4月から公立の学校で完全週休2日制が実施されますが、文部科学省は土曜日に補習を行ってもよいという方針を出しました。それに呼応するように各自治体でも土曜日の補習を認める発表をしています。
 「ゆとり」という言葉を合い言葉に始まった教育改革だったはずなのに、文部科学省は自分たちの打ち出した教育政策によっぽど自信がないのではないかと思います。
みなさんはどう思いますか?ご意見を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

 同感です。

「ゆとり」と「学力低下」「進学問題」の対比で、このような発表となったのでしょう。ゆとりを求めるのなら、小学校から大学までの全ての教育機関に「ゆとり」を持たせなければ、大学入試のためには補習をしなければならない、あるいは塾が益々重宝される事になるでしょう。

 また、「ゆとり」が必要なのは誰なのかということです。子どもでしょうか?教職員でしょうか?完全週休2日制になっても、休みが増えた分だけ塾に通うのでは本来の意味がありません。本来の「ゆとり」を持つた子どもの姿や、日本のゆとりを持たす教育制度全体を見直さなければ、「ゆとり」が「ひずみ」になるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
高校や大学のあり方や受験制度など全体を関連付けて見直さなければうまくいかないということですね。納得!

お礼日時:2002/03/21 01:17

私も同感です。


「ゆとり」?どこに?が正直な気持ちです。

うちの子は今小学生ですが、これからは水、土曜日を除いた日は全て6時限まで授業があると言われました。これでは放課後子ども達はろくに遊べないですね。可哀相に思います。おまけに円周率は「3」と教えるそうですし…どうなっちゃうんでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
一番しわよせが来るのが「子供」では本ッ当に意味ないですよね。

お礼日時:2002/03/21 01:14

同感。



ほかに書きようがない(笑)
平均学力が下がった時に用意されている『いいわけシナリオ』なんじゃあないでしょうか。
やる気あるのかな~あの人たち【役人】。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
責任を取りたくない人ばっかりのような気がするんですよ。信じた道を突き進めばそれなりに見えてくるものがあるような気がするんですけどね。

お礼日時:2002/03/21 01:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校裏サイトと文部科学省の取り組み

よろしくお願い致します。

以下のニュースについての質問です。

***********************************************************
2007/11/20-20:30
「学校裏サイト」調査へ=いじめの温床、実態把握-文部科学省
 「学校裏サイト」と呼ばれ、児童生徒が学校や友達の話題を自由に書き込める
非公式のインターネット掲示板が、いじめの温床になりかねないとして、
文部科学省は同サイトの実態調査に乗り出すことを決めた。
違法・有害情報サイト対策に取り組む関係者を集めた
文科省の「ネット安全安心全国推進会議」の20日の初会合で、
同省側が明らかにした。
*************************************************************

このニュースの内容について、具体的なことが記載されている
サイト等ご存知ではありませんか?
また、詳しいことをご存知の方はいらっしゃいませんか?

平成20年度に、文部科学省が「学校裏サイト」の実態調査と、
それに伴い指定の学校での裏サイトに関する実験????を
行っていく、というような話を聞きました。

詳しく知りたいのですが、検索をかけても
ニュースの記事(しかも簡潔な)しか出てきません。

何かご存知の方がいらっしゃいましたら、
よろしくお願い致します。

失礼致します。

よろしくお願い致します。

以下のニュースについての質問です。

***********************************************************
2007/11/20-20:30
「学校裏サイト」調査へ=いじめの温床、実態把握-文部科学省
 「学校裏サイト」と呼ばれ、児童生徒が学校や友達の話題を自由に書き込める
非公式のインターネット掲示板が、いじめの温床になりかねないとして、
文部科学省は同サイトの実態調査に乗り出すことを決めた。
違法・有害情報サイト対策に取り組む関係者を集めた
文科省の「ネット安全安...続きを読む

Aベストアンサー

以下の文部科学省のサイトにあります。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sports/007/index.htm
↑のページの中に↓
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sports/007/siryo/07120309.htm

いじめ問題に関する項目
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112015.htm

Q文部科学省

大学で暴力事件が起きた場合、警察にいくのも手段の1つだとは
思いますが、文部科学省に相談をしたほうが、大学側にも
対応ができると思うのですが、こういうことに詳しい方
なんでもいいのでアドバイスください。

Aベストアンサー

 たびたび同じ趣旨の質問を繰り返しているところをみると、よほど腹に据えかねているのでしょう。

 しかし、文部科学省は、大学を直接指導監督する機関ではありません。法令や大学それぞれの規則に違反しているときは、それなりの対応が考えられますが、処分の内容は軽すぎるという問題に文部科学省が対応できるとは思われません。

 もちろん、大学自治が尊重されるとはいえ、大学は治外法権ではありません。暴力行為は司法の領域で、警察が動かないなら、裁判所に訴えるのが普通のやり方だと思います。

 前の質問でも回答があったはずですが、弁護士に相談するのが第一です。各地の弁護士会、あるいは行政の人権相談では無料の相談窓口を設けているはずです。

Q文部科学省の権限とは?

文部科学省の権限とは?

最近、文部科学省が、朝鮮学校無償化を決定しようとしたが、政府与党がストップをかけたために、無償化の決定が先送りになったということを聞いています。

ということは政府与党がストップをかけなかったら、このまま朝鮮学校は無償化になったということでしょうか?そもそも、このような大事な税金の使い道を文部科学省が単独で決めることができるような仕組みというのはどのようなものでしょうか?

思い出すのは、例の「ゆとり教育」、「学校の週休5日制の導入」などです。文部官僚(寺脇氏など)がテレビでコメントをしていたことを覚えていますが、国民の意見、少なくとも子を持つ親の意見ををろくに聞かずに導入してしまったという記憶があります。

これによって、日本の教育レベルは低下し、子供は勉強しなくなり、塾に通わせて私立の学校に行かせるなど、親の経済的負担はとても重くなりました。

この件について、文部官僚は誰も責任をとっていないような気がします。大蔵官僚でさえ、住専への公的資金投入で国民のバッシングを受けています。

このように国民の生活の大きな影響を与えることが文部官僚になぜ許されるのでしょうか?そして、「ゆとり教育」など、日本の教育に大きなマイナスを及ぼした政策を推し進めた文部官僚は責任とることはないのでしょうか?

このような仕組みだと、教育は文部官僚が好き勝手にできてしまうような気がします。

皆様はどのようにお考えでしょうか?

文部科学省の権限とは?

最近、文部科学省が、朝鮮学校無償化を決定しようとしたが、政府与党がストップをかけたために、無償化の決定が先送りになったということを聞いています。

ということは政府与党がストップをかけなかったら、このまま朝鮮学校は無償化になったということでしょうか?そもそも、このような大事な税金の使い道を文部科学省が単独で決めることができるような仕組みというのはどのようなものでしょうか?

思い出すのは、例の「ゆとり教育」、「学校の週休5日制の導入」などです。文部官僚...続きを読む

Aベストアンサー

このあたりの話は教育政策を専門としている人から話を聞いたほうがいいのですが、
大まかなところは次のようなところではないでしょうか。

まず、「ゆとり教育」「5日制」などは、その時代時代の
「学習指導要領」がベースとなって実施されています。
つまり学習指導要領に載っていないことを自由勝手にするのはダメなのです。

その「学習指導要領」もぽんと出た誰かの思いつきでできるものではありません。
新しい指導要領が施行される何年も前から
「中央教育審議会」という会が開かれ、
柱となる教育政策や大幅に変更する政策を練ってから
中教審答申といった形で文部科学省に提言したりして新しい指導要領が作られます。

また、中央教育審議会も、外部の教育研究者の研究や、国際的な動向
保護者の意見、世論、時の政権の意向などを踏まえて審議を行います。

その後、その提言を元に学習指導要領が作られ学校現場におろされます。

つまり、文部官僚は、「ただ学習指導要領をプリントするだけ」であるともいえます。
また、中教審の委員も「文部大臣から依頼されて今の教育の問題点を発言しただけ」ともいえます。
さらに、時の文部大臣も「詳しいことはよくわからないまま話が進んでいた」という状況であるとも
いえるでしょう。

そのような状況から、教育政策に関しては「誰々が悪い」と明確に言えないのであると感じます。

このあたりの話は教育政策を専門としている人から話を聞いたほうがいいのですが、
大まかなところは次のようなところではないでしょうか。

まず、「ゆとり教育」「5日制」などは、その時代時代の
「学習指導要領」がベースとなって実施されています。
つまり学習指導要領に載っていないことを自由勝手にするのはダメなのです。

その「学習指導要領」もぽんと出た誰かの思いつきでできるものではありません。
新しい指導要領が施行される何年も前から
「中央教育審議会」という会が開かれ、
柱となる教育政策や...続きを読む

Q(1)土曜日が休みで授業数が減ったゆとり教育は、

(1)土曜日が休みで授業数が減ったゆとり教育は、
なにが問題なんですか??
ゆとり教育の子供が世の中の社会人の中心を占めだしたら

なにがどう問題が起きて、生産性が落ちるのですか??


(2)そもそもゆとりではない皆さんは、具体的に何を学んできて何が出来るからゆとり世代より生産性が上なのですか?
裏を返せば、ゆとり世代は、何が省かれた結果何が出来ないから生産性が下なんですか?

学校の勉強の9割はどうでもいいことなんだからさほど影響なんかないと思うなあ。違う?
研究者クラスにまでゆとりの弊害が起きたら問題ですが
研究者になりたいという学習意欲がある学生は小学校中学校のゆるいカリキュラムなどは
問題にならないと思います。すなわち、教師が教えないのなら小学校中学校レベルのことなどは自分で学ぶと思うので
影響はないでしょう??



(3)研究者クラスのように意欲がある一群以外のノーマルな大人においても、
そもそも大学受験の問題のレベルまで落とすわけではないのではないですか??
だったらリカバリされるんだから大丈夫でしょう?

ま、リカバリされてもされなくても、小学校中学校で省かれた学習内容なんて社会になんの役に立たないものだから
元々影響はないのではあるが

(1)土曜日が休みで授業数が減ったゆとり教育は、
なにが問題なんですか??
ゆとり教育の子供が世の中の社会人の中心を占めだしたら

なにがどう問題が起きて、生産性が落ちるのですか??


(2)そもそもゆとりではない皆さんは、具体的に何を学んできて何が出来るからゆとり世代より生産性が上なのですか?
裏を返せば、ゆとり世代は、何が省かれた結果何が出来ないから生産性が下なんですか?

学校の勉強の9割はどうでもいいことなんだからさほど影響なんかないと思うなあ。違う?
研究者クラスにまでゆとりの...続きを読む

Aベストアンサー

自民党の教育改革の一環で始まった事と思います。
私はゆとり教育が問題では無いと考えています。 文科省による教科書検定と教育指導要領、そして教育制度そのもの問題だと思います。

教科書検定は、極右・極左的すぎるものや宗教色が強く過ぎるもの程度を抑える程度にし、もっと自由度を上げるべきであると思います。 歴史的な問題も両論併記すべきであろうと思います。

教育制度自体の有り方を変えるべきと主張してきました。 ゆとり教育以前は高校までは世界最高水準で大学出ると世界最低水準等と言われたものです。

高校・大学は入り易く、卒業しにくい(学力的に)制度にすべきであると思います。
土曜を休みにしても、塾通いが増え、教育産業の成長に一役買ったと思えます。

何をもって「ゆとり」とするかが、議論されずに、時間だけを減らした事が大きな問題ではないでしょうか。 教育の中身を充実させるための前提として、暗記型の教育指導要領では学力が落ちるのは当然と考えます。 研究・議論型の授業や体験型の授業を増やして、勉強の楽しさ・有意義さを覚えさせる事で、自ずと勉強に励むと思いますし、ディベートのような授業は下調べや答え方が重要になり、自主性が高まると思います。 高校・大学では特に重要なファクターになると思います。 受動的教育から能動的教育へ移行しなければ、学力水準のみならず社会人となるための人格形成を高める事にはならないと思います。 未だに英語は読めても話せない(自分もそうですが)のはいい例です。 大学まで含めれば何年間勉強しているのでしょうか。

私はゆとり教育は時間ではなく、その内容・教育の方法・教師の資質・学校制度そのもの等を変えない限り、本当のゆとり教育はできないと訴えたいです。 暗記型・受動型の教育では時間が減れば、教育範囲が狭まり、学力が落ちる=教育の生産性が落ちるとなるのではないでしょうか。

コマーシャルではありませんが、「答えはひとつでもやり方は無限にある」事を理解し、そこに興味を持たせる教育ができて、本当のゆとり教育ができるのではないでしょうか。 実際には答えが複数ある事の方が多く、どれが正しいとは言いきれない事や答えが見つからない事の方が多い(かも知れません)でしょう。 これに立ち向かえる教育が必要で、時間より質と体験の問題だと私は考えます。

私は有名私立K塾大学経済学部卒ですが、入試は難しく、卒業は心太でした。 卒業した時、高校の延長に思えました。 出席していれば(代返可)単位が取れた科目もあります。 これで良いのでしょうか。

ゆとり教育の生徒が社会に出て生産性が下がるというのは、ゆとり教育反対論者のもっともらしい意見に過ぎないと断罪します。 社会や企業はそんなにあまくありません。 公務員の多くは今でも生産性が低いといいきれますが。

学校の勉強はどうでもいいと考えられるのは大きな間違いです。 漢字も書けない、文章も書けない、稚拙な話しかできない、知識が無いために洞察力や観察力が落ちる等、色々弊害があります。
今の時代、興味が湧いたらいつでも勉強・研究ができる時代です。 インターネットも発達し、様々な情報が得られ、これは何だろうと考えるのが生涯教育であり、自分を磨くチャンスになるかも知れません。
そして、そういった一般の研究者やマニアあるいは書家や画家・音楽家等も五万といます。

あなたがこう言った問いかけ自体、あなた自身の教育になっている筈です。
海外へ行ったとしたら外国語で話したいと思いませんか?
映画を字幕ではなく見たいと思いませんか?
字がうまくなかったら上手になりたいと思う人も沢山いるでしょう。
スキーをうまくなりたいという人もいるでしょう。
字が判らず辞書を引いた事はありませんか?
簡単な消費税の計算ができない事はありませんか。

教育(広義)はどこにでも転がっています。
その転がっている教育要素を見つけたり、研究したり、マニアになったりするのに役立つ筈です。
その事を貴方は暗黙に意識していらっしゃるから、この質問をされたのではないでしょうか。
興味があったから、この質問をされたのではないでしょうか。
小学校中学校で省かれた学習内容なんて社会になんの役に立たないものとお考えなら、それが本当かどうかお調べになったらいかがでしょうか。 良い勉強になると思いますよ。

自民党の教育改革の一環で始まった事と思います。
私はゆとり教育が問題では無いと考えています。 文科省による教科書検定と教育指導要領、そして教育制度そのもの問題だと思います。

教科書検定は、極右・極左的すぎるものや宗教色が強く過ぎるもの程度を抑える程度にし、もっと自由度を上げるべきであると思います。 歴史的な問題も両論併記すべきであろうと思います。

教育制度自体の有り方を変えるべきと主張してきました。 ゆとり教育以前は高校までは世界最高水準で大学出ると世界最低水準等と言われた...続きを読む

Q教育問題の第一歩は週休2日を無くすことからではないのか。

教育問題の第一歩は週休2日を無くすことからではないかと思います。
何故誰もそのことを話題にしないのか、話題にしてはならない理由は何なのか、よくわかりません。
皆さんはどう思いますか。

Aベストアンサー

公立高校で英語を教えています。

他の回答者が「教師が週休2日に反対する」というようなことを言っていますが、土曜日に授業をすることと教師の週休2日は別問題です。時間割を操作すれば、平日を1/5の教師を休みにすることで、教師の週休2日を確保することは簡単にできますから。

私の勤務する県では、現在は土曜日に補習をすることも禁止されています。(通学ではないので通学途上の補償ができないというのが理由です
)一方で私学は土曜日も授業をするのも自由ですから、しっかり勉強したい生徒は私学へ行けということになります。

教師も労働者ですし、家族もありますから、「教師だから週6日働け」というのは暴論です。ですが、生徒の学力低下を考えると、学校週6日制に反対する教師は少ないと思います。

現在のゆとり教育は文科省の愚民政策であり、現場の教師の意見を反映したものではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報