最新閲覧日:

シーネ固定の方法が知りたくて質問しました。
シーネとはいったいなんですか?
方法はどうするのですか?
調べたら、「湿布のようなもので変幻自在で外気に触れると一定時間後固まる素材で出来ているもの」ということがわかりました。それがどういうものか方法はどうするのかまったくわかりません。よかったら教えてください。おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ちょっと調べたところ、日本語の副子英語のsplint全般をさすようですよ。

ドイツ語なんでしょうか。
だから別に整形外科じゃなくても、歯科なんかでも使うみたいです。
その湿布なようなモノは多分、ギプスシーネなんじゃないでしょうか。焼き石膏を染み込ませた包帯で作られているそうです。だとすると、シーネには他にもいっぱい種類があります。

参考URL:http://public.sakura-rubber.co.jp/fire/chapter06 …
    • good
    • 0

大体あってますが、整形外科でも使いますよ。

    • good
    • 2

私も骨折した時に接骨院の先生が用いました。



お書きになっているように見た目は湿布のようなものですが、
熱可塑性樹脂で暖めると(すみません、温度は解らないです
が、加熱には蒸しタオルの道具を使っていました)湿布のよ
うにべろべろになり、冷えると固まってまた元のプラスチッ
ク板の硬さに戻ります。

使い方は、脱脂綿やガーゼ、油紙などで患部を固定して、そ
の上から柔らかくしたシーネを当ててまた固定し、固まった
所で包帯で外れない様にしていました。

骨折以外の使い方は知りませんが、骨折の場合、ギブスで固
めてしまうと外す事が出来ませんが、シーネの場合は骨の再
生途中にも連続して修正を加える事が出来るのでより正確な
骨の再生をさせる事が出来るのがメリットだそうですが、ギ
ブスと違って毎日治療をおこなう必要があるので整形外科等
で使われる事はあまりないようです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報