ヤマトタケルノミコトの像が石川県の兼六園にあるのですか?

A 回答 (3件)

 「日本書紀」「古事記」によりますとヤマトタケルノミコト(日本武尊)は武勇に秀でられ、大和朝廷に服従しない九州や出雲の地域の平定を命じられ、全て平定し、これらの地方は大和朝廷に帰属され、日本武尊の武勇、武功は一段と高まりました。

 次いで景行天皇の頃、日本武尊は大和朝廷に帰属しない東国(北関東)の蝦夷平定を命じられ、東国へ遠征し、東征からの帰路、能褒野(三重県)の地に亡くなりました。その地に葬られた日本武尊の魂は、白鳥となって故郷の大和へ向かったということになっています。九州の地でなくなられた、金沢出身の兵士の魂も金沢の地に戻って欲しいという願望を表わしたものと思われます。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/KONDO/hakutyouninatte …
    • good
    • 0

西南戦争に出征した加賀藩士族の慰霊のために建てられたんだそうですが、なぜ日本武尊なのかはやっぱりわかりませんでした。



参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~fujigoro/kioku/07oya …
    • good
    • 0

あるようですね。

なぜあるのかは調べていませんが。

参考URL:http://www.mmex.or.jp/wnn-c/kenroku/touzou/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング