日本の柔道や空手の“段位”に相当するものは、中国拳法にはあるのでしょうか。
 私はずっと、日本の空手の初段に相当するのが“黒龍”
                二,三段に相当するのが“青龍”
                四,五段に相当するのが“赤龍”
          六段以上の達人に相当するのが“白龍”
                  別格の最高峰の位を“海王”
と呼ぶのだと思っていましたが、ある人から「それはフィクションだ」と言われて驚いています。
 本当のところはどうなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そのある人の言う通りで中国拳法にそんな段位はありません。


まぁ、団体によってはそういう段位制度をつくっていてそういう名前をつけているところはひょっとするとあるかもしれませんが・・・。
そういうとこは日本の勝手な団体ですね(^^;
外部ではそんな肩書きはいっさい通用しません。

基本的に中国拳法は「中国武術」あるいは「国術」と呼びます。
で、段位みたいなものは本来無くて入門すると「学生」となります。
先生に認められて正式な門下生になると「弟子」となります。
この二つの段階だけですね、普通は。
あとはまぁ弟子の中でも後継者として認められて指導を受けるようになった場合に「内伝弟子」と呼ぶこともあります。

この回答への補足

 段位がないと、「進歩した」「強くなった」ということを公式に認めるものは、何も無いのでしょうか?
 例えば、秘術を十二段階中、七段階目まで伝授してもらう権利を得た、とか…。

補足日時:2002/03/26 10:15
    • good
    • 0

ないと言えばないですね、そういう公式なものは。


あると言えばまぁ套路かな?
套路は入門用のものからだんだんと高等なものを学ぶのが普通ですから。
その門派の全ての套路を学んだかとか、どの段階の套路まで学んだかとかは一応の目安になるかもしれません。
ただし套路をいくつ知っている、これだけ覚えているということとその人物の武術家としての実力は必ずしも比例しないのですよ。
達人の中には師からほんのわずかしか学べなかったもののそれを練りこんですごい実力の持ち主になって有名になった方も結構いますので。
極論すれば武術をやる者にとって肩書き(誰に習ったかとか全伝を得たとか)はほとんど意味ないです。
どれだけ練習してどの程度の実力(=功夫)を身に付けているか、ただそれだけです。
こんなんだからマイナーなんですよ、中国武術は(^^;
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合気道養神館に所属する方に質問です

19歳の学生です。
今年から養神館に入門したいと思っています。
以前から興味を持っていたのですが近所で習える場所がありませんでした。
ですが今年引っ越しをすることになり、これを機に引っ越し先の近くにある道場に入門してみようかと考えています。

そこで養神館に通っている方に質問があります。
養神館で初段を取るにはどれ位かかりますか?
私はやるからには本格的にやろうと思っているので一度入門したならば最低でも段位を取るまでは合気道を続けるつもりです。
ですが今後の進路によっては合気道を続けられなくなるかもしれません(就職先の土地に道場が無い等)。
昇級・昇段審査の頻度や難易度について教えて下さい。
早くて何年くらいで段位が取れるでしょうか?
厚かましいですがご自身の経験等を交えて回答してもらえるとありがたいです。
どうか回答をお願いします。

※私が入門を考えている道場の稽古は週2日です。

Aベストアンサー

地方で養神館をやっているものです。

初段は週3、4回通い、約2年で取りました。

昇級・昇段審査の頻度は会によりますが 年 3,4回がのところが
多いようです。週2回なら、3年もあれば取れると思います。

難易度ですが、9級は練習3,4回で取れます 8~4級(※)までは、普通に練習すれば問題
ないかと思われます。3~1級 は 覚える基本技の数がかなり増えるので、難度が一気に
上がります。個人的には3級がひとつの山場だと感じています。
※8~6級は内容が同じ、会によっては 6級からタートといったところもあります。

初段は、多くの基本技に加え、自由技が入るわけですがこれは繰り返しの練習で
なんとかなると思います。

Q少林寺拳法の初段→2段、3段に昇段に必要な日数

初段を4年前くらいに合格しました。理由がありやめていたのですが、またはじめようかなと思っています。

二段試験に必要な練習日日数がどのくらいだかわかりますか?
二段→三段に必要な練習日数も知りたいのですが、
教えてください。
インターネットで検索もしたのですが、わかりません。
どなたか教えてくださいよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

町の道院に通ってる者です
少林寺拳法の科目表には、
二段科目をすべて修了し、准拳士允可後10ヶ月以上を経過し120日以上の修行実績を有するもの
参段科目をすべて修了し、少拳士允可後14ヶ月以上を経過し150日以上の修行実績を有するもの17歳以上の者
と書いてありますが、修行実績も大切ですが自分がその受験段位の技をしっかり理解し所属道院長に認められて受験するのが適切だと思います。
今の少林寺拳法は技の低下と叫ばれていますので、修行実績が着たからといって直ぐに受験せずに焦らずに技を勉強して下さい
yasasikuosieteneさん頑張ってください

Q合気道について質問です。 現在、私は学生で剣道をやっていますが、前から合気道に興味を持っており、大

合気道について質問です。

現在、私は学生で剣道をやっていますが、前から合気道に興味を持っており、大学に進学して合気道を習いたいと思います。

そこで質問です。剣道から合気道に移ったら合気道にメリットはありますか?相性は良いですか?
ちなみに現在剣道二段持ちです。

Aベストアンサー

かなりお勧めしますよ
合気道でも剣術を学びますからね
合気道は「剣術」「体術」「杖術」を学びますから
でも、剣道での剣術と合気道での剣術は結構違うので、剣道で学んだことが「そのまま役に立つ」とは考えない方がいいでしょう

でも、合気道を学んだ剣道家でぶっちぎりの強さを誇った人が少し昔にいましたから合気道を学べば剣道で大いに活かせるでしょう

でも、合気道を学ぶなら達人に学んでください
高段者と達人は天地の差、雲泥の差がありますからね
高段者はあくまで位の高い人
達人は極めた人
違いは「理合」を聞けばわかるでしょう

頑張ってください
塩田剛三さんや植芝盛平さんを目指す勢いで一心に学んでください
応援してますよ!!

Q空手の段位と呼称について

今所属している空手の流派では、3段を先輩、4段を先生、5段を教士、6段を師範と呼んでいます。これって練士、教士、範士という剣道など他の武道にある呼称と普段使う呼び名を混同していますよね。他の流派を見ると指導員のある一定ランク以上の人を師範って呼んでいるみたいですが、となると師範は範士でなくてもいい訳ですか?それから師範代と言うのは、どういう人に使われるのでしょうか?この段位にはこの呼称、と決まっている流派ってご存じですか?剣道なんかでは段位と呼称は別々にとるみたいですね。つまらないことと思いますが、すごく気になっています。どなたかすっきりさせていただけませんか?

Aベストアンサー

数年前まで全国規模の大きな道場に通っていた者です。

少なくともうちには、段位ごとの呼称はありませんでしたね。その支部のトップが「師範」。No.2が「師範代」。その他の黒帯で、子供や、初心者相手に基本動作を教えるのが「指導員」。って感じでしたね。でも、普段は師範、師範代は「先生」。黒帯は「○○さん」で呼び方統一でしたね。師範とかの呼称とかも、会報みたいのを出す時に、「肩書きに雰囲気を出すだけ」と言っていたのを覚えています。

元々空手の発生は琉球の王家の直系男子か、親衛隊に秘技として子々孫々代々伝わってきたものが明治頃?に流出して今日の空手の礎になったのだというのを聞いたことがあります。なのに、各段位の呼称が剣道と同じというのは、いまいち腑に落ちないですね。元々源流のもの自体に段位や、呼び方はあったのか。仮にあったとして、沖縄の方言を意訳のような形に置き換えたものなのか。はたまた、誰かが便宜上剣道から流用したものなのか。んー、後半は回答になっていですね、失礼しましたm(_ _)m(苦笑)

Q合気道の流派による違い

 このたび合気道をはじめてみようと思い乱捕りや試合がある流派がいいなと思い多少調べてみたら試合をする流派を二つほど見つけました。
(他にもあるかもしれませんが調べられませんでした)
合気道S.Aと富木合気道はともに試合をする流派ですが、この二つの流派はどんな特徴や違いがあるのですか。稽古方法や試合はどのように行われているのですか。また試合を行うことにより他の合気道とはどのように変化したのですか。
 また合気道の入門書やDVDも探しています。合気道S.Aや富木合気道以外でも試合に使えそうなおススメの教材がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

他の合気道については不勉強なので富木合気道(合気道協会)について書きます。
富木合気道の試合は、本来は乱捕り稽古のコンテストと捉える方が正確です。ですから勝つだけでなく、技として成立しているか、捌きが出来ているかも評価されます。
競技会で主に用いられているのは短刀乱捕りで、一方が短刀を所持し、攻守交替で行なわれます。
稽古では型が中心ですが、基本の型の中に徒手と短刀取りなどが含まれています。その他に型を自由に組み合わせる組み手やかかり稽古、試合に近い乱捕り稽古があります。
これらのどれに重きを置くかは道場やグループによって違ってきます。
富木でも以前は教材などを作りましたが、書面や映像では技の伝授が不可能との理由で、現在のところ発行していません。書店でも一冊が見つかるだけでしょう。道場によっては富木先生時代のものが個人的に読まれているようですが、入門者とたまにヤフオクに出る程度です。

Q空手初段

空手について何も知らない者ですが
初段になる為には、どの位の期間が必要でしょうか?

例えば、まったく経験のない者が高校入学してすぐ空手部に入部して高3になる頃には、初段になっているという事は可能ですか?

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

私なりに書かせてくださいね。

>初段になる為には、どの位の期間が必要でしょうか?

これは全て初段と言う物に対しての基準によって変わってきます.

残念ながらこの基準と言う物が日本中に一律に通用する物がないのです. 同じ流派でも指導員によってかわってきてしまうのです.

つまり、「技」や「型/形」と言われる決められたからだの動きさえ「覚えていれば」初段にすると言う所もありますし、私の所のように一撃で人を殺せる実力/指導力/応急手当・人工呼吸/技・型から学ぶ事柄への理解と実用/関節技・投げ・グラウンドテクニックなどなどが出来なければ初段にはなれない道場もあります. (もっとも、うちのようなところは残念ながら非常に少なくなってきてしまいましたが)。

ですから、3年で初段にさせてしまう道場は今では結構あるのではないでしょうか. しかし、そのような事をすれば、実力の伴わない黒帯が「製造」されてしまい、やり直しがきかない空手家が出来てしまい、もっと悪い事に何とか早く2段3段になりたがってしまう姿勢が頭に出来上がってしまうと言うこになってしまうでしょう.

全てがそうだということでなく、私の個人的な「偏見」から見ると日本の多くの黒帯の実力に疑問をもってしまう、と言う事であり、実力を持った黒帯も多くいることと思います.

なお、黒帯になりたいからと来る人にはその費のうちに黒帯にしてあげるよ、しかし、黒帯の代金として$5.00払ってね、と言っています. 始めるなら帯の色は忘れろ、と言う事です.

個人主張させてもらいました.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

私なりに書かせてくださいね。

>初段になる為には、どの位の期間が必要でしょうか?

これは全て初段と言う物に対しての基準によって変わってきます.

残念ながらこの基準と言う物が日本中に一律に通用する物がないのです. 同じ流派でも指導員によってかわってきてしまうのです.

つまり、「技」や「型/形」と言われる決められたからだの動きさえ「覚えていれば」初段にすると言う所もありますし、私の所のように一撃で人を殺せる実力/指導力...続きを読む

Q合気道と少林寺拳法についてなんですけど合気道を5年続けけたらどこら辺ま

合気道と少林寺拳法についてなんですけど合気道を5年続けけたらどこら辺までいけますか?合気道は役に立つと思いますか?少林寺拳法は5年続けたらどこら辺までいけますか?少林寺拳法は役に立つとおもいますか?少林寺拳法と合気道ならどっちが習うとしたらどっちを選びますか?

Aベストアンサー

武道や格闘技などというものは何年やったからこうなる、というものではありません。
またどのような武道にしろ、強くなる人はとてつもなく強くなるし、そうでない人はそれなりです。
合気道や少林寺拳法は試合がないから弱い、などということを言う人がいますが、それは個人の心がけ次第です。常に実戦を考えて稽古している人もいるはず、そのような人にとっては少林寺拳法も合気道も立派な護身になると思います。
とりあえず、あなたが「これはいいなあ、かっこいいなあ」と思うほうをやりましょう。人の意見を聞くのも大事ですけど、かっこいいとか強くなりたいとかいう単純な思いこそ、継続のためのエネルギーになるのです。近くの道場に実際に見学に行くのもいいですよ。

Q空手、合気道、少林寺拳法

空手、合気道、少林寺拳法、それぞれの特色と違いを 教えてください。また、3歳位の子供でも出来るものでしょうか?

Aベストアンサー

 空手は突きと蹴りが基本です。動きはきびきびしていて、どちらかといえば直線的です。イメージよりは練習内容が単調で、小さな子にはつまんないかも知れません。
 合気道は、相手を崩して投げたり押さえたりする技が基本です。柔道と違って、力は必要ではありません。円の動きが特徴です。
 少林寺拳法は、突き、蹴りと投げ技、関節技を総合的に学びます。護身術的な色合いが濃いと思います。

 いずれも、三歳くらいの子供でも入門できますが、指導者によると思います。子供に対する指導に慣れていない指導者に預けたりしたら、思わぬ事故に遭いかねません。お子さんを通わせるのなら、見学をして、指導者の方とよくお話をするとよいと思います。

Q合気道は強いの?

合気道は実践で本当に使えるんでしょうか?
力が弱い女性には便利かもしれません

しかし相手がそこまで強くないのが前提ですよね?

合気道家VS別の格闘技をやっている人では、合気道家が勝てるとは考えられません
動画を検索してみると合気道VS合気道はありますが、別の格闘技をしている人とやっている動画がまったくありません
1個ありましたが、ボロ負けでした

Aベストアンサー

格闘経験者です。この質問「釣り」ではないですよね???

格闘技や武道はどれも「理論上は最強」です。

しかし、残念ながら人の能力がその理論についていけてません。なのでその格闘技をする人自体が非常に優れた身体能力の持ち主で且、類稀なる戦闘センスがあればどんな格闘技でも最強となるでしょうし、やる人間が弱いとどんな格闘技をしても強くはなりません。

Q柔道・剣道の段(初段・二段など)を持っていた場合に、就職が特に有利になる業種は何ですか。

今まで事務職の仕事に就くため、パソコンの資格はいくつか取得しました。

ですが、男性の私にはパソコンをよく使用する事務職では雇ってくださる企業が少なく、ハローワークの職員の方は「事務職といえば、大部分が女性。」と言っておられたこともあり、事務職はあきらめざるを得ませんでした。

せっかくパソコンの資格を取得したのにあまり役に立たず、大変残念です。

今、勤め先の関係で、柔道・剣道など武道の段を取得しようと思っています。

ですが、これもあまり役に立たないのなら困りますので、柔道・剣道の段(初段・二段など)がどれだけ就職に関係しているかを事前に調べています。

柔道・剣道の段(初段・二段など)を持っていた場合、就職が特に有利になる業種を教えてください。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

残念ながら柔道、剣道の初段、二段レベル(実力ではありません)でははっきり申しあげて就職に有利になることは無いでしょう。
柔道、剣道の初段、二段は案外簡単に取れてしまいます。
まあ、警備会社の履歴書には書くことができますが、それが有利と言うことは無いと思います。


人気Q&Aランキング