住民票に出てくる続柄についてですが、世帯主から見て「孫」にあたる日との続柄は「子の子」になっていますよね?
なぜ、「孫」にはならないのでしょうか?「孫」では不都合なところがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


地方の役所で住民登録の係を担当していたことのあるものですが、
一部私権を含みますので「自信なし」といたします。

「孫」という表現を使用しないのは、
皆さんご指摘の「長男」「次女」等の続柄表示の名残だと思います。

以前の住民票には、「長男の長女」「養子の三男」「妻の次男の次男」
などという表現が使われていたわけです。
これを家族構成の多様化から、人権にも配慮して、
親なら見ての子はすべて「子」、孫は「子の子」とした訳ですね。

ただし、例にありました「子どもの妻の連れ子」ですが、
子どもと養子縁組した場合は「子の子」ですが、
そうでなければ、あくまでも「子の妻の子」です、念のため。
    • good
    • 2

Chukanshiさんと言う通りだと思います。


例えば、世帯主から見て、

世帯主の子どもの実の子どもは「孫」だけど、
子どもの妻の連れ子は「孫」では無いのです。

「孫」表記をOKとすると、妻の連れ子は「孫」にはならないので、
うーん「同居人」もしくは「子の妻の子」となってしまうと思います。
ここで、実子と連れ子で続柄の表記に違いが出てきます。

人権の面から、これは好ましくないとの見解でしょう。
    • good
    • 0

「子」という表記は、それほど古くから行政で行われているものではありません。


「長男」「長女」とかそういう表記をしていました。でもそれだと、養子とか婚外子などが、表記されているときに、異種の差別感があったので、すべて「子」に統一されました。養子の子供だった場合、孫とか書くのってなんだかへんではないですか?だから、どんな場合にも差別的な表現にならないように「子の子」という表現になっているのだと思います。(自信なし)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q続柄の書き方

私(女性)の弟の息子が就職するので、身元保証人を引き受けました。

身元保証書に、保証人が署名する欄の、続柄の書き方について質問です。
本籍
現住所
氏名
続柄
と書くようになっています。
私自身の氏名などを書く訳ですから、続柄は伯母と書けばよいのですよね?
保証する相手を指して、甥と書くのではないですよね?
すみません、考え出したらわからなくなりました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あ、これ迷うことありますよね。
この場合主体はあくまで就職する弟の息子さんですので、就職する弟の息子さんからみて(保証人である)あなたは何にあたるかということで伯母で正解です。

なお書式によっては「○○から見て」と注意書きがしているものもあり、それなら迷うこともありませんが。

Q、【世帯主】は自分?住民票を東京【実家】→青森【1人暮】へ異動したら。

こんにちは、みなさん。

タイトルの件、ご相談します。
東京の実家にいた時は、父親が世帯主でした。その後、転勤のため、青森へ赴任しました。独身の1人暮らしです。住民票も東京から、青森へ異動しましたが、世帯主は自分でしょうか?

ご存じのかたいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

一人暮らしを始めたら、世帯主はあなたということになります。

Q席辞表の続柄の書き方がわかりません

席辞表に書く続柄の書き方がわからないので教えて下さい。


1.私の祖父の兄弟の息子(つまり私の父親のいとこ)さんは席辞表に書くとき、どう書いたらいいのでしょう。


2.従兄と従弟はどう使い分けたらいいのでしょうか?自分より年上のいとこに「従兄」年下のいとこに「従弟」を使うのか、もしそうなら、自分と同じ年のいとこはどうしたらいいの?

  それともいとこ二人兄弟のうちの上の兄が「従弟で下の弟が「従弟」なのでしょうか?

以上、わかる方だけの回答でもかまわないのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

えっとですね・・・・

親族の場合は、本人どうしの年齢で決めるのではなく、
その家のご主人が、あなたのお父様とどういう関係なのか、
で序列が決まっていくのです。

従ってあなたのお父様の、お兄様に当たる親族は、
すべて「従兄・従姉」にあたります。
逆に、お父様の弟様に当たる親族は「従弟・従妹」となります。

同様に「伯父・叔父」「伯母・叔母」の場合でも、
お父様のお兄様・お姉様に当たる方々が前者で、
弟様・妹様に当たる方々が後者になります。

席順としては、血縁の濃い方々が末席に近くなりますので、
(この場合、出席者のご主人を基本とします)
お父様のお姉様のご主人様が、一番上座に、
妹様のご主人様がその次、お兄様が次に来て、
弟様がもっとも末席となります。

お母様のご兄弟の場合は、その下となります。

なお、それらのお子様で、すでに世帯をお持ちの場合は、
お子様が女性であれば、さらにご主人は血縁が薄いため、
さらに上座となり、男性であれば手前となります。

お子様がまだ世帯をお持ちでなければ、ご両親の下となります。

結婚式というものは、あくまで「両家が基本」なので、
新郎新婦にとっての序列ではなく、ご両親にとっての
序列として捉えてやってください。

ただし、何事にも「例外」はありますし、
地方による「風習」の違いもありますので、
ご両親と良く相談して、決められた方が良いでしょう。

えっとですね・・・・

親族の場合は、本人どうしの年齢で決めるのではなく、
その家のご主人が、あなたのお父様とどういう関係なのか、
で序列が決まっていくのです。

従ってあなたのお父様の、お兄様に当たる親族は、
すべて「従兄・従姉」にあたります。
逆に、お父様の弟様に当たる親族は「従弟・従妹」となります。

同様に「伯父・叔父」「伯母・叔母」の場合でも、
お父様のお兄様・お姉様に当たる方々が前者で、
弟様・妹様に当たる方々が後者になります。

席順としては、血縁の濃い方々...続きを読む

Qそもそも住民票の 「世帯」ってなんでしょう。 どのように構成したら良いのでしょうか?

いつもお世話になってます。

住民票の「世帯」

そもそも「同一世帯」とは、どういう人たちのククリなのでしょうか?

もう完全に自立した同居の子は別世帯を構えても良いように思えますし、家庭内離婚状態の夫婦は夫婦で別々に世帯を構えても良いように思えます。

一般の人も住民票を取り扱う行政の事務員も、住民票を「住民基本台帳法」に基づくことになりましょうが、「同一世帯」を何を目安に決めれば良いのでしょうか?

※ 生活の知恵的にではなく、法解釈に従うとしたらです。
※ 住基法だけでは納まらないかもしれませんが。

どのようなご意見でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律上の解釈としては「生計を同一にする単位」を「世帯」としています。
よってfsyさんが言われるとおり
・完全に自立した同居の子
・家庭内離婚状態の夫婦は夫婦で別々に世帯
は「正答」です。
しかし、「生計を同一にする」ということをどう解釈するか、どう認定するかというのは難しく結局は「届出による」ということになります。
逆に言うと「明らかに生計が同一な者」を単独世帯にしない、というのが実務です。義務教育期間中の15歳以下の子供などがこれにあたります。
そうでなければ「世帯が別」と届け出られれば別の世帯として住民登録をせざるをえません。
ただし、世帯を別にすることにより優遇措置がある場合(例えば母子家庭)には判断が難しくなります。

Q続柄の書き方

質問です。
携帯の契約書で、続柄を記入する欄があります。
契約者は、未成年で、親権者が記入する欄に続柄があるのですが、この場合、「子」・「父 or 母」どちらを、記入するのでしょうか?
至急、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メインで契約する者(つまり続柄が本人になる者)から見て、この人はどういう立場の人ですか?って事だから「父or母」になる。

Q身分関係は戸籍で証明するんだから、住民票の続柄って――

 ――理論上は何でも書いていいということになりませんか?
 例えば私(男)を世帯主だとして、「妻(未届)その1、妻(未届)その2」という書き方や、「家政婦」とか「ルームメイト」とか「奴隷」とか「教え子」という記載は実際は通るんでしょうか?
 予想では「奴隷」は差別的だからダメということはあっても、未届なら重婚もOKじゃないのかなと予想しています。


(この質問は戸籍官吏のお仕事についての雑学を知りたくて質問したものです。「そんなことはよくない」といったお話は別でお願いします。)

Aベストアンサー

まず一つ理解してください。
現在の戸籍は「両親」と「子」しか
入りません。
自分の戸籍には「祖父」はいませんし、
「家政婦」なんて・・・
(昔はあったんですよ)
ですから、1枚の戸籍で確認できるのは
「夫」「妻」「子(長男、長女)」「養子」だけなんです。
あとは、その戸籍の父母欄から筆頭者や
配偶者の親子関係を類推しています。

で、住民票のお話ですけど、
ある程度の法則があります。
親族であれば「縁故者」
そうでなければ「同居人」
そして親族の場合ですけど、
「孫」は書けません「子の子」となります。
一文字で表現できる親族関係は
「父」「母」「妻」「子」「兄」「姉」「弟」「妹」に
限定されるんです。
なんとなく読めてきました?
つまり世帯主から見て「義父」は
「妻の父」になります。
実は、この「の」がつけられるある程度の
制限があって、およそ「の」を4回以上
つける表現の親族の場合、「縁故者」と
なるんです。

そして、妻(未届)ですが、
これは同居時から配偶者としての公的身分が
必要な場合(住宅登記の問題とか)に適用される
特例です。必ず婚姻届を近日中に出すことが
前提ですので、これに該当しない場合は
婚約者であっても「同居人」です。

住民記録の実務という本は市販されています。
読んでみると結構面白いですよ。
(ちょっと高いですけど・・・)

まず一つ理解してください。
現在の戸籍は「両親」と「子」しか
入りません。
自分の戸籍には「祖父」はいませんし、
「家政婦」なんて・・・
(昔はあったんですよ)
ですから、1枚の戸籍で確認できるのは
「夫」「妻」「子(長男、長女)」「養子」だけなんです。
あとは、その戸籍の父母欄から筆頭者や
配偶者の親子関係を類推しています。

で、住民票のお話ですけど、
ある程度の法則があります。
親族であれば「縁故者」
そうでなければ「同居人」
そして親族の場合ですけど、
「孫」は書けま...続きを読む

Q医療費控除明細の書き方(続柄について)

医療費控除の明細に、"続柄"を記載する欄がありますが
そこに何と書いてよいか悩んでいます。
住民票の世帯主は夫なのですが、働けない夫は私の扶養に
なっており(扶養者控除の名は夫の名で申告)、
医療費控除や確定申告するのも私だけです。
その場合でも、続柄の夫の欄には「本人」
私のところは「妻」でよいのでしょうか。

Aベストアンサー

申告をする方は、lets55さんですね?
その場合は、lets55さん→「本人」、ご主人さん→「夫」だと思います。

Q住民票の続柄 妻(未) について

夫が浮気相手と同棲しています。
住民票を調べたところ、浮気相手の続柄が「妻(未)」と
なっていました。

私と夫は戸籍上の夫婦関係にあります。
上記のように、浮気相手が「妻」と登録されてしまうような
ことがあるのでしょうか?

住民登録の際、未入籍の場合、双方の戸籍を確認しないのですか?
もしかしたら勝手に離婚届を出されてしまったのでは?と
心配しています。

戸籍がある住所が遠方なので、取り急ぎ教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 ご質問に沿って、簡潔に書いていきたいと思います。

>住民票を調べたところ、浮気相手の続柄が「妻(未)」となっていました。

・住民票の続柄の表示で「妻(未)」という表示はありませんから、皆さんもお書きのように「妻(未届)」が正しいです。
http://fb-hint.hp.infoseek.co.jp/inconv04.htm

・これは、要するに内縁関係であるという表示です。
 以前は、こういった場合は「同居人」と表示することになっていたのですが、内縁関係についても、法律上の夫婦と同等の権利を持つ事が多くなってきましたので、こういう表現で、単なる「同居人」と「内縁関係」を区別して表示することになりました。
http://fb-hint.hp.infoseek.co.jp/inconv02.htm

>私と夫は戸籍上の夫婦関係にあります。上記のように、浮気相手が「妻」と登録されてしまうようなことがあるのでしょうか?

・「妻」と表示することは婚姻中でないと出来ませんが、「妻(未届)」と表示することは、住民登録時に申し出ることにより出来ます。

・勿論、ANo.5さんのとおり、既婚者がそういう申立てをすることは好ましくないですが、「重婚的内縁関係」という考え方もありますから、申し出があれば「妻(未届)」と表示されることになります。
http://www6.ocn.ne.jp/~nennkin/dic/jyuukontekinaienkankei.htm

>住民登録の際、未入籍の場合、双方の戸籍を確認しないのですか?

・住民登録の際は、転出証明で内容(戸籍の本籍地・筆頭者など)を確認しますから、戸籍の確認はしないです。

 つまり、
・男女の転出証明に書かれている、本籍地と筆頭者が同じ場合は、ご夫婦であることが分かりますから、続柄は「妻」と書かれますし、本籍地や筆頭者が違う場合は、法律上のご夫婦でないことは分かりますから、ご本人の申し出により「同居人」か「妻(未届)」を選択することになります。

>もしかしたら勝手に離婚届を出されてしまったのでは?と心配しています。

・これは、戸籍を確認されるか、貴方の住民票を確認されないと何とも言えないです。

・本籍地が遠方との事でしたら、「住民票の写し」(本籍地を記載してもらってください)を取得してみてください。
 本籍地欄の筆頭者が元々ご主人であったものが、貴方などに変わっていれば、離婚していることになりますし、元々ご主人が筆頭者で、それに変化がなければ離婚届はされていません。

 以前、この事務をしていましたので、分かる範囲で補足させていただきますのでどうぞ(ただし、10年以上前のことですが…)。

参考URL:http://fb-hint.hp.infoseek.co.jp/inconv04.htm

 こんにちは。

 ご質問に沿って、簡潔に書いていきたいと思います。

>住民票を調べたところ、浮気相手の続柄が「妻(未)」となっていました。

・住民票の続柄の表示で「妻(未)」という表示はありませんから、皆さんもお書きのように「妻(未届)」が正しいです。
http://fb-hint.hp.infoseek.co.jp/inconv04.htm

・これは、要するに内縁関係であるという表示です。
 以前は、こういった場合は「同居人」と表示することになっていたのですが、内縁関係についても、法律上の夫婦と同等の権利を持...続きを読む

Q続柄の覧の書き方について教えてください。

資格取得・資格喪失等確認請求書の続柄のところに、本人なら『本人』と記載すれば良いんでしょうか?

Aベストアンサー

「資格者」と「申請人」の関係を書きますから
「資格者」と「申請人」が同じ人なら「本人」です。
代理で請求する場合で、その「続柄」が「申請人」の名前の横にあるなら、
「資格者」から見た「申請人」の続柄を書きます。「資格者」が兄なら、弟となります。
(少ないと思いますが)
代理で請求する場合で、その「続柄」が「資格者」の名前の横にあるなら、
「申請人」から見た「資格者」の続柄を書きます。「資格者」が兄なら、兄となります。

Q住民票の「附票」について

「住基ネット」が物議をかもしたのは記憶に新しいところですが、以下のような場合はどうなるのでしょうか?知人が同様の事態にあって驚いている旨の連絡があり、質問を受けましたが不勉強で答えられませんでした(^^; どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授下さい。


Aさんは都内某所から関西某所へ引越しをしました。その際には転出する市町村役場にて所定の転出手続き(国保・年金等の手続きを含む)を行い、転出証明を受け取りました。
数日後、引越し先の市町村役場に転出証明を提出して転入の諸届けを行ない、何事も無く受理されて手続きは終了しました。
Aさんは都内在住時に同居人Bさんと二人で部屋を借りて住んでいましたが、些細な事から不仲となり、転出の際にも同居していたBさんには転居先を知らせずに転出していきました(この時Bさんも同様の事情で先に賃貸物件からは退去していた)。しかし半月ほど経ったある日、「Bさんが何等かの方法で転居先の住所を探し出した」という話が聞こえてきました。

以上です。以前であれば住民票の「附票」を取れば分かった事ですが、住基ネットが稼動している現在に於いてもそれは可能なのでしょうか?可能なのだとしたらどのような手続きによるものなのでしょうか?

「住基ネット」が物議をかもしたのは記憶に新しいところですが、以下のような場合はどうなるのでしょうか?知人が同様の事態にあって驚いている旨の連絡があり、質問を受けましたが不勉強で答えられませんでした(^^; どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授下さい。


Aさんは都内某所から関西某所へ引越しをしました。その際には転出する市町村役場にて所定の転出手続き(国保・年金等の手続きを含む)を行い、転出証明を受け取りました。
数日後、引越し先の市町村役場に転出証明を提出して転入...続きを読む

Aベストアンサー

同居人であったBさんには、Aさんと同居していた当時の
世帯票を請求する事は可能ですよね。
そこには当然「除かれた」Aさんが記載されています。
Aさんの異動先が必ず記載されていると思うのですが、
下にもある通り、転出の届出をすれば、
「○○市××町△△丁目~~へ転出予定」という記載がのります。
その転出予定地にちゃんと転入の手続きをしているのなら、
転入地から転入通知が帰ってきて、「転出予定」は「転出」となります。
そうすると、確実に言える事はその町に住民登録をしたことは
間違いないと言う事です。

問題はその先ですね。
それ以降にもう一度異動していたりしたら、Aさんの新住所地での
住民票が必要になってしまいます。それを請求する「正当な理由」、
これが難しいかもしれません。
「正当な理由」の考え方は自治体によって違いますので、
こうすれば良いという一様のプロセスはありません。
場合によってはつい先日まで同居人で、行方不明者を探す。という場合、
同居していた住民票を証拠に提示すれば「正当な理由」になり得るのか、
金銭のトラブルがあったりするという実害がないと、
それでも認められないのか、それは様々です。

半年とはいえ、あまり異動が多いと、その度に住民票が必要です。
幾つもの市町村にまたがってしまうと、その都度「正当な理由が」が
変わってきてしまいます。その都度確認が必要です。
ですから「附票」となるのでしょうけど、
ご存知とは思いますが、附票を請求するにはその人の本籍地が
分からなければなりません。
血縁関係がない方でしたら、その人の本籍を知ると言う事が
恐らく1番難しいでしょうね。
多くの自治体さんが同じ住民票(除票)でも「本籍を載せた」ものを
はっきりと分けて請求理由を厳しく制限するようです。

同居人であったBさんには、Aさんと同居していた当時の
世帯票を請求する事は可能ですよね。
そこには当然「除かれた」Aさんが記載されています。
Aさんの異動先が必ず記載されていると思うのですが、
下にもある通り、転出の届出をすれば、
「○○市××町△△丁目~~へ転出予定」という記載がのります。
その転出予定地にちゃんと転入の手続きをしているのなら、
転入地から転入通知が帰ってきて、「転出予定」は「転出」となります。
そうすると、確実に言える事はその町に住民登録をしたことは
間違い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報