現在、スカイラインGT-R(BCNR33)に乗っております。
しかし、通勤にはまったく使っておらず、週末や平日の夜間にちょっと乗る
程度です。そのうえバイパー(カーセキュリティー)を取り付けているためか
1年程前に新しく購入したバッテリーが、最近では1週間もしないうちに
上がってしまいエンジンが掛からなくなってしまいます。
現在の標準型バッテリー「SB-LB20L」ではなくもう少し大容量の
ものを取り付けようと考えましたが、密閉型の特殊な物のため対応している
大容量のものが見あたりません。同車種の寒冷地用のものを取り付けようと
とましたが端子の太さが違うようです。何か良い方法や良い物がありましたら
教えてください。またその掛かるおおよその費用も教えていただけたらと思い
ます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

rps13kaiさんこんばんは。


バッテリーのことですが、車はまったく乗らないよりも適度に乗ってあげたほうが長持ちしますよ。(余談ですが・・)バッテリーが一週間ぐらいで上がってしまうとの事ですが、バッテリーは一度上がると基本的に寿命は短くなってしまいます。ですから、頻繁にあがってしまっているとなおさらでしょう。だとしても一週ぐらいは持って欲しいですね。今のバッテリーの寿命もあると思いますが・・

対策としては
1、ソーラー式の充電機を車内に取り付けておく。
2、バッテリーを寒冷地仕様にする。
3、オルタネーターを発電量の大きいものに換える。

2のバッテリーの寒冷地仕様の大容量に変える方法ですが、端子の大きさが違いますよね。それには、汎用のバッテリー端子が売っていますので、付け替えても簡単だと思います。ホームセンターなどでも手に入ります。車に入るスペースがあればいくらでも大きくできます。費用はバッテリー代+¥3000もあれば十分です。

でも結局大容量のものに換えてもあまり乗らないのでしたらあがるまでの期間が延びるだけで結局は変わらないかもしれません。

3をできればいいのですが32スカイラインぐらいだと上はないかもしれません。

ですからバッテリーを換えてみてだめだったら1などをやってみてください。お力になれれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は足を怪我してしまいしばらく乗れなかったのですが、乗らないとしても
数日置きにエンジンを掛けたりしたいと思います。
特殊バッテリーでして寒冷地仕様のものでなくても高価なので通常の物を
入れて今まで以上に気を付けて扱いたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/03/23 22:46

こんなのどうでしょう。



アーシング等で長時間ターミナルを外すときの方法を流用します。
コンピューターや各種伝送品のメモリを保持するためによくやる方法です。

1.ホームセンターで安いバッテリーを買う。
2.カー用品店でシガーソケットと接続できるブースターケーブルを買う。
3.ブースターケーブルをシガーソケットに差込みバッテリーと接続。

しかし疑問に思うことが1つ。
1.ボンネット内のバッテリーから安いバッテリーに電力が供給される恐れが。
2.容量の違うバッテリーを並列接続することになるが大丈夫か。

詳しい方、すみませんがご回答お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

案としては面白そうですが、実際それが大丈夫か...ですね。
それに車を降りるときにバッテリーを車内に積み込まなくてはですよね。
でもご回答いただけて嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/23 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q密閉式バッテリーの充電について

最近、スクーターの密閉式バッテリーが弱ってきており、アイドリング中のウインカーの点滅が安定しません。(セルは回ります)
新しいのを購入することも考えましたが、値段をみて躊躇しています。

そこで自動車のバッテリー(液を補充できるタイプ)と、この密閉式バッテリーを自動車に積んでいるブースターケーブルで充電しようかと思っているのですが、充電できるものでしょうか?
もしくは密閉式対応のバッテリー充電器のようなものを購入してAC100Vから充電した方がいいのでしょうか。

回答のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ブースターケーブルでつなぐ場合はセルが回らないときなどの非常用と考えた方が良いです。

基本的にMFタイプの充電は専用の充電器を使い充電した方が良いのですが、一部開放式のバッテリー用の充電器でも注意すれば使える者も有ります。

しかし、MFバッテリーは弱ってきたと感じたら寿命が近い場合が多いですから、交換も視野に入れた方がよいと思います。
又バッテリーを長持ちさせようとしたら補充電も出来るだけ小さい電流で充電するようにしましょう(その為の専用充電器)

大電流で充電すればMFは危険も伴いますし、何よりも寿命が極端に落ちると思います。

Q密閉バッテリー急速充電(クイックチャージ)はOK?

基本的な事だと思いますが

バッテリーの急速充電とは バッテリーがあがってしまったものを、エンジンを始動し(他車とつなぎ)
しばらく充電することを 指すのでしょうか?

過去の質問に
>メンテナンスフリー(密閉型)は、クイックチャージが出来ないです

とありましたが これは「充電はできるが、バッテリーには良くない」 という意味でしょうか?


以前 密閉式のバッテリー上がりさせてしまいましたが、他車とケーブルでつなぎ
しばらくエンジンをかけたところ 現在でも元気に走っています

密閉式がバッテリー上がりをした場合の対処としては、他車とケーブルをつなぎしばらく充電するのはよくないのでしょうか?

・・・・もちろん充電器で充電する方がどのバッテリーでも良いのはわかりますが
密閉式は特に充電器を使用した方がいいのでしょうか?


お教えください

Aベストアンサー

>バッテリーの急速充電とは

通常(普通)充電は、充電器で約6時間程度で充電する事。
急速充電は、充電器で約30分から1時間で充電する事。
結局、何が違うのか?
中学生の時に、理科で習いましたよね。仕事(作業)量=電圧X電流。
自動車バッテリーの多くは、電圧12V固定。ですから、短期間(急速)に充電するには「電流を高くする」事です。
通常充電が、2アンペアから8アンペアであるのに対して「急速充電は、15アンペア」で充電します。
同じ仕事量だと、電圧が高い方が短時間で作業が済むのです。

>これは「充電はできるが、バッテリーには良くない」 という意味でしょうか?

密閉式(メンテナンスフリー)バッテリーには、2種類あります。
2種類共に、各セル(6個)には「ガス抜き穴」が開いています。
ですから、通常充電を行なう事は基本的に問題ありません。
が、(開閉式だと、バッテリー液投入口を別途空けてから充電しますが)急速充電の場合は「各セルのガス穴が小さい」ので爆発の危険性が高いのです。
充電時には、各セルから水素ガスが発生しますからね。
極端に言うと、らーめん大盛を30分で食べるのか10分で食べるのかの違いです。
10分で食べると、腹痛など悪影響が発生する場合がありますよね。^^;
つまり、バッテリー側から見ると「急速充電は、異常な環境」なんです。

>密閉式がバッテリー上がりをした場合の対処としては、他車とケーブルをつなぎしばらく充電するのはよくないのでしょうか?

他車とケーブルを繋いでセルを回す事(エンジン始動)は、充電ではありません。
正常な12バッテリーと弱った12Vバッテリーを並列に繋ぐだけですよね。
この場合は、正常な12Vバッテリーを用いてセルを回し・エンジン始動をしているに過ぎません。
決して、正常なバッテリーから充電している訳ではありません。

>密閉式は特に充電器を使用した方がいいのでしょうか?

と言うか、充電器を用いないと充電出来ません。
先に書いた通り、救援車のバッテリーは一切(弱ったバッテリーに)充電を行なっていません。
どの自動車も、エンジンが始動すれば「自分の発電機(オルタネータ)で、バッテリーに充電」する機能があります。
エアコン・オーディオ・ナビなどを消して、30分から1時間ほど走行すれば(次回セル始動程度の)充電は可能です。
(発電量は、エンジン回転数に比例)
まぁ、不安なら「密閉式バッテリー充電可能充電器」を購入する事ですね。
私が持っている充電器は、密閉型は対象外なんです。
が、日陰+風通し(換気)が良い+可燃物が無い場所で密閉型にも充電しています。^^;
充電中は、定期的にバッテリーの状態を確認していますよ。

余談ですが・・・。
中国の偉大な独自技術で開発した?YUANAバッテリーを発見しました。
決して、ユアサバッテリーではありません。
どこからも技術指導・提供を受けないで独自に開発した、中国が特許申請を狙っている?高性能バッテリーらしいです。
(GS)ユアサの2割程度で買う事が出来ました。
農機具に付けて、活躍中です。田んぼの中では、エンジンが止まっても影響ないですから・・・。
そういえば、SQNY乾電池も販売してましたよ。(爆笑)
SONYはソニーですが、SQNYは何と読むのでしようかね?

>バッテリーの急速充電とは

通常(普通)充電は、充電器で約6時間程度で充電する事。
急速充電は、充電器で約30分から1時間で充電する事。
結局、何が違うのか?
中学生の時に、理科で習いましたよね。仕事(作業)量=電圧X電流。
自動車バッテリーの多くは、電圧12V固定。ですから、短期間(急速)に充電するには「電流を高くする」事です。
通常充電が、2アンペアから8アンペアであるのに対して「急速充電は、15アンペア」で充電します。
同じ仕事量だと、電圧が高い方が短時間で作業が済むので...続きを読む

Q車用とバイク用の密閉型バッテリーの違い

密閉型バッテリーでも自動車用とバイク用の物は違うのでしょうか?

とあるメーカー(有名どころ)のバッテリーチャージャーを購入したのですが、

取説の記載には

『電源プラグを家庭のAC100Vコンセントに差し込み、電源スイッチを、自動車用開放型電池であれば「四輪」、
バイク用電池であれば「二輪」に設定すると、充電が開始します(以降省略)』と、記載されています。

しかし記載の無い自動車用密閉型電池やバイク用でも開放型なのか密閉型電池なのかも

記載がなく、電源スイッチの設定(四輪/二輪)について疑問が生じたので、メーカーに問い合わせると

次の回答が送られてきました。

          充電可否  設定   
自動車用開放型   ○    四輪
自動車用密閉型   ×     - 
バイク用開放型   ○    二輪
バイク用密閉型   ○    二輪

自動車用密閉型には対応していないとのことでした。
(箱にも取説にも、その事は一切記載されておらず納得できません)

自動車用とバイク用の密閉型バッテリーの違いをご教示お願い致します。

Aベストアンサー

自動車用の密閉型はかなり限られているので対応していないのでしょう。
密閉型っぽい外観でも排気口の付いているもの(制御弁型など)がほとんどです。
これは大容量バッテリの場合は発生ガス量などが多いので密閉構造にしにくい事があると思われます。

二輪用と四輪用は充電電流の違いではないでしょうか。
開放型は排気が可能なので急速充電が出来ますが、密閉型の場合はそれが難しくなります。
(過充電や急速充電すると安全弁が開くか、バッテリ本体が膨らんでしまいます)

いずれも鉛蓄電池には違いがないので定電圧充電は可能で、充電終止電圧もほぼ同一です。
詳しくはメーカの説明をご覧ください。
開放型、密閉型による違いもありますがメーカによる特性の違いもあります。

バイク用に密閉型が多く使われるのは、転倒時の液漏れ可能性を少なくするためです。
また自動車用に比較して温度的に楽なので電解液の自然蒸発が無視できる事もあります。

Qバッテリー、開放型と密閉型、どう選べば?

自動車用バッテリー(自家用車)の選び方について質問させていただきます。開放型と密閉型、どう言った基準で選べば良いでしょうか?また使用年数などは違うのでしょうか?

Aベストアンサー

整備経験から、メンテナンスフリーバッテリーの場合、突如ご臨終したことが過去に数回あります。さっきまで何ともなかったのに、突如うんともすんとも・・なんて事も。個人的には通常タイプがお勧めです

Qセキュリティ バイパーとホーネットの違いは?

バイパーとホーネットは同じ会社の製品なので基本的なことは同じなのでどちらでもよい、、、って感じのものなのでしょうか?

それぞれの特徴など教えて下さい。

Aベストアンサー

 簡単にいうと

・バイパー、クリフォードなど=プロショップで取り付けしてもらうことが前提の製品
・ホーネット=DIYも可能な簡略化した構成の製品

ということですが、明確な差別化が図られているわけではありません。
 ホーネットでも上級製品にオプションを組込めますので、実質的にはバイパーなどとほとんど同じものにすることはできます。ただしオプションの販売価格が高価なので、場合によっては最初から高機能なクリフォードにしたほうが安かったというようなことも起こるようです。

 販売は一応本来の区分けに従ってか、
・クリフォード:いわゆるプロショップ主流
・バイパー:カー用品店主流(店で取り付けする)
・ホーネット:カー用品店主流(単品販売もしている)
という具合になっているように思われます。

 ちなみにどれも米国DEI社のブランドで、日本では加藤電機が提携しており製造発売元になっています。(実際の製造は台湾あたりのメーカが行っているようですが)

 同じようなセキュリティ装置は米国では多数存在し、現地での販売価格はもっと安価なものがほとんどです。またオプション類は共通規格のものが多く、他社のモノでも転用が出来ます。

 国内でも下のURLで売られているK-9という製品などは、同等以上の機能ながら本体・オプションとも安く買えますので、DIY出来る人にはおすすめです。 

参考URL:http://www.urbansystem.com

 簡単にいうと

・バイパー、クリフォードなど=プロショップで取り付けしてもらうことが前提の製品
・ホーネット=DIYも可能な簡略化した構成の製品

ということですが、明確な差別化が図られているわけではありません。
 ホーネットでも上級製品にオプションを組込めますので、実質的にはバイパーなどとほとんど同じものにすることはできます。ただしオプションの販売価格が高価なので、場合によっては最初から高機能なクリフォードにしたほうが安かったというようなことも起こるようです。

 販売は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報