医者にかかった時のこと。医療費が多くかかると思い、薬だけの処方にした。しかし、再診料はかかってしまった。聞くと「薬だけでも、再診料はかかる」とのこと。診察してもらっても、薬だけでも医療費は同じである、ということでした。
私の記憶でいけば、昔は薬をもらうだけの方が医療費は安かったと思います。
この件に関してお詳しい方、教えて頂けませんか?何か納得できない・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

sirobetaさん、再び失礼します。



コメント頂き嬉しく思います。

>納得出来ましたが、何か腑に落ちませんね。→そうでしょうね! 医療費と言うのは色んな加算や減算(減算は少ないかな?)があり、覚えるのも大変です。昔、医療事務に携わっていた時も良く同じような質問を受けました。私自身、中々腑に落ちない所もありますが、点数的には最初の回答通りとなりますので、そう言うものだと言う事で理解されてた方が生理的にもいいのではと思います。

>時間の余裕があれば、医師の診断を受けた方が得なのかな(損得勘定ではないが・・・)→医師の診断を受け、何か処置を受けた場合や、食事療法、薬に関する情報など提供された場合は情報料と言うのが発生し、それらを加算されるケースがあります。 でも、時間の有無に関わらず、医師の診断を受け、適切な医療を受けられるのがご自身のためにも良いのではないでしょうか?

それではこれで…。

by yama585
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございました。まさか私のコメントに対して回答が頂けるとは思わなかったです。医療費というものはこういうものだと思っていた方がいいのかもしれませんね。これでもう看護婦に食って掛かることも無くなると思います。
私の些細な疑問に丁寧に答えて頂き有り難うございました。

お礼日時:2002/03/30 17:58

厳密なことをいえば


『診察なしで薬を処方する/もらう』ということが誤りであり、あってはならないことなんです。
医師法に抵触するし、それを患者さんが強要することも罪になります。

で、現実はというと『診察したこと』にして(看護婦さんの「ねえ変わりない?」「はい」をカルテに書き込む(笑))処方するんです。無診察投薬はありえないので診察料は当然計上されます。薬をもらわない(診察をうけない)か診察を受ける(診察を受けたことにして診察料をはらう)のいづれか二者択一なんですよ。

昔のことはおそらく他の方々が書かれていることだと思います。先ほどのルールは今も昔も変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

診察しないで、薬だけもらうということがそもそも誤りなのですね。
現実がわかって助かりました。有り難うございました。

お礼日時:2002/03/30 18:00

sirobetaさん、今晩は!



医療事務経験者です。
普通、薬だけの処方と言うのは出来ません。良く、「今日は薬だけ頂きたいのですが…」と受付けで話しているのを見かけますね。見た目は薬だけ受け取っているように見えますが、実際は過去のカルテを見て、処方された薬を渡しています。それによって、再診療が発生します。

また、院内処方で処方箋を受け取り、どこかの処方箋受付薬局(町の薬局店など)で薬を受け取った場合は、院内で薬を貰うより810円分(この内の何割かを個人で支払う事になります。国保で3割、社保では2割の所が多い)高くなります。

ちなみに投薬料の基本は「薬剤料」「調剤料」「調剤技術基本料(略して調基)」によって構成されています。

>診察してもらっても、薬だけでも医療費は同じである、ということでした。→これは単に医者が検診して、何も処置をしない状態でしたら、再診料+投薬料だけとなりますので、同じ医療費となります。(血圧測定や問診では医療費はかかりません。)

>私の記憶でいけば、昔は薬をもらうだけの方が医療費は安かったと思います。→昔とはどの位前でしょうか? 医療費の改定は2年ごとに見直されております。今年4月にも改定されますので、薬剤料に少し値段の違いが発生しそうです。

以上で御納得頂けたでしょうか? まだもし腑に落ちない点がございましたら、再質問して下さい。それでは! お大事に!

by yama585
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。要するに現在では、時間の余裕があれば、医師の診断を受けた方が得なのかな(損得勘定ではないが・・・)
私が言っている昔というのは、もう10年くらい前のはなしであり改定されていますよね。
納得出来ましたが、何か腑に落ちませんね。

お礼日時:2002/03/30 12:28

薬を出すというのは医者の処方箋に基づくものですので、初診料か再診料は必ず算定されます。

どちらかの算定なしに薬の処方がなされることはないです。
例えば、寝たきりの老人を介護している嫁が症状を伝え薬が出されたときでも再診料は算定されます。
一日に午前、午後と2度受診したら2度再診料は算定されます。
初診料にも、再診料についても細かい規定がありますが、どちらかが算定されるという理解のされ方でいいと思います。
されない例をあげますと、往診の時に1度初診料か再診料を算定した場合で、後で病院に誰かが薬だけを取りに来た・・・なんて場合は取られません。
簡単ですが。
    • good
    • 0

sirobetaさんの通ってらっしゃる病院は薬局が院内にあるんですか?私の県では、病院と薬局が別になってます。

ということは、薬局は医師の処方箋がないと薬をだせないんですよね。だから、薬だけをお願いしても結局医師にカルテが渡って処方箋を書いていただいてそしてそれを元に薬局が処方しているようです。確信はありません。すみません。どこかのお医者さんか看護婦さんが質問を見つけてくれるといいですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガナトン(処方薬)と同じ効果を発揮する市販薬は?

ガナトン(処方薬)と同じ成分、同じ効果を発揮する市販薬を探しています。ご存知の方ご回答お願いします。

Aベストアンサー

ガナトンの一般名(成分の名前)は「イトプリド塩酸塩」です。
OTC(市販薬)でイトプリド塩酸塩含有のものはありません。

ガナトンは、胃薬の中でも「消化管運動促進薬」という種類ですので、
薬局で薬剤師さんに「慢性胃炎の胃を活発に動かす薬」と相談してみて
ください。但し、ガナトンと同等の効果は期待しないでください。

Q内科で胃腸の調子をよくする薬をもらうことはできますか?

内科で胃腸の調子をよくする薬をもらうことはできますか?

Aベストアンサー

症状に応じて処方してもらえます。

Q病院でもらう薬で、指を切ったときにふさぐ薬を教えてください。

病院でもらう薬で、手の指をを包丁とかで切ったときに、傷口をふさぐような(接着剤のような)薬は、ありませんでしょうか?
あったら、どういうのがあるのか教えてください。
よろしく、お願いいたします。

Aベストアンサー

医療用接着剤アロンアルフアA「三共」これかな?
http://www.e-pharma.jp/allHtml/7990/7990700Q1022.htm

Q薬の処方について

高尿酸血症と数年前に健康診断で出ました。薬を飲んで尿酸値が下がり、また最近では体重も減ったので、薬も飲まず生活しています。しかし、尿酸値7辺りをうろうろしています。野菜を食べても、アルコールもあまり飲みませんので、これ以上、下げようがないようです。お肉を食べたあと腕が少しヒリヒリしたり、指が少ししびれるように感じ、足の甲も違和感出てきます。医者に相談したとき、7ぐらいだと薬もいらないと言われましたが、もう少し低い値にしておいた方が良いと個人的、経験的に思うのですが、医者に再度お願いすれば処方してもらえるものでしょうか?また、医者をかえると良いものでしょうか?アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

 こんばんは。医療従事者がよく用いる「今日の治療薬」という薬の解説書を持っております。
何かご参考になればと思い、その一部を引用させていただきますね。

(尿酸降下薬について)
 血清尿酸値が7.0mg/dlを超えていて痛風発作や痛風結節がある場合には原則として薬物療法の適応となる。一方、無症候性高尿酸血症では血清尿酸値が常時9mg/dl以上、または8mg/dl以上で腎障害、尿路結石、高血圧などを合併している場合に適応となる。日本痛風・核酸代謝学会の治療ガイドラインでは、治療中の血清尿酸値は6mg/dl以下に維持するのが望ましいとしている(6・7・8のルール)。

 
 ここからは、私個人の意見になります。
 質問者様のケースでは、このガイドラインに沿えば、ギリギリではありますが、薬物療法の適応にもなりうるかと思います。義兄は質問者様と同じ数値で尿酸降下剤を処方されましたし…。ただ、上記では「原則として」と書いてありますので、例外もあると思います。
 
 薬を出されない理由は、いくつか考えられると思います。

 かかりつけの医師の治療方針上の判断(この数値であれば、薬物療法より生活習慣の改善が最良と考えているなど)、あるいは質問者様の他疾患や薬物併用の有無により、何らかの理由があって尿酸降下薬を飲まないほうがよいと判断している、など。

 ただ、質問者様(患者さん)に痛みや違和感があり、薬を希望してらっしゃるのに対し、納得できる説明がされていないと思います。
 ですので、「日常生活でこのような症状がつらい」ということを医師に再度話し、薬を処方してほしい、と希望すると良いかと思います。
 それで薬を処方されれば良いですし、されなくても医師の説明に納得できれば良いかと思います。また、説明が納得できない場合には、他の医師にかかって話をする(セカンドオピニオン)も良いかと思います。
 
 どうぞお大事になさってください。

 こんばんは。医療従事者がよく用いる「今日の治療薬」という薬の解説書を持っております。
何かご参考になればと思い、その一部を引用させていただきますね。

(尿酸降下薬について)
 血清尿酸値が7.0mg/dlを超えていて痛風発作や痛風結節がある場合には原則として薬物療法の適応となる。一方、無症候性高尿酸血症では血清尿酸値が常時9mg/dl以上、または8mg/dl以上で腎障害、尿路結石、高血圧などを合併している場合に適応となる。日本痛風・核酸代謝学会の治療ガイドラインでは、治療中の血清尿酸値は6mg/d...続きを読む

Q白血球の数と再診

昨日から、腹痛と下痢と、頭痛と悪寒と吐き気で、今日病院に行ってきました。(悪寒と吐き気はないですが)
血液検査をされて、白血球の数が4000と言われ、「O157等の菌に感染していると、白血球の数が多くなるので、4000なら普通なので大丈夫でしょう」といわれたのですが・・・

実は6月の頭に心電図やら、バリウムやらの本格的な健康診断を受けたとき、白血球の数が2900だったんです(問診の先生には特に気にしなくていいです、と言われてます)。なので、2900に対して4000ってすごく増えている気が・・・。
白血球の数は覚えてなかったので帰宅して確認して、病院に電話しましたが、今日は木曜日・・・午後から休診でした・・・

別の病院に行って診てもらったほうがいいのか、それとも処方してもらった薬を飲み終えてから考えた方がいいのか、どうすればよいでしょうか・・・
 ※処方してもらった薬は、整腸剤と頭痛薬と痛み止めです(ビオフェルミン、ブスコバン、カロナール)

Aベストアンサー

白血球は男女年齢ごとに基準値があります。
それを大きく越したり、逆に少なすぎたりすると問題だと診断すると言われました。
(私の時は微妙に白血球が多かったので、それとなく言われました)

とりあえず数日は処方されたとおりに飲みましょう。
三日~一週間様子見で、変わらないようだったらもう一度診察を受けたほうが良さそうです。

ところで精神的に負担が掛かっていると、腹痛・下痢・頭痛が置きやすくなります。
特に下痢になりやすいというのが個人的な体験ですね。
少し早めに寝ること、寝るときは考え事をしないことをお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報