人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

電気設備のメンテナンスの仕事をしています。
一般に裸電線や導体はよほどのことが無い限り100年以上はもつと思います。
ところがヒューズの場合、メーカの更新推奨年は10年以下です。
ヒューズといえども導体の一種なのに何故寿命がこんなに短いのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ヒューズは、熱に対して非常に敏感に出来ています。


銅線などの一般の線材もそれなりに抵抗があり、電流を流せば発熱します。
ヒューズの場合は、その発熱に反応して(銅などに比べて)著しくやわらかくなり
定格以上の電流を流すと溶けてしまいます。だからヒューズなのです。

定格以下の電流の場合でも、やわらかくなり、自重によってヒューズが変形して
全長が伸び、断面積が小さくなります。
断面積=定格電流なので、例えば10Aのヒューズは使用している間に徐々に
9A、8A、7A、、、、と切れる電流が低下していきます。

銅線などの配線材はほとんど変形しないので100年もつが、ヒューズは、
定格内の電流でも熱によって変形してしまうので、10年程度しかもたない。
となります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>定格以下の電流の場合でも、やわらかくなり、自重によってヒューズが変形して全長が伸び、断面積が小さくなります。

完璧に納得しました。

お礼日時:2012/04/16 10:58

>メーカの更新推奨年は10年以下です。



どうも経年変化で許容電流以下で切れる可能性があるからだそうです。
(抵抗値が増えている)

ヒューズは通電加熱で伸びたりオフして縮んだりしています。
この繰り返しで細くなるのではないでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>ヒューズは通電加熱で伸びたりオフして縮んだりしています。この繰り返しで細くなるのではないでしょうか?

そのようですね。

お礼日時:2012/04/16 11:04

ヒューズの場合の10年は、「銅線がもつ」とは違う意味の10年です。


おそらく、ヒューズでも「銅線が持つ」と同じ感覚なら、100年ぐらい持つと思います。
しかし、ヒューズは規定の電流が流れたら切れないといけないので、それを保証できる期間が10年という意味なのでしょう。
銅線でも、何年もたつと色が白っぽくなって、折れやすくなります。たぶん電気的な性質も少し変わっていると思います。銅線ならそれでも良いのですが、ヒューズはそれでは正しく働いてくれない、ということでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/04/16 11:03

ヒューズは壊れることが、その役割ですよね。


渦電流が来たら切れないといけない。
回路の中で一番弱い部分でしょう。
頑丈に作ったら所与の役目果たせないじゃないですか。

私の昔住んだアパートで、ドライヤーとかあれこれ使ってよく切らしてました。
確か10アンペアしかなかった気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/04/16 11:02

連投すみません。



No3さんへ

>普通は10年ももてば良い方ですがね。

その根拠は?
私の生家は、築80年程度ですが、漏電など全く問題ないです。
が、3.11の地震被害で建て直しorリフォームを考えている所なので、
10年しかもたない根拠を是非ともご教授願いたいです。

また、私の現在の住まいは建売住宅なのですが、電源配線の交換は
建物を一部破壊しないと出来ない構造です。
10年ももたないなら、欠陥住宅だと思うので、売主を訴えたいので
根拠を是非ともご教授願います。

この回答への補足

NO3様への質問ですが・・
被覆電線は別として裸電線は腐食が無い限りほぼ半永久的にもつのでは?

補足日時:2012/04/16 11:02
    • good
    • 1

>一般に裸電線や導体はよほどのことが無い限り100年以上はもつと思います。


その根拠は?。普通は10年ももてば良い方ですがね。
    • good
    • 1

ヒューズもあなたのいう裸電線や導体のような温度上昇に対する安全率を考慮した許容電流に


しておれば、同じ期間だけ持つと思います。(材質の違いがあるので、純銅に比べて電流値は極めて
小さくなると思いますが)
ヒューズという名称の製品である限り、一定温度下で、一定電流を流した場合規格時間で溶断させる必要があります。
それを前提で負荷の機器も設計していますので、寿命はあきらめざるを得ないのです。
ただ、保護が適当でようなら許容電流を減らすと電球などもそうですが、飛躍的に
寿命は延びます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2012/04/16 10:57

私は、専門ではありません。



電線などの導体は、電気を通す事と、風雨などに耐性があること、機械的強度が十分であること。

ヒューズは、目的が「過電流遮断」なので、通常の導体と材質が違います。

ヒューズそのものに機械的強度は不要、風雨への耐性は不要。

導体もそうですが、目的に合った構造のため、それぞれに寿命が定められていると思われます。


それと、知っていますか?

ヒューズって、電流が流れ始める時に「身をよじるように動く」んですよ。

その昔、ビジネスFAXの電源修理をやったことがありますが、一次側のメインヒューズが0.2A(サブヒューズが5A)で、電源をON/OFFする度にガラス管内部でヒューズ素子が踊っていました。

その製品は、それで正常なのです。(修理している側には恐ろしい事実)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>その昔、ビジネスFAXの電源修理をやったことがありますが、一次側のメインヒューズが0.2A(サブヒューズが5A)で、電源をON/OFFする度にガラス管内部でヒューズ素子が踊っていました。

驚きですね。

お礼日時:2012/04/16 10:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温度ヒューズの信頼性について

お世話になります。
温水サーバーの設計を考えていますが、温度ヒューズの信頼度について質問です。温度ヒューズの可溶材が劣化して断裂(溶断ではなくて)するという例を聞きます。温度ヒューズがサーモスタットと比較して劣化しやすいものだとしたなら、これを取り付けることは逆に商品寿命を縮めることにならないでしょうか。なぜ温度ヒューズが今でも使われているのでしょうか。温度ヒューズを使わず、サーモスタットを二重三重と使うことでも安全性は確保できるといえないでしょうか。
ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

燃焼機器によくある部品ですが取付状況を見るとこう考えます
温度で反応するサーモは制御等に使われ、熱で溶断する温度ヒューズは熱に対する安全装置
例えば温度ヒューズは火漏れなどの場合、ぐるりと巻きつけることができる(どこに火が来ても早く反応する)ので能力を発揮しやすいのではないでしょうか
この場合ポイント的に感知するサーモは不向きだと思います

また、劣化による無作動も考えられるサーモより温度ヒューズは作りが単純な分信頼できる部品と言えるでしょう
その上安価です

>水が入るタンクの底部に過熱器があり、その底部に温度ヒューズをと考えたのですが、過熱器が水を沸かすときに微妙な振動が出るのです。振動と熱に常にさらされます。こういう環境で温度ヒューズを使うと可溶体の寿命がどれくらいなのか読めません。ヒューズの劣化が一番早くきてしまうようではよくないなあと思っています

温度ヒューズも用途に応じたタイプがあるのではないですか?
大型のボイラーに使われたりしてますが結構振動してます
だけどこいつが最初に壊れるとまではなりませんよ

Q車のヒューズが飛んだだけで、とんでもない修理代がかかってしまい困っています

車の修理についての質問です。
先日、車(日産キューブ)のバッテリーを自分で交換しようと、ホムセンターでバッテリーを買ってつけようとしたのですが、買った時に+と-の位置(RとL)を間違って買ってしまい、気づかずに付けようとしたところ、火花がバッチット光りヒューズが飛んでしまいました。ディラーに連絡すると、持ち帰って詳しく調べて見ないとだめということで、レッカー車で持っていってしまいました。数日後、ディーラーから連絡があったのですが、ヒューズ自体は数百円ですむが、エンジンを制御するコンピューター部分が壊れたので、10万位はするとのことです。(大変ショックです)。そもそも、そのような大事な部分が壊れなようにヒューズがあると素人は思うのですが、たったコンマ何秒かのショートで10万も修理にかかってしまうのは、なにか納得できません。車に詳しい方、本当にそうなのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 電気電子工学が専門の車好きです。すでに回答があるように「そのような大事な部分が壊れなようにヒューズがある」と思うのは、ど素人の浅はかな考えです。

 ヒューズはその配線系統に異常があった場合に、その影響が他の系統に及ばないように切り離すのが第一の目的です。(第二の目的は、過剰電流による発熱焼損などの二次災害を防止することです。)
 電子回路では、電源の極性を間違って接続すると、コンピュータを含む電子部品が瞬時にお釈迦になります。それによってその電源系統に異常電流が流れ、ヒューズが飛びます。

 あなたの考えているヒューズの飛ぶ順序は、逆です。先にヒューズが飛んでコンピュータを壊さないようにするのではなく、コンピュータが壊れて異常電流が流れ、ヒューズが飛ぶのです。ヒューズが飛ぶのは、コンピュータが壊れた結果として起こる現象です。
 いかなる場合でも(百万分の1秒という瞬時でも)半導体でできた電子部品には逆に電圧をかけてはいけません。瞬時にお釈迦になります。

 修理代に10万円とは、そんなに安いのですか。私は工賃や技術料も含めると数十万円くらいはすると思っていたのですが。

 電気電子工学が専門の車好きです。すでに回答があるように「そのような大事な部分が壊れなようにヒューズがある」と思うのは、ど素人の浅はかな考えです。

 ヒューズはその配線系統に異常があった場合に、その影響が他の系統に及ばないように切り離すのが第一の目的です。(第二の目的は、過剰電流による発熱焼損などの二次災害を防止することです。)
 電子回路では、電源の極性を間違って接続すると、コンピュータを含む電子部品が瞬時にお釈迦になります。それによってその電源系統に異常電流が流れ、...続きを読む

Qヒューズが飛ぶとはどの様な状態ですか!?

初歩的な質問で恐縮なのですが、ヒューズが飛ぶとか
切れるなどは見た感じにどのような状態の事を言うのでしょうか?それとも、見た目では判断できないので
しょうか?
車内のウインドの開閉やドアロック、カーオーディオなど動作しないのでそこに問題があると
思うのですが、ヒューズが飛んだとしてどのヒューズが飛んでいるのかを見分ける方法を
(原因はそこではないかもしれませんが……)
お手数ですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

早々の回答ありがとうございます。

>昨日確認したのですが、ヒューズが切れてる
とこは見当たらなかったのでショートかも
しれません。


この場合は電気が負荷(例えばライトやモーターなどのアクチュエーター)に仕事をさせていない状態なので、ショート(短絡)故障とは言わないで、オープン(断線)故障だと考えられます。
 オープンの場合は電圧計で電源が来ていないところをチェックしていけば解りますし、最悪はそこを修理しなくても電源が確保できるところから配線を並列に取り回すことで解決できます。
 貴方の場合は複数のアクチュエーターが作動していない状態ですから、電源をまとめているカプラ-の接圧状態が上手くいっていない場合が考えられます。
 ドアのヒンジ部のカプラ-やボンネット内やフェンダー内のカプラーのチェックをお勧めします。
 ちなみにビビオでそのような症状になったことがあります。そして原因は右フロントインナーフェンダー内のカプラ-が接触不良を起こしていました。
 経験談でした。ご参考までに・・・

Qヒューズの容量の決め方

電気機器のヒューズの容量を決めるにはどういうふうにしたらよいのでしょうか。
教えてください。

定格の消費電力、突入電流等から導くのだと思いますが
計算方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

単純な計算には乗らないので、考え方をお話します。長くなります。

ヒューズは、流れる電流と、ヒューズ自身の抵抗とにより発生するジュール熱で温度が上がり、ヒューズ材料の溶融点に達したときに溶断します。
温度が上昇するには、ある程度の時間が掛かります。電流が大きいほど早く切れます。切れ方は、電流と時間とに関わります。少し周囲温度にも関係します。速断ヒューズでは、スプリングで引っ張って早く切れるようにしてあります。

ほとんどの電気機器は、電源投入時に突入電流があり、機器が立ち上がるまでのある時間、定格電流の何倍もの電流が流れます。トランスなどが電源に使用してあるもの、モーターなどでは、商用電源(一般の家庭用)は、交流ですので、電圧は、突入電流は、投入した瞬間または、前回切ったとき(励磁)の位相でも違ってきます。

ヒューズは、溶断特性が重要なので、その特性は、規格化してあります。この規格は、ヒューズの種類により違います。流した電流と溶断時間で特性曲線になっています。また、アークの切れる速さが、電圧にも関係しますので、使用電圧も規定してあります。
上記のようなので、定格電流では切れず、突入電流でも切れず、異状時には、必ず切れるように選定することは、かなり困難です。

速断でないガラス管ヒューズでは、たぶん定格の2倍で1分だったと記憶しています。
そこで、実際の選定ですが、先ずヒューズを入れる目的を明確に整理します。どうなったら遮断するかです。例えばショートすれば、必ず切れますから、このときは、接続されている電源コンセント、コード、屋内配線、ブレーカーなどが保護できる時間で切れればよい。とかです。切れるのが遅いと発火したりブレーカーが飛んだりします。
どこかが故障したとき、それでも保護したい特別な部品などあるか。このときは、シビヤな検討が必要です。出来れば、ヒューズの遮断特性を入手してください。
無ければ、定格の2倍くらいを目安に、カットアンドトライします。

大量生産品の開発では、突入で切れないよう選定したヒューズで、特定の内部部品を保護できないときは、逆に内部部品を強化したりもします。このため、何百回もヒューズを飛ばしながら、最適値を求めたりもします。安全側に選定すると切れることもありうるので、予備ヒューズを添付することもあります。

少量の特別仕様品で一発物は、大きめに、エイヤッと決めます。(冗談)

単純な計算には乗らないので、考え方をお話します。長くなります。

ヒューズは、流れる電流と、ヒューズ自身の抵抗とにより発生するジュール熱で温度が上がり、ヒューズ材料の溶融点に達したときに溶断します。
温度が上昇するには、ある程度の時間が掛かります。電流が大きいほど早く切れます。切れ方は、電流と時間とに関わります。少し周囲温度にも関係します。速断ヒューズでは、スプリングで引っ張って早く切れるようにしてあります。

ほとんどの電気機器は、電源投入時に突入電流があり、機器が立ち...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qヒューズが飛ぶ原因が分かりません

一昨日フォグランプを自分で取り付けました。配線が終わり、点灯させてみると点灯しましたが、走行している間に、何故かヒューズが飛びました。なので昨日、配線を1つ1つ確認しましたが、原因が分からなかったので、近くのカー用品店に持って行きましたが、「プラスが何処かでそのまま落ちている」と言われました。
そのため、もう1度バンパーを外しフォグの電球の配線から見直してみると、プラス極の配線が剥き出しにもなってませんでしたし、ボディにも接触してませんでした。確認後は、点灯もしました。しかし走行中にまたヒューズが飛びました。

ヒューズが飛ぶ原因が分かる方がいましたら、教えてください。お願いします。

(使用しているパーツについて)
・ヒューズは20A。
・フォグはHELLA製で日本語の取り付け方法が無く、自動車メーカーに聞いて配線しました。
・電球はH3型。端子部分はビニルテープで覆ってます。
・マイナス極は、純正アースポイントを使用。

以上です。

Aベストアンサー

ホンダでメカニックしています。

回路上で短絡していることを前提にアドバイスします。

通常、短絡によるヒューズ切れの場合、末端の負荷から外して調べていきます。
したがって、まず最初に一番の末端になるランプの端子から外していき、走行又は振動(衝撃を加える)を与えてヒューズ切れが発生するかどうかを確認してください。(原因を究明するため、片方ずつ外すこと。)
もし再発するようだったら、だんだんとバッテリー(電源)側に近くなる負荷を外していって、同じように走行又は振動を与えてみてください。

今までの経験上、バルブに接続する端子が、ランプをケースに収める時、コードの取回しが悪く、ランプの金属部に触れやすくなってしまい、いつの間にかヒューズが切れていたという原因が多いですよ。(バルブをはめ込む金属部もアースですから…)

以上、参考になるかどうか判りませんが、やってみる価値はあるかもしれません。

せっかく苦労して取り付けたのですから、早く改善するといいですね。

Q電子レンジのヒューズが切れた

電子レンジを使っていると小さくボンという音がして
電源が入らなくなってしまいました。
 そこでヒューズを見ると黒くなって切れていました。
約11年前の電子レンジですが、単純にヒューズを交換するだけで
使えるようになりますか?
 また、ヒューズが切れる原因が別にあるということでしょうか?
11年前の電子レンジなので、他の問題がなくてもヒューズが
切れる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

  こんばんは。
ヒューズというものは、回路に何かの異常があり、過電流が流ることによって切れて、発煙・発火等から機械を守るための物です。

 ヒューズの切れ方ですが、焼けて切れるということは、一瞬にして過大電流が流れて焼ききれたのです。ヒューズの定格が分かりませんが5Aなのか10Aなのか15Aなのかは不明ですが、同じ定格のヒューズを入れ替えても同じく直ぐ飛ぶと思います。

 壊れている原因として、マグネトロンの故障、電源トランスのレアショート、整流回路のブロックダイオードのショートなどが考えられます。

 修理は高圧回路なので中を開けてのことは電解コンデンサーに充電されているので感電する危険があります。メーカーに修理の見積り依頼してみましょう。修理代プラス僅かな金額で新品が買える金額かもしれません。

 ヒューズ自体の寿命で自然に切れる場合もあります。その場合は、焼け焦げては切れません。ガラス管ヒューズの場合は、真ん中から切れている場合があります。

 今回の場合は、機器故障ですので、ヒューズ交換では直りません。このヒューズの場所に無理やり銀紙などを入れて電源を入れると、発火や爆発の危険もありますので絶対に行わないで下さい。身の危険もあります。

 直すか、買い換えるかのいずれですね。元家電メーカーのサービスマンからでした.参考になれば幸いです。

  こんばんは。
ヒューズというものは、回路に何かの異常があり、過電流が流ることによって切れて、発煙・発火等から機械を守るための物です。

 ヒューズの切れ方ですが、焼けて切れるということは、一瞬にして過大電流が流れて焼ききれたのです。ヒューズの定格が分かりませんが5Aなのか10Aなのか15Aなのかは不明ですが、同じ定格のヒューズを入れ替えても同じく直ぐ飛ぶと思います。

 壊れている原因として、マグネトロンの故障、電源トランスのレアショート、整流回路のブロックダイオード...続きを読む

Qヒューズが何度も切れるのはなぜ?

シガーソケットのヒューズが何度も切れます。よくある携帯の充電にしかつかていません。今まで、ほかの車ではそんなことはなかったのですが、新車のセレナにしてから、すぐ切れて何度も交換しています。原因として何が考えられますか?

Aベストアンサー

時々あることですなんですが
車側のシガーは規格通りの正確に作られているのに対し
差し込むサードパーティー製のソケット寸法が微妙に規格外であるようです。

ですので
さしこむとプラスとマイナスが短絡してしまい
すぐにヒューズが切れてしまいます。

差し込むソケット(オス側)に問題有りのケースです。

ちなみに以前の車でヒューズ飛ばなかったのは
たまたま寸法が短絡しない寸法だっただけです。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング