9月から税理士の試験勉強のために、学校に通うつもりです。

税理士試験はどこの学校がお勧めでしょうか?
TACか大原は良く耳にしますがどうなのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大原で合宿制と通学、通学ビデオ、CS、DVDで税理士試験対策をしてきた者です。


TACの事はよくわかりませんが、
基本的に講師によってずいぶん変わると思いますので、地元の学校の情報を集められるとよろしいかと思います。
その上で良い先生の学校を選ばれるというのも一つの手だと思いますが、もちろん科目によって講師が変わるわけで、講師によってころころ学校を変えるわけにもいかないでしょうから、悩むところです。

たぶん受験する上で大原とTACでは大差ないのではないかと思っておりますが、
税理士試験における理論問題対策の教材(大原では理論サブノートといいます)の言いまわしなどは、学校によっていいまわしなど若干違う事もあるので、
やはり同じ学校の教材をずっと使っていく方が覚えやすいのではないかと思います。

例えば学校は大原に通っているけれど、TACの資料を取り寄せてそれも勉強したり、両方の学校の公開模試などを受験している人もいました。

ちなみに僕が簿記論に合格した年は、大原で「合併会計」は絶対に出ないといわれ、短期コースだったこともありそれはほとんど学習しなかったのですが、
その年の本試験でみごとに出題されました。

そんなこんなで各校年によってあたりはずれがあると思うので、「通いやすい学校」を選ぶという選択肢も、受験勉強を最後まで続ける為にはアリかもしれません。

まとまりのない意見で申し訳ありませんでした。
少しでもお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/15 02:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTACと大原社会人向けなのはどっちでしょうか?(税理士講座)

はじめまして。
税理士試験の講座でTACと大原が強いし、
どちらに通っても同じというのはよく聞きますが、
どちらにも特徴があると思います。
それぞれの学校に通ったり友達から聞いたとかでも
結構なので、それぞれの学校の特徴(講師・テキスト等)
を教えてください。また、自分は社会人受験を考えていますので、
社会人向けなのはどちらかという意見を募集します。
(講師が、覚えることや問題を絞ってくれるとか、
学校の雰囲気とか。)
あと、DVD通学での受講を考えているので、そちらのほうの意見も
募集します。
沢山のご意見をお待ちしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

TACの方が社会人向けだと思います。
私も実際にTACの税理士講座にいますが半分くらいが社会人です。
友人は大原に行っていますが、大原にはあまり社会人はいないと言っていました。
大原では定期親睦会というのがあるらしく、勉強仲間をつくるにはいいと思いますが、社会人の方だと忙しくて参加できないんじゃないかな。

Q専門学校(大原やTAC)から公認会計士になった方

お世話になります。

私は工学部卒で現在社会人(エンジニア)です。
全くの畑違いではありますが、公認会計士になりたいと考えております。
動機としては率直に申し上げて高い収入が期待できる(と思ってます)、加えて、将来的に独立して仕事をしたいという希望があるためです。
かなりの難関だというお話は伺っており、社会人の片手間で合格を狙えるとは思っておりません。
仕事を辞めて専門学校に通おうかと考えております。

ここで、特に専門学校から公認会計士になった諸兄のご意見・経験談を頂きたいのですが、

・卒業校
・経歴
・入学から資格取得までに要した期間
・勉強のボリューム
・資格取得後、スムーズに就職できたか
・実収入(一般サラリーマンと比較してどうか、など、抽象的な表現でも結構です)

その他、苦労した話や、入学してから気付いた点など、何でも結構です。
教えて頂ける範囲で情報を頂けないでしょうか。

畑違いということもあり、公認会計士にまつわる情報、特に、経験者の生の声をたくさん収集したいと思っております。
また、専門学校以外で公認会計士になられた方のご意見や経験談もご参考に頂ければ幸いです。

以上、お時間のあるときで結構ですので、ご教示頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。

私は工学部卒で現在社会人(エンジニア)です。
全くの畑違いではありますが、公認会計士になりたいと考えております。
動機としては率直に申し上げて高い収入が期待できる(と思ってます)、加えて、将来的に独立して仕事をしたいという希望があるためです。
かなりの難関だというお話は伺っており、社会人の片手間で合格を狙えるとは思っておりません。
仕事を辞めて専門学校に通おうかと考えております。

ここで、特に専門学校から公認会計士になった諸兄のご意見・経験談を頂きたいので...続きを読む

Aベストアンサー

2010年の5月に短答式試験に合格し、同年8月に論文式試験を合格した者です。

まずは質問にお答えします。

卒業校:中央大学、商学部、金融学科
経歴 :大学在学中のため特になし
期間 :簿記3級から含めると4年ですが、最初の2年は暇つぶしで勉強していたため、本気で会計士を目指して勉強した期間は1年半ほどです。
勉強量:時間数はわかりませんが、財務会計論のテキストは暗唱できるくらいにはなりました(笑)
1年半ほど間でできる限りのことはやったつもりです。
就職 :世間一般が現在就職ですが、その象徴的な存在としてこの会計士業界がメディアで取り上げられています。
収入 :確かに一般的なサラリーマンよりはいいかもしれません。大手監査法人で一般的な大卒初任給の1.6倍くらいでしょうか。

まず、予備校は関係ありません。
テキストをもらいしっかり暗記する、それにつきます。
どんなに素晴らしい授業受けても合格するのは予備校ではなくあなた自身です。
その意味で、体系的に記述されているテキストであれば、どんな予備校でも構いません。


他の方が書いてるように、就職だけは大変です。
勉強したから楽に仕事に就けるわけではないことはわかってください。


ただ、収入は別にして、独立を目指すのであれば、確かにぴったりの資格だと思います。


現在の仕事を辞めると、学費と生活費でかなりのプレッシャーになるとは思われますが、それを覚悟で勉強されるのであれば応援します。

2010年の5月に短答式試験に合格し、同年8月に論文式試験を合格した者です。

まずは質問にお答えします。

卒業校:中央大学、商学部、金融学科
経歴 :大学在学中のため特になし
期間 :簿記3級から含めると4年ですが、最初の2年は暇つぶしで勉強していたため、本気で会計士を目指して勉強した期間は1年半ほどです。
勉強量:時間数はわかりませんが、財務会計論のテキストは暗唱できるくらいにはなりました(笑)
1年半ほど間でできる限りのことはやったつもりです。
就職 :世間一般が現在就職ですが、その象...続きを読む

Q働きながら会計士取得は可能?行くならTAC?大原?

宜しくお願いします。
自分に何も仕事をする上での武器がないなあ、と思い資格を取ろうと思いました。
弁護士はロースクールに行かなければ行けず仕事をやめないといけないので不可。
ということで中小企業診断士か公認会計士を目指そうと思います。

今簿記の勉強をしていて結構楽しいので公認会計士を目指そうと思うのですが働きながらの取得は可能でしょうか?
毎日どれくらい勉強するのが普通でしょうか?

特に一発合格を目指しているわけではなく、時間も2年、3年位ならかけてもいいかなと思っています。

働きながら目指すならTACや大原、その他にいい学校はありますか?
また、仕事から帰ってきて何時間くらい毎日勉強すればいいのでしょうか?(人それぞれだと思いますが目安として教えてください)
もしも合格した場合、会計士補となると思うのですが、会計士になるためには会社を辞めて監査法人に勤めなければいけないのでしょうか?

まとまってなくてすいません。
専門分野をもつためのアドバイス
働きながら公認会計士は可能かどうか
取った後どのような進路があるのか
最適な学校はどこか

などなど教えていただければと思います。

宜しくお願いします。

宜しくお願いします。
自分に何も仕事をする上での武器がないなあ、と思い資格を取ろうと思いました。
弁護士はロースクールに行かなければ行けず仕事をやめないといけないので不可。
ということで中小企業診断士か公認会計士を目指そうと思います。

今簿記の勉強をしていて結構楽しいので公認会計士を目指そうと思うのですが働きながらの取得は可能でしょうか?
毎日どれくらい勉強するのが普通でしょうか?

特に一発合格を目指しているわけではなく、時間も2年、3年位ならかけてもいいかなと思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
昨年の新試験制度で会計士合格した者です。
ちなみに、環境は仕事を辞め、勉強専念の2年コース受講です。
以下、あくまで私が受験した際、周囲の受験生の状況などをふまえ記載することなので、
私見であるということを前提にお読み下さい。

>働きながらの取得は可能でしょうか?
理論上は可能です。事実、試験制度も大きく変わり、
短答合格を翌年に持ち越せる、論文科目を少しずつ合格すればよい
など、働きながらの方も科目合格可能な仕組みとなりました。
また、将来的に会計士を増加させるという目的で制度改正が行われたので、
今後合格者は増加するだろうという読みも追い風となるかもしれません。

ただ、ここは正確に制度を理解して望むべきです。
まず、科目合格にはなりましたが、それには有効期限があります。
その有効期限が切れれば、短答合格や論文科目合格が消滅し、再度受験しなければならなくなります。
(つまり、合格消滅前に全科目合格が必要)
また、会計士を増加させる目的で制度改正が行われましたが、
実際、旧試験合格者(会計士補)を除く、短答式試験から受験した者の合格率は、8.7%とこれまでと変わらないものでした。
さらに、受験者層には相変わらず学生・無職者が大多数を占めます。これらの人と働きながら勝負するには、並大抵の勉強量では勝負できないと思います。

ということで、回答としては「不可能ではないが、相当の努力が必要」となります。

>毎日どれくらい勉強するのが普通でしょうか?
働きながら学習した訳ではないですが、私の場合は↓でした。
最初の1年は、
・土日はオフ
・平日は6~8時間学習
次の1年は、
・土日はオフ
・平日は10~12時間学習
ざっくりとですが、こんな感じです。あくまで私の場合ですが。

>会計士になるためには会社を辞めて監査法人に勤めなければいけないのでしょうか?
そういう訳ではありません。ただ、ほとんどの人は監査法人勤務ですが。
その理由は「実務経験」です。
会計士試験合格後、最終的には修了考査に合格して晴れて会計士となるわけですが、その要件に実務経験があります。
監査法人勤務なら、その要件がそのまま満たせるため、ほとんどの方は勤務することとなります。

と、会計士の試験資格には簿記1級などは不要です。

まだまだ質問全てに回答できていませんが、
長くなりすぎるのでこのあたりで。。。
制度改正があり、極めてわかりづらい仕組みとなっています。
よろしければ、一度、専門学校のパンフレットを見るのが良いかと思いますよ(^^)

※リンク先は受験時代の経過を記載したものです。参考程度にどうぞ。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/arn1582/archives/cat_50091923.html?p=3

はじめまして。
昨年の新試験制度で会計士合格した者です。
ちなみに、環境は仕事を辞め、勉強専念の2年コース受講です。
以下、あくまで私が受験した際、周囲の受験生の状況などをふまえ記載することなので、
私見であるということを前提にお読み下さい。

>働きながらの取得は可能でしょうか?
理論上は可能です。事実、試験制度も大きく変わり、
短答合格を翌年に持ち越せる、論文科目を少しずつ合格すればよい
など、働きながらの方も科目合格可能な仕組みとなりました。
また、将来的に会計士を...続きを読む

Q大原、TAC、クレアール、LEC・・・・・

こんにちは。
大学一年生のものです。会計士を目指しています。
資格学校に通う時間が無いので、通信講座にしようと思っているんですがどの学校にしようか迷っています。
考えているのは、大原、TAC、クレアール、LECなんですが、どれが一番良い学校だと思われますか??
おおまか過ぎますが、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
やはりTACと大原が2強です。
合格者の大多数がこの2校なので、そういう意味で言えばこのどちらかを選べばいいのでしょう。

十分な時間・お金があるのなら、大原をオススメします。
全体的に質が高いです。

クレアールは「個性派・少数派・実力派」といった感じです。
少数派だから悪いというわけではなく、ここも絞り込まれたカリキュラムをきちんとこなして身につければ合格可能な訳です。
そして、大手にはない良さもあります。講師も厳選されている感があります。

クレアールもオススメできます。
LECはオススメしません。

どれが一番良い学校・・・
私の意見では、敢えて「クレアール」としておきます。2強を選ばないという選択肢もあるということです。
是非候補に入れてみて、学校で話をきいてみてください。

Q会計士試験、税理士試験の計算、理論について

会計士試験、税理士試験を受験を考えているものです。

税理士試験では、簿記論・財務諸表論や税法で、計算と理論に問題が分かれていると聞きました。
問題を見たのですが、正直、内容がチンプンカンプンで、どういう差があるのか分かりません。

そこで、何点か質問させて下さい。

(1)計算問題とは、条文や規則等の基準、あるいはそこから生じる論点の結論をもとに、実際に事案を処理していく問題で、理論問題とは、その条文や規則、あるいは論点等の知識について問われる問題と理解して良いでしょうか?

(2)会計士試験は、短答試験問題と、論文試験問題があるようですが、短答試験問題、論文試験問題ともに、理論問題・計算問題の双方が出題されるのでしょうか?

(3)会計士試験、税理士試験ともに、計算問題は同レベルの問題が出題されるが、理論問題は、税理士試験がはるかに難しい(覚えることが多い)と聞きました。
税理士試験は、条文等の丸暗記も要求される試験である一方、会計士試験は、理論問題での丸暗記は少なく、計算問題がメインになるという理解でよいでしょうか?

その他、会計士試験、税理士試験の特徴の差異について、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

会計士試験、税理士試験を受験を考えているものです。

税理士試験では、簿記論・財務諸表論や税法で、計算と理論に問題が分かれていると聞きました。
問題を見たのですが、正直、内容がチンプンカンプンで、どういう差があるのか分かりません。

そこで、何点か質問させて下さい。

(1)計算問題とは、条文や規則等の基準、あるいはそこから生じる論点の結論をもとに、実際に事案を処理していく問題で、理論問題とは、その条文や規則、あるいは論点等の知識について問われる問題と理解して良いでしょうか?

(2)会...続きを読む

Aベストアンサー

(1)はその理解で構わないと思う。(2)はそうなる。いずれも過去問を見れば確実な回答を得られるのではないだろうか。

(3)は、理論・計算ともに相対比較で、税理士試験は広い知識を、公認会計士試験は深い知識を求められる。なお、何を基準に「難しい」と考えるのかは主観による。公認会計士試験で「計算問題がメインになる」のかどうかは、深い知識を身に付けやすいタイプかどうかによる(身に付けやすいタイプであれば、理論問題の勉強時間を減らすことができ、計算問題がメインとなる)。


参考に、税理士試験は広い知識を求められ、深い知識や問題の背後にある基礎知識を求められない。

そのため、合格し税理士になった後、税務や簿記会計で深い知識や基礎知識を求められる場面に遭遇すると、トンデモ回答をする税理士がたまにいる(この掲示板しかり)。税理士のトンデモ回答に接すると相手や周りはがっかりする。総じて、公認会計士のほうが妥当な結論を出すことに長けている(本来専門外ともいえる税務であっても)。

質問者さんにおかれては、仮に税理士試験受験を選択するにしても、合格後も深い知識を身に付けるべく努力を怠らないなど意識しておくと、トンデモ回答税理士とは一線を画することができる。税務や簿記会計で妥当な結論を得る能力を身に付けたいのであれば、そのような業務をおこなっている税理士事務所や税理士法人を目指す選択肢や、公認会計士試験受験の選択肢もある。

(1)はその理解で構わないと思う。(2)はそうなる。いずれも過去問を見れば確実な回答を得られるのではないだろうか。

(3)は、理論・計算ともに相対比較で、税理士試験は広い知識を、公認会計士試験は深い知識を求められる。なお、何を基準に「難しい」と考えるのかは主観による。公認会計士試験で「計算問題がメインになる」のかどうかは、深い知識を身に付けやすいタイプかどうかによる(身に付けやすいタイプであれば、理論問題の勉強時間を減らすことができ、計算問題がメインとなる)。


参考に、税理士試験...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報