現在新高校1年生になる息子のことで悩んでいます。高校受験はクリアーできたのですが、毎日だらだらと遊び歩き、家では寝てることが多いんです。食事を中3の終わり頃からあまり食べなくなり、最近朝食は食べず、なにか無気力みたいです。子供のことが気になり、あんまり干渉しすぎることが逆効果ということは分かっているのですが、何とか立ち直ってほしいと親心から、ついつい細かく口うるさく言ってしまい、自分でも、どうしてもっと我慢して子供を見守ってあげられないのかな?と自分で自分がイヤになってしまいます。
私自身が軽い鬱症状かな?と思うこともあります。
自分の気持ちを押え、子供に冷静に対処できる方法・心の持ち方を教えて下さい。

A 回答 (8件)

(1)最近のお子様の生活態度を見ていて、お母様が平常心でいられないというのは良く理解できます。

親として、ごく普通の反応ではないでしょうか。

(2)ただ、お母様もお気づきの通り、いま細々と注意を与えることは、効果があるどころか逆効果です。ここは、一番つらいところかも知れませんが、がまんしまければならないところではないでしょうか。

(3)お母様は、お子様のことが可愛くて可愛くて仕方がないのではないでしょうか?それで、お子様の幸せを願い、「しかっり勉強して欲しい」、「いい大学に行って欲しい」、「安定した職について欲しい」というようなお気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか。そうした親心をありがたい、と思いつつも、うるさい、聞きたくもない、と感じる時期が子供にはあるものです。自分でも勉強しなければ、と分かっていても、その気になれない時もあるものです。・・・そういう時って、親としては、待つことしかできません。「親から与えられた生き方」ではなく「自分で選んだ生き方」が見えてきて、そのためには、~~という勉強をしなくては、とお子様が感じた時は、親に言われなくとも勉強するようになります。

(4)以上、カウンセラーなら皆同じことを言うと思われることを書きましたが、まだまだ御不安は消せないと思います。お母様自身書いておられるように、お母様が精神的に疲れておいでのようですから、カウンセリングに行かれるのもよいかと思われます。

(5)ただカウンセラーもピンからキリまでいますので、いいカウンセラーに相談することが大事です。3~4回カウンセリングしてみて、「ああこのカウンセラーは何も分かっていないな」と感じたら、やめた方がいいかと思います。他方、一回会っただけで、「このカウンセラーは信頼できる。耳を傾けよう」という気持ちになれるカウンセラーに出会えることもあります。

 どうか試練を乗り越えられますようお祈り申し上げております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答ありがとうございます。本当に自分が情けなくなります。上の子(兄)は「お母さんは自分のを考えて好きにすれば」といいますが、私としては、それができずに、悶々とした日を送っているのが、現状です。今の状況をみてこれから先この子はどうなってしまうのだろう?と、とり越し苦労ばかり・・・でも、子供を信じ、できるだけ子供の自主性を重んじ待ってみるよう心がけます。私が変わると、子供の変わるのでは?と思います。とりとめのない質問にご親切に回答して頂き本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/03/30 14:22

10年後を考えてみるというのもひとつの手です。


息子さんは25歳。ひとりで生活を立てていけるころです…。
彼女もできるでしょうし、結婚しているかもしれない。

そのころ、あなたはどうしているでしょうか?
もう息子さんは手を離れている。
そのときに、あなたと息子さんがそれぞれ暮らしを楽しめるようにするには、
今からでも、
別々の人生を歩むということを前提に
互いを尊重しながら、それぞれが目指すものを見つけるという姿勢を
持つのがいいのではないでしょうか。
あなたがそういうつもりで彼に接することで、
彼の態度も変わってくると思います。
    • good
    • 0

彼の心の奥底を知る材料としては、


文集などがいいかも知れません。
文集を読む、日記を見せてもらうことを通して彼の心の変遷が少しは分かるとおもいます。
日記はかなり厳しいでしょうね。
もちろん、かってにみてしまうと数年は信用してくれないでしょう。
彼の友だちの話などを聞いてみるのも手だとおもいます。
直接本人から聞くよりも根掘りはほり教えてくれていいかも知れません。
    • good
    • 0

私も高校受験が終わったばかりの娘をもつ母です。

同じように娘はだらだら寝てばっかり。服さえ着替えずぐーたらしています。私はええかげんにしろ!とがみがみ言うばかりで、全く同じような状態です。みんな似たようなものなのでは・・・受験も終わったばかりですし、まあ、長い目で見てあげましょう・・・なんていう私自身それができずにいらいら怒ってしまうんですけどね。母とは心配するもの、がみがみ言うもの、なんですから、今のままで普通ですよ。まったく、あなたの息子さんにあなたの投稿を見せてあげたいところですね。私の娘にも・・・
    • good
    • 0

まず、ご自分の心の充実を目指すのがいいと思います。



ご長男に指摘されてもなかなかそうもいかず…と仰っていますね。
家庭の中にはいろいろな心配ごとはしょっちゅうあるし
家事に時間はとられるし、で、気分が外に向きにくいかも知れません。
気の合うお友達はいらっしゃいますか?
お散歩やお買い物、映画鑑賞などにお友達と出かけてみてはいかがでしょう。
なにか習い事(特に体を動かすことや、気が向くこと)を始めるのも、
とても気分が変わっていいものです。
家から離れるのがどうにも気がすすまなければ、この季節、
ガーデニングも楽しいですよ。玄関や庭、ベランダに花を育ててみるのも
気分が変わります。
それが無理なら、切り花を自分のために買ってきて、いけてみる。
小さなことでも、実際にやってみることで何か気持ちが動くのが
きっと感じられます。

お母さんが(家族以外のことで)楽しんでいるのを見ることで、
お子さんの気持ちも変わってくると思います。
どうぞご自分を笑わせてあげてください…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 09:34

子を思う母の気持というのは別にマイナスではないとおもいます。


晩年になってもじわじわ効いてくるのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。私が反省しなければいけない事たくさんありますが、わかっていながら、悶々としている状況の中、暖かいお言葉、心が軽くなり、子供にも優しくできそうです。

お礼日時:2002/03/30 16:12

悩みの本質を知ることなくただうるさくガミガミいうだけだとしたら、子供に嫌われても仕方ないでしょう。


見守る、説教するという2択ではなくて、相手の悩みの本質を見抜くことがまず第一だとおもいます。
静かに悩みを聞いてあげる。そして、それから考えるという手順を踏むべきだとおもいます。
こういうのが得意なのがカウンセラーなので、彼らに相談する、させるというのも手だと思われます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
もちろん子供の話も十分聞いていますが、昨日、今日、その時その時でころころ考えが変わり、周りの人

補足日時:2002/03/30 16:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足を記入途中で、送信になってしまいました。こちらで続きを書きます。本人の気持ちがもやもやしていて、本人にも自分がなにをしたいのか?まだ良くわからないみたいです。本人が言うことも聞きますが、それを鵜呑みにもできない状況です。主人は、反抗期だから、ほおって置くようにといいます。私は、子供の言葉におろおろしています。

お礼日時:2002/03/30 16:09

こまかい事は『いつやってもいいけれど』とつけるといいと思います。


子供ですから、やる事に自分なりの順番を決めたいのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2002/03/30 14:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の口呼吸について

子供の口呼吸について 教えて下さい
小学1年 男の子なんですが 口で呼吸して ポカ~ンと
しています  どなたか 治し方教えて下さい
もう少し 学年が大きくなると 自分で意識するようになるとは 聞いていますが・・・  

Aベストアンサー

耳鼻科的に問題がなくただ口呼吸なら、大きくなっても治らないと思いますよ。意識をしているときは口を閉じても、1人のときや寝ているときは口呼吸になってしまうので治したほうがいいですよ。
口呼吸だと口腔内が常に乾燥し虫歯にもなりやすいですし口臭が出たりします。他にも直接菌が入り込みカゼをひきやすかったりという弊害が出ます。
簡単なのはガムをかませること。かんでいる間は口を閉じていますよね。これを根気よく続けるとだんだん鼻呼吸に慣れてきます。
他には鼻の下に紙を貼る方法。口で呼吸すると紙が口に入り自分で気付くことができます。
どちらの方法も1日中やるのではなく1日の中で時間を決めてコンスタントに毎日やることが大切です。
1年生なら体にいいこと悪いこと少しはわかります。口で息をすることでどうなるのか本人にわかってもらい、その上でだんだんと口呼吸から鼻呼吸に移行するのがいいですよ。

Qこれは何かの病気ですか? 私は小さい頃から、自分が怪我をすることや、自分が相手に怪我をさせてしまう

これは何かの病気ですか?

私は小さい頃から、自分が怪我をすることや、自分が相手に怪我をさせてしまうことにとても恐怖を感じます。
例えば、小学3年生のときに母とお裁縫をしようとして、「目に針が刺さったらどうしよう…」という考えになり、水泳用のゴーグルをつけて母に笑われたり、虫眼鏡で直接太陽を見ると失明すると教えられてから異常に虫眼鏡が怖いです。見ただけで変な汗が出ます。あと、手首を切ると死ぬと知ってから、自分の手首が本当に嫌で、手首を上向きにして曲げるのさえも無理です。それと首をポキポキならしすぎると半身不随になる可能性があると知ってから首をなるべく鳴らさないように気をつけています。
今特に怖いのは足です。裸足でいるとなにか踏んづけて怪我をしそうで怖いので夏であるにもかかわらず冬用のルームシューズみたいなものを履いています。
あと人に怪我をさせるのが怖いというのは、例えば自転車で人をひいてしまってその人の人生を台無しにしてしまったらどうしようとかそればかり考えてしまい自転車に乗るのがとても怖いです。これだと自動車免許をとれそうにありません。
道端にブロック塀を見つけたらこれで頭をぶつけたら人は死んでしまうんだ、とか、チェーンソーを誤って使用してしまって手がなくなったらどうしようとか、、もう毎日毎日そんな感じです。年々ひどくなっているような気がします。特に怖いのは「目」と「手首」です。
今は、統合失調症の疑いがあるということで病院に通院していますが、通院する前からこのような考えです。こういう考えはどうしたら治りますか?本当につらいです。

これは何かの病気ですか?

私は小さい頃から、自分が怪我をすることや、自分が相手に怪我をさせてしまうことにとても恐怖を感じます。
例えば、小学3年生のときに母とお裁縫をしようとして、「目に針が刺さったらどうしよう…」という考えになり、水泳用のゴーグルをつけて母に笑われたり、虫眼鏡で直接太陽を見ると失明すると教えられてから異常に虫眼鏡が怖いです。見ただけで変な汗が出ます。あと、手首を切ると死ぬと知ってから、自分の手首が本当に嫌で、手首を上向きにして曲げるのさえも無理です。それと首...続きを読む

Aベストアンサー

それは大変ですね。
なんでも、”ほどほど”が大事だと思いますよ。
悩みすぎも心配し過ぎもほどほどにね。

Q口呼吸をしている子供に「口を閉じさせなさい」と言われたのですが…

 先日も質問させていただいたのですが、5歳になる男の子です。
 アデノイドで滲出性中耳炎になり2ヶ月ほど耳鼻科に通っていますが、ほとんど良くなっていません。耳鼻科の先生には「口呼吸をしているからです。何度でも叱って口呼吸を止めさせなさい。」と言われうなづきはしたものの、5歳の子供に言葉で言っても無理で、手で塞いで口を閉じさせると「苦しい」と言うんです。こんな状態でもやはり口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?
 アデノイドがあるから口呼吸になるのではないかと思うのですが、先生が言うには鼻呼吸になれば良くなる、と。
 でも、それは今の中耳炎が良くなるだけですよね。今までも風邪を引く度に耳の痛みと耳垂れを起こしています。熱が出れば39度を超えるが常です。夜のイビキもなんだか息苦しそうで、他の病気でお世話になっている小児科(総合病院)の先生にちょっとお話したら、は手術を考えた方が良いと言われたのですが、それを耳鼻科の先生にお話したところ「小児科では何もわかりませんよ。こんな小さなお子さんに手術させたいのですか」と…
 確かにできるならば手術はさせたくありません。でも…今の状況を考えるとこの子の為には手術をした方がいいのでは?とも思うのです。今の耳鼻科では手術はできないので、その場合には総合病院でお世話になると思います。
 2ヶ月通ってもほとんど良くなっていないし、治療費は高いし(2500円くらいです)、耳鼻科を変えた方がいいのかな?と思ってしまいます。
 耳鼻科の先生が言うようにアデノイドの場合、叱ってでも口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?また、その場合、何か良い方法があったら教えて欲しいです。よろしくお願いします。

 先日も質問させていただいたのですが、5歳になる男の子です。
 アデノイドで滲出性中耳炎になり2ヶ月ほど耳鼻科に通っていますが、ほとんど良くなっていません。耳鼻科の先生には「口呼吸をしているからです。何度でも叱って口呼吸を止めさせなさい。」と言われうなづきはしたものの、5歳の子供に言葉で言っても無理で、手で塞いで口を閉じさせると「苦しい」と言うんです。こんな状態でもやはり口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?
 アデノイドがあるから口呼吸になるのではないかと思うのですが、先生...続きを読む

Aベストアンサー

私は小さなころから耳鼻科系が弱かったようで、幼稚園のときに1泊入院をして、アデノイドの手術をしました。 その後、小学生になってからも耳鼻科へ通い続けましたが、自分の経験からいって、きちんとした病院であれば手術をされた方がいいのでは、と思います。
口呼吸は、鼻呼吸がきちんとできないので行なっているのだと思います。私も小さいころ、いつも鼻が詰まっていて苦しかったのを覚えていますので・・・。
私はその後、蓄膿症と言われましたが大人になって治ることもあるといわれ、段々気にならなくなったのでほっておいたのですが、去年、ひょんなことからまだ蓄膿があることがわかり、思い切って手術をしました。今ではすっきりです。

私が小さい頃は、おねしょをしたり色々と問題があって母も「鼻のせいでおねしょするのかしら」と心配していました。今思えば、色んなストレスがあったんだと思います。 口呼吸は根本を直さなければ治るものではないと思います。 お子さんにヘンなストレスを与えないよう、一度、ちゃんとした病院で見てもらった方がいいと思うのですが。
 

Q子育て中ですが、自分の子供時代が思い出されて苦しいです

幼児を育てているのですが、子供がいなかった時より、自分の子供時代や
自分の親について、くよくよと考えてしまい困っています。
例えば父は、異常なほど教育熱心で、すぐに子供に暴力を振るう人でした。

特に次兄には辛く当たり、彼が中学受験に失敗したときは、
布団をかぶって泣いている次兄を引きずり出して、
「俺に恥をかかせやがって」と散々に殴りつけるような人でした。
勉強時間が少ないといっては殴り、参考書が机に出ていないと
言っては殴り・・。幼い頃、私はよく次兄を殴る父を泣きながら
止めようとしました。無駄でしたが・・。
そして困った顔で立っているだけで、子供達を守ってくれなかった
母の姿も思い出されます。

現在私は、優しい夫とかわいい子供に恵まれ、幸せな家庭を
築いているのですが、なぜか自分の悲しい子供時代が思い出されます。
母はどうして私達を守ってくれなかったのだろう、父の次兄に対する
行為は虐待に近かったのではないか・・などとあれこれ考えて
しまうのです。

これはなぜなのでしょう。そして、この記憶とどう、折り合っていけば
いいのでしょうか。なにか参考になる本でも教えていただければ
嬉しいです。
(ちなみに父は20年以上前に亡くなり母も高齢のため、両親と対決したり
責めたりすることはできないのです)

幼児を育てているのですが、子供がいなかった時より、自分の子供時代や
自分の親について、くよくよと考えてしまい困っています。
例えば父は、異常なほど教育熱心で、すぐに子供に暴力を振るう人でした。

特に次兄には辛く当たり、彼が中学受験に失敗したときは、
布団をかぶって泣いている次兄を引きずり出して、
「俺に恥をかかせやがって」と散々に殴りつけるような人でした。
勉強時間が少ないといっては殴り、参考書が机に出ていないと
言っては殴り・・。幼い頃、私はよく次兄を殴る父を泣きなが...続きを読む

Aベストアンサー

子育ては自分育てとよく言われます。
他の方々も言っているように、子どもを育てながら
もう一度自分が育ってきた道を記憶の中で繰り返すのです。

現在の自分の子どもの姿に昔の自分が重なり、いまの自分に
昔の親の姿が重なるのです。

「子を持って知る親の苦労」と言いますが、子育てをしながら自分もこうやって親に愛されて育てられてきたのだと感じられる人は幸せです。

質問者さまの場合、いまは幸せなのに、あるいはいま幸せだからこそ、昔の記憶が蘇ってきて苦しいのでしょう。

>父は、異常なほど教育熱心で、すぐに子供に暴力を振るう人でした。

おそらく30年くらいまえのことでしょうか。
今よりももっと学歴がものを言う時代だったので、お父さまはそれが息子のためだと本気で思っていたのかもしれませんね。

>父の次兄に対する行為は虐待に近かったのではないか・・

今の考え方で言えば虐待ということになるかもしれませんが、
当時は誰もそんなことを考えもしなかったのです。
お父さまにしてみれば「愛のムチ」だったのかもしれません。
男は「強いもの」「強くあらねばならないもの」という考え方が世間の一般的な考えでしたから。
言葉で言って聞かすより体で覚えさせるという方法しかお父さまには思いつかなかったのかもしれません。
とても残念なことではありますが…

>幼い頃、私はよく次兄を殴る父を泣きながら止めようとしました。
>母はどうして私達を守ってくれなかったのだろう

質問者さまは優しい方ですね。
お兄さまをお父さまの暴力から守りたかったのですね。
だからお母さまが何もしてくれなかったことが悲しいのですね。
お母さまにはお母さまなりの事情があったのだろうとしか言えないのですが、母親にとって子どもを守れないということはとても悲しいことだと私は思います。
おそらくお母さまのなかにもそういう気持ちがあったとは思いますが、出来なかったのでしょう。
「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」という誤った考え方がお母さまのなかにもあってお父さまを止めることができなかったのかもしれません。

>父は20年以上前に亡くなり母も高齢のため、両親と対決したり責めたりすることはできないのです

対決したり責めたりという行為は怒りをぶつける行為です。
質問者さまの心にはいまご両親に対する怒りがあるのでしょうか?
いまのお母さまが質問者さまの怒りを受け止め、静めるだけの心の余裕のある方なら、そうすることでよい方向に向かうでしょうが、どうでしょうか?
お母さまが心に余裕がない場合、ぶつけた怒りがお母さまの心を傷つける、もしくは質問者さまに対する怒りとなって帰ってきて、質問者さまが傷つくだけになったりします。
出来れば怒りは他の方法で解消したほうが良いと思います。

でも私には、質問者さまのなかには吐き出さなければならないほどの怒りの感情はないように感じました。
多分、悲しいだけですよね。

>優しい夫とかわいい子供に恵まれ、幸せな家庭を築いているのですが

優しいご主人を伴侶に選んだこと自体がマイナスの子ども時代の経験をプラスに変換できた証拠です。
ですから悲しい心の傷をご自分で癒せる人だと思います。
そして質問者さまならきっと、子どもが窮地に立ったとき助けることができるはずです。

質問者さまは昔のお母さまより幸せなのですから、今の幸せを大切にしてください。

具体的な解決策を回答することが出来なくてごめんなさいね。

子育ては自分育てとよく言われます。
他の方々も言っているように、子どもを育てながら
もう一度自分が育ってきた道を記憶の中で繰り返すのです。

現在の自分の子どもの姿に昔の自分が重なり、いまの自分に
昔の親の姿が重なるのです。

「子を持って知る親の苦労」と言いますが、子育てをしながら自分もこうやって親に愛されて育てられてきたのだと感じられる人は幸せです。

質問者さまの場合、いまは幸せなのに、あるいはいま幸せだからこそ、昔の記憶が蘇ってきて苦しいのでしょう。

>父は、異...続きを読む

Q子供が慢性蓄膿症みたいですけど、治るでしょうか   一年以上鼻がつまってて口呼吸です。半年前から耳鼻

子供が慢性蓄膿症みたいですけど、治るでしょうか
 
一年以上鼻がつまってて口呼吸です。半年前から耳鼻科にこまめに行くようにし、鼻洗浄してもらい抗生物質やらムコダインやらアレロックやらザジテンやらアレグラやら点鼻薬やらしても、多少はましになる程度です。

なにかアドバイス頂けないでしょうか、、おてあげです。

Aベストアンサー

アレルギー検査はしたと思うが なければ念のため確認を。

子供の副鼻腔は小さいから 大人に比べて僅かな炎症でも鼻づまりは起こりやすい。
かといって薬や鼻孔洗浄も そんなにすぐには効果が上がらない。
確かに手術は効果的だが 発達途中の粘膜を焼くので技術は必要だ。
むろん現在では極力肉体負担は減らす方向で行われるが その故か再発生率も高い。
鼻うがいをよく行って改善していくのが 家庭では最善だろう。
(水道水は使わないこと)
難しければ 油さしみたいなのに生理食塩水を温めて入れて「あ~」って言いながらチューとやるだけでも効く。
あと おそらくは大丈夫とは思うが ペニシリン系やセフェム系抗生剤の使用は出来るだけ控え マクロライド系抗菌薬等を使ったほうが良いと思う。

自分も子供の頃そうだった。
慢性化すると頭は重いし集中力は落ちるし 睡眠は浅いし気分は悪いし 目は厚ぼったくなるし耳は悪くなるしと うんざりする事が一杯になる。
医者に行くと花の中を「シュー」とやられるのが苦しくて苦しくて 3回位で行かないことに決めた。
おかげて高校までそんな調子だったが ある時鼻をかんだら大量の膿みたいのが出て それからはほとんど治ってしまった。
うまくするとそんな事もあるみたい。

アレルギー検査はしたと思うが なければ念のため確認を。

子供の副鼻腔は小さいから 大人に比べて僅かな炎症でも鼻づまりは起こりやすい。
かといって薬や鼻孔洗浄も そんなにすぐには効果が上がらない。
確かに手術は効果的だが 発達途中の粘膜を焼くので技術は必要だ。
むろん現在では極力肉体負担は減らす方向で行われるが その故か再発生率も高い。
鼻うがいをよく行って改善していくのが 家庭では最善だろう。
(水道水は使わないこと)
難しければ 油さしみたいなのに生理食塩水を温めて入れて「あ...続きを読む

Q子持ちで無い頃、自分の子供の夢って見ました?

友達に子供が産まれます。女の子だそうです。
その友達は、小さい頃から自分の子供の夢を何度か見ていて、いつも女の子だったそうです。
だから、妊娠したときから絶対女の子だ!って確信があったそうです。
で、やっぱり女でした。

その話を聞いて「えー?!」って思ったのが、私は今まで自分の子供の夢なんて1度も見たことがないのです。
「子供できないんじゃないの?」と言われました。
周りの人に聞いても「見たことある」という人もいれば、「見たこと無い」という人もいます。でも、聞いた人はみんな未婚者なので結果はなんとも…。

皆さんは実際どうでしょうか?
自分の子供の夢を1度も見たこと無いけどこどもがいるという人いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

私はそうですよ
子供の夢を見たことはありません。
2人子供に恵まれています。
お友達に言われたことでびっくりされたようですが、
そんなに気にされなくてもいいと思いますよ。

Qランニングでの鼻呼吸と口呼吸について

鼻呼吸と口呼吸がありますよね。

よくふだんは鼻呼吸の方がいいと聞いたので、
鼻呼吸なのですが、
ランニング中はどうしても口呼吸になります。

ランニング中や運動中は口呼吸になってふつうなのでしょうか?
それとも無理にでも鼻呼吸で肺を強くした方が良いのでしょうか?

また鼻呼吸と口呼吸ではどのように違うのでしょうか?
どちらも結局肺にいくので、同じなような気がして疑問に思っています。

どなたかご存知の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

普段のトレーニングでは必ず鼻で呼吸するのが原則です。

人は、「会話」をするために呼吸をコントロールして、口から息を吐き、吸うことを獲得しましたが、口は本来、呼吸する出入り口としての防御機能を備えていません。

唾液が乾き、咽頭を乾燥することを「常態」とするのは
健康のための日々のトレーニングとしては「愚作」です。

競技会などでタイムを競う、あるいは選手としての身を削るような
スピード、酸素要求に応えるためには「口」を使いますが
日々の「呼吸」の延長としてのジョグの呼吸は
健康維持のためにも「鼻」が原則。

やたらに、口をあけてのジョグは免疫系を無駄に消耗することになります。
酔っ払いが口あけて寝て、風邪を引くのは「鼻」で呼吸をしていないからです。
同じことを走ることでするのは、健康のためには非常におろかです。

必ず、健康のためのトレーニングでは「鼻」呼吸。

Q自分の子供を欲しいと思わない男性の心理は何か? 

自分の子供を欲しいと思わない男性の心理は何か?

私は女性が自分の子を妊娠すること自体、気持ち悪いです。
女性の顔を見ると、気持ち悪い。
 オマンコを見るのも気持ち悪いです。



閲覧数:集計中 回

Aベストアンサー

あの、補足要求なのですが、この質問ってアンケートみたいなものではないのですか?

自分の子供を欲しいとは思ってない男性の心理について聞いてのだと判断して、自分の事をモデルにしましたけど・・・

その他の回答者様方は、どういう訳か、質問者さん自身の心理について焦点を当てて考察ししていたりしてて、本来の意図と違うじゃんじゃないかと思ったのですが。。。

別に私が正統派だと気取る訳じゃありません。ただ私の視点の方が間違ってるとしたら、若干負に落ちないというか。
せめて、他の人と同じだけ評価支持があってもいいと思っちゃう。

余談が過ぎたけれど一応
一般的な男の傾向で、子供を欲しいと思わない理由を推測してみました。

やっぱり、第一位は、「自由が欲しい」じゃないですかね。
ちんこはブラブラしてるし自由ですから、まるで浮気するかの為にあるかの様です

第二位は「経済的な問題」
非正規労働者は全体の凡そ4割、いつでも使い捨て可能か、あるいはスキルアップが難しい様な仕事しかない場合。
昔は7割くらいが正社員だったらいいですが、相対的に見て、現状の立場に不安を抱えてる人は多そうです。
自分の子供に苦労して欲しくないので、子供は作らない。というか結婚しない。

第3位「少子高齢化」
これも経済問題の括りですが、未来系の不安要素が前世代より強い。その不安を肯定せずに説教する流れもあるから、生きずらさを感じる男は少なくない。うつ病が多くて当たり前で、でなければ自殺者年3万人の説明がつかない。
その一方でやはり悪の存在。旧世代の凝り固まった価値観から若者に憎悪を生ませるとして、犯罪率の増加は危惧される

現在レイプ被害者は年間1万人は存在するとされてる。些細な痴漢とか含めたら200万件。
殺人などの凶悪事件は減ってきてるものの、放火、通り魔など快楽系、他、窃盗等の経済に関するものは増えてきてる傾向にある。

超底辺の経済弱者なら、なんとなく↑の流れは肌で感じると思う。虐げられると、自分の罪は許されて当たり前かの様に思ってしまって、つい言葉が悪くなたりするし、その狂気がエスカレートしてしまえば、いわば通り魔などの快楽犯の心理に一部共通してくるといえる。


いずれにせよ
実際に自分の子供を欲しくない等と思う男は存在しないと思う。

(๑´ڡ`๑)パパー! 遊ぼうよ~w」と慕ってくれて、一緒に遊園地行ったり、楽しそうです。甘やかしてる限り決して自分を裏切る事はないだろう従順性は、人として保護欲を擽る、愛欲みたいなものではなかろうか

結局は
様々な問題が解決されれば、やはり自分の子供を欲しいと思う傾向も女の様にあるのではないかと。
浮気は許さなくてもいいと思うけど

特に男の場合、自己のレイプ願望や浮気の願望を知ってるからこそ、自身のしでかす過ちリスクを想定して、また子供が罪人なりえる事を想定して結婚を正当化できないものだと思う。
リアルでは、こういう悪意は、なかなか女の人に伝えれれない。
だから、なのか、知識共有できてなくて、この様なカオスな解答欄になってるのかも・・・


それにしても、女性陣のヒステリックなリアクションには驚きました。
必死で自分の家庭の正当性、存在価値を主張しようとしたり、自身の人生に欲求不満ありまくることを主張しつつ、まるで子供を産むのが善かの様な解釈してる。

不幸ならば生まれてこなければ良かったと、素直に認めればいいのにと思いました。

自身が不幸であるのなら、この世界には不幸になる要因が隠されてる訳だから、少なくとも産むのを善とするのは罪深いと思う。自分の子供が不幸になる可能性について、親は事実上責任を取りきれない社会なのだから
私はそれを体で悟ってるからこそ子供を産むことは応援できないね。

あの、補足要求なのですが、この質問ってアンケートみたいなものではないのですか?

自分の子供を欲しいとは思ってない男性の心理について聞いてのだと判断して、自分の事をモデルにしましたけど・・・

その他の回答者様方は、どういう訳か、質問者さん自身の心理について焦点を当てて考察ししていたりしてて、本来の意図と違うじゃんじゃないかと思ったのですが。。。

別に私が正統派だと気取る訳じゃありません。ただ私の視点の方が間違ってるとしたら、若干負に落ちないというか。
せめて、他の人と同じだけ...続きを読む

Q口呼吸防止のテープって

効果ありますか?
確かに口呼吸防止にはなると思いますが、

口呼吸すると口周りの筋肉衰えるみたいな話を聞いたので
筋肉を元に戻すために口呼吸を治そうと思っているので
それにも効果ありますか?

Aベストアンサー

テープでは無理でしょう。筋肉は使わないと鍛えられませんし発達しません。しっかり筋肉を動かすトレーニングが必要ではないでしょうか。
筋肉は連動しておりそれぞれ独立して機能してるわけではありません。例えば口の周りの筋肉を鍛えようとするならば少なくとも表情筋も巻き込んでトレーニングすることが大事だと思います。
口呼吸は筋肉云々というよりも口腔内を乾燥させて免疫力を低下させますし、扁桃を刺激することが多くなるので鼻呼吸にシフトすべきです。そのためのテープだと思います。
もちろん鼻にトラブルがあるとどうしても口呼吸になってしまいますのでその場合は鼻の治療が先になります。

Q家族が潜在意識で自分らや先祖の事を考えている事って、無言で子供の潜在意識に伝わるものでしょうか?

家族が潜在意識で自分らや先祖の事を考えている事って、無言で子供の潜在意識に伝わるものでしょうか?
そして、子供は知らず知らずその無意識にある考え、態度、雰囲気を身に着けていくでしょうか?

私は、自分が犯していない”罪”について日ごろから、父親や親戚に責められていました。

そして、ずっとその漠然とした”罪”に悩んできました。

最近、自分がしていない過ちを犯してしまったと感じさせる何らかの雰囲気も体に身につきました。

昨日、私の先祖がこういった事をしたかもしれない…と私が長年思っていた事が、母の告白で、やっぱりそうだったことがわかりました。

一人でベットの上で内観療法をやっていた矢先でした。

何だか、母が抑圧している何かを私が感じ取って、自分の物とした感覚があります。

だとしたら、両親が潜在意識で考えている全ての事をを私に吐かせる良い方法はないでしょうか?





(注)私は、先祖が大好きです。

Aベストアンサー

子供は非常に敏感に親の潜在意識をかぎ取ります。
つまり、誇らしいか、罪の意識があるかなど。
他人の家と比較することが無くても刷り込まれていくものです。
それは家にある雰囲気、父母、祖父母のイメージが暗いか明るいかあることに触れたがるか避けるかなどを繰り返せば子供は直ぐ刷り込まれてしまいます。
つまらないことは忘れておかないと子供に変な癖、反社会的な行動様式を植え付ける様になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報