かわいらしい葉が気に入って大切にしていたのですが、一週間入院していた間霧吹きをしてやれなかったためか葉が乾燥して全部枯れてしましました。
茎の根本からカットして今は何もない土だけに見える状態ですが、ひょっとしてまだ根は生きているのでは・・・とはかない希望を抱きつつ時々水をやっています。
ネットで調べたところ、冬季は葉が枯れて落ち、春になると新芽が出ると書いてあるサイトがあったのですが本当なのでしょうか。なんとか再生して欲しいのですが・・。

もし残念ながらこの鉢がダメであっても、またもう一度手元に置きたい植物なので育てる際の注意点や増やし方を教えていただきたいのです。
よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

土だけの状態にってしましましたか・・。

私も好きでいろいろ育てているのですが、プミラは一度かれてしまうと回復するのは難しいかもしれないですね。でも希望を持って2週間に一度くらい市販の(ハイポネックスなど)液体肥料をあげてみたらいかがでしょうか?濃度は標準でよろしいと思います。温度を保つように気をつけ、土は常に湿らせておくと良いようです。植え替えは根がいっぱいに張ったときにだけ市販の培養土に春に植え替えるようです。暖かくなって新芽が出てくるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりちょっと無理そうですね(;;)。
でも教えていただいたようにやってみたいと思います。
植物は好きだしいろいろ本なども読んで手入れをしているのですが、枯らせてしまうことが時々あって参ってしまいます。
園芸上手な方がうらやましい・・・。
また何か困ったことができましたらよろしくお願いいたします(m--m)。お礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/03/16 23:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプランターと地植えで野菜栽培 収穫量は?

プランターで野菜を育てると地植えに比べて収穫量が減ったり子ぶりに育ったりしてしまいますか?

プランターでも地植えでも変わらない野菜はありますか?

Aベストアンサー

補足ですが、

http://aquaculture.gldplants.com/hydroponics-container/contents.html


こういう風に500mLペットボトルを使った水耕栽培ではやはり、根のはれる量、水量の少なさによって、容量の大きなタンクの水耕栽培よりも収量が落ちます。


単純に容量というだけでなく、根がどれだけ栄養を吸収できるかですので、塩ビパイプの中に水耕の根を伸ばしている場合もあります。数メートルですが、成長はよいようです。

また、プランターの最大の欠点は、水が保持できないということです。

これでは植物はまともに育ちません。

しかも、短期で最大の成長を求める野菜では無理があります。

単純の底にバケツに穴をいくつかあけたものと栽培比較してみてください。

同じ、それ以下の容量なのに、全然、成長が違います。

また、プランターとセットとなっている培養土は木くずや土の大粒の塊ですので、かさは有りますが、すかすかです。

半年後には半分以下の量に減っています。もちろん、水持ちなんていいはずがありません。

そういうことを考えれば、プランターでも最大限の収量を得ることも可能です。追肥と合わせて。

補足ですが、

http://aquaculture.gldplants.com/hydroponics-container/contents.html


こういう風に500mLペットボトルを使った水耕栽培ではやはり、根のはれる量、水量の少なさによって、容量の大きなタンクの水耕栽培よりも収量が落ちます。


単純に容量というだけでなく、根がどれだけ栄養を吸収できるかですので、塩ビパイプの中に水耕の根を伸ばしている場合もあります。数メートルですが、成長はよいようです。

また、プランターの最大の欠点は、水が保持できないということです。

これでは植物...続きを読む

Qローズマリーが枯れました 5年程育てていたローズマリーが、葉が灰色になり枯れたようにみえます。 鉢

ローズマリーが枯れました

5年程育てていたローズマリーが、葉が灰色になり枯れたようにみえます。
鉢植えで、マンションのベランダに置いています。
今年買ったばかりのローズマリーの苗も直射日光に当たるところに置いてたら枯れてしまいました。

今年の夏は暑買ったため、枯れたのでしょうか?
ローズマリーは暑さに弱い?

考えられる原因があれば教えてください。
水は他の植物より間隔をあけて与えています。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

ローズマリーは日なたが好きということですが、半日蔭でも良いです
それより風通しの良い所が好きみたいです
枯れたようになっていても根がしっかりしていたらまた生えてくるかもしれません
汚い葉を取り除いて切り戻して、半日蔭の風通しの良い場所に置いてみてください
或いはまだ綺麗な枝を一枝挿し木されておくのも良いかと(数日花瓶に挿してから日陰管理)

Q紫蘭を地植えにしたい

家にある紫蘭ですが、根が張りすぎたのか鉢が割れてしまいました。
そこで、これを機に地植えにしようと思うのですが、通常植替えは10月11月がよいとされているようです。
今の季節に鉢植えから地植えにしても問題ないでしょうか?
些細な質問ですみませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

根が張りすぎたものをそのまま鉢の戻すよりは
下におろしたほうがいいでしょうね。
根はほぐした方がいいでしょう。
日当たりがいいと結構繁殖します
その点場所をしっかり決めて植えたほうがいいです。

Qゴーヤの葉が根本が白くなって枯れる

毎年ゴーヤを植えています。
これまであまり肥料をやらなかった結果実の成長がいまいちだったため今年は化成肥料(8-8-8)と記載のあるものを月に一度くらいやりました。
その結果途中までは好調だったのですが、ここ1、2週間くらいで葉が枯れてきました。
最初は、台風やここ最近の猛暑のせいかと思ってあきらめていましたが、葉をよく見てみると不自然な枯れ方のため育て方に問題があるのではと思いました。(写真添付)
環境は、20lくらいのプランターに二株づつ、水は結構まめにやっています。(雨が降らない限りは1から2日に1回)
原因、および対処法がわかるかたご教示ください。

Aベストアンサー

考えられる原因としては、1ヶ月に1回化成肥料を施された事が考えられます。
基本としては結実し出してから1ヶ月に1~2回施しますが、この時に施す量を
間違うと肥料負けを起こして葉が枯れてしまいます。
化成肥料は根に触れると根枯れを起こさせるので、施す時は根に触れないように
根元から離して施すようにします。施す量は1平米当り30gが限度です。

病害虫の発生が少ない作物ですが、夏場の乾燥時期にはアブラムシが多発する事
があります。水遣りの際は根元だけ散水せず、葉にも十分散水する事が必要です。
雨が降らない日は1~2日に1回では完全に水不足です。雨の降らない日は朝夕
に1回づつ散水する事が必要です。散水は太陽が昇る涼しい時間帯と、日が沈ん
でから散水するようにします。間違っても日中に散水してはいけません。
根が蒸れて傷んでしまい、結実さえしなくなります。

毎年植えているようですが、ゴーヤの場合は連作障害を受けやすいので、3年~
4年は同じ場所に植えないようにします。畑の場合は地表から1mまでの土と、
2mまでの土を入れ替える作業をすれば同じ場所で栽培が可能です。
これを天地返しと言います。
プランターの場合は年毎に土を新しく新調する事で連作障害を受けにくくする事
が出来ます。

画像の状態から考えると、水不足、肥料負けによる根枯れ、連作障害が考えられ
ます。

考えられる原因としては、1ヶ月に1回化成肥料を施された事が考えられます。
基本としては結実し出してから1ヶ月に1~2回施しますが、この時に施す量を
間違うと肥料負けを起こして葉が枯れてしまいます。
化成肥料は根に触れると根枯れを起こさせるので、施す時は根に触れないように
根元から離して施すようにします。施す量は1平米当り30gが限度です。

病害虫の発生が少ない作物ですが、夏場の乾燥時期にはアブラムシが多発する事
があります。水遣りの際は根元だけ散水せず、葉にも十分散水する事が必...続きを読む

Q黒竹を地植えする方法

カテゴリーが見つからず、申し訳ありません。


鉢に入った180センチの黒竹を8鉢購入しました。

鉢植えしかどこも扱っていなかったので鉢植えのものを
購入しましたが、地植えを考えています。

(1)鉢植えから地植えにするのにまずい季節はありますか?
(2)地植えをするときに鉢から抜いた黒竹の土は落とすものでしょうか、
 大事にするものでしょうか?
(3)地植えにするときに使う土は培養土、腐葉土どちらでしょうか?
(4)浅植えでしょうか、深植えでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

1)鉢植えを地植えにするなら時を選ばず出来るかと思います。
と言ってもみもふたも無いので、少しダメな季節を言うと、竹の葉が落ちてから(俗に言う竹の秋)暑さの盛りを過ぎるまで、と、凍結期(冬でも雪も降らず土も凍結しないなら大丈夫)。
さらに一番良い季節を選ぶなら、竹の子が出て、枝葉が固くなってから、竹の秋になる前。

2)出来れば、土を付けて植え替えてください。良い時期に植え替えれば、古い竹と、今年の竹、そして、土の中に来年の芽を持っていることが株として枯れない条件です。

3)植えるために掘った穴を植え付けで埋め戻す土は、黒土が良いです。ホームセンターに有るかと思います。

4)鉢の表面が出る浅植えでも良いですし、鉢の深さひとつ分くらい深くても構いません。(それ以上は駄目ですが)

書いた中から、出来る範囲でやってください。
条件が良いと、植え替えしたままでなにもしなくても根付きますし、大雑把な時期に植えると、水掛などの手間が余計にかかります。

Qミニトマト茎と葉が黄色くなり枯れてきましたが、実は食べられますか?

ベランダで育てているミニトマト2鉢が、10日前くらいから
茎と葉っぱが黄色くなり枯れ始めて来ています。
病気のなのでしょうか?
沢山実が付いていて、赤くなり始めてきたところです。(;;)
もし病気だとしたら、実は食べない方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

食べる部分自体ががカビたり腐ったりするような病気なら食べないほうが良いのでしょうが、それ以外の場合は体に影響はありません。ただし、十分に熟すだけの力が株に無いわけですから味は落ちますよね。

Qこの幅で庭木(コニファー)は地植えして育ちますか?

ガーデニングは全くの初心者です。いくつか質問させてください。

木を植えたい場所がブロック塀と犬走り(コンクリート部分)の間で70CMしかありません。
ここに庭木(コニファー)を数本植えたいと思いますが、この幅で地植えする事は出来ますか?地植えではなく、やはり鉢植えのほうが良いのでしょうか?

また、真夏に植えるのは良くないと聞いたことがありますが。。。この時期(7月の上旬まで)に木を植えても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

幅70cmぐらいあれば、高木ではないゴールドクレスト等のコニファーならば大丈夫です。
確かに夏場に植え付けを行うのはよろしくありません。昨日、今日と真夏日のような暑さです。
できるだけ週間天気予報と照らし合わせて、曇天や雨天が多い日を選びましょう。
根土を出来るだけ崩さないように、そのままそっと植えつけるならば出来ないこともありません。

その前にバーク堆肥を土とよく混ぜて、土壌改良しておきましょう。
土の量に対してバーク堆肥を3~4割ぐらいです。思ったより沢山必要です。庭土の量は想像するよりも多いからです。
これで後々の根の張り具合も良くなり、早く生長に入るでしょう。

肥料を与えるのは新芽が展開してくるなど、生長が始まってからでよいです。株の最大径直下あたりを3~4箇所掘って、油粕などを今の時期は軽く与えてやりますが、9月になってからでも構いません。

あまり深く植えないように気をつけます。倒れそうならば、しばらく支柱などで支えてやります。
植え付け後は水をタップリ3回ぐらい分けて与えます。
前述したバーク堆肥を株元周辺に厚さ3~4cmぐらい敷き詰め、所謂マルチングを施しておいてやると良いでしょう。これからの夏場にかけて土の乾き過ぎを防ぎます。
通常の水遣りは、マルチングが十分乾けば与えるぐらいで構いません。

参考URL:http://www.hometeien.co.jp/sentei/matu1.htm

幅70cmぐらいあれば、高木ではないゴールドクレスト等のコニファーならば大丈夫です。
確かに夏場に植え付けを行うのはよろしくありません。昨日、今日と真夏日のような暑さです。
できるだけ週間天気予報と照らし合わせて、曇天や雨天が多い日を選びましょう。
根土を出来るだけ崩さないように、そのままそっと植えつけるならば出来ないこともありません。

その前にバーク堆肥を土とよく混ぜて、土壌改良しておきましょう。
土の量に対してバーク堆肥を3~4割ぐらいです。思ったより沢山必要です。庭土の...続きを読む

Qウンベラータの葉について☆ 病気?葉ダニ??斑点上の枯れ…???

ウンベラータの葉について☆ 病気?葉ダニ??斑点上の枯れ…???

もらってきたばかりのウンベラータの葉に斑点状の何かが出来始めて、その部分は枯れているような感じです・・。

葉ダニ!?かとも思ったのですが、全ての葉の裏を見てもダニは1匹も見当たりませんでした。(葉ダニは夜行性なのですか? 普段は土の中に隠れているのでしょうか…(>_<))

葉水は、2日に一回くらい、水道水で与えています。
霧吹きに入れたままにしておいた水なので、古かったのがいけないのでしょうか!?
虫なのか病気なのかが判断できません・・・。

原因と対策を教えて下さい!
どうぞよろしくお願いいたします・・!

Aベストアンサー

斑点性の病気でしょう。おそらく貰ってきた時点で付いて来たものと思われます。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki21.html
このなかでどの病気かを判断するのは難しいのですが、広範囲に効くダコニール1000あたりを葉の表裏や茎に万遍なく散布すると良いでしょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00138.html (水で1000倍に希釈)。
1週間おきに3回ぐらい散布します。また予防の為に、健康な葉茎にも散布しておきましょう。散布は霧吹きか噴霧器を使います。展着剤も薬液1Lにつき、数滴混入させてよくかき混ぜます。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
これ1株だけでしたら、薬液は300mLぐらいあれば十分足りますから、それに準じた希釈をして下さい。水1Lで薬剤1mL、水300mLで薬剤0.3mLの割合です。展着剤は少しアバウトでも構いません。葉の表裏や茎や表土に入念に散布します。
その他にお勧めする薬剤とすれば、ベンレート水和剤あたりでしょうか。粉末ですから上記mLはg(グラム)に置き換えてください。1mL=1gです。水1Lで0.5gが2000倍希釈です。展着剤も同様に混入します。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00152.html(水で2000倍に希釈)。
これら二つの薬剤は散布後も薬液による葉の汚れもほとんど目立ちません。

しかし治療効果とはいっても斑点部分が青葉に変わるわけでもなし、効果があるのは予防と発生ごく初期だけです。発生ごく初期も、目を皿のようにして見て発見できるぐらいのもので、蔓延するともうダメだという事です。ほとんどの殺菌剤や病気についてこの事が言えますから、薬剤散布も予防散布が一番大事であると心得ましょう。
新たに貰ったり購入したものも、ただちに予防散布しておく事が望ましいです。どのような病気が付いて来るかわかりません。

しばらく薬剤散布期間が終るまでは葉水は控えましょう。葉水で病気が広がる事もあります。
斑点部分はもう回復しませんから、さしつかえなければ病葉は除去した方がよろしいです。
鉢土を過湿にしないようにしましょう、病気を併発させる場合があります。一応鉢土の表面が乾いたらしっかり水遣りしますが、今度は鉢土を早く乾かすようにします。そのためには明るい所や風通しの良い所に置きます。また床面直置きするよりもレンガみたいなものを左右に並べ、その上に鉢を置くと下からの通気性が良くなります。
また窒素肥料ばかり多く与えるのも避けます。N:P:K(窒素:リン酸:カリ)が等量か10:8:8ぐらいの緩効性化成肥料を与えます。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html#c
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00508.html
他にはIB化成肥料。以上参考まで。

ハダニは温室内でなければ、発生時期としては少し早いです。大体7月~9月の暑い盛りに発生が多く見られます。ホコリダニも同様です。
ハダニの被害を受けると、葉が白っぽいカスリ状になります。また葉裏も汚くなります。病気の新たな発生が見られなければ、また葉水を再開しましょう、葉の表裏や茎に与えます。ハダニ類の発生の予防になります。特に夏場は1日1回は与えましょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00387.html
もしハダニ類の発生が見られれば、この薬剤がお勧めです。主成分がデンプンで安全性が高く、高温期における薬害も出にくいものです。また害虫の気門を塞いで窒息死させますから、害虫の薬剤耐性にも強いです。100倍に希釈して、1週間おきに3回ぐらい散布します。なお粘質なので、計量にはストロー付きの目盛りの付いた注射器のようなものを使います。200円ぐらいで園芸コーナーにあると思います。

>霧吹きに入れたままにしておいた水なので、古かったのがいけないのでしょうか!? 。
水が濁っていたり、腐っていなければ構いません。

補足。
ハダニは極小で肉眼では見難いと思います。赤っぽいダニのようなものを見つければ、それはハダニではなくタカラダニです。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00387.html
風に乗って飛ばされて来る場合もあるでしょうね。越冬するものもいます。最初は少量でも世代交代が恐ろしく早いので、短期間で増殖します。また退治しても葉に被害跡は残ります。
画像からはハダニの被害には見えませんが、夏場は注意しましょう。

斑点性の病気でしょう。おそらく貰ってきた時点で付いて来たものと思われます。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki21.html
このなかでどの病気かを判断するのは難しいのですが、広範囲に効くダコニール1000あたりを葉の表裏や茎に万遍なく散布すると良いでしょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00138.html (水で1000倍に希釈)。
1週間おきに3回ぐらい散布します。また予防の為に、健康な葉茎にも散布しておきましょう。散布は霧吹きか噴霧器を使います。展着剤も薬液1Lにつき、数滴混入させてよくか...続きを読む

Qコムラサキシキブを地植えから鉢植えにしたいと思っているのですが落葉季まで待った方が良いのでしょうか?

コムラサキシキブを地植えから鉢植えにしたいと思っているのですが落葉季まで待った方が良いのでしょうか?今はやらないほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

地植え株の大きさにもよりますが
本来ならば2~4月が植え付け期だったと思います。
私は、地植え株の根元に実生でたくさん生えた株が
引き抜かれて捨てられ、萎れていたのを拾ってきて植えたら
今頃でしたが根付いたことはありますので
あまり大きな株ではなく、根を傷めないなら植え替えられるかもしれません。

ただ、地植えから鉢植えとなると植物からみれば
根も伸ばせられない限られた狭い環境に悪化させられることになるかもなので
なんとも言えません。
答えになっていませんが、自己責任でお願いします。

単にコムラサキシキブの鉢仕立てが欲しいのなら
この秋に実った実を鉢に蒔いておくだけで
春には芽が出て花を咲かせ、実ると思いますよ。
うちはあちこちに勝手に芽を出して
ど根性状態で増えているので困っていますw

Qゴールドクレストの新芽が枯れてくる

ゴールドクレストを垣根にしてるのですが大きくなりすぎたので
春に高さと厚みを刈り込み鋏で剪定しました。

ところが、初夏になったころより新芽が枯れてきて
全体が茶色く見苦しくなりました。

現在は少し又新芽が出てきましたが、何が原因でこうなるのでしょうか。
お教えください。

Aベストアンサー

刈り込み時期は、新芽が吹く春が最も適しています。
コニファーは金気を嫌い、刈り込んだ所が茶色く変色したりするのですが、春の芽吹き時ですと、すぐに新芽がでて変色部分が目立たなくなるためです。
あまり強い剪定は株を弱めるそうですが、全体が茶色ならたぶん大丈夫でしょう。全体がグレーがかっていると実はもうお亡くなりになってたりしますが。

古い知識ですが、千葉のコニファー研究所の所長さんのお話なので「自身あり」、です。

参考URL:http://www.mediaforest.com/habitat/q_a/qa_274.htm,http://hanacobo.com/Q&A/index.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報