来年大学受験を考えている者ですが、半年くらい前に『英語は絶対勉強するな』とゆう本を読んで、どうせやるなら英語を日本語で解釈する受験用の英語ではなくナチュラルな英語を身につけたいと思い本の通りにノウハウを実践中なのですが、英語を英語で解釈するには必要不可欠であろう英英辞典を購入しようと思っているのですが、英絶の本にも書いてあったロングマンかコウビルドを購入しようかと思ってます。いろいろ書店を探し回ったのですが、ロングマンはあったのですがコウビルドがどうしても見つかりませんでした。なので二つを比べることができません。ロングマンを少し立ち読みしましたが、わりと簡単な単語で説明してあってなかなかわかりやすかったです。しかし受験が本来の目的なので例文が豊富だとゆうコウビルドのほうがいいだろうと思っていたのですがアマゾンのレビューを見たところ、コウビルドはある程度の英語力が要求されると何人かの方が書いていました。なにせこれから長く使うであろう物なのでかなり迷っています。なのでどちらが受験者向き、とゆうことでいいか、実際にお使いの方、よきアドバイスお待ちしてます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 高校教員をしています。


 コウビルドもロングマンも教材研究で使っています。
 大学受験のためにコウビルドを…という感覚はすごいですね。ロングマンを見て「わかりやすい…」という感覚もすごいかも(まぁ、ロングマンもいろいろあるけど)。もう大学受験は大丈夫なんでは?
 コウビルドは「便所の100W」とは言いませんが、「6畳間に太陽光線」みたいな感じかも知れませんね。確かに例文は充実していますが、ある程度の英語力が必要ですし、いきなり使うというのはお薦めいたしません。
 ただし!
 語学や英語教育を志すのであれば持っていてほしい1冊です。長く使おう、というのであれば持っていて損はないです。

 もすこし易しいので、オックスフォードの「WORDPOWER」というのがあります。高校生にはこのへんのを薦めているんですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ロングマンで調べた単語は簡単なものだったので(banana,newsなど)けっしてすべて理解できるわけではありません(笑)。なので受験も全然大丈夫ではないです(笑)。ただ、説明に使われる単語はならべくやさしい単語を吟味して使っているなー、とゆう印象は受けました。いま続けてる英語の勉強は受験にうかっても落ちても続けていくつもりなのでどちらかを買っても残りのほうものちのち買おうと思いました。親身に答えてくれてどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/03 01:16

受験生です。

前にロングマンとコウビルドを買いましたが今はもっぱらコウビルドの方を使っています。ロングマンはわからない記号が多くて読みにくかったので。でもやっぱり実際使ってみないとわからないんじゃないかな。あまり専門的なことはわからないんであれなんですが、別にどちらでも大差ないんじゃないでしょうか。でも最近はあまり引いてません。

あと、オンラインの英英辞典もあるのでよろしかったらどうぞ。

参考URL:http://dictionary.cambridge.org/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもご丁寧にありがとうございます。やはり実際手にとって見ないとわからないでしょうね。とゆうことでロングマンのほうにしようかと思います。お互い合格できるといいですね。

お礼日時:2002/04/03 01:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英英辞典(オックスフォード?ロングマン?・・・他)

英英辞典(紙辞書)のおすすめはありますか?
東京大志望の浪人生ですが、英語は出来る方だと思います。
今年は洋書(oxfordのvery short introduction,講談社英語文庫など)も読んでみようと思っています(洋書・入試問題で使うものとして。電子辞書の方が多いでしょうが、気の向いた/時間のあるときには引く、という感じで)

書店に行くとロングマン(現代英英辞典)やオックスフォードのものが取り上げられていますね。
見た感じだと、英語学習者向けの色が濃いのはロングマン、ただ個人的にはオックスフォードの方が好き(内容ではなくてネームバリュー・イギリス英語の方が好き、というだけの話なのですが)かな、とは思います。

この2種に限るわけではありませんが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

下記が私の頭に浮かぶもので、実際に持っているのは1-4, 6-7で、組み合わせてよく使うのは1, 2 (その次は3) です。1, 2は説明が割と私にピンと来るのですね。1は書籍のみ、2は書籍+CD(winのみ)+インターネット(初め暗証番号が要ります)と揃っています。1は大きさが適当で持ち易いのと、所々に日本語訳が入っています。3, 4ははじめ使いましたが、やや説明がくどいと感じ始めて今は使わない方向です。6, 7は日本人の学習者には向きません。

使い方と好みと思いますので、書店で見比べて決められるとよいと思います。外国人(学習者)用と英語国民用に別れます。前者はどれも一見似ていますが、使いこなすと結構違いがあります。複数持たれるのもよいかも知れません。

1. 研究社/カレッジ英英辞典
2. マクミラン
3. ロングマン
4. オックスフォード
5. ?(ど忘れ、コビルドだったかな)
6. American Heritage (超分厚い)
7. Merriam-Webster


人気Q&Aランキング