ることができます。1年経過後から中途換金も可能です。受け取った利金と中途換金時の金額を合算すると、元本を下回らない設計になっています。

roroneko4949さんのお考えに合った資産運用をしていただければと思います。
ご質問やご相談等がございましたら、お気軽にお申し付けください。

以上、お役立ていただければ幸いです。

まずはライフプラン(将来の資金計画)を立てて、資産運用の目的を明確にされた方が良いと思います。
目的が不明確ですと、資産運用の方法・商品の選択も意味(理由)の無いものになってしまいますし、上がった下がったで一喜一憂してしまいます。

目的や目標を決めて、そこに向けた資産運用の方法・商品をお考えいただくのが良いと思います。
例えば、老後資産づくり・資産形成を目的であれば、「○○歳時に○○万円の資産をつくることが目標、そのために毎月○○万円の積立だと年○○%の運用が必要、そのための資産運用...続きを読む

Q20万円を運用するのにオススメは?

今年に入ってからコツコツと貯めて今20万円ぐらいあります。
このまま普通預金として置いといてもアホらしいので少しでも増やしたいのと、普通預金だといつでも簡単に引き出せてしまうのでそれを阻止するという意味もあるのですが^^;
しかし、株や外貨預金などの知識が一切ありません。
年間何百円程度のリターンでいいので素人にも安全な金融商品を教えてください。

Aベストアンサー

決して安全ではないですが、ネット証券会社に口座を開き、そこで、外貨MMFという方法があります。

ドル建てMMFを1月初旬に12万円買い付け、今日の受渡しで124000円くらいになりました。

為替の動向を見ながらやっていけば、得るものもあります。もちろん元本保証はないので、損する場合もあります。

Q初心者☆主婦の資産運用

30代後半、夫婦二人暮らしです。
将来(老後、不動産購入等)の柱となる資産運用は主人がしております。
私は、生活費の剰余金や雑収入を使って額は小さいですが、運用しようと
思ってます。(主人了承済み)

私が運用できる現在の額、350万
毎月生活費から貯蓄へまわせる額、5万~8万

・新興国投信へ50万はするつもりですが、その投信への50万が少ないのか多いのかさえ分かりません。
・株は初心者なので勇気がありませんが、投信ばかり3~5商品買うのは変ですか。

金融機関で直接に相談したいですが、資産が少ないとゴミ扱いという噂なので、小額で相談するのに躊躇してます。この噂本当ですか。
そこで皆さまに参考・アドバイス等お願いします。

Aベストアンサー

回答にはなりませんが、新興国はかなりリスクが高い市場である点は注意が必要です。
まずは、どの程度のリターンが欲しいのかを具体的に決めておきましょう。
年5%程度ならば新興国に投資しなくても先進国の株式を分散投資するだけでも大丈夫でしょう。
年3%程度ならば株式、REIT、債券と分散投資をして良いでしょう。

>金融機関で直接に相談したいですが、資産が少ないとゴミ扱いという噂なので、
>小額で相談するのに躊躇してます。この噂本当ですか。
それ以前に金融機関からのお勧め商品って信託報酬の高いファンドばかりを勧めてきます。
ですから、ある程度知識が無いとコストの高い商品ばかり勧められて結果的にリターンを落とす可能性が高いと思いますよ。
それから、資産を増やす事が目的ですから毎月分配型投資信託は必要ありません。
なるべく税金のロスを考えて無分配(分配しても少額)の投資信託を選ぶべきです。
その他にも、コストの高いアクティブファンドよりもコストの安いインデックスファンドの方が結果的に良いと思います(概ね信託報酬は1.05%以下が目安)。
それから、日本株インデックス、米国株インデックス、中国株インデックスに投資するのならばETFを市場で買った方が信託報酬が安くなります。
日本株ETFはどこの証券会社でもネット取引で格安に取引可能です。
米国株ETF、中国株ETFは楽天証券のネット取引で可能です。
ETFを長期保有して資産形成する方法を取れば結果的に低コストで運用できます。
注意点は外国ETFは税法上の取り扱いが面倒な点でしょう。

参考URL:http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/topinfo/20070201_01_us-china_01.html

回答にはなりませんが、新興国はかなりリスクが高い市場である点は注意が必要です。
まずは、どの程度のリターンが欲しいのかを具体的に決めておきましょう。
年5%程度ならば新興国に投資しなくても先進国の株式を分散投資するだけでも大丈夫でしょう。
年3%程度ならば株式、REIT、債券と分散投資をして良いでしょう。

>金融機関で直接に相談したいですが、資産が少ないとゴミ扱いという噂なので、
>小額で相談するのに躊躇してます。この噂本当ですか。
それ以前に金融機関からのお勧め商品っ...続きを読む

Q1000万の資産運用

しばらく使う予定のないお金が1000万円あります。
母の貯金なのですが、「何とかしておいて」と頼まれてしまいました。
上手に運用できたらと思うのですが、皆さんならどのようにしますか?
あまり金融知識がありません。わかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

既に他の方の回答にあるように、運用方針が決まるまでは、元本保証で期間の短い定期預金が良いと思います・・・と言いたいのですが、そこで私のお奨めを!

(1)取り合えずソニー銀行の円普通預金にして、年0.05%の金利を貰えるようにしておく方法。

(2)1年以上お金を寝かせておけるのなら新生銀行のパワー預金にしておく事も可能です。
パワー預金は金利年0.01%+元本保証、預金保険対象で、いざと言う時に24時間何時でも引き出せます。

但し、3ヶ月毎のボーナス金利は「各月の最低残高の平均」に対して年0.05%付きます。
又、3ヶ月毎のボーナス金利は「引出し回数は5回以内の場合のみ」金利が付きます。
1年毎のボーナス金利は「1年で最も低い残高」に対して年0.05%付きます。
最大で年0.11%の利回りになります。

この2つの商品であれば、いざと言う時は何時でも引き出せます。
預金している間に運用方針を決めてからでも遅くはありません。
金融知識が無いまま、元本割れの危険のある商品に投資するのは良い事ではありません。
自己責任を認識して、リスクを理解できるまでは投資商品はやらない方が無難です。

興味のある投資商品が出てきたら、自分で調べた上で分からない事が出てきたら再度ご質問ください。

既に他の方の回答にあるように、運用方針が決まるまでは、元本保証で期間の短い定期預金が良いと思います・・・と言いたいのですが、そこで私のお奨めを!

(1)取り合えずソニー銀行の円普通預金にして、年0.05%の金利を貰えるようにしておく方法。

(2)1年以上お金を寝かせておけるのなら新生銀行のパワー預金にしておく事も可能です。
パワー預金は金利年0.01%+元本保証、預金保険対象で、いざと言う時に24時間何時でも引き出せます。

但し、3ヶ月毎のボーナス金利は「各月の最低残高の...続きを読む

Q初心者向け、円高を活用した資産運用を教えて下さい。

ご教授お願い致します。

ここ最近の円高を受け、外貨(まずは米ドル)で資産運用を検討しております。

全くの初心者ですので、外貨普通預金、外貨定期預金、外貨MMFが妥当かなと思っていますが、
手数料や管理報酬、税金を安く抑えたい場合、どれをどこで購入すればよいのか決めかねています。

今のところ候補にできたのは、以下3点のみです。
 ・新生銀行のパワーステップアップ外貨預金
 ・ソニー銀行の外貨預金(外貨宅配があるので)
 ・松井証券の外貨(米ドル)MMF

運用資金は、1000万くらいで数十年使う予定はありません。

お勧めの商品や、銀行、証券会社を教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

質問者様が誤解をされている部分があるので警告しておきます。
円高って事ですが、現在の円相場は”若干の円高”(僅かながらとも言えます)と言えそうです。
現在、円は豪ドル、スイスフラン、ブラジルレアルに対しては”円安”と言えます。
つまり、円は世界的な総合的な強さという意味では若干の円高程度と理解した方が良いでしょう。

今は、米ドル安と言えますが、米国国債のデフォルトの可能性もはらんでいるので、最近のドル安はこれを反映した物と考えられます。
ですから、今の相場は正確には米ドル安と言った方が良いでしょう。
勿論、米国国債がデフォルトにはならないように大人の対応をしてくれるとは期待はしています。

さて、為替差益を狙いながら税金を安く抑えたいのならば、BSTは如何でしょうか?
これは2013年12月31日以前までに別の外貨商品または解約をすれば為替差益の非課税のみならず、金利部分の非課税まで受けられます(満期まで持つと金利部分が20%課税されるので注意)。
参考URLにはBSTの詳細があるので読んでみましょう。

最終的な判断は自己責任です、質問者様の方でも調べた上で慎重にご判断ください。
現在の米ドル円相場は急激な円高になる可能性があり、それも政治次第という面があります。
私はそこまでは読めませんから、十分な注意はしてください。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/retail/fund/ffund/bst/index.html

質問者様が誤解をされている部分があるので警告しておきます。
円高って事ですが、現在の円相場は”若干の円高”(僅かながらとも言えます)と言えそうです。
現在、円は豪ドル、スイスフラン、ブラジルレアルに対しては”円安”と言えます。
つまり、円は世界的な総合的な強さという意味では若干の円高程度と理解した方が良いでしょう。

今は、米ドル安と言えますが、米国国債のデフォルトの可能性もはらんでいるので、最近のドル安はこれを反映した物と考えられます。
ですから、今の相場は正確には米ドル安と言っ...続きを読む

Q医療保険 資産運用

医療保険について質問させて頂きます。34歳の女性(既婚・子供2人)です。
かんぽ生命(旧郵便局)の【新ながいきくん(特別終身保険)】、民間の保険会社の【医療保険】のどちらに加入すれば良いか迷っています。

かんぽ生命の【新ながいきくん(特別終身保険)】の場合、65歳払込済み、死亡保障500万円、保険料一括支払で考えております。

一括支払だと合計約550万円の保険料になります。
月払いよりも一括で支払った方が、割引が利き、掛け捨て部分が少なくなります。上記条件の場合、掛け捨てが一ヶ月555円になり、かなり安いのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか?

保険料払い込み期間は、65歳-34歳=31年です。

知人から次のような話を聞いたのですが、詳しい方のご意見をお聞かせ願いたいと思います。

●将来的にもっと良い保険商品が出てくるかもしれない。保険というものは、状況が変わる度に何度か見直しをしていくもの。将来的に途中でお金が必要になった場合、解約しても損になるので、一括支払はしない方が良い。私は、解約を絶対しないという条件で考えております。

●550万円のまとまったお金があるなら、安い掛け捨ての保険に加入し、資産運用(投資信託、株など)をすれば良い。私としては、一ヶ月555円の掛け捨てで手厚い保障を受けられるなら、得だと思います。

●将来的に貨幣の価値というものは変わっていくので、一括支払で終身保険に入るのは、好ましくない。今、頑張って高い保険商品に入ったとしても、物価上昇などで、将来的に貨幣の価値が下がってしまう。

かんぽ生命は、旧郵便局ですし、信頼できると思うのですがみなさん、どう思われますか?
民間の保険会社の【医療保険】でお薦めの商品はありますか?

お詳しい方、ご回答宜しくお願い致します。

医療保険について質問させて頂きます。34歳の女性(既婚・子供2人)です。
かんぽ生命(旧郵便局)の【新ながいきくん(特別終身保険)】、民間の保険会社の【医療保険】のどちらに加入すれば良いか迷っています。

かんぽ生命の【新ながいきくん(特別終身保険)】の場合、65歳払込済み、死亡保障500万円、保険料一括支払で考えております。

一括支払だと合計約550万円の保険料になります。
月払いよりも一括で支払った方が、割引が利き、掛け捨て部分が少なくなります。上記条件の場合、掛け捨...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

かんぽの窓口の方がよく分かっていないようですね。
かんぽの商品も、主契約の死亡保障の部分と特約の医療保障の部分の保険料をそれぞれ分けて考えれば、死亡保障の部分は保障金額より保険料総額のほうが少なく、特約の部分は完全な掛け捨てになっているはずです。合算したらたまたま差額が50万円のマイナスになっていたというだけです。

>34歳女性でしたら、具体的にどこの医療保険がお薦めでしょうか?

医療保険に限ってお答えしますね。

まず、医療保険より優先して欲しいのはがん保険です。
一般の病気は、ある程度の貯蓄があれば家計が破綻するほどの治療費になることはまずありません。加入している健康保険に高額療養費という制度があり、医療費が高額になる場合でも自己負担はひと月にせいぜい10万円ほどです。

でもがんだけは別です。がんになれば数百万円単位の出費もありえます。ひと月にせいぜい10万円ほどという医療費が、毎月、何年間も続くこともありえるからです。

なので掛け捨てでいいので、終身型のがん保険を単独で加入。
あとは余裕があれば掛け捨ての終身型の医療保険を。入院給付日額は5000~10,000円のものが一般的です。

医療保険には入らないという選択もありますが、ワタシは安心のために入っておくほうを薦めます。
老後は預金を切り崩しながら生活していくことになるでしょうから、入院で預金が減るのは心細いです。病気になったというだけで心細いのに、経済的な心配はしたくないものです。

よく、医療保険でボーナスが帰ってくるとか掛け捨てでないことを宣伝しているものがありますが、あれは返ってくるお金を掛け捨ての保険料にプラスして徴収しているだけなのでお得というわけではありません。
あくまで医療保険・がん保険は掛け捨てでと考えて、医療・がん保険を得意とする外資系や損保系の保険会社の商品から選ぶといいでしょう。

またタイトルに資産運用とありますが、保険を利用して資産運用する方法もあります。
詳しいことは、生命保険のカテゴリで質問するといいでしょう。

No.1です。

かんぽの窓口の方がよく分かっていないようですね。
かんぽの商品も、主契約の死亡保障の部分と特約の医療保障の部分の保険料をそれぞれ分けて考えれば、死亡保障の部分は保障金額より保険料総額のほうが少なく、特約の部分は完全な掛け捨てになっているはずです。合算したらたまたま差額が50万円のマイナスになっていたというだけです。

>34歳女性でしたら、具体的にどこの医療保険がお薦めでしょうか?

医療保険に限ってお答えしますね。

まず、医療保険より優先して欲しいのはがん保...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報