車載機器の電源として、DC-24VからAC-100Vへの変換をインバータを使って行います。インバータの変換効率が100%として、AC-100V機器の皮相電力が100VAのとき、DC電源の電流値は100/24としてよいのでしょうか?
車にノートPCを載せたいのですが、インバータ価格が高いので容量を”ドンブリ勘定”したくないので・・・。
どなたか、教えてくださいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この計算は、入力 DC24V:出力 AC100V 100VA のインバーターの入力電流の計算になりますけど。


変換効率が100%はあり得ないと思いますが、100%とすれば計算は合っています。
ただインバーターの選択の為の容量の計算としますと意味がありません。
この計算は、車のバッテリーからインバーターに入力される電流ですから、インバーターの容量を意味しません。
インバーターの容量は、出力AC100V 100VAとなります。
ノートPCの入力は、どのくらい必要なのでしょうか。その値が100VAと言うことでしょうか。

この回答への補足

質問上、めんどうなことは抜いちゃいました。
インバータの変換効率は78%~85%程度です。
ノートPCの最大消費電力/力率≒150Wです。
どうもありがとうございました。

補足日時:2002/04/01 22:47
    • good
    • 0

AC100Vの出力に接続される機器の消費電力を100W(100VAのすべてが実行電力と仮定)とします。


すると、100V機器に流れる電流は1Aです。電流の計算は電力でやると
わかり易いです。内部損失を0と仮定しているので、出力に100W供給するには
入力から供給される電力も100Wでなければなりません。
24Vで100Wですから電流値は100/24で約4.17Aになります。
ので、質問の計算で良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDC100VとDC24Vについて

仕事の関係上、電力用の配電盤を見ることがあります。
変電所や配電所の直流電源系統図を見ると、制御用電源
DC100Vと表示用電源DC24Vとに分かれているのを目に
していて思ったのですが、電源を2種類使うとDC/DC
コンバータ等の変換器が必要となることや、変換器の
容量によって、負荷の増設が制限されてしまうこと、
変換器の一次側の電源が何らかの理由でおちてしまった
場合、変換器二次側の電源が全て無くなってしまう等の
デメリットが発生すると思います。
2種類使い分けるメリットは何なのでしょうか?
表示ランプもDC100V定格のものはあったと思いますが・・・

Aベストアンサー

DC100Vはパワーリレー(電力回路用の電磁接触器)や遮断器の制御用(駆動用)です。主接触器は制御用ミニチュアリレーと違い、動作にパワーを必要としますので、24Vでは不足です。
DC24VはPLCやシーケンサの出現後、トランジスタ出力で直接ミニチュアリレーを制御できる電圧のために普及したものです。

DC24VはDCDCコンバータを使うのではなく交流から別個に作る場合が多く、汎用の整流器が利用できます。
DC100Vを利用する主な理由はバッテリーバックアップの目的です。(変電設備では停電時に遮断器が動作できるように技術基準が定められています)

制御用の電圧にAC100VではなくDC24Vを用いる理由は、トランジスタ出力のためだけでなく、長距離配線時に誘導がおきにくいこと、DCの方が電流を多く流すために誘導電圧による誤動作が少ないこと、電磁弁などのコイル焼損が少ないことがあります。一方でDCの断続にはアークが発生しますからサージキラーの設置などが必要です。

ACで無停電を実現しようとするとUPSが必要ですが蓄電池と整流器の組み合わせの方がシンプルで信頼性が高く、安価で保守も少なくてすみます。

DC100Vはパワーリレー(電力回路用の電磁接触器)や遮断器の制御用(駆動用)です。主接触器は制御用ミニチュアリレーと違い、動作にパワーを必要としますので、24Vでは不足です。
DC24VはPLCやシーケンサの出現後、トランジスタ出力で直接ミニチュアリレーを制御できる電圧のために普及したものです。

DC24VはDCDCコンバータを使うのではなく交流から別個に作る場合が多く、汎用の整流器が利用できます。
DC100Vを利用する主な理由はバッテリーバックアップの目的です。(変電設...続きを読む

Q電気に自信のある方教えてください! 問題 DC1.5v 10mA/cellの太陽電池で AC100v

電気に自信のある方教えてください!
問題
DC1.5v 10mA/cellの太陽電池で
AC100v 30Aをインバータで作るには何cell必要か、但し変換効率は80%とする
この問題が解けないです。
わかる方教えてください_(._.)_

Aベストアンサー

太陽電池1セルの出力=1.5V×10mA=15mVA、必要な出力はAC100V 30Aなので、100×30=3000VA、インバーターの変換効率は80%なので、必要なセル数=3000/(0.015×0.8)=250,000セル

Q24VのACアダプタからの電源を+12V,-12Vに分圧

現在ちょっとした実験装置を作り変えているのですが、どうせならコンパクトでコードなどがかさばらないようにしたいと考えています。

今まではケース内でAC100Vを+15V,-15Vに変換してダイオードブリッジで直流に。
そして三端子レギュレーター7815,7915で電源回路を作っていました。

そこで今回はこの電源回路を改造しACアダプタを利用しようと考えました。
とりあえず二組ACアダプタを使うというのは却下。
そこで30VのACアダプタを+15V,-15Vにと考えましたが、一般的には30Vのアダプタが無いので24Vを利用します。
ここまでで書き忘れていましたが電流は200mA程度です。

話を戻します。しょうがないので24Vのアダプタを利用しますが、肝心の+12V,-12Vを取り出す方法が思いつきません。
LM380あたりの石がそういうことが出来たような・・・と思ったのですが定格を見ると少し厳しくかんじます。
そこで上記の分圧の方法を教えてほしいのですが。
場合によってはそれを+15V,-15Vの回路に入れるためのアイデアなども出していただければ助かります。
よろしくお願い致します。

現在ちょっとした実験装置を作り変えているのですが、どうせならコンパクトでコードなどがかさばらないようにしたいと考えています。

今まではケース内でAC100Vを+15V,-15Vに変換してダイオードブリッジで直流に。
そして三端子レギュレーター7815,7915で電源回路を作っていました。

そこで今回はこの電源回路を改造しACアダプタを利用しようと考えました。
とりあえず二組ACアダプタを使うというのは却下。
そこで30VのACアダプタを+15V,-15Vにと考えましたが、一般的には30Vのアダプタが無いので24Vを...続きを読む

Aベストアンサー

気持ちはわからないでもないですが、オンボードディアルトラッキング型のDC/DCコンバータを使用したほうが、手っ取り早く小さくなるのでは、

コストだけ下げたいなら
http://akizukidenshi.com/catalog/

参考URL:http://www.rswww.co.jp/cgi-bin/bv/browse/Module.jsp?BV_SessionID=@@@@0163113735.1108478155@@@@&BV_EngineID=cccdadddlehje

Q小型のDC100Vバックアップ電源

小型のDC100Vバックアップ電源というかバッテリを、探しています。市販品などないものでしょうか?
用途は、制御用の電磁接触器の停電時の制御用電源に使用します。大容量の電解コンデンサで自作回路を組むには、複数個使用する電磁接触器の投入電流が大き過ぎるので、バッテリ状のものを探しているのですが、大容量のものしか見つかず困っています。
探しているものは、AC100Vの小容量UPSのDC100V版みたいなものです。

Aベストアンサー

DC100Vですか、聞いたこと無いですねー。。

普通のAPC社あたりのUPSでAC100Vの出力を利用して、それを直流に整流しちゃいけないんですか?

うちはこれ使ってます。
http://www.apc.co.jp/products/ups/es500_725.html

QDC0.5V -> DC2Vを作りたいのです

 以下のようなものを作りたいと考えているのですが、八方塞で困ってしまいました、何卒ご助力お願いします。

<仕様>
 入力電圧 MAX0.5V(0.5Vは安定して出ます)
 入力電流 数mA以上確保可能
 出力電圧 2V
 出力電流 1mA以上(大きすぎたら並列抵抗で処理します)

 欲しいものはつまりちっさな昇圧DC-DCコンバータです。
 実際にはこの後で負電圧ICをくっつけて-2Vにしたいと思っています(用途は他の素子の逆バイアスに用います)。
 自分でもスイッチング電源として設計してみようと色々やってみたのですが、特にスイッチングする部分で困ってしまって……。
 スイッチングにはトランジスタまたはMOSFETを使用するつもりなのですが、トランジスタのしきい値は0.6V程度なので、普通のトランジスタを動作させる事ができません。
 他サイト様にて「Geのトランジスタを使えば」や「存在してるのかは不明ですが、しきい値0.3Vショットキタイプ」などのアドバイスを受け、探してみたのですが、どうにも見つからず困ってしまいました。
 帰還をかける部分のアンプもトランジスタを使ってと考えますが、やはり同様にしきい値が0.5V以下じゃないとダメっぽいです。
 スイッチング信号を作る発振回路にはロジックICを使おうと思ってます。これは規定外だけど何とか動くのかな……?

 アドバイス頂ければ幸いです、よろしくお願いいたします。

 以下のようなものを作りたいと考えているのですが、八方塞で困ってしまいました、何卒ご助力お願いします。

<仕様>
 入力電圧 MAX0.5V(0.5Vは安定して出ます)
 入力電流 数mA以上確保可能
 出力電圧 2V
 出力電流 1mA以上(大きすぎたら並列抵抗で処理します)

 欲しいものはつまりちっさな昇圧DC-DCコンバータです。
 実際にはこの後で負電圧ICをくっつけて-2Vにしたいと思っています(用途は他の素子の逆バイアスに用います)。
 自分でもスイッチング電源として設計してみようと色々...続きを読む

Aベストアンサー

通常の発振回路にはスイッチング用のエンハンス型の
FETが使われますが0.5Vでは発振の始動ができるか
どうかやってみないとわかりませんね。
デプレッション特性の接合型FETを使えばできそうな気もしますが・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報