7歳の次男なんですが、ちんちんの裏側あたりに枝豆大の化膿しているところが2ヶ所あります。調べる際に皮を少しむいたところ、きゅうくつそうにしていました。自分の子供のころは、どうだったか思い出そうにもあやふやになっております。炎症を起こしているところは、軟膏でもつけとけばいいぐらいに思っていますが、ひょっとしてあのまま真性包茎のままかなと心配しています。7歳前後で包茎の手術は受けられますか?痛みはどれぐらいつづきますか?子供の包茎手術をされた親・医者等経験者のお話をお聞かせください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

小児期の包茎手術の必要性については異説はもちろんあるにはありますがほとんどの学識者は『必要条件を満たさなければ小児に手術は必要でない』という見解で一致しています。


その条件とは…
1)オシッコをする時に風船状に包皮が膨らみいわゆる『バルーニング(専門用語)』を呈する場合。
オシッコをするための障害になり、泌尿器の変性を導くため手術適応とされます。
2)『繰り返す亀頭包皮炎』正直1回や2回は問題ではありません。短期間で繰り返しおこすとか、炎症のために癒着を起こして問題になるとかのレベルです。
ほかにも条件はありますがほとんどが1または2です。
小児期に包茎であることは全くの正常です。剥けている方が『おかしい!』と認識してください。無理にペニスの包皮を翻転させる行為も厳禁です。
包茎手術そのものは極端な場合生後数ヶ月からでも安全に行えます(その場合はもちろん全身麻酔ですが…)。だから医学的に必要であれば年齢は関係ありません。
次に示すことからもお近くの泌尿器科を受診され、ついでに相談されるといいかと思いますよ。

ちんちんの裏側あたりに枝豆大の化膿しているところが…コレ、子供さん痛がってますか?
痛がっていなくってやや透明~白色のふくれ(水疱のよう)でということであれば、リンパ水瘤なんてものも考えられます。大きな異常とはいえませんが、ものを確認されることが大切ですから…これは実地で専門家の診断を受けるべきです。また化膿した枝豆・・というのが恥垢の塊であれば清潔管理をしましょうと勧告されるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。排尿時に痛みがないのと、さわってみて明らかに皮膚の病気だなと思ったものですから、軟膏とバンドエイドで対処し、良くなりました。男の子二人なものですから、お兄ちゃんの方にも包茎手術する?と聞いてみたところ、最初は渋っていましたが手術を受けてもいいかなぐらいになりました。でも、弟の症状が改善されるにつれて、わたしの考えが変わりました。いずれ むけるでしょう、というわけで今回一段落しました。

お礼日時:2002/03/27 11:45

お薦めのHP(泌尿器科の医師の)を紹介させていただこうと思ったのですが、


回答に際し、
>「・・・・法律や医療のジャンルにおいては、誤った知識が大きな損害に繋がったり、生命の危険を招いたりということが起きかねません。十分に検討したうえで、責任を持って回答をお書きください。他のサイトを検索して知った程度の生半可な知識だけで回答したり、無批判に他のサイトを紹介することは、質問者にとって大きな不利益を生むこともありえますので、お控えください。」

・・・などと書いてありますので、控えさせていただきますが、
一度、泌尿器科で、診てもらうことを、お薦めいたします。
もし、よろしければ、ご紹介いたしますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/27 11:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 亀頭包皮炎のまとめページ

    亀頭包皮炎とはどんな病気か  細菌などの感染により包皮(ほうひ)および亀頭(きとう)部が赤くはれ、排尿痛を訴えます。パンツにうみが付くこともあります。男児疾患のうち、最も多いもののひとつです。 原因は何か  包茎のある子供で、恥垢(ちこう)や包皮にたまった尿などが刺激になって炎症を起こし、さらに細菌感染を起こすと化膿し、うみが出てきます。多くはブドウ球菌によります。通常は皮膚(包皮)の炎症にとどまり、尿...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手術の癒着について

小腸の部分切除の手術をした場合は癒着率は他の大腸や胃などの手術より癒着する可能性が高いのでしょうか?

小腸の手術をした場合は90%の方で癒着すると聞いた事があります。

小腸だから癒着し易いのですかね?

Aベストアンサー

手術をすれば、癒着は起きると考えた方が良い。
癒着しない方が例外。
だから、小腸でも、大腸でも、他の臓器でも、
手術をすれば癒着は起きます。

でも、癒着が臨床上、どのような問題を生じるか、
ということになると、どの臓器も同じというわけではありません。
癒着で、一番、問題になるのが小腸なのです。
小腸では、癒着によって、腸の動きが悪くなったり、
場合によっては、詰まったりすることがあるので、
問題が大きくなる可能性が高いのです。

Q包茎手術の贈り物?

20年前に性器の手術をしました。解りやすく言うと包茎手術です。
最近性器に異物感があるのに気付き、触ってみると棒の中ほどの皮膚下に糸(3~4センチ)があるのを発見しました。傷口からは離れているので性器内を移動してるようです。本来なら手術時に抜糸しているはずなので抜き忘れでしょうか?それとも後から縫合糸が出るのは仕方ない事なのでしょうか?この糸が体内に回り血管損傷や化膿したら困るので手術した病院に問い合わせました。するとカルテが無いと言われました。この場合、手術して取り去るとしたら、再手術代は病院側の負担になるんでしょうか?それとも自己負担?こちらとしたら、手術への恐怖感、又、糸が血管に刺さらないか等の不安感、通院代・手術代の金銭的負担、しばらくSEXやオナニーもできないなど、とにかく精神的負担が大きいです。もし、病院側のミスならば手術代や通院代などは当然払いたくないと思っています。こういう場合どうすればいいんでしょうか

Aベストアンサー

20年前というと正直微妙ですね。
何故なら医療過誤の時効は手術後20年です。
当時のカルテの法令保存期間は5年ですので、何時手術を行ったかの証明は出来ますか?
これらが証明出来るので有れば、一度弁護士に相談するのも一つの方法です。
他の病院で、貴方の感じる異物感を診断して頂くのも一つの方法です。
ひょっとすると抜糸用の糸でない可能性も有ります。
これを確認してからでも遅く無いのではないでしょうか?

Q手術 癒着について

小腸や大腸の手術をした場合に癒着が起こることがあると聞きますが術後1日や2日では癒着は起きなく長い月日をえてから癒着すると聞いた事があります。

癒着=手術直後には起こらずに月日をえて癒着する時はすると言う認識で良いでしょうか?

Aベストアンサー

いいえ。
癒着とは、手術などによる傷が治る過程で起きます。
たとえば、指を切った時、傷口がくっついて治ります。
そのくっつくことが「癒着」なのですよ。
都合の良いくっつきを「治癒」と言い、
都合の悪いくっつきを「癒着」と言っているようなものです。
つまり、癒着は、手術直後から始まります。

腸は動くので、軽い癒着が起きて、腸が動いて、それがはがれて
新たな傷となり、新しい癒着ができて……
というように、どんどん癒着がひどくなっていく人がいます。
「長い月日」というのは、そのような人を指すのだと思います。

癒着がひどくなると、腸の動きも悪くなるので、
癒着防止は、重要なポイントです。
なので、変な癒着が起きないように、早期の離床をさせたり、
手術の時に癒着防止のシート(最終的には、吸収されてなくなる)を
つかったり、色々と工夫がされていますが、
いまだに、決定打はないようです。

Q包茎手術する日本人ってアホなのか?

以下の話って本当なのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

高須 僕が包茎ビジネスをはじめるまでは日本人は包茎に興味がなかった。僕、ドイツに留学してたこともあってユダヤ人の友人が多いんだけど、みんな割礼しているのね。ユダヤ教徒もキリスト教徒も。ってことは、日本人は割礼してないわけだから、日本人口の半分、5千万人が割礼すれば、これはビッグターゲットになると思ってね。雑誌の記事で女のコに「包茎の男って不潔で早くてダサい!」「包茎治さなきゃ、私たちは相手にしないよ!」って言わせて土壌を作ったんですよ。昭和55年当時、手術代金が15万円でね。

おさむ えぇーーー!! じゃあ世の男性はみんな高須さんのサクリャクにハマったってことですか!?

高須 ですね(笑)。まるで「義務教育を受けてなければ国民ではない」みたいなね。そういった常識を捏造できたのも幸せだなぁって(笑)。

Aベストアンサー

元々需要があったわけではないので
スキマ産業ではないし、女性の子宮がんを
防ぐなどの理由があったとしても、
仮性包茎なら清潔にしていればまず問題ない。
治すというのはあてはまらない。
また、海外でも、宗教の慣習で
割礼する人もいるが、それを常識とは言わない。

デマを流すことで、本来不必要な人にまで
手術をさせて儲けたのだから、ある意味詐欺。
きちんとした知識を持たず、自分で考えもせず、
未だに騙され続けているとしたら、それはアホかも。

Q癒着について・・

こんにちは。
手術後に起こる癒着についてなのですが・・
癒着とはどういったものなのでしょうか??
また、術後(子宮筋腫による子宮の摘出)の癒着によって再手術をしなければならない時、手術を行っていただいた医者の方には責任はあるのでしょうか・・??
「癒着」ついて何でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

感染、ケガ、手術など何でも同じですが、ヒトの体の組織に炎症や損傷がおこると、そこには必ず、自分で治ろう、とする力が働きます。その結果起こるのが癒着です。
例えば、包丁で指を切ってしまったとします。小さな傷であれば縫合しなくとも自然にふさがって治ります。“ふさがる”のは離れてしまった皮膚と皮膚とが、まさに“癒着”するからです。
つまり、人間にとって“癒着”という現象は、生きて行くために絶対に必要な“創傷自然治癒力”と言えます。
ところが、この治癒力はすべての場所に起こります。起こって欲しくない場所、例えば開腹手術後の創や、腸と腸の間などにも起こるのです。
このため開腹手術後の癒着により腸閉塞などが起こったり、再手術が困難になったり、人体にとってはよくない事も起こりうるわけです。
もうお分かりだと思いますが、術後の癒着は執刀医の責任ではありません。どんな名医が執刀しても、必ず起こるのです。
最近では、癒着防止用シートなども販売され、臨床で使用されています。

Q短小包茎、真性包茎、保険治療は出来ますか

小学生の高学年の男児2人を持つ親です。
上の子は長さは長く7~8センチあります、
皮は自分でむけますが
勃起時には痛くてむけません。
むいたままの生活は痛くて出来ないそうです。
真性包茎だと思います。

下の子はとても長さがなく
普段は皮だけの状態で1センチほどしかなく
苦労すればむけますが(3~4センチぐらい)
やはりむいたままだと痛いようです。
皮を戻すと(肥満の為か)ペニス自体は
体の中に埋め込まれている感じです。
短小包茎です。
ふたりともカントン包茎です。

小児科に受診したところ
問題ないと言われましたが
どちらもおとなになってから苦労すると思います。
でも手術に失敗して皮を短く切られ過ぎても
困ります。
出来れば下の子は長さを伸ばす手術を
したいのですが、2人とも泌尿器科で
保険治療は出来ますか?

それとも美容整形外科になりますか?

Aベストアンサー

全ての泌尿器科・クリニック・美容整形外科で、仮性包茎の手術に保険を適用することは基本的にできません。
真性包茎を治療するための包茎手術を、泌尿器科で受けられる場合のみ保険の適用対象となります。
保険を適用できれば費用を抑えることはできますが、泌尿器科の中には包茎手術の仕上がりの美しさには気を使っていない医院もあります。

http://www.ueno.co.jp/phimotic/faq/insurance.html

Q癒着について

こんにちわ、早速ですが、よく開腹手術で癒着がひどくて
手術できないことを耳にしますが、そもそもなぜ癒着という現象がおこるのでしょうか?対象は卵巣癌なのですが、大腸や子宮とよく癒着するらしいのです。これは癌が接着剤みたいな役割をしているせいなのでしょうか?誰かご存知の方がいらっしゃればお願いします!

Aベストアンサー

腹腔内の「癒着」という場合は,通常開腹手術後の後遺症としての「癒着」を指します.
これは,開腹手術時に受けた刺激により,腸管と腸管,あるいは腸管と腹膜などが繊維性の組織(組織を修復しようとしてできたもの)でくっついてしまう状態です.
単なる「癒着」であれば,丁寧に剥がしていけば剥がれるものです.

ご質問の,卵巣がんの大腸や子宮への癒着は,恐らく「浸潤」を指しているのだと思います.これは,癌が進行して卵巣の被膜を越え,周囲の組織にまで癌細胞が拡がっていっている状態です.
これは「癒着」ではないためはがすことはできませんし,無理にはがしたとしても,癌を残した手術をすることになるので,全く意味がありません.
手術により癌を切除するためには,その浸潤している部分も広範囲に摘出する必要があり,この場合手術の対象にならないことがあります(手術しても延命効果がないため).

Q傷口の化膿からの四肢切断はありえるのでしょうか?

調べてみたのですがいまいちわからなかったので質問します
素人がネット検索でのみ調べただけなので、間違えた知識の場合は申し訳ありません

傷口が化膿し始めて、その症状が骨に移ってしまい化膿性骨髄炎等になった場合、
四肢切断による治療をせざるを得ないという状況はあるのでしょうか?
また、怪我してから化膿性骨髄炎が発症するのはおおよそどのくらいの期間でしょうか?

Aベストアンサー

四肢切断による治療をせざるを得ないという状況はあるのでしょうか?
→有ります
怪我してから化膿性骨髄炎が発症するのはおおよそどのくらいの期間でしょうか?
→起炎菌の毒力、治療方法、患者の免疫力、栄養状態などに左右されます。
概ね数ヶ月~年余に成ることも有るでしょう。

Q包茎の癒着部分

自分は包茎です。
おそらく仮性包茎で、カリ部分のところまで来ると一部分癒着してました(仮性包茎で癒着はありえないという意見が)。
大きく癒着していたわけではなく、トライアングル状にちかい癒着でした(裏筋では無い)。
そして昨日オナホールで挿入しようとしたら、癒着がどんどんとれてくれました。(結局奥まではいけませんでしたが)
ひとまず抜いて、癒着が残っていたのでこの際残りの癒着もとって完全な状態を作ってしまおうと思って、力ずくに近い状態でオナホールや手で癒着を取りました。
そしてその部分からは血がでているわけではないのですが、つかえたら多少の痛み、赤みがあります。
これは放置すれば自然に治るのでしょうか?
それとも早く直すための薬などはありますか?(他の質問ではオロナインとありました)。
家にあるのがマネキオールという殺菌、消毒のヤツしかないです。
完治させたいのでよろしくお願いします。
あと「病院に行く」という回答以外でお願いします。

Aベストアンサー

自分も同じような癒着の経験があります
すり傷とおなじことだと考えてオロナインを塗って数日したら何でもなくなりました
清潔にしていれば特に問題ないと思います

余計なことですが
露出まもないところでオナホール使用はちょっと圧力が強いかもしれないと思います

Qレーシック手術後の白内障手術について

レーシック手術後の白内障手術について

今から10年ほど前にレーシック手術を受けました。
先日、左目の調子がおかしく(蛍光灯等の光がやけに眩しいため)
眼科に行ったところ、若年性白内障との診断結果でした。

ここで質問ですが、白内障手術(多焦点レンズ)を受ける場合、
レーシック手術を受けた病院で白内障手術を受けた方が良いでしょうか?
先進医療を実施している病院ならば、どの病院で受けても
一緒でしょうか?

Aベストアンサー

どの病院でも可能ですが、レーシックを受けたときのデータの提出が必要になります。
しかし、データを提出しても詳細が分からない場合があります。
なので、出来ることならどのような手術をしたのか分かっているレーシックを受けた病院での手術がいいです。


人気Q&Aランキング