スペイン語で「私にできるなら、君もできる」を何といいますか。英語で言うと、If I can do it, you can do it.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

簡単な言い方なら


" Si yo puedo , Tu puedes"
で大丈夫だと思います
    • good
    • 0

補足説明します。



Lo=中性冠詞 + que=関係詞 で英語のwhatの意味、即ちlo que~することはとなります。

私の出来る事は、君も出来る=Lo que puedo hacer, tu tambien puedes.

もし私が出来るなら、君もできるだろう=Si puedo hacerlo, tu tambien
podras.

アクセント記号は省略していますので辞書で調べてください(tambien,podra,podras)なお、ustedはあなた(you)です。
    • good
    • 0

Lo que puedo hacer, tu tambien puedes(usted tambien puede)



又は

Si puedo hacerlo, tu tambien podras(usted tambien podra)

この回答への補足

ありがとうございます。私はスペイン語学習者ではないのですが、できれば文法的な説明もお願いします。Loが何で、queが何で。。。。

補足日時:2002/03/12 17:56
    • good
    • 0

Si yo puedo, tu tambien peudes.(アクセント記号省略)



かなと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Gracias

お礼日時:2002/03/12 17:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語 中南米での「君」「君たち」の扱い

引き続き質問、よろしくお願いします。

中南米では目下や親しい間柄で使われ、「君」にあたるtu(記号省略)や、複数形のvosotros/vosotrasは使われないと本で読みました。
しかし、ファネスなど南米出身者でも歌の中でtuを使っています。
これは単に歌だからなのでしょうか、それとも現在ではtuやvosotros/vosotrasを使うようになってきているのでしょうか。
また、中南米の人にこれらの単語を使うことは失礼にあたるでしょうか。

ご助言、お願いします。

Aベストアンサー

中南米という括りが先ず問題になると思います。
と言うのも、南米地域でも国によって(更には、国内でも地域によって)実情が異なる為です。
まあ、”スペインのスペイン語”と”その他のスペイン語”という分け方が前提にあるのは分かるのですが、先ずそこを理解してください。

TuやVosotrosを使わないで、VosやUstedesを二人称単数/複数として使用するのは、実際には南米でもブエノスアイレス(と限定された地域)に限られると思いますよ。アルゼンチンでも、Tuの活用で話す地域もありますし、その他の国では、殆ど使われていないはずです。
つまり、Juanesのコロンビアでは、TuやVosotrosが普通に使われています。

上記から必然的に、Tu/Vosotrosの活用が失礼にあたることは無いことも分かると思います。ブエノスアイレスでも、Tuで活用しても普通に理解されますよ。

Qスペイン語で「i」や「o」の上に「,」をつけたい

スペイン語の文字のパソコンでの打ち方についてお尋ねします。

「i」や「o」の上に「,」がついた文字がスペイン語の中にありますよね。
この文字をWord2003で打ちたいのですが、どうすればできますか?

どこかのHPからこの文字をコピーして、Word上で貼り付ければよいでしょうか?

ご存じの方、どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>スペイン語の文字のパソコンでの打ち方についてお尋ねします。

>「i」や「o」の上に「,」がついた文字がスペイン語の中にありますよね。
>この文字をWord2003で打ちたいのですが、どうすればできますか?

>どこかのHPからこの文字をコピーして、Word上で貼り付ければよいでしょうか?

⇒Word文書画面で「挿入」→「記号と特殊記号」をクリックします。
→希望する文字(例えば、á é í ó ú ¿ ñ ü など)にカーソルを合わせて反転します。
→enterキーを押せば、Word画面にその文字が呼び出されます。

「記号と特殊記号」の画面で「ショートカットキー」をクリックすれば、
該当する文字を呼び出すためのキーを自分で指定することができます。

例えば、á を呼び出すために指定されているのは「Ctrl+'.A」ですが、
もっと簡単に例えば「Ctrl+A」だけでこの文字を呼び出せるようにできます。
そうしてしておけば、スペイン語の文書作成などがずっと楽になります。

以上、ご回答まで。

Qスペイン語で「I love you」

スペイン語で「I love you」という意味の「テ ケロ」(?)はアルファベットでどう表記するのでしょうか?

Aベストアンサー

「テ キエロ」ですね。
Te quiero.と綴ります。
フランス語で言うJe t'aime.同様、相手が親しい人(単数)の場合に使います。

Qスペインのスペイン語と中南米のスペイン語

スペイン語を習おうと思っています。
グループではなく個人でのレッスンを探しているのですが、
中南米の先生を選ぶかスペインの先生を選ぶか迷っています。
中南米と言うと広いですが、メキシコかペルーになりそうです。

中南米のほうが活用が少ないからラクなのかなとも思うし、
スペイン人はcとzを英語のthで発音するけれど、
中南米ではc, z, s を同じ音で発音するから聞き取りにくいとも聞きます。

vosotrosを使うスペインのスペイン語で覚えたほうが
両方わかるようになるのかなとも思うのですが、
音の響きはメキシコあたりのほうが好きで、友達も南米人です。
でも、旅行なら南米よりもスペインの方が行く可能性が高いです。

どちらの方がもう一方で通じやすいというのはあるのでしょうか。
どちらでも通じないことはないという意見も目にしますが、
中南米のスペイン語を習ってしまって、スペイン人がvosで話したときに
何のことかわからなくなってしまうなんていうことはありますか?

Aベストアンサー

スペイン語学習者です。

私も初心者の頃はどうすべきか迷いました。
結論としては好きな方を選べば良いです。

スペインのスペイン語も中南米のスペイン語も聞き取りの難易度は同程度です。
cとzの発音にしてもスペインと中南米では違うということだけ頭に入れておけば
問題ありません。
スペイン語は綴りと発音が一致しているので違いだけ知っておけば何と発音しているかわかります。

実際に中南米出身者に尋ねたことがありますが「スペイン語はスペイン語だ」と
いうように自分たちは使わない発音・単語であっても通じないことはほぼないようです。
例えばスペインではel ordenadorというものが中南米ではel computadorや
la computadoraになったりしますが、ネィティブにはそれが何のことかわかります。
経験上、中南米の方が米語をそのまま単語として取り入れることが多いように思います。
動物や植物の名前は多少地域で違いがありますが我々が外国語として学ぶには
その都度違いを覚えれば良いので大きな問題ではありません。

vosotrosの活用ですが使うかどうかに関わらず覚えた方が良いです。
他の回答者さんからもでていますが大した労力ではありません。
パターンをうまく利用して覚えてしまったほうが良いと思います。

教材に関してはどうしてもスペインのスペイン語のものが多いですね。
私は中南米のスペイン語の方が好きで中南米のスペイン語で教材を探しましたが
結局スペインのものを使う機会が多いので、発音は中南米風、単語は両者ごちゃまぜと
なりました。(でも問題ないです)
また、スペイン語の映画はスペイン制作のものの方が手に入りやすく、ニュースも
スペインからの放送(例えばBSで視聴できるスペイン国営放送)のものが多いです。

もしレッスンのトライアルがあるなら両者のレッスンを比べてみても良いかも知れません。
それができなければより惹かれる方でかまわないと思います。

スペイン語学習者です。

私も初心者の頃はどうすべきか迷いました。
結論としては好きな方を選べば良いです。

スペインのスペイン語も中南米のスペイン語も聞き取りの難易度は同程度です。
cとzの発音にしてもスペインと中南米では違うということだけ頭に入れておけば
問題ありません。
スペイン語は綴りと発音が一致しているので違いだけ知っておけば何と発音しているかわかります。

実際に中南米出身者に尋ねたことがありますが「スペイン語はスペイン語だ」と
いうように自分たちは使わない発音・単語であっ...続きを読む

Qスペインのスペイン語か中南米のスペイン語?

スペイン語検定を受けるとしたらスペインのスペイン語を勉強した方が良いのでしょうか? 私は中南米のスペイン語を勉強したいのですが、検定があるのかわからないので迷っています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は南米でスペイン語を勉強し、日本に帰ってからスペイン語の検定を受けました。
南米で学んだスペイン語だから検定のときに困ったということは、ありませんでした。

ある程度使えるようになった後に、スペインではこういう言い方をするけれど、南米のこの国ではこの言い方をするのかと思うことはありますが、先の回答の方がおっしゃっている通り、始める段階で考える必要はないかと思います。中南米でも国や同じ国でも地方によって、物の呼び方や言い回しが違うことはよくある事ですが、それで話が通じないというわけでもないです。

私も南米のスペイン語が好きです。勉強がんばってください!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報